女性歩行死者数に関する分析

Top PDF 女性歩行死者数に関する分析:

麻痺側立脚期の膝関節の動きによる片麻痺者の歩行パターン別の時間因子の分析

麻痺側立脚期の膝関節の動きによる片麻痺者の歩行パターン別の時間因子の分析

3.統計処理  解析はまず,歩行速度と関係のある時間因子を調べる ため,Peason の積率相関係数を用いて,歩行速度と各 時間因子の相関係数を求めた。次いで,各歩行パターン で時間因子に特徴があるかを調べるため,歩行パターン 間で歩行速度と各時間因子を比較した。さらに,歩行パ ターン別に運動学・運動力学的パラメータを比較し,各 相の所要時間が延長・短縮する要因について分析した。  歩行パターン間の時間因子と運動学・運動力学的パラ メータは歩行速度が影響すると考えられるため,共変量 を歩行速度とし,独立変数を歩行パターン,従属変数を 各パラメータとした共分散分析を行った。共分散分析に おいて各水準の回帰の平行性が仮定できる,つまり共分 散分析の適用となるパラメータについては歩行速度の影 響が強いため,歩行パターン間の比較は行わなかった。 また,回帰の平行性が仮定できない,つまり共分散分析 の適用ではないパラメータについては,歩行パターンの 間で一元配置分散分析を行った後,Sheff の多重比較検 定を用いて比較した。統計処理は SPSS Statistics 23 を 使用し,有意水準を 5% とした。
さらに見せる

8 さらに読み込む

非計画的に形成された賑わう商業空間の界隈性に関する研究 —歩行者アクティビティと街路構成の分析— [ PDF

非計画的に形成された賑わう商業空間の界隈性に関する研究 —歩行者アクティビティと街路構成の分析— [ PDF

 次に、様々な用途、建物形状をもった街路について 街路単位で単純化した形で表すことを試み、それらを 類型化することによって各街路の特徴を抽出した。  さらに、アンケートによる歩行動線調査を行い、歩 行者アクティビティの実態を調査、分析した。  最後に、上述の調査、分析で得られたデータをもと に、街路構成と歩行者の回遊行動との関係を分析し、大 名地区における商業空間の特性を明らかにした。

4 さらに読み込む

少子化と未婚女性の生活環境に関する分析~出生動向基本調査と「未婚男女の結婚と仕事に関する意識調査」の個票を用いて~

少子化と未婚女性の生活環境に関する分析~出生動向基本調査と「未婚男女の結婚と仕事に関する意識調査」の個票を用いて~

愛結婚の発生確率は 40 年間変わっていないとされる。また、本分析結果から、関東以外の 地域に住む者、規模の小さい企業に勤める者および非正規雇用者は、職場にいる独身異性の 人数は少ないため、これらの者は職場で結婚相手と出会う機会が少ない。そのことが、彼ら の結婚意欲を減退させている。こうした現状をふまえると、結婚を希望する若者が独力で配 偶者を探すことはもちろんのこと、少子化対策のためには彼らが職場以外で配偶者をみつ けることができる機会を社会的に増やしていくことも求められよう。その機会としては若 い世代に対する結婚支援には民間サービスによるものもあるが、先述したとおり特に地方 在住者、中小企業に勤める者、非正規雇用者―すなわち民間サービスを利用しにくい層 ― は結婚難になりやすい傾向があることを念頭におけば、公的な結婚支援を行うことが 必要な状況になっているといえる。公的な結婚支援としては、既に地方自治体の中には独自 に取り組んできたところがある。政府も、一昨年度より地方自治体が若者の結婚支援等を行 う場合に使用することができる地域少子化対策強化交付金を新設した。しかしながら、いま だ公的な結婚支援は十分ではない。既存の政策の効果の検証を行うとともに、民間サービス の利用状況等も見極めつつ、必要に応じて、若い世代に対する公的な結婚支援、特に地方在 住者、中小企業に勤める者、非正規雇用者も利用可能な結婚支援を充実させることが求めら れる。
さらに見せる

