組みや公共交通との連携

Top PDF 組みや公共交通との連携:

プレスリリース 報道関係各位 2019 年 3 月 29 日 公共交通オープンデータ協議会 第 2 回東京公共交通オープンデータチャレンジ 入賞作品決定 首都圏の公共交通事業者や ICT 事業者が参画する 公共交通オープンデータ協議会 ( 会長 : 坂村健 INIAD 東洋大学情報連携学部学部長 )

プレスリリース 報道関係各位 2019 年 3 月 29 日 公共交通オープンデータ協議会 第 2 回東京公共交通オープンデータチャレンジ 入賞作品決定 首都圏の公共交通事業者や ICT 事業者が参画する 公共交通オープンデータ協議会 ( 会長 : 坂村健 INIAD 東洋大学情報連携学部学部長 )

「第 2 回東京公共交通オープンデータチャレンジ」入賞作品決定 首都圏公共交通事業者 ICT 事業者が参画する、公共交通オープンデータ協議会(会長 : 坂村 健 INIAD 東洋大学情報連携学部 学部長)では、 「第 2 回東京公共交通オープンデータチャレンジ」表 彰式を、2019 年 3 月 29 日(金)に東洋大学赤羽台キャンパス INIAD ホールにおいて開催し、入賞作 品を発表しました。このコンテストは、本協議会に参画する交通事業者が、それぞれ保有するデータ を一般開発者に対して公開し、様々なアプリケーションアイデアを募集したものです。第 2 回な る今回コンテストでは、共催として参加していただいた国土交通省から、主要駅構内図データも公 開されました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

高齢者の公共交通機関利用促進策に対する地方公共団体の助成 ( 本文 1.(1) に対応 ) 地方公共団体や交通事業者による 高齢者に対する公共交通機関利用促進施策について 持続可能な取組となるよう 対象範囲や支援の方法など各地の取組事例を収集 共有 加えて 都道府県警察等の関係者と連携しつつ 地方運

高齢者の公共交通機関利用促進策に対する地方公共団体の助成 ( 本文 1.(1) に対応 ) 地方公共団体や交通事業者による 高齢者に対する公共交通機関利用促進施策について 持続可能な取組となるよう 対象範囲や支援の方法など各地の取組事例を収集 共有 加えて 都道府県警察等の関係者と連携しつつ 地方運

○ 地方公共団体交通事業者による、高齢者に対する公共交通機関利用促進施策について、 持続可能な取組なるよう、対象範囲支援方法など各地取組事例を収集・共有 ○ 加えて、都道府県警察等関係者連携しつつ、地方運輸局・運輸支局を通じて、地方公共 団体交通事業者に対し、働き掛けを実施

14 さらに読み込む

鞍手町地域公共交通 総合連携計画 平成 23 年 3 月 鞍手町

鞍手町地域公共交通 総合連携計画 平成 23 年 3 月 鞍手町

(1)鞍手町公共交通に期待される機能 ···································· 20 (2)各交通機関役割 ···················································· 20 (3)地域公共交通再生及び活性化に向けた基本方針 ························ 21 4.鞍手町地域公共交通総合連携計画対象区域目標················· 22
さらに見せる

37 さらに読み込む

鳩山町地域公共交通総合連携計画 組織・沿革/鳩山町ホームページ

鳩山町地域公共交通総合連携計画 組織・沿革/鳩山町ホームページ

3.2. 地域公共交通総合連携計 域 ......................................................................................... 24 3.3. 地域公共交通総合連携計 目標 ......................................................................................... 25 3.4. 地域公共交通施策体系 施策メニュ .............................................................................. 26 3.5. 目標を達成す ため 行う事業及びそ 実施主体 ................................................................ 29
さらに見せる

102 さらに読み込む

②講演2「まちづくりと連携した地域公共交通づくり」(為国先生)

②講演2「まちづくりと連携した地域公共交通づくり」(為国先生)

バス交通について意識改革から合意形成に向けて試行錯誤 バス交通取り組み前佐野市を取り巻く状況 ・全国有数自家用車普及率高さ(栃木県は全国一) ・公共交通に依存しないライフスタイル⇒日常移動手段として選択肢がない ⇒そもそも市民、行政、事業者も公共交通問題意識が希薄であった

