基準価額水準 市況動向等

Top PDF 基準価額水準 市況動向等:

Fund Report / ファンドレポート 三菱 UFJ J リート不動産株ファンド <W プレミアム >( 毎月決算型 )( 愛称 : メトロポリス ) 当期の分配金について 基準価額水準 市況動向等を勘案し 当期の分配金 (1 万口当たり 税引前 ) を 前期の 70 円から 50 円に引き下

Fund Report / ファンドレポート 三菱 UFJ J リート不動産株ファンド <W プレミアム >( 毎月決算型 )( 愛称 : メトロポリス ) 当期の分配金について 基準価額水準 市況動向等を勘案し 当期の分配金 (1 万口当たり 税引前 ) を 前期の 70 円から 50 円に引き下

 そのため、コール・オプションの売却時点で、基準価額がオプション・プレミアム収入相当分上昇するものではありません(なお、コール・オ  プションの売却は円建外国投資信託において行います)。 カバード・コール戦略とは 一般的なカバード・コール戦略(カバー率100%)は、特定の資産(原資産)の買いと、その原資産を一定の価格で買う権利(コール・オプシ  ョン)の売却とを組み合わせる戦略です。取引を行った後に原資産の価格が上下した場合、原資産をただ保有しているだけ(単純な買い  持ち)の場合と比較すると、価格上昇分の利益を放棄する代わりに、権利の売却価格(プレミアム)分の、収益の上乗せが期待できます。  <Wプレミアム>では、通貨カバード・コール戦略と不動産株式カバード・コール戦略の2つのカバード・コール戦略を活用し、通貨および  不動産株式に対して、それぞれのカバー率を50%程度とします。なお、リート部分についてはカバード・コール戦略は行いません。 ■ファンドの仕組み
さらに見せる

11 さらに読み込む

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 11 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 11 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の

「しんきんアジアETF株式マザーファンド」は、当期を通じて、中国、香港、台湾、インド、韓国、シン ガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピンおよびベトナムの11の国・地域へ投資しました。各 国・地域への投資割合については、株式市場の規模などを考慮して、基準割合を決定しました。 当期における11の国・地域の基準割合については、それぞれ、中国13%、香港13%、台湾13%、インド13%、 韓国13%、シンガポール9%、マレーシア7%、インドネシア7%、タイ7%、フィリピン4%およびベトナ ム1%としました。これらの基準割合に基づき、月次で投資対象国・地域の景気および市場動向ならびに政情 などの観点からの分析による見直しを行い、それぞれの国・地域の株式組入比率を基準割合から1~2%程度 調整しました。
さらに見せる

17 さらに読み込む

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 10 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 10 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の

目 次 ◇しんきんアジアETF株式ファンド 頁 最近5期の運用実績 ··················································· 1 当期中の基準価額市況の推移 ······································· 1 第10期の運用経過 ··················································· 2 1万口当たりの費用明細 ··············································· 5 売買及び取引の状況 ··················································· 6 利害関係人との取引状況 ············································· 6 組入資産の明細 ······················································· 6 投資信託財産の構成 ··················································· 6 資産、負債、元本及び基準価額の状況 ··································· 7 損益の状況 ··························································· 7 分配金のお知らせ ····················································· 7 ◇参考情報
さらに見せる

19 さらに読み込む

Q1: なぜ 額を引き下げたのですか? 2/ 基準価額の水準が低下してきたことや市況動向等を総合的に勘案して 額を変更いたしました 額は 基準価額の水準や市況動向等を総合的に勘案して 決算の都度 委託会社であるニッセイアセットマネジメントが決定しています 当ファンドの基準価額は 1 年前の第 55

Q1: なぜ 額を引き下げたのですか? 2/ 基準価額の水準が低下してきたことや市況動向等を総合的に勘案して 額を変更いたしました 額は 基準価額の水準や市況動向等を総合的に勘案して 決算の都度 委託会社であるニッセイアセットマネジメントが決定しています 当ファンドの基準価額は 1 年前の第 55

※ご購入に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分にお読みください。 株式投資リスク 株式は国内および国際的な景気、経済、社会情勢の変化の影響を受け、また業績悪 化(倒産に至る場合も含む)により、価格が下落することがあります。 MLP投資リスク ファンドが実質的に投資するMLPは、主として天然資源に関連する事業に投資する ため、MLPの価格は、当該事業を取巻く環境・市況の変化ならびに金利変動の影 響を受け、また業績悪化(倒産に至る場合も含む)により、価格が下落することがあ ります。MLPに関する法制度(税制)の変更により収益性が低下する場合、MLP の価格が下落することおよび分配金が減少することがあります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 9, 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 8,500 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 40 8, , , ,500 第 53 期末 第 54 期末

