各年度末の人口の見通し

Top PDF 各年度末の人口の見通し:

~ 目次 ~ 序章はじめに... 1 序 -1. 小川町まち ひと しごと創生総合戦略の位置づけ 1 序 -2. 計画期間 1 第 1 章小川町人口ビジョン 小川町の人口変動の状況及び今後の見通し 小川町の人口移動の動向 小川町の産業に関する動向 1

~ 目次 ~ 序章はじめに... 1 序 -1. 小川町まち ひと しごと創生総合戦略の位置づけ 1 序 -2. 計画期間 1 第 1 章小川町人口ビジョン 小川町の人口変動の状況及び今後の見通し 小川町の人口移動の動向 小川町の産業に関する動向 1

なお、パターン1推計を基に、出生率が今後徐々に上昇すると仮定(パターン3)した場合、 2040(H52)年に 21,363 人と、パターン1に比べ約 2,400 人上回る内容となります。 さらに、パターン3出生率上昇考え方に加え、人口移動が均衡すると仮定(パターン4) した場合、2040(H52)年に 26,077 人と、パターン1に比べ約 7,000 人上回る内容となります。 このように、パターンで将来人口は減少が続く見込みとなっていますが、パターン3やパタ ーン4に示すように、現状よりも、自然増加や社会増加を見込んだ場合、将来人口減少幅は抑 えられる見通しとなります。
さらに見せる

39 さらに読み込む

P10 第 2 章主要指標の見通し 第 2 章主要指標の見通し 1 人口 世帯 1 人口 世帯 (1) 人口 (1) 人口 平成 32 年 (2020 年 ) までの人口を 国勢調査 ( 平成 7 年 ~22 年 ) による男女各歳人口をもとにコーホー 平成 32 年 (2020 年 ) までの人口

P10 第 2 章主要指標の見通し 第 2 章主要指標の見通し 1 人口 世帯 1 人口 世帯 (1) 人口 (1) 人口 平成 32 年 (2020 年 ) までの人口を 国勢調査 ( 平成 7 年 ~22 年 ) による男女各歳人口をもとにコーホー 平成 32 年 (2020 年 ) までの人口

り、老年人口比は全体23.5%に達すると予想されます。 り、老年人口比は全体24.7%に達すると予想されます。         (注意)平成7、12、17、22年は国勢調査による現状値 P11 (3) 世帯数 (3) 世帯数  核家族進展や単身世帯増加に伴い、1世帯あたり人員は減少が進み、平成27年(2015年)に  核家族進展や単身世帯増加に伴い、1世帯あたり人員は減少が進み、平成27年(2015年)に 3.02人、平成32年(2020年)には2.82人になることが予想されます。世帯数見通しは、総人口と1世帯 3.02人、平成32年(2020年)には2.82人になることが予想されます。世帯数見通しは、総人口と1世帯 当たり人員見通しから平成27年で約9,700世帯、平成32年で約10,700世帯と予想されます。 当たり人員見通しから平成27年で約9,500世帯、平成32年で約10,600世帯と予想されます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Ⅱ 世界の農産物需給の将来予測 ( 参考資料 ) 参考 年における世界食料需給見通し ( ベースライン予測結果 ) の概要 1 世界人口及び GDP の見通し 世界の農産物単収の見通し 世界の食料需給見通し 地域別需給見通し 1 穀物合計 116 2

Ⅱ 世界の農産物需給の将来予測 ( 参考資料 ) 参考 年における世界食料需給見通し ( ベースライン予測結果 ) の概要 1 世界人口及び GDP の見通し 世界の農産物単収の見通し 世界の食料需給見通し 地域別需給見通し 1 穀物合計 116 2

Ⅱ 世界農産物需給将来予測(参考資料) 【参考 1】 ・ 2050 年における世界食料需給見通し(ベースライン予測結果)概要 1 世界人口及び GDP 見通し ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 113 2 世界農産物単収見通し ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・114 3 世界食料需給見通し ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・115 4 地域別需給見通し
さらに見せる

24 さらに読み込む

目次 1. 公共施設等の現況 将来の見通し及び課題 公共施設等の現況と課題 対象施設 対象施設の現況と課題 総人口及び年代別人口についての今後の見通し 人口 世帯数動向 将来の人口推移 財政の現状と課