40 さらに読み込む

( 参考 ) 1. 地域公共交通活性化法について 地域の公共交通を巡る厳しい現状を踏まえ 地域公共交通の活性化及び再生を総合的 一体的かつ効率的に推進するため 地域の関係者の協議を踏まえた市町村による地域公 共交通総合連携計画の作成 地域公共交通特定事業の実施に必要な関係法律の特例等に ついて定めて

( 参考 ) 1. 地域公共交通活性化法について 地域の公共交通を巡る厳しい現状を踏まえ 地域公共交通の活性化及び再生を総合的 一体的かつ効率的に推進するため 地域の関係者の協議を踏まえた市町村による地域公 共交通総合連携計画の作成 地域公共交通特定事業の実施に必要な関係法律の特例等に ついて定めて

国土交通大臣等は 「地域公共交通活性化及び再生に関する法律 (以下「地域公 、 」 共交通活性化法 。平成19年10月1日施行 )第5条第7項規定により、京都府 」 。 丹後地域宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町から本日「地域公共交通総合連携計 画」送付を受けることなりましたのでお知らせします。

10 さらに読み込む

伊達市地域公共交通総合連携計画 平成 21 年 3 月 伊達市

伊達市地域公共交通総合連携計画 平成 21 年 3 月 伊達市

《 目 次 》 はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 伊達市地域公共交通総合連携計画 1.地域公共交通活性化及び再生総合的かつ一体的な推進に関する基本的な方針 ・・・ 2 2.計画区域 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 3.計画目標 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 4.目標を達成するために行う事業及びその実地主体に関する事項 ・・・・・・ 5 5.計画期間 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 25
さらに見せる

28 さらに読み込む

武蔵野市地域公共交通総合連携計画

武蔵野市地域公共交通総合連携計画

ン 性的 渋滞が問題 っ いる 祥寺駅周辺を中心し 、実態を把握する ン客待ちタククヴ 滞留解消、バケレヴン活用、バケ通り沿い商業施設 駐車場設置 、交差点改良 、公共交通 定時性確保 ため 方針を検討する ン 祥寺商店街 共同配送事業タククヴ特定地域協議会 連携し 取組

37 さらに読み込む

資料1 路線バスアンケート結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

資料1 路線バスアンケート結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

ンそこ 内 ける路線トス利用者を対象 したアンケヴダ調査を実施し 路線ト ス利用者 属性利用区間 利用目的等 特性を把握する 取 取 ン把握した路線トス 利用実態 ムヴトス( ~ 号路線) 利用実態 比較ン検討し 武蔵野 共交通 基本方針を検討する 基礎資料 する 取

21 さらに読み込む

資料2:連携計画策定調査について 熊谷市地域公共交通会議の開催状況:熊谷市ホームページ

資料2:連携計画策定調査について 熊谷市地域公共交通会議の開催状況:熊谷市ホームページ

※ 特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業適正化及び活性化に関する特別措置法概要 1−3 公共交通空白地区考え方 熊谷市公共交通は、民間バス路線(国際十王バス、朝日バス、矢島タクシー)ゆうゆうバ ス4ルートによりネットワークされている中で、さらに、これらバス交通を補完するように、タ クシー事業者9社により、高齢者等移動手段として運行され、公共交通が利用できない空白地 区が存在しないもの考えられる。
さらに見せる

59 さらに読み込む

地域公共交通活性化再生法の制定 2007 年制定 地域公共交通の活性化及び再生を図るため 市町村が地域の関係者による協議会を組織して 地域公共交通総合連携計画 を策定し 同計画に即して関係主体が取組みを進める制度を創設 地域公共交通の活性化及び再生の促進に関する基本方針 ( 国のガイドライン ) 地

地域公共交通活性化再生法の制定 2007 年制定 地域公共交通の活性化及び再生を図るため 市町村が地域の関係者による協議会を組織して 地域公共交通総合連携計画 を策定し 同計画に即して関係主体が取組みを進める制度を創設 地域公共交通の活性化及び再生の促進に関する基本方針 ( 国のガイドライン ) 地

