トップPDF 齋藤榮二先生に心から感謝を込めて齋藤榮二教授略歴及び主要業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

齋藤榮二先生に心から感謝を込めて齋藤榮二教授略歴及び主要業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

齋藤榮二先生に心から感謝を込めて齋藤榮二教授略歴及び主要業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

฀ 論文 昭和57年 「現代英語教育研究社 Study฀of฀Difference฀in฀the฀Degree฀and฀Accuracy฀of฀Understanding฀between฀Those฀Who฀look฀up฀ Words฀ in฀ English-English฀ Dictionaries฀ and฀ Those฀ Who฀ Look฀ Them฀ up฀ in฀ English-Japanese฀ Dictionaries฀ 単著 昭和57年12月 「桜の聖母短期大学紀要 7

8 さらに読み込む

故河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

故河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

追悼 河合忠仁教授 3 という習慣徹底的体得させられた。私場合は、文学関係、特に英米小説ばかり読み 漁ったが、おそらく河合先生は、言語学・英語学関係没頭されたことと思う。今から思 えば一種ファッションであったかもしれないが、ともかくも私たちは常に肌身離さず洋 書持ち歩いいた。それが当時奈良教育大学英語科学統であっただ。お亡くなりな る直前まで英書読んでおられたという話先生奥様からお聞きし、そのこと実感した。  関西大学における先生全学共通教育英語授業はまさに神業であった。ほとんど日本語 使わず、英米人並み英語で全学生魅了した。何度か授業見せいただいたことがある が、特に感心した先生十八番である英作文授業であった。河合先生英語操る自在 な力しんそこ敬服した。
さらに見せる

3 さらに読み込む

複合環境における第二言語不安 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

複合環境における第二言語不安 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 教室外不安と教室内不安については、教室内不安数値ほうが教室外不安それ比べ 高い結果が得られた。小論における調査対象者は 4 月入学した学部 1 回生であるため、対象者 にとって「教室内」は日本語クラスだけでなく、共通科目や専門科目授業も「教室内」で ある。とくに、日本語クラスは大学講義聞いたり、意見述べたり、文章書いたりする アカデミックな日本語能力育成すること目標中心据えいる事情もあり、複合環境 「日本語クラス」、「大学授業」「教室外」 3 つ分け考える必要があると思われる。調査 段階で「日本語クラス」ということ明確するか、調査対象者フォローアップ・インタ ビュー行うべきであった。
さらに見せる

13 さらに読み込む

惜別のことば 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

惜別のことば 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 煙草吸いながら二人お嬢さまこと語られたとき先生嬉しそうなお顔も忘れら れません。そして、立派育てられたはお子さまだけではありません。いまある外国教育研究前身として、文学研究開かれた外国教育専攻大学院生たち育て、組織隆 盛築かれたも、他ならぬ先生でした。私は英語教師魅力は、派手なパフォーマンス でも、緻密なメソドロジー知識でもなく、いきつくところは、こよなく英語愛し、学生た ち包み込むような、温かい人間性あると思っいます。一人よがり奢りや功名心とは無 縁実直さです。子は親背中、学生は教師背中育ちます。英語楽しむ先生 実直な姿動かされ、いかに多く学生たちが学び舎巣立っいったことでしょう。  たくさん写真はもちろんこと、形はならない先生思い出は、私ポケット 大切しまっあります。いつか、ゆっくり思い出話咲かせたいという願いもむなし く、先生は、あっという間に私たち駆け抜けゆかれました。訃報接し、胸が張り裂 けんばかり悲しみ、とめどなく涙しいるは、けっして私ひとりではないと思います。 先生と出会うことができ、私も学生たちも幸せでした。
さらに見せる

2 さらに読み込む

北村裕教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村裕教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Cognitive and Applied Aspects of Eye Movement Research. Elsevier 北村裕( 2007 )「 Registers and academic language acquisition for English language learners in the United States」記念論文集編集委員会(編集)『英語授業実践学展開:斎藤栄二先生 御退職記念論文集』三省堂

