Service Pack6 インストール

ドキュメント内 ScIII_Trm_J_03.book (Page 120-123)

インストール インストール インストール

Service Pack6

のインストールは、以下の手順で行います。

1. Backup

¥Wntsp6¥

Sp6i386.exe

を実行します。

2.

セットアップウィザードが起動し、「ようこそ」ダイアログが表示されます。追加使用許諾 契約書の内容を確認し、同意する場合は

[

同意する

]

を選択し

[

インストール

]

ボタンを押 します。

3.

セットアップが完了すると、再起動を確認するダイアログが表示されます。[再起動]ボタ ンを押し、システムを再起動します。

ネットワーク ネットワーク ネットワーク

ネットワークの の の設定 の 設定 設定 設定

ネットワークドライバのインストールは、以下の手順で行います。

1. Backup

Network

Pront4.exe

を実行します。

2. License Agreement

ダイアログが表示されます。内容を確認し、同意する場合は

”I accept

the terms in the license agreement.”

を選択し、

[Next]

ボタンを押します。

3. Location to Save Files

ダイアログが表示されます。保存先のフォルダを指定し、

[Next]

ボ タンを押します。デフォルトでは

C:

IntelPRO

¥が指定されています。

4.

画面のメッセージに従ってインストールをします。

5.

次のダイアログが表示されます。

[Restart now]

ボタンを押すと、システムが再起動しま す。

注意 注意 注意 注意

❑ ネットワークネットワークをネットワークネットワークをををインストールインストールインストール後インストール後後後、、、、必必必ず必ずずずService Packをををを再再再インストール再インストールインストールインストールしてくださいしてくださいしてくださいしてください。。。。

HDD HDD HDD

HDD 動作時間 動作時間の 動作時間 動作時間 の の設定 の 設定 設定 設定

HDD

のモータ制御は

OS

では行わず、BIOSで行います。詳しくは

5-1

ページをご覧ください。

Windows NT アプリケーション アプリケーション アプリケーション アプリケーションの の の の追加 追加 追加 追加

Windows NT

のアプリケーションを追加する場合、C:\I386ディレクトリを指定します。

このディレクトリには、Windows NT OPK CD-ROMの \I386をバックアップしてあります。

ドライバ ドライバ ドライバ

ドライバの の の追加 の 追加 追加・ 追加 ・ ・変更 ・ 変更 変更 変更

ドライバの変更または追加を行う際に、Windows NT標準のドライバを指定した場合、読み込 み先ディレクトリとして

A:\drvlib\xxxx

ディレクトリが指定される場合があります。この場合 は、ディレクトリを

C:\drvlib\xxxx

に変更すると、ハードディスク内のバックアップディレク トリからドライバファイルを読み込むことができます。

サポート サポート サポート サポート情報 情報 情報 情報

デスクトップ上の「マイコンピュータ」アイコンを選択し、右クリックしてプルダウンメ ニューより「プロパティ」を選択すると、「システムのプロパティ」が表示されます。

「サポート情報」ボタンをクリックすると、お問い合わせ先の情報が表示されます。

OS

ドキュメント内 ScIII_Trm_J_03.book (Page 120-123)