空間計画に関する

Top PDF 空間計画に関する:

小学校の多目的スペースにおける空間計画の発展プロセスに関する研究 [ PDF

小学校の多目的スペースにおける空間計画の発展プロセスに関する研究 [ PDF

小学校の多目的スペースにおける空間計画の発展プロセスに関する研究 西亀 和也 1. 研究の背景と目的  我が国の学校建築における多目的スペース(以下 MS)は 1972 年に導入され、1984 年の MS 補助制度 制定以降、空間計画における重要性は高まっている。 また、全国的な広がりを見せているオープンプラン型 学校建築は “ クラス単位の一斉学習のための普通教室 を確保しながら、これに連続・近接した位置にオープ ンスペース、MS を設けるようなかたちで普及、発展し てきた ” と言われており、そこでは空間の連続性や多 目的性、フレキシビリティが重視され、その配置は学 年のまとまりとの対応関係において構成されている。  オープンプラン型学校建築は、閉鎖的な学級教室で 一斉指導を行う「学級王国」からの脱却を促したと言 えるが、現在では空間計画、及び利用に関する様々な 課題が浮き彫りになっている。一般に、オープンプラ ン型学校建築では学級単位での活動がクラススペース (以下 CS)を中心に行われ、隣接する MS はこれらの活 動の補助スペースとして重要となるとされるが、隣接 学級への配慮等の理由から MS での活動を控え、MS が 活用されずに放置されたり、MS と CS が家具等によっ て空間的に区分される「分節化」等の問題が生じている。  そこで本研究では、MS 補助制度制定以前より MS の 積極的な整備を進めている沖縄県うるま市を対象に、 ①施設整備における空間計画の発展プロセスを明らか にする。さらに、多くのプランタイプを有する旧具志 川市(現うるま市)の 8 校の MS を対象に、②家具配 置等の物的側面からの分析と利用実態の側面からの分 析、③ MS 空間が教師の意識に及ぼす影響の分析を行 うことで、今後の学校建築における MS 計画の新たな 指針を得ることを目的とする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

小中一貫校の計画的課題と空間構成に関する考察
  -施設一体型校舎を事例として- [ PDF

小中一貫校の計画的課題と空間構成に関する考察 -施設一体型校舎を事例として- [ PDF

5. まとめ 本研究では施設一体型校舎を事例として、1)4・3・2 制では接続を段階的に行い、6・3 制では節目を設け ること、2) 各校独自に学年間の時程を合わせる工夫 を行っていることを明らかにした。さらに、一貫校を 郊外型と都市型に分類し、3) 高層化による上下間の 配置関係や縦動線を考慮した設計・計画が必要となる こと、4) 一体型校舎におけるアプローチ空間が校舎 形態の軸となることを明らかにした。さらに、空間構 成に関して、5)CR ゾーニングと学年区分とを一致さ せる必要性、6) 学習面から SCR の共有化は関連教科 近接型及び一体型が効果的であること、7) 職員室は 小中一体型が有効であり、学年教員コーナーは小学校 中・高学年の整備が優先的であることを明らかにした。 今後は、より詳細な実態分析等を通じて新設施設一体 型小中一貫校における空間計画における検証を行う。
さらに見せる

4 さらに読み込む

多様な道路利用者のユーザビリティを考慮した道路空間とネットワーク計画の策定方法に関する研究-香川大学学術情報リポジトリ

多様な道路利用者のユーザビリティを考慮した道路空間とネットワーク計画の策定方法に関する研究-香川大学学術情報リポジトリ

さらには、日本再生戦略 10) の中で、持続可能で活力ある国土・地域の形成の基本的な考え方 として、人口減少が見込まれる中、人々の生活や社会活動の基盤となる都市や地域の活力を維 持し、環境や防災等の課題に的確に対応して生活空間の魅力を高めていくべく、地域主権改革 を推進することで地域の自主性及び自立性を高めつつ、民間の資金やノウハウ等を最大限に活 用して都市の中心市街地等への投資の拡大や農山漁村の活性化等を図る施策が求められてい る。また、支え合いの精神で、寄附や持ち寄り、ボランティア活動等様々な形で一人一人が自 発的に社会を支える「新しい公共」を創り出し、これをいかして事業と地域の様々な課題を解 決するとともに、劇場等の地域の文化拠点を活性化し、国民一人一人の「居場所」を確保する など、コミュニティに支えられた豊かな地域づくりを推進することが求められている。
さらに見せる

