• 検索結果がありません。

細胞表面のHERタンパク

Saccharomyces cerevisiae死細胞のオートリシス過程におけるタンパク合成に関する予備試験-香川大学学術情報リポジトリ

Saccharomyces cerevisiae死細胞のオートリシス過程におけるタンパク合成に関する予備試験-香川大学学術情報リポジトリ

... about55,000and weaklyin some other proteins when the extinct cells wereincubated for960r144hr These resultsin theincorporation testsof rabelamino acidsappeared to support our expect [r] ...

8

課題番号 :28 指 5002 研究課題名 : 多発性骨髄腫の治癒を目指した抗骨髄腫細胞表面抗原モノクローナル抗体併用 NK 細胞輸注療法の開発主任研究者名 : 萩原將太郎分担研究者名 : なし 研究協力者 : 反町典子キーワード :NK 細胞 SLAMF7 多発性骨髄腫 セルプロセッシング モノク

課題番号 :28 指 5002 研究課題名 : 多発性骨髄腫の治癒を目指した抗骨髄腫細胞表面抗原モノクローナル抗体併用 NK 細胞輸注療法の開発主任研究者名 : 萩原將太郎分担研究者名 : なし 研究協力者 : 反町典子キーワード :NK 細胞 SLAMF7 多発性骨髄腫 セルプロセッシング モノク

... 研究発表及び特許取得報告について 課題番号:28指5002 研究課題名:多発性骨髄腫治癒を目指した抗骨髄腫細胞表面抗原モノクローナル抗体併用NK細胞輸注療法開発 主任研究者名:萩原將太郎 ...

5

ヒト正常精巣と精巣腫瘍における癌タンパク質ガンキリンとリン酸化Rbタンパクの発現について

ヒト正常精巣と精巣腫瘍における癌タンパク質ガンキリンとリン酸化Rbタンパクの発現について

... 癌タンパク質であるガンキリンは Retinoblastoma タンパク(Rb)リン酸化や分解により細胞増殖を促 進する。本研究ではヒト正常精巣と精巣腫瘍におけるガンキリンとリン酸化 Rb 発現について検討し た。 (対 象 と 方 法 ) ...

4

ユーグレナの死滅期における自己タンパク分解-香川大学学術情報リポジトリ

ユーグレナの死滅期における自己タンパク分解-香川大学学術情報リポジトリ

... 26 香川大学農学部学術報告 第42巻 第1号(1990) Krauspeらはユーグレナの葉緑体が生成さ れる時関与するプロテアーゼの種類を明らかに する方法として,数種のプロテアーゼインヒビ ターを利用した(14),(15).それに準じて死滅期の細 胞内プロテア1−ゼ活性が各種インヒビターによ ってどの程度阻害されるかを調べた.システイ[r] ...

6

rBC2LC-Nレクチン(レクチン薬剤複合体)を用いた膵癌細胞表面の特異的糖鎖をターゲットにした新規癌治療法の開発

rBC2LC-Nレクチン(レクチン薬剤複合体)を用いた膵癌細胞表面の特異的糖鎖をターゲットにした新規癌治療法の開発

... 10. Acknowledgements 本研究は、著者が筑波大学人間総合科学研究科疾患制御医学専攻博士課程在学 中に、同大学人間総合科学研究科大河内信弘教授ならびに小田竜也教授、および、 共同研究機関である国立研究開発法人産業技術総合研究所創薬基盤部門細胞グ ...

79

山岡 JAK 阻害薬の抗リウマチ作用 113 する目的に細胞表面上に発現する固有の受容体に結合する. 結合後, 細胞質内において種々のチロシンキナーゼを活性化し, 引き続き核内に移行して標的遺伝子の転写制御を行う転写因子を活性化する. これにより, 細胞外刺激であるサイトカインは細胞内情報へと転換さ

山岡 JAK 阻害薬の抗リウマチ作用 113 する目的に細胞表面上に発現する固有の受容体に結合する. 結合後, 細胞質内において種々のチロシンキナーゼを活性化し, 引き続き核内に移行して標的遺伝子の転写制御を行う転写因子を活性化する. これにより, 細胞外刺激であるサイトカインは細胞内情報へと転換さ

... Tofacitinib 抗炎症作用 当科における tofacitinib 臨床試験において投与 開始早期から臨床効果は JAK3 阻害のみでは説明 困難な現象であると考え,作用機序解明を目的に患 者検体を用いて解析を行った.その非特異的阻害作 用が明らかとなっているが,JAK3 に対する高い特 異性とリンパ球系細胞に対する作用を有すると考え られ,まずは tofacitinib ...

