年から減少傾向が続いており、2014

Top PDF 年から減少傾向が続いており、2014:

1 年からの家事時間の推移をみると 成 1. 男女の家事の現状 人女性では平日は 1 年から 土曜 日曜は 1 成人男女の家事時間の 長期時系列変化 1 年以降減少傾向が続いていたが 平日と 日曜は 年以降はほぼ 横ばい 土曜も今 この調査では 炊事 掃除 洗濯 買い物 回減少傾向が止まった 成人男

1 年からの家事時間の推移をみると 成 1. 男女の家事の現状 人女性では平日は 1 年から 土曜 日曜は 1 成人男女の家事時間の 長期時系列変化 1 年以降減少傾向が続いていたが 平日と 日曜は 年以降はほぼ 横ばい 土曜も今 この調査では 炊事 掃除 洗濯 買い物 回減少傾向が止まった 成人男

まず,ライフステージごとに仕事の有無で比 較する(図3)。行為者率は,「未婚」ではいず れも6 割台,既婚者は子どもの有無にかかわら ず 95%以上で,仕事の有無で大きくは変わら ない。一方,行為者平均時間は,どのライフス テージでも有職者の方有職者以外より短い。 次に,未婚者について家族形態で比較する と,行為者率は,「家族や親せきなどと暮らし いる」 65%と, 「1人で暮らしいる」 (81%) より低い,行為者平均時間は「家族や親せき などと暮らしいる」 2 時間29 分で,逆に「1 人で暮らしいる」 (1時間57分)より多い。未 婚で家族や親せきなどと暮らしいる人は,家 事をする人としない人に分かれ,家事をする人 に限ると,1人で暮らしいる人より家事時間 多いことわかる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

要旨 わが国の税収の約 3% 前後を酒税がまかなっており 日本の税収の重要な役割を果たしている しかし 2009 年以降税収は減少傾向にあり 2014 年には過去最低の 2.5 % となっている そこで 酒税法のあり方を再検討する時がきていると考えた 本稿では 酒税法のあるべき姿を検討するため 日本

要旨 わが国の税収の約 3% 前後を酒税がまかなっており 日本の税収の重要な役割を果たしている しかし 2009 年以降税収は減少傾向にあり 2014 年には過去最低の 2.5 % となっている そこで 酒税法のあり方を再検討する時がきていると考えた 本稿では 酒税法のあるべき姿を検討するため 日本

スキーの人気さらに高まったこと原因であると考えられる。また、逆進性の動き分 断しいる理由として、若い世代はハイボールを中心に人気を集めおり、高級なウイス キーは高所得者中心に人気を集めこと原因であると考える。このハイボールと高級 ウイスキーの二重ブームにより低所得者の負担一気に上がり、負担率も上昇しいる。 この負担率の観点から現行の酒税法の品目別に課税するシステムには問題あると考え る。それは第Ⅰ分位の所得階層の負担率あまりに高いという問題である。この負担率の 推計にはウイスキーを炭酸水で割ったハイボールは含まれず、ウイスキーの原酒を家庭で 消費する者の負担率を推計しいる。おそらくウイスキーを原酒で購入し家庭で炭酸で割 りハイボールで消費する者も多いことは推測できる。このウイスキーを炭酸水で割ったハ イボールや容量の大きいボトルに入った安いウイスキーは低所得者にとって税負担大き く、高級なウイスキーは負担小さい。アルコールを消費することに課税の目的を置くな らば品目別に税率を設定し、アルコール度数で課税するの本来望ましい課税システムで あるウイスキーに関しては品質の善し悪しで価格差大きいため一律のウイスキー課税 では逆進性さらに深刻な問題になっしまう。
さらに見せる

65 さらに読み込む

SS 過疎地対策協議会の設置について 平成 27 年 3 月経済産業省 Ⅰ.SS 過疎地対策協議会設置の趣旨全国のサービスステーション (SS) 数は ガソリン需要の減少 後継者難等により減少し続けている これに伴い市町村内のSS 数が3カ所以下の地域も増加しており 2014 年 3 月末時点で26

