年非正規労働者の増加」を

Top PDF 年非正規労働者の増加」を:

表紙・まえがき・執筆者・目次 資料シリーズ No126 壮年期の非正規労働―個人ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・執筆者・目次 資料シリーズ No126 壮年期の非正規労働―個人ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

しかし、若年正規労働増加が問題視されてから、すでに20以上が経ち、「就職 氷河期」と呼ばれた時期に学校卒業したも、いまや40歳前後となっている。そして実際 に、もはや若年とは呼べない、 「壮年」と呼ぶべき年齢層正規労働増加している。こ れら壮年正規労働は、自身加齢、両親他界などにより生活上負担が大きくなるこ と、同年代正社員と賃金格差が大きくなること、正社員へ登用・転職可能性が若年 期と比べて高くなくなることなどから、若年正規労働よりも、仕事と生活両面で困難 な状況に直面している場合が多いと予想される。
さらに見せる

5 さらに読み込む

図表 19-1 メキシコの就業人口の内訳 (2013 年第 2 四半期 ) ( 単位 :1,000 人 %) 就業形態と正規 非正規の区分 就労の場 事業所 従属 報酬労働者給与労働者非給与労働者 雇用主 自営業 専門職 無報酬労働者 小計 合計 非正規 正規 非正規 正規 非正規 正規 非正規 正

図表 19-1 メキシコの就業人口の内訳 (2013 年第 2 四半期 ) ( 単位 :1,000 人 %) 就業形態と正規 非正規の区分 就労の場 事業所 従属 報酬労働者給与労働者非給与労働者 雇用主 自営業 専門職 無報酬労働者 小計 合計 非正規 正規 非正規 正規 非正規 正規 非正規 正

第19章 労働事情 1. 労働概要 メキシコ労働法は、 1917 憲法に基づき、1931 に連邦法として制定されたが、労 働保護的な色合いが強く、雇用関係流動性阻むものとして、その後は改正が繰り返 されてきた。2012 に当時カルデロン政権によって制定された改正法は、従来と大きく 内容変えるものとして注目された。主な改正点は、①「試用期間・時間給設定」、②「人 材派遣制度定義明確化」である。従前より雇用形態として認められたものは無期限雇 用のみであり、雇用解除にあたっては雇用主都合解雇として相応補償支払う必要 があった。しかしながら今回改正で決定された試用期間導入により、適性見極めた 上で雇用主は雇用関係検討することができるようになった。また時間給概念も導入さ れ、就業時間に応じた給与設定が可能となった。一方、人材派遣定義が厳格化される など制限も課された。雇用際に、①契約先企業で行われる業務全部あるいは大半 請け負うことはできない、②職務専門性により正当化されなければならない、③契約先 企業労働と同一あるいは類似した職務であってはいけない、人材派遣 3 つ要件 満たさない場合、契約先企業は雇用主とみなされ、社会保障など負担義務が発生する。 定年制度については未だ導入されていない。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2 嘉悦大学研究論集第 56 巻第 2 号通巻 104 号平成 26 年 3 月 約 2043 万人となり 初めて 2000 万人を突破した 全体に占める非正規労働者の割合も過去最大の 38.2% に達している 男女別では 男性は 22.1% 女性は 57.5% を非正規労働者が占めるまでに至り 男

2 嘉悦大学研究論集第 56 巻第 2 号通巻 104 号平成 26 年 3 月 約 2043 万人となり 初めて 2000 万人を突破した 全体に占める非正規労働者の割合も過去最大の 38.2% に達している 男女別では 男性は 22.1% 女性は 57.5% を非正規労働者が占めるまでに至り 男