6

5. T 細胞 TCR( 抗原受容体 ) を発現 抗原断片と MHC の複合体を認識 機能的に以下の 3 つに分類できる ヘルパー T 細胞免疫の応答の調節 免疫機構の制御 (Th1 細胞,Th2 細胞,Th17 細胞など ) 細胞傷害性 ( キラー )T 細胞標的細胞を傷害制御性 T 細胞 T 細

5. T 細胞 TCR( 抗原受容体 ) を発現 抗原断片と MHC の複合体を認識 機能的に以下の 3 つに分類できる ヘルパー T 細胞免疫の応答の調節 免疫機構の制御 (Th1 細胞,Th2 細胞,Th17 細胞など ) 細胞傷害性 ( キラー )T 細胞標的細胞を傷害制御性 T 細胞 T 細

... が抗原を認識すると、TCR 近傍にある CD45 によってチロシンリン酸化酵素 Fyn、Lck が活性化 される。Fyn は CD3 複合体 ITAM チロシン残基をリン酸化し、ITAM を活性化する。Lck は別リン酸 化酵素 ZAP‐70 を活性化する。活性化した ZAP-70 は LAT など分子を介して Ras-MAPK ...

26

59:491 1 * 自己免疫性脳炎, 自己抗体, てんかん, 精神症状, 細胞表面抗原 神経細胞表面に発現している NMDA 受容体 (NMDAR) に 対する自己抗体を有する脳炎が, 卵巣奇形腫に関連する傍腫 瘍性抗 NMDAR 脳炎 の名称で 2007 年に報告されてから 1), 新規の神経細

59:491 1 * 自己免疫性脳炎, 自己抗体, てんかん, 精神症状, 細胞表面抗原 神経細胞表面に発現している NMDA 受容体 (NMDAR) に 対する自己抗体を有する脳炎が, 卵巣奇形腫に関連する傍腫 瘍性抗 NMDAR 脳炎 の名称で 2007 年に報告されてから 1), 新規の神経細

... 脳炎に先行して認めるとされている.抗 LGI1 抗体は以前抗 VGKC 抗体と呼ばれていた抗体一つである.抗 VGKC 抗体 は蛇毒 α-dendrotoxin を用いた RIA 法で測定されてきた.し かし,後に真抗原エピトープは VGKC 自体ではなく,LGI1 あるいは Caspr2 であることが判明した.LGI1 はシナプス間 ...

11

申込書等|マイクロアレイ受託解析、臨床試験、遺伝子、タンパク、CTC測定、病理診、創薬のジェネティックラボ

申込書等|マイクロアレイ受託解析、臨床試験、遺伝子、タンパク、CTC測定、病理診、創薬のジェネティックラボ

... ※ mirVana miRNA Isolation Kit 用い microRNA 含む total RNA 抽出 願いします ■ 容器 保存 RNase Free Water 溶解し total RNA 1.5mL チュ 入 蓋 パラ ム 巻 -80℃ 凍結保存し い . 組織や細胞 small RNA 含む total RNA 抽出サ ビ ...

2

Polytetrafluoroethylene 樹脂表面上での 細胞観察手法の開発および 血中分子の及ぼす影響 A development of a live-cell observation method and analyses of the effect of blood molecules

Polytetrafluoroethylene 樹脂表面上での 細胞観察手法の開発および 血中分子の及ぼす影響 A development of a live-cell observation method and analyses of the effect of blood molecules

... その表面おける接着分子細胞誘導効果は同様であると考えられる。このた め、フィブロネクチン、ラミニンやコラーゲンは、ePTFE 製人工血管において も、血管内皮細胞を誘導しつつ血小板接着を抑制するという両面から、血栓形 成抑制が可能であることが予測された。一方、アルブミン処理は血小板接着 ...

59

アルツハイマー病発症における特殊な構造糖鎖を発見 細胞表面分子をターゲットにした新薬開発に期待

アルツハイマー病発症における特殊な構造糖鎖を発見 細胞表面分子をターゲットにした新薬開発に期待

... タン硫酸 あ GlcNAc6ST1 酵素 合 さ こ 明 し し さ GlcNAc6ST1 酵素 失す こ シア 酸修飾 タン硫酸糖鎖 消失 し ロ ア A β 細胞性貪食 亢進さ ア ロイ 斑 沈着 抑制さ こ 確 し し 図 ウ ア ハイ ー病患者 ...

