住民税(所得割)から控除

Top PDF 住民税(所得割)から控除:

税金読本(3-2)住民税(所得割)の計算方法と納税

税金読本(3-2)住民税(所得割)の計算方法と納税

②〔都道府県・市区町村に対する寄附金額−2,000円〕×〔90%−0〜45%(寄 附者に適用される所得の限界税率)〕(住民所得の2が上限となります) ※1 上記②の税額控除を特例控除とよび、都道府県・市区町村に寄附された金額 のうち、2,000円を超える部分について、個人住民所得の2を上限と して、所得と合わせてほぼ全額が控除されます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

税金読本(3-2)住民税(所得割)の計算方法と納税

税金読本(3-2)住民税(所得割)の計算方法と納税

②〔都道府県・市区町村に対する寄附金額−2,000円〕×〔90%−0〜45%(寄附者 に適用される所得の限界税率)〕(住民所得の2が上限となります) ※1 上記②の税額控除を特例控除とよび、都道府県・市区町村に寄附された金額 のうち、2,000円を超える部分について、個人住民所得の2を上限と して、所得と合わせてほぼ全額が控除されます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

税金読本住民税(所得割)の計算方法と納税

税金読本住民税(所得割)の計算方法と納税

②〔都道府県・市区町村に対する寄附金額−2,000円〕×〔90%−0〜45%(寄 附者に適用される所得の限界税率)〕(住民所得の2が上限となります) ※1 上記②の税額控除を特例控除とよび、都道府県・市区町村に寄附された金額 のうち、2,000円を超える部分について、個人住民所得の2を上限と して、所得と合わせてほぼ全額が控除されます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 28 年度住民税に関する主な改正点 目 次 寄附金税額控除に関する改正 (1) 特例控除額の拡充 ( 平成 28 年度分の住民税から適用 ) 特例控除額の上限が 個人住民税の調整控除適用後の所得割の額の1 割から2 割に引き上げられました (2) ふるさと納税ワンストップ特例 の創設( 平成

平成 28 年度住民税に関する主な改正点 目 次 寄附金税額控除に関する改正 (1) 特例控除額の拡充 ( 平成 28 年度分の住民税から適用 ) 特例控除額の上限が 個人住民税の調整控除適用後の所得割の額の1 割から2 割に引き上げられました (2) ふるさと納税ワンストップ特例 の創設( 平成

港区特別区条例  (区民の納税管理人) 第12条 区民の納税義務者は、区内に住所、居所、事務所又は事業所(以下本項において「住所等」という。)を有しない場合においては、 港区の区域内に住所等を有する者(個人にあつては、独立の生計を営むものに限る。)のうちから納税管理人を定め、これを定める必要が生じ た日から十日以内に納税管理人申告書を区長に提出し、又は港区の区域外に住所等を有する者(個人にあつては、独立の生計を営むものに限る。) のうち納税に関する一切の事項の処理につき便宜を有するものを納税管理人として定めることについて納税管理人承認申請書を区長に同日か ら十日以内に提出してその承認を受けなければならない。納税管理人を変更し、又は変更しようとする場合その他納税管理人申告書又は納税 管理人承認申請書に記載した事項に異動を生じた場合においても、また同様とし、その提出期限は、その異動を生じた日から起算して十日を 経過した日とする。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Ⅱ 個人住民税の寄附金税制 平成 20 年 4 月の地方税法の一部改正において 地方公共団体に対する寄附金税制の見 直しが行われ 寄附金額のうち適用下限額を超える部分について 個人住民税から控除さ れるなど 寄附金控除が拡充されました Q5 寄附金控除の具体的な方式は A5 所得税については 所得控

Ⅱ 個人住民税の寄附金税制 平成 20 年 4 月の地方税法の一部改正において 地方公共団体に対する寄附金税制の見 直しが行われ 寄附金額のうち適用下限額を超える部分について 個人住民税から控除さ れるなど 寄附金控除が拡充されました Q5 寄附金控除の具体的な方式は A5 所得税については 所得控

