• 検索結果がありません。

浦安市障害福祉計画(素案)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2018

シェア "浦安市障害福祉計画(素案)"

Copied!
116
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

浦安市障害福祉計画(素案)

平成18年度∼20年度(第1期)

平成18年11月

(2)

計画の見直しの背景及び趣旨

計画の位置づけと期間

計画の基本理念とキャッチフレーズ

計画の見直しの視点と方法

(3)

計画の見直しの背景及び趣旨

「完全参加と平等」をテーマとする「国際障害者年」(昭和 56 年)を契機に障 害者施策のあり方は大きく変化し、新たな取り組みが進められてきています。

国は、平成5年3月に『障害者対策に関する新長期計画一全員参加の社会づく りをめざして−』を策定、同年 12 月には「心身障害者対策基本法」を全面改正 し、「障害者基本法」として公布しました。また、平成7年 12 月には『障害者プ ラン∼ノーマライゼーション7か年戦略∼』を策定し、新長期計画の重点施策の 具体的数値目標を明示して、積極的に施策の展開を進めてきました。

県においては、平成 16 年7月8日にそれまでの『千葉県障害者施策新長期計 画−全員参加の社会づくりをめざして−』を引き継ぐ『第三次千葉県障害者計画 ∼誰もがその人らしく地域で暮らすために∼』を策定し、『千葉県地域福祉支援 計画』が提唱する 誰もが、 ありのままに・その人らしく、 地域で暮らすこ とができる「新たな地域福祉像」との整合性を図りながら、障害福祉サービスの みならず雇用、教育など県政の幅広い分野にわたって様々な施策・事業が盛り込 まれています。

本市においても、このような動向を受け、障害者の実態やニーズの把握に努め、 障害者施策を総合的・計画的に推進することを目的に平成 10 年3月『浦安市障害 者福祉計画』を策定し、在宅福祉サービスや施設サービスなどの充実、社会参加 の促進等、さまざまな施策を推進して、障害者福祉の向上を図ってきました。

しかし、近年の本市においても障害者数が増加していくなかで、障害の重度化 及び多様化、本人および介護者の高齢化、また、障害のある高齢者の増加の傾向 がいちだんと進むなど、障害者を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。

また、平成 12 年度から「介護保険制度」が実施され、同 15 年度からは社会福 祉基礎構造改革の一環として、県や市町村が福祉サービスの内容・サービスを行 う事業者や施設を決定するこれまでの「措置制度」に替えて、障害者自身が希望 するサービスおよびそれを提供する事業者や施設を選択し、契約に基づいてサー ビスを利用する「支援費制度」が始まるという大きな制度改革が行われ、加えて 前述の国の『障害者基本計画』が改定され(平成 14 年 12 月)、県の障害者計画 についても1年前倒しでの改定作業が開始されるなど、障害者福祉は大きな転換 期を迎えています。

(4)

安市障害者福祉計画 みんなが自立し、その人らしく生き生きと、安心して快適 に共に暮らせるまちをめざして』を平成 16 年3月に策定したところです。

しかし、社会福祉基礎構造改革は今日も続いており、障害者福祉の制度改革 も実施されています。平成 18 年4月に障害者自立支援法が施行されました。こ れにより、身体・知的・精神と障害別の制度体系で実施されてきた支援を画一 化して展開していくこと、障害者がより働きやすくなるよう就労支援を強化し ていくこと、入所施設利用者や病院に入院中の障害者の地域生活移行を推進し ていくことなど、従来の支援費制度を始めとする障害者支援を大きく改革する 内容になっています。

障害者自立支援法に基づく支援は、平成 18 年 10 月から本格的に開始され、 平成 23 年度までに現行制度から移行し、その円滑的な移行と計画的な実行をす るための「障害福祉計画」を平成 18 年度中に策定することとなっています。

(5)

< 障害者施策のおもな流れ(∼平成 17 年) >

世界では わが国では 千葉県では

昭 56 1981

国際障害者年 テーマ「完全参加と平 等」

57 1982

第 37 回国連総会「障害者に関する世 界行動計画」採択

「障害者対策に関する長期計画」策定「千葉県障害者施策長期推進計画」策 定

58 1983

「国連・障害者の 10 年」開始年

平 2 1990

福祉関係8法改正

4 1992

「国連・障害者の 10 年」最終年 ESCAP「アジア太平洋障害者の十 年」(1993∼2002 年)行動課題決定

5 1993

「アジア太平洋障害者の十年」開始年「障害者対策に関する新長期計画∼ 全員参加の社会づくりをめざして∼」策 定

「障害者基本法」公布

12 月9日を「障害者の日」とする 6 1994

ハートビル法(※ 通称)成立

7 1995

「精神保健法」から「精神保健および精 神障害者福祉に関する法律」へ改正

「千葉県障害者施策新長期計画」制定

「障害者プラン∼ノーマライゼイション7 か年戦略∼」策定

8 1996 9 1997

介護保険関連三法案成立

10 1998

「社会福祉基礎構造改革について」 (中間まとめ)

11 1999

「精神保健および精神障害者福祉に 関する法律等の一部を改正する法律」 の公布

成年後見制度関連4法の成立

12 2000

介護保険開始

交通バリアフリー法(※ 通称)成立 「社会福祉の増進のための社会社会 福祉事業法等の一部を改正する法律」 の公布

14 2002

「アジア太平洋障害者の十年」最終年精神障害者居宅生活支援事業の市町 村移譲

E S C AP 第 58 回総会「アジア太平洋障 害者の十年」10 年延長及び政府間ハ イレベル会合開催決定

「障害者基本計画」及び「重点施策実 施5か年計画」策定

滋賀県大津市にて政府間ハイレベル 会合開催

次期十年(2003- 2012)の行動計画「び わこミレニアム・フレイムワーク」採択

15 2003

支援費制度施行

16 2003

12月9日の「障害者の日」が「障害者 週間」(12月3∼9日)に改正

(6)

県 国

障害者基本計画(計画期間:平成15∼24年度)

重点施策実施5か年計画(計画期間:平成15∼19年度)

第三次千葉県障害者計画(計画期間:平成16∼20年度) ∼誰もがその人らしく地域で暮らすために∼

 「浦安市総合振興計画」

 (計画期間:平成13∼22年)

○浦安市高齢者保健福祉計画・   第3期介護保険事業計画 ○健康うらやす21計画 等 連携

浦安市障害者福祉計画

<一体的に策定>

○ 障害福祉計画(障害者自立支援法)

 自立支援給付及び地域生活支援事業を主とした障害福祉 サービス整備などの計画

○ 障害者計画(障害者基本法)

