冷凍空調機器に関する冷媒漏えい

Top PDF 冷凍空調機器に関する冷媒漏えい:

1. 微燃性冷媒関連の JRAIA 規格 ガイドライン 番号 規格番号 (JRA **) 名称 1 GL-20 特性不活性ガスを使用した冷媒設備の冷媒ガスが漏えいしたときの燃焼を防止するための適切な措置 冷凍空調機器に関する冷媒漏えい検知警報器の要求事項 微燃性 (A

1. 微燃性冷媒関連の JRAIA 規格 ガイドライン 番号 規格番号 (JRA **) 名称 1 GL-20 特性不活性ガスを使用した冷媒設備の冷媒ガスが漏えいしたときの燃焼を防止するための適切な措置 冷凍空調機器に関する冷媒漏えい検知警報器の要求事項 微燃性 (A

4.設備用エアコン規格・GL(室内機床置型) © 2017 JRAIA The Japan Refrigeration and Air Conditioning Industry Association. All Rights Reserved. ● 冷媒漏えい空間内において冷媒漏えいして 警報装置が発報 した場合の対応手段 を,関係者及び施工業者の双方が視認で きる場所に, 現地で表示 するための内容を空調機付属資料に 明記しなければならない.

23 さらに読み込む

業務用のエアコンや冷凍 冷蔵庫を使用されている皆様へ 平成 27 年 4 月よりフロン排出抑制法が施行され 新たにフロン類使用機器の管理方法に関する基準の遵守が必要となります 高い温室効果を持つフロン類 (HFC 等 ) の排出量が冷凍空調機器の冷媒用途を中心に 今後増加していくと見込まれていること

業務用のエアコンや冷凍 冷蔵庫を使用されている皆様へ 平成 27 年 4 月よりフロン排出抑制法が施行され 新たにフロン類使用機器の管理方法に関する基準の遵守が必要となります 高い温室効果を持つフロン類 (HFC 等 ) の排出量が冷凍空調機器の冷媒用途を中心に 今後増加していくと見込まれていること

業務用のエアコンや冷凍・冷蔵庫を使用されている皆様へ 平成 27 年 4 月よりフロン排出抑制法が施行され、 新たにフロン類使用機器の管理方法に関する基準の遵守が必要となります。 高い温室効果を持つフロン類(HFC 等)の排出量が冷 凍空調機器冷媒用途を中心に、今後増加していくと見 込まれていることを背景に、フロン類の使用製品の利用 時の漏えい管理等も法律の対象とするよう、平成 25 年 6 月にフロン回収・破壊法が改正されました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

もくじ 1. 我が国のフロン類対策 排出の現状 と国際的な動き 2. 改正フロン法の概要 ( フロン類製造業者 冷凍空調機器等 製造業者関係 ) 1

もくじ 1. 我が国のフロン類対策 排出の現状 と国際的な動き 2. 改正フロン法の概要 ( フロン類製造業者 冷凍空調機器等 製造業者関係 ) 1

 平成19年に施行された現在のFガス規制で は、指定されたHFC等の冷媒の漏れ、排出防 止を中心とした規制。  平成24年11月、HFC製造のフェーズダウン、 高GWP冷媒の禁止等を含む改定案を公表。 平成25年12月にEU委員会、議会、理事会の 三者間での合意形成がなされ、平成27年1月 に施行予定。

26 さらに読み込む

冷凍空調機器の中期需要予測報告書 平成 30 年 2 月 統計調査委員会

冷凍空調機器の中期需要予測報告書 平成 30 年 2 月 統計調査委員会

る当会各社にアンケート調査を実施し、各社より回答のあった数値を採用したものである ※2 。なお、アンケート 調査においては、各品目の需要動向に関する意見調査を併用しており、そこで得られた定性情報の一部を本 報告書内(「Ⅵ. 冷凍空調機器の国内出荷数予測(対象品目別)」)に記載している。 2018-2019 年度の国内出荷数の予測においては、過去実績値(会計年度)、および 2017 年度見込値を

27 さらに読み込む

( 社 ) 日本冷凍空調設備工業連合会 ( 以下日設連と略 ) では, 不活性フルオロカーボンを冷媒とする業務用冷凍空調機器の使用時漏えいを削減するため, 以下の規程並びにガイドラインを制定した ( 制定日時 : 平成 22 年 10 月 1 日 ) (1) 業務用冷凍空調機器フルオロカーボン漏えい

