急性に応じた施設整備を実施する

Top PDF 急性に応じた施設整備を実施する:

表 を基本として 渓床勾配の区分に応じて 流木災害対策を中心とする配置計画の目安を示したものが図 である 治山事業においては 発生区域から堆積区域に至るまで 多様な渓流生態系の保全に留意しながら 森林整備と治山施設整備を可能な限り一体として実施していくよう留意する 図 6.1

表 を基本として 渓床勾配の区分に応じて 流木災害対策を中心とする配置計画の目安を示したものが図 である 治山事業においては 発生区域から堆積区域に至るまで 多様な渓流生態系の保全に留意しながら 森林整備と治山施設整備を可能な限り一体として実施していくよう留意する 図 6.1

・堆積木、倒伏木は渓流沿いから除去 堆積木、倒伏木は渓流沿いから除去 堆積木、倒伏木は渓流沿いから除去 堆積木、倒伏木は渓流沿いから除去し、林内で筋置きするなどして安定化図る。 ・通水断面内植栽され人工林や根の浮き上がっ 不安定な立木は伐採、除去 不安定な立木は伐採、除去 不安定な立木は伐採、除去 不安定な立木は伐採、除去する。 ※渓流沿いから除去することが困難な場合は、有害な流木とならないよう玉切りする。 図 6.2.4 流 下区域における森林整備方針(危険木除去) ・過去の流出木の堆積
さらに見せる

12 さらに読み込む

学校給食施設整備実施計画変更計画

学校給食施設整備実施計画変更計画

給食施設整備に関する具体的な稼働予定日 つきましては、工事の進捗状況応じて変わっ てくることもありますが、現在のところ、一つ の施設概ね2か年で整備していく予定です。

4 さらに読み込む

1. 理念 使命 特性理念 整備基準 1 1) 千葉西総合病院内科専門医研修プログラムは 千葉県東葛北部およびその周辺地域の中心的な急性期病院である千葉西総合病院を基幹施設とし 同医療圏およびその近傍にある連携施設 特別連携施設および奄美大島群島および沖縄の離島の特別連携施設にて実施する内科専門医研

1. 理念 使命 特性理念 整備基準 1 1) 千葉西総合病院内科専門医研修プログラムは 千葉県東葛北部およびその周辺地域の中心的な急性期病院である千葉西総合病院を基幹施設とし 同医療圏およびその近傍にある連携施設 特別連携施設および奄美大島群島および沖縄の離島の特別連携施設にて実施する内科専門医研

・専攻医は Web にて日本内科学会専攻医登録評価システム(J-OSLER)その研修内容 登録し、担当指導医はその履修状況の確認システム上で行ってフィードバックの後シ ステム上で承認する。この作業は日常臨床業務での経験応じて順次行う。 ・専攻医は、1 年次専門研修終了時研修カリキュラム定める 70 疾患群のうち 20 疾患群、 60 疾患群以上の経験と登録行うようする。2 年次専門研修終了時 70 疾患群のうち 45 疾患群、120 症例以上の経験と登録行うようする。3 年次専門研修終了時は 70 疾 患群のうち 56 疾患群、160 症例以上の経験の登録終了する。それぞれの年次で登録され 内容は都度、担当指導医が評価・承認する。ただし内科教育病院(基幹施設・連携施設) における初期研修プログラムで経験し症例に関しても※特別要件満たしている場合 は修了要件 160 症例のうち 1/2 相当する 80 症例上限本プログラムにおける経験症例 として認めることが可能であり、病歴要約への適用も 1/2 相当する 14 症例上限認め ることが可能である。
さらに見せる

49 さらに読み込む

学校給食施設整備実施計画変更計画

学校給食施設整備実施計画変更計画

第1 総則 1 学校給食実施する都道府県教育委員会及び市区町村教育委員会(以下「教育委員会」という。 ) 、附 属学校設置する国立大学法人及び私立学校の設置者(以下「教育委員会等」という。 )は、自らの責任 において、必要応じて、保健所の協力、助言及び援助(食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三 号)定める食品衛生監視員による監視指導含む。 )受けつつ、HACCP(コーデックス委員会(国 連食糧農業機関/世界保健機関合同食品規格委員会)総会において採択され「危害分析・重要管理点 方式とその適用に関するガイドライン」規定されHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析・重要管理点)いう。 )の考え方基づき単独調理場、共同調理場(調理等 の委託行う場合含む。以下「学校給食調理場」という。 )並び共同調理場の受配校の施設及び設備、 食品の取扱い、調理作業、衛生管理体制等について実態把握努め、衛生管理上の問題がある場合は、 学校医又は学校薬剤師の協力得て速やか改善措置図ること。
さらに見せる

