歳以上の高齢者人口の割合(高齢化率)は、2010 年に

Top PDF 歳以上の高齢者人口の割合(高齢化率)は、2010 年に:

2 高齢者が元気で活躍できる社会 (1) 我が国の高齢化率は 平成 27(215) 年に 65 歳以上の人口に占める割合が 26.7% 75 歳以上 ( 後期高齢者 ) が 12.9% と上昇の一途 ( 平成 22(21) 年 :65 歳以上 2% 75 歳以上 11.%) (2) 本県においても

2 高齢者が元気で活躍できる社会 (1) 我が国の高齢化率は 平成 27(215) 年に 65 歳以上の人口に占める割合が 26.7% 75 歳以上 ( 後期高齢者 ) が 12.9% と上昇の一途 ( 平成 22(21) 年 :65 歳以上 2% 75 歳以上 11.%) (2) 本県においても

田川市 ドイツ ・ドイツと炭坑産業遺産があるという共通点。これまでスポーツ少年団受入を行った経緯もあることから、ウェル チェアーラグビーなど事前キャンプ誘致などドイツと交流を進める。 宗像市 ブルガリア ・毎年、市内で行われている新体操大会、ブルガリア有力クラブチームが出場。その際、チーム選手が市内 小学校を訪問し交流を行っており、2022年度まで全小学校で実施する予定。こうした縁をきっかけ、新体操など 事前合宿誘致を進める。
さらに見せる

9 さらに読み込む

はじめに 日本は 世界に類を見ない速さで高齢化が進んでおり 平成 25 年 10 月現在で25.1% と 4 人に一人が高齢者となり さらに75 歳以上の後期高齢者の大幅な増加が見込まれています 北区においても 高齢化率は平成 26 年 1 月現在 25.1% となっており 平成 30 年には 27

はじめに 日本は 世界に類を見ない速さで高齢化が進んでおり 平成 25 年 10 月現在で25.1% と 4 人に一人が高齢者となり さらに75 歳以上の後期高齢者の大幅な増加が見込まれています 北区においても 高齢化率は平成 26 年 1 月現在 25.1% となっており 平成 30 年には 27

 平成 27 年度介護保険法次期改正お いて、団塊世代が 75 以上となる平 1.「見守り」 「地域ささえあい」が必要な背景 成 37 向けて介護が必要な状態なって も住み慣れた地域で暮らし続けることがで きるようするため、医療・介護・予防・ 住まい・生活支援を一体的提供される地 域包括ケアシステム構築が求められてお り、その中生活支援において、地域 おける「見守り」「配食」など多様な生活支 援サービスが重要な取り組みとして位置づ けられています。
さらに見せる

74 さらに読み込む

高齢者(75歳以上)のための医療制度

高齢者(75歳以上)のための医療制度

*政管健保、組合健保2008年度見込み。共済組合2006年度実績。共済医療給付相当する短期給付のみを抽出しているものの、医療 以外給付も行っており完全単純比較できませn。 *1)2008年度から75以上後期高齢医療制度下で保険料を支払うようなったため。2006年度当時、たとえば政管健保で75以上被用者 本人が1.1%ありました。したがって、共済組合も同じ比率として、1.1%分を除いております。政管健保、組合健保2008年度数字、すなわち後期高齢
さらに見せる

17 さらに読み込む

静岡市高齢者の就労促進に向けた検討会議について 1. 趣旨 静岡市における 65 歳以上の高齢者は年々増加し 直近では高齢化率は約 3 割に達するとともに 近年は 元気な高齢者が多くみられる傾向にある 人生 100 年時代 とも言われる中 静岡市が掲げる 5 大構想の一つである 健康長寿のまち の実

静岡市高齢者の就労促進に向けた検討会議について 1. 趣旨 静岡市における 65 歳以上の高齢者は年々増加し 直近では高齢化率は約 3 割に達するとともに 近年は 元気な高齢者が多くみられる傾向にある 人生 100 年時代 とも言われる中 静岡市が掲げる 5 大構想の一つである 健康長寿のまち の実

