未整備地域の整備

Top PDF 未整備地域の整備:

市有地一般競争入札実施要領(公告文) 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

市有地一般競争入札実施要領(公告文) 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

(4)入札参加申込書を審査した結果、参加資格を有すると認められた場合は、一般競争入 札参加申込受付書を交付します。 (5)共有名義による申込み ① 共有名義で申込みされる場合は、 共有名義なかから1名代表者を決める必要があ ります。実際入札参加申込み手続きおよび入札手続きをすることができるは、 当該代表者のみです。

6 さらに読み込む

(見本)売買契約書 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

(見本)売買契約書 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

3 乙は,第1項に定めるところにより売買物件を甲に返還するときは,甲指定する期日までに, 当該物件所有権移転登記承諾書を甲に提出しなければならない。 (損害賠償) 第18条 乙は,この契約に定める義務を履行せず,甲に損害を与えたときは,その損害を賠償しな ければならない。

3 さらに読み込む

参考資料 市原市長期未整備都市計画道路の見直し素案への意見等の公表について 市原市

参考資料 市原市長期未整備都市計画道路の見直し素案への意見等の公表について 市原市

区間 5 3 4 65 潤 戸南線 3 4 19 君塚 部線を連絡 路線 あ 一部 地形的制約条件 いう課題 あ 地域 あ ち 地区 及び辰巳 地区 都市交流 あ 国分寺 地区 を連絡 本市 ラン ザインを支え ち 骨格を形成 都市活動軸 必要 路

21 さらに読み込む

参考資料 長期未整備都市計画道路の見直しについて 市原市

参考資料 長期未整備都市計画道路の見直しについて 市原市

隣接市 接続 都市交流 及び地域 間を連絡 千葉市 接続 路線 あ 地形的制約条件 いう課題 あ 地 域 あ JR 幡宿駅周辺地区及び都市交流拠点 あ JR 駅周辺地 区 を連絡 本市 ラン ザインを支え ち 骨格を形成 都市活動 軸 必要 路線 あ こ 存続

21 さらに読み込む

圧力タンクの取り扱い留意点について(チラシ) 専用水道、簡易専用水道、水道未普及地域整備事業に関するお知らせ | 花巻市

圧力タンクの取り扱い留意点について(チラシ) 専用水道、簡易専用水道、水道未普及地域整備事業に関するお知らせ | 花巻市

原因究明中ですが、水道施設等圧力タンクについて、 特に以下点に注意しましょう。 ○異常があるときは、専門家に相談しましょう。 ○メーカー等定期点検を年に 1回程度受けましょう。

1 さらに読み込む

入札についての注意事項 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

入札についての注意事項 北区役所地域整備課取扱いの未利用市有地売却情報|岡山市|事業者情報|入札・契約

第1 代理人が入札しようとするときは、入札前に必ず委任状を提出してください。 なお、代理人は2人以上入札者を代理することはできません。また、入札者は他入 札者代理人となることはできません。 (入札書様式および使用する印鑑)

2 さらに読み込む

平成 28 年 1 1 月 18 日 内閣府地方創生推進事務局 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正する政令 地域整備方針の見直し 及び 評価書 について 都市再生特別措置法 ( 平成 14 年法律第 22 号 ) に基づく都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急

平成 28 年 1 1 月 18 日 内閣府地方創生推進事務局 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令の一部を改正する政令 地域整備方針の見直し 及び 評価書 について 都市再生特別措置法 ( 平成 14 年法律第 22 号 ) に基づく都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急

〔特定都市再生緊急整備地域〕 歩く人が中心まちを目指す 神戸都心において、交通環境を 再構築するとともに、更なる神戸 らしい景観形成などを推進し、 「心地よいデザイン」を備え、公 共空間と民地が一体となった神 戸ならでは都市空間を官民協 働で創出することにより、国内外 から多様でクリエイティブな人 材・企業集積を進め、これら 交流・融合による技術革新や新た な産業創出を促進することで、 文化・経済が持続的かつグローバ ルに発展し、世界に貢献する未来 創造都市リーディングエリア を形成
さらに見せる