SS 過疎地対策協議会の設置について 平成 27 年 3 月経済産業省 Ⅰ.SS 過疎地対策協議会設置の趣旨全国のサービスステーション (SS) 数は ガソリン需要の減少 後継者難等により減少し続けている これに伴い市町村内のSS 数が3カ所以下の地域も増加しており 2014 年 3 月末時点で26

今後のSS過疎地対策について① ○SS過疎地では、石油製品の市場構造問題深刻化しいる一方で、SSの機能地域コミュニティにとって不可欠なものとの認識高まっいるなか、 「総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 石油・天然ガス小委員会」の中間報告では、SS側地域の要請に自覚をもっ応えいくための経営 努力を行うことに加え、地域住民・自治体一体となっその地域コミュニティに不可欠なインフラであるSSの機能を維持することをサポートしいく必要 あるとされいる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2.2 指標等からみる動向 (1) 人口の推移について a. 総人口と年齢別人口について 人口は減少傾向が続いている 平成 22 年の年齢別人口では 15 歳未満人口が昭和 6 年の約 3 割に減少する一方で 高齢者人口 (65 歳以上 ) は 昭和 6 年に比べ約 1.3 倍に増加している 今後も

2.2 指標等からみる動向 (1) 人口の推移について a. 総人口と年齢別人口について 人口は減少傾向が続いている 平成 22 年の年齢別人口では 15 歳未満人口が昭和 6 年の約 3 割に減少する一方で 高齢者人口 (65 歳以上 ) は 昭和 6 年に比べ約 1.3 倍に増加している 今後も

島内交通は、路線バスとコミュニティバス(おと姫バス)の2種類運行されいます。 路線バスは、島全体を周回する右回りと左回り、8便ずつ運行されいます。コミュニテ ィバスは、路線バス運行されいない区間や狭隘な区間を路線に設定され、平日と土日祝 日とで路線を変え毎日運行されいます。

39 さらに読み込む

人を超す方が乳がんで命を落としており これは 1970 年の約 4 倍となっている ( 図 2) このままでは 2015 年の死亡数は 11,500 人と推測されている アメリカ イギリスをはじめとする欧米諸国では 乳がん発症率は増加しているものの死亡率は1995 年から減少傾向が続いている これは

人を超す方が乳がんで命を落としており これは 1970 年の約 4 倍となっている ( 図 2) このままでは 2015 年の死亡数は 11,500 人と推測されている アメリカ イギリスをはじめとする欧米諸国では 乳がん発症率は増加しているものの死亡率は1995 年から減少傾向が続いている これは

4.わが国のデジタルマンモグラフィの現状 最近、デジタルマンモグラフィ装置の普及は目覚ましいも のあり、3,800台を超える仕様基準を満たした装置のうち、 デジタル装置60%以上を占めいる状況にある。デジタル 装置も以前はCR(computed radiography)を用いたデジタ ルマンモグラフィ装置大半を占めいたものの、最近、各 メーカーからFPDを搭載したデジタルマンモグラフィ装置 発売されるようになり、約10%を占めいる。仕様基準を満 たした装置のうち、NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中 央委員会の施設認定を取得しいる施設は3割程度である 1) 。 図3に現在使用されいるデジタルマンモグラフィ装置の一 覧を示す 2) 。
さらに見せる

5 さらに読み込む

トンを超える状況が続いていることがわかる 通航船舶数の多さは平均通航時間の長期化にもつながっており 通航時間は通常 8 時間から 10 時間とされているが 実際には 20 時間を超える状況が続いている 2014 年会計年度では平均通航時間が 31.5 時間に達している 4 表 1: パナマ運河の通航

