月連続で前年の水準を上回っ

Top PDF 月連続で前年の水準を上回っ:

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

*連結ベース 本レポートは情報提供目的としたものあり、投資勧誘意図するものはありません。また、本レポートに記載されている情報及び 見解は当社が公表されたデータに基づいて作成したものです。本レポートに掲載された情報は、当社が信頼できると判断した情報源か ら入手したものですが、その正確性・完全性全面的に保証するものはありません。当該情報や見解正確性、完全性もしくは妥当 性についても保証するものはなく、また責任負うものはありません。本レポートに関する一切権利は(株)インベストメントブリッ ジにあり、本レポート内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。投資にあたって決定は、ご自身判断なさ れますようお願い申しあげます。 Copyright(C) 2014 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.
さらに見せる

15 さらに読み込む

1. はじめに 5 年 7 月の住宅着工戸数は 季調済年率換算値で 万戸 前年同月比 +.3% と 97 年以来の高水準 かつ ヶ月連続の着工増加となった 利用関係別に見ると 持家は 年後半以降 住宅ローン減税の規模縮小に伴う駆け込み需要の剥落により 季調済年率換算値で 35.2 万戸

1. はじめに 5 年 7 月の住宅着工戸数は 季調済年率換算値で 万戸 前年同月比 +.3% と 97 年以来の高水準 かつ ヶ月連続の着工増加となった 利用関係別に見ると 持家は 年後半以降 住宅ローン減税の規模縮小に伴う駆け込み需要の剥落により 季調済年率換算値で 35.2 万戸

ただし、この在庫循環図用いた「在庫数」データには、デベロッパー「期分け 販売」 6 状況によって水準が変化する可能性がある点には注意が必要ある。すなわ ち、ここ用いた「在庫数」は着工後、販売されたマンションうち売れ残っている もののみがカウントされ、着工はされているが販売がされていないものは在庫数に含 まれず(「見えざる在庫」と定義)、一方販売が開始された後、竣工(完成)まで 売れ残っている物件は仕掛在庫、竣工後売れ残っている物件は完成在庫に計上される
さらに見せる

14 さらに読み込む

さて低迷していた経済指標だが独の小売売上は強いものとなった 10 月の小売売上は 前年比 5.0% 上昇した これは 2017 年 5 月以来 ほぼ 1 年半ぶりの高水準 ただ 前月比では 4 カ月連続で低下し まだら模様の内容となった 予想は 2.7% の上昇 前月比では 0.3% 低下した 12

さて低迷していた経済指標だが独の小売売上は強いものとなった 10 月の小売売上は 前年比 5.0% 上昇した これは 2017 年 5 月以来 ほぼ 1 年半ぶりの高水準 ただ 前月比では 4 カ月連続で低下し まだら模様の内容となった 予想は 2.7% の上昇 前月比では 0.3% 低下した 12

日本金利についてはここ最近世界金利が低下していることから出口へ 話は遠のいてくる。ただマイナス金利というものは預金者にとっても、金融機 関にとってもメリットはない。マイナス金利が 120 円あたり導入されたが、 未だそのレベルへ戻ったことはない。マイナス金利は円安には繋がらない。可 処分所得減少となる。IS バランス論から言えば円高だ。株には好影響があっ た。マイナス成長や消費増税も円高に繋がる。だからこそ政府は増税率超え る還元ポイントつけようとしている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

種の弱さが続いている 物価についても 消費者物価指数 (CPI) が前年比 +1.% 生産者物価指数 (PPI) が前年比.% と いずれも低水準のままである ( 前頁図表 ) 輸出に至っては 3 月以降 3カ月連続でマイナスの伸びとなった 米国向けは回復がみられるが それ以外の国 地域向けが総じて

種の弱さが続いている 物価についても 消費者物価指数 (CPI) が前年比 +1.% 生産者物価指数 (PPI) が前年比.% と いずれも低水準のままである ( 前頁図表 ) 輸出に至っては 3 月以降 3カ月連続でマイナスの伸びとなった 米国向けは回復がみられるが それ以外の国 地域向けが総じて