静岡市における65以上高齢年々増加し、直近で高齢約3割達するとともに、近年、 元気な高齢が多くみられる傾向ある。 「人生100時代」とも言われる中、静岡市が掲げる5大構想一つである「健康長寿まち」実現を目 指し、健康づくりや生きがい・社会参加、生活安定観点から、就労を希望する高齢が生涯現役で企業や 地域で働き活躍することができる環境を整備する必要がある。
さらに見せる

7 さらに読み込む

少子高齢化が進展する中での賃貸住宅へのニーズについて 賃貸住宅居住の高齢者と 賃貸住宅へのニーズ 65 歳以上の持家率は 80% を超えており 賃貸住宅に居住している高齢者とは低資産 低所得の比率が高いと考えられる また 高齢者の居住地移動率は 1% 以下であり 特に低資産 低所得の高齢者の場合には

少子高齢化が進展する中での賃貸住宅へのニーズについて 賃貸住宅居住の高齢者と 賃貸住宅へのニーズ 65 歳以上の持家率は 80% を超えており 賃貸住宅に居住している高齢者とは低資産 低所得の比率が高いと考えられる また 高齢者の居住地移動率は 1% 以下であり 特に低資産 低所得の高齢者の場合には

このような状況から、UR 賃貸住宅を行政補完準公営住宅と捉えるならば、UR 特有償却 期間設定や土地等に対する借入金償還方法等一定合理性があるないか。 ■賃貸住宅市場競争環境整備されているか。 日本賃貸住宅市場競争環境、十分整備されていると、言いがたい面がある。 賃貸住宅家主、行政、UR、個人、大企業まで多種多様であり、経営方針も、収益を重視 したもの、相続税対策目的、収益性を重視しないものなど、様々である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 本市と周辺都市の将来人口推計 本市の将来人口は 2040 年に 87.5 ポイントと今後 1 割以上の人口減少が予測されていま す また 本予測では少子高齢化の傾向が強まり 生産年齢人口の割合は 53.8% にまで減少す ると予測されています 総数 2010 年 2015 年 2020 年

(2) 本市と周辺都市の将来人口推計 本市の将来人口は 2040 年に 87.5 ポイントと今後 1 割以上の人口減少が予測されていま す また 本予測では少子高齢化の傾向が強まり 生産年齢人口の割合は 53.8% にまで減少す ると予測されています 総数 2010 年 2015 年 2020 年

1住宅当り延床面積(坪) 世帯平均人数(人) 北九州 福岡 大牟田 久留米 直方 飯塚 田川 柳川 八女 筑後 大川 行橋 豊前 中間 小郡 筑紫野 春日市 大野城 宗像 太宰府 前原 古賀 福津 うきは 宮若 嘉麻 朝倉 みやま 都市人口 982,836 1,375,292 129,549 303,721 58,852 132,680 51,678 73,929 42,427 48,560 39,270 71,852 28,204 46,740 58,939 98,940 108,769 94,072 94,996 67,886 69,126 57,475 55,644 33,264 31,419 45,707 59,535 42,971 都市世帯数 448,856 645,778 57,051 118,315 25,171 56,914 23,856 24,121 14,240 16,540 12,858 27,983 11,421 19,918 21,055 38,366 43,196 37,873 37,116 27,319 24,686 22,045 21,220 10,454 12,846 19,303 19,946 13,940 住宅総数 489,430 797,030 60,110 130,570 25,720 63,740 22,170 25,950 15,470 17,410 13,350 29,620 11,510 19,790 22,100 41,190 45,620 40,640 40,300 30,490 26,140 22,680 21,520 11,330 14,170 19,600 21,740 14,880 空家総数 74,910 116,750 9,360 18,260 3,930 10,540 3,360 2,440 1,830 1,970 1,300 3,260 2,070 2,230 2,350 4,440 5,270 5,410 4,080 3,290 2,710 1,840 1,800 1,550 2,430 2,870 2,960 1,720 空家賃貸 46,830 90,900 3,360 11,660 1,030 5,580 1,260 960 770 1,180 560 1,390 600 920 920 2,320 4,240 3,590 2,170 2,340 1,280 1,040 790 550 1,110 690 1,160 690 空家その他 23,070 17,870 5,020 5,050 2,440 3,910 1,940 1,390 1,010 730 610 1,460 1,440 1,230 940 1,200 880 1,690 1,690 840 1,020 560 850 930 1,280 1,960 1,430 1,010 空家総数/住宅総数 15.3% 14.6% 15.6% 14.0% 15.3% 16.5% 15.2% 9.4% 11.8% 11.3% 9.7% 11.0% 18.0% 11.3% 10.6% 10.8% 11.6% 13.3% 10.1% 10.8% 10.4% 8.1% 8.4% 13.7% 17.1% 14.6% 13.6% 11.6%
さらに見せる