トンを超える状況が続いていることがわかる 通航船舶数の多さは平均通航時間の長期化にもつながっており 通航時間は通常 8 時間から 10 時間とされているが 実際には 20 時間を超える状況が続いている 2014 年会計年度では平均通航時間が 31.5 時間に達している 4 表 1: パナマ運河の通航

外航船の通航隻数は 2014 会計年度(2013 10 月から 2014 9 月)で約 12,000 隻、一日当たり 32.8 隻となっいる(表 1 参照)。近年の通航隻数は減少傾向にあり、 2007 会計年度と比べると約 1,300 隻、一日当たり 3.5 隻少なくなっいる。その一 方で船幅 100 フィート(30.5 メートル)を超える船舶 3 の通航隻数は年々増えおり、 2007 会計年度と比べ約 1,100 隻増加した。通航船腹量は 2007 会計年度以降、約 3.2 億 PC/UMS トン前後で推移しおり、大きな変動はみられない。近年においては 通航する船舶の大型化進む一方で、通航できる容量と考えられきた 3 億 PC/UMS
さらに見せる

6 さらに読み込む

調査結果の概要 1. 自社チャンネルの加入者動向については消極的な見通しが大勢を占めた自社チャンネルの全体的な加入者動向としては 現状 では 減少 (50.6%) が最も多く 続いて 横ばい (33.7%) 増加 (13.5%) の順となっている 1 年後 についても 減少 (53.9%) 横ばい

調査結果の概要 1. 自社チャンネルの加入者動向については消極的な見通しが大勢を占めた自社チャンネルの全体的な加入者動向としては 現状 では 減少 (50.6%) が最も多く 続いて 横ばい (33.7%) 増加 (13.5%) の順となっている 1 年後 についても 減少 (53.9%) 横ばい

第 20 回「多チャンネル放送市場・事業者予測調査」 -4- 5. 視聴料収入予測 視聴料に関して、 『現状』は、 「大幅増」前回調査(2016 11 月)と変わらず 1.1%となっ た。「増加」も前回の 23.9%から 16.9%となり、「増加傾向」は合計 18.0%と前回の 25.0% から大きく減る結果となった。前々回の1前の調査から減る結果続いいる。 「横ばい」 は 40.4%で前回の 39.8%から増加、 「減少傾向」も合計 41.6%で前回の 35.3%より増加した。 前々回から前回、今回と減少寄りの結果となっいる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

図表 22 アルコール類の消費割合 アルコールの消費量は 1980 年以降はやや減少傾向にあるが 現在はほぼ変わらず推移して いる状況である 図表 23 アルコール消費量推移 参考 :Table source: WHO Management of Substance Abuse 2014 Count

図表 22 アルコール類の消費割合 アルコールの消費量は 1980 年以降はやや減少傾向にあるが 現在はほぼ変わらず推移して いる状況である 図表 23 アルコール消費量推移 参考 :Table source: WHO Management of Substance Abuse 2014 Count

比 20%の増加続いいた、10 月以降はほぼ横ばい状態となった。 特に人々外食を控えるようになったことで、レストラン業界は大きなダメージを受けい る。ニューヨークのレストランは、景気低迷の中で二極化進んでおり、おいしい料理、サー ビスの質の高さなどを兼ね備えた「こだわりの店」と、低価格に徹した店生き残り、特徴の ない店は売り上げ大きく減退しいる。消費者内食、中食にシフトしいるため、小 売店、フードコート、テイクアウトなどは好調である。
さらに見せる

33 さらに読み込む

クに減少傾向にあったが 5 年ぶりに増加に転じたことになる 5 ( 図表 1 参照 ) 図表 1 世界における海賊事件発生件数 発生件数 年 2003 年 2004 年

クに減少傾向にあったが 5 年ぶりに増加に転じたことになる 5 ( 図表 1 参照 ) 図表 1 世界における海賊事件発生件数 発生件数 年 2003 年 2004 年