上述とおり、インフラ投資による景気てこ入れ自体は昨年も見られたものだが、今年インフラ 投資に関する政策特徴づけるは、インフラ投資資金確保するため施策が多く発表されている ことだ。 インフラ投資資金確保が必要とされている背景には、地方政府債務問題解消に向けた改革進 展や財政収入減少がある。中国インフラ投資資金源別にみると、2013年時点「事業単位自 己資金」が約6割と最も大きな割合占めているが(図表6)、この「事業単位」には、地方政府が公 共事業実施目的として、財政資金など出資して設立した地方政府融資平台(以下、融資平台) と呼ばれる法人も含まれる。地方政府はかつて、融資平台に暗黙政府保証与え、銀行借入など 野放図に拡大させた結果、多額債務抱えることとなった。このことが問題視され、昨年後半以降、
さらに見せる

7 さらに読み込む

1. 原油市場を巡るファンダメンタルズ等 2013 年 6 月の米国ガソリン需要 ( 確定値 ) は前年同月比で 0.8% 程度減少の日量 897 万バレルと速報値とほぼ同水準となった ( 図 1 参照 ) 近年 6 月は米国ガソリン需要は日量 900 万バレルを超過しており (2011 及び 12

1. 原油市場を巡るファンダメンタルズ等 2013 年 6 月の米国ガソリン需要 ( 確定値 ) は前年同月比で 0.8% 程度減少の日量 897 万バレルと速報値とほぼ同水準となった ( 図 1 参照 ) 近年 6 月は米国ガソリン需要は日量 900 万バレルを超過しており (2011 及び 12

ニューヨーク商業取引所(NYMEX) 2013 年 9 渡し WTI 原油先物契約取引は 8 20 日を以て終 了したが、10 渡し契約この日終値は 105.11 ドル(前日終値比 1.75 ドル下落)あった)。翌 21 日 には、この日発表された FOMC 議事録において、年内に金融緩和策縮小開始し 2014 年央には債券 購入停止するとする、バーナンキ米国連邦準備理事会(FRB)議長が 6 19 日記者会見時示した 予定に対して大半委員が支持表明した旨示唆されていたこと、米金融当局による金融緩和策縮 小路線市場が意識したことから、この日原油価格終値は 1 バレル当たり 103.85 ドルと前日終値比 さらに 1.11 ドル下落した。ただ、8 22 日には、この日英金融機関 HSBC と英金融情報サービス会社 マークイットから発表された 8 中国製造業購買担当者指数(PMI)(50 が当該部門拡大と縮小分岐 点)が 50.1 と 7 (改定値) 47.7 から上昇した他市場事前予想(48.2)上回ったうえ、同日マークイ ットから発表された 8 ユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)(50 が景気拡大と縮小分岐点)が 51.7 と 7 50.5 から上昇した他市場に事前予想(50.9)上回ったこと、また同じくこの日米民間調査機関コ ンファレンス・ボードから発表された 7 米国景気先行指標総合指数(2004 年=100)が 96.0 と前月比 0.6%上昇となり市場事前予想(同 0.5%上昇)上回ったこと、8 23 日には、この日欧州委員会 (EC)から発表された 8 ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)(ゼロが景気拡大と縮小分岐点)が マイナス 15.6 と 7 マイナス 17.4 から上昇、2011 年 7 (この時はマイナス 11.5)以来高水準とな った他市場事前予想(マイナス 16.5)上回ったうえ、同日英国政府統計局(ONS)から発表された 2013 年 4~6 同国国内総生産(GDP)(改定値)が前期比 0.7%増加と 7 25 日に発表された速報値 ある同 0.6%増加から上昇修正されたこと、8 23 日に米国商務省から発表された 7 同国新築住宅 販売件数が年率 39.4 万戸と前月から 13.4%減少、2012 年 10 (この時は同 36.5 万戸)以来水準と なった他市場事前予想(同 48.7~49.0 万戸)下回ったこと、米金融当局による金融緩和策継続に 対する市場観測が増大したこと、8 23 日午前 7 時 48 分(現地時間)にカナダ Irving Oil Saint John 製油所(ニューブランズウィック州、原油精製能力日量 30 万バレル)流動接触分解装置(FCC、ガソリ ン生産能力日量 7 万バレル)が停止した他同日米国 Monroe Energy Trainer 製油所(ペンシルバニア 州、原油精製能力日量 18.5 万バレル) FCC(ガソリン生産能力日量 5 万バレル)が停止したと情報 が流れ、ガソリン需給引き締まり観測が市場発生したことから米国ガソリン先物相場が上昇したこと により、原油価格は 8 22~23 日 2 日間合計 1 バレル当たり 2.57 ドル上昇、8 23 日終値は 106.42 ドルとなった。
さらに見せる