 全ての障害者を対象とした保健福祉医療等の事業・行政 サービス全般に関する総合的な計画

浦安市障害者福祉計画

計画の位置づけと期間

(1)計画の法的位置づけ

◆ 本計画は、障害者基本法第7条の2第3項に基づく「市町村障害者計画」及び 障害者自立支援法第 88 条に基づく「市町村障害福祉計画」として策定したもの です。

◆ 国 お よ び 県 そ れ ぞ れ が 策 定 し た 関 連 計 画 や 、 市 が 策 定 し た 各 種 計 画 等 と の 整 合・連携を図ります。

◆ 『浦安市総合計画』の部門計画として策定します。

◆ 市が取り組むべき今後の障害者施策の基本方向を定めた総合的な計画であり、 同時に、関係企業・各種団体などが自主的かつ積極的な活動を行うための指針と なるものです。

<障害者計画と障害福祉計画の位置関係>

(7)

(2)計画の期間

『浦安市障害者福祉計画』の計画期間は、平成 10 年度(1998 年度)からおお むね 10 年間となっています。

「前期」は平成 14 年度(2002 年度)まででしたが、精神保健福祉事務の市町村 への委譲や支援費制度の導入等の障害福祉を取り巻く環境の変化などにより、中 間的見直しを1年繰り下げ、平成 15 年度を見直しの時期とし、「後期」は平成 16 年度(2004 年度)からのおおむね5年間となっています。

さらに障害者自立支援法の施行により「市町村障害福祉計画」は、平成 23 年 度を目標年次とする計画とし、18∼20 年度を1期として計画を見直しを行うこと が義務づけられていることから、平成 23 年度までとなります。

『浦安市障害福祉計画』 平成 18∼23 年度(計画の見直しは平成 20 年度)

(8)

計画の基本的理念とキャッチフレーズ

従来、障害のある人も一人の人間としてそれぞれ個性を持っており、障害のな い人と共に社会の中で互いに助け合って生きる存在である、という当然の認識が 忘れられていました。しかし、国際障害者年を機に、障害者も尊厳を持った一人 の人間として等しく主体性・自立性を確保し、あらゆる分野の活動に積極的に参 加できるよう、「ノーマライゼーション」(障害者が地域の中で普通に生活できる 社会の実現)と「リハビリテーション」(障害者の全人間的復権の実現)という 2つの理念の推進が打ち出され、全地球的に障害者施策が進められてきました。 わが国においても、この十数年、制度的な枠組みを中心として徐々にこの2つの 理念の達成に向けて努力を重ねてきました。しかし、その完全な実現までには、 まだ道のりは達いというのが現実です。

浦安市では、「障害者施策全般の基本になるものは、『理解』である」ととらえ ています。国連が掲げた「障害者の『完全参加と平等』」という究極の目標を本 当の意味で達成 するに は、障害のある 人とな い人が共に生き ること を通じて、障 害や障害者への理解を深めていくしかありません。そのために、できる限り交流 や啓発を図ることとともに、これから社会をつくっていく子どもたちの意識形成 に力を注いでいくことが大切だと考えます。障害者施策は幅広いメニューが要求 されますが、基本の大きな推進力となるものは、「障害者への思いやり、障害への 理解」です。

また、近年の社会福祉基礎構造改革の中で、例えば「知的障害者福祉法」を見 ても、その目的が「知的障害者の『更生を援助する』から『自立と社会経済活動 への参加を促進する』」と改められるとともにデイサービス事業や相談援助事業 が法定化されるなど、「地域の福祉力」を高めることに主眼が置かれるようにな っています。『第三次千葉県障害者計画』における理念においても「誰もが、あ りのままに・その人らしく、地域で暮らすことができる『新たな地域福祉像』を 実現する」と掲げられているように、障害があっても地域の中で自分らしく暮ら す「ノーマライゼーション」の理念をより具体的に推し進めるための中長期的な 方向性と施策展開が考えられています。

(9)

り、実現していくことを最大の特徴とします。

(10)

計画の見直しの視点と方法

(1)計画見直しの視点

本計画見直しにあたっての基本的視点としては、次の3点が挙げられます。

① 障害者の現状および障害者福祉施策に関するニーズと意見の把握

見直しにあたって、まず、障害者とそれを取り巻く生活環境の現状の把握を行 います。また、障害者自身とその家族等のニーズや意見を聴くことが最も大切な 出発点であると考えます。

② 国・県との整合および市の障害福祉等に関する施策の現在の課題の把握

本市においては、国や県の施策や計画との整合性を図りながら、さまざまな障 害者福祉等の施策を実施しています。また、その内容は市の施策のほとんどすべ ての分野に関係しています。

このたび国が障害者自立支援法を成立させたことを受け、それにともなう新し い障害福祉サービス等の計画内容を詳細に検討して他計画との整合・連携を図る とともに、市の障害者福祉等の施策についての最新の課題を明らかにして、新し い施策に反映していきます。

③ 基本計画の設定(見直し)

(11)

(2)計画の見直しの方法

見直しの具体的な作業は、

①現行計画各施策の進捗状況確認・評価 ②アンケート調査結果の分析

③障害者関係団体からのヒアリング等による状況把握

を3本の柱とします。それらの結果をまとめて、計画策定委員会での検討も経な がら本市における障害者福祉施策をめぐる最新の現状と課題を明らかにし、計画 を策定します。

<計画策定(見直し)のフロー>

『 浦安市障害者福祉計画 』後期基本計画』

国・県の動向

各施策の進捗状況 アンケート調査 団体ヒアリング・パブリ 確認・評価 結果の分析 ックコメント等での

状況把握

今後の課題と方向

『 浦安市障害者福祉計画施策推進及び障害福祉計画策定委員会』

(12)

① 現行計画各施策の進捗状況確認・評価

『浦安市障害者福祉計画』の各施策につき、その施策の実施を実際に担当・管 理している部課によって記入・作成された調書をとりまとめて施策の進捗状況に ついて確認・評価し、合わせてその施策の存置の必要性に関しての判断も行って、 計画の新しい枠組みを作ります。

② アンケート調査結果の分析

障害者に対して実施したアンケート調査の結果を分析し、障害者のニーズや意 見をはじめ、現行計画の施策・事業に対する所感や評価など、市の障害者福祉施 策をめぐる現状と課題を抽出して、計画の見直し内容に盛り込みます。

③ 障害者関係団体からのヒアリング等による状況把握

(13)