164 さらに読み込む

変形性股関節症患者の歩行分析

変形性股関節症患者の歩行分析

理学療法学 第 42 巻第 8 号 632 はじめに  筆者は変形性股関節症(以下,変股症)を対象とした臨床 研究に力を入れてきた。そのひとつとして表面筋電図(以下, EMG)を用いた筋の質的筋活動評価(以下,周波解析)に 関する研究がある。一般的に EMG 周波解析といえば,高 速フーリエ変換(以下,FFT)が広く知られている。しかし, FFT を用いた周波解析は,解析信号波形の定常性を仮定し ているため,おもに等尺性収縮下での筋活動評価に限定されて いた。この限界の突破口を開いたのが,工学分野の若手研究者 との勉強会であった。勉強会に参加する中で新しい解析方法で ある wavelet 変換(以下,WT)に出会った。wavelet とは「小 波(さざなみ)」の意味があり,工学分野では局所の振動波形 を表す用語として使われている。WT は生体信号の非定常性を 仮定した周波解析に威力を発揮する。これを EMG 周波解 析に応用することで,従来困難とされてきた歩行動作時での筋 活動評価が可能となった。筆者らは WT を EMG 周波解析に 応用し,世界に先駆けて股関節疾患患者を対象に歩行時立脚期 の時々刻々と変化する中殿筋の動的 EMG 周波特性の評価を 行った。その結果,跛行の顕著な患者ほど,立脚期初期(踵接 地時)の平均周波の上昇が認められず,その原因としておも に type Ⅱ線維を支配する運動単位の動員と発火頻度の減少 の可能性が示唆された。さらに本研究結果を検証するため医師 の協力のもと手術中に筋生検を行い組織形態学的分析から同特 性の意義について検討した。その結果,動的 EMG 周波特性 は type Ⅱ線維の線維径と深く関連しており,WT 周波解析 は中殿筋 type Ⅱ線維の非侵襲的廃用性筋萎縮評価に有効であ る結論を得た。これらの研究に取り組む中で学んだことは,工 学や医学といった研究者との連携,すなわち,学際領域の研究 の重要性である。本シンポジウムでは,筆者がこれまで取り組 んできた EMG の臨床研究について紹介しながら,今後の臨床 (職能)と研究(学術)の分化と融合について展望してみたい。
さらに見せる

2 さらに読み込む

中学校数学科における二元一次方程式の関数的見方に関する理論的分析

中学校数学科における二元一次方程式の関数的見方に関する理論的分析

3. 教科書における「二元一次方程式を関数 を表す式とみる」ことの理論的分析 (1)教科書分析の方法 本章では,まず「二元一次方程式を関数を 表す式とみる」ことが教科書においてどのよ うに扱われているのか,その取扱いについて 特定をする.次に,特定された具体的な活動 を 2(3)で述べた分析の視点(関数の操作的 な捉え方と構造的な捉え方)に基づいて理論 的な分析をし,二元一次方程式を関数を表す 式とみる際の見方とその特徴を明らかにする. (2) 教科書における二元一次方程式を関数的
さらに見せる

8 さらに読み込む

別冊資料 2-1 GPS 端末を用いた歩行空間のバリアフリー化に向けた 安全度の分析 評価に関する調査報告 2018 年 9 月広島修道大学商学部教授金徳謙

別冊資料 2-1 GPS 端末を用いた歩行空間のバリアフリー化に向けた 安全度の分析 評価に関する調査報告 2018 年 9 月広島修道大学商学部教授金徳謙

8 のバリアが続くゾーンの場合、人間がバリアとして認識する傾向は低下するのである。 例えば、高松市の「ニ ゾーン」及び「ホ ゾーン」において、図 4 ではバリアを示す 等密度線が表示され、バリアの存在が確認できたにもかかわらず、図 8-a と図 8-b 及び図 9-a と図 9-b では、障害の種別によりバリアを示す等密度線が消えていることが分かる。ニ とホ、両ゾーンにおいて、同等程度のバリアが続くと認識して歩行行動をとった車いす使用 者にとっては、バリアが検出されなかったが、バリアの程度の変化が激しいと感じ、ストレ スを感じながら歩行行動をとった白杖使用者にとっては、バリアが検出される結果をみせ たこととなった。
さらに見せる

