• 検索結果がありません。

教育セミナー 「若手医師のための勉強会」

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "教育セミナー 「若手医師のための勉強会」"

Copied!
1
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

2 日本小児循環器学会雑誌 第21巻 第 6 号  第41回日本小児循環器学会総会・学術集会の 3 日目に,2004年に引き続き,学術委員会主催による第 2 回目の教 育セミナー「若手医師のための勉強会」を開催することができました.2005年度の学会会長である石澤瞭先生のご好 意により,300席収容の広い会場をご用意いただき,多くの参加者を得て,盛会裏に終了することができました.こ の誌面をお借りしまして,関係各位に心より御礼申し上げる次第です.

 2005年度は,まず小児循環器領域の日常診療をするうえで必要である分子遺伝学を取り上げ,上砂光裕先生に「小 児循環器領域における分子遺伝学」と題して,講演していただきました.大変遠大なタイトルにもかかわらず,基本 的なことから臨床におよぶ多岐にわたる内容を,短時間に,かつ分かりやすく解説してくださいました.今後,遺 伝子診断の重要性はますます拡大することが予想され,この講演が遺伝子診断を進めるにあたっての道標となるこ とが期待されます.

 次に,2004年のファロー四徴症に引き続き,2005年度は,臨床の現場で比較的よく経験する完全大血管転位症

(TGA)を取り上げ,内科より総崎直樹先生に,また,外科より麻生俊英先生にご講演いただきました.

 総崎先生は早期診断と適切な術前管理の重要性を強調されていました.特に,胎児期からTGAの診断が可能となっ てきたことにより,母体搬送による安全な児の娩出,さらに,出生後の速やかで的確な治療が行われるようになっ てきた現状をお話しくださいました.また,TGAの内科管理は常に外科治療を前提に行われなくてはならず,可能 な限り,患児にとって良い時期に,良い状態で外科医にバトンタッチすることが重要であると結んでいらっしゃい ました.

 次に,外科の立場から麻生先生がご講演くださいました.麻生先生は,動脈スイッチ術で一番重要なのは冠動脈 移植であることを強調され,最近の国内外での冠動脈移植術式,およびその成績をお示しになりました.また,動 脈スイッチ手術は,若手の外科医にとって優秀な小児心臓血管外科医になるために目標とすべき一つの到達点であ ることを強調されました.お二方のお話の中で,診断に用いる冠動脈のパターン分類に違いが認められました.総 崎先生は,煩雑ではあるとしながらもShaher分類を推奨されましたが,麻生先生はPlancheの分類が簡便で,外科手 技上の問題点をよく整理した分類であると話されました.今後,この問題は内科医と外科医との間で論議されなく てはならないと思われます.

 さらに,麻生先生は若手小児循環器外科医師のトレーニングについても言及されました.トレーニングには数が 必要であり,症例数が少なく技術の習得に時間のかかる動脈スイッチ手術のような困難な手術では,各施設で年間 少数例を手術していても仕方がなく,むしろ症例を 1 カ所に集めて技術を短期間に修得させ,“learning curve’’をよ り短くさせることが重要ではないかと訴えていらっしゃいました.今後,わが国において真剣に討議されなくては ならない極めて重要な問題の提起であると思われます.

 約 2 時間にわたり 3 人の先生方にご講演をいただきました.ここにその内容をそれぞれの演者の方々におまとめ いただきました.2004年の教育講演に引き続く講演集です.毎年の講演集をまとめていかれれば,up to dateな内容 満載のサブテキストとなることと思います.

PEDIATRIC CARDIOLOGY and CARDIAC SURGERY VOL. 21 NO. 6 (618–644)

別刷請求先:〒113-8603 東京都文京区千駄木 1-1-5 日本医科大学付属病院小児科 小川 俊一

特  集

小川 俊一,佐地  勉

日本小児循環器学会学術委員会

前置き

教育セミナー 「若手医師のための勉強会」

参照

関連したドキュメント

4) American Diabetes Association : Diabetes Care 43(Suppl. 1):

10) Takaya Y, et al : Impact of cardiac rehabilitation on renal function in patients with and without chronic kidney disease after acute myocardial infarction. Circ J 78 :

38) Comi G, et al : European/Canadian multicenter, double-blind, randomized, placebo-controlled study of the effects of glatiramer acetate on magnetic resonance imaging-measured

The Development and the Using of Web Site for Supporting the Students to Assist in the Classes 加藤 隆弘 松能 誠仁 松原 道男.. Takahiro KATO Nobuhito MATSUNO

健康人の基本的条件として,快食,快眠ならび に快便の三原則が必須と言われている.しかし

 我が国における肝硬変の原因としては,C型 やB型といった肝炎ウイルスによるものが最も 多い(図

いメタボリックシンドロームや 2 型糖尿病への 有用性も期待される.ペマフィブラートは他の

低Ca血症を改善し,それに伴うテタニー等の症 状が出現しない程度に維持することである.目 標としては,血清Caを 7.8~8.5 mg/ml程度 2) , 尿 中Ca/尿 中Cr比 を 0.3 以 下 1,8)