3 さらに読み込む

河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

河合忠仁教授を偲んで 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 1998年後期より、私が和歌山大学移ることなり、河合先生話したところ、自分も近 大やめ大学移りたいと言われた思い出す。私方は、 8 月割愛がうまく行か ず、半年転出が遅れた。その間、河合先生関西大学移ることが決まり、19年間勤めた近 畿大学一緒やめることなった。河合先生関西大学へ移られから、精力的研究まとめ出版したり、大学用テキスト何冊も書かれた。英語コミュニケーション学会 関西支部長から、副会長もなられ、本当に、充実した研究生活送っいたと思われる。  しかし、運命いたずらであろうか、その後、癌で入院されることなったである。見舞 い行った時、「癌が転移しいるかもしれない」と悲壮な表情で我々語られたは今で も忘れられない。あれは、自分将来計画が台無しなるかもしれないという絶望感現れだ ったと思われる。というのも、河合先生は何事においても、きちんと計画立て、こつこつと 地道実行し行く人だからである。つまり、あの時は既に自分これから人生計画し いたと思われるからである。それは、授業準備みれば明らかである。河合先生は、私と 違い、授業準備完璧行わないと気がすまなかった。時は、異常と思われるほど、きち んとするである。授業時間何倍も時間かけ準備いることも何度かあった。ま た、近畿大学時代は、いつもお会いするたび、河合先生は自分将来計画語られい た。将来、こういう本出版したいとか、こういう研究したいとか語られいた。それ考 えると、河合先生悲壮な気持ちが手取るようわかる気がする。
さらに見せる

3 さらに読み込む

諸沢 巖先生に心からの感謝をこめて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

諸沢 巖先生に心からの感謝をこめて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 昨今ではコミュニケーション授業が重要視され、たしかにそれが学生ニーズでもある で、ドイツ教育主流となっいる。それとあわせ、読解力養成しいくこともドイツ 教育もうひとつ柱であるということは、多く人びとが認めるところである。両者バ ランスとれた教育が望ましい今後あり方であるといえよう。その意味で、諸沢先生は文学 部および外国教育研究機構を通じて、外国教育において重要な役割はたしてきた。この ような長年にわたる本学へご尽力に対し、まずはこころからお礼申し上げたいと思う。  諸沢先生研究対象は19世紀文学者ラーべであるが、この作家研究は諸沢先生お人柄か らも、首肯できるものである。たしかにドイツ文学史では、ラーベはそれほど目立つ作家では ないが、いぶし銀ようある人で、読み込めば読み込むほど魅了される作品が多い。先 生はわき目も振らず、コツコツとこれら作品打ち込んでこられた。研究成果多産する 17
さらに見せる

2 さらに読み込む

ある問題 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある問題 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

イカサマ師たわごとが実現するかどうかが彼女にとってまるで大きな問題なっしま った。陰鬱な雲が彼ら結婚生活立ち込めいた。まっとうな若い夫婦がなぜそのような妙 なこと言われなければならないか?なぜそのような解読不可能な謎めぐり会うことな ったか?エマは自分秘密話ししまったことひどく後悔した。しかし、デイヴィッド が自分秘密話さず、あんなにひどい出来事しまい込んだままいたら、彼 女人生と運命どんなに不吉なことが起こっいたかもしれないと思うと嬉しくもあった。 今ではもうそのことは忘れしまい気ならなくなり笑いとばすことができた。そしてデイヴ ィッドも彼不可思議な予言について笑いとばし忘れ去ることができた。エマ想像力がこん なにも活発なったことはなかった。考え得るあらゆる限り角度から二通りある自分運命 について考えみた。デイヴィッドが自ら宿命重圧屈し彼女去り、彼女が自由再 婚できる可能性想像しみたり、彼が神託従うという考えとり憑かれ、激しく乱暴な意 思によって彼女押し潰ししまうこと考えみたりした。あるいはまた、まるで自分意 思がとても強いものよう思い運命力によって守られいるかよう感じるだった。 言うまでもなく愛は豊富あった。しかし、運命はそれ以上あった。それでは愛ない運命 とは一体どんなものなか?デイヴィッド愛したようエマは別男性愛することなる だろう。彼女未来主人呼び出そうと貧しい自分想像力痛めつけた。正直言っそ れはあまり成功したとは言えない。デイヴィッド忘れることなどエマはできなかったが、 それもかかわらず彼女は罪悪感感じた。彼女はデイヴィッドこと考えた。彼も罪悪感 感じるかしら。彼も別女性夢見いるかしら。
さらに見せる