目次 1. 公共施設等の現況 将来の見通し及び課題 公共施設等の現況と課題 対象施設 対象施設の現況と課題 総人口及び年代別人口についての今後の見通し 人口 世帯数動向 将来の人口推移 財政の現状と課

また、財政面では少子高齢化による扶助費など義務的経費が増大しています。今後においても 生産年齢人口減少に伴う税収不足が懸念されています。そのため、公共施設等あり方について その方針を検討する必要があります。 このような状況中、平成 26 年 4 月、総務省は全国約 1,700 ある地方公共団体に対し、「公共施 設等総合管理計画策定要請」を行いました。これにより地方公共団体は、公共施設・道路や橋り ょうなどのインフラ資産すべて「公共施設等」を対象として、10 年以上長期視点を持ち、 財政や人口見通しとLCC(ライフサイクルコスト) ※ 1 に配慮した総合管理計画を策定すること
さらに見せる

53 さらに読み込む

目次 第 1 章地方人口ビジョン 高鍋町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と宮崎県の総人口... 2 (1) 国の人口推計と長期的な見通し... 2 (

目次 第 1 章地方人口ビジョン 高鍋町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と宮崎県の総人口... 2 (1) 国の人口推計と長期的な見通し... 2 (

高鍋町現役期年齢層は転入超過傾向が続いていますが、その絶対数は小さく、今後、 転出超過に転じることも予想されます。それにより、年少人口(児童・生徒)が減少し、地域 核である学校存続が難しくなるなど、地域コミュニティ維持にも影響を及ぼすと考えられます。 このような課題を克服するために、若者が希望どおりに結婚し、安心して出産・子育てがで きる社会を実現する観点から、女性が住み続けたいと思うようなまちづくりや子育てに関し地 域全体で支援するなど子育てしやすいまちづくり、さらには、将来まち貴重な人財である 子どもが健やかに成長していけるまちづくりに取り組んでいく必要があります。
さらに見せる

47 さらに読み込む

図表 1 人口と高齢化率の推移と見通し ( 億人 ) 歳以上人口 推計 高齢化率 ( 右目盛 ) ~64 歳人口 ~14 歳人口 212 年推計 217 年推計

図表 1 人口と高齢化率の推移と見通し ( 億人 ) 歳以上人口 推計 高齢化率 ( 右目盛 ) ~64 歳人口 ~14 歳人口 212 年推計 217 年推計

一方、女性は、希望労働力率と実際労働力率差が大きい30歳代を中心とした子育て世代に対す る対策が急務である。育児と仕事両立については、「働き方改革実行計画」において待機児童解 消などについて言及されている。ただし、前述通り、女性労働力率を男性と同程度に引き上げな ければ、将来労働力率を現状並みとすることはできない。待機児童解消にとどまらず、非正規雇 用処遇改善や、残業を前提とした正社員働き方見直しを進めることなどにより、女性就業希 望者を増加させる視点が欠かせない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 第 1 章地方人口ビジョン 長南町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と千葉県の総人口... 2 (1) 我が国の人口推計と長期的な見通し... 2

目次 第 1 章地方人口ビジョン 長南町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と千葉県の総人口... 2 (1) 我が国の人口推計と長期的な見通し... 2

ある時点で 0 歳から 4 歳まで人口と出産年齢(15 歳から 49 歳)女性人口比率です。ここ で、対象集団が充分大きい(ex.3 万人以上自治体) 、対象集団と標準人口乳児生残率乖離が 充分小さいなど前提があれば、合計特殊出生率と間に一定換算比率を設定することができ るとされています。なお、社人研・日本創成会議による推計では、小規模市町村で合計特殊出 生率による将来推計に誤差が予想されることから、将来における子ども女性比を想定することに よって出生児数推計を行っています。この人口ビジョン骨格をなす推計もこれに従っており、 合計特殊出生率と子ども女性比換算比率を利用してシミュレーションを行っています。
さらに見せる

61 さらに読み込む

目次 第 1 章地方人口ビジョン みなべ町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と和歌山県の総人口... 2 (1) 国の人口推計と長期的な見通し... 2

目次 第 1 章地方人口ビジョン みなべ町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と和歌山県の総人口... 2 (1) 国の人口推計と長期的な見通し... 2