計画の推進・フォロー体制

(1)計画の推進体制

本計画を総合的・実効的に推進していくために、以下のような「計画の推進体 制」の整備を図ります。

1 庁内における推進体制の整備

本計画を推進していくために、保健福祉部( 障害福祉課) をはじめとして、関連 部局における推進体制の整備を進めます。また、課題によっては複数の部局が協 力するプロジェクトチームの設置を検討していきます。

2 人的資源の確保と資質の向上

本計画を推進するうえで不可欠である「専門技術者の確保と育成」に努めます。 特にケースワーカー、手話通訳者、要約筆記者、各種機能訓練士・指導員、また 民間と連携しながらのホームヘルパー、ガイドヘルパーなどの確保と資質の向上 に努めます。

3 関係機関・市民等との連携の促進

① 保健・医療・福祉の関係機関との連携

本計画を推進する担い手となる病院、診療所、薬局等の保健・医療機関、市内 外の関係社会福祉施設、市社会福祉協議会、支部社会福祉協議会、各障害者団体、 ボランティア団体、社会福祉法人、NPO法人やその他社会福祉関係団体等との より一層の連携に努めていきます。

② 民間事業所等との連携

「市民全体の力」を集めて本計画を推進していくために、民間の一般事業所、 マスメディア、市民団体、自治会等との連携を図り、情報交換・課題の共有・事 業の共同・協働的推進に努めます。

③ 近隣市および国、県との連携

(14)

(2)計画のフォロー体制

本計画は、それぞれの項目によって、その内容が非常に具体的なものから比較 的抽象的で「構想に近いものまで、さまざまな施策を内包しています。また、日々 現 実 に 生 活を 営 ん でい る 障 害 者を 主 な 対象 と し た 計画 で あ るた め 、 計 画自 体 が 「生きた」ものであるべきでもあります。

従って、計画自体をより具体的なものにするため、また、計画の実施がその目 的に照らして効果的であるかどうか等を検証するために、実施状況等の点検が不 可欠の課題となります。

(15)

各分野における基本的な考え方・方向性

(16)

各分野における基本的な考え方・方向性

1.理解と交流の促進

∼「心のバリアフリー」と「共に生きる社会」の実現をめざして

障害の有無にかかわらずすべての人が住み慣れた地域で「共により良く生きて いく」ためには、障害のない人の側が、障害や障害のある人に関する正しい知識 や理解を身に付け、それを深めていくことが不可欠の条件となります。

しかし、現実には地域社会に今なお「①物理的、②制度的、③文化・情報、④意 識上」の4つの障壁(バリア)が存在しており、とりわけ④の「意識上の(=心 の)バリア」は、①∼③までが発生する原因ともなっています。

本市では「心のバリアフリー」を実現してこうした障壁を取り除くため、前述 の障害や障 害者につ い ての正しい 知識や理 解 を一人でも 多くの市 民 に広めるべ く、(1)さまざまな広報媒体を通じての市民に対する啓発を進めるとともに、 正しく「理解」するためには障害のある人とない人のことあるごとの機会を利用 しての「交流」(ふれあい、共感)が欠かせないとの観点から、(2)ボランティ ア活動等の支援や(3)交流機会の拡充にも力を入れていきます。

2.福祉・生活支援の充実

∼身近な地域での、自立した快適な生活をめざして

近年、障害者福祉についての根本的な考え方の転換が行われ、それまでの施設 入所偏重の考え方から、「脱施設(化)」の合言葉のもと「ノーマライゼーション」 の理念の実現に向け、障害のある人もない人と同様に住み慣れた身近な地域で生 活できるよう支援に努めるべきだとする考え方に重心が移ってきています。国の 『障害者基本計画』や県の『第三次千葉県障害者計画』の中でも、こうした「地 域生活重視」の方向性が打ち出されています。

(17)

障害者の、地域における自立した快適な生活を支える基礎となるものが「福祉 サービス」です。本市では、これを「相談体制」、「情報提供」、「在宅福祉サービ ス」、「施設サービス」、「生活安定への支援」の5つの柱に分けて、その充実を図 ります。

「相談」、「情報」については、より高度・緊密な連携を図るなどシステムの改 善や質の向上に努めるとともに、コミュニケーション上のバリアとなっている各 種障害の補完に努めます。国の『重点施策実施5か年計画』(平成 14 年 12 月) でも「情報バリアフリー化の推進(障害のない人とのデジタル・ディバイドの解 消)」が謳われており、留意・配慮を行っていく必要があります。

「在宅サービス」については、障害者とその家族の地域生活を支える上でとり わけ重要なものであり、現在行われている各種サービスのより一層の充実を図る 必要があります。究極の理想である「障害者が、24 時間・365 日その人らしく過 ごせる」状態に一歩ずつ近づいていけるよう、検討・努力していきます。

「施設サービス」については、今後「脱施設」の観点から、通所施設や、施設 機能を活かした在宅サービスの供給に、一層比重が移ってくると思われる一方で、 障害者本人や障害の重い人の家族にとって大きな心配ごとである、老後や「親な き後」の生活拠点に関する長期的配慮が求められています。また、通所施設や作 業所における自立に向けてのサービスの内容の充実を図るとともに、作業のやり がいや収入につながる運営への工夫も重要な課題になっています。

経済的支援としての「生活安定への支援」では、市としての支援の充実に努め る一方で、既存の手当や助成等の周知の徹底にも努めます。

3.保健・医療の充実

∼生き生き・安心の保健・医療をめざして

近年、障害の重度化がますます進行しており、日常的な保健・医療サービスを 充実し、障害者の健康を守るとともに障害の進行等を予防することが大変重要に なっています。

障害者にとって、障害に対応しその軽減を図ることを目的とする医療は、欠か すことのできないものです。また、障害者が一般の医療を受ける場合についても、 移動やコミュニケーション上のハンディキャップヘの配慮が必要です。

(18)

本市では、まず「障害の早期発見、早期治療・療育」については、妊婦や新生 児、乳幼児に対する各種健康診査や保健指導等を充実させるとともに、必要に応 じて「簡易マザーズホーム」や「こども療育センター」につなげていき、またそ こでの療育事業を拡充していきます。近年急増している生活習慣病等に起因する 中途障害を予防する観点から、成人に対する健康診査等についても充実を図りま す。

また、「リハビリテーション」については、身近で手軽に活用できる地域リハ ビリテーションとともに、高度な医療的リハビリテーションができるだけ便利に 利用できる体制づくりにも取り組んでいきます。