9 さらに読み込む

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測

21 (ケ) DID(人口集中地区)面積 ■ 昭和 55 まで大きく拡大したものの,平成 2 以降,国道 5 号と 道道函館南茅部線等放射系幹線道路周辺でわずかな拡大となって おり,平成 22 について,市街地内空白地域を埋める程度拡大 となっている。

21 さらに読み込む

広島体育学研究 第 41 巻平成 27 年 3 月 Ⅰ. 諸言 1. 超高齢社会と介護予防事業現在わが国では, 急速に高齢化が進み 2010 年には平均寿命が男性 歳, 女性 歳に達した それと並行するように少子化の進行も著しく,2012 年には人口全体に占める 65 歳以上

広島体育学研究 第 41 巻平成 27 年 3 月 Ⅰ. 諸言 1. 超高齢社会と介護予防事業現在わが国では, 急速に高齢化が進み 2010 年には平均寿命が男性 歳, 女性 歳に達した それと並行するように少子化の進行も著しく,2012 年には人口全体に占める 65 歳以上

Ⅰ.諸言 1.超高齢社会と介護予防事業  現在わが国で,急速高齢が進み 2010 平均寿命が男性 79.55 ,女性 86.30 達 した。それと並行するよう少子進行も著し く,2012 人口全体占める 65 以上高 齢割合 24.1%のぼり,国民約4人1 人が 65 以上高齢という超高齢社会を迎え ている(厚生労働省大臣官房統計情報部,2013)。 介護保険制度が施行された 2000 から介護保険 給付総額増加し続け,2014 総給付額が 10 兆円を超えると試算されており(厚生労働省 老健局総務課,2014),介護保険給付増大が社 会問題している。2006 始まった改正介護 保険制度法において,軽度要介護自立支援を 徹底し,重度を予防する観点から「新予防給付」 が創設された。また,2015 介護保険制度改 正で,要支援介護予防通所介護事業と介護 予防訪問介護事業が自治体へ移管される見通しと なっており,これら事業へ取り組みが自治体 によって改変されることなどが予想され,その先 行き不透明である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

はじめに 国立社会保障 人口問題研究所の将来人口推計によれば 現在 わが国の4人に1人以上が高齢者 65歳以上の方 7人に1人 が75歳以上の方となっており 世界でも類を見ない超高齢社会 を迎えております 今後も 高齢化は着実に進むと予測されてお り 特にすべての団塊の世代の方が75歳以上に達する2

はじめに 国立社会保障 人口問題研究所の将来人口推計によれば 現在 わが国の4人に1人以上が高齢者 65歳以上の方 7人に1人 が75歳以上の方となっており 世界でも類を見ない超高齢社会 を迎えております 今後も 高齢化は着実に進むと予測されてお り 特にすべての団塊の世代の方が75歳以上に達する2

