本市のごみ処理量の推移

Top PDF 本市のごみ処理量の推移:

資料 19 第 8 回八尾市廃棄物減量等推進審議会資料平成 23 年 8 月 2 日 ( 火 ) 10:00~ 将来予測と基本フレーム ( 減量目標 ) について 1. 年度別収集量の推移図 1は 本市の年度別収集量の推移を示したものである 平成 21 年度の本市の総ごみ量は 83,872tで ここ

資料 19 第 8 回八尾市廃棄物減量等推進審議会資料平成 23 年 8 月 2 日 ( 火 ) 10:00~ 将来予測と基本フレーム ( 減量目標 ) について 1. 年度別収集量の推移図 1は 本市の年度別収集量の推移を示したものである 平成 21 年度の本市の総ごみ量は 83,872tで ここ

になるが、目標までは4,048㌧及ばない。 ※大阪湾広域処理場整備促進協議会から通知文における目標年度が平成27年度ため、本市目標 は平成27年度~35年度まで計画収集を65,053㌧としている。 また、最終目標年度平成32年度においても、ごみ削減は基本フレームにおいて9,079㌧ 八尾における将来計画収集について、平成22年度実績をベースに予測した(図8)。 ごみについては人口推移によって影響を受けるため、人口変動影響を排除した一人一
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 はじめに 1 第 1 章ごみ 資源の推移 2 1 ごみ処理量の増加と ごみ非常事態宣言 2 2 ごみ 資源の処理量とその推移 4 (1) ごみ処理量等の推移 4 (2) ごみ処理量の内訳 5 (3) 資源分別量の内訳 6 (4) 埋立量の内訳 9 (5)1 人 1 日あたりの量 9 (6) 他

目次 はじめに 1 第 1 章ごみ 資源の推移 2 1 ごみ処理量の増加と ごみ非常事態宣言 2 2 ごみ 資源の処理量とその推移 4 (1) ごみ処理量等の推移 4 (2) ごみ処理量の内訳 5 (3) 資源分別量の内訳 6 (4) 埋立量の内訳 9 (5)1 人 1 日あたりの量 9 (6) 他

本市では、平成 21 年 6 月に千種区 1 店舗において家庭から出る使用済み天ぷら油を回 収するモデル事業を開始し、平成 24 年 10 月に全市拡大しました。平成 29 年 12 月末現 在は 78 店舗で回収をしています。 市民皆さまには、500m ペットボトルに詰めて回収店舗に持ち込んでいただきます。 平成 28 年度回収は、61,613 でした。回収した使用済み天ぷら油は民間精製業者に 引渡し、バイオディーゼル燃料に精製し、ごみ収集車 3 両と市バス 2 両燃料として使用 しています。
さらに見せる

40 さらに読み込む

目 次 1 はじめに P 1 2 審議の経過 P 2 3 事業系ごみの現状と課題 P 2 (1) 事業系ごみの現状 P 2 1 事業系ごみにかかる大阪市の特徴 P 2 2 ごみ処理量の推移 P 2 3 家庭系ごみ 事業系ごみの収集状況 P 3 4 事業系ごみの排出実態 P 3 5 許可業者が収集する

目 次 1 はじめに P 1 2 審議の経過 P 2 3 事業系ごみの現状と課題 P 2 (1) 事業系ごみの現状 P 2 1 事業系ごみにかかる大阪市の特徴 P 2 2 ごみ処理量の推移 P 2 3 家庭系ごみ 事業系ごみの収集状況 P 3 4 事業系ごみの排出実態 P 3 5 許可業者が収集する

ただし、こうした施策を行う場合には、不法投棄防止観点からも、民間処理(リサイクル) ルート整備状況を事前に把握する必要がある。 5 事業系ごみ減量施策今後方向性 審議会では、「大阪ごみ減量施策あり方」 (平成9年6月6日答申)において全般的なご み減量施策について提言を行い、また、 「ごみ減量推進ため具体的取組について」 (平成14年 8月2日答申)、「基本計画策定にあたって基本的な考え方について」(平成17年8月4日答 申)により、循環型社会形成推進に向けて、市民・事業者・行政(大阪)がそれぞれ責任と 役割を果たしつつ、実効あるごみ減量を推進することを提言している。
さらに見せる

