版 職 歴 尭 症 の 且 例

全文

(1)

257  

版 職 歴 尭 症 の 且 例  

金沢大学医学部放射線医学敬重(主任 平松教授)  

助 手 張  本  金  治  

J、て小 ノ/・り■∫/ノ  

専攻生 坂    下  保  太  

i▼αβ混まα ぶα如ざろ京≠α  

(昭和29年4月27日 受附)  

‡,緒  

紋端肥大症は眈匿18世紀に報告され,i886年   P.も餌riel)が本症を詳細に研究し脳下垂体と  

密接な関係のあることを報じている.我が国に   ては明治29年柴田望)の報告を囁失とし,年1〜  

Ⅰ軋 症  

患 者:′T・ア・41炭 女 家宿    初 診:昭和28年12月1日    入 院:昭和28年12月14日   

主 訴:頭痛,鎖(特に下顎角〕及び肢職の肥大,  

限瞼の浮陸.   

既往歴:出産正常,この度の発病まで発く健康で   あった。月経は15炭に初潮あり以来38炭蓬咤モ順調   で,38炭の時第10子をノ分娩して以来本年8月迄月経が   なかった.性欲は普通,性病は否定する.   

家族茫:両親,父方組位及び母方蘭父は潤温血に   て死亡,母方祖母は心臓病にて死亡した他特記するも   のはない.   

現病歴:約4年所持に昨年3月頃上り頭痛及び限   瞼における渾陸を訴え,昨年5月頃より窮(特に下顎   角)/及び肢端の肥大に気付いた.昨年3月より本年5   月蓬慢性腎炎といわれ治療を受けたが軽快せず当科外  

来を訪れた.   

規 症:身長153cm,体重 78・5kg,栄養良好に   して骨格達しく筋肉の発育も良く,著明な皮下脂肪の   沈着を郊める.特異な顕現と共に一見男性の感があ  

る.即ち眉間郡,敬骨特に下顎角突出し,口唇厚く,  

鼻は丸妹を得びている.瞳孔の大きさ,対光反射共に   

Eコ1   

2例現在迄約80例発表3トヱ0)されている.著者  

等も本症の1例に接したのでここに報肯するも   のである.  

例   

正博,ロ脛弧びに鼠牙正常である.胸廊ほ頑填で両肩   幅広く鎮静は太い.胸郡打蕗診上著変を認めない.腹   部は皮下脂朋で膨隆するが,肝,脾共に触れない.四   肢は特にその末端部で太く,男性の手足を見る感を呈   する.運動礫能障碍や知覚範肺はない.右膝蓋腱反射   は減退している。血圧130−82mmHg,赤沈1時間値   45mm.   

検査成績  

1.尿 比重1030,ウロビリノ【ゲン陽性の   他iE常.尿排泄量500〜900cc/日.   

乙 一大便 潜血反応陽性の他iE常.   

3.血i夜像 血色素量(ザーリー民法)109%,  

赤血球数570万,白血球数8300,色素係数1・09,  

白血球百分率に異常はない.   

4.梅毒血清反応(−)   

5.脳脊髄液 初庄1001111−1,1・5cc採取して   経庄0.iE常である.   

6.レ線検査  

a)胸部 異常を認めない.  

b)胃路 異常を認めない.  

C)頭部(iE,側面,断暦撮影)下顎の肥  

【l〕   

(2)

258 張 木・坂 下

 大を認める. トルコ鞍は:全体にわたり円味を  帯びて拡大し鞍背は不坦となる。又後去状突  起の萎縮を見る.bc=28。4, ce=24.2, t=

 9.7,T=・11.5mm,(:F.P.D.:75crn)

  d)手足全休として太く,掌骨,蹴骨は梢ぐ  :互に離間し,一部に贅骨形成を認める,

 7.基礎代謝率 18.4%

 8. 血清蛋白  7.959/dL

 9,肝機能検査 モイレングラハト5.高田 反応及びグロス反応共に陰性

 10.心電図 垂直位,正常.

 エ1.脳波 正常.

 12.植物倒懸機能検査 アドレナリン反応

(一).ピ一升ルビン反応G紛.アトロピン反応

(紛.Aschner試験(一).

  13,眼科診断近覗〔右0.6(0.8x−1・5D)左0・6(G・9x−1・OD)〕

及び軽度の覗野の狭窄を認める他眼底その他正

常.

 14.婦人科診断 子宮膣部1嚢燗.

 経:過: 12月22日より問脳内Bに:i連日レ線治 療を試み,15回計2800r(200r×1Lユ50r×4)

照射した.:放射条件は150KV,3.OmA,照射 野の大きさ8×8cm2である.頭痛及び眼瞼の 浮腫は大分浩失したが,患者の事情でレ線治療 を15回で中止せざるを得なかった.

