トップPDF 「2014年日本中國語教師暑假臺灣研習班」に参加して 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「2014年日本中國語教師暑假臺灣研習班」に参加して 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「2014年日本中國語教師暑假臺灣研習班」に参加して 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

はじめ  筆者は2014 8 月台北で実施された日本人中国教員向け研修「2014日本教師 」(以下、研修と呼ぶ)参加た。台湾では民国102、すなわち2013から 教育部が主体となっ「邁向華教育產業輸出大計畫」と名付けられた一大プロジェ クトが進行である。このプロジェクトは、従来行われいた中国教育を一層産業化させ、 世界中で高まる中国教育需要応じることを目的と、量で圧倒する中国大陸中国教 育に対して、質高い中国教育を提供、台湾中国教育ブランド確立をめざしいる。 プロジェクトは、高度なトレーニングを受けた台湾人講師海外各国へ派遣、台湾 中国教育機関へ留学生招致また非ネイティブスピーカー向けテキスト及びデジタル教 材開発などが含まれ、筆者が参加た研修も、このプロジェクト一環として実施されたも であった。(プロジェクト詳細は http://www.edu.tw/userfi les/url/20140529105812/(第 3 版)邁向華文產業輸出大計畫1030526 依發會意見修.pdf を参照されたい)本稿は、筆 者研修参加記録であるとともに研修終了後、学び取った知見を授業で実践た際生じた若 干問題点を記した備忘録である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

授業の活性化に向けて—グループによる学生参加型授業の実践的考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

授業の活性化に向けて—グループによる学生参加型授業の実践的考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

⑴ グループ構成人数  グループにおいて適切学習を進めるのに好ましい人数は学習環境によって異なるであろう が、ふつう10人を超えることはない。数が多ければ広く情報が得られ、ディスカッション深 みが増すが、反面、各メンバー発言量が減り、所属グループへ参加意識や責任感が弱ま る。数が少ない場合はちょうどその逆となる。浅野(2002)は「 4 ∼ 5 人が好ましいが、 6 ∼ 8 人でもなんとかやれる。 3 人はとてもうまくいくグループができる一方で、一人がはずれた り、一人で請け負ったりする場合フォローにくさがある。 6 名以上なるとグループから はずれる学生が出はじめる。10人を超えるとグループ内グループができるか、ほぼ関与ない 学生が出始めるので、それへ対応も苦慮することなる」と述べいる。他方、Jacobs (2002)は、好ましい人数については学習面や運営面からも利点多い 4 人を推奨いる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