46 さらに読み込む

生活支援体制整備事業における地域福祉の推進に関する一考察

生活支援体制整備事業における地域福祉の推進に関する一考察

おわりに∼今後生活支援コーディネーターと協議体行方 これまで述べてきたことは,地域における介護や生活支援に関わる人材と組織,その基盤体制 構築課題である.例えば,厚生労働省は,介護人材不足一環として,経験あまりない中 高年者層を介護職場に誘導する一環として,「介護に関する入門的研修」を自治体に要請した. これは,「介護人材に求められる機能明確化とキャリアパス実現に向けて」(平成29年10月4 日社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会報告書)で,介護人材すそ野拡大に向け て,介護経験者が受講しやすい入門的研修導入必要性が提言されたことによる.本報告書 では,「この入門的研修内容については,できるだけ基本的な内容とするとともに,介護経 験者が介護分野へ参入障壁となっていることを払拭できるような内容とすることが重要」と されている.内容は,より多く人々が介護を知る機会となること,介護分野で働く際不安を 払拭できるようにするとされた.主な対象者は,多様な人材(特に介護経験者)参入を促進 することとし,企業等で定年退職を予定している者,中高年齢者,子育てが一段落した者などと 地域住民や学生などである.この21時間程度研修を平成30年度中に実施するは,47都道府県 うち,16都府県程度という結果が厚生労働省調べで明らかになった.この仕組みは,介護施 設などにおける介護助手をイメージしている面が強いものの,むしろ,地域における介護や生活 支援担い手養成研修としても期待されるところであろう.
さらに見せる

13 さらに読み込む

「駅前広場整備が周辺地域に与える影響および駅前広場と駅周辺開発事業の整備効果の分析」

「駅前広場整備が周辺地域に与える影響および駅前広場と駅周辺開発事業の整備効果の分析」

14 認可後、開業後ともに若干ではあるが、地価上昇効果が見られた。 また今回対象とした駅人口構造について図 9 に示す。駅周辺 1km 圏における人口増加 率、生産人口割合、人口密度を表す。人口密度は草加駅周辺方が多いが、生産人口割合、 人口増加率は草加駅が低い。これは草加駅周辺居住者が高齢化しており、他エリアから 人口流入も少ないことを示す。一方、二子玉川駅周辺は新世代流入があり、駅周辺開発前 後で駅乗降客数が 30%程度増加 11 するなど、来街者も増加している。土屋ら 12 によると東 武伊勢崎線は若い世代が流入せず高齢化が加速する路線であるという。首都圏において将来 的に人口増加率、生産人口割合低下が見られる地域に商業機能活性化を目的とした駅周辺 開発を実施した事例で長期的に賑わいを保っている施設は少ない。地域適正規模より過大 な施設を建設することで、使用なまま空間や空き店舗、度重なるリニューアルを繰り返 すなど、都市イメージ低下に繋がる可能性もある。開発前は正外部効果を見込んで自治 体が補助金や整備費負担を行っても、開発後何年か経過し、負外部効果をもたらすリスク も鑑みる必要がある。
さらに見せる

22 さらに読み込む

廿日市市地域医療拠点等整備事業実施方針

廿日市市地域医療拠点等整備事業実施方針

一般定期借地権期間は、50 年(施設建設、解体に係る期間を含む)とする。 事業用定期借地権期間は、30 年以上 50 年未満(施設建設、解体に係る期間を含む)とする。 ただし、敷地A2については、事業者提案により市と土地譲渡契約を締結することも可能と する。敷地A3は、定期借地権設定を原則とするが、本事業に対する提案内容によっては定期 借地権設定部分と売却部分調整をすることを可能とする。
さらに見せる

25 さらに読み込む

大都市近郊拠点基盤未整備地区の住環境整備計画に関する研究 「通りと広場を囲む空間単位」の計画とデザインガイドによる支援

大都市近郊拠点基盤未整備地区の住環境整備計画に関する研究 「通りと広場を囲む空間単位」の計画とデザインガイドによる支援

大都市近郊拠点基盤未整備地区の住環境整備計画に関する研究 「通 りと広場を囲む空間単位」の計画 とデザインガイ ドによる支援 委員 松 山 明*2, 主査 佐 藤 圭 二*1 鶴 田 佳 子*3,大 竹 芙 美*4,伊 藤 佳 代*5,石 塚 悠 圭*6, 大都市郊外 には従来か ら集落 を形成 した り徐 々に小規模 な開発 による市街化 が進んだ りす る地域があ [r]

