トップPDF sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

・ ・ ・CPU CPU CPU CPU集積度は、 集積度は、 集積度は、18 集積度は、 18 18 18か月で か月で2 か月で か月で 2 2倍に増加(過去 2 倍に増加(過去 倍に増加(過去 倍に増加(過去40 40 40 40年継続) 年継続) 年継続) 年継続) Gilder Gilder Gilder Gilder法則 法則 法則 法則 ・ネットワーク高速化 ・ネットワーク高速化 ・ネットワーク高速化 ・ネットワーク高速化 は、
さらに見せる

24 さらに読み込む

sot05 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot05 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

・プログラム言語 = = = は、右辺計算結果を左辺変数に代入する = は、右辺計算結果を左辺変数に代入する は、右辺計算結果を左辺変数に代入する は、右辺計算結果を左辺変数に代入する (箱に入れる)ことを示す。 (箱に入れる)ことを示す。 (箱に入れる)ことを示す。 (箱に入れる)ことを示す。

19 さらに読み込む

sot04 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot04 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

てた – 現在は2008年以下SQL規格が国際標準となっている • ISO/IEC 9075:2008、『Database Language SQL』、Part 1「SQL/Framework」、Part 2「SQL/Foundation」、Part 3「SQL/CLI」、Part 4「SQL/PSM」、Part 9「SQL/MED」、 Part 10「SQL/OLB」、Part 11「SQL/Schemata」、Part 13「SQL/JRT」、ISO/IEC 9075-14:2008、『Database Language SQL』、Part 14「SQL/XML」

24 さらに読み込む

sot07 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot07 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• 多くプログラム言語は、特にオブジェクト指向プログラム言語には、 これらデータ構造が言語構成要素として準備されている • この講義では、Pythonに準備されたデータ構造やアルゴリズムで実 ・非常に大量にあるデータから、特定 データを取り出すこと

23 さらに読み込む

sot08 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot08 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– PR(プログラムレジスタ : Program Register) • 次に実行すべき命令語先頭アドレスを保持している。 – FR(フラグレジスタ : Flag Register) • OF(Overflow Flag)、SF(Sign Flag)、ZF(Zero Flag)と呼ぶ3個ビットからな り、演算命令など実行によって次値が設定される

24 さらに読み込む

sot03 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 概念設計結果として得られる記述を「概念モデル (conceptual model)」という • 論理設計(logical design) – 概念モデルからデータベース管理システムデータモデルに よって、対象世界写像を記述し直す(変換作業を行う) – 記述し直した結果を「論理モデル(logical model)」という

24 さらに読み込む

sot02 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot02 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 図書館にある膨大な量資料や書籍は、整理・分類されていなければ、 利用者はすべて資料を調べる必要があり、収集された資料や書籍 は無意味なものとなる。 – 実際図書館は、職員(司書)が資料や書籍分類整理を行い、新刊 購入、書籍補修を行うため、利用者が調査をできる。

24 さらに読み込む

アジャイルpdf 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

ಊࣻ͢ᇋ෫֪ʁʃʐʪʨʗʂʫʽʒ ಊࣻ͢ᇋʋɱʽʂʝʂʱʽ 「つながる時代」が到来し、新たな知識を獲得しながらシステム開発を進めるアジャイル開発有効性が注目され ている。要求事前固定が難しい開発、新技術を含みトライ&エラーを必要とする開発、使いながらユーザ要求を 発掘していく開発などに適した手法として認知を得てきた。欧米手法輸入と考えられがちであるが、リーン 源流である TPS(トヨタ生産方式)、スクラムオリジナルコンセプトである 80 年代日本新製品開発手法など、 アジャイル開発には日本発考え方も多く入っている。本稿ではアジャイル開発概要や求められる背景、スクラ ムを例とした開発手法などを紹介する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sot09 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot09 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 繰り返し受注生産(MTO=Make to Order) • 設計は事前に決定され、同じ品種ものを、受注に応じて繰り返し製造する • 部品メーカーに多く、受注してから原材料調達をし、加工組立→物流と進める • 個別受注生産に比べ、設計をしない分、生産期間が短い、在庫は非常に少