問題点としては、教師連絡時間がとられることであろうか。この連絡がうまくいかな いと学生は混乱することなるであろう、授業内容も、同じこと繰り返しであったり逆 説明が不十分だったり、授業効率上大きな問題が生じるであろう。お互い授業がまっ たく関連なく平行線で進む場合(たとえば、日本人教員は文法を日本語で教え、フランス人教 員は日常会話を教える等)は、学生教員に対する不信感も生まれるであろう。そのほか、 欠席者に対するフォローをどうするか(しかしこの問題はタンデムクラス限ったことではな いが)、評価をどうするか、といった問題もある。結局ところ、タンデムクラスは、教員同 士コミュニケーションがうまくいくかどうかが成功大きな鍵なると思われる。また、レ ヴィと太治が同時に教壇立つ授業を希望する学生もいた。日本人アシスタントいるフラン ス人教員授業を希望いると思われるが、単にアシスタントとしてではなくより積極的 授業運営関わっいくためは、日本人教員は何をなければならないか。この問い対す るひとつ答えは、教育研修へ定期的な参加ではないかと思う。最新教育方法を学び、そ れを日本大学における外国教育という文脈で問い直しみることによって、現実ク ラス運営を担っいくは、日本人教員ひとつ役割ではないだろうか。たとえば、日本人 学習者フランス語語彙力を伸ばすはどうたらよいか。会話わからない単語出会っ たとき、辞書頼らず、会話を中断することなく、その会話を続けいくはどうたらよい か。聞き取り能力(細かな部分こだわることなくメッセージ大意を理解できる能力)を身 につけるはどうたらよいか。われわれはこうした問題真剣対処いかなければなら ないだろう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影あう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることなったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較, 積極的授業参加いるよう見られた。  また,英語歌も学生興味を引いたと考えられる。学生意見あったが,教科書英語 を読むことは意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭残り,楽しみながら練習でき る。上手歌うためは,英語リズムや音つながりをマスターなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できたと感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌っ練習た学生もおり,発音トレーニングが自主学習つながっ いる。アンケートを見も,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ため良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感いると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで同じくこの日日記は、 8 月27日から 9 月12日まで行なわれる、「独逸第十二軍団 秋季演習」参加することが記されいる。これは、ザクセン軍団軍医部長ヴィルヘルム・ ロオト勧めによるものであった。ロオトと初めて出合ったは、この 4 月29日で、この 日日記「索遜軍団医長軍医監ロオト Wilhelm Roth 氏徳停府より来り、諸大学教授及軍医 とカタリイネン、ストラアセ Katharinenstrass s i c e なるバウマン Baumann 酒店会す。余も亦 与る。ロオト氏は鬚眉皆白し。然れとも談笑状少年如し。此人は方今独逸国軍医巨 擘なり。余面を見、人介するを待たず、卿は二等軍医森氏ならずやと呼び掛け」(同: 94)られたことが記されいる。鷗外は、 5 月27日陸軍 1 等軍医任ぜられいた。なお辞 令は 7 月15日到ると日記は書かれいる。鷗外は、その後ロオトと親しく交際、またロ オトも鷗外を厚遇止まなかった。ロオトは秋季演習後、鷗外ドレスデン、ザクセ ン軍団冬期軍陣衛生学講習会(10月13日―翌19 2 月27日)参加するよう勧めた。こ こは鷗外最初計画はなかった所である、また大学があるわけでもないのに長期滞在 することは、ロオトと親交だけでなく、ロオトを通じて多く友人がこの地でき たことと、またロオトを始めその友人達が文学好きであったことも影響いる。またさらに はドレスデンへ幾度も来るうち、この地素晴らしさ心引かれるものもあっただろう。 そしてこの地で、鷗外が記すようスペイン文学と印象深い出会いがあった。もしロオト 誘いがなければ、この印象深い出会いも起こらなかった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 実際、グループ活動については外国教育限らず様々な分野において先行研究がなされ おり、たとえば英語教育についてものだが(高橋、2008)では、グループによる学習は学ん だ内容理解を深めるだけでなく、学習者が活気づき高い意欲を持っ授業取り組むと報告 されいる。多く場合、授業参加する学生は互いに知らないため、緊張いることが多 い。ところがグループ活動をとおせば他学生と壁が取り払われることによってリラックス た状態で授業参加できる。そこから学習意欲が刺激されることが期待される。