人間総合学部発達心理

Top PDF 人間総合学部発達心理:

学科長 < 児童教育学科 > < 児童教育学科 > ( カリノコウジ ) ( ヒデマヒトシ ) 狩野浩二日出間均 ( 平成 7 年 4 月 ) ( 平成 9 年 4 月 ) < 人間発達心理学科 > < 人間発達心理学科 > ( ワタイマサヤス ) ( イトウケイコ ) 綿井雅康伊藤恵子 ( 平成

学科長 < 児童教育学科 > < 児童教育学科 > ( カリノコウジ ) ( ヒデマヒトシ ) 狩野浩二日出間均 ( 平成 7 年 4 月 ) ( 平成 9 年 4 月 ) < 人間発達心理学科 > < 人間発達心理学科 > ( ワタイマサヤス ) ( イトウケイコ ) 綿井雅康伊藤恵子 ( 平成

   ・ 同一設置者が設置する既設学部等に付された意見は、当該大学から提出される全ての報告書に     記入してください。    ・ 該当がない場合には,「該当なし」と記入してください。    ・ 「設置計画履行状況調査時」の(年月)には,調査結果を公表した月(通常2月)を記入して     ください。(実地調査や面接調査を実施した日ではありません。) (注)・ 「設置時[r]

35 さらに読み込む

大学教育における発達心理学の役割 : 発達的視点は大学の授業実践にどう役立つか

大学教育における発達心理学の役割 : 発達的視点は大学の授業実践にどう役立つか

育を実践するうえでも必須である。OECD 教育研究革新センター(2013)は,教授・学習 のインターフェースをばらばらのまま「ブラックボックス」として扱うのではなく,学習者 や授業が 4 つの次元(①学習者:“誰が?”②教師および他の専門家:“誰と?”③内容: “何を?”④施設と技術“どこで?”“何を使って?”)の間の力学と相互作用という,ホリ スティックで文脈化された「学習環境」で行われる学習の中にしっかりと位置づいていると いう認識が大切であるとしている。ここでは,「人はどのように知識を構成するのか?」と いう問題について,関連する認知的・情動的・生物学的・社会学的観点からの代表的な研究 と実践的な根拠に基づく知見を検討し,学習について共通する結論を見出している。すなわ ち,①学習者を中心とする ②学習の社会性を重視する ③感情が学習にとって重要である  ④個人差を認識する ⑤すべての生徒を伸ばす ⑥学習のアセスメントを活用する ⑦水平 的な関係を作るという 7 つの原理 13) である。無論,学習や学習者が主体の教育であるから といって,学習環境の全てを学生の選択に委ね,学生の志向に合わせて授業を行えば良いと いうわけではない。しかし,教員が授業のねらいや到達目標を考えながら授業内容や方法を 選択する際に,学生の発達段階や対人関係や自我の在りかたを考慮する必要はあろう。学生 の感情や意欲といった問題をふまえて,親密圏から公共圏へと学びのコミュニティを広げて いくための足場を提供するという視点に立ち,ゆくゆくは知を生成する主体として発達し続 けていけるよう学びを支援すること,そうした営みを通して得られる学習効果は,学生・教 員ともに大きなものとなるのではなかろうか。授業で学生が何をどう学び,それを実生活に どのように活かしうるかを知ろうとすることは,翻って教員も自らの授業で何をどう教えた かを振り返る契機となる。まさに冒頭で述べた通り,発達心理学の知見が授業実践,学習者 主体の学びにどう寄与するかといった一方向的な視点ではなく,授業実践が発達と学習,教 育をめぐる学問の発展にどのように寄与するかという双方向的な視点のなかで,発達心理学 の役割をさらに検討していくことが求められている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

発達心理学研究 2015, 第 26 巻, 第 2 号, 川本哲也 ( 東京大学大学院教育学研究科 日本学術振興会特別研究員 ) 小塩真司 ( 早稲田大学文学学術院 ) 阿部晋吾 坪田祐基 ( 梅花女子大学心理こども学部 ) ( 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 日本学術振興会特別研

