点を立地適正化計画の

Top PDF 点を立地適正化計画の:

1-2 立地適正化計画の役割 立地適正化計画は 都市全体の観点における居住機能や都市機能の立地 公共交通の充実に関する包括的なマスタープランであり 以下のような役割があるとされています 1 都市全体を見渡したマスタープラン 立地適正化計画は, 居住機能や医療 福祉 商業, 公共交通等のさまざまな都市

1-2 立地適正化計画の役割 立地適正化計画は 都市全体の観点における居住機能や都市機能の立地 公共交通の充実に関する包括的なマスタープランであり 以下のような役割があるとされています 1 都市全体を見渡したマスタープラン 立地適正化計画は, 居住機能や医療 福祉 商業, 公共交通等のさまざまな都市

平成 29 年3月に策定した「石岡市都市計画マスタープラン」においては〃 「自然・歴史が息 づく コンパクトシティ いしおか」将来都市像に掲げています。 人口減少〃超高齢社会到来といった時代変化に対応するため〃生活拠点等における都市 機能集約や公共交通網再構築位置付けており〃立地適正計画目指す「コンパクト〒 ネットワーク」考え方と整合が図られています。
さらに見せる

19 さらに読み込む

かごしまコンパクトなまちづくりプラン ( 立地適正化計画 ) 素案概要版 - 目次 - 1. 立地適正化計画の概要 2 2. 計画策定に係る基本的な考え方 4 3. 居住誘導区域 6 4. 都市機能誘導区域 8 5. 誘導施設 届出制度 目標値の設定 都市機能及び

かごしまコンパクトなまちづくりプラン ( 立地適正化計画 ) 素案概要版 - 目次 - 1. 立地適正化計画の概要 2 2. 計画策定に係る基本的な考え方 4 3. 居住誘導区域 6 4. 都市機能誘導区域 8 5. 誘導施設 届出制度 目標値の設定 都市機能及び

居住誘導区域 :一定エリアにおいて人口密度維持することにより、生活サービスやコ ミュニティが持続的に確保されるよう居住誘導すべき区域。 都市機能誘導区域 :医療、福祉、商業等都市機能都市中心拠点や生活拠点に誘導し集 約することにより、これら各種サービス効率的な提供図る区域。 誘導施設 :都市機能誘導区域ごとに立地誘導すべき都市機能増進施設設定。具
さらに見せる

12 さらに読み込む

立地適正化計画及び都市計画マスタープランについて 市原市都市再生協議会について 市原市

立地適正化計画及び都市計画マスタープランについて 市原市都市再生協議会について 市原市

● 公共施設等 利用者 減少 人口減少 影響 大 い 立地適正計画 都 市機能誘 区域及び居 誘 区域 設定状況や公共施設再配置計画 整合 図 一体的 再編 利便性 効率性 向上 性 強化 求 ● 人口減少 中 年間商品販売 維持増進 い 都市交流核や都市活動

33 さらに読み込む

会議資料7 立地適正化計画の策定  上越市ホームページ

会議資料7 立地適正化計画の策定 上越市ホームページ

都市拠点におい 都市再構築戦略事業活用し 誘導施設整備及びこ 整備 併せ 都市再構築に必要 道路・公園等整備進めます ○都市公園機能再編 居住環境向上ため 総合公園 都市公園ストック再編事業活用した整備 め 地域 ニ に応 た都市公園機能や配置再編進めます

22 さらに読み込む

立地適正化計画策定に係る住民との合意形成について 資料 1-2 佐久市都市計画課 1. 説明会の開催回数等 実施状況について (1) 各種関係団体との意見交換 計画策定の過程で 関係する各種団体との意見交換を下記のとおり実施 合わせて 立地適正化計 画の策定に向けた市民アンケート調査 を配布し 自由

立地適正化計画策定に係る住民との合意形成について 資料 1-2 佐久市都市計画課 1. 説明会の開催回数等 実施状況について (1) 各種関係団体との意見交換 計画策定の過程で 関係する各種団体との意見交換を下記のとおり実施 合わせて 立地適正化計 画の策定に向けた市民アンケート調査 を配布し 自由

9 中込・野沢が空洞している。今、空いてい る家が沢山あっても誰も入らない状況。外部 から人呼ぶというより住み替え視点が大 切。施設ような所だけではなく、高齢者が 住み替えできる場所が、こういった生活機 能が集約した場所近くにあれば、もう少し 住み替え幅が広がってくるではないか。 中込商店街付近が、高齢者が住めるよう な長屋になれば、歩道も整備されているので 良いではと思う。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成28年第1回市民会議資料 立地適正化計画 松本市ホームページ

平成28年第1回市民会議資料 立地適正化計画 松本市ホームページ

現状 中心市街地 向 河川 集 市街区域内 多 浸水想定区域 奈良井川や田川合流 浸水深2m 超え 想定 広範囲 浸水深0.5m 超え 東山部 山沿いや山間部 市街区域 一部 土砂災害 危険性 高い 災害危険度 高い区域 公共施設や住宅 要配慮者利用施設 多 立地