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 9, 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 8,500 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 40 8, , , ,500 第 53 期末 第 54 期末

■TRP Global Emerging Markets Bond Fund MXN Class  主要市場における力強い基礎的経済の成長、より規律の取れた財政支出、大規模な政治改革とともに、エ マージング債券の長期的なファンダメンタルズ(基礎的条件)要因は依然として良好で、投資家の長期投資 気運を高めています。エマージング債券は依然として債券市場で最高レベルの利回りを提供しており、先進 国債券市場よりも、大幅に高いキャリー収入を提供しています。いくつかの新興国における政治的・経済的 な転換点に伴うリスクには十分に留意しつつ、今後も継続的に動向を注視し続けますが、最近の市場全体の ボラティリティ(価格変動性)上昇は、主に先進国市場の動向によって引き起こされていると見ています。 引き締め的な中央銀行の動向や、米国からの保護主義的な貿易政策は、継続的なボラティリティの上昇を引 き起こすと思われますが、最終的には魅力的な参入ポイントとなる可能性もあります。最近のボラティリ ティ上昇を受け、また政策決定を行う上でますます不確実性が高まっている環境の中、いくつかの主要な新 興国においてさえもバリュエーションが割安となっています。このため、徐々にアクティブリスクを高めて いく方針です。引き続き、積極的な改革気運を持つ固有の投資機会に着目していきます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

非鉄金属市況と需給動向 2019年2月レビュー

非鉄金属市況と需給動向 2019年2月レビュー

② 在庫減を支援材料に2,800US$/t間近へ回復:2月後半は、春節が明けてトレー ダーらが市場に復帰し、旺盛な取引が進んだことにより価格も上昇傾向を辿った。 LME在庫は月初の110千tから月末には65千tへと半減し、2007年以来の低水準を記 録した。それに反し、中国における在庫は積み増しされており、トレーダーが地金 を欧米から中国国内へ移動させている可能性がある。また、中国製錬所で移転や利 益回復により減産したことが需給を逼迫させているほか、主要な亜鉛産出地域であ る豪州・QLD州での豪雨による鉄道運休で亜鉛需給逼迫懸念が高まり価格を下支え した。堅調な値動きは月末まで持続し、2月28日には8ヶ月ぶり高値となる
さらに見せる

6 さらに読み込む

運用経過の説明 1 基準価額等の推移 9, , , , ,000 第 180 期首 /3 5 6 純資産総額 ( 億円 )( 右軸 ) 分配金再投資基準価額 ( 左軸 ) 基準価額 ( 円 )( 左軸 ) 参考指数 ( 左軸

運用経過の説明 1 基準価額等の推移 9, , , , ,000 第 180 期首 /3 5 6 純資産総額 ( 億円 )( 右軸 ) 分配金再投資基準価額 ( 左軸 ) 基準価額 ( 円 )( 左軸 ) 参考指数 ( 左軸

純資産総額 (百万円) 11,786 10,199 8,706 6,663 6,328 5,493 参考指数は、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース)です。参考指数は投資対象資産の市場動向を説 明する代表的な指数として記載しております。 FTSE世界国債インデックスは、FTSE Fixed Income LLCにより運営され、世界主要国の国債の総合収益率を 各市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。FTSE Fixed Income LLCは、本ファンドのスポン サーではなく、本ファンドの推奨、販売あるいは販売促進を行っておりません。このインデックスのデータは、情報提 供のみを目的としており、FTSE Fixed Income LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、また データの誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権の知的財産その
さらに見せる

10 さらに読み込む

運用経過の説明 1 基準価額等の推移 16, , , , ,000 第 5 期首 / /10 第 5 期末 純資産総額 ( 億円 )( 右軸 ) 基準価額

運用経過の説明 1 基準価額等の推移 16, , , , ,000 第 5 期首 / /10 第 5 期末 純資産総額 ( 億円 )( 右軸 ) 基準価額

式時価総額をベースに算出されます。また「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出した株価指数です。同指数に関する著 作権の知的財産権及びその他の一切の権利はMSCIInc.に帰属します。また、MSCIInc.は同指数の内容を変更する権利及 び公表を停止する権利を有しています。 ※3MSCIエマージング・マーケット・インデックスとは、MSCIInc.が開発した世界の新興国株式市場の動きを表す株価指数で、 株式時価総額をベースに算出されます。また「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出した株価指数です。同指数に関する 著作権の知的財産権及びその他の一切の権利はMSCIInc.に帰属します。また、MSCIInc.は同指数の内容を変更する権利 及び公表を停止する権利を有しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 11 月 30 日現在 運用担当者コメント 当ファンドの基準価額は 上昇しました 世界の株式市況は 米国の中間選挙の動向や 企業業績を巡る不透明感などを背景に上下したものの 上昇して月を終えました 市況別では 米国株式市況は 月初に行われた米国中間選挙において 上下両院が