発達心理学研究 2015, 第 26 巻, 第 2 号, 川本哲也 ( 東京大学大学院教育学研究科 日本学術振興会特別研究員 ) 小塩真司 ( 早稲田大学文学学術院 ) 阿部晋吾 坪田祐基 ( 梅花女子大学心理こども学部 ) ( 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 日本学術振興会特別研

下するものの,その後はあまり年齢の影響を受けない。 これらのおおまかな傾向は,先に挙げた他の横断的研究 においてもある程度の共通点がある。特に,ドイツ (Donnellan & Lucas, 2008; Lehmann et al., 2013)やイギ リ ス(Donnellan & Lucas, 2008), 北 米(Srivastava et al., 2003)といった欧米諸国では比較的類似した傾向が 見られる。なお,McCrae et al.(1999)ではドイツやイ タリア,ポルトガルなどとともに韓国のデータも検討さ れており,そこでは韓国でも欧州とほぼ同様のパーソナ リティの年齢差が見られたことが報告されている。その 一方で Walton et al.(2013)は,ベトナムにおいて 16 歳から 90 歳を対象とした横断的研究を行っている。そ して,外向性が年齢とともに低下していくこと,協調性 と情緒安定性,開放性が年齢とともに高くなっていくこ と,勤勉性は青年期から成人期にかけて急激に上昇し, その後はあまり変化しないことなどを明らかにしてい る。この研究は他の研究に比べサンプルサイズが小さい ため( N = 349),欧米諸国で得られた結果との比較は慎 重に行う必要があるが,アジア地域におけるパーソナリ ティの発達的変化を検討する上で貴重な知見を提供して いるといえる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

人間発達科学部入学者受入れの方針 人間発達科学部は, 人間発達を広義の教育と位置づけ, 人間の豊かな発達と調和をめざすとともに, 生涯にわたって学習を支援できる教育人材を育成している 人を教えるヒトを育てる学部 をキーワードに, 教育学部で培われた, 教育技法の拡充と複雑化した人間環境の学際的追求を

人間発達科学部入学者受入れの方針 人間発達科学部は, 人間発達を広義の教育と位置づけ, 人間の豊かな発達と調和をめざすとともに, 生涯にわたって学習を支援できる教育人材を育成している 人を教えるヒトを育てる学部 をキーワードに, 教育学部で培われた, 教育技法の拡充と複雑化した人間環境の学際的追求を

人間発達科学部 入学者受入れの方針  人間発達科学部は,人間発達を広義の教育と位置づけ,人間の豊かな発達と調和をめざすとともに, 生涯にわたって学習を支援できる教育人材を育成している。『人を教えるヒトを育てる学部』をキー ワードに,教育学部で培われた,教育技法の拡充と複雑化した人間環境の学際的追求を組合わせるこ とを通じ,地域社会において,教員養成とともに人間の生涯学習を促進する教育人材の養成を目的と しており,次のような入学者を求める。
さらに見せる

10 さらに読み込む

a 心理人間学科はなぜAO入試を始めたのですか

a 心理人間学科はなぜAO入試を始めたのですか

Q 出願はWebで行うのですか。 A この試験はWebでは出願できません。必要書類を記入・準備の上、出願期間内に簡易書留速達郵便 で提出してください。 …………………………………………………………………………………………………………………………… 審査内容について(『国際教養学部特別選抜試験要項』8.審査および合格発表)

6 さらに読み込む

福山大学こころの健康相談室紀要第 7 号 描画検査の有用性と今後の展望について藤井加奈子橋本優花里福山大学大学院人間科学研究科福山大学人間文化学部心理学科キーワード : 時計描画検査,Rey-Osterrieth Complex Figure, デジタルペン はじめに 描画は, 心理臨床の実践におい