なっています。その他地区人口はおおよそ平均した分布となっています。 みなべ町地区区分 地区名 堺地区、埴田地区、片町地区、新町地区、北道地区、南道地区、芝地区、芝崎地区、 東吉田地区、気佐藤地区、新庄地区、千鹿浦地区、山内地区、東岩代地区、西岩代地区、 谷口地区、筋地区、徳蔵地区、熊岡地区、晩稲地区、東本庄地区、西本庄地区、滝地区、 熊瀬川地区、高野地区、土井地区、市井川地区、広野地区、島之瀬地区、東神野川地区、 木川地区、軽井川地区、大川地区、名之内地区
さらに見せる

55 さらに読み込む

目次 巻頭 1 巻頭 2 Ⅰ. 人口ビジョンについて... 1 (1) 策定の趣旨... 1 (2) 毛呂山町人口ビジョンの位置づけ... 1 (3) 対象期間... 1 (4) 国の 長期ビジョン... 2 (5) 国の人口推移と時代のトレンド... 3 Ⅱ. 毛呂山町の人口動向の現状と見通し..

目次 巻頭 1 巻頭 2 Ⅰ. 人口ビジョンについて... 1 (1) 策定の趣旨... 1 (2) 毛呂山町人口ビジョンの位置づけ... 1 (3) 対象期間... 1 (4) 国の 長期ビジョン... 2 (5) 国の人口推移と時代のトレンド... 3 Ⅱ. 毛呂山町の人口動向の現状と見通し..

1 Ⅰ.人口ビジョンについて (1)策定趣旨 ○我が国では、2008 年1億 2,808 万人をピークに人口減少局面に入っており、今後も 年少人口減少と老年人口増加を伴いながら、2050 年に 9,700 万人程度、2100 年 には 5,000 万人未満まで減少するという推計が出されています。また、地域間経済格差 等が、若い世代地方から東京圏へ流出、ひいては東京圏一極集中を招いています。 ○こうした背景を踏まえ、「まち・ひと・しごと創生法」と「地域再生法一部を改正する
さらに見せる

36 さらに読み込む

資料4 4人口の見通し 豊島区基本構想審議会 開催実績|豊島区公式ホームページ

資料4 4人口の見通し 豊島区基本構想審議会 開催実績|豊島区公式ホームページ

ます。一方で、子育て、教育や福祉、健康などお住まいになっている方を対象として提 供するサービスがあります。 そのため、 お住まいになっている方々総数や年齢構成は、 行政サービスあり方に 大きな影響を与えることになります。また、自治体主要な財源である税は、住所地を 基準に課税されるため、将来収入を想定する上にも重要な要素となります。

21 さらに読み込む

2 5 つの基本戦略 1 戦略の視点 のもと 5 つの基本戦略を実行することにより 国立社会保障 人口問題研究所の 2040 年時点の人口見通し約 63 万人の実現を目指すとともに 出生率 2.07 人と社会減ゼロを条件とする見通し ( 国の長期ビジョンによる ) 約 68 万人に近づくよう努める

2 5 つの基本戦略 1 戦略の視点 のもと 5 つの基本戦略を実行することにより 国立社会保障 人口問題研究所の 2040 年時点の人口見通し約 63 万人の実現を目指すとともに 出生率 2.07 人と社会減ゼロを条件とする見通し ( 国の長期ビジョンによる ) 約 68 万人に近づくよう努める

福井産業支援センターサテライトオフィスを嶺南に設置し、経営相談 や創業サポートなど、県下全域中小企業ビジネス環境を充実する。 (2)農林水産業や伝統産業新展開 農林漁業や伝統工芸人材を育成し、異業種連携による商品開発につな げる。また、人手不足介護や建設業など業種に対し、生活費、住居費 など総合的な支援を行う園芸カレッジ等制度を拡大し、人材確保を図る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

本日の主な内容 1.. 総論 主要国の GDP 成長率 人口伸び率 主要国の経済規模 2.. 日本経済の見通し 人口動態と労働力人口 潜在成長率と実質 GDP 成長率 GDP ギャップと物価上昇率 日本経済再生への処方箋 1

本日の主な内容 1.. 総論 主要国の GDP 成長率 人口伸び率 主要国の経済規模 2.. 日本経済の見通し 人口動態と労働力人口 潜在成長率と実質 GDP 成長率 GDP ギャップと物価上昇率 日本経済再生への処方箋 1

・ 参入規制緩和は、新規産業創出、起業活発化に加え、海外資本呼び込みも 事業活動しやすさ国際順位 (上位5か国とOECD上位国) 注:事業活動しやすさ国際順位で、上位5ヶ国と、OECD加盟国上位(日本以上)国を示した。 資料:世界銀行「Doing Business 2013」より三菱総合研究所作成