29 さらに読み込む

J1順位と得点者数の関係分析

J1順位と得点者数の関係分析

Min 1Q Median 3Q Max -11.03 -3.27 0.3385 3.405 10.84 Coefficients: Value Std. Error t value Pr(>|t|) (Intercept) 13.0293 0.5069 25.7043 0.0000 `二桁得点者` -3.4339 0.3808 -9.0185 0.0000 Residual standard error: 4.322 on 178 degrees of freedom Multiple R-Squared: 0.3136 Adjusted R-squared: 0.3098

20 さらに読み込む

はじめに 本マニュアルは 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律 に関する企業の取組を支援することを目的として作成されました 一般事業主が実施すべき事項である1 自社の女性の活躍に関する状況把握 課題分析 2 状況把握 課題分析を踏まえた行動計画の策定 社内周知 公表 届出 3 女性の活躍に関

はじめに 本マニュアルは 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律 に関する企業の取組を支援することを目的として作成されました 一般事業主が実施すべき事項である1 自社の女性の活躍に関する状況把握 課題分析 2 状況把握 課題分析を踏まえた行動計画の策定 社内周知 公表 届出 3 女性の活躍に関

2.女性の活躍状況のタイプ  続いて、自社の女性活躍状況にどのような特徴や課題があるかを分析するため、基礎項目のうち「採用した 労働者に占める女性労働者の割合」「男女の平均継続勤務年数の差異」「管理職に占める女性労働者の割合」の 3 項目について、目安の値と自社の値を比較して、図表 2 にある女性の活躍状況のどのタイプに近いかを確認 してみましょう(採用した労働者に占める女性労働者の割合・男女の平均継続勤務年数の差異については、雇 用管理区分ごとに確認)。そして、各タイプの特徴や課題を参考に、自社の状況を分析していきましょう。  なお、基礎項目の一つである「労働者の各月ごとの平均残業時間数等の労働時間の状況」については、タイ プ分類では使用しませんが、各タイプの課題や取組の検討とあわせて確認する必要があります。P 7 に把握・ 分析方法について記載していますので、あわせてご確認ください。
さらに見せる

56 さらに読み込む

高齢者の住宅火災による死者数の低減を図るための調査分析事業 消防本部の実施施策と高齢者の実態に関する調査研究 報告書 平成 26 年 3 月 住宅防火対策推進協議会

高齢者の住宅火災による死者数の低減を図るための調査分析事業 消防本部の実施施策と高齢者の実態に関する調査研究 報告書 平成 26 年 3 月 住宅防火対策推進協議会

・消防行政に求める対策としては、緊急時にワンタッチで通報できる機器の設置要望 が多い。また、消防署員と市町村の高齢者福祉の担当者等との連携による戸別防火 指導の要望もある。その他の要望として消防車による巡回広報が件上がっている。 これらの状況から、高齢者家族にとって、高齢者住宅の防火については、住宅火災や ヒヤリ・ハットを経験しなければ、それほど大きな関心ごとではない様子がうかがえる。 しかし、問われれば漠然とした不安を持っており、その不安はガスコンロやストーブの 取り扱いに対するものが多い。
さらに見せる

62 さらに読み込む

RIETI - 有配偶女性のジェンダー意識・仕事意識と子どもへの影響―2014年「女性の活躍」調査の分析より―

RIETI - 有配偶女性のジェンダー意識・仕事意識と子どもへの影響―2014年「女性の活躍」調査の分析より―

2014 年「女性の活躍」調査において、ジェンダー関連の意識項目として「家族を養い守 るのは男の責任だ」、「子どもをきちんと育てるためには、子どもが3歳になるまで母親が 家にいたほうがいい」、「女性が男性を立てると物事がうまく運ぶことが多い」、「夫よりも 妻の方が収入が高いのはいやだ」、「お年寄りの世話をするのは女性の方が向いている」の 5項目を選定し、4件法での回答に1~4点のスコアを割り当て、その総和(Cronbach の α=0.608)のレンジを中央値で区分し、中央値より小さい値を「ジェンダー意識リベラル」、 中央値より大きい値を「ジェンダー意識保守」としてカテゴリー変数を作成した。また、 仕事意識に関する項目として「仕事でもっと活躍したい」への否定的回答を「仕事意識消 極的」、肯定的回答を「仕事意識保守的」としてカテゴリー変数化した。
さらに見せる