第 4 は、不良官憲とも言うべきグループによるものである。1991 年頃から東シナ海中部に おい操業中の漁船や航行中の 24 万トンのタンカーを含む貨物船等、国籍不明の小型船 舶から威嚇射撃を受ける事件起き始めた。中には直接被弾するものもあり、停船させられ 臨検を受けるものきた。海上保安庁最初に事件を確認したのは 1991 3 月 18 日 に発生した事件で、この事件では日本漁船威嚇射撃され臨検を受けた後、船内の物品を 奪われいる。また、同種の事件は数年間続き、中には自動小銃や短銃で武装し乗り込ん できたグループに縛り上げられ金品を奪われたもの、鉄パイプで燃料ポンプなどを破壊さ れたもの、また、燃料などの提供を強要されたものもある。海上保安庁等によるパトロール の結果、相手船舶は中国船である疑い強まり、外交ルートを通じて照会したところ、これ らの不審船は密輸の取り締まりに当たっいる中国公船であるとの回答を得た。こうした経 緯により 1994 に入ると事件は沈静化した、それまでに臨検・襲撃の被害件数は、日本 船舶 45 件、外国船舶 79 件にのぼった 9 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

化の成果として,2012 年 12 月 ~2017 年 6 月までに, 最も重要な容疑者 122 名のうち107 名が逮捕又は殺害されており, 国家への脅威は減少している ( イ )2016 年 10 月より,2014 年 11 月にペニャ ニエト大統領が治安対策パッケージの一つとして提案した全国統

化の成果として,2012 年 12 月 ~2017 年 6 月までに, 最も重要な容疑者 122 名のうち107 名が逮捕又は殺害されており, 国家への脅威は減少している ( イ )2016 年 10 月より,2014 年 11 月にペニャ ニエト大統領が治安対策パッケージの一つとして提案した全国統

(イ)ペニャ・ニエト大統領は,メキシコは,国連によって定められた持続可能な開発の ための17の目標の完全な実施のために,「2030アジェンダ」を国際的約束として,全 の政府機関,市民団体,民間セクター,学術界と協同する形で実施しいると述べた。 (ウ)貧困対策の分野における公共政策のグッド・プラクティスについて意見交換行わ れ,ペニャ・ニエト大統領は,貧困を撲滅し,発展を全ての人々に行き渡らせるためには, 生活及び社会での共存において,教育から始まる根本的な変化必要であると述べた。同 大統領は,持続可能な開発のための17の目標の1つである質の高い教育の促進に関し, 児童,若者たちに発展のための手段である①より良い教師,②より良い学校環境,③より 良い教育の中身という3点を軸とするメキシコの教育改革について紹介した。
さらに見せる

10 さらに読み込む

要旨 1 大分県の観光は 振れを伴いつつも 2009 年をボトムに持ち直しの傾向が続いており 15 年入り後は海外客を中心に堅調な動きとなっている この間 国内客についても 新たな大型商業施設 観光スポットのオープンや東九州自動車道の県内全線開通の効果等から 着実に持ち直しつつある 2 こうした中

要旨 1 大分県の観光は 振れを伴いつつも 2009 年をボトムに持ち直しの傾向が続いており 15 年入り後は海外客を中心に堅調な動きとなっている この間 国内客についても 新たな大型商業施設 観光スポットのオープンや東九州自動車道の県内全線開通の効果等から 着実に持ち直しつつある 2 こうした中

や、 「ラグビーワールドカップ」(19/9~10 月)の誘致に成功した。また、官民一体 となっ、観光目的の多様化に対応したイベントを実施したり、地域内や地域間での連 携を進める動きも広がっいる。 ③ 今後の大分県における観光需要を展望すると、短期的には、海外客引き続き増加基 調を辿る中、国内客についてもデスティネーションキャンペーン開催の効果等から、 堅調に推移するとみられる。但し、中長期的には、必ずしも楽観できる状況にはない。 すなわち、海外客は引き続き増加しいくこと見込まれるものの、国内客について は、人口減少を背景とした国内旅行市場の縮小により減少いく見通しにあり、自 然体のままでは、県内宿泊客数は全体として緩やかな減少傾向を辿ること想定され る。
さらに見せる