契約に転換させることなど法定することにより、労働が安心して働き続けることが可能 な社会実現図る」こととされ、そのポイントは、①有期労働契約期間定めない契 約へ転換(第 18 条)、②有期労働契約更新法制化(第 19 条)、③期間定めがあるこ とによる不合理な労働条件禁止(第 20 条) 3 点である。第 18 条は、有期労働契約が濫 用されること抑制するために、同一使用間で、有期労働契約が反復更新されて 5 超える場合に、労働が使用に申し込みすれば、使用が当該申し込み承諾した ものとみなされ、無期労働契約が成立するというルールである。第 19 条は、「雇止め法理」 条文上明確にし、一定場合に雇止め認めず、有期労働契約が締結または更新されたも とみなすとしている。第 20 条は、有期契約労働にとって、雇止め不安があることによ って合理的な労働条件決定が行われにくい、処遇に対する不満が多く指摘されていること 考慮し、有期労働契約労働条件設定する際ルール法律上明確にしたものである。 しかし、5 超える前に有期契約労働雇止めが一斉に行われる危険性、原則として半 空白期間置くとそれ以前有期労働契約算定しなくてもよいという抜け穴があるこ とによって無期雇用化促進する効果は限定的であること等が指摘されている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

RIETI - 非正規労働者からみた補償賃金-不安定雇用、暗黙的な正社員拘束と賃金プレミアムの分析-

RIETI - 非正規労働者からみた補償賃金-不安定雇用、暗黙的な正社員拘束と賃金プレミアムの分析-

4.4 就業形態選択と賃金関数同時推計 ここまで分析では、雇用形態選択考慮せず、賃金プロファイルも同一であると仮 定して賃金関数推計した。しかし、例えば、すでに見たように、転勤・異動好まず、 そのために賃金が低くてもよいと考えるパート・アルバイト労働がいる一方、正社員並 みの労働強度望んでいる製造業派遣や契約社員もいる。このため、賃金関数推計には、 こうした雇用形態選択によるセレクション・バイアスが生じる可能性がある。そこで、 雇用形態選択が賃金に与える影響考慮した推計として、スイッチング回帰モデル (switching regression model)による分析行う(Maddala 1983)。雇用形態選択関数と賃 金関数識別するために、雇用形態選択にのみ影響与える変数として、正社員経験 ダミー変数、自発的正規ダミー変数、不安定雇用最低補償率、転勤・異動最低補 償率加える。また、最低補償率に代えて、個人行動特性変数である危険回避度や双 曲割引用いた推計も行う。
さらに見せる

30 さらに読み込む

同一労働同一賃金で正規 非正規間の格差を是正 日本の正規 非正規間の大きな賃金格差は シングルマザーの貧困 未婚率の上昇 出生率の低下等 日本の将来の根幹に関わる問題 正規 非正規間の賃金格差の是正に向けた抜本的な取組が必要 運用として どんな取り組みが 実質的な賃金上昇につながるのか 弱者の立場を

同一労働同一賃金で正規 非正規間の格差を是正 日本の正規 非正規間の大きな賃金格差は シングルマザーの貧困 未婚率の上昇 出生率の低下等 日本の将来の根幹に関わる問題 正規 非正規間の賃金格差の是正に向けた抜本的な取組が必要 運用として どんな取り組みが 実質的な賃金上昇につながるのか 弱者の立場を

(参考)高齢貧困将来推計 資料出所:「高齢同居家族変容と貧困率将来見通し」(稲垣誠一、季刊社会保障研究第48巻第4号(平成253月刊行))より転載。 ※稲垣誠一氏(一橋大学経済研究所教授)によるマイクロシミュレーションモデルによる推計結果。 ※諸前提については、結婚・出生・死亡・離婚等は平成18「日本将来推計人口」、就業状態遷移は平成21財政検証結果(年金局)に 依っている。(なお、平成21と26財政検証結果では、女性就業率、とりわけM字カーブ年齢層就業率は7~8%程度異なる(平成 21方が低い)。)
さらに見せる

16 さらに読み込む

目次 はじめに 第 1 章日本の非正規雇用の概要と現状第 1 節非正規雇用 正規雇用の定義第 2 節非正規雇用増加の背景第 3 節非正規雇用の現状 課題 第 2 章オランダ社会 雇用モデルの成立について 第 1 節 第 2 節 歴史的背景 オランダ社会の雇用モデル 1 フレックスワーク 2 パートタ