4 さらに読み込む

原災法第 15 条第 2 項に規定する原子力緊急事態宣言 ( 以下 原子力緊急事態宣言 という ) の発出に基づき 直ちに避難を実施するなど放射性物質の環境への放出前の段階から予防的に防護措置を準備する区域をいう (2) 緊急時防護措置を準備する区域 (UPZ) 原子力施設の緊急事態区分に応じた緊急

原災法第 15 条第 2 項に規定する原子力緊急事態宣言 ( 以下 原子力緊急事態宣言 という ) の発出に基づき 直ちに避難を実施するなど放射性物質の環境への放出前の段階から予防的に防護措置を準備する区域をいう (2) 緊急時防護措置を準備する区域 (UPZ) 原子力施設の緊急事態区分に応じた緊急

し、又は制限するなどの交通規制実施する。この場合において、予防的防護措 置準備する区域(PAZ)など緊急性の高い区域から迅速かつ円滑輸送行っ ていくための広域的な交通規制行うものとする。 (2) 本部長は、効果的な交通規制実施するため、次に掲げる措置講ずるものと

10 さらに読み込む

スポーツセンター等でのスポーツ教室等の開催 気軽にスポーツを楽しめるスポーツ教室及びスポーツイベントなどを開催 各種スポーツ教室等の現状及び課題を把握するため 施設利用者へのアンケート調査等を実施 利用者ニーズに応じた多彩で魅力のあるスポーツ教室や体験教室の実施に向けて検討 各種クラブやサークル 指

スポーツセンター等でのスポーツ教室等の開催 気軽にスポーツを楽しめるスポーツ教室及びスポーツイベントなどを開催 各種スポーツ教室等の現状及び課題を把握するため 施設利用者へのアンケート調査等を実施 利用者ニーズに応じた多彩で魅力のあるスポーツ教室や体験教室の実施に向けて検討 各種クラブやサークル 指

現在の主な取組 今後の主な取組 (★:新規、●:拡充、○:継続) スポーツ・レクリエーション活動の場の整備・充実 ■スポーツ施設整備・充実 ○ スポーツ・サポート・センターにおいて、市民 が実践するスポーツ活動や各種団体が開催す るスポーツイベントで活動する「スポーツイベント ボランティア」や「スポーツインストラクターボラン ティア」の登録・派遣実施

12 さらに読み込む

(2) スポーツ環境の整備 検討 身近なスポーツ施設の整備 検討 大規模スポーツ施設等のあり方の研究 利用しやすい施設サービスの検討 民間スポーツ施設等の活用 これまでの取り組み 利用定期券の発行による利用促進に向けた取り組みやスポーツ情報の一元的な収集 発信を実施し, 施設の予約システムの再構築な

(2) スポーツ環境の整備 検討 身近なスポーツ施設の整備 検討 大規模スポーツ施設等のあり方の研究 利用しやすい施設サービスの検討 民間スポーツ施設等の活用 これまでの取り組み 利用定期券の発行による利用促進に向けた取り組みやスポーツ情報の一元的な収集 発信を実施し, 施設の予約システムの再構築な

○ 高齢者,障害者のスポーツ活動の支援 ○ 競技スポーツの推進 【これまでの取り組み】 仙台国際ハーフマラソンはじめとする市民参加型イベントの開催や,学区民体育振興会 やスポーツ少年団などの地域のスポーツ団体の活動の支援,また,シニア世代や障害者向け セミナーの開催の他,高齢者向けのポイントカードの導入などを通じて,子どもから高齢者 まで生涯にわたりスポーツ親しめるような環境整備向け取り組み実施。 ・仙台国際ハーフマラソンの開催
さらに見せる

6 さらに読み込む

観光ビジョン実現プログラム 2017 の主要施策 1 < 魅力ある公的施設 インフラの大胆な公開 開放 > 赤坂迎賓館 京都迎賓館 一般公開を通年で実施し 季節等に応じた夜間公開も実施するとともに 特別開館も推進 赤坂迎賓館前の公園に カフェ及び休憩機能 トイレ等を有する施設を整備するため 設計業務

