PCIPCIPCI

ドキュメント内 ScIII_Trm_J_03.book (Page 84-90)

PCI

セットアップ セットアップ セットアップ セットアップ手順 手順 手順 手順

1.

左側のサイドカバーを下にスライドさせて、外します。

2.

サイドパネルをとめている

2

本のネジを外し、上に持ち上げながら手前に引いて外します

3. PCI

スロットカバーをとめているネジを外し、

PCI

スロットカバーを取り外します。取り

外したネジは、後で

PCI

ボードを固定するために使用します。

PCI

スロットカバーは、保 管しておいてください。

4. PCI

ボードを差し込みます。ボードはしっかり最後まで差し込んでください。ボードが入

りにくい場合は、無理に押し込まず、いったん抜いてからやり直してください。

5.

手順

3

で外したネジで

PCI

ボードを固定します。

6.

サイドパネルを取り付け、

2

本のネジで固定します。

7.

サイドカバーを取り付けます。

マウス マウス マウス

マウス //// キーボード キーボード キーボード キーボードの の の の取 取 取 取り り り り付 付 付 付け け け け

マウスおよびキーボードは、

SASPORT cubieIII

のキーボード

/

マウスコネクタに接続します。

マウスとキーボードを両方取り付ける場合は、オプションの

DM-A100

(キーボード

/

マウス 分岐ケーブル)が必要です。

注記 注記 注記 注記 :

キーボード

/

マウス分岐ケーブルを使用する場合、「

K

」と表示されている方にマウスを接続 し、「

M

」と表示されている方にキーボードを接続してください。

キーボード/マウスコネクタ

K表示コネクタ

M表示コネクタ

キャッシュドロワ キャッシュドロワ キャッシュドロワ

キャッシュドロワの の の取 の 取 取り 取 り り付 り 付 付け 付 け け け

キャッシュドロワの制御は専用プリンタユニットを経由して行われます。専用プリンタユニッ トが接続されていない場合は、

SASPORT cubieIII

DKD

コネクタから、キャッシュドロワを 制御することはできません。

キャッシュドロワ用シリアルポートとして、デフォルトでは

COM3

が割り当てられています。

(

専用プリンタユニット、カスタマディスプレイも同じポートです。

) 作業 作業 作業

作業の の の流 の 流 流 流れ れ れ れ

1.

専用プリンタユニット使用時にはキャッシュドロワを

SASPORT cubieIII

DKD

コネクタ に接続します。専用プリンタユニットを使わないときは、

TM

プリンタに接続します。

2. SASPORT cubieIII

の電源をオンにし、デバイス自己診断ユーティリティを起動します。

3.

デバイス自己診断ユーティリティを使用して、キャッシュドロワに関する設定を行います。

4.

デバイス自己診断ユーティリティを使用して、キャッシュドロワが正しく接続され、動作 することを確認します。

注記 注記 注記 注記 :

この時、キャッシュドロワのキーをアンロック状態にしておいてください。

5.

キャッシュドロワを使用できるようになります。

セットアップ セットアップ セットアップ セットアップ手順 手順 手順 手順

キャッシュドロワをセットアップする場合は、以下のいずれかの方法で行います。

アンロック状態

(通常使用位置) 手動オープン位置

ロック状態

専用プリンタユニット使用時

専用プリンタが取り付けられている場合、

SASPORT cubieIII

DKD

コネクタにキャッシュド ロワのコネクタを接続してください。

TM プリンタ使用時

TM

プリンタが接続されている場合、

TM

プリンタの

DKD

コネクタにキャッシュドロワのコネ クタを接続してください。

注意 注意 注意 注意

DKD DKD DKD DKD

コネクタコネクタコネクタコネクタにににに電話回線電話回線電話回線電話回線をををを接続接続接続接続しないでくださいしないでくださいしないでくださいしないでください。。。。

デバイス デバイス デバイス

デバイス自己診断 自己診断 自己診断ユーティリティ 自己診断 ユーティリティ ユーティリティ ユーティリティ

デバイス自己診断ユーティリティを使用して、キャッシュドロワに関する設定を行うことがで きます。また、キャッシュドロワが正しく接続されているか動作確認をすることができます。