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Motivation im 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Motivation im 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Motivation im Deutschunterricht モティベーションを重んじた楽しいドイツ語授業 Bettina Goesch 大学におけるドイツ授業は、近年、かならずしも学生モティベーションを充分引 き出しいるとは思えない。そこで私は自ら授業実践において、ドイツ文法と表現 練習ゲームやポスター作りを共に行いながら学生やる気を高めいる。その授業では、4~ 5人学生を一つグループ教師質問やすい環境を設けるよういる。そ こではドイツを使う場面が多く生れ、学生も楽しく授業参加できるからである。以下は その実践報告である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 2001試みは E-mail 交換を別することを考えさせた。通常授業で得た文法・ 語彙知識応用的な面を考え、表現型や例文を示しながら説明しようとたが、数回レ ッスンでは学生文章を添削するだけで精一杯であり、学生作文力を伸ばす機会なったと いう実感は持てなかった。しかし、1年間フランス語基礎を学んだ後で、それと実際コミ ュニケーション使ったという満足感を得た学生は多く、何らかの形で続けようと思った。  フランス側学生 E-mail は日本語とフランス語と英語を自由交え自然書かれお り、当然教師チェックは入っいない。「日本語」は多く誤りを含んでいるが、他言語 を補足的使うことで、理解は可能である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1  翻案・国籍  日本で最初『ドン・キホーテ』翻訳は、明治20(1887)4 月出版された愛花仙史(閲)、 斎藤良恭(訳)、『欧州新話谷間乃鶯』(東京共隆社、117頁)である。三木愛花(本名:貞一) は序文で「近頃斎藤生一書を携へ来り。曰く。是れ西小説『ドンキーショット』録 するもの。其原書ハ文章流暢優美を以て。全欧称され。翻訳諸邦伝えれり。 其事ハ即ち実伝。所謂小説なるものあらず。然れども。其事絶奇。其文章も巧 みなるが為。終に小説社中伝播流布。見一部小説となす至れり。今之を訳し。 谷間鶯と云う」(『谷間乃鶯』:1-2)、と翻訳至った経緯を述べいる。『ドン・キホーテ』 は、ドン・キホーテとサンチョ・パンサいくつも話からなる行状記ではあるが、『谷間乃 鶯』一致する挿話はない。実はこれはセルバンテスが1613出版た『模範小説集』所収 作品『血力』を翻訳たものであっ、『ドン・キホーテ』一挿話を訳したものではなか った。また『谷間乃鶯』は、原文ない挿話も加筆され、話が 2 倍程度長くなっいる。これ についても愛花は序文で「素より原書巧妙及ばずと雖も。其奇構至っは。嘗て損せざ るなり。儘又蛇足を加ふ。蓋し読者了るを惜しむを恐るゝ為なり」(同:2)と説明 いる。シェークスピア『ベニス商人』が、『何桜彼桜銭世』(さくらどきぜ なか)や『人肉裁判』、またトルストイ『戦争と平和』が『泣花怨柳北欧決戦余塵』と改題さ れることを考慮すれば、また西洋追いつこうと始められた演劇改良運動や改良小説などが唱 えられた時代背景を考え合わせれば、当時翻訳あっは加筆なども許されたかもしれな い。しかし『谷間乃鶯』では問題視されなかった翻訳も、同じスペイン劇作家であるカルデ ロン作『サラメア村長』翻訳場合はそうはいかなかった。これを翻訳は森鷗外 である。鷗外は演劇改良運動先駆的な翻訳として、ドイツ留学から帰国た自身文芸活動 最初、この劇作を選んで、邦訳名を『音調高洋箏一曲』(しらべはたかしギタルラひとふ )(明治22)と題し新聞紙上連載た。『谷間乃鶯』とほぼ同時期でありながらも、新聞 紙上発表たことで反響が大きかったこともあっ、翻訳論争となっしまったであろう。 さて『谷間乃鶯』何が加筆された話を戻せば、それは主人公男性がイタリアへ旅立 つことなる理由や、イタリアで生活様子を描いた箇所である。しかし主人公滞在た イタリアはセルバンテスイタリアではなく、現イタリア建国時代であった。これは明 治における自由民権や国会願望表れではないかと考える。また電信など挿話もあるが、時 代錯誤陥らない内容であることが幸いいる。詳細は拙著「日本における偽『ドン・キホ ーテ』考」(1992)を参照されたい。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、B 1 なっ獲得されなければならない能力ひとつとして、一般大衆向けられた メッセージを「聴衆」一人として受け取り、その内容を理解する能力がある。これは、テレ ビ番組を見る際も要求される能力ではあるが、テレビ場合、映像が内容理解助けとな る。「聴衆」として講演や発表などを理解する能力を発達させるためは、教員がフランス語 を積極的用い授業を運営することが役に立つであろう。ここでもまた、学生が100パーセ ント完全教師指示や説明を理解する必要はない。「要点」を理解できれば良いである。 重要な項目で、学生完全な理解を確かめる必要がある場合は、日本語説明を補足すれば よい。こうして 1 年間、教員フランス語で指示慣れ親しんだ学生は、フランス人を一般 対象とするメッセージに対しても、要点を理解する素地はできいるであろう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