観光ビジョン実現プログラム 2017 の主要施策 1 < 魅力ある公的施設 インフラの大胆な公開 開放 > 赤坂迎賓館 京都迎賓館 一般公開を通年で実施し 季節等に応じた夜間公開も実施するとともに 特別開館も推進 赤坂迎賓館前の公園に カフェ及び休憩機能 トイレ等を有する施設を整備するため 設計業務

目 次 はじめ 視点 1.観光資源の魅力極め、「地方創生」の礎 ・魅力ある公的施設・インフラの大胆な公開・開放・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 ・文化財の観光資源としての開花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 ・国立公園の「ナショナルパーク」としてのブランド化・・・・・・・・・・・・・・・・・9 ・景観の優れ観光資産の保全・活用による観光地の魅力向上・・・・・・・・・・・・・11 ・滞在型農山漁村の確立・形成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 ・古民家等の歴史的資源活用し観光まちづくりの推進・・・・・・・・・・・・・・・14 ・新たな観光資源の開拓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 ・地方の商店街等における観光需要の獲得・伝統工芸品等の消費拡大・・・・・・・・・・16 ・広域観光周遊ルートの世界水準への改善・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18 ・「観光立国ショーケース」の形成の推進・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 ・東北の観光復興・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
さらに見せる

80 さらに読み込む

酪農労働省力化推進施設等緊急整備対策事業実施要綱

酪農労働省力化推進施設等緊急整備対策事業実施要綱

4 第2の1の(3)又は2の(1)の事業でリース事業者から借り受け る機器(以下「補助対象リース機器」という。)の貸付期間は、原則、 当該機器の法定耐用年数(減価償却資産の耐用年数に関する省令(昭和 40年大蔵省令第15号)定める耐用年数いう。以下同じ。)とす る。ただし、この貸付期間については、貸付期間終了後補助対象リー ス機器の所有権、リース事業者から貸付先の取組主体又は家畜人工授 精事業者(以下「借受者」と総称する。)移転する場合は、法定耐用 年数が10年未満のものあっては70%(1年未満の端数切捨て)ま で、10年以上のものあっては60%(1年未満の端数切捨て)まで 短縮できるものとする
さらに見せる

20 さらに読み込む

血清学的検査 Ⅰ. はじめに 平成 27 年度の免疫血清学的検査部門精度管理調査として下記の要領でサーベイを実施し たので報告する 登録衛生検査所 10 施設と一般病院等 60 施設の計 70 施設を対象に実施し た 試料を配布した全 70 施設中 69 施設より回答があり 全体の回収率は 98.6

血清学的検査 Ⅰ. はじめに 平成 27 年度の免疫血清学的検査部門精度管理調査として下記の要領でサーベイを実施し たので報告する 登録衛生検査所 10 施設と一般病院等 60 施設の計 70 施設を対象に実施し た 試料を配布した全 70 施設中 69 施設より回答があり 全体の回収率は 98.6

3. HCV 抗体 回答が得られ 67 施設中 66 施設が参加し、参加率は 98.5%であっ。配布し試料 は血清-1 が陰性、血清-2 が陽性となるよう調整し。HCV 抗体の定性結果は血清-1 で 65/66 施設(98.5%)で陰性と判定され、血清-2 で 66/66 施設(100%)で陽性と判 定され。血清-1 で陽性と解答し施設は HBs 抗原で血清-2 陰性と報告し施設と 同一施設である。判定、結果報告の際は十分注意していただきたい。
さらに見せる

19 さらに読み込む

足立区/社会資本総合整備計画「第二期足立区において地域特性に応じた都市・まちを計画的につくる」の策定

足立区/社会資本総合整備計画「第二期足立区において地域特性に応じた都市・まちを計画的につくる」の策定

2.整備地区の整備の基本的方針 当地区の特徴である水辺の魅力と都心近接し利便性活かし、地区内の工場跡地等の土 地利用転換の適切な誘導行うこと等により、良質な住宅の建設推進するとともに、活気 満ち、安全かつ快適で景観配慮し魅力ある住宅地整備する