33 さらに読み込む

自然 経済 行政 位置 市域 1 上水道 下水道等の普及状況 32 面積 1 住宅の種類 戸数 33 気象 2 ごみの量 資源ごみの量 33 市税 34 人口 学校 人口 世帯数の推移 3 年金 国保 37 人口集中地区人口 4 福祉施設 38 年齢別 男女別人口 5 市の財政 39 地

自然 経済 行政 位置 市域 1 上水道 下水道等の普及状況 32 面積 1 住宅の種類 戸数 33 気象 2 ごみの量 資源ごみの量 33 市税 34 人口 学校 人口 世帯数の推移 3 年金 国保 37 人口集中地区人口 4 福祉施設 38 年齢別 男女別人口 5 市の財政 39 地

年表(9) 西暦(年号) お も な こ と が ら 2002(平成14) ○国土交通省中国整備局主催「第1回夢街道フォーラム」において町並みや道など歴史・文化資源 を生かした地域づくりを支援する「夢街道モデル地区」に『八橋往来』(西岩倉町-河原町間)が認定さ れた(1月26日)○「市民声が活きる市政」を掲げて長谷川新市政発足(4月)○倉吉駅周辺整備事業 うち、上井羽合線沿道土地区画整理事業に着手(4月)○倉吉観光案内所がふるさと物産館にオー プン。観光ボランティアガイドサービスを開始、倉吉シルバー人材センター、倉吉観光ボランティア ガイドグループ合わせて29人が、玉川沿い白壁土蔵群、商家町並みや酒蔵などを観光客にガイド する(4月)○「市民と市長ふれあいコーナー」開設、同時に市長へメッセージ、Eメール、ファクス、 手紙等で意見・提言などを受付、市長が対応(5月)○倉吉市長選挙公職選挙法違反で議員辞職 により補欠選挙が行われ、12人新議員が誕生した(5月~8月)○倉吉農業委員会委員一般選挙 を実施、初めて女性委員2人が誕生した(7月7日)○日本各地女性みこしを集めた全国初イベント 「女みこし2002inくらよし」を倉吉パークスクエアで開催(8月3・4日)○14町(倉吉・関金町・三朝 町・北条町・大栄町)による天神川流域合併協議会設立、新しいまちづくりがスタート(10月1日)○第17 回国民文化祭「とっとり2002 夢フェスタとっとり」開催。倉吉未来中心ほかを会場として、が主催す る4事業「合唱祭、羽衣伝説フェスティバル、オペラ、全国民謡民舞祭」を開催(10月12日~11月3日) ○倉吉中心市街地活性化計画提言を受け、活性化に向けた取り組みが成徳地区で始まる。本市 では、「倉吉中心市街地活性化推進協議会」を設置し、実効性を重視した独自活性化計画とし てまとめた(11月)○「北条湯原道路」整備促進に向けて意見発表会を都市交流センター(関金町) で開催。女子高校生、青年団、OL、Iターン者、消防職員、病院事務長、バス会社所長、道駅、トラッ ク協会、梨栽培農家、観光農園、湯原観光協会、国民宿舎など300人が参加した(11月9日)○民間国 際交流促進、鳥取県中部地区日韓親善協会による「日韓親善交流翼」事業実施(11月18日~21 日)○旧倉吉町水源地ポンプ室・量水室登録有形文化財へ新登録答申。が申請した旧倉 吉町水源地ポンプ室と量水室が登録された 本市では「共同組合倉吉大店会」 「小川酒造主屋」
さらに見せる

59 さらに読み込む

熊野市ごみ減量化市民行動計画 目次 1 はじめに 1 (1) 計画策定の背景と趣旨 1 (2) 熊野市のめざす姿 2 2 ごみ処理の現状 3 3 ごみ処理の課題 4 4 熊野市ごみ減量化市民行動計画について 5 5 市民 事業者 市の役割 6 (1) 市民の役割 6 (2) 事業者の役割 7 (3)

熊野市ごみ減量化市民行動計画 目次 1 はじめに 1 (1) 計画策定の背景と趣旨 1 (2) 熊野市のめざす姿 2 2 ごみ処理の現状 3 3 ごみ処理の課題 4 4 熊野市ごみ減量化市民行動計画について 5 5 市民 事業者 市の役割 6 (1) 市民の役割 6 (2) 事業者の役割 7 (3)