月次レポート 2018 年 11 月 30 日現在 運用担当者コメント 当ファンドの基準価額は 上昇しました 世界の株式市況は 米国の中間選挙の動向や 企業業績を巡る不透明感などを背景に上下したものの 上昇して月を終えました 市況別では 米国株式市況は 月初に行われた米国中間選挙において 上下両院が

・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、 当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間における当ファンドの収益率を 示すものではありません。 ・受益者の個別元本によっては、分配金の一部ないしすべてが、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用 状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
さらに見せる

7 さらに読み込む

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 5, 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 4,500 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 60 4, , ,000 第 100 期末 第 101 期末

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 5, 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 4,500 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 60 4, , ,000 第 100 期末 第 101 期末

■TRP Global Emerging Markets Bond Fund ZAR Class  主要市場における力強い基礎的経済の成長、より規律の取れた財政支出、大規模な政治改革とともに、エ マージング債券の長期的なファンダメンタルズ(基礎的条件)要因は依然として良好で、投資家の長期投資 気運を高めています。エマージング債券は依然として債券市場で最高レベルの利回りを提供しており、先進 国債券市場よりも、大幅に高いキャリー収入を提供しています。いくつかの新興国における政治的・経済的 な転換点に伴うリスクには十分に留意しつつ、今後も継続的に動向を注視し続けますが、最近の市場全体の ボラティリティ(価格変動性)上昇は、主に先進国市場の動向によって引き起こされていると見ています。 引き締め的な中央銀行の動向や、米国からの保護主義的な貿易政策は、継続的なボラティリティの上昇を引 き起こすと思われますが、最終的には魅力的な参入ポイントとなる可能性もあります。最近のボラティリ ティ上昇を受け、また政策決定を行う上でますます不確実性が高まっている環境の中、いくつかの主要な新 興国においてさえもバリュエーションが割安となっています。このため、徐々にアクティブリスクを高めて いく方針です。引き続き、積極的な改革気運を持つ固有の投資機会に着目していきます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

運用経過 基準価額等の推移について ( 円 ) 22, 000 ( 億円 ) 25 20, , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) 純資産総額 (

運用経過 基準価額等の推移について ( 円 ) 22, 000 ( 億円 ) 25 20, , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) 純資産総額 (

■ 国内株式市況 国内株式市況は、期首より、米国大統領選挙で勝利したトランプ氏の景気刺激政策に対する期待 の高まりや円安米ドル高の進行などから、2016年12月前半まで上昇基調で推移しました。その後は 2017年 3 月前半にかけて、株価の急上昇に対する警戒感に加えてトランプ氏の政策に対する期待と 不透明感が交錯し、一進一退で推移しました。 3 月後半から 4 月前半にかけては、地政学リスクの 高まりなどから下落する局面もありましたが、 4 月後半以降は、国内外の堅調な経済指標などが好 感されて株価は反発しました。 6 月下旬以降は、欧米の中央銀行の金融引き締めペースに対する見 方が交錯し、株価は横ばい圏で推移しました。 8 月から 9 月上旬にかけては、再び北朝鮮に関わる 地政学リスクが高まったことや円高米ドル安が進んだことなどから株価は軟調に推移しましたが、 9 月中旬以降は、国内外の堅調な経済指標や10月に行なわれた衆議院議員選挙で連立与党が勝利し たことなどを受けて、株価は上昇しました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目 次 [1] 山口県不動産市況 DI 調査の概要 アンケート調査の概要 01 2.DI について 調査結果の概要 地価の動向と将来予測 取引件数の動向と将来予測 賃料水準の動向と推移 空室率の動向と推移 08 [2] アンケー

目 次 [1] 山口県不動産市況 DI 調査の概要 アンケート調査の概要 01 2.DI について 調査結果の概要 地価の動向と将来予測 取引件数の動向と将来予測 賃料水準の動向と推移 空室率の動向と推移 08 [2] アンケー

