高齢者を取り巻く現状と課題 6

Top PDF 高齢者を取り巻く現状と課題 6:

2 アンケート調査結果にみる高齢者を取り巻く現状と課題

2 アンケート調査結果にみる高齢者を取り巻く現状と課題

現在、主任介護支援専門員・介護支援専門員・保健師・社会福祉士の職員で運営して おり、「地域包括ケアシステム」実現するための中心的役割果たしていきます。 「地域包括ケアシステム」には、介護保険制度による公的サービスのみならず、保健・ 医療・福祉等のフォーマルサービスのほか、ボランティア活動や近隣住民同士の支え合 いや見守りといったインフォーマルサービスも利用できるような、高齢地域で支え るための仕組みづくりが必要です。その中核担う地域包括支援センターとして介護予 防事業はじめ、地域支え合い人材育成や認知症サポーター養成、見守りネットワーク の構築、要援護台帳整備等に取り組みながら様々な社会資源活用し、継続的かつ包 括的なケアシステムが行われる体制の整備図っていきます。
さらに見せる

38 さらに読み込む

第2セッション高齢者雇用の実態 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第2セッション高齢者雇用の実態 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

ン , 2003; ワン / , 2005 本稿 韓国の高齢の所得源所得水準 労働力供給形態の特徴 他の国比較 検討 る 分析に用いる 韓国労働研究院 2006 に基本調査 終え 高齢化 パネル調査 Korean Longitudinal Study of Ageing: KLoSA ある appendix参照 KLoSA 企画段階 ら の HRS Health and Retirement Study や パの SHARE Survey of Health, Ageing and Retirement in Europe の比較 念頭に置い 構築さ い

37 さらに読み込む

資料シリーズNo33 全文 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo33 全文 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

高齢 新規採用機会 企業 一般的特性 企業 一般 的状況 説明 企業特性変数 企業規模 操業 数 労働組合 有無 場占有 率 増減 産業 使用 先行研究 企業規模 高齢 新規採用機会 末 関 場合 あ Heywood, Ho & Wei., 1999; Scott, Berger & Garen, 1995 - 関 統計的 有意 場合 あ Hirch, Macpherson & Hardy, 2000 企業 設立 い 従業員 均 齢 高 傾向 あ 企 業 設立 い 高齢従業員 比率 高 あ う 高い高齢比率 企業特性

71 さらに読み込む

表紙・まえがき・目次 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・目次 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

ン 造造韓国労働研究院研究委員 造 造造造造日 側報告造造----------------------------------------------------------造造由根造 日 高齢 用 策 実態 造 伊藤造造実造造労働 策研究 研修機構統括研究員 造

4 さらに読み込む

第1セッション高齢者雇用政策の現状と課題 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1セッション高齢者雇用政策の現状と課題 資料シリーズ No33 活力ある高齢化社会の構築 ―高齢者雇用政策の現状と課題― ―第6回北東アジア労働フォーラム|労働政策研究・研修機構(JILPT)

勤 う賃金曲線 急激 昇 生産性 賃金 早 増 繰 延 補償的 特徴 強 映 あ Hirch, Macpherson & Hardy, 2000 管理 大 卒新入社員 間賃金総額 差 企業 勤 う賃金増 wage tilt 表 変数 使用 俸制 管理 大卒新入社員間 賃金 差 2 変数

30 さらに読み込む

第2章 高齢者を取り巻く現状.pdf 宮崎市民長寿支援プラン(第8期高齢者福祉計画、第7期介護保険事業計画)  宮崎市

第2章 高齢者を取り巻く現状.pdf 宮崎市民長寿支援プラン(第8期高齢者福祉計画、第7期介護保険事業計画) 宮崎市

の対応」 、「日中の排泄」および「夜間の排泄」 、「屋内の移乗・移動」で不安が大きい傾向 が見られました(図2)。 そのような状況から、本市では、地域で認知症の人やその家族の支援行う認知症サポ ーターの養成積極的に行っています。教育委員会連携し小学5年生対象に講座開 催するなど、平成 28(2016)年度末の認知症サポーター数は3万人超えたところです が(図27)、実態調査の結果踏まえ、引き続き家族や地域住民等の認知症に対する理解度 の向上図るほか、介護への過重な負担が生じないように適切なサービス等提供する など、地域全体で見守ることができる体制づくり進めていくことが重要になる考えら れます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