SASPORT cubieIII

の電源をオンにし、

POST

Power On Self Test

)処理画面表示中に

F10

キー を押すと、デバイス自己診断ユーティリティが表示されます。

TM/Drawer

領域 :キャッシュドロワのステータスを確認します。

Setup

メニュー :

Drawer kick out

テストを実行するためのパスワードの設定、およ

びキャッシュドロワをオープンするための電圧信号の長さを設定 します。

Device Tests

メニュー :

Drawer kick out

を実行すると、キャッシュドロワの動作確認がで きます。

ドロワオープンの時間は

50

500ms

にしてください。

注意 注意 注意 注意

❏ ドロワオープンドロワオープンドロワオープンドロワオープンののの時間の時間時間時間はははは

500ms 500ms 500ms 500ms

以上以上に以上以上ににに設定設定設定設定しないでくださいしないでくださいしないでくださいしないでください。。。。機能不良機能不良機能不良となることがありま機能不良となることがありまとなることがありまとなることがありま す

す す

す。。。。またまたまたまた、、、、動作後次動作後次動作後次動作後次のののの動作動作動作動作までまでまでまで

1 1 1 1

秒以上秒以上秒以上秒以上のののの間隔間隔間隔間隔ををを開を開開開けてくださいけてくださいけてくださいけてください。。。。

DKDコネクタ

電源 電源 電源

電源ケーブル ケーブル ケーブルの ケーブル の の取 の 取 取り 取 り り付 り 付 付け 付 け け け

SASPORT cubieIII

に取り付ける電源ケーブルは、必ず指定されている電源ケーブルを使用して

ください。

注意 注意 注意 注意

❏ぬれたぬれた手ぬれたぬれた手手手ででで電源で電源電源電源ケーブルケーブルケーブルケーブルのののの抜抜抜き抜ききき差差差差しをしないでくださいしをしないでくださいしをしないでくださいしをしないでください。。。。 感電するおそれがあります。

❏電源電源ケーブル電源電源ケーブルケーブルケーブルのたこのたこのたこのたこ足足足足はははは緯線緯線緯線緯線はしないでくださいはしないでくださいはしないでくださいはしないでください。。。。 発熱し、火災の原因となることがあります。

❏電源電源プラグ電源電源プラグプラグプラグににににホコリホコリホコリホコリなどのなどのなどのなどの異物異物異物が異物ががが付付付付いたままいたままいたまま、いたまま、、差、差差差しししし込込込込まないでくださいまないでくださいまないでください。まないでください。。。 火災の原因となることがあります。

❏電源電源プラグ電源電源プラグプラグプラグはははは根元根元根元根元までまでまで確実まで確実確実確実ににに差に差差差しししし込込込込んでくださいんでくださいんでください。んでください。。。 発熱し、火災の原因となることがあります。

❏電源電源プラグ電源電源プラグプラグプラグはははは、、、、定期的定期的定期的定期的ににににコンセントコンセントコンセントコンセントからからからから抜抜抜抜いていていていて刃刃刃の刃ののの根元根元根元根元、、、および、およびおよび刃および刃刃刃ととと刃と刃刃刃のののの間間間間ををを清掃を清掃清掃清掃してくださしてくださしてくださしてくださ い

い い い。。。。

電源プラグを長期間コンセントに差したままにしておくと、電源プラグの刃の根元にホコ リガ付着し、ショートして火災の原因となる恐れがあります。

セットアップ セットアップ セットアップ セットアップ手順 手順 手順 手順

電源ケーブルは、以下の手順で取り付けてください。

1.

背面カバーのネジを緩め、背面カバーの上の部分を倒すように引っ張りながら、背面カ バーを外します。

2.

電源ケーブルを接続します。

AC

アウトレット用の電源ケーブルも接続することができま す。

3.

背面カバーを取り付け、ネジで固定します。

ACインレット ACアウトレット

ドキュメント内 ScIII_Trm_J_03.book (Page 84-90)