213 さらに読み込む

多様な道路利用者のユーザビリティを考慮した道路空間とネットワーク計画の策定方法に関する研究-香川大学学術情報リポジトリ

多様な道路利用者のユーザビリティを考慮した道路空間とネットワーク計画の策定方法に関する研究-香川大学学術情報リポジトリ

「第 1 章 序論」では、従来の道路整備の視点は自動車交通の円滑化に傾斜し、歩行 者や自転車等の低速交通手段への考慮が不足していたことを指摘している。既存道路ス トックの長寿命化を図りながら多様な利用者が共存可能な道路空間活用には、明確な優 先順位に基づく公共・公平性を確保することが必要であり、その際、ユーザビリティの 観点は今後の道路事業評価に不可欠であるとの問題提起を行っている。

5 さらに読み込む

認知症高齢者グループホームにおけるサブ共用空間の計画に関する研究

認知症高齢者グループホームにおけるサブ共用空間の計画に関する研究

Besides the legally required common areas such as dining rooms and living rooms, some group homes have additional sub-common activity areas.. At three group homes [r]

6 さらに読み込む

「学校教育の構造」に関する一考察
        −学校の構成要素と教育的空間−

「学校教育の構造」に関する一考察 −学校の構成要素と教育的空間−

4.おわり  「小学校学習指導要領解説 総則編」(平成 20 年)で,教育課程の意義について「学校において編 成する教育課程とは,学校教育の目的や目標を達成するために,教育の内容を児童の心身の発達に応 じ,授業時数との配当において総合的に組織した学校の教育計画である」と説明している.このよう な教育課程の捉え方は,1977(昭和 52)年版の学習指導要領から見られるようになったが,それま での教育課程観と大きく相違している.従来までの学習指導要領での教育課程に関する説明は,「教 育課程には教科,道徳,特別教育活動,学校行事等が含まれる」といった教育課程の内容領域を示し, そこにねらい・重点を置いた記述となっている.しかし,現行の学習指導要領では,教育課程の捉え 方は内容領域論的な捉え方のみにとどまらず,上記のように目標達成論的な捉え方をしている.  各学校は教育基本法や学校教育法等に示されている教育の目的や目標を踏まえ,学校や児童生徒の 実態に即し,育成すべき児童生徒像を具体的に学校の教育目標として設定する.そして,その目標の 達成を目指し,計画的,組織的に教育活動を展開する.その教育活動の枠組みやその目標達成の過程 を示すのが教育課程である.教育課程に基づく教育活動は PDCA(Plan,Do,Chek,Action,)のサイクル で実施され継続的に改善を図られなければならない.教育課程の評価は,学校評価のなかで検証され, それを公開・発信しながら改善につなげ,教育水準向上を図っていくこと,そして「評価なくして改 善なし」 「情報の公開・発信なくして改善なし」という考えで学校教育を推進していくことが重要である. 〈「学校(教育)の構成モデル図」の立体模型〉
さらに見せる

8 さらに読み込む

執務空間における好ましい輝度分布に関する研究 [ PDF

執務空間における好ましい輝度分布に関する研究 [ PDF

1.はじめに 人は明るさを、対象に入射した光の量である照度で はなく、対象からの反射光の量である輝度でとらえる。 古くから輝度設計の重要性は唱えられ、執務空間に対 する順応輝度や、視対象とその背景との輝度対比の研 究が多く行われてきた。しかし、現在でも多くのオフ ィスが手元の明るさの指標である机上面照度をもとに 照明計画を行っている。これは、輝度の予測や計算方 法が難しいことや、照明設計者によって変えうるもの が照度のみであることが理由として挙げられる 1) 。
さらに見せる