13 (3)ごみ有料化について調査研究と検討 (H29 年度調査研究実施、H30 年度検討予定) ごみ減量化を進める有効な手法として、すでに全国6割以上自治体で ごみ有料化が実施されています。ごみ有料化とは、ごみ排出者がごみを排出す る際に手数料を負担するもので、環境省集計によると、一定以上手数料設 定とした場合、20%以上減量効果が示されています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ごみ処理体制の充実 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

ごみ処理体制の充実 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

は可燃ごみを適正かつ安全に処理するため、ごみ処理施設を整備する責務がある。長野広域連合が新たに計画している、ごみ 焼却施設建設予定地(大豆島地区)住民に対して、十分な協議による合意形成を図り、早期施設整備を推進する。 ・既存ごみ処理施設を安全かつ効率的に運用するため、老朽化した設備維持修繕及び更新を適切に実施する。 ・日々生活において発生するごみを、市民衛生的な生活環境を保持するため、安定的かつ適正に収集運搬を行う。
さらに見せる

3 さらに読み込む

目次 第 1 章ごみ減量アクションプランの策定にあたって ごみ減量アクションプラン策定の趣旨 ごみ減量アクションプランの性格 ごみ減量アクションプランの期間 1 第 2 章ごみ排出量の現状と減量に向けた基本姿勢 ごみ排出量の現状 ごみ減量等

目次 第 1 章ごみ減量アクションプランの策定にあたって ごみ減量アクションプラン策定の趣旨 ごみ減量アクションプランの性格 ごみ減量アクションプランの期間 1 第 2 章ごみ排出量の現状と減量に向けた基本姿勢 ごみ排出量の現状 ごみ減量等

目 次 第 1 章 ごみ減量アクションプラン策定にあたって・・・・・・・・・・・・・・ 1 1-1 ごみ減量アクションプラン策定趣旨・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 1-2 ごみ減量アクションプラン性格・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 1-3 ごみ減量アクションプラン期間・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 第 2 章 ごみ排出現状と減量に向けた基本姿勢・・・・・・・・・・・・・・・ 2 2-1 ごみ排出現状・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 2-2 ごみ減量等課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 2-3 減量に向けた基本理念及び三者役割・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 2-4 数値目標・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 第 3 章 家庭系ごみ減量と資源化取組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 アクション1 ごみ減量・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9 アクション2 資源化(リサイクル) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 アクション3 市民・事業者・行政連携 ・・・・・・・・・・・・・・・・・17 第 4 章 事業系ごみ減量と資源化取組 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・21 アクション1 ごみ減量・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 アクション2 資源化(リサイクル) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27 アクション3 市民・事業者・行政連携 ・・・・・・・・・・・・・・・・・29 第 5 章 ごみ減量計画進行管理 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
さらに見せる

34 さらに読み込む

城陽市ごみ処理基本計画 ( 概要版 ) 城陽市

城陽市ごみ処理基本計画 ( 概要版 ) 城陽市

単位 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 人 81,208 80,780 80,561 80,214 80,903 g/人・日 995.5 967.8 949.6 939.6 923.5 可燃 g/人・日 673.7 662.7 646.3 640.6 622.3 家庭系燃やすごみ(直営+委託+他課) g/人・日 533.8 521.9 508.0 503.0 483.2 t/日 11.36 11.37 11.14 11.04 11.25 g/人・日 139.9 140.8 138.3 137.6 139.1 不燃 g/人・日 143.0 132.9 131.7 132.0 135.3 g/人・日 140.2 130.1 128.7 128.3 132.2 燃やさないごみ g/人・日 137.2 127.2 125.9 125.6 124.5 スプレー缶 g/人・日 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 大型ごみ g/人・日 2.6 2.5 2.4 2.3 2.3 土砂 g/人・日 (3.1) (3.2) (3.6) (5.4) 5.0 t/日 0.23 0.23 0.24 0.30 0.25 g/人・日 2.8 2.8 3.0 3.7 3.1 資源 g/人・日 178.8 172.2 171.6 167.0 165.9 家庭系資源ごみ g/人・日 177.2 170.2 169.7 165.9 165.4 容器包装 g/人・日 33.0 31.8 31.5 32.3 32.2 カン g/人・日 7.2 6.7 6.6 7.4 6.6 ビン g/人・日 17.7 17.3 17.1 17.3 17.0 ペットボトル g/人・日 6.0 5.9 5.9 5.8 6.7 紙パック g/人・日 1.0 0.9 0.9 0.8 0.9 発泡食品トレー・発泡スチロール g/人・日 1.1 1.0 1.0 1.0 1.0 剪定枝 g/人・日 6.3 2.6 3.9 3.5 4.7 乾電池 g/人・日 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 集団回収 g/人・日 137.5 135.4 133.9 129.7 128.1 t/日 0.13 0.16 0.16 0.09 0.04 g/人・日 1.6 2.0 1.9 1.1 0.5 注1)平成18年度~平成21年度:不燃・家庭系=燃やさないごみ+スプレー缶+大型ごみ
さらに見せる