「保健・医療サービス」においては、特に在宅医療、訪問看護などの充実を、ホ ームヘルプなどの在宅福祉サービスとともに推進していくよう努めます。

さらに、平成 14 年4月から精神保健福祉事務(精神障害者保健福祉手帳事務・ 精神疾患の通院医療費公費負担制度に関する事務【現:自立支援医療】)が県か ら市に移管されたのを受け、従来通り市川健康福祉センター(保健所)や病院と の緊密な連携を取りつつ、精神障害および精神障害者に対する市民の正しい理解 を図るなどの精神保健に関する新たな施策を積極的に推進していきます。

4.療育・教育の充実

∼自立に向けての力を高める育成(療育)をめざして

障害児がその能力を最大限に発揮して、仲間をつくり、将来の社会的自立を期 すことは、教育・育成の大きな目的の1つです。障害児一人ひとりの障害の種類・ 程度、能力・適性等に応じた教育・育成が、その成長段階に応じて適切に行われ るためには、保育園・幼稚園の段階から、療育も含め子どもを取り巻くさまざま な支援が必要です。障害児は障害のない児童に比べさまざまな経験を積み重ねて いく場面が限られているという現状を考慮して、余暇活動に対する支援にも気を 配っていきます。

(19)

ての努力が行われています。今後も、それぞれの教育の場において、教育内容・ 方法、担当教職員の指導力向上に一層の充実を図っていくとともに、新しく導入 されている「特別支援教育」の流れについても対応を図っていきます。

近年、障害者施策全体が「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」 を基本理念に、「完全参加と平等」の実現を究極の目標に推進されているという 流れの中で、障害児の教育についても、「障害のない児童と一緒に」という声が 高まる傾向にあります。また、学校教育の分野においては上述の「特別支援教育」 の実施の方向性が新しく提唱されています。本市では、こうした社会情勢等の変 化に対応しつつ、「本人にとって最も適切な教育の場を提供する」という観点か ら、義務教育の場については、本人および保護者の希望を尊重し、適切な就学相 談・進路指導を実施していく一方、交流教育を積極的に推進していきます。

障害児一人ひとりの能力・適性に応じて自己実現がかなうための教育・育成に 努めるとともに、すべての子どもが共に学び共に育つ機会の拡充を図り、これま で以上に子どもたちが手を携えて共に社会の一員となっていけることを願って、 施策を講じていきます。

5.雇用・就労支援の推進

∼就労を通じての社会参加と経済的自立の実現をめざして

障害者の真の意味での「自立」の重要な柱の1つに「経済的自立」があり、そ の実現のためには「就労」は必要不可欠な条件と言っても過言ではありません。 障害者の職業能力開発のための施策を講じることや、「福祉的就労」も含めた雇 用の場の確保を図ることは、生活の安定をもたらすとともに、場合によっては障 害者の自立意欲を高める動機づけになることもあります。また、就労は「社会参 加」の観点から見ても、何よりも意義深い活動であると考えられます。厳しい経 済的環境が 続き民間 企 業の雇用の 拡大を図 る のは非常に 難しい状 況 にあります が、本市では、社会連帯の理念のもと、関係者(事業主等)の理解を得つつ、一 人でも多くの障害者がその持てる能力を発揮できるよう、地道な努力を重ねてい きます。

「経済的自立」の観点から一般就労が望ましいと考えられますが、そうした就 労が困難な重度障害者をはじめとした障害者の雇用については、市の特性を活か したきめの細かい場所づくりを引き続き検討していきます。

(20)

6.生活環境の整備

∼安全・安心の「人にやさしい」まちづくりをめざして

生活環境における物理的なバリアを取り除いていくことは、障害者の「自立と 社会参加」のための基本的な条件です。国においては、「ノーマライゼーション」 の理念の下、社会資本の整備のあり方も見直すべきではないかという反省から平 成6年に『生活福祉空間づくり大綱』がまとめられ、「ハートビル法(通称)」が 制定されました。また移動・交通手段の整備に関しては、国によって平成 12 年 に、「交通バリアフリー法(通称)」が制定されました。各地方自治体において、 福祉的視点 に立った ま ちづくり計 画を立て て その整備を 進めるこ と が求められ ています。本市でも、「ハートビル法」(平成 16 年改正)・「交通バリアフリー法」 (平成 18 年改正)および「千葉県福祉のまちづくり条例」(平成8年)の内容に 従った道路、公共的建物・施設などの「バリアフリーのまちづくり」を進めてい ますが、その動きを一層促進し、将来的には「人にやさしいまちづくり」、「(『バ リアフリー』よりさらに一歩進んだ)ユニバーサルデザインのまちづくり」を図 っていきます。

また、障害者が身近な地域で自立して生活していくためには、まず「住まい」 の質の確保・保障が大切であることから、「住宅環境の整備」も促進していきま す。

防災・防犯対策については、日頃から地域住民、消防署、警察署等とのネット ワークをつくっておくことが大切です。特に災害時には、最も頼りになるのは「自 主防災組織」だと言われています。プライバシーの尊重に配慮しながら、いざと いう時に迅速な対応ができるような体制を確立しておくことが必要です。

7.自立と社会参加の促進

∼みんなが対等に、自分らしく生き生きと参加するまちをめざして

(21)

よって決まる状態の1つが「障害」であると捉えているわけです。(「ICF[国 際生活機能分類]」参照)

このような相互作用によるマイナス面を少しでも無くし、みんながあるがまま の姿で自分らしく活動して「参加」できるようなまちを実現していく必要があり ます。自立しようとする強い心や働く能力があっても、それを発揮する場が無く ては力は活かせません。教育や就労の場においても、また余暇・文化活動の場に おいても、できうる限り社会の側の物理的・制度的バリアを取り払い、そして何 より人々の「心のバリア」を除いていくことが求められます。

本市においては、誰もが対等の権利を持つ一人の人間として「共に生き、参加 するまち」の実現をめざす(1)権利擁護施策の充実、(2)余暇活動の促進、(3) 自主的活動の促進に力を入れていきます。

ICF(国際生活機能分類)

第1部:生活機能と障害 第2部:背景因子 構成要素 心身機能・

身体構造

活動・参加 環境因子 個人因子 領域 心身機能

身体構造

生活・人生領域 (課題,行為)

生活機能と障害 への 外的影響

生活機能と障害 への 内的影響 構成概念 心身機能の変化

(生理的) 身体構造の変化

(解剖学的)

能力 標準的環境にお

る課題の遂行 実行状況 現在の環境にお ける課題の遂行

物的環境や社会 的環境,人々の社 会的な態度による 環境の特徴がも つ促進的あるいは 阻害的な影響力

個人的な特徴の 影響力

機能的・構造的 統合性

活動 参加 肯定的側面

生活機能

促進因子 非該当

機能障害 (構造障害を含む)

活動制限 参加制約 否定的側面

障害

(22)