17 さらに読み込む

女性に対する暴力スクリーニング尺度への回答と想起した状況の分析

女性に対する暴力スクリーニング尺度への回答と想起した状況の分析

2.用語の定義 ドメスティック・バイオレンス(Domestic Violence: DV)  DVとは,親密な関係にある男性から女性への暴力 である。親密な男性とは,恋人または元恋人,夫ま たは元夫を指す。DVには,身体的暴力,精神的暴力, 性的暴力があり,女性の安全や尊厳を脅かす力の行使 とみなす。身体的暴力とは,外傷など女性に危害を及 ぼすかもしれない力を故意的に使うことである。精神 的暴力は,女性に対し精神的な危害又は苦痛となる行 為,あるいはそうなる恐れのある行為であり,さらに, そのような行為の威嚇・脅しを含む。性的暴力は,女 性の意思に反して,性的な行為を強要することと定義 される(聖路加看護大学女性を中心にしたケア研究班, 2004, p15)。
さらに見せる

13 さらに読み込む

まち歩きマップのルート設定と歩行環境に関する研究 [ PDF

まち歩きマップのルート設定と歩行環境に関する研究 [ PDF

 まち歩きマップに掲載されるルートにはそれぞれ テーマが与えられ、地域の歴史や自然の見所となる場 所を通るように設定されている。また、マップ作成の 際にはまち歩きワークショップを開くなど地域住民の 意見を取り入れることで日常の中にあるまちの魅力が 紹介されているだけでなく、歩きやすさや安全性にも 配慮されていると考えられる。本研究では、このよう な特性を持つまち歩きマップを分析することによっ て、まち歩きに適した目的地や歩行環境の特徴を明ら かにし、地域の潜在的な魅力の再発見や、新たにまち 歩きルートを作成するための基礎的知見を得る事を目 的とする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

足底圧の動的変化を指標とした健常成人の歩行制御および片麻痺歩行に関する研究

足底圧の動的変化を指標とした健常成人の歩行制御および片麻痺歩行に関する研究

片麻痺歩行についても、COP の軌跡、床反力 などの運動力学的な分析は多くなされている。 高見(1994)は、片麻痺歩行を床反力計により測 定し、Brunnstrom の運動回復段階に応じた変 化を報告している。垂直分力は回復段階が上が るに従って、健常成人でみられるような二峰性 の波形となる。しかし、回復段階が低いときに は、下肢の伸筋優位な共同運動パターンによっ て足部の可動性は低下している。麻痺側への支 持能力が低下しているために体重移動は遅れる。 このため、垂直成分の立ち上がりは緩やかであ る。前後成分に関しては、非麻痺側の駆動力が 高いのに比べて、麻痺側は制動力が大きい。こ の非対称性は回復に伴って改善する。また、麻 痺側下肢の支持能力が低下しているために支持 基底面を通常より広げる必要があり、左右の側 方成分は外側へ膨らんだ凸型波形をとる。回復 段階が高くなると、これが健常成人と同様の凹 型波形に変化していく。
さらに見せる

