持 続 可 能 な ま ち づ く り

Top PDF 持 続 可 能 な ま ち づ く り:

2カ 年 の 大 きなCCY 事 業 が 終 わり ほっと 一 息 ここに 事 務 局 の 活 動 をご 報 告 します やんばる 3 村 たまて 箱 講 座 は やんばるが 持 続 可 能 な 地 域 であるために 地 域 の 資 源 をどのように 保 全 し 活 用 していくことが 良 いのか

2カ 年 の 大 きなCCY 事 業 が 終 わり ほっと 一 息 ここに 事 務 局 の 活 動 をご 報 告 します やんばる 3 村 たまて 箱 講 座 は やんばるが 持 続 可 能 な 地 域 であるために 地 域 の 資 源 をどのように 保 全 し 活 用 していくことが 良 いのか

↑ 事故防止 DVD ↑1回目:5 名(4/20 早朝) ↑2回目:15 名(5/15 夕方) ↑3 回目:32 名(6/29 夕方) 国頭村では、昨年度より森林地域のゾーニング計画の策 定を始めました。計画策定検討委員会では、KUTA は役 場企画商工観光課とともに事務局を担当しています。これ まで行われてきた複雑利活用の状況や規制区域などの 情報を GIS というソフトを使って整理するとともに、「① 残すところ、②守るところ、③再生するところ、④利活用 を図るところ」を区分し、持続可能森林資源管理の実現 を目指します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

課 題 番 号 GZ004 先 端 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 最 先 端 次 世 代 研 究 開 発 支 援 プログラム) 研 究 成 果 報 告 書 本 様 式 の 内 容 は 一 般 に 公 表 されます 持 続 可 能 な 社 会 づくりのための 協 働 イノベーション 研 究

課 題 番 号 GZ004 先 端 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 最 先 端 次 世 代 研 究 開 発 支 援 プログラム) 研 究 成 果 報 告 書 本 様 式 の 内 容 は 一 般 に 公 表 されます 持 続 可 能 な 社 会 づくりのための 協 働 イノベーション 研 究

あらゆる主体の参加と協働は,持続可能社会づくりに不可欠の要素であるが,その実 現は容易ではない。本研究は,グリーン・イノベーションを達成するためには,あらゆる 人々の多様環境活動が相乗効果を発揮できるよう協働イノベーションが不可欠である との認識に立って,国際的先進例となりうる日本型の協働モデルを提言することを目的 とする。日本は協働先進国の側面を有しており,自主的取組みが一定の功を奏した数少な い国の1つでもあるが,最近では, 「協働疲れ」ともいうべき状況が各地で生じている。 本研究では,現状を打破するためには,環境分野の参加条約であるオーフス条約を日本 の社会的・文化的条件に適した形で具体化することが必要であるという考え方に立って, その具体的方策を検討する。同条約は,①環境情報へのアクセス権,②環境に関する政策 決定への参加権,③司法へのアクセス権という3つの権利(グリーンアクセス権)を一体 的に保障するものであるが,オーフス条約を批准しているEU諸国においても,その具体 化の手法は極めて多様で,より良い協働モデルが模索されている状況にある。それ故,国 内外の研究者はもちろん,実務家,NPO等とも連携・協働しながら日本の先駆的事例の 歴史的意義や特性を踏まえつつ,グローバル・スタンダードたるオーフス3原則をも充た すよう日本型の協働モデルを提示することをめざす。
さらに見せる

16 さらに読み込む

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

日本年金機構に不要財産が生じた場合における国庫納付に係る規定を設ける。 公的年金制度について、制度の持続可能性を高め、将来の世代の給付水準の確保等を図るため、持続可能社会保障 制度の確立を図るための改革の推進に関する法律に基づく社会経済情勢の変化に対応した保障機能の強化、より安全で 効率的年金積立金の管理及び運用のための年金積立金管理運用独立行政法人の組織等の見直し等の所要の措置を講ずる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

地 域 目 標 屯 田 の 歴 史 を 引 き 継 ぐ 住 民 が 結 束 し た ま ち づ く り 参 考 都 市 マスタープラン 地 域 づくりテーマ 開 拓 の 歴 史 をまち 並 にいかし, 住 工 農 が 調 和 した 地 域 づくり 住 宅 地 と 工 業 流 通 地 が 調 和 した