自主的活動の促進 就学・進路指導の充実

交流教育の推進

5.雇用・就労支援の推進 障害者雇用の推進

保健・医療サービスの充実

4.療育・教育の充実 就学前療育(教育)等の充実

就学後療育(教育)の充実 生活安定への支援

3.保健・医療の充実 障害の早期発見・早期対応等の促進

リハビリテーション事業の充実 相談体制の充実

2.福祉・生活支援の充実

情報提供体制の充実

在宅福祉サービスの充実 1.理解と交流の促進 市民に対する啓発

ボランティア活動等の支援

交流機会の拡充

福祉的就労の促進、就労支援体制の充実

6.生活環境の整備 歩行空間・建築物の整備

移動・交通手段の整備

住宅環境の整備

防災・防犯体制の整備

7.自立と社会参加の促進 権利擁護施策の充実

余暇活動の促進

分野別施策の体系図

(23)

重点課題

「1」の各分野の基本的考え方・方向性を受けて、本計画の「重点課題」とし て以下の3つを設定します。

① 地域で自立生活を営むための支援サービスの充実

○ 障害者が、自身の望むライフスタイルや人生設計に応じて自己決定を行い、自 由にサービスを選択することを基本に考え、一人ひとりのニーズに対応したき めの細かいサービスを提供し、身近な地域の中での自立生活の実現を図ります。 ○ 障害者が地域で安心して社会復帰と自立に取り組めるよう、保健・福祉が連携

しての総合的な相談体制の確立・拡充を図るとともに、情報の提供、ニーズに 対応した在宅サービスの提供に努めます。

② 障害者の社会参加・就労と地域交流等の促進

○ 余暇活動、文化・芸術活動等を促進するなどして、障害者が生きがいを持って 生活を送り、地域社会への参加を実現できるよう図ります。

○ 障害者がその能力や適性に応じて就労することにより、社会的役割を担って参 加を果たし、経済的にも自立できるように、就労支援体制の充実を積極的に推 進します。

○ 障害や障害者に対する差別や偏見をなくし、障害のある人とない人との相互理 解が深まるように、それぞれのライフステージに応じたきめの細かい福祉教育 を実施するとともに、地域における交流活動の活発化を図り、共に生きる「ノ ーマライゼーション」の理念がより浸透した地域社会の実現に向け市民ととも に前進します。

③ 「人にやさしいまちづくり」

「ユニバーサルデザインのまちづくり」の推進

○ 障 害 者 の 社 会 参 加 や 地 域 交 流 を 促 進 す る た め 、 ま ち の 中 の さ ま ざ ま な バ リ ア (障壁)を取り除く「バリアフリーのまちづくり」を促進し、さらに一歩進ん で、障害者や高齢者をはじめとした誰もが快適に過ごせる「ユニバーサルデザ インのまちづくり」・「人にやさしいまちづくり」に取り組みます。

(24)

(25)

計画各施策の具体的進捗・達成状況

・各施策の「進捗状況評価」の項目の内容は、それぞれ 「A… … 完了、B… … かなり進んだ、C… … ある程度進んだ、

D… … あまり進んでいない、E… … 未着手」

1.理解と交流の促進

(1)市民に対する啓発の促進

① 広報紙等による理解の促進

○ 「『広報うらやす』等を通じて、障害・障害者や障害者福祉に対する市民の 理解の促進」

・特に精神障害については、現在も情報の普及に力を入れています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(広聴広報課)

○ 「市社会福祉協議会による福祉関係広報紙『福祉だより』の発行」 ・今後、行政情報をどの程度の掲載できるか等について検討が必要です。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(社会福祉協議会)

○ 「市役所などに設置するパンフレット等の内容充実」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「CATV等に障害者福祉等に関する情報を提供し、啓発活動に対する参加、 協力を要請」

(26)

② 公共的機関等への理解の養成

○ 市内公共的機関・施設に対して、「身体障害者補助犬法」、「交通バリアフ リー法」や「ハートビル法」、「千葉県福祉のまちづくり条例」の内容などに 基づき、障害者への理解、バリアフリーのまちづくりについての協力要請」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「ホテル、デパート、レストランなどの事業者のみならず広く市民全体に対 して「身体障害者補助犬法」の内容についての周知・啓発を行い、盲導犬・ 介助犬・聴導犬の同伴が円滑に実現するよう配慮」

・啓発用のステッカーやポスターを掲示し、周知を図っています。 ・広報紙や福祉講座などを通して周知・啓発を行っています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

③ 福祉講座等の開催および講師の派遣

○ 「福祉関係の講座の開催や、講師の派遣」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(生涯学習課、社会福祉協議会)

○ 「12 月9日の「障害者の日」等を利用して、障害者の理解、障害者福祉の活 動紹介等のための講演会を開催」

・「障害者の日」(12 月9日)は「障害者週間」(12 月3∼9日)に変更された ことにより、開催機会が拡大されました。

・開催事業については毎年行っています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

④ 福祉教育の充実

○ 「福祉教育研究校、福祉教育推進校を中心にした市内の小・中学校での福祉 教育の充実」

・さまざまな取り組みを実施しています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「市職員について、研修を通じて「ノーマライゼーション」の理念など障害 者等への理解促進」

・研修については継続して実施しています。

・職員の海外派遣による福祉視察を実施しました。

(27)

(2)ボランティア活動等の支援

① ボランティアに関する情報の提供

○ 「『広報うらやす』や各種パンフレット、ガイドブック等を通して、ボラン ティア活動の紹介、募集、講座案内等を実施」

・特に精神保健福祉については、より多くの参加者を集うため、時代に即した 企画を実施しています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課、社会福祉協議会)

② 地域ぐるみの福祉ネットワークの整備

○ 「市社会福祉協議会が中心になって行っている講座等のボランティア養成活 動支援」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(社会福祉協議会)

○ 「支部社会福祉協議会が行っているサロン活動等の地域福祉諸活動への側面 的支援」

・障害者に係るサポートの充実が今後の課題となっています。

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(社会福祉協議会)

○ 「ボランティア養成活動を行っている取り組みを発掘し、地域に密着した福 祉のネットワークづくりを図り、地域の福祉力を高める」

・協働およびネットワーク作りが今後の課題となっています。

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(社会福祉協議会)

③ ボランティア活動への側面的支援

○ 「市社会福祉協議会が運営する「ボランティアセンター」の機能強化の側面 支援、市民のボランティア活動支援」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(社会福祉協議会)

○ 「障害者をはじめとする市民の意見を調査し、ボランティア活動の内 容や あり方についてボランティアとともに検討して、障害者をはじめとする市民 にボランティア活動の内容や実態の情報提供を実施」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