(2) 不動産取引の動向 不動産取引の動向DIを業態別にみると県全体では、仲介件数が-9.8 ポイント、戸建販売が-13.6 ポイント、マンションが販売-25.8 ポイントとなり、前回と比較していずれも改善となった。特に県東部の 仲介件数、戸建販売が大きく改善しており、県東部が高く、県中部及び県西部が低い結果となった。ま た県中部の仲介件数は悪化が目立っている。回答としては仲介件数、戸建販売及びマンション販売の 全てで依然として「横ばいである」が約半数を占めているが、前回と比較して「増加傾向にある」の回答 が増えてきている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

基準価額等の推移について 運用経過 ( 円 ) 22, 000 ( 億円 ) , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) ベンチマーク ( 左軸 ) 純

基準価額等の推移について 運用経過 ( 円 ) 22, 000 ( 億円 ) , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) ベンチマーク ( 左軸 ) 純

新興国債………JPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド(円ベース) ※指数について ●TOPIXは東証が算出・公表し、指数値、商標など一切の権利は株式会社東京証券取引所が所有しています。●MSCIコクサイ・イン デックスおよびMSCIエマージング・マーケット・インデックスは、MSCI Inc. が開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有 権その他一切の権利はMSCI Inc. に帰属します。またMSCI Inc. は、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有して います。●NOMURA-BPI国債は、野村證券株式会社が公表する国内で発行された公募利付国債の市場全体の動向を表す投資収益指数 で、一定の組み入れ基準に基づいて構成された国債ポートフォリオのパフォーマンスをもとに算出されます。NOMURA-BPI国債の知 的財産権とその他一切の権利は野村證券株式会社に帰属しています。また、同社は当該指数の正確性、完全性、有用性を保証するものではな く、ファンドの運用成果に関して一切責任を負いません。●シティ世界国債インデックスは、Citigroup Index LLC が開発したインデックス です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利は同社に帰属します。●JPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス-エ マージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイドは、信頼性が高いとみなす情報に基づき作成していますが、J. P. Morgan はその 完全性・正確性を保証するものではありません。本指数は許諾を受けて使用しています。J. P. Morgan からの書面による事前承認なしに本指 数を複製・使用・頒布することは認められていません。Copyright 2016, J. P. Morgan Chase & Co. All rights reserved.
さらに見せる

11 さらに読み込む

ダイワ ノーロード 運用経過 基準価額等の推移について ( 円 ) 18, 000 ( 百万円 ) , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) ベンチマーク

ダイワ ノーロード 運用経過 基準価額等の推移について ( 円 ) 18, 000 ( 百万円 ) , , , , 000 期首 ( ) 0 期末 ( ) 基準価額 ( 左軸 ) ベンチマーク

■ 新興国株式市況 新興国株式市況は、FRB(米国連邦準備制度理事会)の早期利上げ観測が後退したことや、エ ネルギー価格の資源価格の上昇が好材料となり、期首より上昇基調となりました。2017年 9 月か ら11月にかけては一時ボックス圏での推移となったものの、12月からは米国株式市場の上昇や中国 などの堅調な景気動向を受けて、大幅に上昇しました。しかし2018年 2 月に入ると、米国金利の上 昇を要因とした米国株式市場の急落を受けて新興国市場から資金が流出したため、下落に転じまし た。その後も、米国トランプ政権の貿易政策に対する懸念などにより、新興国株式市場は上値が重 い展開のまま期末を迎えました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 9,000 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 8 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 8, , , ,000 第 7 期末 * 当ファンドにはベンチマークはありません

基準価額等の推移 運用経過 ( 円 ) ( 億円 ) 9,000 純資産総額 ( 右目盛 ) 基準価額 ( 左目盛 ) 8 分配金再投資基準価額 ( 左目盛 ) 8, , , ,000 第 7 期末 * 当ファンドにはベンチマークはありません

NAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉が進められていますが、BOC(カナダ銀行:中央銀行)は経済指標の 推移を見守りつつも、交渉の方向性が明らかになるまで当面は政策金利を据え置くと考えられます。その後 は、商品市況や為替市場の動きにも左右されるものの、世界の経済指標が好調に推移し、インフレ率が予想 外に低下しなければさらなる利上げも想定されます。金融や不動産セクターなど金利感応度の高い銘柄への 投資に当たっては、政策金利の動向も注視していく方針です。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 8 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の状

目 次 しんきんアジアETF 株式ファンド 頁 最近 5 期の運用実績 1 当期中の基準価額と市況等の推移 1 第 8 期の運用経過等 2 1 万口当たりの費用明細 5 売買及び取引の状況 6 利害関係人との取引状況等 6 組入資産の明細 6 投資信託財産の構成 6 資産 負債 元本及び基準価額の状