交通圏単位で実施 が 困難な場合は、日常 交通圏単位取組も 地域公共交通活性化及び再生促進に関する法律においては、「交通圏」を意識した取組が推奨されるところ、具体的 な「交通圏」定義は不明確な状況。これを受け中部運輸局では、学識者をはじめ各県等を構成員する検討会議を立ち 上げ、市町村単位地域住民日常生活における交通流動(通勤、通学、買物、通院 等)を分析するとともに、 関係者 における広域交通ネットワーク意識喚起 圏域単位で地域公共交通に関する取組推進を意図 して「交通圏」を設定。
さらに見せる

29 さらに読み込む

資料3 タクシー観察調査結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

資料3 タクシー観察調査結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

公共交通 走行環境改善利用しやすいタククヴンキヴビケ 検討 向 吉祥寺通 り トケヤヴン区間 るタククヴ び路線トケ 走行状況 実態を把握し 調査方法 ン吉祥寺通り トケヤヴン区間 トケヤヴン実施時間 (②~10時 1①~1④時) い

12 さらに読み込む

連携する地方公共団体の担当部署名及び役割連携する事業者名及び役割官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み法人のこれまでの活動実績 兵庫県産業労働部観光交流課 ( 自治体調整窓口 マーケティング 地域公共交通 観光地域づくり ) 姫路市観光交流局シティプロモーション推進課 (

連携する地方公共団体の担当部署名及び役割連携する事業者名及び役割官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み法人のこれまでの活動実績 兵庫県産業労働部観光交流課 ( 自治体調整窓口 マーケティング 地域公共交通 観光地域づくり ) 姫路市観光交流局シティプロモーション推進課 (

同年7月~9 月には兵庫県・淡路島観光協会委託で淡路島一周島めぐり、 但馬海岸ジオパークめぐりを実施。翌 26 年に淡路島一周島めぐりを実施 平成 27 年 10 月 25 日 一般社団法人 瀬戸内海島めぐり協会設立 28 年 4 月瀬戸内国際芸術祭、大阪湾クルーズ、7∼9 月淡路島一周島めぐり を実施。

15 さらに読み込む

資料2 タクシードライバー・アンケート結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

資料2 タクシードライバー・アンケート結果 武蔵野市地域公共交通総合連携計画(平成22年)|武蔵野市公式ホームページ

% 4. タククヴンサヴビケ向上活性化ため改善 ついて 複数回答 ン 現在 よい (平④.1%) 最 多 次い 運賃 改定 (平0.1%) シェ クヴ 利用ン予約方法 タR 連絡先 周知 (15.④%) 武 地区 予約ン連絡先 統一 (10.1%) ある 取

13 さらに読み込む

連絡調整意見 課題抽出山形市地域公共交通総合連携計画 年度期日会議名検討内容 1 月 28 日 ( 金 ) 第 1 回地域公共交通関係部長会議 山形市地域公共交通総合連携計画素案について 平成 22 年度 2 月 1 日 ( 火 ) 第 2 回山形市公共交通活性化協議会 山形市地域公共交通総合連携計

連絡調整意見 課題抽出山形市地域公共交通総合連携計画 年度期日会議名検討内容 1 月 28 日 ( 金 ) 第 1 回地域公共交通関係部長会議 山形市地域公共交通総合連携計画素案について 平成 22 年度 2 月 1 日 ( 火 ) 第 2 回山形市公共交通活性化協議会 山形市地域公共交通総合連携計

①通勤手段利用回数について,割合を記入してください (※毎日,同じ手段で通勤されている場合には,該当する手段に100%記入してください) ②最もよく使う手段で,自宅から所要時間はどの程度ですか 問2 冬期降雪時期に,利用が増える手段は何ですか。2つまで○をつけてください

41 さらに読み込む

資料1:熊谷市地域公共交通総合連携計画(案)

資料1:熊谷市地域公共交通総合連携計画(案)

○ 既存ゆうゆうバス運賃については、ゆうゆうバスに関する利用者アンケート調査による、運 行サービスが向上した場合に支払い可能な運賃(1回乗車)としては「 200 円」が 33.0 %最も 多く、次いで 100 円( 31.1 %) 、 150 円( 25.8 %)なっている。 ○ また、熊谷駅周辺で電動バス利用者アンケート調査による、1回乗車場合は「 100 円」が 75 %顕著に多く、1日乗車自由場合は 300 円( 43 %) 、 200 円( 28 %)が多くなっている。 新ゆうゆうバス運賃は、これらアンケート調査結果、分かり易さ、採算性向上、及び民間路
さらに見せる