目次 はじめに 第 1 章日本の非正規雇用の概要と現状第 1 節非正規雇用 正規雇用の定義第 2 節非正規雇用増加の背景第 3 節非正規雇用の現状 課題 第 2 章オランダ社会 雇用モデルの成立について 第 1 節 第 2 節 歴史的背景 オランダ社会の雇用モデル 1 フレックスワーク 2 パートタ

一つ目要因としては、企業側に正規雇用労働求人意欲が低下していることが挙 げられる。これまで日本企業は、景気循環過程で不況になり固定費削減が必要になっ た場合には雇用調整助成金など制度利用し可能な限り正規雇用労働解雇しな いように努力することで、景気回復際には彼ら技術即座に活用して需要増に対応し てきた。しかし、1990 年代以降日本経済はグローバル化が進行し国際競争が激化すると、 より安価な労働求めて、生産拠点移す企業が相次いで増加したために、国内産業が空 洞化してしまったである。さらにデフレ不況長期化も追い討ちかけ、業績が悪化する なか、経営健全化下、早期退職導入等により正規雇用労働雇用調整が行われ るようになっていく。国内ではとりわけ製造業などで正規雇用機会が減少する一方で、 正規労働積極的に採用していくことで、企業取り巻く環境変化に対応していく傾 向になっていく。正規労働積極活用することが企業トレンドとなっていっただ。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Ⅰ 1 非正社員の積極的活用が急がれる日本の労働市 労働力人口減少に対応するために 非正規社員の積極的な活用が必要 少子高齢化が進み 労働力人口が減少する中 就業構造の変化や働き方の多様化に伴い 非正社員数は年々増加し 雇用労働者全体の3 分の 1 以上を占める等 我が国の経済活動に重要な役割を果た

Ⅰ 1 非正社員の積極的活用が急がれる日本の労働市 労働力人口減少に対応するために 非正規社員の積極的な活用が必要 少子高齢化が進み 労働力人口が減少する中 就業構造の変化や働き方の多様化に伴い 非正社員数は年々増加し 雇用労働者全体の3 分の 1 以上を占める等 我が国の経済活動に重要な役割を果た

最小ニ乗線とは、傾向(近似)直線代表的なもので、1 次関数が測定値に対して最適 な近似となるよう、測定値と残差二乗和最小とするようにパラメータが決められた 直線です。 一般に「Y=a(傾き)X+b(切片) 」数式で表されます。Excel 等機能用いて、最 小二乗線描くことができます。パートタイム労働と正社員傾向(近似)直線比較 した時、a(傾き)や b(切片)に大きな違いがあれば、均等・均衡待遇が図られていない 可能性があります。 「傾き」とは、 【図 3-1-5】直線傾き示しており、 「切片」とは、 直線が Y 軸と交わる部分時間賃率額となります。
さらに見せる

24 さらに読み込む

RIETI - 企業業績の不安定性と非正規労働-企業パネルデータによる分析-

RIETI - 企業業績の不安定性と非正規労働-企業パネルデータによる分析-

生産性関係分析したものである。正規雇用急増は過去 20 ほど間、世 界労働市場における大きな特徴一つであり、正規正規賃金格差、正規就 労経験がその後就業や賃金に及ぼす効果、労働市場制度が正規労働供給に及ぼす 効果等について国内・海外問わず著しい数研究が行われてきているものの、企業 業績不安定化と関係でフォーマルな分析は多くない。しかし、正規雇用に係 る制度・政策検討する際には、労働供給側だけでなく労働需要側から分析も必要 である。本稿では、グローバル化、技術革新等経済環境変化下で不安定化する企 業業績に焦点当てて、正規雇用と関係分析した。8 千社超える企業デー タ使用し、正規雇用中でも比較的研究蓄積があるパートタイム労働だけでな く、派遣労働含めて包括的に分析している点が特徴である。
さらに見せる

38 さらに読み込む

18.8 万人 全体の18.5% となり若干の減少傾向にある そのうち直接(案) 自動車産業における非正規労働者は 2016 年総合生活改善の取り組みにおける基本課題第雇用の非正規労働者が12.0 万人を占めるが 組織化は約 11% の1.1 万人に留まっている ~ 組合員の状況 ~ 熾烈さを増す安

