本 計 画 を 着 実 に 推 進 し 、 計 画 の 成

Top PDF 本 計 画 を 着 実 に 推 進 し 、 計 画 の 成:

は じ め に 本 では 平 成 23 年 5 月 に 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 図 るため 第 1 次 となる 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち~ を 策 定 しました 計 画 策 定 後 子 どもたちが 小 さい 頃 から 本 に 親 しむ

は じ め に 本 では 平 成 23 年 5 月 に 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 図 るため 第 1 次 となる 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち~ を 策 定 しました 計 画 策 定 後 子 どもたちが 小 さい 頃 から 本 に 親 しむ

- 26 - 第4章 第2次計画における子ども読書活動推進 アンケート結果や第1次計画における実施状況、学年段階が進むにつれて高く なる不読率減尐させるため、子どもが小さい頃から読み聞かせてもらう環境整 えます。楽しく読み続けることができるよう、あらゆる場所で子ども取り巻く全 て大人協力得ながら、子ども自主的な読書活動向けた取組推進ます。 また、多く外国人家庭がある知立市特性考慮、外国人子どもも読書活 動推進ができるよう対応ます。
さらに見せる

48 さらに読み込む

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

5.地域社会における読書活動 ア まちづくりセンター図書コーナー活用 まちづくりセンター図書コーナーは、中央図書館から配本も受け、全体で年間約 1 万人 貸出利用、約 2 万点貸出冊数維持ている。コーナー利用については、まちづくりセン ター職員と地域ボランティアが協力て行っているが、計画策定時14館でボランティア が協力ていたが、平成 20 年度調査では6館と減尐ている。ボランティア参加推進 する新たな立案が必要とされる。強制できるものではないので、数値目標達成するは難し い面がある。
さらに見せる

15 さらに読み込む

目 次 第 1 章 平 成 24 年 度 のスポーツ 推 進 に 関 する 施 策 1 基 本 的 考 え 方 1 2 スポーツ 推 進 体 制 の 整 備 2 3 スポーツ 推 進 施 策 の 取 組 実 績 4 4 山 口 県 スポーツ 推 進 計 画 の 策 定 10 5 スポーツ 推 進 関

目 次 第 1 章 平 成 24 年 度 のスポーツ 推 進 に 関 する 施 策 1 基 本 的 考 え 方 1 2 スポーツ 推 進 体 制 の 整 備 2 3 スポーツ 推 進 施 策 の 取 組 実 績 4 4 山 口 県 スポーツ 推 進 計 画 の 策 定 10 5 スポーツ 推 進 関

本県では、国スポーツ基本計画方向性や「おいでませ!山口国体・山口大会」 開催はじめとた本県スポーツ取り巻く環境変化等踏まえつつ、推進条 例理念、戦略プラン方向性基礎として、平成25年3月「山口県スポーツ 計画」策定た。今後、この計画沿ってスポーツ推進に関する施策総合的か つ計画的推進する。
さらに見せる

26 さらに読み込む

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

・ 電子メール、職員ポータル掲示板等活用て、会議や打合せ減らすとともに、会議 や打合せ行う場合は、事前、論点明確する・会議資料配布する・終了時間明確 決めるなどて、短時間で効率よく行うよう心掛ける。 ・ 年間を通じて仕事平準化できるよう、業務計画表やグループウェアスケジュール機能 活用、比較的余裕ある時期前倒しで仕事行うなど計画的な業務執行努める。 ・ 定例的な業務処理マニュアル化(FAQ等)、業務改善向けた取組事例参考する
さらに見せる

17 さらに読み込む

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 施 策 の 内 容 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 ( 掲 載 項

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 施 策 の 内 容 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 ( 掲 載 項

(3)基本的な方向 地域ごみ排出量は、人口が増加ている中でも平成 18 年度から平成 20 年度か けて減尐ており、今後も各種施策継続・強化することにより減尐させていく。 ごみ分別・収集では、両市町とも家庭系ごみは容器包装リサイクル法準じた分 別区分とているものの、ごみ集積所で排出容器や排出形態(組み合わせ)、集団資源 回収実施相違があり、十分な資源化が図られていないため、両市町施策統一や 住民意識高揚図り、更なる資源化推進する。
さらに見せる