19 さらに読み込む

10. がんの部位別死亡率で誤っている組み合わせはどれですか. A. 肺癌は男女共に増加傾向にある. B. 胃癌は男女共に減少傾向にある. C. 大腸癌は男女共に減少傾向にある. D. 女性の乳癌は増加傾向にある. 4.C.D E. 肝臓癌は男女共に減少傾向にある. 11. 核に陽性所見を示す抗体を

10. がんの部位別死亡率で誤っている組み合わせはどれですか. A. 肺癌は男女共に増加傾向にある. B. 胃癌は男女共に減少傾向にある. C. 大腸癌は男女共に減少傾向にある. D. 女性の乳癌は増加傾向にある. 4.C.D E. 肝臓癌は男女共に減少傾向にある. 11. 核に陽性所見を示す抗体を

2.過酸化水素や過酸化水素加メタノールで内因性ペルオキシダーゼ活性阻止操作を行う. 3.組織診と比較し共染しにくい. 4.核染色はヘマトキシリンを用いること多い. 5.湿固定時間長いと抗原性の失活みられる場合ある. 17.細胞標本を用いた免疫染色について 誤っいる ものはどれですか. 1.剥離防止剤でコートされたスライドガラスを用いること望ましい. 2.PAS 反応後の標本では,過ヨウ素酸処理により抗原性の失活もあり得る.
さらに見せる

13 さらに読み込む

対中国における輸出入総額の推移を見てみると 1990 年頃より増加が目立ち始め ここ数年は微増傾向となっています 特徴的なのはリーマン ショックの影響が大きかった 2009 年において 対世界の輸出入総額の減少と比較して 対中国は減少の程度が少なかったことが伺えます この年の貿易額は 全国で 33.

対中国における輸出入総額の推移を見てみると 1990 年頃より増加が目立ち始め ここ数年は微増傾向となっています 特徴的なのはリーマン ショックの影響が大きかった 2009 年において 対世界の輸出入総額の減少と比較して 対中国は減少の程度が少なかったことが伺えます この年の貿易額は 全国で 33.