13 さらに読み込む

第 4 章 ごみ処理事業 1. ごみ排出量の推移 (1) 青森市 ( 青森地区と浪岡地区の合計 ) のごみ排出量の推移 (2) 青森地区におけるごみ排出量の推移 (3) 浪岡地区におけるごみ排出量の推移 (4) 平成 29 年度ごみ処理フロー 青森地区 (5) 平成 29 年度ごみ処理フロー 浪岡地

第 4 章 ごみ処理事業 1. ごみ排出量の推移 (1) 青森市 ( 青森地区と浪岡地区の合計 ) のごみ排出量の推移 (2) 青森地区におけるごみ排出量の推移 (3) 浪岡地区におけるごみ排出量の推移 (4) 平成 29 年度ごみ処理フロー 青森地区 (5) 平成 29 年度ごみ処理フロー 浪岡地

④戸別収集(毎月25日) 発注 納品 (3)粗大ごみ受付業務 青森地区では、粗大ごみ排出が年々増加傾向にあったこと、また、1回収集にあたり1世帯 4個までとする個数制限が市民ニーズに即していないこと、さらには、排出頻度差により税負担に 不公平が生じる恐れがあることなど課題を解消することを目的とし、平成15年7月 1 日から粗大 ごみ有料化(1個につき800円)を実施し、それまで年6回収集を毎月収集にするとともに、 個数制限を廃止した。
さらに見せる

17 さらに読み込む

その他のごみ処理施設について(案) 函館市廃棄物処理施設整備基本計画検討委員会 | 函館市

その他のごみ処理施設について(案) 函館市廃棄物処理施設整備基本計画検討委員会 | 函館市

担 用地確保 困難 考え た ,可能 限 施設 延命化 図 い あ 。 ,七五郎沢廃棄物最終処 場 ,第 次函館一般廃棄物処理基本計画 い , 成 41 度頃 使用 可能 いた , 成 」0 度 産業廃 棄物 受入停止 予定 い や, 減量化 資源化 推進

4 さらに読み込む

目 次 1 行動計画策定の趣旨 1 (1) 行動計画の目的 1 (2) 計画の位置づけ 1 (3) 基本方針 1 2 ごみ減量等の数値目標 2 (1) ごみ排出量の目標 2 (2) リサイクル目標 3 3 具体的施策の取り組みと実践内容 4 参考資料ごみ排出の現状整理 1 ごみ排出量等の推移 8 2

目 次 1 行動計画策定の趣旨 1 (1) 行動計画の目的 1 (2) 計画の位置づけ 1 (3) 基本方針 1 2 ごみ減量等の数値目標 2 (1) ごみ排出量の目標 2 (2) リサイクル目標 3 3 具体的施策の取り組みと実践内容 4 参考資料ごみ排出の現状整理 1 ごみ排出量等の推移 8 2

- 18 - ※ 可燃ごみ組成数値は、十和田地域広域事務組合ホームページ廃棄物処理施設維持管理状況数値を引用 【達成要因】 資源化とリサイクル推移で見ると、十和田ごみ焼却施設から排出された 焼却灰全量を資源化したことで平成 23 年度から資源化が大幅に増加し、そ ことが達成大きな要因となっています。また、ごみ全体における資源化 や燃えるごみ割合が一定で推移していることから、燃えるごみ中から最も 多いとされる紙、布類を適正排出することで、さらなるリサイクル率向上へ つながると考えられます。
さらに見せる