( 社 ) 日本冷凍空調設備工業連合会 ( 以下日設連と略 ) では, 不活性フルオロカーボンを冷媒とする業務用冷凍空調機器の使用時漏えいを削減するため, 以下の規程並びにガイドラインを制定した ( 制定日時 : 平成 22 年 10 月 1 日 ) (1) 業務用冷凍空調機器フルオロカーボン漏えい

(2)「業務用冷凍空調機器フルオロカーボン漏えい点検・修理ガイドライン JRC GL-01」 業務用冷凍空調機器冷媒一系統当たりの充てん量の CO2換算値が6トンを超える機器)の 使用時漏えい点検,並びに修理時の要求事項を定めたものであって,点検・修理業務に関わ る事業者の作業の基本となる指針を示す。

12 さらに読み込む

目 次 Ⅰ. 現状認識と対策の考え方 1. 現状認識 2. 対策の考え方 Ⅱ. 具体的な対策の方向性 1. フロン類使用製品のノンフロン 低 GWP 化促進 ( 機器 製品メーカーによる転換 ) 2. フロン類の実質的フェーズダウン ( ガスメーカーによる取組 ) 3. 業務用冷凍空調機器使用時にお

目 次 Ⅰ. 現状認識と対策の考え方 1. 現状認識 2. 対策の考え方 Ⅱ. 具体的な対策の方向性 1. フロン類使用製品のノンフロン 低 GWP 化促進 ( 機器 製品メーカーによる転換 ) 2. フロン類の実質的フェーズダウン ( ガスメーカーによる取組 ) 3. 業務用冷凍空調機器使用時にお

16 5.建築物の解体工事における指導・取組の強化 (1)対策の背景 フロン類の回収の推進や大気中への排出の抑制のためには、フロン回収・破壊法に基 づいて適正に処理されるフロン類の管理に加え、現在適正に処理されていないフロン類の 流れを捕捉し、適正に処理されるようにすることが重要である。しかしながら、業務用冷 凍空調機器の所有者のうち 3/4 程度しか当該装置にフロン類が使用されていることを認 識しておらず、また、所有者全体の 6 割程度しかフロン回収・破壊法の存在を承知してい ない現状にあるほか、解体業者や引渡受託者等のフロン類の回収に間接的に関与する者の
さらに見せる

23 さらに読み込む

発売の狙い 2010 年の改正省エネルギー法施行に伴う省エネ措置報告義務の対象範囲拡大により 建物のエネルギー消費量のうち大きな割合を占める空調機器や低温機器の省エネ 運用管理がますます重要になり 空調冷熱設備全体の集中管理 エネルギー消費量の見える化に対する需要が拡大しています この空調冷熱設備全

発売の狙い 2010 年の改正省エネルギー法施行に伴う省エネ措置報告義務の対象範囲拡大により 建物のエネルギー消費量のうち大きな割合を占める空調機器や低温機器の省エネ 運用管理がますます重要になり 空調冷熱設備全体の集中管理 エネルギー消費量の見える化に対する需要が拡大しています この空調冷熱設備全

3.給湯・低温機器の操作・監視も対応<2014 年 12 月以降対応予定> 業務用エコキュートや、従来個別に管理していた低温機器などの空調冷熱設備を「AE-200J」1 台でまとめて管理 ※ 2 でき、設備全体での操作・監視の運用性の向上を実現します。例えば、電 子メール機能を使って、空調冷熱設備の故障発生時には、あらかじめ指定したメールアドレス に故障内容を知らせます。迅速な故障復旧が必要な冷凍冷蔵庫・物流センター・プロセスセン ターなどの対物冷却にも活用できます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

冷凍機設置に関する手続の手引 平成 25 年 4 月埼玉県 - 1 -

冷凍機設置に関する手続の手引 平成 25 年 4 月埼玉県 - 1 -

放水装置、水噴霧装置、散水装置及び粉末消火器、不活性ガス消火器 並びにスチーム又は不活性ガスを使用する消防火設備等を設置してくだ さい。また近くの施設の消火器を共用とすることも可能です。 数量、種類、組合せ及び配置は防護対象設備、施設の規模、冷媒ガス の種類及び周辺の状況その他を考慮して決定してください。