18.8 万人 全体の18.5% となり若干の減少傾向にある そのうち直接(案) 自動車産業における非正規労働者は 2016 年総合生活改善の取り組みにおける基本課題第雇用の非正規労働者が12.0 万人を占めるが 組織化は約 11% の1.1 万人に留まっている ~ 組合員の状況 ~ 熾烈さを増す安

総合生活改善取り組み方針(案) Ⅴ  持続可能な産業基盤確立に向けた取り組み 1)基本的な考え方 ・自動車総連は「第13期産業政策委員会答申(’ 92)」や「第15期VIC80委員会提言(’ 96)」に代表される ように、時々自動車産業が直面する課題克服と産業全体健全な成長に向け、生み出した付加価 値流出させることなく産業内に留めるため、「過当競争根絶」や「販売システム転換」など業 種横断的課題改革に取り組んできた。そして第24期には「日本自動車産業基盤維持・強化に向 けて」取りまとめ、「人に焦点あてた課題解決」等に各職場で取り組んできた。
さらに見せる

14 さらに読み込む

別添 同一労働同一賃金に関する法整備について ( 報告 ) 1 基本的考え方〇我が国の非正規雇用労働者は 現在 全雇用者の 4 割を占めるに至っている 昨今の雇用情勢の回復等により いわゆる 不本意非正規 である労働者の割合は低下傾向にあるが 一方で 30 歳代半ば以降を中心に 子育て 介護等を背景

別添 同一労働同一賃金に関する法整備について ( 報告 ) 1 基本的考え方〇我が国の非正規雇用労働者は 現在 全雇用者の 4 割を占めるに至っている 昨今の雇用情勢の回復等により いわゆる 不本意非正規 である労働者の割合は低下傾向にあるが 一方で 30 歳代半ば以降を中心に 子育て 介護等を背景

〇 しかしながら、有期契約労働については、上記ⅰ)~ⅲ)いずれも課されておらず、 また、短時間労働・有期契約労働いずれについても、正規雇用労働待遇 差内容やその理由等について説明が得られる制度とはなっていない。 〇 このため、短時間労働・有期契約労働いずれについても、上記ⅰ)~ⅲ)に加 え、短時間労働・有期契約労働が求めた場合には正規雇用労働待遇差内 容やその理由等について説明が得られるよう、事業主に対する説明義務課すことが適 当である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

は 2 割程度です 従業員数の割合を正規か非正規かでくくると 正社員は 59.3% 非正社員は 40.7% となります 最近 総務省の労働力調査をもとに非正規社員が 4 割に迫ったと言われます 同調査によると 非正規の職員 従業員 は 1970 万人に上り 役員を除く雇用者 5245 万人の 37.

は 2 割程度です 従業員数の割合を正規か非正規かでくくると 正社員は 59.3% 非正社員は 40.7% となります 最近 総務省の労働力調査をもとに非正規社員が 4 割に迫ったと言われます 同調査によると 非正規の職員 従業員 は 1970 万人に上り 役員を除く雇用者 5245 万人の 37.

1)フルタイム社員比較表  図表 2 は一般労働(ここでは「フルタ イム社員」と呼びます)調査結果一覧 にして比べたものです。雇用区分は、「正 社員」か「正社員」か、雇用期間定め が「有る」か「無い」か組み合わせとな り、(ア)「フルタイム・正社員・無期契約」 から(エ)「フルタイム・正社員・有期契 約」 4 つに分かれます。なお、「正社員」 かどうかは各企業分類に基づきます。  図表中①は、賃金(超過勤務手当除く 月例賃金)、賞与(年間合計)、年収、年収 中賞与割合一覧です。②は、年齢間 格差見るために 20 〜 24 歳数値 100 として、他年齢水準指数で表したも です。③は、雇用区分間格差見るた めに(ア) 100 として、(イ)から(エ) 水準指数化したものです。調査対象や 用語意味等は図表脚注参照してくだ さい。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第4章 米国における非正規雇用 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第4章 米国における非正規雇用 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