26 さらに読み込む

草加市ごみ処理基本計画(素案)

草加市ごみ処理基本計画(素案)

※ 埼玉県一般廃棄物処理事業概要から 家庭から出されるごみは、近年減少傾向となっています。これは、ごみ組成分析結果をみ ると分かるとおり、 可燃ごみとして出されたものうち、 紙類割合が平成23年度26. 2% であったものが、平成25年度は21.6%となり、そして平成27年度は18%と減少して いるなど、市民が分別に取り組んだ成果であるといえます。しかしながら、紙類についてその 割合は減少してきていますが、まだ、分ければ資源となる紙類が18%も含まれていることか らすれば、ごみ分別徹底をさらに進める必要があります。
さらに見せる

50 さらに読み込む

市では処理できないもの~事業系ごみの取り扱い 粗大ごみの収集方法 | 立川市

市では処理できないもの~事業系ごみの取り扱い 粗大ごみの収集方法 | 立川市

方法3 『家電リサイクル品引取所』 (泉町)まで運搬を、収集運搬業者に依頼する。(リサイクル料     金ほか、別に運搬費が必要になります。)ご希望方は、収集運搬業者をご案内します。     ごみ対策課(電話 531-5518)までお問い合わせください。 ○家電リサイクル券は製造メーカーなどを確認し、お近く郵便局で購入手続きをしてください。  リサイクル料金は製造メーカーや大きさ(容量)などにより異なりますので、ご注意ください。 ○生活保護を受給されている方は、収集運搬手数料は減免ですが、「家電リサイクル券」は購入する  必要があります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ごみ処理 平成29年度事業概要 廃棄物の抑制・再利用と適正処理|武蔵野市公式ホームページ

ごみ処理 平成29年度事業概要 廃棄物の抑制・再利用と適正処理|武蔵野市公式ホームページ

身体障害者手帳1・ 級 愛手帳1・ 度 精神障害者保健福祉手帳1・ 級所持者 世帯員全員 民税非課税 成 19 年 12 月に減免対象を 大し 申請受付を開始してい 場合 5 有料化後ごみ排出推移 家庭ごみ 料化実施に 料化前に比較して 料化後4年目ま に 燃やすごみ 燃や いごみごみは約 15 ~ 18 %減少し 一方 資源物は古紙類やその他プラスチック製容器包装 廃棄物を中心に全体 約34~43%増加しています。し し 総量 は約1~4%減少に まっ て 引 続 資源物を含 総ごみ減量 急務 っています。
さらに見せる

51 さらに読み込む

生ごみ処理容器等購入費補助金(ごみゼロ課) 個人への補助(平成25年度)|浦安市公式サイト

生ごみ処理容器等購入費補助金(ごみゼロ課) 個人への補助(平成25年度)|浦安市公式サイト

補助金等調査表(チェックシート) 所属 (1)補助金内容 生ごみ処理容器等は、適切に使用すれば、生ごみを100パーセント たい肥化できるため、家庭から出る生ごみをゼロにすることができ る。補助金は、こうした処理容器等購入を促し、ごみ減量に資 することができる

3 さらに読み込む

柏崎市一般廃棄物 ( ごみ ) 処理基本計画 策定に向けた ごみ処理に関する事業所アンケートへのご協力のお願い 日頃 本市の廃棄物行政に御理解と御協力をいただきありがとうございます 本市では ごみの減量 処理費用負担の公平化及び処理施設の延命化を図るため 平成 21 年 10 月から家庭ごみ ( 燃

柏崎市一般廃棄物 ( ごみ ) 処理基本計画 策定に向けた ごみ処理に関する事業所アンケートへのご協力のお願い 日頃 本市の廃棄物行政に御理解と御協力をいただきありがとうございます 本市では ごみの減量 処理費用負担の公平化及び処理施設の延命化を図るため 平成 21 年 10 月から家庭ごみ ( 燃

問5 貴事業所環境マネジメントシステム(EMS)認証取得について伺います 該当する番号に、○をつけてください。なお、「取得している」を回答された場合は、その種類を ○で囲んでください。 1.取得している ISO14001 ・ エコアクション 21 ・ エコステージ ・ その他 2.取得していない