17 さらに読み込む

熱源インバータ制御を用いた空調システムの最適運用に関する研究 [ PDF

熱源インバータ制御を用いた空調システムの最適運用に関する研究 [ PDF

本研究では熱源インバータ制御が冷房運転時には 高効率な部分負荷運転を実現できることを明らかに した。さらに、熱源インバータ制御や 1 次ポンプイ ンバータ制御などの手法が年間を通してどの程度の 省エネ効果を有するのか計算により求めた。今後は、 暖房運転時になぜ効果が現れないのか、熱源機器に よる熱源インバータ制御効果の違い等に取り組んで いく必要がある。

4 さらに読み込む

目次 資料 1 フロン排出抑制法の概要... 1 資料 2 フロン類漏えい量の算定 報告方法について 資料 3 フロン類漏えい防止対策と省エネ対策のポイント 資料 4 管理者の冷媒フロン類排出抑制の取組み状況 参考資料 1 報告書作成支援ツール (v2.2) につ

目次 資料 1 フロン排出抑制法の概要... 1 資料 2 フロン類漏えい量の算定 報告方法について 資料 3 フロン類漏えい防止対策と省エネ対策のポイント 資料 4 管理者の冷媒フロン類排出抑制の取組み状況 参考資料 1 報告書作成支援ツール (v2.2) につ

ISO14001活動を行う中で、「環境側面」として「フロン排出抑制法」対応でRaMSを利用すること で、効率的に管理することができ、サーベイランスの審査時のエビデンスとなる。 自社で所有している業務用冷凍空調機器の「フロン排出抑制法」遵守のためのエビデンスとし て、①管理リストが必要 ②点検・整備記録簿(ログブック)の作成と記録・保管が必要 ③簡易 点検(3ヶ月に1回以上)と定期点検(圧縮機電動機出力が7.5kW以上の機器が該当)の実施エ ビデンスが必要 ④冷媒フロン類算定漏えい量報告の有無の計算根拠が必要 ⑤上記④のエ ビデンスとして充塡証明書と回収証明書が必要 ⑥機器廃棄時の行程管理票の保存が必要 ⑦機器廃棄時・機器整備時の冷媒の破壊証明書・再生証明書の記録・保管が必要 とされる。
さらに見せる

140 さらに読み込む

別紙 十分な知見を有する者について 1. 定期点検について専門点検 ( 簡易点検により 漏えい又は故障等を確認した場合に 可能な限り速やかに実施することとされている ) 及び定期点検については フロン類の性状及び取扱いの方法並びにエアコンディショナー 冷蔵機器及び冷凍機器の構造並びに運転方法について

別紙 十分な知見を有する者について 1. 定期点検について専門点検 ( 簡易点検により 漏えい又は故障等を確認した場合に 可能な限り速やかに実施することとされている ) 及び定期点検については フロン類の性状及び取扱いの方法並びにエアコンディショナー 冷蔵機器及び冷凍機器の構造並びに運転方法について

④応急的な充塡 四 人の健康を損なう事態又は事業への著しい損害が生じな いよう、環境衛生上必要な空気環境の調整、被冷却物の衛生 管理又は事業の継続のために修理を行わずに応急的にフロ ン類の充塡を行うことが必要であり、かつ、漏えいを確認し た日から六十日以内に当該漏えい箇所の修理を行うことが 確実なときは、前号の規定にかかわらず、同号イ及びロに規 定する事項の確認前に、一回に限り充塡を行うことができ る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

P [MPa] 研究タイトル : 冷凍空調システムの性能評価 氏名 : 屋良朝康 /YARA Tomoyasu 職名 : 技術長学位 : 博士 ( 工学 ) 所属学会 協会 : キーワード : 技術相談 提供可能技術 : 日本機械学会

P [MPa] 研究タイトル : 冷凍空調システムの性能評価 氏名 : 屋良朝康 /YARA Tomoyasu 職名 : 技術長学位 : 博士 ( 工学 ) 所属学会 協会 : キーワード : 技術相談 提供可能技術 : 日本機械学会

e-AT 機器の開発と試作/製作会の実施 氏名: 佐竹卓彦 / SATAKE Takahiko E-mail: satake@okinawa-ct.ac.jp 職名: 技術専門職員 学位: 学士(工学) 所属学会・協会: 電子情報通信学会 日本教育工学会 日本リハビリテーション工学協会