39 さらに読み込む

第1回委員会資料2 「第二次都市計画マスタープラン」及び「立地適正化計画」について | いわき市役所

第1回委員会資料2 「第二次都市計画マスタープラン」及び「立地適正化計画」について | いわき市役所

・ 現 都市計画 ー ン 取 組 状況 各地区 取 組 事例 平 ○ 平市街地 い 都市計画 ー ン い 都心機能 位置付 高次都 市機能 集積 図 中心市街地活性基本計画 基 平一町目地区市街 地再開発事業 や いわ 駅前地区市街地再開発事業 いわ 駅周辺再生 拠点整備事業 実施

57 さらに読み込む

会議資料2 立地適正化計画の策定  上越市ホームページ

会議資料2 立地適正化計画の策定 上越市ホームページ

例)都市機能誘導区域内へアクセスする道路整備 等 ・公共交通 確保図るため交通結節 強化・向上 等 例)バス 乗換施設整備 ・誘導重点区域内につい 今後 市独自 上乗せする支援検討

20 さらに読み込む

会議資料3 立地適正化計画の策定  上越市ホームページ

会議資料3 立地適正化計画の策定 上越市ホームページ

5 - - 拠点位置付け 越市都市計画マスタ プ ン 市内外 ら 定的な機能集積地 拠点 備え 機能 応 都市拠点 地域拠点 生活拠点 4 区分し います 立地適正計画 拠点 都市拠点 あ 直江津地区 春日山駅周辺地区 高田地区 地域拠点 あ 大潟区総合事務所周辺地区 あ 越妙高駅周辺地区 越 ンタ チ ン 周辺地区 計6地区都市機能誘導区域 し 設定します

44 さらに読み込む

立地適正化計画におけるハザードエリアの扱い 国土交通省都市局都市計画課 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 資料構成 1. 立地適正化計画制度について 2. 各ハザードエリアと居住誘導区域との関係 (1) 土砂関係ハザードエ

立地適正化計画におけるハザードエリアの扱い 国土交通省都市局都市計画課 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 資料構成 1. 立地適正化計画制度について 2. 各ハザードエリアと居住誘導区域との関係 (1) 土砂関係ハザードエ

○コンパクトシティ形成に取り組むにあたっては、河川管理者、下水道管理者等と連携により、 災害リスク低い地域へ居住や都市機能誘導推進することが重要。 ○災害リスクが比較的高いものの、既に都市機能や住宅等が集積している地域については、災害リスク 軽減するために河川、下水道等整備重点的に推進することが重要。

11 さらに読み込む

平成28年第2回市民会議議事録 立地適正化計画 松本市ホームページ

平成28年第2回市民会議議事録 立地適正化計画 松本市ホームページ

また松本市だけが立地適正計画作成し、取組んでも効果が上がりにくい。周辺自治 体含む広域的な考え方、ガイドラインとして示していただけるとありがたい。 (委員長) 次回は、今回会議意見と参考として、都市機能誘導区域や居住誘導区域詰めて示し たい。今回会議において事務局から示された拠点設定や考え方については、いくつか 意見頂いたが、反対は無く、概ね了解得られた。島内や寿台周辺に対する意見や、 その他検討依頼もあったこととから、事務局に対応お願いする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

届出のしおり 矢吹町立地適正化計画の公表について | 矢吹町公式ホームページ

届出のしおり 矢吹町立地適正化計画の公表について | 矢吹町公式ホームページ

都市機能が集積した、利便性が⾼く魅⼒的な中⼼市街地形成 利便性が⾼く歩いて暮らすことができる、中⼼市街地含むJR⽮吹駅周辺市街地に多く町⺠が居 中⼼市街地と公共交通で結ばれることによって、集落地区居住者も質⾼いサービス享受 公共交通ネットワーク要衝として機能強化により、地域中⼼である集落拠点⽇常⽣活⽀援機 能や地域コミュニティ機能維持
さらに見せる

12 さらに読み込む

会議資料4 立地適正化計画の策定  上越市ホームページ

会議資料4 立地適正化計画の策定 上越市ホームページ

人口増加目標 居住誘 区域 緩や 人口集約目指し す こ 実現 た 計 定 た区域 誘 す た 具体 取組 必要 す 施策集 越市立地適正推進す た 都市機能誘 区域内 都市機能誘 施設 誘 あわせ 人口減少 著しい誘 重点区域中心 施策実施し 住環境改善・ ち 魅

40 さらに読み込む

平成29年第1回市民会議議事録 立地適正化計画 松本市ホームページ

平成29年第1回市民会議議事録 立地適正化計画 松本市ホームページ

今後都市構造広く市民に理解してもらうことが重要である。日頃生活における地域課題や、 最寄り拠点へ出かけるためアクセスに関する課題などにについて聞いていきたい。 (委員長) 松本市都市計画マスタープラン骨格構成方針図には、8種類拠点位置付けた。地域へそとな る、地区交流拠点や交通拠点等定めた。