地 域 目 標 屯 田 の 歴 史 を 引 き 継 ぐ 住 民 が 結 束 し た ま ち づ く り 参 考 都 市 マスタープラン 地 域 づくりテーマ 開 拓 の 歴 史 をまち 並 にいかし, 住 工 農 が 調 和 した 地 域 づくり 住 宅 地 と 工 業 流 通 地 が 調 和 した

町内会加入率 ●上野ファーム,射的山 ●農高「ガーデニング甲子園」5年連続大賞受賞 ●永山公園,永山中央公園  ●せせらぎ通り 夏も涼しげ1番線  ●旧永山戸長役場 ●男山酒造・金賞 ●家具の木工団地組合  ●ウェスタン永山パワーズ,旭川ラーメン村

6 さらに読み込む

ら らいにち い に ち 来日してからの 来日したら にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく あたら ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみん 新しい在留管理制度および外国人住民の じゅうみんきほんだいちょうせい

ら らいにち い に ち 来日してからの 来日したら にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく あたら ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみん 新しい在留管理制度および外国人住民の じゅうみんきほんだいちょうせい

66 67  日 に 本 ほん に住 す んでいる外 がい こく 国 人 じん は、厚 こう 生 せい 年 ねん 金 きん 保 ほ 険 けん または国 こく 民 みん 年 ねん 金 きん が適 てき 用 よう されます。 1 厚 こう 生 せい 年 ねん 金 きん 保 ほ 険 けん  健 けん 康 こう 保 ほ 険 けん と同 どう 様 よう に、5 人 にん 以 い 上 じょう の従 じゅう 業 ぎょう 員 いん を抱 かか える会 かい 社 しゃ に常 じょう 時 じ 雇 こ 用 よう される限 かぎ 、外 がい 国 こく 人 じん の方 かた にも厚 こう 生 せい 年 ねん 金 きん 保 ほ 険 けん が適 てき 用 よう さ れ、これに加 か 入 にゅう しなければなりません。また、パートタイマーである場 ば 合 あい も、その会 かい 社 しゃ で働 はたら 通 つう 常 じょう の社 しゃ 員 いん の勤 きん 務 む 時 じ 間 かん および勤 きん 務 む 日 にっ 数 すう のおおむね 4 分 ぶん の 3 以 い 上 じょう である場 ば 合 あい には、加 か 入 にゅう が義 ぎ 務 む 付 けられています。保 ほ 険 けん 料 りょう は勤 きん 務 む 先 さき と労 ろう 働 どう 者 しゃ と で 50%ずつ負 ふ 担 たん しますが、その額 がく は労 ろう 働 どう 者 しゃ の月 げっ 給 きゅう やボーナスの額 がく によって異 こと なります。また、保 ほ 険 けん 料 りょう の支 し 払 はら いは勤 きん 務 む 先
さらに見せる

52 さらに読み込む

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

 さらに、飼養管理方法の変更や自給飼料等の地域資源を活用することにより、機能性等の新た 価値を付加した商品の開発・普及を推進する。 7 アニマル・ウェルフェアへの対応 日々の観察や記録、家畜の丁寧取扱い、良質飼料や水の給与等の適正飼養管理を励  行により、家畜を快適環境で飼うことは、家畜が健康であることによる安全畜産物の生産につ がるとともに、能力を最大限に発揮させることによる生産性向上にも結びつくものである。  このため、アニマルウェルフェアの考え方について生産者の理解醸成を図るとともに、生産現場 における普及指導に努める。
さらに見せる

22 さらに読み込む

はじめに 緑 豊 かな 森 林 は きれいな 水 や 空 気 を 育 み 県 土 を 災 害 から 守 り ふるさと 山 口 の 美 しい 景 観 を 創 り 出 すなど 県 民 生 活 に 欠 くことのできない 多 面 的 な 機 能 を 持 っています また 近 年 では 地 球 温 暖 化 の

はじめに 緑 豊 かな 森 林 は きれいな 水 や 空 気 を 育 み 県 土 を 災 害 から 守 り ふるさと 山 口 の 美 しい 景 観 を 創 り 出 すなど 県 民 生 活 に 欠 くことのできない 多 面 的 な 機 能 を 持 っています また 近 年 では 地 球 温 暖 化 の