9 さらに読み込む

ライフサイクル評価に基づく空調システム装置容量の安全率に関する研究 [ PDF

ライフサイクル評価に基づく空調システム装置容量の安全率に関する研究 [ PDF

49-2 3. 空調システムシミュレーションプログラム構築 機器モデル、制御モデル、室熱収支モデルを組み合わ せて空調システムシミュレーションプログラムを構築した。 シミュレーションの概要を図 3 に示す。入力の機器装置容 量以外は実測値などを参考にし、出来る限り実態に近い 値を使用している。入力条件を表 2(シミュレーション)に示 す。ここで、室内負荷の算定は、HASP/ACLD/8501 4 ) を改 良して計算時間間隔を 1 時間から 1 分間に変更した非定 常熱負荷計算プログラムを用いて求めた。空調運転時間 は予冷予熱 1 時間を含め、平日 6:00~24:00、休日 6:00 ~ 20:00 と し た 。 室 内 負 荷 計 算 結 果 の 最 大 値 を 表 3 (HASP)に示す。
さらに見せる

4 さらに読み込む

393 原著論文 日本冷凍空調学会論文集 Trans. of the JSRAE Vol.34, No.4 (2017), pp , 原稿受付 :2017 年 9 月 21 日 コンパクト熱交換器に関する性能評価 - 第 1 報 : 流動性能と凝縮性能 - * 王凱建 * 高橋俊彦 *

393 原著論文 日本冷凍空調学会論文集 Trans. of the JSRAE Vol.34, No.4 (2017), pp , 原稿受付 :2017 年 9 月 21 日 コンパクト熱交換器に関する性能評価 - 第 1 報 : 流動性能と凝縮性能 - * 王凱建 * 高橋俊彦 *

推測した形状損失の占める割合が支配的であり,チャンネルの形状を工夫することにより 0.65m/s の流 速条件においてその出入口間の圧力損失を従来熱交換器より大幅に減少させることが十分に可能であ る.冷媒 R 410A を使用して熱交換能力を 3.5kW 一定とした実験条件において最大出湯温度 75°C が得ら れた.このときの単位体積あたりの熱交換量はプレート式熱交換器の 3.3W/cm 3 に対して 69.4W/cm 3 に達

12 さらに読み込む

目次 ~2017 年度夏版 L2Tech 認証製品一覧 Ver.1.01 産業 業務 ( 業種共通 ) 設備 機器等リンク設備 機器等リンク 空調機 ( ヒートポンプ 個別方式 ) ガスヒートポンプ 産業 洗浄乾燥機 遠心脱水型コンテナ ( 容器 ) 洗浄乾燥機 ( 業種固有 ) 空調機 ( ヒート

目次 ~2017 年度夏版 L2Tech 認証製品一覧 Ver.1.01 産業 業務 ( 業種共通 ) 設備 機器等リンク設備 機器等リンク 空調機 ( ヒートポンプ 個別方式 ) ガスヒートポンプ 産業 洗浄乾燥機 遠心脱水型コンテナ ( 容器 ) 洗浄乾燥機 ( 業種固有 ) 空調機 ( ヒート

ナチュラルチラーは、ガスや油を燃料とし、水を冷媒とする クリーンな冷暖房用機器で、1968年に当社が世界に先駆 けて商品化したものです。以来、当社はナチュラルチラーの リーディングカンパニーとして各種の技術開発を進め、今日 ではホテルや事務所、商業ビル、学校、病院、地域冷暖房、 工場など国内外で幅広く使用されています。 また、東日本 大震災以降、電力需給の逼迫に伴い、電気式に比べ大幅に省 電力が図れるナチュラルチラーがあらためて見直されていま す。 「Efficio」は、前身となる「Sigma Ace (シグマエース)」の優れた性能をさら に進化させ、 二重 効用で世界最高の定格COPや高い期間効率を達成するとと もに、システムの効率化を実現しました。 「Effici o」の特長は、以下の通りです。 ①二重効用で定格COP No.1 ②期間効率 No.1 ③システム効率 No.1 ④ 軽量・コンパクト化 ⑤操作性・視認性の向上 また、「Ef ficio」では、使用環境など顧客の幅広いニーズに対応 するため、281kW から3,516kW(80RTから 1,000RT)の18機種(計72機種)をシリーズ化 しています。
さらに見せる