4 さらに読み込む

迷い・認知空間における構成要素に関する研究 [ PDF

迷い・認知空間における構成要素に関する研究 [ PDF

 急速に変化し続け、 複雑で多様な景観を生み出して いる日本の都市において、わかりやすさ=レジビリティの 重要性が挙げられる。 空間構造を理解し易い都市は、 来街者にとって魅力的である。しかしそれは、近代都市 計画が目指した、効率的で整然とした街並みによって、 必ずしも生み出されるとは言い難いのではないか。  現在街路空間はマクロ的な視点により機能や効率の 面を重視した整備が行われているが、 来街者の視点を 考慮することが大切である。本研究では、多くの人々が 共にレジビリティを高める基礎的知見を得ることを目的と し、 迷い空間と認知空間の構造を探り出す。
さらに見せる

4 さらに読み込む

第3節 新たな都市空間の形成を図る 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

第3節 新たな都市空間の形成を図る 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

■  ■ ■現状と課題(前期基本計画までの成果を踏まえて)  本市の山砂利採取地域は、市域全体の約13%(約420ヘクタール)を占めており、そ の荒廃した跡地の修復や早期利用をはじめ、埋立て事業における安全確保とあわせて、山砂 利採取の拡大を防止し、跡地利用を促進することが本市にとって大きな課題となっています。 そのため、平成19年5月に東部丘陵地整備計画を策定し、早期に土地利用を図ることとす る先行整備地区を設定しました。また、同計画に基づき先行整備地区の事業化に向け、事業 全体のマネージメント組織であるプロジェクトチーム準備会等を設立し、土地区画整理準備 組合の設立をめざしています。今後さらに整備に向けた取り組みが求められています。  また、東部丘陵地の開発に欠くことのできない新名神高速道路については、西日本高速道 路株式会社により整備されることとなり、「城陽~八幡」間においては、平成28年度完成・ 供用開始に向け事業が着実に進められています。近畿地方のほぼ中央に位置する交通の要衝 として本市の潜在能力を向上させるためにも「大津~城陽」間についても早期着工を関係機
さらに見せる

3 さらに読み込む

小特集熊本地震に関する地理空間情報部の対応 207 熊本地震に関する地理空間情報部の対応 Responses of Geospatial Information Department to the 2016 Kumamoto Earthquake 地理空間情報部災害対策班 Geospatial In

小特集熊本地震に関する地理空間情報部の対応 207 熊本地震に関する地理空間情報部の対応 Responses of Geospatial Information Department to the 2016 Kumamoto Earthquake 地理空間情報部災害対策班 Geospatial In

どのように利用しているのか,熊本県土木部土木技 術管理課担当者と直接面会し聞き取り調査を実施し た. 県担当者からは,今後の都市計画を進める上で, 被災地域の変遷を確認することが重要であり,提供 された過去の空中写真が非常に有効であった旨を伺 った.また,迅速な無償データの提供により,災害 対応に活用できたことに謝辞をいただくとともに, 協力協定の効果が確認できた.

