トップPDF homework medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120417 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.骨どこで成長・再生がおこなわれるか? 5.骨管状構造名称を2つ挙げ、走向違いを説明せよ。 6.骨組織に含まれる細胞名称と機能を答えよ。 7.骨リモデリング意味を述べよ。 8.骨粗しょう症病態を述べよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

このタンパク質複合体群は細胞内小器官(⑦)(⑪)から(⑫)へ(⑬)を汲み出し、 (⑧)をはさんだ(⑬)濃度勾配を生じる。 この(⑬)濃度勾配を利用して、 (⑭)というタンパク質複合体が(⑮)と(⑯)から、 よりエネルギー高い(⑰)を合成する。このように、電子伝達とリン酸化は緊密に(⑱) している。

1 さらに読み込む

intro medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 9日:羊膜腔、卵黄嚢、胚盤形成 – 胚盤:この時点では外胚葉と内胚葉 • 16日:脊索と中胚葉 – 中胚葉は、外胚葉が窪んでできる「原始線条」とよばれる溝底から分化して できる

51 さらに読み込む

intro medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 眼筋:見る動作ため眼球運動を行う – 固視 (to fixate) :対象物を中心で的確に(静止像として)見ている状態 – 注視 (gaze) :対象物方向に視線を固定する – 対象物移動に視線を追従させる

28 さらに読み込む

intro medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 毎年 350-500 万人人々がマラリアで死んでいる • 先進国から発展途上国に旅行する 5000 万人およ そ 40% が旅行せいで何らかの疾病にかかる。 • 米国ではマラリアは毎年 1,200 例ほど報告されてい る。

57 さらに読み込む

exam medicine 110726 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

exam medicine 110726 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

① 50% ② 55% ③ 60% ④ 65% ⑤ 70% (11)近くを見るときに弛緩するはどれか ① 虹彩 ② 角膜 ③ 毛様体筋 ④ 強膜 ⑤ 上直筋 (12)どこで視覚伝導路が遮断されると外側半盲(両側耳側視野欠損)を感じるか ① 片眼視神経 ② 視交叉で交差する線維 ③ 視交叉外側

7 さらに読み込む

intro medicine 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(ポジティ ブフィー ドバック) 抑制. (ネガティ ブフィード バック)[r]

30 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

13.フルクトースが環状化する場合、立体構造にどのようなヴァリエーションが生じる か述べよ。 14.二糖例と、構成する単糖について述べよ。 15.グリコシド結合はどのような官能基間でおこなわれるか、つまり、一方はどのよう な炭素に結合したどのような官能基で、もう一方はどのような官能基か、答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14.ピルビン酸キナーゼ欠損によって、とくにどのような細胞どのような機能が損 なわれるか。また、それによってどのような症状が生じるか。 15.グリコーゲンを生成する主な器官を挙げよ。グリコーゲン代謝でそれら臓器は どのような違いがあるか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

7.カルシウムイオンがピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体を活性化するしくみを答えよ。 8.α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体調節について答えよ。 9. TCA サイクル調節において、エネルギー物質充足・不足はどのような方法で調節 に反映されているか?

1 さらに読み込む

intro medicine 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

胚性幹細胞( ES 細胞):内部 細胞塊を取り出して人工的に 培養したもの. 胚盤胞.[r]

29 さらに読み込む

intro medicine 100629 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100629 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

23 赤血球沈降速度( 血沈、 赤沈) • 血液にク エン酸ナト リ ウムを加えて凝固を防 ぎ、 ピペッ ト に入れ、 垂直に立てて凝集し て下 降する赤血球1 時間値を赤血球沈降速度 ( 血沈、 赤沈) と いう 。

29 さらに読み込む

intro medicine 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 開いていた動脈弁が閉じるは、 – 動脈圧 > 心室圧 – (ただし、動脈圧が心室圧を少し上回っても、心室から流出しよう とする血液流れ勢いがなくなるまで開いている)

95 さらに読み込む

intro medicine 100706 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100706 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 変形部位、 栄養状態、 体水分状態、 震えや身体動き、 毛髪分布、 肌色、 湿疹、 結節、 黄色腫、 浮腫、 静脈 拡張、 ( 結膜) 蒼白、 黄疸、 チアノ ーゼ、 多血症、 など – 左右差: 異常側と 正常側と 比較

50 さらに読み込む

intro medicine 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

30 外科治療医選択際に考慮するこ と • 手術方法 – 新し い術式( 手術方法) では手術侵襲度( どれく ら い切るか) が低 いこ と が多いが、 リ スク を伴う こ と も ある。

38 さらに読み込む

intro medicine 110405 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110405 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(真核生物)細胞構造 • 原形質:細胞質と核。表面に細胞膜 • 細胞質に含まれる細胞内小器官(オルガネラ) – ミトコンドリア、ゴルジ装置、中心小体、リボソーム、ライソ ソーム、など

36 さらに読み込む

intro medicine 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 広範囲筋萎縮。最初は外眼筋や眼瞼部から生じる( →眼瞼下垂) • 圧挫症候群 – 災害時など、体幹や体肢へ持続的な圧迫 →筋虚血、壊死 – ミオグロビンが腎臓を傷害する。

36 さらに読み込む

intro medicine 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

18.糖尿病において血中グルコース濃度に続き細胞内グルコース濃度が上昇することで 生じる副産物とその害について答えよ。 19.ガラクトースから UDP グルコースに至る代謝パスウェイを説明せよ。 UDP グルコ ース用途を答えよ。

1 さらに読み込む

intro medicine 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(真核生物)細胞構造 • 原形質:細胞質と核。表面に細胞膜 • 細胞質に含まれる細胞内小器官(オルガネラ) – ミトコンドリア、ゴルジ装置、中心小体、リボソーム、ライソ ソーム、など

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...