28 さらに読み込む

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

- 1 - 第1 計画基本事項 1 計画策定趣旨 「北海道障がい者及び障がい児権利擁護並び障がい者及び障がい児が暮ら やすい地域づくり推進に関する条例」(以下「北海道障がい者条例」という。) 基づき、地域で働くこと挑戦しようとする障がいある人とそれ支えよう とする障害福祉サービス事業所、企業応援するため、障がいある人就労全 般包括的支援する計画として策定するものです。
さらに見せる

12 さらに読み込む

職 業 は PCO Professional Congress Organizers 国 際 会 議 構 想 策 定 基 本 計 画 策 定 実 施 計 画 策 定 当 日 運 営 など イベント コンベンション 広 報 宣 伝 計 画 予 算 計 画 収 支 計 画 募 金 計 画 組 織 構 築

職 業 は PCO Professional Congress Organizers 国 際 会 議 構 想 策 定 基 本 計 画 策 定 実 施 計 画 策 定 当 日 運 営 など イベント コンベンション 広 報 宣 伝 計 画 予 算 計 画 収 支 計 画 募 金 計 画 組 織 構 築

●着地型観光と同様、着地型MICE人材育成 2010年「Japan MICE Year」は目標や到着地ではなく、新たなスタートである。 MICE通じた交流人口拡大ため、それぞれ役割もった各主体がそれぞれ 合致たMICE理解、活用て推進できるようMICE進化させていくことが 望まれる。2010年以降は、主催側、誘致側、支援側、地域側等が共通理解
さらに見せる

24 さらに読み込む

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期

 香川県においても、住宅・住環境取り巻く経済社会環境変化は、全国と同様早いペースで進んでおり、特に人口は、既に減少 転じ、高齢化率についても全国平均大きく上回っている状況ある。さらに、農村漁村部過疎化、都市部中心市街地空洞 化、空き家・空き建築物増加など、地域活力衰退が顕著見られる地域も存在する。  平成20年住宅・土地統計調査よると、香川県総住宅数は約44万6千戸、総世帯数は約37万5千世帯であり、総住宅数は総世帯数 上回っており、量上では充足ているといえる。しかしながら、昭和55年以前建築された住宅割合見ると、38.5%と全国値 32.0%上回っており、安全性や居住性面で低位な状況あるため、非成長・成熟社会におけるストック有効活用が住宅政策おい て重要なっている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平 成 1 9年 度 事 業 計 画 (案)

平 成 1 9年 度 事 業 計 画 (案)

また、納税貯蓄組合と共催、伊勢税務署管内小学生対象として「税に関する習字」、中学生 対象として「税について作文」コンクール開催により、税推進努める。 さらに、伊勢税務署管内で行われる市民まつり等地域イベントに際して、来場者へ税金クイ ズ実施、税に関するパンフレット配布など行い、税に対する関心と納税意識高揚図る活 動行う。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目 次 第 1 章 伊 那 市 食 育 推 進 計 画 の 策 定 にあたって 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 づけ 1 3 計 画 の 期 間 1 第 2 章 食 をめぐる 現 状 と 課 題 1 朝 食 習 慣 の 定 着 3 2 望 ましい 食 習 慣 の 確 立

目 次 第 1 章 伊 那 市 食 育 推 進 計 画 の 策 定 にあたって 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 づけ 1 3 計 画 の 期 間 1 第 2 章 食 をめぐる 現 状 と 課 題 1 朝 食 習 慣 の 定 着 3 2 望 ましい 食 習 慣 の 確 立

◆ 課 題 : お け る 経 済 ・ 社 会 的 な 地 位 占 め る 農 業 役 割 は 、 厳 い 立 地 条 件 立 た さ れ る 中 山 間 地 域 も 含 め た 市 勢 均 衡 あ る 発 展 図 る う え で も 、 重 要 な 位 置 づ け と な っ て い ま す 。 、 担 い 手 減 少 と 高 齢 化 、 耕 作 放 棄 地 増 加 、 農 林 水 産 物 価 格 低 迷 な ど 農 業 取 り 巻 く 環 境 は 厳 て い る こ と か ら 、 地 域 特 色 生 か た 特 産 品 ブ ラ ン ド 化 め ざ す と と も 、 効 率 的 で 安 定 た 営 農 形 態 構 築 よ り 農 業 経 営 基 盤 強 化 図 る こ と が 求 め ら れ て い ま す 。 ま た 、 新 鮮 で 安 全 安 心 な 農 産 物 安 定 供 給 行 う 産 地 と 、 生 産 者 と 消 費 者 が 顔 見 え る 地 産 地 消 づ く り め る こ と で 、 農 業 活 性 化 図 る こ と が 必 要 な っ て い ま す 。
さらに見せる