そのため、地域根ざした活動を展開している多様な方々と行政が連携し、それぞ れ役割を担いながらマルチパートナーシップによる取組を推進し、支えあう地域社会 実現向け、取り組むことが重要であると考えております。 本計画で、すべて市民を対象とする「藤沢型地域包括ケアシステム」基本理念 もと、理想とする高齢社会像を「健康寿命日本一 人生100時代を支えあうまち ふ じさわ」とし、4つ基本理念と7つ基本目標を掲げ、施策を展開してまいります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

表 1) また 従属人口指数 は 生産年齢 (15~64 歳 ) 人口 100 人で 年少者 (0~14 歳 ) と高齢者 (65 歳以上 ) を何名支えているのかを示す指数である 一般的に 従属人口指数 が低下する局面は 全人口に占める生産年齢人口の割合が高まり 人口構造が経済にプラスに作用すると

表 1) また 従属人口指数 は 生産年齢 (15~64 歳 ) 人口 100 人で 年少者 (0~14 歳 ) と高齢者 (65 歳以上 ) を何名支えているのかを示す指数である 一般的に 従属人口指数 が低下する局面は 全人口に占める生産年齢人口の割合が高まり 人口構造が経済にプラスに作用すると

( 「人口ボーナス」と呼ぶ) 。反対、 「従属人口指数」が上昇する局面、生産年齢人口割合が低下 し、人口構造が経済マイナス作用する( 「人口オーナス」と呼ぶ)。先行研究 2 では、「従属人口指 数」、住宅供給量と強い負相関関係があると指摘されている。 図表 2 、従属人口指数(全国)推移を示したものである。1990 年少人口約 2,300 万人、 生産年齢人口約 8,600 万人、老年人口約 1,500 万人であり、「従属人口指数」 43.5 であった。 1990 以降、生産年齢人口減少と老年人口急激な増加伴い、「従属人口指数」上昇し続け ている。2015 「従属人口指数」 64,5 となった(年少人口;約 1,600 万人、生産年齢人口;約 7,700 万人、老年人口;約 3,400 万人)。2035 、年少人口約 1,200 万人、生産年齢人口約 6,500 万人、老年人口約 3,800 万人となり、「従属人口指数」過去最高水準 77.3 達する。今 後も「人口オーナス」状況が継続すると見込まれている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

なお 国立社会保障 人口問題研究所による 平成 24 年 1 月推計 を加えると 2030 年 には男性で 歳 女性で 歳まで寿命が延びていくとされている 高齢化の進展この平均寿命の延びに伴い わが国の高齢化率 4は 1935( 昭和 10) 年に 4.7% であ

なお 国立社会保障 人口問題研究所による 平成 24 年 1 月推計 を加えると 2030 年 には男性で 歳 女性で 歳まで寿命が延びていくとされている 高齢化の進展この平均寿命の延びに伴い わが国の高齢化率 4は 1935( 昭和 10) 年に 4.7% であ

よると、社会活動へ参加状況、日本ドイツ、米国などと比べて低いもの参加しない 理由として「時間的・精神的ゆとりがない」が 32.2%と多く、「関心がない」とする割合 米国、ドイツよりも低く 15.9%である。今回調査結果でも「社会活動へ参加」を拒否し ているものでなく、 「きっかけさえあれば参加してもよい」と考えられていた。若い頃地 域イベントや子どもサークルなどを通して社会参加する機会があり、ここで関係をそ 後も続けていけるかどうかが一つ鍵となろう。 そのまま、 社会活動関与していければ、 定年後「仕事」代わる生きがい場が得られるが、若い頃社会参加を途中でやめた り、若い頃社会参加がないまま定年退職すると、なかなか社会活動へ参加ができない状 況となってしまう。定年退職後新しい活動場を切り開いていく必要があると思われるが、 退職後新たな活動場を退職前から考えている人少ないと思われ、若い頃から色々な社 会活動興味を持って参加し、その中から将来続けられそうな自分合った社会活動を探し ていくことが定年退職後社会参加繋がる。高齢ライフスタイル若年期から生活 習慣積み重ね成り立ち (Elder, 1974)、若い時期から社会と関わり方左右され る(前田 , 2011) 34 。また、高齢期で移動可能な距離が小さくなり(前田 , 2006) 35 、近隣
さらに見せる