4

PerFix-nc キット ~ 細胞内と細胞表面抗原の染色が 1 ステップ!~ 従来 フローサイトメトリーで細胞内抗原を検出するには 煩雑な固定処理と膜透過処理を行 わなければなりませんでした さらに細胞表面抗原を同時に測定するためには 細胞表面抗原と細胞内抗原を別々に染色しなければならず サンプル

PerFix-nc キット ~ 細胞内と細胞表面抗原の染色が 1 ステップ!~ 従来 フローサイトメトリーで細胞内抗原を検出するには 煩雑な固定処理と膜透過処理を行 わなければなりませんでした さらに細胞表面抗原を同時に測定するためには 細胞表面抗原と細胞内抗原を別々に染色しなければならず サンプル

... として検出します。PPI 存在を示す foci は PPI が発生した場所で直ちに形成され、PPI 解 離とともに分散します。これまでに細胞質・核内・細胞膜直下で PPI を測定できることがわかっています。また、近年、創 薬研究では PPI 阻害剤・誘導剤注目が高まっていますが、Fluoppi ...

36

表面

表面

...  また、本観光PR事業を松山フェニックス支援・松山市PR実行委 員会、松山市と共同で実施したことにより、地元紹介ビデオ放 映、水軍太鼓・野球拳サンバ応援団パフォーマンスやゆるキャラ よしあきくんによる賑やかしなど、様々な方法で本市魅力を十分 にアピールすることができ、多大な成果を挙げることができました。 試合結果は、 「野球王国松山」から社会人野球灯を消したく ...

8

さらにのどや気管の粘膜に広く分布しているマスト細胞の表面に付着します IgE 抗体にスギ花粉が結合すると マスト細胞がヒスタミン ロイコトリエンという化学伝達物質を放出します このヒスタミン ロイコトリエンが鼻やのどの粘膜細胞や血管を刺激し 鼻水やくしゃみ 鼻づまりなどの花粉症の症状を引き起こします

さらにのどや気管の粘膜に広く分布しているマスト細胞の表面に付着します IgE 抗体にスギ花粉が結合すると マスト細胞がヒスタミン ロイコトリエンという化学伝達物質を放出します このヒスタミン ロイコトリエンが鼻やのどの粘膜細胞や血管を刺激し 鼻水やくしゃみ 鼻づまりなどの花粉症の症状を引き起こします

... ※1 橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ, TR) トランスレーショナルリサーチ(TR)とは、基礎研究と臨床試験間をつなぐ研 究ことで、TR 非臨床研究と TR 臨床研究に分けられる。新医薬品開発承認 審査には、 TR で新医薬品品質、有効性および安全性を示す必要がある。TR 非臨 ...

10

676 Vol. 129 (2009) 成により Ig の抗原結合領域が作られ,Ig は細胞膜に表出して B 細胞受容体 (BCR) を形成する.B 細胞表面の Ig の抗原結合部位は,RAG1, RAG2 の活性化により H 鎖に続いて L 鎖の遺伝子再構成が起こり, 抗原認識の多様性を獲得する.

676 Vol. 129 (2009) 成により Ig の抗原結合領域が作られ,Ig は細胞膜に表出して B 細胞受容体 (BCR) を形成する.B 細胞表面の Ig の抗原結合部位は,RAG1, RAG2 の活性化により H 鎖に続いて L 鎖の遺伝子再構成が起こり, 抗原認識の多様性を獲得する.

... などサイトカインが挙げられてきたが,B 細胞も 重要な標的として注目される.本稿では,B 細胞 表面分子である CD20 に対する CD20 抗体療法を中 心に,自己免疫疾患病態形成における B 細胞 役割,及び B 細胞を標的療法による治療ブレー ...

5

RNA 結合タンパクFUS の機能喪失による前頭側頭葉変性症(FTLD)の病態発現機構の解明

RNA 結合タンパクFUS の機能喪失による前頭側頭葉変性症(FTLD)の病態発現機構の解明

... 関連 遺伝子発現 ナプ 機能 ウ 行動 解析 た そ 結果 FUS 欠損 た場合 ナプ タ ン酸受容体 GluA1 遺伝子 合成さ mRNA 特異的 不安定化さ ナプ た 神経細胞間 情報伝達機能 下 示さ た さ FUS 部 ...