年月 金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比 2016 1月 8,600 82.6% 272 74.1% 721 89.4% 365 79.9% 595 75.2% 499 81.1% 2月 9,337 105.1% 390 116.3% 641 89.6% 436 106.9% 494 77.3% 525 105.5% 3月 11,161 92.9% 589 151.1% 759 91.2% 526 102.2% 603 73.9% 584 89.3% 4月 10,349 92.3% 477 153.9% 755 91.2% 583 99.3% 565 77.7% 585 96.1% 5月 9,020 85.1% 323 95.7% 652 82.9% 481 88.6% 497 71.4% 528 90.7% 6月 10,438 90.0% 444 150.8% 765 92.2% 524 88.4% 559 73.8% 576 93.3% 7月 10,297 87.3% 493 130.3% 800 98.2% 565 92.8% 527 72.4% 560 90.9% 8月 9,691 91.2% 355 105.8% 783 94.4% 492 104.4% 585 79.7% 537 89.2% 9月 9,930 89.4% 289 79.2% 829 83.5% 565 114.0% 695 85.3% 542 99.9% 10月 10,748 90.8% 303 103.1% 828 94.1% 657 113.4% 673 88.8% 620 95.3% 11月 11,032 104.4% 433 123.4% 805 98.6% 696 123.1% 664 87.3% 638 108.0% 12月 13,011 112.4% 604 125.6% 888 110.1% 816 138.2% 828 99.1% 742 116.2% 2017 1月 8,869 103.1% 486 178.8% 724 100.4% 511 140.1% 633 106.3% 506 101.3% 2月 11,966 128.2% 685 175.4% 787 122.6% 676 155.1% 735 148.6% 679 129.5% 3月 12,993 116.4% 581 98.7% 826 108.8% 738 140.2% 830 137.7% 709 121.4% 4月 11,875 114.7% 474 99.5% 809 107.2% 728 124.8% 740 131.1% 668 114.2% 5月 11,169 123.8% 498 154.3% 752 115.4% 597 123.9% 683 137.4% 605 114.6% 6月 12,478 119.5% 626 140.9% 842 110.0% 735 140.3% 729 130.4% 679 118.0% 7月 12,110 117.6% 445 90.2% 870 108.7% 685 121.4% 712 135.3% 667 119.1% 8月 12,188 125.8% 505 142.1% 929 118.5% 613 124.5% 862 147.4% 702 130.9% 9月 12,840 129.3% 592 205.1% 991 119.6% 669 118.4% 810 116.4% 680 125.5% 10月 13,539 126.0% 676 223.1% 907 109.6% 650 99.0% 797 118.5% 799 128.9% 11月 13,795 125.1% 732 169.0% 938 116.5% 725 104.1% 783 117.9% 734 115.1% 12月 15,074 115.9% 1,053 174.4% 1,082 121.9% 787 96.4% 824 99.5% 784 105.6% 2018 1月 11,602 130.8% 700 144.0% 808 111.6% 571 111.8% 610 96.4% 660 130.6% 2月 10,804 90.3% 670 97.8% 761 96.7% 631 93.3% 597 81.2% 545 80.1% 3月 14,398 110.8% 1,003 172.7% 925 112.0% 743 100.6% 798 96.2% 687 96.9% 4月 13,166 110.9% 1,023 215.6% 898 111.0% 701 96.2% 631 85.2% 678 101.5% 5月 12,724 113.9% 950 190.7% 832 110.6% 665 111.5% 656 96.0% 660 109.2% 6月 13,859 111.1% 1,121 179.2% 1,073 127.4% 840 114.3% 656 90.0% 712 104.8% 7月 13,554 111.9% 1,046 235.1% 988 113.6% 745 108.6% 687 96.4% 711 106.6% 8月 13,662 112.1% 1,275 252.6% 893 96.2% 677 110.5% 842 97.7% 735 104.6% 9月 12,624 98.3% 893 150.8% 762 76.9% 789 117.9% 710 87.6% 666 97.9% 10月 14,756 109.0% 736 108.8% 1,068 117.8% 777 119.4% 754 94.6% 788 98.6%
さらに見せる

15 さらに読み込む

1. 山陰地域の住宅投資動向の概要 山陰地域の新設住宅着工戸数の動きをみると 振れを伴いつつも 持家 貸家ともに持ち直しの動きが続いている また 分譲マンションも持ち直し傾向にあるが 市内中心部の一部地域に限られているとの声が聞かれている ( 図表 1 2) 持ち直しの背景としては 1 総人口が減少

1. 山陰地域の住宅投資動向の概要 山陰地域の新設住宅着工戸数の動きをみると 振れを伴いつつも 持家 貸家ともに持ち直しの動きが続いている また 分譲マンションも持ち直し傾向にあるが 市内中心部の一部地域に限られているとの声が聞かれている ( 図表 1 2) 持ち直しの背景としては 1 総人口が減少

(注)鳥取県、島根県木材協会のHPの情報を基に日本銀行松江支店作成。 2.利用関係別の特徴 (1)持家 持家購入層をみると、若年層目立っいるほか、かつて交通の便の悪い山・海 沿いに家を構えた高齢層、生活用品の調達や通院に便利な市内に移り住むケース 相応にみられおり、これらの層需要を下支えしいるとの声聞かれいる。 こうした動きを資金調達面からみると、高齢層は退職金や預貯金を元手とする一方 で、若年層は借入を行うの一般的であり、住宅ローン金利の低下と減税による負 担軽減若年層の持家取得を大きく後押ししいる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3 木材産業の現状と課題 (1) 木材需給の動向 木材供給量は 住宅着工戸数の減少等を背景とした木材需要の減少により 長期的に減少傾向 このうち木材輸入量は 1996 年をピークに減少傾向で推移する一方 国産材の供給量は 2002 年を底に増加傾向 木材自給率も 2002 年の 18.8% を底に上