◇分配金をお受け取りになる場合の分配金は、決算日から起算して5営業日目までにお支払いを開始しています。 ◇分配金のお取扱いについては、販売会社にお問い合せください。 (注1)分配金は、分配後の基準価額と各受益者の個別元本との差により、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金 (特別分配金)」 (受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)があります。分配後の基準価額が個別元本と同額または上回る場合 は全額が「普通分配金」となります。分配後の基準価額を下回る場合は、下回る部分に相当する金額が「元本払戻金(特別分配金) 」、 残りの部分が「普通分配金」となります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型) 基準価額の動向とBREXIT(英国のEU離脱)の影響について

LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型) 基準価額の動向とBREXIT(英国のEU離脱)の影響について

2 ●●年●月●日 Fund Letter ファンド・レター ●当資料は、説明用資料としてレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。●当資料は、当社が各種 データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。●当資料に記載された運用スタンス、目 標は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。●この書面およびここに記載された情報・商品に関す る権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で配布することはご 遠慮ください。※後述の「本資料をご覧いただく上でのご留意事項」をご確認ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

LM・アメリカ高配当株ファンド(毎月分配型) 基準価額の動向とBREXIT(英国のEU離脱)の影響について

LM・アメリカ高配当株ファンド(毎月分配型) 基準価額の動向とBREXIT(英国のEU離脱)の影響について

2 ●●年●月●日 Fund Letter ファンド・レター ●当資料は、説明用資料としてレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。●当資料は、当社が各種 データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。●当資料に記載された運用スタンス、目 標は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。●この書面およびここに記載された情報・商品に関す る権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で配布することはご 遠慮ください。※後述の「本資料をご覧いただく上でのご留意事項」をご確認ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2015 年 8 月 25 日 投資者の皆さまへ みずほ投信投資顧問株式会社 市況の影響に伴う当社ファンドの基準価額の変動について 8 月 24 日の海外株式市場の下落等を受け 当社下記ファンドの 8 月 25 日の基準価額に重大な影響がありましたので お知らせいたします 1. 当社ファンドの基準価

2015 年 8 月 25 日 投資者の皆さまへ みずほ投信投資顧問株式会社 市況の影響に伴う当社ファンドの基準価額の変動について 8 月 24 日の海外株式市場の下落等を受け 当社下記ファンドの 8 月 25 日の基準価額に重大な影響がありましたので お知らせいたします 1. 当社ファンドの基準価

対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただきます。円貨建て債券は、金利水 準の変動により価格が上下し、損失を生じるおそれがあります。外貨建て債券は、 金利水準の変動に加え、為替相場の変動により損失が生じるおそれがあります。 また、債券の発行者または元利金の支払いを保証する者の財務状況の変化、およ びそれらに関する外部評価の変化により、損失を生じるおそれがあります。  投資信託をお取引していただく際に、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託
さらに見せる

6 さらに読み込む

月報 l 基準日 : 2020 年 11 月 30 日 JPM ジャパンマイスター 追加型投信 / 国内 / 株式 基準価額 純資産総額等の推移 ( 円 ) ( 億円 ) 22,000 分配金再投資基準価額 ( 左軸 ) 基準価額 ( 左軸 ) TOPIX( 配当込み )( 左軸 ) 純資産総額 (

月報 l 基準日 : 2020 年 11 月 30 日 JPM ジャパンマイスター 追加型投信 / 国内 / 株式 基準価額 純資産総額等の推移 ( 円 ) ( 億円 ) 22,000 分配金再投資基準価額 ( 左軸 ) 基準価額 ( 左軸 ) TOPIX( 配当込み )( 左軸 ) 純資産総額 (

本資料をご覧いただく上での留意事項 本資料はJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下、「当社」という。)が作成したものです。当社は信頼性が高いとみなす情報に基づいて本資料を作成しており ますが、当該情報が正確であることを保証するものではなく、当社は、本資料に記載された情報を使用することによりお客さまが投資運用を行った結果被った損害を補償いたし ません。本資料に記載された意見・見通しは表記時点での当社および当社グループの判断を反映したものであり、将来の市場環境の変動や、当該意見・見通しの実現を保証する ものではございません。また、当該意見・見通しは将来予告なしに変更されることがあります。本資料は、当社が設定・運用する投資信託について説明するものであり、その他 の有価証券の勧誘を目的とするものではございません。また、当社が当該投資信託の販売会社として直接説明するために作成したものではありません。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...