4

ヒト脂肪組織由来幹細胞における外因性脂肪酸結合タンパク(FABP)4、FABP5の影響-糖尿病、肥満の病態解明と脂肪幹細胞再生治療への可能性-

ヒト脂肪組織由来幹細胞における外因性脂肪酸結合タンパク(FABP)4、FABP5の影響-糖尿病、肥満の病態解明と脂肪幹細胞再生治療への可能性-

... チ 対す 臨床試験 い 後 向 試験 脂肪幹細胞 性尿失禁症 例 損傷し い 括約筋 注入す こ 用性 安全性 確 し 医師主導多施 設前向 試験 臨床試験 録シ : UMIN-CTR 試験ID: UMIN00001790 ClinicalTrials.gov Identifier : NCT02529865 行 い す ...

5

ヒト脂肪組織由来幹細胞における外因性脂肪酸結合タンパク (FABP)4 FABP 5 の影響 糖尿病 肥満の病態解明と脂肪幹細胞再生治療への可能性 ポイント 脂肪幹細胞の脂肪分化誘導に伴い FABP4( 脂肪細胞型 ) FABP5( 表皮型 ) が発現亢進し 分泌されることを確認しました トランスク

ヒト脂肪組織由来幹細胞における外因性脂肪酸結合タンパク (FABP)4 FABP 5 の影響 糖尿病 肥満の病態解明と脂肪幹細胞再生治療への可能性 ポイント 脂肪幹細胞の脂肪分化誘導に伴い FABP4( 脂肪細胞型 ) FABP5( 表皮型 ) が発現亢進し 分泌されることを確認しました トランスク

... (FABP)4、FABP5 影響を明らかにしました。 現在、研究グループは、ヒトに対する臨床試験において、後ろ向き試験で脂肪幹細胞 ※2 を腹圧性尿失禁症例損傷している括約筋に注入すること有用性と安全性を確認 した上、医師主導多施設前向き試験(臨床試験登録システム:UMIN-CTR 試験ID: ...

5

もくじ 尿にタンパクが出るって どういうこと? 1 腎臓の働き 2 からだの細胞を働きやすくする血液をろ過する血圧を調節するタンパク尿と高血圧が病気を無症状のまま進行させる 3 尿にタンパクが出ることの悪循環血圧が上がることの悪循環 4 タンパク尿も高血圧も自覚症状はほとんどないむくみが現れ始めたら

もくじ 尿にタンパクが出るって どういうこと? 1 腎臓の働き 2 からだの細胞を働きやすくする血液をろ過する血圧を調節するタンパク尿と高血圧が病気を無症状のまま進行させる 3 尿にタンパクが出ることの悪循環血圧が上がることの悪循環 4 タンパク尿も高血圧も自覚症状はほとんどないむくみが現れ始めたら

... 9 血液検査 ●クレアチニン …クレアチニンは血液中老廃物で す。腎臓働きが低下するとクレアチニン濃度が高く なります。基準値は、男性は1.1mg/dL以下、女性は 0.8mg/dL以下です。ただ、クレアチニンはおもに筋 肉で作られる物質なので、筋肉量少ない女性や高 齢者では、腎臓が悪くても異常値を示さないことが あります。 ...

15

はじめに プラリア 皮下注 60mg シリンジ ( 一般名 : デノスマブ ) は RANKL を標的とする ヒト型 IgG2 モノクローナル抗体製剤です RANKL は 破骨細胞及び破骨細胞前駆細胞表面の RANK に結合する破骨細胞の形成 機能 生存に必須のメディエーターです 本剤は RANKL

はじめに プラリア 皮下注 60mg シリンジ ( 一般名 : デノスマブ ) は RANKL を標的とする ヒト型 IgG2 モノクローナル抗体製剤です RANKL は 破骨細胞及び破骨細胞前駆細胞表面の RANK に結合する破骨細胞の形成 機能 生存に必須のメディエーターです 本剤は RANKL

...  使用上注意 ⒉ 重要な基本的注意 (6) 本剤又はビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷 性大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部非定型骨折が発現したと報告が ある。これら報告では、完全骨折が起こる数週間から数ヵ月前に大腿部や 鼠径部等において前駆痛が認められている報告もあることから、本剤投与 ...

48

Show all 10000 documents...

関連した話題