14 さらに読み込む

W・ラーベと環境問題 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

W・ラーベと環境問題 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

も私たちは夜はガスや電気光やその他この種あらゆる発明品で明るい朝となるま であいつらから眠りと夜安らぎ奪っしまったんです。私たち町では夜はもう眠 り時間がなくなっいるということが、あいつら家々屋根や塔から追い払っしま ったんです、臭気が甲虫や毛虫や蝶たちこの茂みや他園芸からそうしたよう。ず っと向こう郊外町では勿論まだ生き延びいけるでしょうが、あんな所もまたまた 煙突や煤煙伴っ工場がやって来生き延びようとする気持ち嘔吐催させしまう んです。だからあいつらはもう恐らく何んも残されはいないんですよ。」 13)  今日ともなれば上記ラーベこの警告は重苦しいいほど現実性伴っ伝わるであろうが 100年も前この深刻な真実理解できたはごく僅かな人たちだけであったろう。しかしな がらまた一方でこの作家が繰り返し取り扱う問題独特異化し持ち出し来ることのみ 注目しはならないであろう。かかる場合動物相や植物相そのものだけ関心が示されい るではなく、これらが人間置かれいる状態象徴化しいることが重要なであり、結 局は生存脅かすある技術が増大することによって人間ふさわしい在り方が破壊されるとい うことが反語的糾弾されいるである。それは上掲引用続い「動物たちはほんの少 しだけ人間行っいる過ぎないです」という言葉如実表明されいよう。  ラーベは産業革命大都市における随伴現象たる諸変化述べいるばかりではない。地方 都市やいわゆる田園地帯におけるそれらも描き出しいるである。それは大都市から離れ た地域も工場が所在地選定した結果であったり、大衆社会出現過程で大衆観光が次第に 生じきた結果であったりするが、数世紀にわたって維持され来た居住環境越え居住域 が次々と造成され始めいた事実反映外ならない。大衆観光映し出しいる例として 1888年書かれた物語「皇女フィッシュ」(           )が挙げられよう。この作品では ハ−ルツ()地方ある小さな町「イルメンタール」(        )が19世紀後半数多く 見受けられたよう保養地変貌しゆく有り様が描かれいるであるが、それまで野生 草花や良い匂いする薬草が生い茂っいた町中や周辺部いたるところ「イタリア−ド イツ−イギリス風ルネッサンス様式邸宅」が観光用呼び物とともに建ち並ぶようなる。 この一般的な建築ブーム助成者はアメリカから戻っきたアレックス・ロートブルク (      )という男で、無論「概して関心も持たず,生粋愛国的なイルメンタール出身者でもなく」 14) 、ただ利己的な利益志向からそうなったであったが、それでも目眩 らまされた住民たちは町景観最終的は壊ししまうこの男すべて計画感激し同 意し、たとえば周囲自然も含めた彼提案よう歓迎する。
さらに見せる

11 さらに読み込む

メキシコにおける前衛主義 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

メキシコにおける前衛主義 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2.「同時代人」誌創刊 「同時代人」誌グループ中核は、国立予備学校で顔合わせた数名詩人たちであった。 まず年齢近さが彼ら親しく結びつけたである。予備学校卒業後、高等専門学校や国立 大学法学部進学しからも交遊は続き、きずなは強まった。彼らが、〈青年文芸協会〉派 カソやゴンサレス = マルティネス感化されたは大学入学後ことだった。その頃、トー レス = ボデーとベルナルド・オルティス = デ = モンテジャノ Bernardo Ortiz de Montellano (1899‒1949)は、〈新青年文芸協会〉派 Nuevo฀Ateneo฀de฀la฀Juventud 結成しいる。1921年 はノボやハビエル・ビジャウルティア Xavier Villaurrutia(1903‒1950)が加わった。やがて、 彼らはさまざまな雑誌や新聞作品発表すると同時に、「現代メキシコ」誌や 「方陣」誌 創刊した。さらに1927年5月から翌2月までは、ノボ、ビジャウルティア、クエスタ、オーエ ンらが中心となり、「ユリシーズ」出した。いずれも短命終わったが、二十世紀前半メ キシコ文学において決定的な役割果たすことなった。ことに「ユリシーズ」誌は、新しい 美学創造目指す姿勢といい上述した執筆陣といい、まさに「同時代人」誌先触れであっ た。
さらに見せる

12 さらに読み込む

鳥井克之先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

鳥井克之先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 そして、これまで研究集大成として、『中国文法学説史』(関西大学出版部・1995年) 著されたことにより、1996年関西大学より文学博士学位授与されました。また、「中国 教学文法辞典」(東方書店)・「中国教学文法概論」(関西大学出版部)もまもなく完成され、 大いに注目され高く評価されることは言うまでもありません。

2 さらに読み込む

河合忠仁教授略歴及び主要研究業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

河合忠仁教授略歴及び主要研究業績 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

昭和38年 6 月 米国コネティカット州ニュータウンハイスクール卒業 昭和39年 3 月 奈良県立奈良高等学校卒業 昭和39年 4 月 奈良教育大学教育学部 中学校課程英語科入学 昭和43年 3 月 奈良教育大学教育学部 中学校課程英語科卒業