36 さらに読み込む

2.2 指標等からみる動向 (1) 人口の推移について a. 総人口と年齢別人口について 人口は減少傾向が続いている 平成 22 年の年齢別人口では 15 歳未満人口が昭和 6 年の約 3 割に減少する一方で 高齢者人口 (65 歳以上 ) は 昭和 6 年に比べ約 1.3 倍に増加している 今後も

2.2 指標等からみる動向 (1) 人口の推移について a. 総人口と年齢別人口について 人口は減少傾向が続いている 平成 22 年の年齢別人口では 15 歳未満人口が昭和 6 年の約 3 割に減少する一方で 高齢者人口 (65 歳以上 ) は 昭和 6 年に比べ約 1.3 倍に増加している 今後も

• 公共交通維持ため、利用増加促進取り組み、運賃収入を増やすことが必 要である。そのため、情報提供充実など利用環境を整えることや、町民各自 公共交通利用意識を高める施策が求められる。 • 航路事業厳しい経営環境おかれており、人口減少現状をふまえると、今後も状 況抜本的な改善容易でない。このような実情を町民周知し、かつ理解を得るこ とが航路維持必要である。
さらに見せる

39 さらに読み込む

口と生産年齢人口は共に減少し続けているが 老年人口は一貫して増加し 高齢化率は30% を超えており 人口構造の変化も顕著になっている ( 図 2) 国立社会保障 人口問題研究所 日本の地域別将来人口推計 ( 平成 30 年推計 ) ( 以下 社人研推計 という ) によると 本市の人口は 今後高齢者

口と生産年齢人口は共に減少し続けているが 老年人口は一貫して増加し 高齢化率は30% を超えており 人口構造の変化も顕著になっている ( 図 2) 国立社会保障 人口問題研究所 日本の地域別将来人口推計 ( 平成 30 年推計 ) ( 以下 社人研推計 という ) によると 本市の人口は 今後高齢者

④ 地方版総合戦略における位置付け 「田川市未来創生総合戦略」で、観光振興とスポーツ合宿誘致を 具体的施策定め、 「東京2020大会を契機としたスポーツ交流人口増加 プロジェクト」、これらを総合的実施する事業である。なお、これら 具体的施策を含む基本目標として「新規雇用創出数」 〔-(現状)→150 人(平成32年度まで) 〕を定め、この中で、基本的な方向として、観光が 産業として成り立つ仕組みを構築するとともに、スポーツ合宿を誘致する ことで雇用を創出することとしており、本プロジェクト、まさにこの目 標達成直接寄与するものである。
さらに見せる

10 さらに読み込む

( 新潟県 ) 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 ( 様式 ) 1 市区町村名 2 人口 ( 1) 3 高齢化率 ( 1) (65 歳以上 75 歳以上それぞれについて記載 ) 佐渡市 ( ) ( ) 1 取組の概要 5 取組の特徴 6 開始年度 7 取組のこれまでの経緯 8 主な利用者と人

( 新潟県 ) 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 ( 様式 ) 1 市区町村名 2 人口 ( 1) 3 高齢化率 ( 1) (65 歳以上 75 歳以上それぞれについて記載 ) 佐渡市 ( ) ( ) 1 取組の概要 5 取組の特徴 6 開始年度 7 取組のこれまでの経緯 8 主な利用者と人

佐 渡 市 介 護 保 険 ボ ラ ン テ ィ ア ポ イ ン ト 制 度 実 施 要 綱 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 こ 告 示 、 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 法 律 第 123号 ) 第 115条 45 第 1 項 規 定 す る 地 域 支 援 事 業 お け る 介 護 予 防 事 業 と し て 、 高 齢 が ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 を 通 し て 地 域 貢 献 す る こ と を 支 援 し 、 高 齢 自 身 社 会 参 加 活 動 を 通 し た 生 き が い づ く り 及 び 介 護 予 防 を 推 進 す る た め 、 佐 渡 市 介 護 保 険 ボ ラ ン テ ィ ア ポ イ ン ト 制 度 ( 以 下 「 ポ イ ン ト 制 度 」 と い う 。 ) を 設 け 、 も っ て 生 き 生 き と し た 地 域 社 会 を 作 る こ と を 目 的 と す る 。 ( 基 本 方 針 )
さらに見せる