Q Q Q8 8 8 8 上限額( 上限額( 上限額(個人住民所得額 上限額( 個人住民所得額の1) 個人住民所得額 個人住民所得額 の1) の1) の1)は は は はどうすればわかるのですか? どうすればわかるのですか? どうすればわかるのですか? どうすればわかるのですか? A8 あなたが個人住民を納めている市区町村の住民担当窓口に、あなたの課税対象と なる所得金額や個人住民所得額をお尋ねの上、それを参考に上限額を推計してくだ さい。 (納税者に通知される「市区町村民・都道府県民特別徴収税額の決定通知書」 を参考に推計することもできます。 )
さらに見せる

9 さらに読み込む

土地 建物の譲渡に伴う課税 所得税 住民税 譲渡所得の計算個人が不動産を譲渡した場合には 出た利益 ( 譲渡所得 ) に対して所得税と住民税が課税されます 課税譲渡所得 = 譲渡収入金額 - 取得費 ( 1)- 譲渡費用 ( 2)- 特別控除額 1 取得費 : 譲渡した不動産の取得に要した費用 購入

土地 建物の譲渡に伴う課税 所得税 住民税 譲渡所得の計算個人が不動産を譲渡した場合には 出た利益 ( 譲渡所得 ) に対して所得税と住民税が課税されます 課税譲渡所得 = 譲渡収入金額 - 取得費 ( 1)- 譲渡費用 ( 2)- 特別控除額 1 取得費 : 譲渡した不動産の取得に要した費用 購入

カ 平成 21 年∼22 年に取得した国内にある土地を譲渡した場合(措法 35 の 2) 控除額: 1,000 万円 個人が平成 21 年に取得した国内にある土地等を平成 27 年以降に譲渡した場合、また は、平成 22 年中に取得した土地等を平成 28 年以降に譲渡した場合には、その土地に 係る譲渡所得の金額から 1,000 万円を控除することができます。要件は次の通りです。 ① 平成 21 年 1 月 1 日から平成 22 年 12 月 31 日までの間に土地等を取得すること。 ② 平成 21 年に取得した土地等は平成 27 年以降に譲渡すること、また、平成 22 年に
さらに見せる

19 さらに読み込む

40 Vol. 17 No.3 1. はじめに日本の個人所得課税において国税である所得税と同様に地方税である個人住民税が重要な役割を果たしている. 個人住民税額の算出方法については所得税とほぼ同様であり, 所得に対して各種の所得控除を適用し, 課税対象所得を算出した後, 課税対象所得に対して税率を適

40 Vol. 17 No.3 1. はじめに日本の個人所得課税において国税である所得税と同様に地方税である個人住民税が重要な役割を果たしている. 個人住民税額の算出方法については所得税とほぼ同様であり, 所得に対して各種の所得控除を適用し, 課税対象所得を算出した後, 課税対象所得に対して税率を適

齢世代には低所得世帯が多く,この税率の変更は高齢世代にとって,限界税率が高くなることを意 味する.限界税率が高くなるほど,控除による負担軽減効果が高くなるため,公的年金等控除の 金額自体は減額されたものの,控除効果は増加する結果となった.  さらに,モデル3の所得控除については所得再分配効果を持つことが分かる.このように個人住 民税制のもとで控除による負担軽減効果が大きくなるという結果が得られたのは,個人住民の 税率の累進性が低いためである.例として2015年税制をあげると,2015年税制のもとでは,課税対 象所得に対して10%の税率が課される.この場合,33万円の基礎控除があることによって,ほぼす べての納税者の負担額が3.3万円軽減される.このとき,負担額の軽減額自体は低所得者であ ろうと高所得者であろうと変化はない.しかし,負担の軽減額が同額であるならば,低所得者の 収入に占める負担の割合は高所得者よりも大きく減少する.この場合,基礎控除は低所得者に対 してより大きな恩恵を与えることになる.したがって税率の累進性が緩やかであるほど,所得控除 による所得再分配効果は大きい.ただし,税制改革による所得控除額の変更は控除効果にほぼ影響 を与えていない.
さらに見せる