40 さらに読み込む

歩行およびランニングからのストップ動作に関する バイオメカニクス的研究

歩行およびランニングからのストップ動作に関する バイオメカニクス的研究

側,内側,後方,鉛直の 4 つの成分の最大ピーク,および着地の瞬間から最大ピーク が生じるまでの時間(最大ピーク到達時間),後方成分の力積などを分析した. 第 3 節 結果および考察 後方成分の最大ピークは, ストップ動作の方が直進動作より大きく,速度の増加に 伴って増大した ことから,ランニングからのストップ動作の減速にも後方成分の最大 ピークが関与していると考えられた. 鉛直成分の最大ピークは,直進動作とストップ 動作にかかわらず速度の増加に伴って増大したが,課題間で違いはみられなかった. さらに,鉛直成分の最大ピーク到達時間は,ストップ動作の方が直進動作より小さく, 直進動作と異なり,後方および鉛直成分の最大ピークは,ほぼ同じタイミングで生じ ていた.速度の増加に伴う後方成分の増大は,被検者が移動す る方向(前方)に回転 させる作用を強める原因となるが,鉛直成分の最大ピーク到達時間は,この回転作用
さらに見せる

10 さらに読み込む

屋外坂道歩行の客観的評価法に関する研究

屋外坂道歩行の客観的評価法に関する研究

 坂道の傾斜角の違いが有意とならなかったことは,屋内の 15°の傾斜路による報告 6) と一致する。しかし,本研究では両 群ともに 10-DN,8-DN において STV が大きくなる傾向を示し た。屋外坂道においては,下り坂の影響が大きいと考えられる。   両 群 の コ ー ス 条 件 に お い て, 各 区 間 の STV は FLAT の STV とは有意な関連を示さなかった。歩行障害群の INT-4 に おける歩行速度は有意となったが,回帰係数は 1.184 であり, 歩行速度が遅くなると STV が大きくなるとの報告 7) とは逆の 結果であった。屋外坂道歩行では屋内歩行と異なるメカニズム が背景にある可能性があるが,今後,詳細な検討が必要である。  本研究の限界は以下の 2 点が挙げられる。高齢群の設定がな いため,年齢と障害の影響を区別できない。また少ない被験者 は統計学的分析の検出力の低下につながる。
さらに見せる

2 さらに読み込む

まえがき 日本は世界一の超高齢社会に突入しているといわれており このような社会的背景の中で住宅火災発生件数は年々減少傾向にあるものの その死者数 ( 放火自殺者を除く ) は平成 15 年以降 毎年 1,000 人を超えています 特に高齢者死者数の割合は 高齢化の進展の中で 死者数全体の 6 割以上

まえがき 日本は世界一の超高齢社会に突入しているといわれており このような社会的背景の中で住宅火災発生件数は年々減少傾向にあるものの その死者数 ( 放火自殺者を除く ) は平成 15 年以降 毎年 1,000 人を超えています 特に高齢者死者数の割合は 高齢化の進展の中で 死者数全体の 6 割以上

これに対応する消防本部の施策としては、地道に高齢者住宅の戸別防火訪問が行われ ているが、後述するとおり、住宅用火災警報器の普及などの既往の施策に加え、生活面 での改善が難しいようであれば、防炎寝具や防炎衣料等の普及も望まれるところである。 また、高齢者の家族に対するアンケートの結果から、高齢者が関与した住宅火災やヒ ヤリ・ハットについて分析した結果、高齢者の 10 人に 1 人の割合で火災につながるヒヤ リ・ハットの経験があり、100 人に 1 人の割合で実際の火災を経験していることが推測 された。
さらに見せる

24 さらに読み込む

2/9 もくじ 検索数推移分析 - 検索数推移 (2014 年 ) 検索数推移 (2015 年 ) 検索数推移 ( 時間帯比較 )

2/9 もくじ 検索数推移分析 - 検索数推移 (2014 年 ) 検索数推移 (2015 年 ) 検索数推移 ( 時間帯比較 )

- 検索推移( 2014年 ) ゴールデンウイーク関連:検索推移( 2014年 )(2014年4月21日(月)~2014年5月6日(火)) 2014年のゴールデンウイーク前後における、ゴールデンウイーク関連の検索の推移をデバイス別に見てみましょう。まず、パソコン とスマートフォンの上昇傾向に注目してください。両者の折れ線グラフはおおむね同様の動向ですが、4月25日から29日にかけて、パ ソコンとスマートフォンの動きは反比例しています。また、検索の最大値が、パソコンでは平日である5月2日、スマートフォンは祝 日である5月3日に最大となります。これらのことから、平日はパソコン、土日祝日はスマートフォンを主に使っていると考えられます。 Checkpoint
さらに見せる