3 木材産業の現状と課題 (1) 木材需給の動向 木材供給量は 住宅着工戸数の減少等を背景とした木材需要の減少により 長期的に減少傾向 このうち木材輸入量は 1996 年をピークに減少傾向で推移する一方 国産材の供給量は 2002 年を底に増加傾向 木材自給率も 2002 年の 18.8% を底に上

(6)非住宅分野における木材利用の拡大② ○ 2010に施行された公共建築物等木材利用促進法により、公共建築物での木材利用進んでいるほか、都市部の建築物や民間の 建築物の様々な分野における木材利用の取組展開。 ○ 非住宅分野の建築物の木造化を進めるためには、木造で建設した場合の利点や、他部材とのコスト比較等について情報発 信することも重要。

7 さらに読み込む

(2) 本市と周辺都市の将来人口推計 本市の将来人口は 2040 年に 87.5 ポイントと今後 1 割以上の人口減少が予測されていま す また 本予測では少子高齢化の傾向が強まり 生産年齢人口の割合は 53.8% にまで減少す ると予測されています 総数 2010 年 2015 年 2020 年

(2) 本市と周辺都市の将来人口推計 本市の将来人口は 2040 年に 87.5 ポイントと今後 1 割以上の人口減少が予測されていま す また 本予測では少子高齢化の傾向が強まり 生産年齢人口の割合は 53.8% にまで減少す ると予測されています 総数 2010 年 2015 年 2020 年

(4)周辺都市の住宅開発の動向 図 3-16 は、福岡市東区から北九州市八幡西区までの地域の戸建て住宅開発の動向を示しいま す。本市では新規住宅開発周辺都市と比較し低迷しいる状況です。くりえいと北土地区画 整理事業の後に50区画を超す新たな住宅開発は行われいません。一方で、JR鹿児島本線と 国道3号の間に位置するなど交通利便性の高い場所で、福岡市や新宮町、古賀市、福津市では開 発進んできました。近年は、その中で、新宮町では開発された住宅の分譲ほとんど終わっ いる状況です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

29 校のうち 北海道の中学校が約半数の 20 校を占めている 次いで 宮城県と東京都が 22 校 兵庫県が 8 校となっている 2006 年度から 2009 年度の傾向としては 北海道内の中学校の割合が減少する一方 道外の中学校の割合が増加している ただし 後述するように 20 年 月 日の東日本

29 校のうち 北海道の中学校が約半数の 20 校を占めている 次いで 宮城県と東京都が 22 校 兵庫県が 8 校となっている 2006 年度から 2009 年度の傾向としては 北海道内の中学校の割合が減少する一方 道外の中学校の割合が増加している ただし 後述するように 20 年 月 日の東日本

1-4-2 宿泊を伴わない場合 (1)北方領土学習コース(根室市+その他の隣接地域) 北方領土学習を中心に行程組まれ、「納沙布岬」のある根室市とその他の隣接地域を訪 問するパターンである。 「納沙布岬」において北方 4 島を間近に概観し、「北方館」や「北 方四島交流センター」あるいは「洋上視察」において元島民の講話を聞くなどといった北 方領土学習を実施する。同時に、「野付半島」や「サーモン科学館」、 「国後展望閣」、「知床 峠」などの根室市以外の隣接地域での施設等の見学と組み合わせ行われる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