23 さらに読み込む

sot14 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

解析性:障害時に原因分析 解析性:障害時に原因分析 解析性:障害時に原因分析、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 、修正箇所発見が可能なこと 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 変更性:機能要求変更に容易に対応できること 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 安定性:一部変更が他所に予想外影響を与えないこと 試験性:変更時にテストが容易であること
さらに見せる

23 さらに読み込む

sot13 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot13 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• WBS 完成によって、すべて「実際に行うべき作業」が定義され、 これら作業がすべて終了すれば、プロジェクトは完了となる。 • 作業(アクティビティ)には、所要時間/コスト/資源などが割り当 てられるので、プロジェクトを定量的に管理することが可能になる。 • WBS はツリー形式図表で表現され、この図表によって要素/作

24 さらに読み込む

sot15 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot15 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

9.4 プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント コンフリクトマネジメント • コンフリクトマネジメント種類 – 競争的: 相手を犠牲に(説得)して自分利益を中心に解決。 – 受容的: 自分要求を抑えて相手要求を受け入れること

27 さらに読み込む

sot12 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot12 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

2.3.5.2.1システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認テスト準備 システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを システム適格性確認各要件に対して,システム適格性確認テストを 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 行うため,一連テスト,テストケース(入力,出力及びテスト準備など) 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 及びテスト手順を作成し,文書化する。開発者は,結合したシステムに対 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。 してシステム適格性確認テスト準備が終わっていることを確実にする。
さらに見せる

24 さらに読み込む

sot10 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– システム全体をいくつか部分(サブシステムなど)に分割 し,それを順次追加開発する。 • 追加型モデル手法 – システム基盤部分や共通機能をまず開発し、順次優先 順位や開発上リスク高い機能から開発を進める。 – 追加する機能ごとに、開発とテストを繰り返すため、常に

23 さらに読み込む

sot11 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot11 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 対象世界が「どうであるか」を示す図であって、「どう動くか」を示す図ではない。 – クラス図は、ある時点でオブジェクト間関連や、それぞれオブジェクトがどのよう な属性を持つかを示している。 – 対象世界理解(設計)は、時間経過によって変化が少ない、骨格的な構造をとらえ るようにする。

23 さらに読み込む

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

で構成 される。講義内小課題は 5 回実施。 簡単な記述 問題やコメント記入 に取組んでもらった。  以下サイトより, 時々配布した参考資料を入手可 能 。 必ず保存上,印刷 すること!

8 さらに読み込む

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

国際収支と外国為替取引,為替相場メカニズム, 為替介入,国際通貨体制等知識 に加え, 経済・金 融危機,新興国台頭 等,近年注目されている時事 問題についても触れていく。

9 さらに読み込む

Amami2017 最近の更新履歴  Water Beetles of Japan

Amami2017 最近の更新履歴 Water Beetles of Japan

[AM2] Toguchi, Tatsugo-cho, Amami-Oshima, Kagoshima Pref., Japan, 28.212774, 129.325887, ca 82 m, 21. IV. 2017, H. Yoshitomi leg. Environment: 二次林、戸口川、渓 流 . Collecting methods: LT-FIT. [AM3] Akatsuchi-yama, Uken-son, Amami-Oshima, Kagoshima Pref., Japan, 28.14151, 129.192003, ca 241 m, 22. IV. 2017, H. Yoshitomi leg. Environment: 二次林,道路沿い . Collecting methods: looking.

1 さらに読み込む

2017香川大会開催要項pdf 最近の更新履歴

2017香川大会開催要項pdf 最近の更新履歴

9) その他 ・ユニフォーム着用でない方(但し、半そで襟付きならOK)及びジーンズでプレーは  お断りしておりますのでよろしくお願いいたします。 ・ゲームで負けてしまった方は次ゲームスコアラー協力をお願いします。 ・昼食は弁当をご用意します。

1 さらに読み込む

NHK Osaka2017 最近の更新履歴  yyasuda's website

NHK Osaka2017 最近の更新履歴 yyasuda's website

 片方損は片方得 → 共通言語  状況が対称的でどちら 均衡が実現し そう か分から ない  理論以外要素ーたと えば慣習や文化、 規範などーに よっ てどちら ナッ シュ 均衡が選ばれるかが決まる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題