• 検索結果がありません。

生活環境の整備

ドキュメント内 浦安市障害福祉計画(素案) (ページ 97-101)

 

(1)歩行空間・建築物の整備 

 

  現状と課題のまとめ    

 

障害者が地域の中で安心して生活し、市民の1人として「社会参加」していく ためには、生活の妨げとなるまちの中のバリアを取り除くこと、つまり「障害者 をはじめすべての市民が外出しやすいまちにすること」が大切な条件です。 

これらの課題を対象別に大きく分けてみると、道路や公園などの都市基盤の整 備、公共的建物を中心とした建築物の整備、公共的な交通機関の整備の3つに分 かれることがわかります。 

国は、平成6年に「ハートビル法(通称)」を制定し、また、県は平成8年に

「千葉県福祉のまちづくり条例」を制定しました。さらに、国が平成 12 年に制 定した「交通バリアフリー法(通称)」に基づく「交通バリアフリー基本構想」

を、本市において平成 16 年に策定しました。 

これらはいずれも、高齢者や障害者をはじめすべての人が安心して生活し、自 由に行動し、平等に参加できるような社会づくりをめざすもので、特に高齢者や 障害者等が安全かつ快適に利用しやすい施設の整備について、取り決めがなされ ています。 

本市では従来から道路等の都市基盤や公共的建築物の整備を進めてきました が、「人(市民)にやさしいまち」、「ユニバーサルデザインのまち」という観点 から見ると、まだまだ多くの課題が残されています。今後も幹線道路の歩道と車 道の段差の解消、視覚障害者用誘導ブロック(点字ブロック)の設置などの事業 を、「新バリアフリー法」、「千葉県福祉のまちづくり条例」やそれに基づく「基 本構想」で定められた内容に従って推進していく必要があります。 

 

  具体的な施策    

 

①  「足もとからの都市づくり」の推進 

○ 道路、公園、公共的施設及びその周辺等の都市空間の環境を総点検し、高齢 者、障害者を含めた「市民にとってやさしいまち」をめざしての環境改善を 図ります。 

○ 平成 15 年度末策定の「交通バリアフリー法に基づく基本構想」の中で「重 点整備地区」とされる新浦安駅周辺地区を中心に、バリアフリー事業を推進 します。 

 

②  幹線道路等の整備 

○ 国道、県道、市道の切り下げ部の是正および電柱の移設等について働きかけ ます。 

○ 「交通バリアフリー法に基づく基本構想」中に定める「特定経路」に対する バリアフリー化の道路整備事業を主要課題として捉えていきます。 

○ 幹線道路の橋梁付近の急勾配の解消を図ります。 

 

③  道路環境・交通安全施設の整備 

○ 自転車駐輪場の整備に努めるとともに、放置自転車の撤去移送回数を増やし、

撤去の強化を図ります。 

○ 音響信号等の設置について、必要に応じ公安委員会に要望し、障害者にやさ しい交通安全施設の整備に努めます。 

 

④  交通拠点の整備 

○ 「交通バリアフリー法に基づく基本構想」と連携を図りながら、鉄道駅、バ ス停留 所等の 歩行 空 間とし てのバ リア フ リー化 を交通 事業 者 に働き かけて いきます。 

○ 鉄道駅、バス停留所等での障害者対応のコミュニケーション設備(点字案内 板、音声発生装置等)の整備を交通事業者に働きかけていきます。 

 

⑤  公園等オープンスペースの整備 

○ 公園について、入り口の段差の解消、車止め問題の解決、障害者用トイレの 設置等の整備に努めます。 

○ 海岸、河川の護岸の整備において、スロープ、手すり等の設置について、県 に働きかけていきます。

 

(2)移動・交通手段の整備 

 

  現状と課題のまとめ    

 

「障害者にとって外出しやすいまち」であるためには、(1)[前項]と並んで

「移動・交通手段の整備」が欠かせない条件です。特に視覚障害者、肢体不自由者 をはじめとする身体障害者にとっては、切実な課題となります。 

本市では、障害者や高齢者がデイサービスセンターに通うための専用バスを運 行しています。また、車いすの貸出し、リフト付きワゴン車・普通乗用車の貸出 しなどを行っています。さらに、障害者の自動車運転免許取得の助成・自動車改 造費用の助成、移動支援事業、福祉タクシー事業、バス回数乗車券の支給等も行っ ています。 

今後もこれらの事業・施策を継続、あるいは充実していく必要があります。 

 

  具体的な施策    

 

①  福祉的バス等の運行の充実 

○ 停留所等の検討を含め、デイサービス用バスの運行を充実します。 

 

②  福祉バス・乗用車の貸出し事業の充実 

○ 障害者対応のバス『スマイル号』、リフト付きワゴン車、スロープ付き普通 乗用車等の貸出し事業の充実を図ります。 

        ○ 運転者についても依頼したいという要望に応えるため、ワゴン車及び普通乗  用車等について、車の貸し出しのみではなく、移送サービスの実施を検討し  ていきます。 

 

③  自動車運転免許取得費用、自動車改造費用等の助成の充実 

○ 肢体不自由者を中心にした身体障害者個人の自由な移動手段の確保のため、

運転免許取得費用、自動車改造費用等の助成の充実を図ります。具体的には 障害者自立支援法の地域生活支援事業として継続を図ります。 

 

④  視覚障害者向け移動サービスの充実 

○   障害者自立支援法の指定事業者との連携を図り、移動支援事業の充実を図 ります。 

 

⑤  公共的交通機関の福祉的対応の促進 

○   福祉タクシー事業の充実を助成事業とともに継続していきます。 

○   市内を運行している路線バスの回数乗車券を支給し、移動支援および経済 的負担の軽減を図ります。 

○   バス事業者に、低床バス導入を促します。 

○   バス事業者に、バスの行き先の車外放送の実現等、コミュニケーション設 備の充実を促します。 

○   鉄道事業者に、電車内の電光掲示板設置、きめの細かい車内アナウンス等、

コミュニケーション設備・機能の充実を促します。

○   低床バス(ノンステップ)を使用した『おさんぽバス』において、障害者 や高齢者の外出支援を継続します。 

 

(3)住宅環境の整備 

 

  現状と課題のまとめ    

 

障害者が身近な地域の中で生活するためには、まず「住まい」が確保・保障さ れねばなりません。また、障害者ができるだけ自立した生活を送るためには、障 害の種類や程度に対応した住宅の「質」が求められます。 

本市では住宅改造費用や住み替え家賃等の助成制度を設けています。 

しかし、制度の周知が必ずしも十分でない可能性がありますので、周知の徹底 に取り組む必要があります。 

また、市営住宅の整備にあたっては、車椅子対応の部屋を確保するなど、障害 者に配慮した住宅を整備しているほか、市営住宅の募集の際には、障害者世帯の 入居に対し優遇措置を行っています。また、障害者団体が生活ホーム、グループ ホーム等を開設する際には、できる限りの支援を行う予定です。 

   

  具体的な施策    

 

①  住宅関係助成制度の充実 

○ 住宅改造費用の助成制度の充実を図るとともに、ニーズに沿った住宅の改修 ができるよう、必要に応じて各専門スタッフとの連携を図ります。 

 

ドキュメント内 浦安市障害福祉計画(素案) (ページ 97-101)