福山大学こころの健康相談室紀要第 7 号 描画検査の有用性と今後の展望について藤井加奈子橋本優花里福山大学大学院人間科学研究科福山大学人間文化学部心理学科キーワード : 時計描画検査,Rey-Osterrieth Complex Figure, デジタルペン はじめに 描画は, 心理臨床の実践におい

Scale : HDS-R) のような簡易検査が認知機能評価検査として広く用いられている。しかしながら,これらのスク リーニング検査では,言語的な教示を必要とするだけでなく,検査成績が量的な数値で表されるため,その課題 遂行を支える認知的過程の問題までを評価することが不可能である。その一方で,描画検査は簡便な検査である にも関わらず,その描画の可否という量的な成績のほか,これまでの発達的研究によって示されてきたように, 描画過程の変化や描画に含まれる構成要素の評価から質的な側面をとらえることが可能である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

発達心理学研究 第24巻 第3号

発達心理学研究 第24巻 第3号

歳までである。これらの主題の関係について,Erikson (1959/2011)は 2 つのことを強調した。一つは,すべ ての主題は体系的に関連しあっており,特定の順序性を もつ。ある段階の主題の獲得は続く段階の主題の獲得の 在り方に重要な影響を及ぼす。たとえば,第Ⅴ段階のア イデンティティが発達している人ほど次の第Ⅵ段階の親 密性も一般に発達している(Kacerguis & Adams, 1980; Marcia, 1976; Tesch & Whitbourne, 1982)。もう一つ重要 な点は,各主題はそれが顕著に現れる段階の前後の段階 にもその影響は存在しており,生涯にわたって一貫した 影響がある。この 2 つことから,当然のことながら個人 内における各主題の得点の間には高い相関があることが 考えられる(仮説 1)。なお,このことについて,三好・ 大野・内島・若原・大野(2003)の研究には大学生を調 査対象とした分析により,各主題間に相関があることは 示されていた。ところが,他の年齢層においてこのよう な相関の有無についてまだ未検討だった。本研究では, この現象の普遍性と一般性を検証するために,調査対象 の年齢層を拡大して中年期に対しても調査を行い,主題 間の相関について吟味する。
さらに見せる

11 さらに読み込む

子どもの死生観の発達に関する研究-臨床心理学的視点から- [ PDF

子どもの死生観の発達に関する研究-臨床心理学的視点から- [ PDF

人間」について,本研究では,1年生で“いつかはい のちがなくなる”との回答が約 70%に留まっており,兵 庫・生と死を考える会(2004)の 80%∼90%と比較して低 い割合である。このことから, 「人間」の死の普遍性を理 解する時期が1年遅いと言える。また, 「動物」について は,東京都立教育研究所(1983)と比較して,1年生で約 20%,2年生で約 10%,3年生で約7%,“いつかはい のちがなくなる”とする割合が低い。よって,低学年に おいて「動物」の死の普遍性を認識している割合が低い と言える。最後に, 「植物」については,大体の学年にお いて, 「人間」 , 「動物」と比較して約 15∼20%低い割合 であり,植物の生命に限りがあることは,認識しづらい 事実であることが伺える。
さらに見せる

4 さらに読み込む

発達心理学研究 第24巻 第3号

発達心理学研究 第24巻 第3号

本研究の参加者は,国立大学の附属小学校の 1 年生で ある。小学校の入学に際し,選抜を受けるため,これら の児童のワーキングメモリは,同年齢の児童よりも平均 的に大きく,クラスの中で最もワーキングメモリが相対 的に小さい児童も年齢としては平均的であり,発達障害 などの問題を抱えていることはない。しかし,同じクラ スの中でワーキングメモリの発達差,個人差があるため, Gathercole & Alloway(2008/2009)による解釈が正しい とすれば,クラスの中でワーキングメモリが相対的に小 さい児童は,挙手し,授業の話し合いに参加したりする ことにおいて不利になることが予想される。本研究の第 1 の目的は,クラスでワーキングメモリ得点が最も小さ いものの,年齢相応のワーキングメモリを持つ児童にお ける挙手や授業参加の特徴を,授業観察による量的,客 観的な指標や,観察事例によって明らかにし,クラス内 の発達的な個人差が児童の学習に及ぼす影響を検討する ことである。なお,本研究で特に挙手を取り上げるのは, 授業で児童同士の話し合いよりも教師と個々の児童が一 対一の対話を行いがちな小学校低学年(磯村・町田・無 藤,2005)において,発問に対する挙手は教師にとって その児童の授業参加を確認する重要な側面の 1 つである からである。
さらに見せる