40 さらに読み込む

大 会 開 催 基 本 計 画 (Games Foundation Plan) ( 案 ) の 概 要 について 大 会 開 催 基 本 計 画 の 概 要 大 会 開 催 準 備 の 枠 組 を 提 供 する 基 本 的 な 計 画 2015 年 2 月 までにIOC IPCに 提 出 予 定 本

大 会 開 催 基 本 計 画 (Games Foundation Plan) ( 案 ) の 概 要 について 大 会 開 催 基 本 計 画 の 概 要 大 会 開 催 準 備 の 枠 組 を 提 供 する 基 本 的 な 計 画 2015 年 2 月 までにIOC IPCに 提 出 予 定 本

➢サイバーセキュリティ戦略等基づき、関係事業者における通信履歴等に関するログ保存あり方について検討行っている ところ(総務省、警察庁)。 ○情報セキュリティ対策推進:総務省 ➢ICT成長戦略推進会議「オリンピック・パラリンピックおもてなしグループ」開催(H26年4月~)、その検討結果(「ICTによる最高 おもてなし」)公表(H26年6月)。また、2020年向けた社会全体ICT化推進に関する懇談会開催(H26年11月~)するととも 、情報セキュリティ アドバイザリーボード「戦略ワーキンググループ」設置(H27年1月)て2020年見据えた課題検討 開始するなど、サイバー攻撃へ対応体制強化や新たな分野情報セキュリティ上課題解決等推進。
さらに見せる

154 さらに読み込む

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計

報告書将来人口(市町合計)においては、2015 年 45,774 人、2020 年 43,342 人、2025 年 40,751 人、2030 年 38,104 人と実績同様減少傾向あると予測ています。 2015 年将来人口:45,774 人(小松島市:38,905 人、勝浦町:5,260 人、上勝町:1,609 人) 2020 年将来人口:43,342 人(小松島市:37,115 人、勝浦町:4,798 人、上勝町:1,429 人) 2025 年将来人口:40,751 人(小松島市:35,146 人、勝浦町:4,346 人、上勝町:1,259 人) 2030 年将来人口:38,104 人(小松島市:33,081 人、勝浦町:3,911 人、上勝町:1,112 人) 注:平成8年度旧厚生省(現厚生労働省)設置された国立政策研究機関。 将来人口、教育、労働等数値推計。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組

その結果、公共工事特定建設資材廃棄物についてリサイクルが促進され、 本県における建設廃棄物全体再資源化等率は平成22年度は99.1%まで 上昇た。 しかし、建設廃棄物は依然として再資源化率が低い品目が残っているだ けでなく、3R第一掲げられる発生抑制取り組みは緒就いたばかりであ る。さらに、不法投棄問題として、産業廃棄物不法投棄量約20万tうち 約9割(平成19年度:全国)建設廃棄物が占めており、適正処理更なる が求められている。
さらに見せる

25 さらに読み込む

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

指導、食品衛生知識普及啓発等活動行っています。 【食品衛生推進員】p7 食品衛生法基づき、県が食品衛生指導員中から特に食品衛生知識習得た人食 品衛生推進員として委嘱、約130名が活動ています。食品衛生推進員は県施策 協力、活動地域食品衛生指導員や食品関係営業者等指導的立場として、衛生管理方 法や食品衛生に関する事項について相談、指導、助言行うとともに、保健所が実施す る事業へ協力行っています。
さらに見せる

28 さらに読み込む

目 次 基 本 方 針 1 1 はじめに 2 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 の 基 本 的 考 え 方 3 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 4 計 画 の 期 間 5 計 画 の 推 進 体 制 と 進 捗 管 理 第 1 章 柏 崎 市 の 現 状 2 1 加 入 者 の 状

目 次 基 本 方 針 1 1 はじめに 2 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 の 基 本 的 考 え 方 3 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 4 計 画 の 期 間 5 計 画 の 推 進 体 制 と 進 捗 管 理 第 1 章 柏 崎 市 の 現 状 2 1 加 入 者 の 状