労 働 自 営 パ ヴ ダ タ イ ム 派 遣 請 へ 変 化 し い る 主 要 プ ロ セ ケ 説 明 さ れ い る Portes and Benton 干 9 拠 ィ よ び Portes and Sassen-Koob 干 9 拠 ウ よ る 本 主 題 関 す る 初 期 調 査 第 次 世 界 大 戦 後 ら 干 9 拠 0 ま メ ゾ ン ア ベ モ カ イ ン フ ォ ヴ ク よ び 労 働 権 利 組 織 よ り 公 表 さ れ た 記 事 や 報 告 書 タ ヴ タ 収 し た 私 不 安 定 労 働 コ ン ゾ ゛ ン グ ゟ ン ダ 労 働 フ ヤ キ ク ノ ャ 労 働 ゾ ン ポ メ モ ヴ 労 働 契 約 労 働 自 営 請 負 業 不 安 定 雇 用 パ ヴ ダ タ イ ム 典 型 正 規 経 済 改 革 情 報 化 キ ヴ ワ ヴ チ 利 用 し イ ン タ ヴ ネ ッ ダ 検 索 行 た 本 報 告 書 主 労 働 政 策 研 究 ン 研 修 機 構 提 供 し た 欧 州 よ び 米 国 け る 正 規 雇 用 関 す る 調 査 : 概 要 ア ウ ダ メ イ ン 沿 た あ る
さらに見せる

40 さらに読み込む

資料シリーズNo148全文 資料シリーズNo148「雇用ポートフォリオの動向と非正規の正規雇用化に関する暫定レポート」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo148全文 資料シリーズNo148「雇用ポートフォリオの動向と非正規の正規雇用化に関する暫定レポート」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

雇用 形態 区分 につ い て 本章 、労 働力 調査 雇用形 態区 分 、雇 用 ポート フ リオ 考 え いる こ 点 につ い 、 点 、言 及し お く 一つ 、雇 用ポ ート フ リオ し 、 労働 力 調査 用い い る 上雇 用形 態区 分 よ いも 、本 来 吟味 したい こ 、 い うこ あ る 雇 用ポ ートフ リ オ ポー ト フ リ オ 、も も 資産 分 散投 資す る 際投 資 種類 や構 成 比指 す言 葉 ある 企 業 人 雇 い入 る こ 人 材投 資 え 、資産 投資 に え 、ポ ート フ リオ い う言葉 雇 用に 当 めたも あ う 企 業 雇 用す る際 雇 用 管理区 分の 種類 、各 区 分 労働 数 、構 成比 指す そう あ 、 正社員 い っ も、 企 業経営 に っ 重要 フ クタ ー っ い る 様々 雇用 管理 区分 ある ず ある 例 え 、総 合職 一 般職 あ る ま た、 呼び 方 企 業によ っ 異 る あ う 、本 社採 用 地 方採用 よ う 雇用 管 理 区分 ある 大企 業も あ る う 最近 、 正社 員 正社 員化 す る受け 皿 し 、勤 務 地 限定正 社員 、職 務限 定 正社員 い う区 分も 注 目さ る し し、 こ こ 一ま め に 正 規 職員 ・従 業員 し いる ま た、 正 社 員も、 期間 工、 季節 工 、定時 社員 、パ ート 、 ス タッフ 職 、 様々 名称 区分 し管 理さ いる あ う こ 状態 、パ ート 、ア ル バ イト、 派遣 社員 、契 約 社員、 嘱託 、そ 他 に 整理し い る
さらに見せる

229 さらに読み込む

第Ⅰ部 本編 資料シリーズ No126 壮年期の非正規労働―個人ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第Ⅰ部 本編 資料シリーズ No126 壮年期の非正規労働―個人ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