(28)

(3)交流機会の充実

① 交流教育の推進

○ 「特殊学級設置校を中心に、日常的な交流教育の充実」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「障害児と健常児の日常的な交流促進」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

② 文化活動等への参加しやすい環境の整備

○ 「市で企画、あるいは市民が独自に行う講座、サークル活動、文化的催し等 に障害者が参加しやすい環境整備、参加の啓発」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「スポーツイベント等に障害者の参加を呼びかけ」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課、市民スポーツ課)

○ 「福祉関係の講座や講演会等で、障害者自身が発言する場を確保」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課、生涯学習課)

③ 市職員と障害者との交流促進

○ 「市職員のボランティア活動への参加を通じ、障害者との交流を促進」 ・職員のボランティア休暇制度の実施を継続します。

(29)

2.福祉・生活支援の充実

(1)相談体制の充実

① 相談体制の充実

○ 「ケースワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士等)を適正に配置し、障害 福祉課の窓口が障害者福祉全般についての「総合相談窓口」の役割を果たせ るような体制を図り、各種専門的相談・手続きについては、関連部局との連 携を図る」

・現在、資格のある専門職等を配置しています。今後も、障害者自立支援法に 基づく 相談支 援事 業 を市が 委託し てい る 相談支 援事業 者と と もに展 開して いくことが重要となります。

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「窓口・電話相談のほか、必要に応じて訪問相談を実施」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「職員自らが個別一貫対応の相談(障害者ケアマネジメント)の重要性を認 識しながら業務を遂行し、研修等への積極的な参加」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「民生(児童)委員や身体障害者相談員、知的障害者相談員、及び障害者の 支 援 や サ ー ビ ス を 実 施 し て い る 社 会 福 祉 法 人 や 民 間 事 業 者 等 の 存 在 や 相 談・支援活動について広く周知を図り、障害者やその家族による利用促進」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② 専門的な相談体制の充実

○ 「必要に応じて連携をとり、関係各課の連携を強化するため連絡会議・ケー ス会議等を実施して良質な相談・援助を展開するよう図り、市役所の外部の 関係者・関係機関とも、必要に応じて積極的な連携に努める」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「精神障害者に対する医療受診、社会復帰、日常生活等についての相談を、 障害福祉課を中心に、内容によっては市川健康福祉センター(保健所)と協 力して行い、「精神保健福祉相談」を積極的に活用」

(30)

○ 「障害者自身が障害者の立場で応じる相談(ピアカウンセリング)を行う事 業者等に対する側面的支援と連携を実施」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「相談支援事業を委託している事業者等への側面的支援と連携強化」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

③ コミュニケーション手段の充実

○ 「聴覚障害者とのコミュニケーションづくりのために、市役所への手話通訳 者の配置を継続し、市役所への手話通訳者の配置曜日の増加について検討」 ・当初、週1日であったものを週3日に増加した。

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「障害者を対象としたIT講習会を継続するとともに、その内容の充実」 ・障害者の場合、補助器具や補助者を自ら用意することで参加可能となってい

ますが、現在は、一般市民と一緒に開催している。

(31)

(2)情報提供体制の充実

① サービス等に関する情報の充実と周知の徹底

○「障害者に対する各種サービスの出発点となる、福祉手帳(身体障害者手帳、 療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)の交付についての周知徹底」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「『広報うらやす』、『障害者福祉ガイドブック』、各種パンフレット、チラシ、 電話・FAX、相談窓口等を活用し、各種福祉サービス等の情報の充実とそ の周知徹底」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② 視覚障害者への情報提供の充実

○ 「市のホームページを音声読み上げソフトにも対応するつくりにするなど、 「情報バリアフリー」に配慮した考え方を基本にリニューアルを推進」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(広聴広報課)

○ 「拡大写本図書、点訳図書、音声図書、対面朗読、来館が困難な人への宅配、 病院サービス、高齢者サービス等、図書館のサービスの充実」

(32)

(3)在宅福祉サービスの充実

① 補装具・日常生活用具の給付等の充実

○ 「補装具の情報の周知、相談と交付の充実」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「日常 生活用 具給付 サービス につい ての周 知徹底を 図り、 その給 付の充 実 に努め、障害者の日常生活での自立促進」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② 「障害者自立支援法」の適正な運営

○ 「「障害者自立支援法」について障害者への情報提供やサービスに関する相 談を行い、制度の円滑な実施」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「「障害者自立支援法」による外出支援や余暇支援等のサポート体制につい て検討」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

③ ホームヘルプサービス事業の充実

○ 「民間指定事業者の活用を推進し、事業者との協力・連携を強化し、良質な ホーム ヘルプ サー ビ スを提 供する ため 、 各種研 修会へ の参 加 を働き かけま す」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「精神障害者や難病患者向けのホームヘルプサービスの充実を図るため、サ ービス提供事業者に対し、県等が行う研修会への参加を働きかける」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

④ 手話通訳者・要約筆記者派遣制度の充実

○ 「手話通訳者、要約筆記者の養成に努め、派遣制度を充実」 ・現在、制度の充実を図るため取り組んでいます。

(33)

⑤ デイサービス事業の充実

○ 「デイサービス事業の地域活動支援センター事業への転換をめざし、サービ ス提供体制のあり方を検討」

進捗状況評価:C

継続必要性判断:あり(障害福祉課)(総合福祉センター)

⑥ 障害児保育の充実

○ 「保育園における障害児保育事業の充実」

進捗状況評価:A 継続必要性判断:あり(保育課)

⑦ ショートステイ事業の充実

○ 「地域においてレスパイト的サービスが受けられるよう「一時ケアセンター」 の活用を推進し、事業者との連携および側面的支援を行います。

進捗状況評価:A 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

⑧ 一時介護委託料等助成の継続

○ 「一時介護委託料、一時預かり委託料、療育事業参加費用の各助成事業につ いては、他の制度との調整を行いつつ、継続する」

進捗状況評価:A 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

⑨ 生活施設の整備

○ 「身体障害者、知的障害者、精神障害者の団体が生活ホーム、グループホー ム等を開設する際には側面的支援を行う」

(34)

(4)施設サービスの充実

① 「障害者福祉センター」の充実等

○ 「市の「障害者福祉センター」の通所更生施設および授産施設等の機能のさ らなる充実を図り、障害者に向けた整備について検討」

・就労支援事業の充実が今後の課題となります。

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「旧第二福祉作業所を精神障害者の活動拠点として利用し、ソーシャルクラ ブの憩い・交流のプログラムを継続するとともに、相談窓口としての役割を 拡充し、就労支援の場とする」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「地域活動支援センター事業の開設に向け準備を進める」