14 さらに読み込む

超高齢社会における食品のニーズ 第 2 図に示したように, 要介護 要支援認定者数は, 高齢者人口の約 2 割と見積もることができるが,74 歳未満では4% 台,75 歳以上では30% 近くと, その割合が大きく異なっている 3) 要介護状態ではないが, 病気や怪我で入院する等, 短期的に自立してい

超高齢社会における食品のニーズ 第 2 図に示したように, 要介護 要支援認定者数は, 高齢者人口の約 2 割と見積もることができるが,74 歳未満では4% 台,75 歳以上では30% 近くと, その割合が大きく異なっている 3) 要介護状態ではないが, 病気や怪我で入院する等, 短期的に自立してい

,嚥下困難やドライマウスを考慮したもの等が 必要であろう。  高齢,病原菌へ感受性が若年10倍と 言われている。食安全性に関して,従来消費 期限等食品衛生基準を高齢社会型見直すこと や食品流通手段再考も必要だろう。生産から販 売までよりも,販売されてから家庭で保存状 況が,食品衛生上より大きな問題となるため,以 下⑤⑥で示す高齢が食べ切れる量で販売や毎 日入手できる販売システム整備等,食品そのも 改善以外も対処法あると考える。  一方,美 お 味 い しさかかわる感覚機能に関する性 質,消費個人長年食習慣でできた嗜好 性があり,それを過ぎても足りなくても満足され ない。生産年齢層向け場合,食品開発・提 供と消費層が一致するため問題ならなか ったが,食品提供側が,自分と感性異なる消 費である高齢最適値を見つける技術,その 裏付けとなる基礎研究が極めて希薄である。健康 な高齢を食品開発加えることも効果的と考 えられる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

はじめに 日本全体の人口は 今後 30 年間で約 2 割の厳しい人口減少が見込まれています また 高齢者人口 (65 歳以上 ) は約 3 割増加し 生産年齢人口 (15~64 歳 ) は約 3 割減少すると見込まれています 高齢者や子育て世帯にとって安心できる健康で快適な生活環境を実現することや

はじめに 日本全体の人口は 今後 30 年間で約 2 割の厳しい人口減少が見込まれています また 高齢者人口 (65 歳以上 ) は約 3 割増加し 生産年齢人口 (15~64 歳 ) は約 3 割減少すると見込まれています 高齢者や子育て世帯にとって安心できる健康で快適な生活環境を実現することや

・行政も税収減により、それら課題を補っていくため行政サービス水準をあげてい くこともちろん、これまでと同様サービスを提供することも難しくなります。 ・そこで、民間が生活サービスを末永く提供してもらえるような取り組みを行い、行政 サービスを大きく広げることなく生活できるようすることが必要であり、自助・共 助・公助バランスをとりながら、心地よく健やか住み続けられるまちづくりをめ ざしていきます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

富山県 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 ( 様式 ) 1 市区町村名 富山市 2 人口 ( 1) 322,059 人 ( 平成 25 年 3 月末現在 ) ( 8,253 人 ) 3 高齢化率 ( 1) 65 歳以上 26.1% ( 30.3% ) (65 歳以上 75 歳以上それぞれにつ

富山県 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 ( 様式 ) 1 市区町村名 富山市 2 人口 ( 1) 322,059 人 ( 平成 25 年 3 月末現在 ) ( 8,253 人 ) 3 高齢化率 ( 1) 65 歳以上 26.1% ( 30.3% ) (65 歳以上 75 歳以上それぞれにつ