30 さらに読み込む

はじめに 所得税 個人住民税の扶養控除については 平成 22 年度税制改正において 年少扶養控除及び 16~18 歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止が行われたところであるが この見直しを行う場合 現行制度においては 所得税 個人住民税の税額等と連動している国民健康保険料 保育料等の医療 福祉制度

はじめに 所得税 個人住民税の扶養控除については 平成 22 年度税制改正において 年少扶養控除及び 16~18 歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止が行われたところであるが この見直しを行う場合 現行制度においては 所得税 個人住民税の税額等と連動している国民健康保険料 保育料等の医療 福祉制度

第 3 方 式 は、従 来 から実 施 してきた方 式 ではあるが、例 えば、モデ ル世 帯 で想 定 した 16 歳 未 満 の子 の数 よりも子 が多 いケースでは負 担 増 となることもあることから、事 務 負 担 が著 しく過 重 になるなど第 2 方 式 を採 用 することが極 めて困 難 となるような真 にやむを得 ない事 情 が ある場 合 に限 って採 用 することができる方 式 と考 えられる。この場 合 、 負 担 増 となるケースについては、その負 担 増 の程 度 に応 じて、簡 便 な 経 過 措 置 を講 じることが適 当 である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

本文_250

住宅ローン利用ありの場合に適用します 住宅ローン控除は 住宅ローンなどを利用して住宅を購入したり 新築または増改築工事をしたりしたときに一定の条件を満たせば 入居した年から 10 年間にわたり所得税から控除を受けることができる制度です また 所得税で控除しきれなかった分は住民税から 万円

・自ら居住する住宅(新築住宅、中古住宅も対象)を取得する際に、住宅ローンの利用、現金取得に関わらず、 収入と住宅の持分に応じて消費8%時には給付金が 最大30万円 支給されます。10%時は 最大50万円 ①給付額 収入額(都道府県民所得額)によって給付基礎額が決まり、給付基礎額に登記上の持分割合を乗じた額が給付されます。

20 さらに読み込む

個人住民税の諸控除の見直し 住民税の諸控除については 今後の所得税における控除整理も踏まえ 控除のあり方について検 討を進めます (H22 年度税制改正大綱 ) との方針を踏まえるとともに 地域社会の会費 という住民税 の基本的性格や地域主権改革の観点も勘案し 以下のとおり見直してはどうか 住民税の

個人住民税の諸控除の見直し 住民税の諸控除については 今後の所得税における控除整理も踏まえ 控除のあり方について検 討を進めます (H22 年度税制改正大綱 ) との方針を踏まえるとともに 地域社会の会費 という住民税 の基本的性格や地域主権改革の観点も勘案し 以下のとおり見直してはどうか 住民税の

○ 政策誘導的な色彩が強いとされる生命保険料控除や地震保険料控除 (注) については、住民の「地域社 会の会費」的性格や、国が地方に一方的に減収を強いている負担軽減措置等については可能な限り廃 止すべきであるとの観点を踏まえ、廃止してはどうか。 ○ 退職所得に係る住民税額の10%を税額控除する仕組みについては、次の理由から、廃止してはどうか。

14 さらに読み込む

××税制(所得税・法人税・法人住民税・事業税)

××税制(所得税・法人税・法人住民税・事業税)

 集中投資期間中における中小企業の生産性革命を実現するための臨時・異例の措置として、償却資産に係 る固定資産の特例措置を講じる。 中小企業の投資を後押しする大胆な固定資産の特例の創設 (固定資産) ※ 平成28年度に創設した現行の特例措置については、上記措置の創設に伴い、期限の終了を もって廃止するため、規定を削除。 (削除規定は平成31年4月1日施行)