4 さらに読み込む

資料4 立地適正化計画の概要 つくば市 | 第1回つくば市立地適正化計画検討委員会開催結果

資料4 立地適正化計画の概要 つくば市 | 第1回つくば市立地適正化計画検討委員会開催結果

立地適正計画 意義 役割  立地適正計画 市町村 都市全体 観点 作成 居住機能や福祉・医療・商業等 都市機能 立地 公 共交通 充実等 関 包括的 ター ラン  市町村 建設 関 基本構想 都市計画区域 ター ラン 即 市町村 ター ラン 調和

10 さらに読み込む

長岡市立地適正化計画概要版目次 1. 立地適正化計画制度の概要... 1 (1) 立地適正化計画策定の背景と目的... 1 (2) 立地適正化計画制度... 1 (3) 立地適正化計画の位置付け... 2 (4) 計画の対象区域... 2 (5) 計画期間 長岡市の現状と将来見通し.

長岡市立地適正化計画概要版目次 1. 立地適正化計画制度の概要... 1 (1) 立地適正化計画策定の背景と目的... 1 (2) 立地適正化計画制度... 1 (3) 立地適正化計画の位置付け... 2 (4) 計画の対象区域... 2 (5) 計画期間 長岡市の現状と将来見通し.

各都市拠点位置付けや担う生活圏域将来人口及び都市機能立地状況など踏ま え、都市拠点ごとに誘導施設位置付けます。 5.都市機能誘導考え方 ・ 長岡地域中心市街地やシビックコア地区、千秋が原・古正寺地区などで構成 される都心地区では、既存ストック活用しつつ、中越地域全体活力とにぎわ い創出する広域かつ高度な都市機能維持・誘導図ります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

市原市都市構造分析 立地適正化計画策定業務委託及び新都市計画マスタープラン策定業務委託企画提案(プロポーザル)について 市原市

市原市都市構造分析 立地適正化計画策定業務委託及び新都市計画マスタープラン策定業務委託企画提案(プロポーザル)について 市原市

課 整理 〇各種分析結果踏 え 立地適正 あた 課題整理し 〇人口動向 土地利用 生活利便性 交通利便性 災害等 安全性 財政 健全性 視点 項目 別 課題踏 え 立地適正計画策定 あた 都 機能誘 び居 誘 課題整理し

63 さらに読み込む

会議資料3 立地適正化計画の策定  上越市ホームページ

会議資料3 立地適正化計画の策定 上越市ホームページ

 集約拠点相互鉄軌道系やサービス水準高い基幹的なバス網等公  共交通機関により連絡するとともに、都市圏内その他地域から集約  拠点へアクセス可能な限り公共交通により確保。  集約拠点については、必要に応じて市街地整備行うことにより、居  住、交流等各種機能集積し、「歩いて暮らせる環境」実現。  その他地域においては、市街抑制するとともに、また郊外部等  空洞する市街地については、生活環境が極端に悪化することがないよ  う低密度誘導。
さらに見せる

47 さらに読み込む

平成 28 年 9 月 1 日時点版 都市計画運用指針における立地適正化 計画に係る概要 国土交通省都市局都市計画課 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

平成 28 年 9 月 1 日時点版 都市計画運用指針における立地適正化 計画に係る概要 国土交通省都市局都市計画課 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

1.立地適正計画区域等・・・・・・・・・・・・・2 2.居住誘導区域・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 3.都市機能誘導区域・・・・・・・・・・・・・・・15 4.居住調整地域・跡地等管理区域・・・・・・・・・23 5.策定プロセス・・・・・・・・・・・・・・・・・30 6.特例制度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・33 7.その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37 8.他計画関係・・・・・・・・・・・・・・・38
さらに見せる

40 さらに読み込む

第 2 章立地適正化計画の基本方針 第 2 章立地適正化計画の基本方針 1. 沼津市における立地適正化計画の導入について (1) 沼津市における立地適正化計画の活用方針 立地適正化計画は 本市を持続的に発展させるため 居住 と 交流 に一体的に取り組み 将来の目指すべき都市像 * を実現する計画とし

第 2 章立地適正化計画の基本方針 第 2 章立地適正化計画の基本方針 1. 沼津市における立地適正化計画の導入について (1) 沼津市における立地適正化計画の活用方針 立地適正化計画は 本市を持続的に発展させるため 居住 と 交流 に一体的に取り組み 将来の目指すべき都市像 * を実現する計画とし

(5)津波など災害リスクに対する考え方 本市では、沼津港周辺津波浸水想定はじめ、都市拠点となる地区やその周辺居住地 において、地震や津波、洪水など災害リスクが懸念されます。 これら災害リスクに対し、都市計画マスタープラン * では、「行政と地域協働による、災害 に強い都市構造 * へ転換」、「まちづくりなかで、安全・安心着実に高める仕組み構 築」等、安全・安心まちづくり考え方位置付けています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...