また、教育現場でも構造について学習者興味を引き出すようたい。教師用参考書 としては、小野(2004) が、形態論基本的なことをかなり分かり易くまとめいる。しかし 連結形や語根といった、形態論ではしばしば議論から外されがちな要素については、やはり取 り扱っいないは残念だ。理論だけでなく、英語語彙実情を観察する視点も欲しい。 Sinclair, et al.(1991) は連結形を含め、接辞用例を多く集めいる。また、語根を軸 構造を示し語彙力向上を目指した辞典として瀬谷(2001)があり、辞書形成情報語根 を取り入れるべきかどうか、考慮対象として興味深い。しかし「語根」もまた、定義ゆれ が大きく、「語根」と「語幹」区別が一定でないということも付け加えおく。
さらに見せる

10 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

文化的要素を学習できるようなっいたりと、工夫が凝らされいる。たとえば、スペイン とラテンアメリカ諸事情を文法とともに段階的学んでいくことを主眼とた西川喬『新ス ペインゼミナール』、旅行会話や日常会話だけでなくパソコン、携帯電話などで用いる活きた 表現を取り入れた福嶌教隆『生き活きスペイン』がある。これら教科書は、本文、文法説 明、練習問題によって構成されいる。文法事項学習が中心据えられいるが、説明がよ りわかりやすくなっおり、練習問題数が増やされるなど工夫がされいる。また写真やイ ラストが採用され見た目も華やかで魅力があるつくりとなっいる。近年、旅行や仕事で外 国出かける日本人が増えるにつれて、実際的な運用能力、コミュニケーション能力を身つ けたいと考える学習者が増加た。そうした欲求を満たすため、石崎優子、フェリサ・レイ『ス ペイン世界へ窓』よう、文法学習を中心とた傾向から実践的コミュニケーション重 視ものへとシフトする教科書が出きた。このような教科書では、多様な練習問題を組み込 み、学習た文法項目を使用た、教室でペアワークやグループワークといった活動を提案 いる。さらには、タスクを用いることにより、文法学習と同時に言語使用意義を学ぶ大 森洋子、四森瑞枝『タスクで作ろう、活気ある教室−初級スペイン授業改善を目指し ― 』 という、初級レベル学習者ためタスク活動を実践報告まとめた事例集も発行されいる。  CEFR については日本学会や雑誌においても多く研究や論文があり、その概念をどう生 かすか盛ん論議されいる。しかし、2009年度でも30点以上と多様な教科書が出版され いるもかかわらず、現在ところ CEFR を軸たスペイン教科書は日本からは出版され いない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

かということも振り返り客観的な目で評価いる。  「人伝えることでロシアを再確認」とあるよう、もちろん、自分たち学んで来たものが 何であったかも改めて振り返っいる。   3 年間ドイツやロシアを勉強きた学生たちは、自分たち選択た言語を学習た ことを多少なりとも誇り思っいると上記学生たちから意見から読み取ることができる と思う。しかも選択外国以外外国に対しても、新しく学ぶ用意ができることを示し いる。世の中英語、日本語以外言語があることを、この交流授業で身をもっ体験でき たといえる。外国を学ぶことはあなたどう作用ましたかという問いに対して、紋切型 「視野が広がりました。」以上ものを答として引き出しくることができたと考える。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、はじめ触れたが、今回研修は、 5 名カナダ人と一緒であった。彼女たちは、第 2 言語としてフランス語を教える立場あり(英語教員 1 名をのぞくが)、日本人教員とは異 なる。ケベックではフランス語は身近な言語であるが、日本では、実際使う場面が限られる ため、コミュニケーション道具としてフランス語習得困難をかかえる。一方、第 2 言語 としてフランス語を教える彼女たち問題はむしろ、文法やライティングある。彼女たちと 3 週間研修をともにすることで、日本におけるフランス語教育を見直し、「それでは、日本で は具体的何ができるか」「何を目指すべきか」と自分問いかけるきっかけとなった。外国 としてフランス語を学ぶ日本学生と、第 2 言語としてフランス語を学ぶカナダ学生間で交流 を始めようと提案も研修生から出されいる。また、以前から興味を持っいた immersion 体験談も聞くことができ、カナダ生活や文化を直接知ることもできた。非常幸運であっ たと思う。今後も、彼女たちとネットワークを保ち続け、さらに教員として研鑽を積んでいき たいと思う。
さらに見せる

13 さらに読み込む

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 効果的な授業 Paul฀Carty Mark฀D.฀Lucas  本論文では、日本大学でコミュニケーションクラスを受講する 1 年生効果的な教授 技術を調査する。学生は実用的な会話スキルを持たないため、オープンエンドタスク使用 は不十分である、また、語彙中心授業も、学生が高校で習得するような潜在的語彙を増 加させるだけである。必要なは、学生特定ニーズ合うこれら中間点である。  この「中間点」は以下 4 つポイントが含まれる: 1 )親しみあるトピックを利用 、学生が言語特化たスキル注意を向け、そのトピックについて話したくなるよう な状態促す。 2 )打ち解けた雰囲気を作り出し、なじみない場所で話すことへため らいを払拭する。 3 )英語を使わなければならない教室環境することで、どんな状況お いも、学生が英語を使用するよう促す。 4 )特定会話ツールを教えることで、学生 自信を向上させ、学生自らが気軽会話を始めたり、終わらせたりできるよう促す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