25 さらに読み込む

最近の県内経済情勢は 回復しつつある 前回 (30 年 4 判断 ) 前回比較 今回 (30 年 7 判断 ) 総括判断回復しつつある 回復しつつある 総括判断の要点 個人消費は 百貨店 スーパーで底堅いものとなっており コンビニエンスストアで堅調となっているほか ドラッグストア販売で前年を上回って

最近の県内経済情勢は 回復しつつある 前回 (30 年 4 判断 ) 前回比較 今回 (30 年 7 判断 ) 総括判断回復しつつある 回復しつつある 総括判断の要点 個人消費は 百貨店 スーパーで底堅いものとなっており コンビニエンスストアで堅調となっているほか ドラッグストア販売で前年を上回って

輸送機械は、受注残があり、高操業継続している。 化学は、繊維原料一定水準操業が続いているなど、おおむね横ばいとなっている。 非鉄金属は、自動車向けが増加していることなどから、緩やかに回復しつつある。 パルプ・紙は、段ボール原紙が増加していることから、緩やかに持ち直している。 食料品は、家庭用調味料に動きがみられ、持ち直している。

14 さらに読み込む

hidaka2

1. エントリー状況就職活動本格スタートから1カ月が経過した4 月 1 日時点の活動量を見てみよう 一人あたりのエントリー社数の平均は37.3 社 前年同期調査 (44.7 社 ) より7.4 社少ない 3 月調査では前年をやや上回っていたが その後の伸びはかなり鈍い 当社が 3 月下旬に実施した緊

2. . . .セミナー・会社説明会へ セミナー・会社説明会へ セミナー・会社説明会へ セミナー・会社説明会へ参加状況 参加状況 参加状況 参加状況 セミナー・会社説明会平均参加社数は33.6社前年同期(34.0社)と同水準。ただし、開催形 式ごとに見ると、企業単独開催もの(企業単独セミナー)が10.4社と、前年同期(7.9社)より2.5 社多い。先月(3)調査は企業単独セミナーは2.4社だったから、この1カ月企業単独セミナーへ 参加が急激に増えた様子がわかる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

中国 2018 年 9 月の訪日中国人数は 前年同月比 3.8% 減の 652,700 人で 5 年ぶりに前年同月を下回った 2018 年 10 月の訪日中国人数は 前年同月比 7.8% 増の 715,300 人で 10 月として過去最高を記録した 9 月は関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震による航

中国 2018 年 9 月の訪日中国人数は 前年同月比 3.8% 減の 652,700 人で 5 年ぶりに前年同月を下回った 2018 年 10 月の訪日中国人数は 前年同月比 7.8% 増の 715,300 人で 10 月として過去最高を記録した 9 月は関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震による航