23 さらに読み込む

目 Ⅰ 国際的な食料需給に影響を与える構造的要因と世界の食料需給見通し 1 食料需給に影響を与える構造的な要因 4 2 穀物等の国際価格の動向と見通し 5 3-1(25 年の見通し ) 開発途上国を中心に人口が増加するとともに経済が 発展 6-2(25 年の見通し ) 新興国の経済成長は継続 中国の

目 Ⅰ 国際的な食料需給に影響を与える構造的要因と世界の食料需給見通し 1 食料需給に影響を与える構造的な要因 4 2 穀物等の国際価格の動向と見通し 5 3-1(25 年の見通し ) 開発途上国を中心に人口が増加するとともに経済が 発展 6-2(25 年の見通し ) 新興国の経済成長は継続 中国の

<影響が見られる地域> エルニーニョ年に収量へ影響が見られた地域は、通常年と比較して収量が高い地域又は低い地域とも広範な地域にわたる。一方、ラ ニーニャ年に収量へ影響が見られる地域はエルニーニョ年よりも限定的。 資料:(独)農業環境技術研究所及び(独)海洋研究開発機構による「エルニーニョ/ラニーニャと世界主要穀物生産変動と関係」(平成26年5月15日) 「エルニーニョ年」、「ラニーニャ年」及び「通常年」世界平均収 量平年収量に対する差頻度分布
さらに見せる

46 さらに読み込む

目 次 第 1 章地方人口ビジョン 倶知安町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と北海道の総人口... 2 (1) わが国の人口推計と長期的な見通し...

目 次 第 1 章地方人口ビジョン 倶知安町人口ビジョンについて... 1 (1) 人口ビジョン策定の目的... 1 (2) 対象期間と推計ベース... 1 (3) 将来人口の推計について 全国と北海道の総人口... 2 (1) わが国の人口推計と長期的な見通し...

(3)倶知安町産業特徴 倶知安町雇用力と稼ぐ力をみるために、総務省が平成 27(2015)年 5 月に作成した「地 域産業・雇用創造チャート(平成 24(2012)年経済センサス活動調査)」 ※ を参照します。 ※ 地域産業・雇用創造チャート:縦軸に A 産業雇用者割合をおいて雇用力をみる。横軸に、<地域における A 産業 従事者比率を全国 A 産業従事者比率で割った値=地域における産業 A 特化係数>を修正した修正特化係 数対数変換値をおき、その産業稼ぐ力とみなすもの。上にいくほど雇用力が高く、右にいくほど稼ぐ力があると みなす。右上位置にある産業がその自治体で基盤産業になる目途をつけられるもの。
さらに見せる

50 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2013~2025年度)

日本経済の中期見通し(2013~2025年度)

2014 年度は消費税率引き上げ影響により実質個人消費は一時的に減少する可能性があ る(図表 50、51)。しかし、緩やかながらも賃金が持ち直してくることを受けて、個人消 費は増加傾向が続くと見込まれる。ただし、人口減少が一段と進行する上、高齢化によっ て勤労者世帯と比べて消費水準が低い非勤労者世帯が増えることで、個人消費全体伸び は抑制されることになる。2020 年度までは、消費税増税前後で個人消費は駆け込み需要 と反動減が発生し、振れを伴う推移が続くだろう。ただし、消費税率引上げが比較的短 期間に段階的に行われることに加え、エコカー補助金制度やエコポイント制度など各種 政策によって耐久財需要はかなり先食いされたと考えられる。このため、1989 年消費 税導入時や 1997 年税率引上げ時に比べれば、増減幅は小さなものにとどまるだろう。 2020 年度以降になると、消費税増税が一巡することや雇用者報酬増加ペースが高まって くることにより、人口減少が進む中にあっても、民間最終消費支出は実質および名目とも 過去最高を更新していくだろう。
さらに見せる

76 さらに読み込む

住宅着工戸数の見通し(2017・18年度)

住宅着工戸数の見通し(2017・18年度)