(4) やぐち森林づくり県民税の導入 財源検討委員会の報告を踏まえ、山口県は「やまぐち森林づくり県民税 (案)」を公表しました。テレビやラジオ、県のホームページなど各種広報 媒体を活用した広報活動、県民説明会、森林シンポジウムの開催などによる 周知を行うとともに、パブリックコメントなど幅広い意見の聴取に努め、県 議会での審議を経て、平成 17 年4月から

60 さらに読み込む

ら らいにち い に ち 来日してからの 来日したら にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく あたら ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみんじゅうみんきほんだいちょうせいど 新しい在留管理制度および外国人住民の

ら らいにち い に ち 来日してからの 来日したら にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく あたら ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみんじゅうみんきほんだいちょうせいど 新しい在留管理制度および外国人住民の

 言 げん 語 ご 別 べつ 相 そう 談 だん 窓 ど 口 ぐち (下 か 記 き URL 参 さん しょう 照 )もありますので、お近 ちか の相 そう 談 だん 窓 ど 口 ぐち を積 せっ 極 きょく 的 てき に利 用 よう しましょう。  言 げん 語 ご 別 べつ 相 そう だん 談 窓 ど 口 ぐち 一 いち 覧 らん URL http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/q/02.html 3 一 いっ 般 ぱん 的 てき 相 そう 談 だん 窓 ど ぐち 口 (国 こく 際 さい 交 こう 流 りゅう 協 きょう 会 かい )  個 こ 別 べつ の制 せい 度 ど や法 ほう 律 りつ に関 かん する相 そう 談 だん でない場 ば 合 あい や言 げん 語 ご べつ 別 の相 そう 談 だん 窓 ど 口 ぐち がお近 ちか くにない場 ば あい 合 などにおいて、日 に 常 じょう 生 せい 活 かつ 全 ぜん 般 ぱん に ついて不 ふ 安 あん や悩 や みごとがある場 ば 合 あい は、とりあえず各 かく 地 域 いき の国 こく 際 さい 交 こう 流 りゅう 協 きょう 会 かい にお気 き がる 軽 に相 そう 談 だん しましょう。なお、法 ほう 律 りつ やビ ザなどの専 せん 門 もん 家 か による無 む 料 りょう の相 そう 談 だん 会 かい を行 おこ っている国 こく 際 さい 交 こう 流 りゅう 協 きょう 会 かい もありますので、積 せっ 極 きょく 的 てき に活 かつ 用 よう しましょう。
さらに見せる

52 さらに読み込む

香 りのクローゼット を CONTENTS 持 っていますか? 02 チャートで 出 会 う 4 つのフレグランス スタイル 香 りは スタイル あなたの 個 性 と 魅 力 と 誰 かに 伝 えたい 気 持 ちを あなたらしく 表 現 してくれます だから お 気 に 入 りの 服 を 探 すよう

香 りのクローゼット を CONTENTS 持 っていますか? 02 チャートで 出 会 う 4 つのフレグランス スタイル 香 りは スタイル あなたの 個 性 と 魅 力 と 誰 かに 伝 えたい 気 持 ちを あなたらしく 表 現 してくれます だから お 気 に 入 りの 服 を 探 すよう

リリー・オブ・ザ・バレー、ジャスミン、ワイルドローズのブーケから 漂うエレガントで官能的香り。そこにフレッシュグリーン ノートの風が吹き込んだ、と思ったらウッディでスパイシー 香りが意志的表情をのぞ かせます。意外性 溢れる香りの 展開で、私たちをドキドキさせてくれるのが〈ミュウミュウ〉の オードパルファム。調香師はプラダの香りも手掛けている ダニエラ アンドリエ 。ボトル は ブランド の アイコンである “マテラッセ”をイメージし、淡いブルーカラーに白のネック、赤の ディスクが 印 象 的 に キャップ を 飾 る 。そ の コントラストが 香りの“意外性”や多面体の魅力を表現しているかのよう。
さらに見せる