 Society of American Travel Writers (SATW)年次総会へ出展(ニューヨーク事務所) 9 23 日から 27 日までバルバドス開催された Society of American Travel Writers(SATW)年次総会にスポ ンサーとして初参加した。SATW はアメリカ・カナダ約 1,100 人ジャーナリスト等旅行関連メディア関係者構 成される組織あり、年 1 回総会開催している。今回総会におけるメディア関係者と対面ミーティングセッシ ョンには日本(JNTO)はアジア圏から唯一デスティネーションとして出展した。ミーティングは、まだメディアにあまり 取り上げられていない地域に関する質問が多く、九州や東北、四国など日本各地「これから注目観光地」とし てタイムリーな各種イベントやニュースと合わせて紹介し、ゴールデンルートにとどまらない日本多様な魅力米国 旅行メディア関係者にアピールした。
さらに見せる

21 さらに読み込む

6 期連続で過去最高売上高を更新 2018 年 3 月期における食品業界の動向として 外食産業では 市場全体が堅調に推移し 3 年連続で売上が前年を上回った 業態によりバラつきは見られるものの ファストフードや焼肉業態などが好調に推移している 業界全体では 深刻な人手不足による時給増を背景に 値上げ

6 期連続で過去最高売上高を更新 2018 年 3 月期における食品業界の動向として 外食産業では 市場全体が堅調に推移し 3 年連続で売上が前年を上回った 業態によりバラつきは見られるものの ファストフードや焼肉業態などが好調に推移している 業界全体では 深刻な人手不足による時給増を背景に 値上げ

◆6 期連続過去最高売上高更新 2018 年 3 期における食品業界動向として、外食産業は、市場全体が堅調に推移し、3 年連続売上が前 年上回った。業態によりバラつきは見られるものの、ファストフードや焼肉業態などが好調に推移している。業界 全体は、深刻な人手不足による時給増背景に、値上げが相次いおり、今後大きな課題となっている。スー パーマーケットについては、天候不順や 2017 年 8 に発生した O157 等影響受け、既存店ベース売上高が 微減となったが、総菜売場については、中食需要高まり受けて堅調に推移している。外食産業と同様、人手 不足が深刻化しており、ネット通販などと競争も、年々、激化している。コンビニエンスストア(CVS)については、 店内調理カウンター商材や弁当、惣菜、調理パン、サラダ等中食が好調に推移した。業態間やドラッグストア 等他業態と競争が激しさ増しており、今期以降も、その流れは続くと思われる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

中国 3 月としては過去最高の 338,200 人が訪日 3 月の訪日中国人数は 338,200 人で 前年同月の 184,000 人から大きく増加した 3 月としての過去最高を記録しており 2 か月連続で 300,000 人を突破した 桜シーズンの到来による訪日需要増旅行会社各社が 3 月出発の訪

中国 3 月としては過去最高の 338,200 人が訪日 3 月の訪日中国人数は 338,200 人で 前年同月の 184,000 人から大きく増加した 3 月としての過去最高を記録しており 2 か月連続で 300,000 人を突破した 桜シーズンの到来による訪日需要増旅行会社各社が 3 月出発の訪

3 主なプロモーション活動  春訪日旅行意欲促進ため、「地下鉄スクリーンドアや動画掲載メディア活用した桜イメ ージ PR」、「動画広告上映」、「旅行会社・航空会社・ソーシャルコマース等とタイアップした 旅行販売促進広告」実施した。特に、2015 年 2 23 日から 3 8 日にかけて実施した ソーシャルコマース「チケットモンスター」上に「桜」と「ショッピング」テーマとした企画ページ作 成し、旅行商品購入者に対する特典提供等販売促進実施したビジット・ジャパン事業 については、旅行商品販売数が 804 件に上り、訪日旅行者数増加に寄与した。特に大 阪、福岡、東京など目的地とする商品売れ行きが好調、大都市に人気が集中してい る現状が改めて浮き彫りとなった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Car Life Research : 2006 年 7 月 ガリバー自動車研究所レポート 今なぜ 軽自動車 が売れているのか? 6 月においても軽自動車の販売状況は依然好調で 新車の販売台数は前年同月比 9.1% 増 さらに 6 カ月連続プラスを続けている そこで今回は軽自動車ユーザーのみに絞った