3 さらに読み込む

中島 巖先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中島 巖先生に心からの感謝を込めて 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 中島巖先生は発達心理学と言語心理学専門領域とされ、学術論文も英語とドイツで執筆 される日本でも数少ない心理学者である。ヴントによる実験心理学確立以降、認知心理学 も大きく影響したゲシュタルト心理学などドイツ圏で研究が学問分野として心理学基 盤なしいることは周知事実である。また三帝国時代亡命したユダヤ系学者がアメリ カで社会心理学基盤創ったことも良く知られいる。その中で「言語心理学」は言語行動 研究からビューラーにより基礎築かれたが、ドイツでは通常    と称さ れ、言語学基礎置く「心理言語学」(     )と区別される。人間言語運用 研究するのに言語体系ではなく、社会的行動する人間心理過程起点置き、そこから 外国運用厳密分析されその知見言語能力育成応用しようとする、そのような研究教育先生は、外国教育研究機構が成立する以前から、文学研究教育心理学専攻課程 講義で論じられいた。またドイツ言語心理学権威、テオ・ヘルマン教授(マンハイム 大学)迎え、大阪ゲーテ・インスティトゥートで開催されたドイツ教授研究も参 加され、早くからドイツ教育関係者と交流されいた。従って、その後文学研究科内新し く「外国教育専攻」が増設される際、既存「xx語学」応用領域としてではなく、新し く学際的外国教育研究領域確立しようとする構想において、先生ご専門は大変魅力 的であり、かつ重要な領域であった。先生言語運用に関する日独比較文化的なご研究はヘ ルマン教授著書も引用されおり、対人関係において指標取る際傾向的相違が、実験 心理学的も明らかされいる。新しく外国教育研究機構が発足した際、文学部から移籍 される先生が殆ど語学系であったため、教育・心理系先生が移られたことに対し学内では不 思議思う声もあったと聞くが、言語運用力「言語記号音声化」としてではなく、対人行 動能力一環として捉える時、言語心理学、発達心理学、教育心理学、社会心理学など心理学 諸領域が重要な一つ理論的フレームであることは、今日、英語・ドイツなど語種問わ ず、外国教育研究常識となっいる。その意味で先生お迎えし外国教育専攻設立 できたことは大変有意義な経験であり、院生や学生にとっても、言語学・文学越え専門世 7
さらに見せる

2 さらに読み込む

中国語教育における習得語彙の広さと深さ 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語教育における習得語彙の広さと深さ 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

晚 喝 了 瓶 啤酒 在词汇学研究 ,连辞关系 并列关系又被 合关系 和 聚合关系 词语的 合 关系 虽然 种关系在汉语中很大程度 句法关系= syntax 相 合 简单地说就是搭配关系, 体 的是词语之间的 惯性选择 如汉语中的 药 打 在日语中分别 薬飲 傘 差す 合关系有 线性的,如 药 ,和逆线性的,如 本书 前者动词对 语 行 规定 者 词对量词 行规定 词语的 合关系所 有的 惯性和可 性对语言的 应用 有两类贡献, ,固化某 词 使意 化 减轻记 负担 高理解效率 在修饰部日益长 大的 汉语中尤 要 关于 点,偏离本文 , 展开
さらに見せる

9 さらに読み込む

Sprachpolitik in Europa − − − "" 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Sprachpolitik in Europa − − − "" 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Ein฀ bildungspolitisches฀ Ziel฀ ist฀ es,฀ die฀ Vielfalt฀ der฀ Sprachen฀ und฀ Kulturen฀ in฀ Europa฀ als฀ wertvollen฀gemeinsamen฀Schatz฀zu฀vermitteln,฀der฀geschützt฀und฀entwickelt฀werden฀s[r]

10 さらに読み込む

新時代の中国語教育 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

新時代の中国語教育 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国教育限らないが、いまや「新しい」というは実質的な意味もっいる。すな わち IT 革命進展により、新しいハードウエアは、それふさわしい新しいコンテンツ 求めいる。教育研究従事するものは、意識変革が必要とされる。国民半数近くが 大学入学する時代、これから外国教育が担う任務ゆずれない一点は「学生コミュ ニケーション能力養成」なる。しかし、それは単にことば発信と受信意味しない。 特に中国においては今後コミュニケーション文法解明し、異文化理解深めることが 求められる。本論では二三ケース取り上げるが、このような視点が重要度ますことは 疑いない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