12 さらに読み込む

(仮称)西部地域複合施設整備基本計画(平成22年12月策定) 平和小学校跡地の整備|豊島区公式ホームページ

(仮称)西部地域複合施設整備基本計画(平成22年12月策定) 平和小学校跡地の整備|豊島区公式ホームページ

目 次 第 章 施設整備 背景 .......................................................................................................... 1 .本計画 位置付け dddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd 1 豊島区基本計画 成 度~ 成 度 成 1③ 年 月策定 ddddddddddddddddd 1 未来戦略推進 ン 成 平平 年 月策定 ddddddddddddddddddddddddddddddddd 平 .整備計画地等 状況 dddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd 年 計画地 位置 dddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd 年 和小学校跡地 状況 dddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd 年 地理的状況 現状 .................................................................................................................................... 3
さらに見せる

25 さらに読み込む

1. 取組の背景射水市大門地域は 10a 区画の未整備な湿田が多く 営農上の大きな障害となっていた 昭和 62 年に下条地区で県内初の大区画圃場整備が実施されたのを皮切りに 順次圃場整備が進んでいる 大区画圃場整備事業が現在の 経営体育成基盤整備事業 になってからは 農地集積に加えて法人化等の担い手

1. 取組の背景射水市大門地域は 10a 区画の未整備な湿田が多く 営農上の大きな障害となっていた 昭和 62 年に下条地区で県内初の大区画圃場整備が実施されたのを皮切りに 順次圃場整備が進んでいる 大区画圃場整備事業が現在の 経営体育成基盤整備事業 になってからは 農地集積に加えて法人化等の担い手

また、園芸作物を導入した経営体は 11 組織と複合化も定着してきており、 射水市特産である「えだまめ」産地形成に大いに貢献している。 4.農家等から評価・コメント(( 農)B営農組合代表理事 C氏) 大区画圃場整備は平成 13 年に完成し、平成 16 年に農事組合法人を設立 した。圃場整備直後栽培管理や法人設立支援などを受けてきた。また、 今年初めて乾田V溝直播栽培を行ったが、丁寧に管理方法を指導してもら い満足いく結果が得られた。来年は 3 筆・4ha で行う予定をしている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

長期未整備都市計画道路の見直しガイドライン

長期未整備都市計画道路の見直しガイドライン

また、都市計画道路区域内地権者には、一定建築制限が課せられていること から、道路必要性や整備見通しについて、行政説明責任を求める声も高まって きている。 このような状況を踏まえ、県として、長期間にわたり整備都市計画道路につい て、適切な見直しを推進するため、その指針となるガイドラインを策定するものであ る。

22 さらに読み込む

社会資本総合整備計画(水の安全・安心基盤整備)事後評価書 下水道整備効果|成田市

社会資本総合整備計画(水の安全・安心基盤整備)事後評価書 下水道整備効果|成田市

・長寿命化計画(H26~H27)による管渠施設改築更新実施により、成田ニュータウン地区管渠施設機能(流下能力、可とう性等)が向上した。  つき防止、圧力解放等)が向上した。 ・普及対策江川汚水支線及び成田ニュータウン汚水支線整備実施により、大袋・台方地区及び松崎地区生活環境向上と公共用水域水質保全に寄与した。 60% (300箇所)

3 さらに読み込む

未着手都市計画道路の整備について ( 第 2 次整備プログラム )( 案 ) に対する 市民意見の内容及び市の考え方 未着手都市計画道路の整備について( 第 2 次整備プログラム ) ( 以下 第 2 次整備プログラムという ) の案に対し 貴重なご意見をいただきありがとうございました 皆様からいた

未着手都市計画道路の整備について ( 第 2 次整備プログラム )( 案 ) に対する 市民意見の内容及び市の考え方 未着手都市計画道路の整備について( 第 2 次整備プログラム ) ( 以下 第 2 次整備プログラムという ) の案に対し 貴重なご意見をいただきありがとうございました 皆様からいた