9 さらに読み込む

××税制(所得税・法人税・法人住民税・事業税)

××税制(所得税・法人税・法人住民税・事業税)

 現行制度では、先代経営者から贈与/相続により取得した非上場株式等のうち、議決権株式総数の2/3に達 する部分までの株式等が対象(贈与/相続前から後継者が既に保有していた部分は対象外)。例えば、相続 の場合、猶予割合は80%であるため、猶予されるのは2/3×80%=約53%のみ。  対象株式数の上限を撤廃( 2/3 → 3/3 )、猶予割合を100%に拡大することで、事業承継時の贈与

11 さらに読み込む

住宅ローン減税 ( 税制 ) 1 金融機関等から住宅ローンを受けて住宅の新築 取得又は増改築等をした場合 年末のローン残高の 1% を所得税 ( 所得税から控除しきれない場合 翌年度の住民税 ) から 10 年間控除 ( 平成 31 年 6 月 30 日まで ) 制度の概要 住宅ローンの金利負担を軽

住宅ローン減税 ( 税制 ) 1 金融機関等から住宅ローンを受けて住宅の新築 取得又は増改築等をした場合 年末のローン残高の 1% を所得税 ( 所得税から控除しきれない場合 翌年度の住民税 ) から 10 年間控除 ( 平成 31 年 6 月 30 日まで ) 制度の概要 住宅ローンの金利負担を軽

・ その他の期間に契約を行う方:質の高い住宅;1,500万円、左記以外の住宅(一般住宅);1,000万円 (※4) 平成28年9月以前に「上記以外の方」欄の非課税限度額の適用を受けた方は、再度「消費税率10%が適用される方」欄の非課税限 度額の適用を受けることが可能です。 ○住宅取得等資金に係る贈与の非課税措置による非課税限度額は以下のとおり。(※ 平成27年1月1日以降の贈与により住宅を取得等した場合に適用があります。)
さらに見せる

18 さらに読み込む

住宅ローン減税 ( 税制 ) 1 金融機関等から住宅ローンを受けて住宅の新築 取得又は増改築等をした場合 年末のローン残高の 1% を所得税 ( 所得税から控除しきれない場合 翌年度の住民税 ) から 10 年間控除 ( 平成 33 年 12 月 31 日まで ) 制度の概要 住宅ローンの金利負担を

住宅ローン減税 ( 税制 ) 1 金融機関等から住宅ローンを受けて住宅の新築 取得又は増改築等をした場合 年末のローン残高の 1% を所得税 ( 所得税から控除しきれない場合 翌年度の住民税 ) から 10 年間控除 ( 平成 33 年 12 月 31 日まで ) 制度の概要 住宅ローンの金利負担を

⑴ 新築住宅の場合の⑵、⑷、⑸に該当すること ⑵ 増改築等の日から6ヶ月以内に入居 し、適用を受ける各年の 12月31日まで引き続き住んでいること ⑶ 増改築等後の住宅の床面積(区分所有建物の場合はその専有部分の床面積)が 50㎡以上 で、か つ、その家屋の床面積の 2分の1以上 に相当する部分が 自己の居住の用に供されるもの であること ⑷ 増改築等の工事が、自己が所有し、かつ、居住の用に供する家屋に対して行われた一定の工事
さらに見せる

24 さらに読み込む

例題 1 下記の事項につき ア ~ エのうち正しいものを 1 つ 選んでください 所得税および住民税の生命保険料控除 地震保険料控除についてア. 平成 23 年 12 月締結契約で 一般生命保険料の年間正味払込保険料が75,000 円の場合 この契約に係る所得税の生命保険料控除額は 38,750 円

例題 1 下記の事項につき ア ~ エのうち正しいものを 1 つ 選んでください 所得税および住民税の生命保険料控除 地震保険料控除についてア. 平成 23 年 12 月締結契約で 一般生命保険料の年間正味払込保険料が75,000 円の場合 この契約に係る所得税の生命保険料控除額は 38,750 円