図表2-1 壮年正規労働仕事状況 略称 業務内容 年収/昇給制度 仕事全体満足度 XB 氏 社員食堂で仕込み、調理、接客。 約 150 万円/なし やや満足 XC 氏 ガス積算業務。 約 300 万円/なし やや不満 XD 氏 G 社スタッフとして工場に常駐。ドライアイス、炭酸製造。 300 万円強/なし やや満足 XE 氏 ソフトウェア動作チェック、海外企業とやり取り仲介。 300 万円弱/なし やや不満 XF 氏 医薬品など製品情報データ管理。 約 300 万円/なし やや不満 XJ 氏 大手企業 B 社で機械修理。 約 260 万円/なし 非常に不満 XL 氏 設計会社事務職。 約 220 万円/あり やや満足 XM 氏 倉庫で書籍仕分け(夜勤)。 220 万円/なし 非常に不満 XN 氏 ダイレクトメール、販促ポップなど仕分け、発送。 約 240 万円/あり やや不満 XQ 氏 D 研究所 W 部門で事務。 約 160 万円/ - やや不満 XR 氏 請負スタッフ作業管理など。 約 300 万円/あり やや満足 XT 氏 スーパーマーケットで接客、販売。 約 250 万円/なし やや不満 XU 氏 コンビニエンスストアヘルプデスク。 約 350 万円/なし やや満足 注:1) 「-」は不明。
さらに見せる

52 さらに読み込む

「非正規雇用の踏み石効果は日本でも見られるのか」, 『2015年SSM調査報告書7:労働市場2』, pp.7791.

「非正規雇用の踏み石効果は日本でも見られるのか」, 『2015年SSM調査報告書7:労働市場2』, pp.7791.

次 に 女 性 結 果 は 、男 性 と 様 相 が か な り 異 な る( 表 5 ) 。過 去 正 規 雇 用 経 験 有 無 は 、 正 規 雇 用 か ら 他 就 業 状 態 へ 移 行 率 に 有 意 に 影 響 し て い な い 。 ま た 、 学 校 か ら 仕 事 へ 移 行 時 に 間 断 が あ っ た 場 合 、 正 規 か ら 無 業 へ 移 行 率 高 め る が 、 学 卒 直 後 以 外 無 業 経 験 は 正 規 へ 移 行 に も 無 業 へ 移 行 に も マ イ ナ ス に 作 用 し て お り 、 正 規 雇 用 残 留 率 高 め て い る 。 学 歴 も 正 規 か ら 移 行 率 に 正 効 果 持 っ て お り 、 概 ね 学 歴 が 高 い 女 性 ほ ど 、 正 規 雇 用 だ け で な く 無 業 へ 移 行 率 が 高 い 。 ま た 、 正 規 雇 用 経 過 数 は 、 一 貫 し て 有 意 で は な い も す べ て 正 係 数 値 示 し て お り 、 正 規 仕 事 に 携 わ っ た 期 間 が 2 未 満 ケ ー ス に 比 べ て 、 そ れ 以 上 期 間 従 事 し た ケ ー ス 移 行 率 は 正 規 、 無 業 と も に 高 い 。 正 規 雇 用 時 働 き 方 に 注 目 す る と 、 臨 時 雇 用 で 働 い て い た ケ ー ス で は 、 そ 後 正 規 雇 用 に 転 換 す る 確 率 が パ ー ト ・ ア ル バ イ ト よ り も 高 い が 、 無 業 へ 移 行 率 と 関 係 は 見 ら れ な い 。 職 業 に 関 し て は 、 男 性 と 違 い 、 専 門 ・ 技 術 職 で 正 規 雇 用 に 移 行 し て い る 傾 向 が 見 ら れ る に 対 し て 、 事 務 職 、 販 売 職 、 サ ー ビ ス ・ 保 安 職 に 携 わ っ て い た 場 合 、 無 業 に 移 行 す る 確 率 が 製 造 作 業 職 よ り も 高 い 。企 業 規 模 に 関 し て は 、明 確 な 傾 向 は 見 ら れ な い も 、官 公 庁 は 従 業 員 数 1000 人 以 上 大 企 業 に 比 べ て 、 正 規 か ら 正 規 に 転 換 す る 確 率 が 高 い 。 た だ し 、 男 性 と 同 様 に AIC は モ デ ル 2 方 が 大 き く 、 冗 長 で あ る 。
さらに見せる