47 さらに読み込む

規 則 に 基 づ く 院 内 掲 示

規 則 に 基 づ く 院 内 掲 示

3) 初診・再診に係る費用の徴収 他の保険医療機関等からの紹介によらず、当院に直接来院した場合については初診 に係る費用として 5,520 円を徴収することになります。ただし、緊急その他やむを 得ない事情により、他の保険医療機関等からの紹介によらず来院した場合は、この限 ではありません。また、再診患者さんの中で病状が安定し、診療所への紹介を受け た患者さんが、かかりつけ医の紹介なしに再受診された場合、あるいは「かかりつけ 医」への紹介を当院より申し出たが、引き続き、当院にて診察を希望された場合につ きましては、再診料の他に保険外併用療養費として 370 円を徴収することになり す。この費用は、病院と診療所の機能分担を推進する観点から、自己の選択に係るも のとして、初診料を算定する初診に相当する療養部分についてその費用を徴収するこ とができると定められたものです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 受 賞 者 紹 介 スーザン ソロモン 博 士... 1 記 念 講 演 オゾン 層 破 壊 と 気 候 変 動 : 極 から 極 へ 単 独 旅 行... 3 受 賞 者 紹 介 グロ ハルレム ブルントラント 博 士 記 念 講 演 持 続 可 能 な 開 発 に 向 け

目 次 受 賞 者 紹 介 スーザン ソロモン 博 士... 1 記 念 講 演 オゾン 層 破 壊 と 気 候 変 動 : 極 から 極 へ 単 独 旅 行... 3 受 賞 者 紹 介 グロ ハルレム ブルントラント 博 士 記 念 講 演 持 続 可 能 な 開 発 に 向 け

2.3 観測で得られた証拠:フロンガスと表面化学の役割を検証する 1986 年、私は 4 つの異なる研究グループを含む、南極調査隊を指揮する機会に恵まれ、この表面化学反応 が関わっているかどうかを検証するための、初めての測定をいくつか行うことができました。ここでは、私 のグループが行った、オゾン、二酸化窒素および二酸化塩素の測定に焦点を絞ります。二酸化塩素は、特に 重要初期の測定項目でした。なぜならその分子は塩素と一酸化塩素の量に比例するからで、それが検出さ れることは、極域成層圏雲が実際に塩素を放出していることを直接証明することになるからです。提唱した 表面化学反応はさらに活性窒素を硝酸に変換します。そしてその硝酸は ClONO 2 の再形成を妨害し、そのた めに、さらにオゾン損失が拡大します。これによって二酸化窒素の濃度が減少しますので、二酸化窒素分子 も化学的に重要指標になります。実際、私達が「Solomon et al.(l986) 」で強調したように、表面化学反 応の結果生じた物質は元の反応物質と同じように重要です。最後に、地上からの可視光線を用いたオゾン自 体の観測は、ハレー基地、昭和基地および南極点基地で用いた紫外線吸収法 など他の方法で報告されたオ ゾンホールを検証する上で有用でした。
さらに見せる

20 さらに読み込む

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨

• 眼窩の下壁には知覚神経が走っており、損傷すれ ば頬~上口唇の感覚が麻痺します。 • また、鼻をかむと血液の混じった鼻水が出ます。こ のよう状態で鼻をかむと、逆に骨折部から眼の周 囲組織に空気が入ってひどい場合には視力障害を 起こしますので、鼻をかんではいけません。

85 さらに読み込む

1. CPE の 目 的 CPE(Continuing Professional Education 継 続 的 専 門 能 力 開 発 制 度 )は IIA 認 定 資 格 保 持 者 がその 称 号 を 得 た 後 も 常 に 専 門 職 としてふさわしい 能 力 知 識 の 開 発 を 維 持

1. CPE の 目 的 CPE(Continuing Professional Education 継 続 的 専 門 能 力 開 発 制 度 )は IIA 認 定 資 格 保 持 者 がその 称 号 を 得 た 後 も 常 に 専 門 職 としてふさわしい 能 力 知 識 の 開 発 を 維 持

CPE 報告単位数と費用 各資格保持者は毎年の年間 CPE 報告の際にご自身が以下の状況のどれに当てはまるかを確認してください。 CPE に必要な単位は各資格により異なります。 内部監査実務 状況 定義 資格称号の 使用 IIA 認定資格 保持者とし ての内部監 査活動 年間必要単位 CIA 年間必要単位 CCSA/CFSA/ CGAP/CRMA [r]

9 さらに読み込む

CONTENTS 南 海 掘 削 ステージ2 ちきゅう 紀 伊 半 島 沖 南 海 トラフで 初 のライザー 掘 削 に 成 功!! 2 SPECIAL TOPIC 1 : IODP 第 319 次 研 究 航 海 ライザー 掘 削 の 成 功 が 切 り 開 いた 新 たな 可 能 性 3 SPE