Car Life Research : 2006 年 7 月 ガリバー自動車研究所レポート 今なぜ 軽自動車 が売れているのか? 6 月においても軽自動車の販売状況は依然好調で 新車の販売台数は前年同月比 9.1% 増 さらに 6 カ月連続プラスを続けている そこで今回は軽自動車ユーザーのみに絞った

「乗用車」 から 「軽自動車」 へ乗り換えた人は35.7% ~ 軽から軽へ乗り換えは50.9%。そんな軽自動車ユーザー満足度は8割以上!! ~ 現在お乗り軽自動車購入する前に保有していた車 タイプ は何ですか?                   (1000人・複数台保有している(していた)方は、その軽自動車前に最後に購入した車について、単一回答)                                                                                                                                      Q
さらに見せる

5 さらに読み込む

Ⅰ. 平成 31 年地価公示結果の概要 平成 30 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 全用途平均が 4 年連続の上昇となり 上昇幅も 3 年連続で拡大し上昇基調を強めている 用途別では 住宅地は2 年連続 商業地は4 年連続 工業地は3 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強め

Ⅰ. 平成 31 年地価公示結果の概要 平成 30 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 全用途平均が 4 年連続の上昇となり 上昇幅も 3 年連続で拡大し上昇基調を強めている 用途別では 住宅地は2 年連続 商業地は4 年連続 工業地は3 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強め

◆オフィスについては、景気回復に伴う企業業績改善が続く中、働き方改革等に対応したオフィス環境改善ため 拡張・移転動きも見られ、空室率は概ね低下傾向が続き、賃料が上昇している。また、外国人観光客はじめと する国内外から訪問客増加、インフラ整備や再開発事業等進展による利便性・繁華性向上等背景に、主要 都市中心部などは、店舗、ホテル等進出意欲が依然として旺盛ある。このような商業地として収益性高 まりに加え、金融緩和による良好な資金調達環境もあいまって、法人投資家等による不動産取得意欲が強いことから、 商業地地価は総じて堅調に推移し、全国平均変動率は 2.8%と4年連続上昇となり、上昇幅も3年連続拡大 している。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は1.8%( 前年 2.4%) で 4 年連続上昇となり 全都道府県第 4 ( 前年第 2 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は1.8%( 前年 2.4%) で 4 年連続上昇となり 全都道府県第 4 ( 前年第 2 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動

地価公示は、土地鑑定委員会が毎年1回標準地正常な価格公示し、一般土地取引価格に対して指 標与えるとともに、公共事業用地取得価格算定規準とされ、また、国土利用計画法に基づく土地取引 規制における土地価格算定規準とされる等により、適正な地価形成に寄与すること目的としている。 実 施 主 体 土地鑑定委員会(国土交通省に置かれる) 価格判定基準日 1月1日
さらに見せる

9 さらに読み込む

untitled

1.6 月 1 日現在現在の内定状況 6 月 1 日現在の学生モニターの内定率は65.7% 先月調査(5 月 1 日現在 ) の42.2% から1カ月で23.5ポイント上昇し 2 年連続で6 割を超える高水準となった ただ 5 月調査では前年同期を4.7ポイント上回り内定出しの早期化が目立っていたが

内定得ていない学生に内定獲得見通し尋ねた。 「近々内定もらえる見通しが立っている」が 16.3%前年(15.4%) 0.9 ポイント上回る。ただ、最も多いは「選考中企業はあるが、内 定もらえるかわからない」 (57.8%)、ここに「選考中企業はなく、まったく見通しが立ってい ない」 (14.5%)足し合わせると 72.3%になり、未内定者 7 割強が先見えない状況にあるようだ。 一方、 「就職以外道 (進学、留年など) 考えている」という回答が 1 割超え(11.2%) 、選考解禁 直後にもかかわらず、早くも来春就職見送ろうという学生が一定数いることがわかる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

(2) 上半期 (1 月 ~6 月 )< 京都 39 ホテル > 上半期の外国人利用割合は 前年同期差 3.8 ポイント増の 43.5% となり 上半期として初めて 4 割 を超えた 国 地域別の構成比では 中国が前年同期差 2.9 ポイント増の 26.% で 引き続き最大市場となり 特に 2 月の