Aさんが自分を被保険者として生命保険に加入し、正味払込保険 料を1,000万円支払ったものとします。 この生命保険は配当金を含ん で満期保険金(一時金)2,000万円とします。 1.満期保険金の受取人をAさんとした場合(所得が課税され る場合)

14 さらに読み込む

3 所得税の控除限度額の算 所得税額 1 所得総額 2 国外所得総額 3 控除限度額 (1 3 2 ) 4 4 復興特別所得税の控除限度額の算 復興特別所得税額 5 所得総額 6 国外所得総額 7 7 控除限度額 (5 ) 8 6 2のF の金額がある場合には その金額を雑所得の総収入金額に算入して

3 所得税の控除限度額の算 所得税額 1 所得総額 2 国外所得総額 3 控除限度額 (1 3 2 ) 4 4 復興特別所得税の控除限度額の算 復興特別所得税額 5 所得総額 6 国外所得総額 7 7 控除限度額 (5 ) 8 6 2のF の金額がある場合には その金額を雑所得の総収入金額に算入して

なお、2のⒻの金額がある場合には、その金額は国外所得総額に含めることとし、対象資産外国所得 税額を課されることとなった対象資産の譲渡等に係る所法第 60 条の2第1項から第3項までの規定の 適用により生じたものとみなされた所得の金額を含めます。 また、この欄に記載した国外所得の金額の計算の明細の分かる書類をこの明細書に添付してください。 ニ 「④」欄には、 「所得税額①」に「所得総額②」のうちに占める「国外所得総額③」の割合を乗じて計
さらに見せる

9 さらに読み込む

ⅩⅣ 税金 1 給与所得にかかる税制度日本で働く外国人の給料にかかる税金は 国の税金である所得税 ( 復興特別所得税を含む ) と 地方公共団体の税金である住民税の2 種類があります 所得税は税務署 住民税は区市町村が窓口になります 2 所得税日本では 給与所得に対する所得税については 給与の支払者

ⅩⅣ 税金 1 給与所得にかかる税制度日本で働く外国人の給料にかかる税金は 国の税金である所得税 ( 復興特別所得税を含む ) と 地方公共団体の税金である住民税の2 種類があります 所得税は税務署 住民税は区市町村が窓口になります 2 所得税日本では 給与所得に対する所得税については 給与の支払者

-138- “居住者”当中,有“永住者”和“非永住者”的区别。“非 永住者”指的是没有日本国籍,并且在过去的10年内,在日本 拥有“住所”或“居所”的期间累计5年以下的人。“非永住者” 以外的居住者为“永住者”。因这一区别,征范围有所不同。 “永住者”原则上是对所有的所得。“非永住者”则是对 在日本国内获得的所得(国内源泉所得) 以及除此之外的所得 (国外源泉所得) 用于在日本国内支付或汇款到日本国内的部分 予以征
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 所得税の確定申告 問合せ先 : 出雲税務署 ( 代表 ) 1 所得税が還付される手続( 還付申告 ) は1 月から受け付けています医療費控除や住宅借入金等特別控除等の申告をされることで所得税が還付される手続 ( 還付申告 ) については 1 月から出雲税務署の窓口 郵送及び電子申

2. 所得税の確定申告 問合せ先 : 出雲税務署 ( 代表 ) 1 所得税が還付される手続( 還付申告 ) は1 月から受け付けています医療費控除や住宅借入金等特別控除等の申告をされることで所得税が還付される手続 ( 還付申告 ) については 1 月から出雲税務署の窓口 郵送及び電子申