H亙.考  本症は一見して肢端肥大症なることは明らか である.さて肢端肥大症は脳下垂鉢前葉のエオ ヂン嗜好性細胞の機能充進によって惹起される と考えられている.この細胞は門門発育ホルモ ンを分泌するものである.剖検的には脳下垂休 前葉の限局性叉は三二性の増殖が認められ,そ

の多くの場合に腺腫を認め組織学的にはエオヂ ン嗜好性細胞よりなることが多い.叉性機能減 退はエオヂン嗜好性細胞腺腫としてその増殖の ため塩基嗜好性細胞の萎縮を招来し,その結果 性腺機能促進ホルモン分泌を減退乃至消失せし めるか叉は性機能中枢の破壊によって性機能障 碍を起すのであると説明されている。以上の他 脳下垂体前葉は甲駄腺,副腎,上皮小体,膵臓 等の諸内分泌腺に対して促進ホルモンを分泌

し,これらを主宰調節すると信じられ,叉脂肪 新陳代謝,水代謝,及び含水代謝にも関与して

V・る.

 遺伝的関係は認められなV・が,Borchardt 21)

のいえる如く体質的素因が考えられる,しかし 誘因としてシヨソク,外傷,申毒,梅毒等が挙

げられている.本症にては明らかではない,

 年齢的には20〜3G歳が最も多V・とV・われてV・

る.(Mohr u. Staeheli1122),藤本3))性別に関 して本邦では藤本が男:女二2:1といってい

る.

 主要症欺は

 1)肢端の肥大及びその他の骨の肥大  2)内分泌障碍

 3)覗力障碍

 4)トルコ鞍の風船朕拡大

 である.即ち肢端肥大,疹痛就中頭痛,覗力 障碍,糖尿病症歌,月経異常,性欲減退,感覚 異常,全身倦怠等を訴える.

 合併症として糖尿病が最も多く,Hansemanl〕

23)1296,Borchardt 21)40%,Davidofl a. CushiD9 24)25%,Mohr u。 Staehelln 22)10〜20%,藤本 3)3096の報告がある。

 治療として初期に胎V・てはエオヂン嗜好性細 胞腺腫がレ線感受性が大である故,レ線治療は 多くの症例に好結果を齎す.覗力障碍の進行が ある場合には手術の適応である.

IV.結 著者等は41歳家婦にて頭痛,顔(特に下顎

角)及び肢端の肥大,限瞼の浮腫を訴え,肢端

〔 2 】

(3)

張木・坂下論文附圖

Fig・  1.  U「Pper body of pa,tiellt. Fiα.  2.  Hands.

 b

r

 讐  藩  せ  蕪  嚢  繋  騰  き  泌

撰 駅 灘  、

澱 高.

 ㌻睡ン   P!

  試 ほ

Fiσ. 3. Feet.

 b Fig. 4. Sagittal projection.

熱源弩 鱒

7

L

(4)

張木・坂下論文附圖

Fig.  5.  Frolital projection.

、謹

Fig. 6. SeUa  turcicεし.

.舞

 簿

:Fig. 7. Hands.

R

Fig. 8. Feet.

 アあくド

熊襲

R

、」

(5)

肢端肥大症の1例 259

肥大症と診断し,

し:た.

レ線治療を試みた1例を報告  稿を終るに臨み御懇篤なる御指導と御校閲を賜わり ました恩師李松教授に対し衷心より謝意を表します.

主 要 文 献

1) Marie, P : Brain, 12 : 59, 1890

2)柴田:東京医学会雑誌,鱒:105,明29.

3)藤本: 日本内分泌学会雑誌,23:79,昭23・

4)片山:臨駄医学,28:241,昭15.

5)名尾:/内科及び小児科,2:62・昭17・

6)佐藤 : 皮膚科性病科雑誌,5玉:86,昭17.

7)勝木・望月=実地医家と臨床,2D:355,昭 18.  8)森沢:長崎医学会雑誌,22:782,

昭19.   9)宮田。森川: 病理学雑誌,3:

74,昭19.   10)佐々3最近医学,331,

昭23.  11)寺島・池加美:博愛医学,3:

54,昭25.    1勾河本。景井:臨黙眼科,

4:1402,昭25.    13)桂:診断と治療,

39:31,昭26.   14)高田:博愛医学,4:

72,昭26.  15)井上:眼科臨床医報,45:

707フ昭26.   16)岩谷・武重:信州医学 雑誌,玉:88,昭27.   17)癒山:扱済会 医学雑誌,2:20,昭27.  18)高橋・須藤i:

日本内科学会雑i誌,40:60,昭27.  19)松 尾。原:日本内科学会雑誌,40:130,昭27・

20)高洲・坂本:和歌山医学,1:54,昭25.

21)Borchardt, L.3Zeitschr. f. kliD. Med.

66 :332ン 1908.       22)M[ohr, L. u.

S伽hehn, R.311andb. d. inh. Med・(III)

IV AuHage21953.一@ 23)Hansemann, D・3 8erL klln. Wschr.34:417,1897.  24)

1)avido廷, L. M:. a. Cnshing, H・: Arch・

int. med.39=751,1927.

【 3 】

Updating...

参照

関連した話題 :