(2) 上半期 (1 月 ~6 月 )< 京都 39 ホテル > 上半期の外国人利用割合は 前年同期差 3.8 ポイント増の 43.5% となり 上半期として初めて 4 割 を超えた 国 地域別の構成比では 中国が前年同期差 2.9 ポイント増の 26.% で 引き続き最大市場となり 特に 2 月の

6 外国人利用割合は、前年同月差 6.1 ポイント増 49.2%となり、調査開始以来 6 として 最高値記録した。外国人客は実人数前年同月比 12.8%伸長しており、6 15 日「民泊新 法」施行により、いわゆる違法民泊が減少し、ホテル宿泊需要が一定高まったことも影響したと考えられる。 国・地域別構成比は、中国が前年同月差 6.4 ポイント増 29.4%と、12 ヶ月連続 1 位となっ た。2 位以下 4 ヶ国・地域は、中国が大きく伸長した影響受け、実人数が前年同月比それぞれ 12.4%、6.8%増加したアメリカ、韓国含め、構成比落とした。
さらに見せる

18 さらに読み込む

訪日外国人旅行者数の推移 2015 年 9 月の訪日外国人旅行者数は 9 月として過去最高となる 万人 ( 前年比 46.7% 増 ) 1~9 月の合計では 1,448.8 万人 ( 前年比 48.8% 増 ) となった 10 月 9 日時点で 1500 万人を超えたことを確認しており

訪日外国人旅行者数の推移 2015 年 9 月の訪日外国人旅行者数は 9 月として過去最高となる 万人 ( 前年比 46.7% 増 ) 1~9 月の合計では 1,448.8 万人 ( 前年比 48.8% 増 ) となった 10 月 9 日時点で 1500 万人を超えたことを確認しており

注2)本表数値は2015年1時点暫定値ある。 注3)本表採用した数値は、★印付した国・地域除き、原則的に1泊以上した外国人旅行者数ある。 注4)本表採用した数値は、空路、水路、陸路交通手段うち、陸路(自動車等による入国)除いた外国人旅行者数ある。 注5)ドイツ、マレーシア、オーストリア、オランダ、アラブ首長国連邦、チェコ、スイス、ポルトガル、ベルギー、デンマークは、交通手
さらに見せる

10 さらに読み込む

国際的な需要の高まりと引き続くバイオ燃料向け原料需要によって27 年以前の価格水準を上回ったままとなるとしている (USDA, 217) 髙木 (212) のトウモロコシ市場のシナリオ分析においても ベースラインにおいて高騰前水準には戻らないと予測する一方 バイオ燃料向け用途を含めても需給面からは2

国際的な需要の高まりと引き続くバイオ燃料向け原料需要によって27 年以前の価格水準を上回ったままとなるとしている (USDA, 217) 髙木 (212) のトウモロコシ市場のシナリオ分析においても ベースラインにおいて高騰前水準には戻らないと予測する一方 バイオ燃料向け用途を含めても需給面からは2

しかし残念ながらこうしたマクロ経済動 向内生的に織り込ん将来予測するは 極めて困難なことあり、少なくとも現時点 では外生的に仮定して平均的な状況見てい く他ない。農業経営者にとっても消費者(と りわけ経済的弱者)にとっても不確実性高 い状況は望ましいことはないように思われ るが、意図的にそのような方向に導かれてい るはないかと分析もある(渡辺2018)。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ドル 円 (2) 週末のNY 市場 週末のドル円は 朝方は 米商務省が発表した8 月の個人消費支出 (PC E) 統計で FRBが利上げ判断で重視する食料 エネルギーを除く PCE 物価指数は前年同月比で1.3% 上昇にとどまり 1 年 9カ月ぶりの水準に伸び悩んだ事でドル売りが出たものの 9 月の