6 さらに読み込む

公立美術館における非有料展示空間の動向と利用実態に関する研究 [ PDF

公立美術館における非有料展示空間の動向と利用実態に関する研究 [ PDF

立美術館での入場料の徴収は認められていない 注 1) た め、美術館と利用者との関わり方については、一般に 教育普及部門の充実化が中心的課題として取り組まれ ている。あわせて、展示作品の多くは運営経費等の回 収の必要性から有料化され、特定のエリアによる展示 が行われている。一方、近年では従来の展示手法とは 異なるサイトスペシフィックな芸術作品への注目が高 まっており、美術館で展示される芸術作品の中でも重 要な位置を占めつつあるが、その多くが作品の性質上、 非有料の展示空間に設置されている。このような状況 の中、これまでの建築計画の研究には、入場料の有無 を踏まえてその空間構成を分析したものが少なく、非 有料展示空間やそこでの利用者の行動、有料部分との 関係性については十分明らかになっていない。  そこで本研究では、公立美術館における非有料展示 空間に着目して、その空間構成の変遷や展示作品の状 況、利用実態の分析を通して有料の展示空間を含む美 術館全体への効果を明らかにすることで、今後の美術 館建築計画の新たな知見を得ることを目的とする。 2.研究の方法
さらに見せる

4 さらに読み込む

建築光環境の空間的評価指標に関する研究 [ PDF

建築光環境の空間的評価指標に関する研究 [ PDF

及ぼす影響に関する研究、日本建築学会計画系論文報告集、 pp.1-6、1997 年 2) Flynn, J.E., Spencer, T.J., Martyniuk, O., Hendrick, C.: ”Interim study of procedures for investigating the effect of light on impressions and behavior”, J. of the IES, Vol.3, pp.87-94, 1973

4 さらに読み込む

局所性を考慮した歩行空間の連続性に関する研究 [ PDF

局所性を考慮した歩行空間の連続性に関する研究 [ PDF

8) 高木幹朗 , 谷口汎邦 , 金鍾石:グラフ・ネットワーク指数の検討 とその適用による地下街街路構成の分析 , 日本建築学会計画系 論文報告集 , 第 422 号 ,p.37-44,1991.4 9) 福原章夫 , 局所性を考慮した歩行空間の接続性評価に関する研究 る快適性は歩行空間種別と密接な関わりがある。現状 を把握し、計画に反映させるという点で、歩行空間種 別による重み付けを行う本指標は、大きな役割を果た しうると考えられる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

不均一な照明空間の評価指標に関する研究 [ PDF

不均一な照明空間の評価指標に関する研究 [ PDF

不均一な照明空間の評価指標に関する研究 尾方 祐介 1. はじめに 適切な照明環境は、建物や室の用途、及び、作業の内 容に応じて、光の量と質の両面から慎重に計画されなけ ればならない。しかし、従来の照度基準やそれに基づく 照明設計では、検討面の必要照度を確保することに主眼 が置かれている。照明の質を高めることは、視環境の快 適性を確保するだけでなく、無用な照度の増加を抑制し、 照明用のエネルギーを節減する有力な手段ともなり得る。 照明の質に関わる特性の1つに、光の分布状態がある。 適切な光の分布は大きな心理効果を生む 1) 。 光の分布に関
さらに見せる

4 さらに読み込む

4. 共有化のバックボーンとなる空間データの整備方法に関する開発

4. 共有化のバックボーンとなる空間データの整備方法に関する開発

日本建築学会 論文集,技術報告集,大会学術講演梗概集, 支部研究報告集,日本地工学シンポジウム 日本都市計画学会 都市計画論文集 土木学会 土木学会誌,土木学会論文集,土木学会委 員会論文集,支部論文集

34 さらに読み込む

地理空間情報の利活用に関する今後の産官学の役割

地理空間情報の利活用に関する今後の産官学の役割

地域のレジリエンスを高めるための地域計画では、地形、気候、土 壌、地質、土地利用、人口などのデータを GISで重ね合わせて地図 化し、地域分類をすることが多い。 地域の自然条件を理解すること により被害を低減 できるからである。 GISで地域のデータを重ね合わ せ各地域の自然条件に適合した土地利用の在り方を理解する地理 教育が重要である。特に ハザードマップを理解できる地図力を育成

29 さらに読み込む

目次 Ⅰ 新宿区自転車ネットワーク計画について 計画の目的 計画の概要... 3 Ⅱ 自転車ネットワーク整備に向けた現状 安全 安心な通行空間の実現... 6 (1) 自転車事故の発生状況... 6 (2) 自転車通行に関する区民意識 自転車