CONTENTS 南 海 掘 削 ステージ2 ちきゅう 紀 伊 半 島 沖 南 海 トラフで 初 のライザー 掘 削 に 成 功!! 2 SPECIAL TOPIC 1 : IODP 第 319 次 研 究 航 海 ライザー 掘 削 の 成 功 が 切 り 開 いた 新 たな 可 能 性 3 SPE

掲げた初期科学計画書、イニシャルサ イエンスプランの実現に貢献していく ことが大前提になります。 「きゅう」は、地球の深いところ で掘るということのほかに、地下生命 圏の研究や、ガスハイドレートなどの 新エネルギー源や海底鉱物資源の探 査、CO₂の海底下封入技術の研究など にも役立ちます。「きゅう」をツー ルとする我々の研究は、地質学や地球 物理学、生物学などの基礎科学です が、その成果を社会的にどう活かすか という、応用の端緒をつかむことにも 貢献できます。そのことも、ぜひ多くの
さらに見せる

16 さらに読み込む

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能発展を実現するため、NTTグループ地球環境憲 章に則り、NTT西日本はグループ会社と一体になって、全ての企業活動において地球環境の保 全に向けて最大限の努力を行ないます。 [基本方針]

5 さらに読み込む

らいにち 来日したら ら い に ち 来日してからの にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な あたら が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみん 新しい在留管理制度および外国人住民の じゅうみんきほんだいちょうせい

らいにち 来日したら ら い に ち 来日してからの にち い じょう に ほん たいざい かた こ う て き て つ づ き な あたら が 公的手続の流れ がいこくじんとうろく ざいりゅうかんりせいど がいこくじんじゅうみん 新しい在留管理制度および外国人住民の じゅうみんきほんだいちょうせい

せい (強 きょう 制 せい 送 そう 還 かん ) 逮 たい 捕 ほ された場 ば 合 あい は、拘 こう 置 所 しょ などに身 み 柄 がら を拘 こう 束 そく されます。その後 ご 、地 方 ほう 入 にゅう 国 こく 管 かん 理 官 かん 署 しょ に引 ひ き渡 わた され退 たい 去 きょ 強 きょう 制 せい 手 て つづき を受 う ける場 ば 合 あい と起 き 訴 そ されて裁 さい 判 ばん を受 う ける場 ば 合 あい があります。退 たい きょ 去 強 きょう 制 せい により出 しゅっ 国 こく した人 ひと は 5 年 ねん 間 かん 、日 に 本 ほん への再 さい 入 にゅう 国 こく はできません。過 か 去 こ にも退 たい 去 きょ 強 きょう 制 せい 歴 れき のある場 ば 合 あい は 10 年 ねん 間 かん 、または永 えい 久 きゅう に日 に 本 ほん に入 にゅう 国 こく できない場 ば 合 あい があります。 ※ 在 ざい 留 りゅう 特 とく 別 べつ 許 きょ か :退 たい 去 きょ 強 きょう 制 せい にあたるとされた人 ひと でも、事 じ 情 じょう を考 こう 慮 ょ して法 ほう 務 む 大 だい じん 臣 がその人 ひと の在 ざい 留 りゅう を許 きょ か する ことができるとされています。これが在 ざい 留 りゅう 特 とく 別 べつ 許 きょ か で、在 ざい 留 りゅう が認 みと められるかどうかは法 ほう 務 む 大 だい 臣 じん が決 き めます。 許
さらに見せる

52 さらに読み込む

2014 Institute for Global Environmental Strategies. 無 断 転 載 を 禁 ずる 公 益 財 団 法 人 地 球 環 境 戦 略 研 究 機 関 (IGES) IGES は アジア 太 平 洋 地 域 における 持 続 可 能 な 開 発 の 実

2014 Institute for Global Environmental Strategies. 無 断 転 載 を 禁 ずる 公 益 財 団 法 人 地 球 環 境 戦 略 研 究 機 関 (IGES) IGES は アジア 太 平 洋 地 域 における 持 続 可 能 な 開 発 の 実