コミュニケーション能力を養成するためのパターンプラクティス 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

コミュニケーション能力を養成するためのパターンプラクティス 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 Taxi฀!฀ 1Unité฀ 1 では自分と人紹介(名前、国籍、職業、住所、趣味)行う。 1 課 コミュニケーション学習内容は「挨拶する」、「名前言う」、「自己紹介する」であり、国籍・ 職業・住所含め自己紹介ができるようする。文法的はs’appeler,฀ être及び住所言う 場合はhabiter 1 , 2 , 3 人称単数活用が学習項目である。授業最初は新学期という状 況利用し、教員対学習者、及び学習者同士コミュニケーション活動を通して練習行い、 出来る限り自然な状況で実際使いながら表現学ぶよう心がける。しかし、コミュニケーシ ョン活動では正確発話するよりも、相手質問即座反応する方が優先される傾向が高 い。このため、学習者によっては、コーラス練習中は正しく文が発音できも、実際使う時 なると、例えばs’appeler活用が人称応じ正しく使いわけられないということが起こ る。そこで 1 課終わり自己紹介内容総復習し、質問と答えパターン整理するとい う作業行う。「名前聞く・言う」について以下よう練習行う。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Was ist eigentlich  ? 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Was ist eigentlich ? 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Über den Kopfhörer werden deutsche Wörter dargeboten: Mit „HAUS“ semantisch ähnlich: Mit „HAUS“ phonologisch ähnlich: Mit „HAUS“ semantisch und phonolog.[r]

15 さらに読み込む

感情スクリプトと第2言語コミュニケーション 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

感情スクリプトと第2言語コミュニケーション 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

構成するものであるゆえ、バイリンガル経験は言語が深く絡んだこのプロセス解明役 立つと思われる。 異文化コミュニケーションと文化化問題  すでに述べた文化モデルや感情スクリプトが、 1 言語習得と社会化プロセスを通して 個人が内面化したものであり、規範的働き、構成員行動や認識仕方や感じ方制約する となると、異なった文化内面化した人と出会いで、すなわち、異文化間コミュニケーショ ンにおいて、摩擦や誤解原因なりうるであろう。そして、それは言語文化Aで社会化され た人と、言語文化Bで社会化された人が出会ったこと想定した場合、スクリプト違いか ら予測される摩擦がおこりうること示す。しかし、 2 言語習得やバイリンガル観点から は、いくつか問題が生じる。まず、これまで異文化間コミュニケーション研究お いは、現実そういった人と人が直接接触するとき、どの言語でコミュニケーション図る かという点はあまり問題されいない。しかし、実際は、日本人とアメリカ人がコミュニ ケーション図る多く場合、英語が使われるであろう。日本いるアジアから留学生と日 本人会話や日本企業勤めるブラジル人と日本人会話ならば、日本で行われることが多 いかもしれない。ヨーロッパ系外資系企業内部では日本あっも、コミュニケーション 言語は英語であろう。もし、ある人がほとんどネーティブ・スピーカーなみ英語や日本語 使える場合、この人は対象文化的意味空間においてかなり経験が豊富で、上述べたよう な文化的実践や活動参加しいる。そうだとすれば、すでに 2 言語文化スクリプトやス キーマ獲得しおり、使う言語応じ少なくとも表面的な行動表出切り替えることがで きいるではないだろうか。そうすると純粋な文化AとB接触というは実際ありえる だろうか。しかし、一方で、社会化過程で、深く心刻まれた感情スクリプト不一致 は、違和感や不快感など情意的反応引き起こすかもしれない。
さらに見せる

16 さらに読み込む

フランス語教師のための研修の必要性 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教師のための研修の必要性 外国語教育研究(紀要)第11号〜第17号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 . 2  フランス語教師採用条件  中等教育機関では、専任教諭については教科関わらず教員免許が、非常勤講師については 原則として教科ごと教員免許が必要である。すなわち、フランス語教師なるためは、中 学校あるいは高等学校外国(フランス語)」教員免許状取得するが一般的である が、他教科免許状取得し専任教諭なれば、教育委員会へ申請フランス語も教 えることができる。あるいは、「特別非常勤講師(=免許要しない非常勤講師)」枠で採 用される場合は、いかなる免許も必要としない。この「特別非常勤講師」は平成10年度免許 法改正により「許可制」から「届出制」となっ以来、とくに公立学校では増加一途たど っている。しかし都道府県によって差があり、また私学では(フランス人講師場合や大学付
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題