89 さらに読み込む

新たな公共交通システム導入の検討 浦安市公共交通のあり方に関する検討調査報告書|浦安市公式サイト

新たな公共交通システム導入の検討 浦安市公共交通のあり方に関する検討調査報告書|浦安市公式サイト

(5)今後取組み方向性 浦安市公共交通サービスは一定水準にあるが、高齢社会進展環境問題など社会情勢変化を踏まえる、拠点間連携強化による交流活性化、公共交通魅力利便性向上及びユニバーサル環境へ対応 を図る上で、LRT・BRT導入必要性は高いもの判断される。 しかしながら、LRT・BRTを導入した場合、導入空間、交通処理による一般自動車へ影響、車両基地・車庫確保など様々な面で課題があり、また、沿線まちづくり一体的な整備、公共交通連携など LRT・BRT導入効果をより高めることが重要で、将来的な導入へ向けては、検討を進める必要がある。
さらに見せる

28 さらに読み込む

平成 27 年 10 月 28 日地域公共交通活性化セミナー 2015 in 福岡 地域公共交通に関する施策と各種支援 制度について 国土交通省総合政策局公共交通政策部 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

平成 27 年 10 月 28 日地域公共交通活性化セミナー 2015 in 福岡 地域公共交通に関する施策と各種支援 制度について 国土交通省総合政策局公共交通政策部 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

①-1 まちづくり、観光振興等地域戦略一体性確保 (参考)まちづくり連携について(中山間地場合) 網形成計画は、まちづくり連携等について記載が求められている(法第5条第3項) 都市計画立地適正化計画を策定することがない中山間地であっても、拠点なる施設立地が公共 交通利用動態に大きな影響を与えることから、「小さな拠点」、病院、スーパー、温浴施設、役 場、公民館、図書館、生涯学習施設、福祉施設といった、地域住民が集まる施設立地を踏まえて、 公共交通ネットワーク在り方を考えることが有効
さらに見せる

56 さらに読み込む

[ 目次 ] 1. 計画の目的と関連計画の整理 計画策定の背景と目的 計画の位置付け 本市の上位関連計画 大分市の現状 地域の現状 公共交通の現状 公共交通事業者の現状.

[ 目次 ] 1. 計画の目的と関連計画の整理 計画策定の背景と目的 計画の位置付け 本市の上位関連計画 大分市の現状 地域の現状 公共交通の現状 公共交通事業者の現状.

■ ■ ■広域 広域 広域 広域圏 圏 圏公共交通 公共交通 公共交通 公共交通 連携強化 連携強化 連携強化 連携強化 「大分都市圏総合交通計画」「大分都市広域圏ビジョン」等取組推進等を行います。 具体的には、高速バス利便性強化鉄道サービス維持・向上、東九州新幹線整備実現およ び太平洋国土軸構想実現に向けた取組(豊予海峡ルート整備など)推進などにより、広域交 通網構築高速化を図りつつ、JR 大分駅をはじめした主要鉄道駅における交通結節機能強化 、空港、フェリーターミナルなど広域交通拠点へアクセス強化を行います。
さらに見せる

116 さらに読み込む

公共交通とまちづくり

公共交通とまちづくり

【料金支払い】 利用者が自らニーズに合わせて複数モビリティサービスを 自由に組み合わせて使い、その料金を後から支払うというタイプMaaS、月ぎめ でモビリティパッケージを購入するタイプMaaSがある。 【統合プラットフォーム】 MaaS利用者はデジタルプラットフォーム(モバイルアプ リかウェブページ)を通して、その移動に必要な全てサービスにアクセスし、予約 し、発券し、支払い、リアルタイム情報を入手する。また、天気予報、個人活動 スケジュール調整、移動履歴レポート、請求書発行、フィードバック等その 他サービスを利用できる場合がある。
さらに見せる

50 さらに読み込む

Show all 10000 documents...