ドル 円 (2) 週末のNY 市場 週末のドル円は 朝方は 米商務省が発表した8 月の個人消費支出 (PC E) 統計で FRBが利上げ判断で重視する食料 エネルギーを除く PCE 物価指数は前年同月比で1.3% 上昇にとどまり 1 年 9カ月ぶりの水準に伸び悩んだ事でドル売りが出たものの 9 月の

後押しとなるか見極めようとする動きが出てくる。イエレンFRB議長始め とするFRBメンバー講演も予定されている。~中略)。今週は、月末・週末 が重なる週。10月に入ると中国勢が国慶節休場となり、マーケットは薄くな る。薄商い中、様子見ムード動かなくなる場合と、薄商い中、値段が飛ぶ リスク両方ある点に注意≫としたが、週初は、北朝鮮李外相が「トランプ大 統領発言は宣戦布告に相当する」と発言して、北朝鮮情勢へ警戒感が高まっ たことから、リスク回避動きとなり、ドル円は111円台半ばまで下落したが、 実際軍事衝突に至ると見方は低く、リスク回避円買いは一時的な動きにと どまった。前週タカ派的なFOMCに続いて、26日イエレンFRB議長講 演でも小幅着実な利上げペースが示唆され、ドルは底堅い動きとなった。27 日にはトランプ米大統領と共和党税制改革案へ期待感から米株高、ドル高 動きとなった。発表後は、法人減税などが事前報道通りだったこと、週末にか けてやや調整も入っている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

はじめに 労働災害は 長期的には減少傾向にあるものの 近年は増減を繰り返す状況となっています 平成 9 年の全国の休業 日以上の労働災害による死傷者数は 前年を, 人上回る, 人となりました また 速報では労働災害により亡くなった労働者は 前年から微増ながら 年連続で, 人を下回る見込みとなっていま

はじめに 労働災害は 長期的には減少傾向にあるものの 近年は増減を繰り返す状況となっています 平成 9 年の全国の休業 日以上の労働災害による死傷者数は 前年を, 人上回る, 人となりました また 速報では労働災害により亡くなった労働者は 前年から微増ながら 年連続で, 人を下回る見込みとなっていま

 死亡災害発生状況として、被災者経験年数が20年以上熟練者あること、55歳以上 高年齢労働者あること共通点があり、また、墜落・転落災害がその多く占めています。  労働災害は本来あってはならないものあり、中でも死亡災害撲滅は労働災害防止理念 あること念頭に、企業経営者におかれましても、労働災害防止重要性について改めて御 認識いただきますようお願いします。
さらに見せる

15 さらに読み込む

2014 年版ワールドワイドスマートフォン 携帯電話中期需要展望 調査の狙い 2013 年の携帯電話市場は新規加入件数が前年を下回る一方 端末需要では Smart Phone がフィーチャーフォンを初めて上回った 新規加入が下降局面に入ったことは原動力としての新規需要を失い 新興国でも買換え需要主体

2014 年版ワールドワイドスマートフォン 携帯電話中期需要展望 調査の狙い 2013 年の携帯電話市場は新規加入件数が前年を下回る一方 端末需要では Smart Phone がフィーチャーフォンを初めて上回った 新規加入が下降局面に入ったことは原動力としての新規需要を失い 新興国でも買換え需要主体

韓国はほぼ全土 LTE ネットワークカバーしているが、2013 年 7 に LTE 高速版 LTE Advanced 商用化始めた。SKT が他オペレータに先駆けてインフラ導入図り、競合 LG U+もソウルほか主要他都市 LTE Advanced スタートさせた。 LTE 普及により EVDO に続き、WCDMA も初めて前年新規加入件数下回った。 97 カ国に占める BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)ウエートは累積ベースは 42.3% と前年並み推移したが、新規加入は前年 35.5%から 48.4%へ大幅に上昇した。インドが 2012 年にユーザ整理ためマイナス記録、2013 年は正常化し新規加入がプラスに転じたことが影 響した。インドは依然 CDMA サービス混乱が続いており、CDMA 最大手オペレータ Reliance Communications は CDMA 事業売却検討している。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...