7 さらに読み込む

本編(実施方針) 長崎市│交流拠点施設の整備検討

本編(実施方針) 長崎市│交流拠点施設の整備検討

長崎市 事業者 契約前 応募リスク 入 公告関連 30 提示資料 内容 誤 変更 関 ○ 市 し 可能 範 提示 応募費用 負担 31 応募費用 係 リスク ○ 契約締結リスク 契約 未締結 遅延 32 市 責 事由 契約 未締結又 遅 延 場合

35 さらに読み込む

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に

6 3 性能発注方式の解説 3-1 性能発注方式について ごみ焼却施設の建設にあたっては、機械工学・電気工学・応用化学・建築工学など総 合し高度な技術が要求されますが、このような施設市町村が独自詳細設計・積算 行うことが困難であることから、設計と施工の両方の技術要素総合化できる技術力とノ ウハウ有するプラントメーカが一括して請け負う発注方式(設計・施工一括発注方式) が採用されています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

丸森町観光施設の管理運営に関するサウンディング型市場調査実施要領 1. 調査の目的丸森町では 観光施設の収益性等を高め 施設の管理運営をより効率的かつ効果的に行うとともに 利用者にとって良質なサービスを提供するため 町観光施設にとって最適な管理運営方法や老朽化した施設の整備方法について検討しています

丸森町観光施設の管理運営に関するサウンディング型市場調査実施要領 1. 調査の目的丸森町では 観光施設の収益性等を高め 施設の管理運営をより効率的かつ効果的に行うとともに 利用者にとって良質なサービスを提供するため 町観光施設にとって最適な管理運営方法や老朽化した施設の整備方法について検討しています

・必要応じて、対話実施追加対話(書面による対話含む。)等実施さ せていただく場合がありますので、ご協力お願いいたします。 6 実施結果概要の公表 平成31年3月18日(月) サウンディング型市場調査の実施結果について、概要町のホームページで公表します。公表あ たっては、あらかじめ参加され民間事業者内容の確認行います。なお、参加事業者の名称やノ ウハウ係る内容は、公表しません。
さらに見せる

9 さらに読み込む

(計画書) 足立区/社会資本総合整備計画「第二期足立区において地域特性に応じた都市・まちを計画的につくる」の策定

(計画書) 足立区/社会資本総合整備計画「第二期足立区において地域特性に応じた都市・まちを計画的につくる」の策定

ルファ 梅田工場 大規模工場 近 相次い 移転し 現在 日清紡工場跡地 土 地利用転換 都 型 宅 商業等施設 建設中 あ 東武車両工場跡地 菱 ルファ 跡地 い 都 型 宅等へ 土地利用転換 進 い 現況

9 さらに読み込む

(仮称)西部地域複合施設基本計画の「施設整備のコンセプト」のうち施設内の快適性を確保を実現するための提案

(仮称)西部地域複合施設基本計画の「施設整備のコンセプト」のうち施設内の快適性を確保を実現するための提案

■冬期 冷たい外気クールピット取り込む。クールピットで外気予暖する 。予暖し空気と吹抜け上部たまっ暖かい空気混ぜる。暖かい外気各階の空調機 送る。吹抜けの上部は熱気まりつくる。吹抜けの上部熱気があることで、煙突効果 により空気が誘引される。吹抜け上部たまっ暖かい空気クールピット送る

1 さらに読み込む

新医療施設及び介護医療院においては 栄養士が 各利用者の年齢等に応じて適切な栄養量及び内容の食事提供を行う体制を整備し 各利用者の栄養状態にあった栄養管理を行うこと 2 短期入所生活介護費 (1) 指定短期入所生活介護費を算定するための基準についてイ~ハ ( 略 ) ニ施設基準第 10 号ニに規定す

新医療施設及び介護医療院においては 栄養士が 各利用者の年齢等に応じて適切な栄養量及び内容の食事提供を行う体制を整備し 各利用者の栄養状態にあった栄養管理を行うこと 2 短期入所生活介護費 (1) 指定短期入所生活介護費を算定するための基準についてイ~ハ ( 略 ) ニ施設基準第 10 号ニに規定す