11 さらに読み込む

HOKUGA: 発生的記号論序説Ⅰ : 発達心理学における生得-経験論争

HOKUGA: 発生的記号論序説Ⅰ : 発達心理学における生得-経験論争

⑵ チョムスキー=フォーダーの理論 コンピテンスとパフォーマンス 年少の子どもの特徴として有能さ(competence)と無能さ(incompetence)が混在しているこ とから,発達心理学者の中にはコンピテンス(有能さ=潜在的能力)とパフォーマンス(遂行) の間の区別をつける者が出てきた(Gelman, 1972;Donaldson, 1978)。十 根拠のある点は,パ フォーマンスがその基礎にある認知を覗く上での完全な窓になっていないという点である。例え ば,大人である我々は,前提が与えられれば自動的に推移率を用いて推論を行う。けれども,も しその前提がラテン語であったとしたら,誰も簡単に推移率を用いた推論を行えないであろう。 この えでいけば,幼児は相当な認知能力(cognitive competence)をもっているのかもしれな いが,しかし記憶,注意,言語スキルなどが未熟なために,しばしば(大人が)ラテン語で理由 づけをしようとしているような状態にあるのかもしれず,そのため実際にその能力が完全に遂行 されることは稀なのかもしれないのである。
さらに見せる

11 さらに読み込む

HOKUGA: 認知発達心理学の現在とこれから : ピアジェ理論の彼岸:プロセスとメカニズムを探求する発達モデルの可能性

HOKUGA: 認知発達心理学の現在とこれから : ピアジェ理論の彼岸:プロセスとメカニズムを探求する発達モデルの可能性

⚒.認知発達の理論と展望─ピアジェ 理論への新たな視点 1987 年に上梓した拙著⽝認知発達の理論と 展望─ピアジェ理論への新たな視点⽞(青弓 社)において,著者が主張したメッセージは 次の二つだった。一つはピアジェの発達段階 を再構造化ではなく,より高次の階層的構造 化として捉えること,もう一つは,その変化 のメカニズムに成熟ではなく制約という概念 を導入することである。これら二つの事柄は, 結局,発達的変化のプロセスを説明するメカ ニズムを明らかにするという大目標に集約さ れる。そして,これが筆者のライフワークと なり,その後,スーザン・ケアリー(Carey, S.)の Conceptual change in childhood.(邦題 ⽝子どもは小さな科学者か─ J. ピアジェ理論 の再考⽞ミネルヴァ書房),ならびにアネッ ト・カミロフ=スミス(Karmiloff-Smith, A.) の Beyond modularity: A developmental per- spective on cognitive science.(邦題⽝人間発達 の認知科学─精神のモジュール性を超えて⽞ ミネルヴァ書房)の訳業へと繋がった。 (⚑)認知発達のʠ制約ʡ理論─ピアジェ理論
さらに見せる