○着工は賃貸牽引、税制がもたらす賃貸住宅過剰建築は長期的なリスク要因 2017 年度住宅着工戸数を 97.5 万戸とほぼ横ばいと予測する。「貸家」は引き続き増加を予測するが、 「持家」伸び悩みが続くほか、在庫積みあがったマンション市場が重石となり、「分譲」は減少すると みる。2018 年度は、同様トレンドが続くとみているが、年度後半には 2019 年4月消費税率 10%へ引 き上げを控えた駆け込み需要顕在化が予想される。着工戸数は 101.4 万戸に増加すると予測する。 短期的には賃貸住宅増加が続いていくとみるが、これは長期的な観点からは不安材料でもある。相続税 ニーズに裏打ちされた実需ない賃貸投資が積み上がれば、将来的には空室率上昇・賃料下落によって採算 合わない事例が増えてくるだろう。特に、人口流出続く地方部においては、大きな規模で問題化する可 能性がある。さらに、財政構造硬直化が進む中で、相続税をはじめとする資産課税は強化される方向にあ る。こうした中で、不動産取得やその賃貸化によって大きな節税メリットを得られる現行税制が生む歪みは 大きくなっていく可能性が高い。税制見直し余地は大きいだろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

雇用情勢はリーマン・ショック後 2009 年頃をボトムに、足元まで回復基調が続いている。 この間、国内景気は景気後退を経験したものの、有効求人倍率は上昇基調を維持し、完全失 業率も低下傾向で推移するなど、労働需給タイト感は維持されたままである。 もっとも、こうした雇用情勢改善とは裏腹に、わが国就業者数は 1997 年度をピークに 減少傾向にある(図表 43)。足元でやや盛り返してはいるものの、少子高齢化進展を背景に 労働力人口(15 歳以上人口うち働く意思ある人)が減少傾向にあるため、今後も就業者 数減少傾向は続くと見込まれる。2014 年度に 6300 万人程度と見込まれる就業者数は、予測 最終年度である 2025 年度には 6100 万人程度にまで減少しよう。なお、内訳を見ると、就業 者うち高齢従事者が多い自営業者は減少が加速する一方、女性や高齢者労働参加が進 むことで、2025 年度雇用者数は 2014 年度からほぼ横ばいにとどまる見込みである(図表 44)。しかし、企業人件費抑制姿勢は根強く、女性や高齢者労働参加が増えるということ もあって、今後もパートタイム労働者といった非正規雇用者比率はますます高まっていこ う。
さらに見せる

75 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2016~2030年度)

日本経済の中期見通し(2016~2030年度)

くと見込まれ、その他にも人口減少による国内消費落ち込みをカバーするものとしてインバウンド需要へ期 待が高まろう。 なお、需要拡大が見込まれるこれら非製造業は、同時に製造業生産を促すことにつながる。具体的には、 医療・介護・福祉で需要が伸びれば、それに必要な最先端医療機器、介護ロボット、新たな医薬品開発な どの生産が、環境・エネルギー分野需要が伸びれば、省力化や再生可能エネルギー生産に必要な発電機器、 送電設備、管理システムなど生産が、観光需要が伸びればインフラ投資が増加すると期待されるが、それら を生み出す産業は製造業である。これら非製造業が期待通り伸びた場合には、それに伴って製造業生産も活 発化していると予想される。ただし、これら産業で必要な機械、道具、備品など多くを輸入に頼ってしまう と、たとえ需要が拡大してもGDP押し上げ効果は小幅にとどまることになる。このため、製造業では外需に 頼るだけではなく、国内成長産業拡大とともに新たに生み出される国内需要を取り漏らすことがないよう、 研究、開発を進めていく必要がある。
さらに見せる

74 さらに読み込む

中・長期財政収支の見通し(平成28年度)

中・長期財政収支の見通し(平成28年度)

○普通会計決算ベースで作成とします。 ○歳入歳出とも、基本的には平成28年10月時点現行税財政制度下で推計しました。 ○消費税率は、歳入歳出とも8%で推計しました。 ○基本的には、歳入歳出とも過去決算額推移と、人口やGDP推移(実質経済成長率)と 相関関係を基に、将来人口やGDP推移(1.2%増)を踏まえ推計しました。

5 さらに読み込む

平成29年度委託等特定随意契約の発注見通し

平成29年度委託等特定随意契約の発注見通し

福祉総務課 29 立川市福祉会館 植木剪定業務委託 年1回、各館低木剪定作業を行う。 H29.11.1 ・1者随意契約 ・地方自治法施行令第167条2第1項第3号 規定によるシルバー人材センターであること。

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...