進捗状況評価:E 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「身体障害者の更生、授産施設等については、今後必要に応じて検討」

進捗状況評価:A 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② 入所施設の支援

○ 「『もくせい園』(鎌ケ谷市)、『やまぶき園』(市川市)の運営の充実のため の支援を継続」

・建設借入金および運営費を毎年負担しています。

進捗状況評価:A 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

③ サービス情報の提供

○ 「利用者がサービスを選択しやすいよう、施設や県等と連携を図り、サービ ス内容の情報提供に努める」

(35)

(5)生活安定への支援

① 「年金・手当・助成制度の周知の徹底と利用の促進

○ 「各種年金・手当・助成制度について、『障害者福祉ガイドブック』、相 談等を利用してその周知の徹底に努力し、その利用の促進を図る」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② 手当・助成制度の充実

○ 「各種年金・市の手当・助成制度について、その充実を図る」

(36)

3.保健・医療の充実

(1)障害の予防、早期発見・治療の促進

① 障害の早期発見体制の充実

○ 「低体重等での出生を少なくするために、ハイリスク妊産婦保健指導・訪問 指導等に力を入れ、保健所での遺伝相談等の充実を図る」

・「障害者の早期発見・早期対応等の促進」の視点での取り組みを各事業に当 てはめて再検討が必要となります。

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(健康増進課)

○ 「乳幼児健康診査を充実の充実を図り、市川健康福祉センター(保健所)で は、低体重出生児、慢性疾患のある乳児に対する相談・指導に力を入れる」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(健康増進課)

○ 「生活習慣病等による障害の発生を予防するために、成人に対する健康診査、 健康相談、健康指導等の充実」

・健診事後指導に力を入れています。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(健康増進課)

② 療育等、障害への早期対応の促進

○ 「幼児健康診査(1歳6か月児健康診査・3歳児健康診査)でことばや情緒 面の発達の遅れが発見された子どもに対し、子育て相談や「のびのびクラス」 (1歳6か月児等事後指導教室)で発達をうながすための支援を行い、特に 早期療育が必要な子どもについては、「のびのびクラス」から「簡易マザー ズホーム」や「こども療育センター」につなげていくよう努める」

・庁内で一貫した相談・療育システムを含めた体制づくりや乳幼児期、学校、 成人後 のライ フス テ ージに わたる 関係 機 関等が 話し会 える 場 をもっ ていく ことが必要となります。

進捗状況評価:C

継続必要性判断:あり(健康増進課、総合福祉センター、障害福祉課)

○ 「「簡易マザーズホーム」、「こども療育センター」での障害児、発達遅滞児 に対する療育事業の充実」

・今後、「簡易マザーズホーム」と「こども療育センター」の機能を統合した 「(仮称)こども発達支援センター」の設置を検討しています。

進捗状況評価:B

(37)

(2)リハビリテーション事業の充実

① 地域リハビリテーション事業の充実

○ 「市の「総合福祉センター」における身体障害者福祉センターの地域リハビ リテーション事業の充実」

進捗状況評価:A

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「「簡易マザーズホーム」での生活指導、機能訓練等の事業の充実」 ・「こども療育センター」との統合を検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「「こども療育センター」における療育相談、ことばの相談、機能訓練(理学 療法・作業療法・摂食指導)等の事業については、対象年齢の生活に合わせ 充実を図り、そのニーズに沿ったサービスを提供できるよう努める」 ・「簡易マザーズホーム」との統合を検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「市としてその必要性について強く認識している 18 歳以上のリハビリテー ションについて、検討課題として捉えていく」

進捗状況評価:E 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

② ソーシャルクラブの充実

○ 「今後、市が実施しているソーシャルクラブを、地域活動支援センター事業 へ移行し、その機能を充実」

進捗状況評価:E 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

③ 生活訓練事業等の充実

○ 「障害者の日常生活の自立を図る各種生活訓練事業の周知」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

(38)

(3)保健・医療サービスの充実

① 在宅保健サービスの充実

○ 「保健師、看護師による訪問指導等の保健事業の充実」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(高齢者支援課)

○ 「保健師と介護ボランティア等との連携強化」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(高齢者支援課)

② 在宅医療の充実

○ 在宅医 療支援 事業に ついて、 市医師 会や賛 同医師と 協議し ながら 充実を図 る」

進捗状況評価:B 継続必要性判断:あり(高齢者支援課)

○ 「訪問看護サービス事業を継続し、内容の充実を図る」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(訪問看護ステーション)

○ 「訪問による在宅歯科訪問診療事業の充実」

・現在では訪問歯科診療を行う市内歯科医療機関が多くなっています。今後は 市営診療所からの訪問歯科診療の意義について再考する必要があります。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(高齢者支援課)

③ 保健・医療・福祉の連携体制の構築

○ 「市川・浦安地域精神保健福祉連絡協議会の活性化」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「難病患者が家庭で安心して療養生活を送れるようにするための支援策とし、 医師会や市川健康福祉センター(保健所)、県等の関係機関と連携を取りな がら相談体制の確立を図り、より良い支援策のあり方についても、それら関 係機関との連携強化」

(39)

④ 医療費助成制度の利用の促進

○ 「各種の医療費助成制度の周知を徹底し、その利用の促進を図ります。精神 保健に関する「自立支援医療制度」・「入院医療費助成制度」、および難病に 関する「特定疾患医療費助成制度」・「小児慢性特定疾患医療費助成制度」に ついては、特に力を入れて周知」

(40)

4.療育・教育の充実

(1)就学前療育(教育)等の充実

① 地域療育児業の充実

○ 「「プレマザーズ」・「児童デイサービス」・「外来グループ」等の「簡易マザ ーズホーム」の事業について、内容の充実を図る」

・「(仮称)こども発達支援センター」構想と併せて検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「「簡易マザーズホーム」と保育園、幼稚園等の関連機関との連携強化」 ・「(仮称)こども発達支援センター」構想と併せて検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「「こども療育センター」における個別相談事業、グループ事業、巡回相談 の各療育事業につき、障害児の年齢、障害の種類や程度に合わせて内容のさ らなる充実を図り、周知の徹底と啓発に努める」

・「(仮称)こども発達支援センター」構想と併せて検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「家庭教育学級や教育委員会主催の研修会等に、「こども療育センター」か ら講師を派遣」

・今後、「(仮称)こども発達支援センター」構想と併せて検討しています。

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(総合福祉センター)

○ 「障害児保育事業の充実」[再掲]

進捗状況評価:A

(41)