20 さらに読み込む

軽度発達障害児のコミュニケーション場面における心理特性と行動特徴に関する研究 [ PDF

軽度発達障害児のコミュニケーション場面における心理特性と行動特徴に関する研究 [ PDF

総合考察】 本研究から、軽度発達障害児の内的側面は周囲には捉えに くいものであることが示された。さらに、彼らが示す行動の 傾向によって、その心理特性に違いがみられた。軽度発達障 害児は自己表現の難しさや自己評価の低さを問題として抱 えていることが指摘されている(宮本 2000)。他児に関わり たい時に自ら関わろうとする傾向が低い子どもたちは、普段 から疲労感や対人緊張を抱えており、うまく関われないこと と対人不安や抑うつが何らかの関連性をもつことが示唆さ れた。実際のセラピーにおいて、他児への関わりを引き出し たり、円滑な関わりを促していくような援助が必要であり、 そうした中で自己表現や自己評価を高めることが重要であ ろう。また、彼らの他者に関わりたい、周囲に認められたい という気持ちも、自己表現の難しさからふざけていると捉え られる行動で示されることがうかがえた。一方的な関わりの 背景にも、自分の有能さよりもできなさに視点が向きがちな 心理があり、彼らが他者に助けられる体験や助ける体験を得 られるような援助の有効性も示唆された。
さらに見せる

4 さらに読み込む

博士論文 小児摂食障害の臨床像および心理 社会的特徴 と 母親の心理的特徴 平成 29 年度 筑波大学大学院人間総合科学研究科 ヒューマン ケア科学専攻 田副真美

博士論文 小児摂食障害の臨床像および心理 社会的特徴 と 母親の心理的特徴 平成 29 年度 筑波大学大学院人間総合科学研究科 ヒューマン ケア科学専攻 田副真美

摂食障害は近年増加傾向にあり、中でも神経性やせ症の急増と低年齢化が小児科診療の問題となって いる。神経性やせ症は、入院時に著しい低栄養状態によって身体の内科的全身管理が重要であるととも に、慢性的な栄養障害に陥ることで、重篤な心身への合併症を持つ。その子どもたちに共通して、幼い 頃よりいわゆるいい子で、他人に気を遣い自己不全感に陥っていることが多いことを経験する。そのよ うな子どもたちは、発症のきっかけに友人関係のトラブルや勉強や部活などにおける躓きなどが認めら れ、適切な対応がされずに放置されることで、その後の社会生活における対人交流の在り方や自己実現 に影響を与え、その結果として、QOL の低い生活を送っている。そのようなことから、医療現場では、 栄養士らと連携し、早期に身体管理と心理的援助を基盤とした教育プログラムなどによる介入が行われ ている。子ども自身が病気を克服し、肯定的に自身を捉えることができ、本音で行動し人と交流できる ような自律性の発達を支援することが目的である。
さらに見せる

154 さらに読み込む

案内パンフレット2016 神戸大学大学院人間発達環境学研究科

案内パンフレット2016 神戸大学大学院人間発達環境学研究科

人間環境学専攻研究プロジェクト 「環境ストレスと疾病リスクを 客観的に評価するシステムの開発」  国連が2011年からの10年を「生物多様性の10年」 と位置づけるなど, 生物多様性保全は21 世紀の重要な環境課題です。世界的に, 都市への人口集中が急速に進む中で, 都市近郊にお ける生物多様性の保全はその最前線の一つと位置付けらています。 日本のメガシティの一つ 阪神地区は, 六甲山系・生駒山系等と大阪湾に囲まれ, 大都市近郊に豊かな自然が存する国 際的にもユニークな特徴を有しています。 この地域特性を活かし, 研究フィールドとすることで, 都市住民と生物多様性の関係の在り方を学際的・統合的に研究し, 21世紀社会における生物 多様性と共生する都市モデルを探り, 国際社会に向けて発信することを目指しています。特に, 神戸市は独自に生物多様性神戸プラン2020を作成するなど「人と自然がつながり, 多様ないの ちを育む自然共生都市 “こうべ” 」を目指しており, 本研究を行う絶好のフィールドです。  本プロジェクトは, 生物学, 地理学, 環境経済学, 教育学, サイエンスコミュニケーションをそれぞ れ専門とする多様な研究者が共存する人間発達環境学研究科の特性を最大限に活かして 展開します。
さらに見せる