94 さらに読み込む

Microsoft Word - JSRAE冷媒提言書_ _

Microsoft Word - JSRAE冷媒提言書_ _

しかし、ヒートポンプの効用を享受するためには、ヒートポンプに充填されているフルオロカーボン 系冷媒の排出による地球温暖化の抑制に取り組まなくてはならない。我が国のヒートポンプ設備、機 器(冷凍空調設備、機器)の国内年間市場規模は約 1.9 兆円、2020 年度推定市場規模は 2~4 兆円、 より大きな想定の市場ポテンシャルでは 5~8 兆円になると推定され、高い生産誘発係数を併せると 鉄鋼産業や自動車産業と匹敵する規模である。 また、世界市場においても地球温暖化抑制の要求 および新興国の経済成長に伴う熱の需要が共に増加し、現在の年間市場 13 兆円が 2020 年には 20 ~30 兆円規模になるものと推定される。技術面で世界を大きくリードする我が国のヒートポンプの需 要がますます拡大すると考えられる中、設置されたヒートポンプから地球温暖化係数(GWP)の高 い冷媒が排出され、その排出量が増加することでヒートポンプ導入メリット(CO 2 排出の削減効果)が 損なわれる問題点も危惧される。
さらに見せる

59 さらに読み込む

空調システム設計時に見込む余裕率に関する研究 [ PDF

空調システム設計時に見込む余裕率に関する研究 [ PDF

4.2 シミュレーション結果 ここでは運転 1 年目の空調システムに関して比較を行 う。各余裕率の空調システムでシミュレーションを行っ たところ、余裕率 0.2 以下のシステムでは熱源機の冷凍能 力不足により熱源出口冷温水温度設定値を満たすことが できなくなり、余裕率 0.4 以下のシステムでは空調機の送 風量が不足し室温設定値を満たすことができなくなった。 そのため熱源機は余裕率 0.3 以上、搬送系は余裕率 0.5 以 上のシステムでエネルギー消費量の比較を行った。
さらに見せる

4 さらに読み込む

航空機に搭載される空調システムに関する技術動向

航空機に搭載される空調システムに関する技術動向

このために、一般的に航空機用空調システムにおいては、他分野の空調装置ではあまり 用いられていない、空気自身を冷媒とした「エアサイクル方式」が採用されている。旅客 機などのほとんどの航空機では、地上においては APU、飛行時にはエンジンのコンプレッ サで圧縮された空気の一部を抽出し、これをエアサイクル空調システム(以下「ACS」と呼 ぶ)と呼ばれる空調装置で空気の温度と流量を調節し機内に供給すると同時に、与圧装置 で機外へ排出する空気流量を調節して機内圧力制御を行っている。このように、エンジン からの圧縮空気を活用することで、非常にシンプルで小型軽量な「与圧」機能を有する空 調システムが実現される。エンジンから抽出される圧縮空気を「抽気」または「ブリード エア」と呼んでいる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

大学キャンパスの空調エネルギー供給計画に関する研究 [ PDF

大学キャンパスの空調エネルギー供給計画に関する研究 [ PDF

34-2 3.2.計算方法 シミュレーションで用いた建物熱負荷モデルは、 HASP/ACLD/8501 3) より算出される蓄熱応答係数と仮想冷 房負荷等を計算入力として、室の熱収支により室内温湿度 を求めるものである。空調システムを構成するサブシステ ムモデルを別途作成し、モデル間で熱的な情報を受け渡す ことにより、建物と空調システムを含んだトータルなエネ ルギーシミュレーションを行っている。計算時間間隔は 10 分で、発熱による機器の温度上昇や配管での熱損失は 考慮していない。また外気導入量はゾーンの人員密度最大
さらに見せる

4 さらに読み込む

空調・冷凍製品における温室効果ガス排出削減の取組みについて,三菱重工技報 Vol.55 No.1(2018)

空調・冷凍製品における温室効果ガス排出削減の取組みについて,三菱重工技報 Vol.55 No.1(2018)

放出を最小限とする維持管理をし,CO 2 排出量の削減に取り組んできた。さらに根本的なニーズ に応えるため,国内メーカとして初めて,全容量領域のターボ冷凍機に低 GWP 冷媒を採用した シリーズをラインアップした (4) 。これらシリーズはフロン排出抑制法の規制対象外である。 ターボ冷凍機に適用する低 GWP 冷媒には,次の項目を満たすものを選定した。①環境性(オ ゾン層を破壊する物質でないこと,GWP100 以下)。②物性(従来冷媒の R134a と比べて,同等の 冷凍サイクル効率を有し,機器設計圧力が著しく高くならないこと)。③入手性(ターボ冷凍機の 冷媒以外の用途があり,生産量が見込まれていること)。④安全性(高圧ガス保安法に従い不燃 と同等の取扱いが可能であってかつ低毒性であること)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...