『外国語学部紀要』発刊に際して 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『外国語学部紀要』発刊に際して 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 三以上長きにわたってカメラを回し続けたとは言うものの、監督自身は被写体柳家小 三治に対して不即不離関係を保っいたちがいない、と私は思う。小三治口から時折り 洩れるなにげない言葉私たちが真実味を感じるは、監督と被写体あいだこうした一定 距離感があったればこそで、まさしくこれが作品隠し味となっいる。

2 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 では,“和”が生起なくもよい並列構造や,“和”が生起ないが一般的とされ る並列構造,“和”を生起させるとどのような意味的差異が生じるか。作文や記事タイ トルとしては, “茶壶和茶碗”や“爸爸和妈妈”ようA和B型を採用するが自然であるが, テクストによっては,“茶壶茶碗”敢えて“和”を生起させ“茶壶和茶碗”とすると,他 受け皿なども存在,そのようないくつか要素から(ほかでもなく)きゅうすと湯 飲みを取り上げるという意味合いが生じ,“爸爸和妈妈”も,(ほかでもなく)お父さんとお母 さんを選び出し取り上げるというニュアンスを帯びる。下例では,
さらに見せる

9 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

は、これら知識がすべて必要であるが、これら知識を段階別教えるべきである。一 気全部教えるは学生を混乱させるだけである。初級段階比較文場合は、述語は形 容詞だけを中心教えれば十分である。述語が“有”+抽象名詞、能願動詞+動詞など 文例、省略問題、そして述語付けられる程度副詞問題などに関する知識は中級以 上段階分類されるべきであろう。授業、もし学生がこれらに関する質問をた場合 は、具体的な問題に対して、その学生個人説明するだけで十分であると思われる。  頻度が高く、且つ日本語表現とは違う表現については、授業、その区別をしっかり 説明すべきである。その上、繰り返し練習させることも必要ある。たとえば、中国形 容詞述語文構造は英語と日本語形容詞文とは異なるので、その区別をしっかり説明す るべきである。ただし、学生がその説明が分かっも、実際使う時は母国影響 を受け誤っしまう場合がある。一例として、“今日は天気がよい。”という形容詞が現 れる文を中国訳すときは、往々“今天天气是好。”、“今天天气好。”というよう言 ってしまう傾向が多い。このような文法上難しくない問題であっも、実際使うとき 間違っしまう文法事項については、学生が完全使えるようなるまで、授業頻繁 練習なければならない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ーダレス化する社会状況において、英語が国際として認識されるようなった結果、英語話 者多様性注目た研究が増えた経緯があり、「ネイティブ・スピーカーとは誰か」という定 義づけ問題が顕著化たためである(嶋津,2015)。  この「ネイティブ・スピーカー」「ノンネイティブ・スピーカー」という二項対立概念だ が、対象言語ノンネイティブを多く抱える現在多文化共生社会においてはすでに意味をな いないことが、英語教育分野では議論されいる。例えば、Kramsch(1997)や Davies (2003)は、「母語話者性」というものが理念上規範すぎないことを指摘、「ネイティブ・ スピーカー」と「ノンネイティブ・スピーカー」という二項対立関係そのものが、ある種権 威をネイティブ・スピーカー与えいると捉えいる。外国教育では、学習者到達目標 としてその言語理想的な話者モデルを必要とするため、その言語に関する正しい知識を持ち、 その言語を正しく使用するとされいるネイティブ・スピーカー存在が重要な意味を持つわ けである。しかし、その言語に関する「標準」をネイティブ・スピーカー言語使用求めた 場合、ノンネイティブ・スピーカーである学習者言語行動は「逸脱」と見なされることな る(Firth & Wagner, 1997)。
さらに見せる

14 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 . 2 .学習する内容について  先指摘たよう高等学校スペイン学習者授業時間数は学校ごと異なる。しかし この問題は、教科書含める学習項目や内容を限定するよりも、むしろ可能な限り多く項目 を含めることで解決できるではないだろうか。それぞれ学校が立てる目標応じ使用で きるよう、より多く授業時間数を想定作られた大学生向け一般的な教科書が取り入 れいる内容と同様ものを学習事項としてあえて設定するも一つ方策であるよう思わ れる。注意すべきは、文法項目扱いとは違い、用法や表現については限定学習項目を設 けるということである。そうなければ収拾がつかないほど膨大な項目を取り上げなければ ならなくなるからである。一方でそうした多大な学習項目を学習者へ示すに当たっては配慮が 必要で、例えば、一度たくさん情報を与えることはせず、小さなステップ分け提示す るがよいよう思われる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題