21 さらに読み込む

人間発達科学部紀要第13巻第2号_表紙

人間発達科学部紀要第13巻第2号_表紙

 本研究は,主に質問紙を用いて自己制御を検討した研究をレビューし,その現状と課題について検討した。具体的には, (Ⅰ)どのような質問紙が開発されているのか,(Ⅱ)どのような行動との関連が示されているのか,の 2 つを明らかに することを目的とした。(Ⅰ)について 1980 年代までの自己制御を測定するための質問紙は,「子ども」と「大人」に分 けられていたが,2000 年代以降は「幼児期以前」を対象にしたもの,「思春期」および「青年期」を対象にしたものな どかつてよりも多様な年齢を対象にしていた。また,2000 年以降の自己制御研究には,大きく“気質レベルの自己制御” と“能力レベルの自己制御”の 2 つの立場が存在することが明らかになった。しかし,発達の関連性については,1980 年代の研究と同様に明らかになっておらず,2000 年代に報告された知見を踏まえて,さらなる検討が必要であることが 示唆された。(Ⅱ)について,低い自己制御は,社会的側面においても個人的側面においても,様々な問題行動や依存症 と繋がることが明らかとなった。また,個人的側面においては,高すぎる自己制御が様々な身体的および心理的問題と 関連することが明らかになった。つまり,社会的場面においては高い自己制御の発揮が求められるが,個人内においては, 高すぎないが低すぎない適度な自己制御の発揮が重要であることが示唆された。しかし,「高すぎる」もしくは「低すぎ る」という基準がなく,曖昧な表現であることから, 「適度」な自己制御について明らかにすることが今後の課題である。 キーワード:自己制御,質問紙法,発達,気質レベル,能力レベル
さらに見せる

18 さらに読み込む

大学院入学試験答案用紙 心理学学位プログラム ( 心理基礎科学 心理臨床学 ) サブプログラム受験番号 番 令和 3 年度 (2 月期 ) 筑波大学大学院人間総合科学学術院人間総合科学研究群博士前期課程 心理学学位プログラム入試問題外国語 答案用紙は 4 枚ある 4 枚中の 1 枚目 (1) 次の英

大学院入学試験答案用紙 心理学学位プログラム ( 心理基礎科学 心理臨床学 ) サブプログラム受験番号 番 令和 3 年度 (2 月期 ) 筑波大学大学院人間総合科学学術院人間総合科学研究群博士前期課程 心理学学位プログラム入試問題外国語 答案用紙は 4 枚ある 4 枚中の 1 枚目 (1) 次の英

大学院入学試験答案用紙 心理学学位プログラム( 心理基礎科学 ・ 心理臨床学 )サブプログラム 受験番号 番 令和 3 年度(2 月期)筑波大学大学院 人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 博士前期課程 心理学学位プログラム 入試問題 専門科目【表紙1枚の他に、答案用紙は6枚ある】6枚中の2枚目 以下の共通問題に解答しなさい。

11 さらに読み込む

Human Developmental Research 2011.Vol.25,13-24 現代青年における友人関係の特徴と心理的適応および学校適応との関連 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 石本雄真 Relations between Characteristics of Peer Relat

Human Developmental Research 2011.Vol.25,13-24 現代青年における友人関係の特徴と心理的適応および学校適応との関連 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 石本雄真 Relations between Characteristics of Peer Relat

高校生 214 名,専門学校生 63 名を対象に質問紙調査を行った。現代青年に特徴的であるとされる友 人関係のあり方として,友人との心理的距離,友人との同調性,友人グループ境界の強固性を測定し た。さらに,自己肯定意識,学校生活享受感を測定した。その結果,友人関係のあり方,および心理 的適応,学校適応についてはほとんど性差がみられなかった。友人関係のあり方については学校段階 による差がみられ,心理的距離は中学生よりも高校生の方が遠いこと,同調性は中学生が他の学校段 階よりも高いこと,グループ境界の強固性は学校段階が上がるにつれて低下することが示された。ま た,学校段階ごとに友人関係のあり方と心理的適応,学校適応との関連について検討したところ,主 に心理的距離とグループ境界の強固性が心理的適応,学校適応と関連しており,心理的距離が遠いほ ど,グループ境界の強固性が強いほど,心理的適応,学校適応が低下することが示された。これらの ことから,友人関係をとらえる際には多面的な指標を用いることが必要であると考えられた。 【キー・ワー ド】友人関係,友人グル ープ,同調性,心 理的距離,友人グルー プ境界の強固 性
さらに見せる