資料集高齢者の住まいを取り18 巻く現状(データ集)資料集高齢者の住まいを取り巻く現状 ( データ集 ) 図 1 年齢区分別将来推計人口と高齢化率の推移 ( 千人 ) 6, 5, 4, 3, 2, 1, 実績値 推計値 15 万人 27 万人増加 16 万人

資料集高齢者の住まいを取り18 巻く現状(データ集)資料集高齢者の住まいを取り巻く現状 ( データ集 ) 図 1 年齢区分別将来推計人口と高齢化率の推移 ( 千人 ) 6, 5, 4, 3, 2, 1, 実績値 推計値 15 万人 27 万人増加 16 万人

図 10 サービス付き高齢向け住宅の登録(累積)戸数 ........................ 23 図 11 兵庫県下のサービス付き高齢向け住宅の状況 .......................... 23 図 12 住み替え・改善の課題 ................................................ 24 図 13 住宅確保要配慮の入居拒否等の経験 .................................. 24

9 さらに読み込む

第2章 住まいづくりを取り巻く現状と課題 第3次府中市住宅マスタープラン 東京都府中市ホームページ

第2章 住まいづくりを取り巻く現状と課題 第3次府中市住宅マスタープラン 東京都府中市ホームページ

2 住まいづくりに係る市の計画 本計画では、次に掲げる市の上位計画や関連計画踏まえて、策定しています。 (1)住まいづくりの上位・関連計画 本計画は、上位計画である「第次府中市総合計画」に即するとともに、「府中 市都市計画に関する基本的な方針」 (以下「府中市都市計画マスタープラン」いい ます。)など、住まいづくりの関連計画の整合図り策定行っています。

20 さらに読み込む

高齢者をとりまく現状と課題 1 高齢者の状況 2 市民ニーズ調査 事業所調査 3 第 5 期町田市介護保険事業計画の評価 4 現状と課題の整理 高齢者をとりまく現状は 年々大きく変化しています 今後高齢者の割合が大きく増えることにより 要介護 要支援認定者も増加していきます 第 2 章では そのよう

高齢者をとりまく現状と課題 1 高齢者の状況 2 市民ニーズ調査 事業所調査 3 第 5 期町田市介護保険事業計画の評価 4 現状と課題の整理 高齢者をとりまく現状は 年々大きく変化しています 今後高齢者の割合が大きく増えることにより 要介護 要支援認定者も増加していきます 第 2 章では そのよう

)認知症高齢の増加 認知症高齢の増加傾向 全国の5歳以上の高齢における認知症有病率の推定値は約15%で、 認知症有病者数は、2012年時点で42万人推計されています。また、 2025年には、認知症高齢は約700万人になる見込まれています。 町田市内の認知症高齢の推計数は、2013年時点で約1万4千人、 市内高齢の約14%にのぼります。
さらに見せる

23 さらに読み込む

建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会 中間とりまとめ 概要① 1 建設技能者を取り巻く現状と課題 年齢階層別の建設技能者数 年齢階層別の賃金水準 単位 千円 6,000 建設技能者の高齢化の進展等を踏まえれば 建設業の将来の担い手の確保が喫緊の課題 建設技能者は 様々な現場で経験を重ね 技能を

建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会 中間とりまとめ 概要① 1 建設技能者を取り巻く現状と課題 年齢階層別の建設技能者数 年齢階層別の賃金水準 単位 千円 6,000 建設技能者の高齢化の進展等を踏まえれば 建設業の将来の担い手の確保が喫緊の課題 建設技能者は 様々な現場で経験を重ね 技能を

.今後の進め方等 <専門工事企業の施工能力等の見える化の連動> ○技能の処遇改善に繋げるためには、能力評価制度 により高いレベル評価受けた技能育て、雇用 する企業「見える化」する施策の構築が必要。 ○専門工事企業の施工能力等の「見える化」図る 項目として、所属技能のレベル・人数設定。 ○平成30年度に検討会設置し、本格的な検討
さらに見せる