目次 Ⅰ 新宿区自転車ネットワーク計画について 計画の目的 計画の概要... 3 Ⅱ 自転車ネットワーク整備に向けた現状 安全 安心な通行空間の実現... 6 (1) 自転車事故の発生状況... 6 (2) 自転車通行に関する区民意識 自転車

施策と連動した取組を進めるものとします。 ⚫ 自転車総合計画においては、大きく【自転車利用のルールやマナーの向上】と、【自転車 利用に関する学びの場の拡充】を柱として、個別具体の施策を進めるものとしています。 ⚫ 前述の自転車通行空間整備区間における交通ルールの周知啓発については、「施策 E-① 通行ルールが一目でわかるサインの導入」が、自転車通行空間の見える化に繋がるほか、 駐輪ルールに関する施策 E-④以外の全施策が、自転車通行ルールの周知啓発に繋がるも のとなります。
さらに見せる

82 さらに読み込む

釜山・旧都心の露店空間に関する研究 [ PDF

釜山・旧都心の露店空間に関する研究 [ PDF

2-3 釜山市の新たな露店政策 (1)露店整備のモデル街路事業  釜山市では、2007 年より都市の街路景観向上と体系 化した露店商管理を目標に、露店モデル街路事業を行っ ている。同時に露店を観光資源とし、新しい露店文化 を生み出す事を目指している。2008 年には「露店模範 街路形成委員会」を立ち上げ、露店商の代表、区役所 の職員、市民団体、専門家などで計画・運営されている。 現在、対象地区である西面の一部では、水道や電気等 のインフラ面も街路沿いに整備され、統一された露店 デザインと規制時間内に営業を行っている。
さらに見せる

4 さらに読み込む

空間解析の結果から見た日本の都市空間の特性に関する研究 [ PDF

空間解析の結果から見た日本の都市空間の特性に関する研究 [ PDF

4.2 地区種別による考察 港町である、1. 元町 / 主計町はいずれの解析結果も 高い値となったのに対し、7. 浜崎地区では、比較的低 い値となった。これは、都市部内に成立されており、 函館市が大規模な区画整理が行われたのに対し、萩市 浜崎地区は、強い商業機能を持たず、藩政時代の町割 がそのまま残されていることが原因として挙げられる。  茶屋町である 2. 東山ひがし / 主計町、5. 祇園新橋 の二地区は、いずれも町家型の建物が高密度で建ち並 び、長方形の街区を持つ小さな格子状の街路形態を持っ ている。解析結果を見てみると、面的な街路空間の連 続性に差異が見られる。これは 5. 祇園新橋は重伝建 地区を囲むように幹線道路が配置されているのに対し、 2. 東山ひがし / 主計町は細かな街路が入り組んだ街路 形態をとっているためであると考えられる。これらか ら、東山ひがし / 主計町は連続性が低く奥行き性の高 い街路形態であると言える。
さらに見せる

4 さらに読み込む

非計画的に形成された賑わう商業空間の界隈性に関する研究 —歩行者アクティビティと街路構成の分析— [ PDF

非計画的に形成された賑わう商業空間の界隈性に関する研究 —歩行者アクティビティと街路構成の分析— [ PDF

 前章で示した街路で構成される商業空間における歩 行者の回遊行動の実態を把握し、両者の関係を分析す るためにアンケート調査を行った。アンケート調査は 大名地区の複数の街路の出口付近で地区内を回遊して きた若者を対象として行い、有効解答は 77 件を得た。  主な質問項目は①調査日に通った経路と訪れた店舗、 ②店舗に立ち寄った動機及び頻度で、①では大名地区 内を対象として大名へ入った地点(始点)から出た地点 (終点)までの歩行経路を地図上に直接描いてもらった。 ②では、それぞれの立ち寄った店舗に対して、当初か ら目的があって入ったものか、あるいは、目的地に行 く途中で気付いたり外観などに引かれてふらっと入っ たものかを質問した。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...