トップPDF intro medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

25 赤血球沈降速度(血沈、赤沈) • 血液にクエン酸ナトリウムを加えて凝固を防 ぎ、ピペットに入れ、垂直に立てて凝集して下 降する赤血球1時間値を赤血球沈降速度 (血沈、赤沈)という。

57 さらに読み込む

intro medicine 110412 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110412 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

55 腰椎椎間板ヘルニア治療 • 腰椎椎間板ヘルニアは自然経過で軽快するものが多いとい われています。現在まで研究では腰椎椎間板ヘルニア およそ 80-85 %症例は自然経過で軽快すると報告されて います。

88 さらに読み込む

exam medicine 110726 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

exam medicine 110726 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(19)主にどの部分障害によって運動を滑らかに行うため協調運動が困難になるか。 ① 大脳皮質 ② 間脳 ③ 延髄 ④ 小脳 ⑤ 内包 (20)下垂体後葉ホルモンはどれか ① 成長ホルモン ② 甲状腺刺激ホルモン ③ 抗利尿ホルモン ④ 副腎皮質刺激ホルモン ⑤ 卵胞刺激ホルモン

7 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

12.2型糖尿病治療目標を述べよ。 13.2型糖尿病予防ためには何が有効だとされているか。 14. BMI とは何略か。計算方法は。正常範囲は。 15.肥満あるいはやせすぎと健康と関係を述べよ。

1 さらに読み込む

biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腹部(上半身)肥満ともいう – ウエスト / ヒップ比:女性では 0.8 以上、男性では 1.0 以上 – 高血圧症、インスリン抵抗性、糖尿病、血中脂質異常、冠 動脈性心疾患危険性が増す。

33 さらに読み込む

intro medicine 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 矢状面ひと つで、 身体正中線を通り 、 ただ一つ し かない面を( ③) と いう 。 • 矢状面に対し 直角をなし 、 身体を前後に2 分する左 右方向すべて縦断面を( ④) と いう 。

42 さらに読み込む

intro medicine 100413 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100413 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

眼窩壁骨折症状 • 骨折部から は眼窩内脂肪組織や眼を動かす筋肉 などがはみ出し ますので、 眼が落ち窪んだり ( 眼球 陥没) 、 眼動きが悪く なっ て物が二重に見える( 複

50 さらに読み込む

intro medicine 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 肩甲骨は逆三角形をし た扁平な骨で、 背部で第2 肋 骨から 第8 肋骨にかけてある。 ( ③) は上外側にあり 、 上腕骨と 肩関節をつく る。 ( ④) と ( ⑤) は背部皮下で 触知できる。 小胸筋・ 烏口腕筋や靭帯付着部を

69 さらに読み込む

homework medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.網膜黄斑ならびに視神経円盤(乳頭)について説明せよ。 5.視細胞種類と機能を説明せよ。 6.遠視、近視、乱視成り立ちについて説明せよ 7.右視索損傷、視交叉左右切断では、それぞれどのような視野異常がみられる か。

1 さらに読み込む

homework medicine 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

9.尿経路について説明せよ。 10.尿経路うち、腎皮質を通るものはどれか。また、腎髄質を通るものはどれか。 11.腎小体構造と機能について述べよ。 12.腎臓血流量と原尿生成量について述べよ。 13.尿生成プロセスについて述べよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

40.総頚動脈はどの高さで内頚動脈と外頸動脈とに別れるか? 41.鎖骨下動脈主な枝を答えよ。 42.外頚動脈と内頚動脈主な枝をそれぞれ答えよ。 43.脳へ動脈はおおもとは2種類動脈から分かれたものである。どの動脈か。 44.ウィリス動脈輪を構成する動脈を答えよ。

2 さらに読み込む

homework medicine 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

16.酸素飽和度は非侵襲的にはどのように測定されているか調べよ(キーワード:パル スオキシメーター) 。酸素飽和度と動脈血酸素分圧と関係を述べよ。 17.酸素吸入によっても動脈血酸素分圧が上がらない場合に、肺胞気・動脈血酸素分 圧較差を疑う。どのような病態で生じるか、その病態原因として何があるか調べよ。 18.呼吸不全とはどのような状態か。また、換気不全とはどのような状態で、どのよう な場合に生じやすいか調べよ。
さらに見せる

1 さらに読み込む

homework medicine 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

20.精液構成を述べよ。 21.精液中には何個程度精子が含まれるか。 22.卵巣周期ならびに子宮内膜周期について述べよ。両者関係について述べよ。 23.排卵推定方法について述べよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

9. PTH とカルシトニンと機能を比較せよ。 10.インスリンはどこから分泌されるか。また、インスリンはたらきを列挙せよ。 11.グルカゴンはどこから分泌されるか。また、グルカゴンはたらきを列挙せよ。 12.副腎皮質構造と、それぞれ場所から分泌されるホルモンについて説明せよ。 13.グルココルチコイド機能について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

16.橋脳神経核を答えよ。 17.延髄にはどのような自律神経機能中枢があるか。 18.皮膚感覚伝導路は、痛覚・温度覚と触覚・温度覚とでは何が共通で、何が異なる か。

1 さらに読み込む

intro medicine 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

intro medicine 120417 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 下顎神経:三叉神経第3枝。下顎(歯、歯茎、口腔粘膜、皮膚含 む)知覚、ならびに、咀嚼筋群運動を支配。 • 内耳孔(側頭骨):聴神経 • 頚動脈管(側頭骨):内頚動脈

87 さらに読み込む

intro medicine 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(真核生物)細胞構造 • 原形質:細胞質と核。表面に細胞膜 • 細胞質に含まれる細胞内小器官(オルガネラ) – ミトコンドリア、ゴルジ装置、中心小体、リボソーム、ライソ ソーム、など

36 さらに読み込む

intro medicine 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 広範囲筋萎縮。最初は外眼筋や眼瞼部から生じる(→眼瞼下垂) • 圧挫症候群 – 災害時など、体幹や体肢へ持続的な圧迫→筋虚血、壊死 – ミオグロビンが腎臓を傷害する。

36 さらに読み込む

intro medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

91 • (①)静脈は胎盤から始まる(②)本血管で、臍帯 を通って臍から胎児体内に入り、肝臓下面で門脈 に合流する。酸素と栄養に富む(③)が流れている。 • (④)動脈は胎児左右(⑤)動脈からでた(⑥)本

95 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題