イ~ニ (略) ホ 施設基準第 14 号ニ(2)(二)bの「経管栄養」の実施とは、経鼻経管又は胃ろう若しくは 腸ろうによる栄養の実施指す。ただし、過去1年間経管栄養が実施されてい者(入 院期間が1年以上である入院患者あっては、当該入院期間中(入院時含む。)経管 栄養が実施されてい者)であって、経口維持加算又は栄養マネジメント加算算定され ている者については、経管栄養が実施されている者として取り扱うものとすること。「喀 痰吸引」の実施とは、過去1年間喀痰吸引が実施されてい者(入院期間が1年以上で ある入院患者あっては、当該入院期間中(入院時含む。)喀痰吸引が実施されてい 者)であって、口腔衛生管理加算又は口腔衛生管理体制加算算定されている者(平成 26 年度以前においては、口腔機能維持管理加算又は口腔機能維持管理体制加算算定され ていた者)については、喀痰吸引が実施されている者として取り扱うものとすること。「イ ンスリン注射」の実施においては、自ら実施する者は除くものであること。
さらに見せる

68 さらに読み込む

目標 5) (1) 対象の言動を受け止め否定せず 関わることができる (2) 一貫した治療的態度で接する事ができる (3) レクリエーションの企画 実施を通して対象の状況に応じた声かけ誘導ができる 目標 6) (1) 対象の生活状況の理解と 施設の役割を学習する (2) サービス提供をする医療福祉従

目標 5) (1) 対象の言動を受け止め否定せず 関わることができる (2) 一貫した治療的態度で接する事ができる (3) レクリエーションの企画 実施を通して対象の状況に応じた声かけ誘導ができる 目標 6) (1) 対象の生活状況の理解と 施設の役割を学習する (2) サービス提供をする医療福祉従

2. 目標 1) 精神障害もつ人の人権保護の重要性理解し、対象尊重する態度とることができる。 2) 精神看護必要とする対象と家族との生活について理解できる。 3) セルフケア能力応じ日常生活行動への援助計画、実施、評価できる。

8 さらに読み込む

1. 特定複合観光施設区域整備法に係る政令について特定複合観光施設区域整備法に係る主な政令事項 ( 込み ) IR 整備法に係る 般的な細則に関する政令 ( 平成 30 年度末を 途に公布 ) 1IR を構成する中核施設 の要件 2 専らカジノ 為の に供される部分 ( ゲーミング区域 ) の床 積

1. 特定複合観光施設区域整備法に係る政令について特定複合観光施設区域整備法に係る主な政令事項 ( 込み ) IR 整備法に係る 般的な細則に関する政令 ( 平成 30 年度末を 途に公布 ) 1IR を構成する中核施設 の要件 2 専らカジノ 為の に供される部分 ( ゲーミング区域 ) の床 積

・「IR推進法の附帯決議では、IR区域の整備の推進のため必要な措置講ずるに当たり、⽬的の公益性等⼋つの観点から、 刑法の賭博に関する法制との整合性が図られるよう、⼗分な検討⾏うこととされております。政府におけるIR整備法案の⽴案 過程においては、附帯決議で⽰され⼋つの観点踏まえ検討がなされ、特に、⽬的の公益性や収益の扱いについては、カジ ノ収益の活⽤によるIR区域整備通じ観光及び地域経済の振興や、カジノ収益の国庫等納付、社会還元通じ公益の 実現、カジノ収益の不当な外部流出の防⽌、運営主体等の性格については、カジノ事業免許等基づく事業者などの厳格な 管理監督や、認定都道府県等と事業者が共同しIR区域整備の推進による公益の追求など、その趣旨沿っ制度設計が なされております。」(平成30年7⽉6⽇参・本会議 安倍内閣総理⼤⾂答弁)
さらに見せる

33 さらに読み込む

施設整備プロセスからみた小中一貫校の建築計画的課題
-品川区の施設一体型小中一貫校を対象に- [ PDF

施設整備プロセスからみた小中一貫校の建築計画的課題 -品川区の施設一体型小中一貫校を対象に- [ PDF

7. まとめ 本研究では施設整備プロセスの分析から、1) 危険防 止と混雑解消のため昇降口の分散化や階段の数、配 置の検討が重要なこと、2) 教育区分毎特徴ある学習 空間は小中一貫教育の有効性高め、児童・生徒成 長の自覚促す点でも有効なこと、3)SCR の小中共用 化は垂直移動の負担考慮し慎重な検討が必要なこ と、4) 多目的利用可能な SCR の配置は柔軟な学習展 開や SCR の利用調整容易すること、5) 小中一体型 の管理諸室は教師の恊働促進と拠点性強化繋がるこ とが明らかなっ。今後は、計画設計意図と各学校 の利用実態との比較を通して考察行う必要がある。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...