○ 「必要 に応じ て補助 教員を配 置し、 幼稚園 における 障害児 受け入 れ体制 を 促進」

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(教育委員会学務課)

○ 「保育園、幼稚園の設備・備品等を、障害児に対応したものに改良」

進捗状況評価:B

継続必要性判断:あり(保育課、教育委員会学務課)

② 連携体制の強化

○ 「簡易マザーズホーム、こども療育センター、教育委員会、福祉担当課など 関係部署による相談等に対する連携体制の強化を図り、就学前療育(教育) から就学後療育(教育)へのスムーズな移行や親と子のケア体制の充実など、 療育体制の充実を推進」

進捗状況評価:C

継続必要性判断:あり(障害福祉課)

○ 「「療育に関する検討部会(仮称)」の設置」

・設置前に総合福祉センターとの連携体制を強化する必要があります。

進捗状況評価:E

(42)

(2)就学後療育(教育)の充実

① 特別支援教育の充実

○ 「特殊 学級お よび通 常学級に おいて 、障害 児一人ひ とりの 教育的 ニーズ に 応じたきめの細かい教育や指導ができるよう、福祉関係機関との連携」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「障害児の学習に効果のある教育方法、教材の開発」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「「特別支援教育」に向け、教育的効果のある支援体制の確立」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

② 教員の資質・力量の向上

○ 「研修会等を通じ、特殊学級、通常学級および通級指導教室担当教員の資質・ 力量の向上」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「特別支援教育を学校全体で推進するよう、教職員全体の理解を深める」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「補助教員の資の向上を図るため、その研修の機会の確保について検討」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症等に 対する理解を深めるための教職員の研修の実施」

・各校に即した内容での研修を実施することが課題となっています。

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

③ 通級指導教室の充実

○ 「「ことばの教室」の周知徹底を図り、訓練、指導の質の向上に努め、今後 の教室運営のあり方について検討」

(43)

④ 福祉用教材の充実

○ 「福祉用教材について周知徹底を図り、その利用を促進」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「障害児とその保護者のニーズに十分耳を傾け、教材の種類・内容・質につ いての充実」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「福祉用教材の開発・製作について、学校、図書館、社会福祉協議会等関連 機関の連携を図る」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「「おはなし会」や絵本の読みきかせ、また特殊学級訪問などの、図書館活 動の充実」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(中央図書館)

⑤ 学校設備・備品の改良

○ 「児童・生徒のニーズに応じて、スロープやエレベーターの設置、トイレ等 の整備を行ったり、学習机・いす等を特注したりするなど、学校の設備・備品 等を改良」

(44)

(3)就学・進路指導の充実

① 就学相談体制の充実

○ 「就学に際しては、障害のある児童・生徒一人ひとりの教育的ニーズと、本 人および保護者の希望等を総合的に判断し、適切に就学相談に応じられるよ う努める」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「医師、教職員、福祉関係機関職員等、広く専門家の意見をきくことの必要 性から、教育委員会の諮問機関として設置されている「浦安市心身障害児就 学指導委員会」の存在と内容について、周知に努める」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「就学相談員の質を高め、専門的な相談として、内容の充実を図る」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

② 進路指導の充実

○ 「小学校・中学校の修了時には、児童・生徒の教育的ニーズと、本人・保護 者の希望等を総合的に判断し、適正な進路の選択ができるよう、就学相談、 特殊学級や養護学校の見学を行うなど指導の充実を図る」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「児童・生徒の進路先の学校、福祉関係機関、事業所等との情報交換・進携 をとり、進学・就職後の障害児の状況把握に努める」

・今後、学校以外の関係機関との連携が特に必要となります。

(45)

(4)交流教育の推進

① 学校での交流教育の推進

○ 「特殊学級と通常学級の児童・生徒の日常的交流を基盤にし、個々のニーズ に応じて、教科等の交流を積極的に推進」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

○ 「特殊学級と通常学級の担任教員の交流、共同研修等を通して、教職員全体 の障害と障害児に対する理解を促進し、学校全体で障害児を支える体制を拡 充」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(教育委員会指導課)

② 地域との交流の推進

○ 「自治会と学校が相互に催し物の開催等を通じ、障害児を含む児童・生徒を 地域全体で見守るようなまちづくりを図る」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(地域活動支援課)

○ 「各団体や事業者の積極的な障害者の交流活動等に対して、側面的支援に努 める」

(46)

5.雇用・就労支援の推進

(1)障害者雇用の推進

① 市及び関連機関での雇用の促進

○ 「市および市の関連機関が率先して障害者雇用を拡大」

進捗状況評価:D 継続必要性判断:あり(障害福祉課、商工観光課)

② 障害者職業相談の充実

○ 「県公 共職業 安定所 (ハロー ワーク )と協 力し、障 害者職 業相談 事業の 充 実を図る」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(商工観光課)

③ 奨励金制度の利用の促進

○ 「障害者雇用奨励金制度の周知の徹底を図り、その利用促進を通して、障害 者雇用の拡大に努める」

・PR活動の継続に努めることが今後も必要となります。

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(商工観光課)

○ 「障害者職場実習奨励金制度の周知の徹底を図り、その利用を促進する」

進捗状況評価:C 継続必要性判断:あり(商工観光課)

④ 民間事業所への啓発活動の強化

○ 「広報、パンフレット等を通じ、また商工団体を通して、民間事業所に対す る障害者雇用についての啓発活動に努める」

・国や県の雇用対策を見ながら対応していく。

進捗状況評価:E 継続必要性判断:あり(商工観光課)

○ 「企業 等にお ける障 害者雇用 を促進 するた め、公共 職業安 定所と 連携を 取 りながら、事業主に理解を求める」

参照

関連したドキュメント

在宅の病児や 自宅など病院・療育施設以 通年 病児や障 在宅の病児や 障害児に遊び 外で療養している病児や障 (月2回程度) 害児の自

一方、介護保険法においては、各市町村に設置される地域包括支援センターにおけ

平成 支援法 へのき 制度改 ービス 児支援 供する 対する 環境整 設等が ービス また 及び市 類ごと 義務付 計画的 の見込 く障害 障害児 な量の るよう

防災課 健康福祉課 障害福祉課

防災課 健康福祉課 障害福祉課

既存の精神障害者通所施設の適応は、摂食障害者の繊細な感受性と病理の複雑さから通 所を継続することが難しくなることが多く、

3 指定障害福祉サービス事業者は、利用者の人権の

〒153-0053 目黒区五本木1-8-3 FAX 6833-5005 6833-5004 Eメール soudan@jyoubun-center.or.jp. (相談専用)FAXとメールは24時間受付