2 75歳以上後期高齢者対象た健診 本市国保被保険者が75歳達すると、国保脱退、後期高齢者医療制度 被保険者となります。その場合、法基づき後期高齢者医療制度においても、 保健事業として糖尿病等生活習慣病治療ていない人対象健診実施 ていますが、できるだけ後期高齢者利便性考慮、また、後期高齢者医療 制度で健診目的沿った特定健診実施場所(地区健診会場・医療機関) で、健診同時実施できるよう調整ます。
さらに見せる

56 さらに読み込む

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

また、制度創設時より、学生等過度な経済的負担軽減する観点から、比 較的授業料高額な分野限り、基本貸与月額一定増額て貸与する増 額貸与制度設けるとともに、入学時等需要対応た奨学金制度創設、法 科大学院創設対応た整備、海外留学する者に対する支援など学生等ニー ズ、我が国国際競争力強化、グローバル化た社会で活躍できる人材育成と いった社会的要請等踏まえ、逐次、整備・充実図ってきたところである。 今後とも次代担う意欲と能力ある学生等が経済的理由により進学等断 念することなく、安心て学べるよう、環境整備努めてまいりたい。
さらに見せる

13 さらに読み込む

何 が 大 切 かは 自 分 で 決 める 狛 江 市 男 共 同 参 画 推 進 フォーラム 平 成 26 年 ( ) <フォーラム 内 容 > 1 2 < 会 場 > 狛 江 市 男 女 共 同 参 画 推 進 計 画 の 改 訂 について 講 演 何 が 大 切 かは 自 分 で

何 が 大 切 かは 自 分 で 決 める 狛 江 市 男 共 同 参 画 推 進 フォーラム 平 成 26 年 ( ) <フォーラム 内 容 > 1 2 < 会 場 > 狛 江 市 男 女 共 同 参 画 推 進 計 画 の 改 訂 について 講 演 何 が 大 切 かは 自 分 で

狛江暮らしやすいまちづくりため、会議で意見交わしたり、みなで協力てフォー ラム等実施たり、日々奮闘ています。今後とも委員会活動ご注目ください。 発行・編集 狛江市 男女共同参画 推進委員会・狛江市 平成27年3月発行 狛江市 企画財政部 政策室 協働調整担当 〒201-8585 狛江市和泉本町1-1-5 TEL 03-3430-1111(内線2454) FAX 03-3430-6870

6 さらに読み込む

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

次に、重点施策についてです。基本理念実現向けて、具体的施策展開する必要がありますので、重点 的取り組むべき施策抽出、障がい者など福祉推進ます。 重点施策1番目は自立た生活実現です。障がい者などが安心て、住み慣れた地域社会なかで主体 性持って自立た日常生活送り、社会活動参加することができるよう、相談支援体制充実やその能力 十分発揮できるよう施策推進努めます。ここでは、権利擁護、虐待防止、就労ため支援、スポー ツ・レクリエーションなど振興4項目ごと具体的な施策推進ていきます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

1.基本方針・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 2.目標・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 3.対象・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 4.期間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 5.成果検証・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 6.滝川市子ども読書活動推進計画策定経過・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 第3章 子ども読書活動推進ため方策
さらに見せる

9 さらに読み込む

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

その際、国際共同開発・生産等や民間転用推進が製造事業者と国 双方裨益するものとなるよう検討上、これ推進する。 (6)装備品効率的な取得 装備品効果的・効率的な取得実現するため、プロジェクト・マネ ージャー仕組み制度化、装備品構想段階から、研究開発、量産 取得、維持整備、能力向上等段階経て、廃棄段階至るまでそのラ イフサイクル通じ、技術的視点も含め、一貫たプロジェクト管理 強化する。その際、より適正な取得価格独自積算できるよう、過去 契約実績データベース化やそれ基づく価格推算シミュレーショ ン・モデル整備行う。また、コスト分析専門家等、装備品取得 業務係る専門的な知識・技能・経験が必要とされる人材について、民 間知見も活用、積極的育成・配置する。さらに、このようて 分析たライフサイクルコスト係る見積と実績と間で一定以上乖 離が生じた場合は、仕様や事業計画見直し含めた検討行う制度 整備する。
さらに見せる

25 さらに読み込む

Show all 10000 documents...