25 さらに読み込む

第5章 諸外国における非典型雇用者の趨勢(補章) 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第5章 諸外国における非典型雇用者の趨勢(補章) 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

そ 調 査 タ イ ダ ャ ”Contingent Work Supplement” い る 。 Contingent Work に 含 ま れ る 、 Payroll 独 立 請 業 Independent contractor 、日 雇 い 労 働 On-call worker 、派 遣 労 働 Temporary help agency workers 、業 務 請 労 働 Workers provided by contract firms あ る 。第 5 - 表 、2 0 0 5 に 行 わ れ た 雇 用 形 態 に 関 す る 補 足 調 査

23 さらに読み込む

1章ICTによるイノベーションと経済成長 就労人数について 長期的にみると 就業者のうち非雇用者 ( 自営業主や家族従業者等 ) 数が減少する一方 雇 用者数は2011 年以降増加傾向にある パートやアルバイト 契約社員 嘱託など非正規の職員 従業員が増加することによって 就労機会の多様化とともに

1章ICTによるイノベーションと経済成長 就労人数について 長期的にみると 就業者のうち非雇用者 ( 自営業主や家族従業者等 ) 数が減少する一方 雇 用者数は2011 年以降増加傾向にある パートやアルバイト 契約社員 嘱託など非正規の職員 従業員が増加することによって 就労機会の多様化とともに

イ ビッグデータ ビッグデータというキーワードは、2011米マッキンゼー報告などで大きく注目され、米国科学技術政 策局(OSTP)が20123月29日に「ビッグデータ研究・発展イニシアティブ(Big Data Research and Development Initiative)」発表したこと機に認知度が拡大したと言われている。同計画は、大量データ 収集・蓄積・保存・管理・分析そして共有ため技術革新促進し、科学・工学における発見加速、安全保障 強化、教育革新に活用しようという試みである。データ利用は競合的であり、複製限界費用がゼロに近 いことから、減耗・枯渇がないという特色がある。そのため、データ蓄積とその利活用が競争力源泉となり、 経済貢献にも寄与する。近年は、システマティックに増大する「構造化されたデータ」が新たな科学的知見発見 やビジネス創出に利用されるが、今後は、多種で大規模だが形式が整っていない「構造化データ」がリアルタ イムに蓄積され、前述IoT進展も相まって、ネットワークを通じて相互につながり、指数関数的に成長する演算 能力用いて分析されることで、社会システム大きく変えていくことが予想される。こうしたビッグデータに基 づく「可視化」結果、新規ビジネス誕生、科学的知見発見、リスク回避などが実現することが期待されてい る。我が国も含め、各国政府が進める公共保有データ公開政策(オープンデータ政策)についてもこうした期待 が背景にある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

今後 この政府のガイドライン案をもとに 法改正の立案作業を進め 本ガイドライン案については 関係者の意見や改正法案についての国会審議を踏まえて 最終的に確定する また 本ガイドライン案は 同一の企業 団体における 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を是正することを目的としているため

今後 この政府のガイドライン案をもとに 法改正の立案作業を進め 本ガイドライン案については 関係者の意見や改正法案についての国会審議を踏まえて 最終的に確定する また 本ガイドライン案は 同一の企業 団体における 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を是正することを目的としているため

<問題とならない例②> ・B社においては、無期雇用フルタイム労働であるXは、入社に当たり、交替制 勤務に従事することは必ずしも確定しておらず、生産都合等に応じて通常勤務 に従事することもあれば、交替制勤務に従事することもあり、交替制勤務に従事 した場合に限り特殊勤務手当が支給されている。パートタイム労働であるY は、採用に当たり、交替制勤務に従事することが明確にされた上で入社し、無期 雇用フルタイム労働に支給される特殊勤務手当と同一交替制勤務負荷分が 基本給に盛り込まれており、実際に通常勤務のみに従事するパートタイム労働 に比べ高い基本給が支給されている。Xには特殊勤務手当が支給されているが、 Yには支給されていない。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第2章 フランスにおける非正規雇用の実態に関する調査 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第2章 フランスにおける非正規雇用の実態に関する調査 資料シリーズ No79 欧米における非正規雇用の現状と課題 ―独仏英米をとりあげて―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