6 さらに読み込む

第 2 章消費者問題の現状と課題第 2 章消費者問題の現状と課題 消費者を取り巻く環境は 少子高齢化 高度情報化 グローバル化の進展などにより ますます変化しています これら環境の変化により 消費者トラブルや消費者被害が複雑化 多様化しており 新たな手口の悪質商法も次々と発生しています また近年では

第 2 章消費者問題の現状と課題第 2 章消費者問題の現状と課題 消費者を取り巻く環境は 少子高齢化 高度情報化 グローバル化の進展などにより ますます変化しています これら環境の変化により 消費者トラブルや消費者被害が複雑化 多様化しており 新たな手口の悪質商法も次々と発生しています また近年では

 また、国における高齢化率(65歳以上の高齢人口が総人口に占める割合)は平成27年 に26.6%なり、今後も増加していくことが見込まれています。また、高齢単身世帯の割 合も増加傾向にあり、65歳以上人口の人に1人が一人暮らしなっています。  札幌市の人口は、近年は増加規模が縮小傾向にあるものの、大正9年から一貫して増加し ています。これは、社会増加数(市外からの転入超過)が自然増加数(出生数-死亡数)上 回っているからです。自然増加数は平成21年に初めてマイナスなり、その後、減少規模 は拡大しています。このように、現在の札幌市の人口増加は社会増加によって支えられて いますが、ここ数年のうちには自然減少数が社会増加数上回り、札幌市においても人口減 少社会の到来が予想されます。
さらに見せる

22 さらに読み込む

第2章 障がいのある人を取り巻く現状と課題 あま市障がい者計画及び障がい福祉計画(案)に対する意見の内容及び市の考え方|あま市公式ウェブサイト

第2章 障がいのある人を取り巻く現状と課題 あま市障がい者計画及び障がい福祉計画(案)に対する意見の内容及び市の考え方|あま市公式ウェブサイト

遅い場合 避難場所 移動 時間 車椅子使用 簡単 移動 い 一時的 近 避難 後 指定 場所 い 所 作 い 改 避 難 方向 近所 長 民生委員 協力 近所 高齢 い児 確認 ップ い 必要 思い 親:女性 20~29 歳 身体 害

55 さらに読み込む

第2章 食を取り巻く現状と課題5.食の安全・安心 6.食育への関心及び食育の推進に関わる人材

第2章 食を取り巻く現状と課題5.食の安全・安心 6.食育への関心及び食育の推進に関わる人材

 活動内容としては、親子が共食の大切さ感じること目的した「おや この食育教室」、カルシウム摂取量高め、健康寿命の延伸生活習慣病予防 しロコモティブシンドローム予防目的した「生涯骨太クッキング」、団塊の 世代への自立支援や、30 歳代からの生活習慣病予防テーマした「男性のた めの料理教室」、家庭訪問による減塩活動や高齢や単身の住民のつながり の強化含む健康づくり活動から健康寿命の延伸目指した「ヘルスメイトが 「TUNAGU」(繋ぐ)パートナーシップ事業」など、さまざまなライフステージ
さらに見せる

8 さらに読み込む

第2章現状と課題 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン)  熊本県

第2章現状と課題 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン) 熊本県

現行の高齢の住まい等の類型は大変複雑になっており、 それぞれの住まい の機能や役割理解することが難しくなっています。 高齢が身体の状況等そ のニーズに応じて適切に住まい選択できるよう、 情報提供のあり方検討し、 分かりやすく伝えていく必要があります。そのためには、住民の身近な存在で ある市町村や地域包括支援センターにおける情報提供体制の構築が必要です。

3 さらに読み込む

目次 第 1 章高校教育を取り巻く現状と課題 1 本県の高校教育改革の取組 1 (1) これまでの構想における高校教育改革の取組の方向性 (2) 新県立高校将来構想 期間中の主な動き 2 高校教育を取り巻く現状と課題 5 (1) 社会経済環境の変化 (2) 県立高校の現状と課題 第 2 章新たな県立

目次 第 1 章高校教育を取り巻く現状と課題 1 本県の高校教育改革の取組 1 (1) これまでの構想における高校教育改革の取組の方向性 (2) 新県立高校将来構想 期間中の主な動き 2 高校教育を取り巻く現状と課題 5 (1) 社会経済環境の変化 (2) 県立高校の現状と課題 第 2 章新たな県立