12 さらに読み込む

発達心理学研究 第24巻 第3号

発達心理学研究 第24巻 第3号

5 .本研究によって導き出される臨床的な示唆 本研究で導き出された臨床的な示唆は 2 つある。一 つは TS を有する個人が,日常的に対処への圧力と対処 の限界の間で苦しんでいる可能性についてである。周囲 の人間がこのような状態を理解してチックを気にせずに 接することは,自己対処への圧力を下げることにつなが る。もう一つは,部分的な対処の機能についてである。 自己対処への圧力と対処の限界の間に折り合いをつけて いくために,“部分的な対処”を行っていくことは,両 者が悪循環を引き起こすことを防ぐ大事な機能がある。 そのため,有効性が実証されているチックへの行動療法 (Piacentini et al., 2010)も含め,自分にあったチックへ の自己対処の発見を援助することは重要であると考えら れる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

博士論文 自己愛的甘えの構造に関する研究 神戸大学大学院総合人間科学研究科 人間形成科学専攻発達基礎論講座 稲垣実果

博士論文 自己愛的甘えの構造に関する研究 神戸大学大学院総合人間科学研究科 人間形成科学専攻発達基礎論講座 稲垣実果

求」および過敏性にあたる「自己愛性抑うつ」 「自己愛的憤怒」の5つの下位尺度から構成 されている。このような自己愛の誇大性・過敏性の両者を含んだ自己愛人格尺度と自己愛 的甘え尺度との関連を検討することは,自己愛的甘え尺度が従来の誇大性や自己閉鎖性を 特徴とする自己愛尺度よりも自己愛に関する心理特性を説明するものとして有効であるこ とを示すために必要である。また,「『甘え』が満たされず,甘えたくとも甘えられないが ゆえに,一方的で要求がましい自己愛的要求を伴う『甘え』」であり,人間関係のなかで自 己愛的要求をもつといった関係性のなかでの誇大性である自己愛的甘えは,周囲とうまく 関係をもてないがゆえに自分をもてあましているというような自己中心性でもある。した がって,自己愛的甘えはおそらく自己愛のある種の誇大性を含みつつ,過敏性に近い特徴 を示すと考えられる。さらに,研究1でも述べたように自己愛的甘えの3つの下位尺度の なかでも,誇大的な側面を測っているものと過敏的な側面を測っているものがあるとも考 えられる。
さらに見せる

150 さらに読み込む

0500712,京大総合人間学部広報/広報

0500712,京大総合人間学部広報/広報

経済学部を選んだもうひとつの理由(あるい はこの方がより大きなインパクトをもっていた かもしれないが)は、サークルや先の研究会の 先輩たちからひとりの非常に個性的な先生の存 在を伝聞しており、そのゼミナールへ是非参加 したいという想いがあったからである。現在で もそうであろうが、経済学部というところでは 2 年間どの先生の演習で修養するかが決定的な 重みをもつ。私の恩師に当たるその内海庫一郎 (1912−1994 年)という方は小原国芳時代の成 城学園の出身、京大では蜷川虎三の下で学ばれ た人物であるが、とにかくその考え方や生き方、 博覧強記と洞察力は常人の物指しでは測りえな いスケールの持ち主であった。その教えはそれ までの生意気で生半可な私の態度や考え方を 木っ端微塵に打ち砕いた。しかも、その方はな んと統計学講座の教授であった。経済原論か経 済思想・学説史とは考えていたが、まさか統計 学をやろうなどと思って経済学部を選んだわけ でもない私が、いまなお統計学を勉強している (せざるをえない)所以ではある。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Show all 10000 documents...