9 さらに読み込む

プロ野球観客動員数の要因分析*

プロ野球観客動員数の要因分析*

三つ目のカテゴリーである観戦要因について考える。降水×外球場ダミーは両リーグとセリーグ で負の係数となった。これは屋外球場において雤が降っている試合では,観客が尐なくなること を示している。しかし両リーグ,セリーグ,パリーグすべてで有意な結果とはならなかった。これ は雤で外球場の場合,試合開始前に試合中止になることが多く,雤×外球場ダミーが 1 となる試合 が極端に尐なくなっているためだと考えられる。チーム順位はホーム・ビジターともに全パターン で負の係数となった。チーム順位が大きいほど,下位にいることを示しているので,この結果は上 位チームが関係する試合では盛り上がりをみせ,より多くの観客を呼ぶことを意味している。しか しビジター順位は全パターンで有意でなく,本拠地チームの順位だけが観客に影響を与えること が示された。よって,この結果から対戦相手チームの順位は観客に有意な影響を与えないという ことがいえる。チーム実力はホーム実力のすべてが負の係数となった。これは強いチームの主催試 合では多くの観客を呼ぶことを意味している。ビジター実力は両リーグとセリーグが正の係数とな ったが有意とならなかった。パリーグでは負の係数で有意となったため,実力のあるチームが本拠 地に来る場合,多くの観客を呼ぶことが分かる。パリーグにおけるチーム実力の係数の絶対値は, ホーム実力の方がビジター実力よりも大きいため,観客への影響力はホーム実力の方が大きいと 考えられる。これらのことから,観戦要因は雤×外球場という天候の問題は有意に観客に影響を 与えず,チームの順位と実力,とりわけ本拠地チームの順位と実力が有意に影響を与えることが分 かった。
さらに見せる

21 さらに読み込む

歩行空間の回遊性能に基づく歩行者密度分析 -福岡都心商業エリアを対象として- [ PDF

歩行空間の回遊性能に基づく歩行者密度分析 -福岡都心商業エリアを対象として- [ PDF

は SS 理論だけで なく、土地利用強度や歩道幅員、駅からの距離と歩行 者量の関係を重回帰分析から明らかにした。松永ら 3) は歩行空間の性能評価項目を利用し、歩行者量との比 較を行っているが、建築要素は考慮していない。  しかし、実際の歩行空間は、上記の比較要素だけで なく、歩道、建物、建物の表出物など多くの構成要素 があるため、 本研究では実際の歩行者の視点に立って、 より詳細に歩行者量と歩行空間構成要素を比較するこ とを目的とすることに特徴があると考える。
さらに見せる

4 さらに読み込む

高齢者における歩行器・歩行車を使用した際の歩行分析

高齢者における歩行器・歩行車を使用した際の歩行分析

ない。上述のように,歩行器・歩行車を関節負担軽減の 目的で使用する者は一定数存在すると考える。しかし, これら補助具の関節負担軽減の有用性を示唆した報告は 少なく,種類の違いによる各種補助具の変化も明らかに されていない。歩行器・歩行車はテクノエイド協会の分 類によると,歩行器,歩行車,椅子付き歩行車,前腕支 持台付き歩行車,シルバーカーに分けられている。これ ら補助具は,種類によって形状が異なり,ハンドグリッ プ(以下,グリップ)を手で把持するものや,前腕支持 台に前腕を載せて把持するもの,身体が補助具の支持基 底面内に位置するものや,支持基底面外のものがある。 この形状の違いは歩行時の姿勢や関節モーメントに影響 を与える可能性がある。歩行器・歩行車使用時の姿勢に 関する先行研究では、高齢者において椅子付き歩行車の グリップの高さを変えた場合,グリップを高くすると歩
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...