⑤取組特徴 徘徊発生時捜索を地区単独で行う SOS ネットワーク隊結成富山市内でも 初組織である。SOS ネットワーク隊活動について地域ケア会議(徘徊 SOS ネットワーク会議)で広く周知することにより、他町内でも SOS ネットワーク 隊結成意識向上つながり、3 町内結成至る。また会議地区住民だ けでなく、医療機関や交番、介護保険サービス事業所も参加することで、連携 強化つながっている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1 15 歳以上人口の就業状態 富山県の 15 歳以上人口 人のうち 有業者は 人 ( 全国 6621 万 3 千人 ) と 平成 24 年と比べると 人減少しています 有業率 (15 歳以上人口に占める有業者の割合 ) についてみると 59.5%( 全国 5

1 15 歳以上人口の就業状態 富山県の 15 歳以上人口 人のうち 有業者は 人 ( 全国 6621 万 3 千人 ) と 平成 24 年と比べると 人減少しています 有業率 (15 歳以上人口に占める有業者の割合 ) についてみると 59.5%( 全国 5

第3次産業:「電気・ガス・熱供給・水道業」、「情報通信業」、「運輸業, 郵便業」、「卸売業, 小売業」、         「金融業, 保険業」、「不動産業, 物品賃貸業」、「学術研究, 専門・技術サービス業」、         「宿泊業, 飲食サービス業」、「生活関連サービス業, 娯楽業」、「教育, 学習支援業」、         「医療, 福祉」、「複合サービス事業」、「サービス業(他分類されないもの)」、         「公務(他分類されるものを除く)」
さらに見せる

22 さらに読み込む

人口の推移と将来推計 ( 齢層別 ) に 団塊の世代 が後期高齢者となり 団塊ジュニア が 歳を超える には 人の高齢者を.6 人で支えている社会構造が には 人の高齢者を.8 人で には 人の高齢者を. 人で支える社会構造になると推定 ( 実績 ) 総人口 億,86 万人 総人口 億,66 万人

人口の推移と将来推計 ( 齢層別 ) に 団塊の世代 が後期高齢者となり 団塊ジュニア が 歳を超える には 人の高齢者を.6 人で支えている社会構造が には 人の高齢者を.8 人で には 人の高齢者を. 人で支える社会構造になると推定 ( 実績 ) 総人口 億,86 万人 総人口 億,66 万人

○共同住宅うち、道路から各戸玄関まで車椅子・ベビーカーで通行可能な住宅ストック比率 ○高齢居住する住宅医療機関、老人デイサービスセンターへアクセス利便性(居住世帯あり住宅うち各施設まで 距離が1km以内存在する住宅割合)                                                         【医療施設】                                                         【老人デイサービス】 ●敷地やまわりバリアフリー状況に対する満足度(「満足」+「まあ満足」割合
さらに見せる

28 さらに読み込む

目次 1 高齢化率 ( 山形県 ) 1 2 高齢化率 ( 全国 ) 2 3 将来の高齢化率 ( 山形県 ) 3 4 将来の高齢化率 ( 全国 ) 4 5 人口ピラミッド ( 山形県 ) 5 6 平均寿命の推移 6 7 出生数 出生率の推移 7 8 高齢者のいる世帯 ( 山形県 ) 8 9 高齢者のい

目次 1 高齢化率 ( 山形県 ) 1 2 高齢化率 ( 全国 ) 2 3 将来の高齢化率 ( 山形県 ) 3 4 将来の高齢化率 ( 全国 ) 4 5 人口ピラミッド ( 山形県 ) 5 6 平均寿命の推移 6 7 出生数 出生率の推移 7 8 高齢者のいる世帯 ( 山形県 ) 8 9 高齢者のい

資料:山形県企画振興部「山形県人口と世帯数」(平成2910月1日現在) 注)老年人口65以上人口、生産年齢人口16~64人口、年少人口0~15人口  5 人口ピラミッド(山形県)              5 人口ピラミッド(山形県)              5 人口ピラミッド(山形県)            
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...