【市考え方】 昭和区②山手植田線については、昭和 46 年に都市計画決定された昭和区山手通 3 丁目から八事富士見まで延長 760m(計画幅員 40m)が着手区間となっています。 第 2 次整備プログラム策定にあたっては、整備効果について「都心機能・交流機 能」 、 「自動車交通円滑化」 、 「防災」 、 「交通安全」 4 項目で評価しました。この路 線を整備する場合、広域交通ネットワークを形成する路線であり、また周辺道路に渋 滞箇所がみられることから、総合的な整備効果は高いと考えています。しかし、事業 性については、整備する場合、茶屋ケ坂牛巻線と交差部(八事日赤病院北交差点) が五差路となり、自動車交通円滑化整備効果が限定的であることや、地形起伏等 を考慮した整備による影響範囲拡大等、事業規模に対する道路整備有効性が低い と考え、見直し方向性を「廃止候補路線」としています。なお、接続する天白区③ 八事天白渓線と一体的に、代替措置について総合的に検討しています。
さらに見せる

26 さらに読み込む

地域整備方針 (ファイル名:tiikiseibihousin.pdf  サイズ:75.04KB)

地域整備方針 (ファイル名:tiikiseibihousin.pdf サイズ:75.04KB)

○駅交通結節点機能を強化する ため、自動運転など近未来技術等 活用を想定した駅前交通広場、地域 内道路、集約駐車場整備 ○岡東中央公園を中心に商業・業務 施設と連携した様々な賑わい 創出や交流を促進する広場空間 整備

1 さらに読み込む

市原市長期未整備都市計画道路の見直し最終素案

市原市長期未整備都市計画道路の見直し最終素案

ヷ免許 高齢者 自動車利用 他 運転者 車 乗利用 増加 そ 結 千葉ヷ印旛 東京 近い地域 増加傾向 市原市 い ㄥ 等 増加 要因 人口減少 影響 ㄥ回 H42 自動車発生集中 自動車交通 微増 考え

21 さらに読み込む

目次 1 北海道農業の現状 1 2 北海道の農業農村整備を取り巻く状況 8 3 農業農村整備における新たな技術の導入 15 4 農業農村整備の地域経済等への波及 17

目次 1 北海道農業の現状 1 2 北海道の農業農村整備を取り巻く状況 8 3 農業農村整備における新たな技術の導入 15 4 農業農村整備の地域経済等への波及 17

○ 北海道最大水田地帯である石狩川流域では、戦前北海かんがい溝(現北海幹線用水路)開削、戦後大規模かんがい排水事 業、篠津地域泥炭地開発などを通じて、基幹的な用排水施設が整備されるとともに、昭和40~50年代には、ほ場整備が集中して行わ れ、全国有数大規模な穀倉地帯が形成されました。 ○ 長年にわたる基盤整備(客土や深水かんがい用水確保など)により、北海道ではじめて「特A」を獲得した「ゆめぴりか」をはじめ、良食 味米が生産されるようになりました。また、水田汎用化進展により、野菜や畑作物生産も盛んに行われています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

南北駅前広場整備 上水道整備と建物移転補償 ( 事業総額 15 億 6000 万円 ) 七戸町新駅周辺地区まちづくり交付金事業として 駐車場整備 公園整備 下水道整備 地域防災施設整備 観光交流センター建設 歩行者支援施設整備 ( 事業総額 32 億 8400 万円 ) がある このうち 国庫補助金

南北駅前広場整備 上水道整備と建物移転補償 ( 事業総額 15 億 6000 万円 ) 七戸町新駅周辺地区まちづくり交付金事業として 駐車場整備 公園整備 下水道整備 地域防災施設整備 観光交流センター建設 歩行者支援施設整備 ( 事業総額 32 億 8400 万円 ) がある このうち 国庫補助金

交通特徴として、自家用車に依存している交通利用形態であるが、冬季には徒歩や自転車・バイ クを使用していた人が路線バスにシフトする。そのため、路線バスは冬季には重要な交通手段とし て利用している。しかし、路線バスは利用者減少が著しく、市一般会計から年間約7億円を負担 しても赤字が続いている状況であるため、路線見直しなど様々な対策を行っていた。特に、乗り やすく、わかりやすいバス交通ネットワークへ再編に力を入れていた。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...