また,地域,大学,企業等の多様な専門性や経験有する外部人材の一層の連携・協働 図りながら,チームとしての学校運営(チーム学校)推進します。 ア 地域の教育機関の連携の在り方 小・中・高等学校・特別支援学校の全時期通じた「志教育」の更なる推進等図るため, 発達段階に応じた組織的・系統的な学校間連携更に進めます。また,生徒の興味・関心に 応じた学校選択の機会確保することや多様な進路の実現のため,公立高校私立高校がそ れぞれの特長生かした学校づくり進めるとともに,教員の人事交流や研修を通して教員 の資質能力の向上図るなど,公立高校私立高校が協調して教育環境の整備図ります。
さらに見せる

55 さらに読み込む

第2章 食を取り巻く現状と課題3.市民の食生活 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第2章 食を取り巻く現状と課題3.市民の食生活 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

(8) 自分で料理する機会が週1回以上ある市民の割合  自分で料理する機会が週1回以上ある人の割合は 61%であり、ほとんど料理す る機会がない回答した人は 38%でした。青年期(19 ~ 39 歳)以降では、男性 においてほとんど料理しない人が約 6 ~7割なっています。自分で料理するこ により、食材や料理することに興味持つようになり、それらが望ましい食習慣 や健康維持につながることが期待されます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第2章 食を取り巻く現状と課題3.市民の食生活 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第2章 食を取り巻く現状と課題3.市民の食生活 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

(3) 朝食摂らない市民の割合(16 歳以上の場合)  朝食摂らないことがある 16 歳以上の人の割合は、全体で 28%なってい ます。16 ~ 18 歳 30 ~ 39 歳の世代の朝食欠食率は 25%、19 ~ 29 歳の世 代のそれは 36%なっており、若い世代に朝食摂らない人が多くなっていま す。健康的な生活リズムやよりよい生活習慣確立していく必要があります。

6 さらに読み込む

第2章浦安市の子どもと家庭を取り巻く現状と課題 浦安市子ども・子育て支援総合計画(案) |浦安市公式サイト

第2章浦安市の子どもと家庭を取り巻く現状と課題 浦安市子ども・子育て支援総合計画(案) |浦安市公式サイト

1 生き生き子育てができるまち うらやす (1)就労形態の変化や核家族化に伴い、待機児童は今後も増加することが見 込まれることから、ニーズに合わせて保育園や児童育成クラブ等の整備 進めていく必要があります。また、児童センターについては、今後用 地の確保含め整備検討していく必要があります。さらに、こどもシ ョートステイは近隣に当事業行う施設がなく、現在の実施地が利用 に遠方であることから、改善検討していく必要があります。
さらに見せる

10 さらに読み込む

インドネシアの労働者送り出し政策の現状と課題

インドネシアの労働者送り出し政策の現状と課題

ら書類選考面接のみで受け入れられるようになった。同国は上記の受け入れ諸国の中 では通貨力の差がもっとも小さいが、渡航しやすく、役付きや専門教育機関の教員の需 要もある(奥島[ 2010b])。 しかし、中東の家事・介護労働派遣長年行ってきた労働移住省下の斡旋企業が 1990 年頃から看護師も受注していた経緯があるため、同省およびナショナルボードも 看護師派遣に参入したがり、省庁間・斡旋企業間で水面下の争いもみられる。実際、オ ーストラリアの姉妹校留学による外国人看護師育成に対して、インドネシアでは中東家 事労働派遣の実績もつ斡旋企業がビナワン看護単科大学設立して学生送り出 していた。だが、上記のように学費も渡航費も高く、学生ローンによって渡航する
さらに見せる

15 さらに読み込む

第2章 食を取り巻く現状と課題4.農業・水産業の状況 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第2章 食を取り巻く現状と課題4.農業・水産業の状況 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

 米という字は「八十八」も書け、お米ができるまでには 88 手間、たくさ んの手間がかかっているから 「 米 」 という字になったもいわれています。大 事に作られた米江戸時代は石高表示で、面積ではなくその大名の所領の大き さ、財力表していました。いわき市には7万石(内藤家のとき)の平藩 2万石の泉藩、1万石の湯長谷藩、窪田藩の4藩がありました。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...