8可 展 戦 略 繰 り 返 し 広 く 主 張 さ れ る テ ー ブ あ る し し 派 遣 労 働 に 対 す る こ 肯 定 的 見 方 に 多 く 研 究 異 議 唱 え い る フ ラ ン ス 干 9 イ 0 代 急 速 経 済 成 長 労 働 力 不 足 背 景 に 初 期 人 材 派 遣 会 社 誕 生 し た 当 初 派 遣 労 働 対 象 秘 書 職 求 め る 女 性 あ っ た し し 派 遣 労 働 に そ 誕 生 時 ら 悪 い 評 判 あ っ た 人 材 派 遣 会 社 人 身 売 買 業 黒 人 隷 売 買 業 よ う に 考 え ら れ い た 一 方 派 遣 労 働 安 定 し た 仕 事 に 就 け っ た 拡 大 す る 資 本 主 義 犠 牲 あ る い 敗 見 さ れ た そ こ こ 業 種 派 遣 労 働 に い 別 見 方 提 示 し け れ ら っ た こ タ イ プ 雇 用 社 会 に っ 有 用 あ る い う 新 た 見 方 示 そ う し た 女 性 労 働 市 場 に 大 挙 し 押 し 寄 せ る 人 材 派 遣 会 社 こ 女 性 た ち 人 材 派 遣 会 社 発 展 支 え る 顧 客 層 い う こ す に 理 解 し た 人 材 派 遣 会 社 派 遣 労 働 仕 事 家 庭 両 立 さ せ る 方 法 し 紹 介 し た こ こ ら 考 え ら れ る 派 遣 労 働 一 部 こ 点 に 利 益 見 出 し 他 拒 絶 し た 労 働 条 件 雇 用 条 件 受 諾 し た い う こ あ る こ 人 た ち 前 面 に 押 し 出 す こ に よ っ 労 働 斡 旋 搾 取 い う 難 へ 対 応 可 能 に っ た あ る
さらに見せる

44 さらに読み込む

厚生労働部門 労働問題作業チーム NC 提出資料 民主党 : 非正規労働者の労働条件確保に関する政策 の概要 1 派遣労働者に関する事項 (1) 短期派遣 規制強化 (2) 日雇い派遣 禁止 (3) 派遣先と派遣元 共同雇用責任 派遣先の責任を強化 (4) 情報公開 契約料金 派

厚生労働部門 労働問題作業チーム NC 提出資料 民主党 : 非正規労働者の労働条件確保に関する政策 の概要 1 派遣労働者に関する事項 (1) 短期派遣 規制強化 (2) 日雇い派遣 禁止 (3) 派遣先と派遣元 共同雇用責任 派遣先の責任を強化 (4) 情報公開 契約料金 派

(役務提供契約へ準用) 第四十三条 第十四条、第三十三条及び前条第一項規定は、次各号いずれにも該当するに ついて準用する。この場合において、第十四条中「使用」とあるは「第四十三条に規定する から同条第二号に規定する役務提供契約に基づき役務提供受ける」と、「労働」とあ るは「同条に規定する」と、「労務」とあるは「役務」と、第三十三条中「解雇は」とあ るは「第四十三条第二号に規定する役務提供契約解除は、当該役務提供契約内容及び性質、 継続的に役務提供している期間その他事情に照らして」と、前条第一項中「第三十八条第二 項規定により更新可能性明示された有期労働契約」とあるは「期間定めある次条第 二号に規定する役務提供契約」と、 「労働が」とあるは「同条に規定するが」と、 「当該有 期労働契約」とあるは「当該役務提供契約」と、「使用」とあるは「同条に規定するか ら同条第二号に規定する役務提供契約に基づき役務提供受ける」と、「当該労働に係る 従前有期労働契約更新回数、継続的に勤務している期間」とあるは「当該役務提供契 約内容及び性質、当該役務提供契約更新回数、継続的に役務提供している期間」と読み 替えるものとする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...