が懸念されている 平成 22 年の就業人口は 15,475 人で 年々減少傾向にある 産業別就業者の構成比は 第 3 次産業就業者が最も高く 56.3% と 5 割を超え 産業構造の 3 次化が進んでいる 一方 第 2 次産業は 28.5% 第 1 次産業は 15.2% と減少傾向にある (4) 農

が懸念されている 平成 22 年の就業人口は 15,475 人で 年々減少傾向にある 産業別就業者の構成比は 第 3 次産業就業者が最も高く 56.3% と 5 割を超え 産業構造の 3 次化が進んでいる 一方 第 2 次産業は 28.5% 第 1 次産業は 15.2% と減少傾向にある (4) 農

5 構造改革特別区域計画の意義 マスカットベリーA、シャルドネなどワイン用のブドウは、山梨県勝沼町などのワ インメーカーから非常に高い評価を受けおり、 「新見A級グルメワイン特区」の認定 によって地域での個性あるワイン醸造可能になることで、ブランドイメージの向上 実現し、ワインを核とした地域食材を総合的に販売することできる。また、地域 の特産品であるピオーネ、白桃などを活用したリキュールの製造により、農業の 6 次 産業化推進され、生産者の経営の多角化図られる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 労働者人口の減少 一方労働人口は減少しつつあり 推計値では 2025 年には 6300 万人まで減少見込みとなっております 問題点 以下のような状況の中で今後どのように労働者を確保して 企業を活性化させるか? 条件 1 労働者人口が減少する 2 フルタイム労働者が減る 3 未熟練従業員が増え

(2) 労働者人口の減少 一方労働人口は減少しつつあり 推計値では 2025 年には 6300 万人まで減少見込みとなっております 問題点 以下のような状況の中で今後どのように労働者を確保して 企業を活性化させるか? 条件 1 労働者人口が減少する 2 フルタイム労働者が減る 3 未熟練従業員が増え

•一般的に非正規社員は昇給ないか、正社員に比較し少なく、正社員との賃金格差 拡大傾向にあり、社会全体の課題です。 ②賃金安い •雇用不安定で賃金も少なく、単純労働ばかりで、自らの職業人としてのキャリアデザ インを描けない働き方を続け、職業スキル高まらないまま中高年を迎える労働者増 えることは、日本全体にとって大きな問題です。

9 さらに読み込む

5 月下旬からもう 一段円安が進む 経営環境 為替レートの推移 為替レートの円安傾向が続いている 同社はドル建ての輸入を基本としており 円安は短期的には業に対してマイナス要因となる ( 中期的には価格転嫁ならびに生産拠点の移転などコストダウンを進めることで吸収する ) 15/8 期 1Q(9-11

5 月下旬からもう 一段円安が進む 経営環境 為替レートの推移 為替レートの円安傾向が続いている 同社はドル建ての輸入を基本としており 円安は短期的には業に対してマイナス要因となる ( 中期的には価格転嫁ならびに生産拠点の移転などコストダウンを進めることで吸収する ) 15/8 期 1Q(9-11

15/8 期 1Q(9-11 月:3 ヵ月間)の実績為替レートは 112.34 円/ドル、2Q(12-2 月:3 ヵ月間)は、119.36 円/ドル。それぞれ前年同期と比較し 12.84%、 15.44%の円安となった(6 ヵ月間では前年同期比 14.2%の円安) 。 オリジナル製品に関しては仕入予定額に対する積極的な為替予約を行うと ともに、2 月のカタログ改定において約 8%の値上げを行った。しかしな ら、カスタムメイド製品に関しては見積もりから顧客の発注までのタイムラ グをカバーできないことなどから円安急速に進んだ昨年 10 月下旬から 12 月上旬の影響 2Q の売上総利益率低下に表れた模様である。また、カスタ ムメイド製品は円安によるコスト上昇から見積もり金額そのもの高くな っており、低価格製品への購買対象のシフトならびに顧客からの値引き要求 強まっいる模様である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...