6 さらに読み込む

目 次 1. 計画策定の趣旨... 1 (1) 社会的背景... 1 (2) ごみ減量 再資源化の意義... 1 (3) 計画策定の趣旨 ごみ処理 減量 再資源化の現状と課題... 3 (1) ごみの排出量... 3 (2) ごみの組成... 4 (3) 減量 再資源化施策... 6

目 次 1. 計画策定の趣旨... 1 (1) 社会的背景... 1 (2) ごみ減量 再資源化の意義... 1 (3) 計画策定の趣旨 ごみ処理 減量 再資源化の現状と課題... 3 (1) ごみの排出量... 3 (2) ごみの組成... 4 (3) 減量 再資源化施策... 6

「西宮環境を、そして地球未来を次世代に持続可能な状態で引き継いでいくためには、 市民一人ひとりが社会あり方や暮らしを見直すとともに、暮らしが自然にどのように支えら れ、また、利用してきたかを考え、環境に対する理解を深め、地域や地球環境と望ましい 関係、すなわち持続可能な資源循環型社会を築いていかなければならない」(宣言要旨)こと を提起した環境学習都市宣言精神を具体化するため、におけるごみ減量等数値目 標と目標年度、目標達成に向けて取り組むべき施策などをまとめた「西宮ごみ減量推進計 画」を策定し、持続可能な資源循環型社会実現をめざします。
さらに見せる

38 さらに読み込む

生ごみ処理容器等購入費補助金(ごみゼロ課) 個人への補助(平成22年度)|浦安市公式サイト

生ごみ処理容器等購入費補助金(ごみゼロ課) 個人への補助(平成22年度)|浦安市公式サイト

補助金を交付することにより、生ごみ自家処理促進を図り、もっ てごみ減量に資することを目的とする。 生ごみ処理容器(微生物等を利用して生ごみ等を発酵し、又は分解することにより、ごみを減少し、又はたい肥化することを目的として製造された物)または生ごみ処理機(機械的 な動作により、生ごみ水分を除去し、又は生ごみ等を発酵し、若しくは分解することによ り、ごみ容量を減少し、又はたい肥化することを目的として製造された物)購入。
さらに見せる

3 さらに読み込む

1 岡山県内のごみ処理施設の状況

1 岡山県内のごみ処理施設の状況

県下各ブロックにおける近年ごみ総排出原単位推移は、津山ブロック及 び備前ブロックで横ばい傾向で、その他4ブロックでは増加傾向にある。 これらことを勘案して、津山ブロック及び備前ブロックにおいては、ごみ総排 出原単位を平成 16 年度から平成 23 年度までを一定とし、残り4ブロックそ れぞれごみ総排出原単位を同じ率で削減して、平成 23 年度において新おかやま 夢づくりプラン目標を達成することとして、平成 23 年度ごみ総排出を予測し ている。この場合、岡山、倉敷、西部及び高梁各ブロックは平成 23 年度ごみ総 排出原単位は平成 16 年度から 3.6%減少することとなる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

目 次 計 画 の 目 的 1 計 画 期 間 及 び 目 標 年 度 1 基 本 理 念 基 本 方 針 2 ごみ 処 理 の 現 状 及 び 目 標 値 3 ごみ 排 出 量 3 ごみ 排 出 量 の 目 標 値 3 資 源 化 量 資 源 化 率 4 資 源 化 率 の 目 標 値 4 最 終

目 次 計 画 の 目 的 1 計 画 期 間 及 び 目 標 年 度 1 基 本 理 念 基 本 方 針 2 ごみ 処 理 の 現 状 及 び 目 標 値 3 ごみ 排 出 量 3 ごみ 排 出 量 の 目 標 値 3 資 源 化 量 資 源 化 率 4 資 源 化 率 の 目 標 値 4 最 終

・OA 化や IT 化を進め、伝票やカタログ等ペーパーレス化を推進します。 ・事業系ごみ発生抑制が経営合理化、ひいては社員利益につながることを理解させ るために、社員研修等を実施します。 ・食品リサイクル法に基づくリサイクルループ(地域で完結する循環型モデル)が構築さ れるよう、食品製造・加工・販売業者、収集・運搬業者、栽培農家、消費者等に対す る行政関与を強めます。

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...