1 1. はじめに 東日本大震災を経てエネルギー供給の在り方の見直しを迫られた日本は、固定価格買取 制度(以下 FIT)を導入するなど、再生エネルギー(以下再エネ)を重要エネルギーとし て普及させる方向に舵を切った。一方、本格的再エネの普及には、中長期的に約 38 兆円 (年 2 兆円以上)とされる巨額の投資が必要とされる。2013 年度時点では、FIT により大 規模資金が再エネ分野へ流入しているものの、 FIT 価格の見直し等に伴い、今後の投資は 年間 1 兆円以下に留まると見られる 1 。これは、必ずしも十分規模とは言い難く、抜本的
さらに見せる

15 さらに読み込む

思 い 立 っ た 日 か ら 完 成 す る ま で 私 た ち が 力 に な り ま す 住 ま い づ く り は 家 族 み ん な の 夢 づ く り 1 住 まいづくりは 誰 にとっても 一 生 の 大 事 業 家 族 みんなの 思 いをかなえる 我 が 家 が 完 成 す るまでには

思 い 立 っ た 日 か ら 完 成 す る ま で 私 た ち が 力 に な り ま す 住 ま い づ く り は 家 族 み ん な の 夢 づ く り 1 住 まいづくりは 誰 にとっても 一 生 の 大 事 業 家 族 みんなの 思 いをかなえる 我 が 家 が 完 成 す るまでには

お客様のご要望をもとに立てた最適 プランを提案いたします。住んだ つもりになって、すみずみまで検討 してください。間取りはご要望どお ですか?動線設計はうまくいって ますか?キッチンの機能性やデザイ ンは?書斎のスペースは?子供部屋 の収納は?…など、家族それぞれの 立場から、気付いたことをチェック して、新た要望もみんなで出し合 ってください。それを納得いくまで 何度でもじっくりと打合わせをして プランを完成させていきます。この 時期が最も楽しく、そして最も大事 ステップです。具体的資金計画 も煮詰めていきましょう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

(2) 性 機 能 障 害 に 関 して 警 告 欄 に 記 載 すること 1) 性 欲 減 退 勃 起 不 全 射 精 障 害 等 があらわれることがあること 2)その 障 害 が 持 続 ( 永 続 )することがあること 3) 一 般 に 性 機 能 障 害 は その 特 性 により 患 者 が

(2) 性 機 能 障 害 に 関 して 警 告 欄 に 記 載 すること 1) 性 欲 減 退 勃 起 不 全 射 精 障 害 等 があらわれることがあること 2)その 障 害 が 持 続 ( 永 続 )することがあること 3) 一 般 に 性 機 能 障 害 は その 特 性 により 患 者 が

択として、安易にSSRIによる薬物療法が行われる可能性が高く、そのことにより使 用量が飛躍的に増大する可能性がある。 うつ病は、ある特定の神経伝達物質あるいは受容体に起こる障害ではなく、数多くの 生理的系統が長期にわたる社会心理的侵襲を受けた結果、損傷し、機能停止している 病態であり、基本的には心理・社会的環境調整をしっかりすることで自然緩解する疾患 である。しかし、簡易問診票などによる操作的診断の表面だけ取り入れた診断と「SS RIを使っておけばとりあえず間違いない」という安易治療論がSSRIの使用量を 増大させている。一般医によるうつ病診療の拡大による混乱を問題視する専門医も少な ない[11]。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第92号 発行日 令和2年3月18日 発行者 医学研究科広報委員会 村 下 公 一 持 続 可 能 性 ⑹ 展 開 可 能 性 の各点について審査を受け ま し た 十 一 月 五 日 当 日 に は 会 場 の 東 京 千 代 田 区 に あるイイノホール カン ファレンスセンターで開催 された最

第92号 発行日 令和2年3月18日 発行者 医学研究科広報委員会 村 下 公 一 持 続 可 能 性 ⑹ 展 開 可 能 性 の各点について審査を受け ま し た 十 一 月 五 日 当 日 に は 会 場 の 東 京 千 代 田 区 に あるイイノホール カン ファレンスセンターで開催 された最

後援会のご案内 会長  石戸谷 忻 一  弘前大学後援会では、学生の学業、課外活動への助成、学 生の進路指導に必要助成等学生生活の多岐にわたる分野の 助成を行っております。つきましては、何卒本会の趣旨にご 賛同頂きまして、各位の格別のご高配、ご支援を賜りますよ う、切にお願い申し上げます。

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...