  市支所等会場で行う申告相談は、市民・県民申告を主としています。 市では申告時期に7,000件余りの申告 相談を受け付けており、所得の還付申告、確定申告書を提出される方は、長時間お待ちいただく場合や、お待ち いただいても対応できない場合があります。支所等会場の混雑緩和のため、税務署から『確定申告のお知らせ』 はがきなどでご案内のあった方は、確定申告書を税務署会場へ直接お持ちいただくか、郵送又は電子申告により提 出してください。(市役所窓口での取り次ぎはマイナンバー記載や本人確認があるため行っておりません。)ご理解 とご協力をお願いします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

なぜ法人化するのか? 所得税 住民税 事業税 社会保険 医療費が高い! それは 所得 (= 収入 - 経費 ) が高いからです すべてにかかわります 特に所得税は超過累進税率です 住民税 :10% 事業税 ( 不動産 ):5% どういう場合に法人化するのか? 相続税対策が終わった場合 相続税が発生し

なぜ法人化するのか? 所得税 住民税 事業税 社会保険 医療費が高い! それは 所得 (= 収入 - 経費 ) が高いからです すべてにかかわります 特に所得税は超過累進税率です 住民税 :10% 事業税 ( 不動産 ):5% どういう場合に法人化するのか? 相続税対策が終わった場合 相続税が発生し

法人(会社組織)では、個人(個人事業含む)で「事業主の給与」にあたる、 役員の給与(役員報酬)が経費と して認められます。 (諸届をしない場合や違法な場合には認められない場合があります) 役員給与(役員報酬)には、一般のサラリーマンと同じように、給与所得控除が適用されますので、節税になるこ とがあります。図にすると、次の通りとなります。

19 さらに読み込む

218 年分以降の配偶者控除額は夫の年収に応じて減っていきます 217 年分までは が 13 万円 ( 合計所得金額 38 万円 以下であれば 夫の年収にかかわらず 配偶者控除額 38 万円 ( 住民税は 33 万円 を夫の所得から控除できました 218 年分以降は が 13 万円 ( 合計所得金額

218 年分以降の配偶者控除額は夫の年収に応じて減っていきます 217 年分までは が 13 万円 ( 合計所得金額 38 万円 以下であれば 夫の年収にかかわらず 配偶者控除額 38 万円 ( 住民税は 33 万円 を夫の所得から控除できました 218 年分以降は が 13 万円 ( 合計所得金額

本資料は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成されていますが、明示、黙示に関わらず内容の正確性あるいは完全 性について保証するものではありません。また、別段の表示のない限り、その作成時点において施行されている法令に基づき作成したものであり、将来、 法令の解釈が変更されたり、制度の改正や新たな法令の施行等がなされる可能性もございます。さらに、本資料に記載の内容は、一般的な事項を記載 したものに過ぎないため、お客様を取り巻くすべての状況に適合してその効果等が発揮されるものではありません。このため、本資料に記載の内容に 従って、お客様が実際に取引をされた場合や実務を遂行された場合、その期待される効果等が得られないリスクもございます。なお、金融商品の取引そ の他の取引を行っていただく場合には、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等及び有価証券の発行者等の信用状 況(財務・経営状況を含む。)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、又は元本を超過す る損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。なお、信用取引又はデリバティブ取引等(以下「デリバティブ取引等」といいます。)を行う場合は、 デリバティブ取引等の額が当該デリバティブ取引等についてお客様の差入れた委託保証金又は証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます。)を 上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格又は指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本 超過損リスク)があります。また、店頭デリバティブ取引については、弊社が表示する金融商品の売付けの価格と買付けの価格に差がある場合がありま す。上記の手数料等及びリスク等は商品毎に異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書又はお客様向け資料等をよくお読みくださ い。なお、目論見書等のお問い合わせは弊社各部店までお願いいたします。また、実際の取引等をご検討の際には、個別の提案書等をご覧いただいた 上で、今後の制度改正の動きに加え、具体的な実務動向や法解釈の動き、及びお客様の個別の状況等に十分ご留意いただき、所轄の税務署や、弁護 士、公認会計士、税理士等の専門家にご相談の上、お客様の最終判断をもって行っていただきますよう、お願い申し上げます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...