intro medicine 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

全文

(1)

日紫喜  光良

(2)

2

チェ ッ ク 項目( 第1 回  骨格系( 1 ) )

• 人体の骨の構成を述べよ

• 哺乳類ではどの骨の数が特に保存さ れてい

るか?

骨の構造を述べよ

脊柱の湾曲を図示せよ

長骨と 扁平骨の例と 構造の違いを述べよ

骨折の種類を述べよ

骨折の症状を述べよ

骨折にはどのよう な合併症がおこ るか?

(3)

人体各部の区分

体表から の方向を示す面

体表から の方向を示す線と 用語

人体の骨の構成(

種間での骨の数の保存

骨の構造

骨折

(4)

4

医学概論の目的

(5)

例)主に下肢の深部静脈(大腿静脈・膝窩静脈 など、体の深部にある静脈)に形成された血栓が 遊離して血流に乗って肺に運ばれ、肺動脈を閉 塞して急性の呼吸循環障害をきたす疾患

(6)

6

教科書

竹内修二 . 新ク マスタ ー  解剖生理学

( 改訂2 版) . 医学芸術社 . 2005

(7)

竹内修二  パワーアッ プ問題演習  解剖生理

学  医学芸術社  2 0 0 6 年

(8)

8

人体大区分の名称( 1 )

頭(顔を含む)

体幹

会陰

体肢

上肢 下肢

(9)

人体は大きく 頭( 顔を含む) 頚、 体幹、 体肢

に区分さ れる。 頭は( ①) の部位と 顔の部位に

分類さ れる。 体幹は胸の部位、 ( ②) の部位、

背の部位、 ( ③) の部位に、 体肢は( ④) の部

位と ( ⑤) の部位に区分さ れ、 頚の部位と で9

つの部位に区分さ れる。

(10)

10

体表から の方向を示す面

垂直面( 縦断面)

矢状面

正中面(正中矢状面、正中縦断面)

前頭面(前額面)

水平面( 横断面、 横平面)

(11)

身体の長軸に沿って、垂直に身体を切断したと仮定 してできるすべての面を(①)という。

身体を左右に2分する前後方向のすべての縦断面 を(②)という。

矢状面のひとつで、身体の正中線を通りただ一つ しかない面を(③)という。

矢状面に対し直角をなし身体を前後に2分する左 右方向のすべての縦断面を(④)という。

垂直面に対し直角に切断したと仮定してできる水 平な面を(⑤)という。

(12)

12

体表から の方向を示す線と 用語( 1 )

正中線

鎖骨中線

乳頭線

(13)

身体の前面、 後面の中央を走り それぞれ左

右に2 等分する線を( ①) と いう

• 鎖骨の中央を通る垂直線を( ②) と 呼ぶ

乳頭を通る垂直線を( ③) 呼ぶ

(14)

14

体表から の方向を示す線と 用語( 2 )

近位

遠位

尺側

橈側

脛側

腓側

(15)

上・ 下肢において体幹に近いほう を( ①) と よ

び、 また遠いほう を( ②) と よぶ。

上肢の内側を( ③) よび、 また外側を( ④)

よぶ。

下肢の内側を( ⑤) よび、 また外側を( ⑥)

よぶ。

(16)

16

人体の骨の数

個程度

体幹

体肢

頭蓋骨(種2個)

脊柱(椎骨(頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨)個)

胸郭(胸椎、胸骨・個、肋骨)

上肢骨(個)

下肢骨(個)

解剖生理学3∼3

(17)

個の椎骨から 成る

頚椎: (C1C7) – 胸椎: (T1T12) – 腰椎: (L1L5)

仙骨尾骨

Cervical vertebra Thoracic vertebra Lumbar vertebra

(18)

18

椎骨

椎体: 円柱状

椎弓: 椎体と に椎孔を囲む

棘突起:

横突起:左右に計2

上関節突起:左右に計2下関節突起:左右に計2

上椎切痕

下椎切痕 解剖生理学4頁図2−9

(19)
(20)

20

胸椎

椎体間には椎間円盤 がはさまり、柱状に積 みあがる

椎孔が連なり脊柱管 となる

脊髄を入れる。

上の椎体の下椎切痕、 下の椎体の上椎切痕 があわさり、椎間孔を つくる。

脊髄に出入りする脊髄 神経の通り道になる

船戸和也 Terminologia Anatomica(1998)に基づく解剖学 より

(21)

環椎: 第1 頚椎

軸椎: 第2 頚椎

隆椎: 第7 頚椎

棘突起が長く体表から触知できる

(22)

22

椎骨( 頚椎)

船戸和也 Terminologia Anatomica(1998)に基づく解剖学 より

第3頚椎

第1頚椎(環椎) 第2頚椎(軸椎)

第7頚椎(隆椎)

横突孔:椎骨 動脈が通る

(23)
(24)

24

脊柱の湾曲

頚部と腰部:前弯(前に ふくらむ)

胸部と仙尾部:後弯( ろにふくらむ)

解剖生理学4頁図2−1参照

(25)

頭側 尾側

背側

L3 T10

L2

(26)

26

種間での骨の数の保存

主な脊椎動物の脊椎 の数

サメ類 400 ニジマス 60-69 ニシン 55

ウナギ 最大119

ホクオウクシイモリ53 エル 9

34

アシナガトゲ 110

ーロッパヤマカガシ  230

ボア 最大435

• Archaeophis 化石の ボア) 565

ナキド35

ハクチョウ 56

哺乳類 5064

34

数値でみる生物学」R. Flindt著、シュプリンガー・ジャパン)より

(27)

• 主な脊椎動物の頚椎の数

両生類 ワニ(ロコダイル)ナイルオオトゲ キシコゲ 

エラスモサウルス(恐竜)

鳥類、通常 ∼1哺乳類 

(28)

28

哺乳類の頚椎: 7 個

ごくわずかの例外除く

左:キリ

右上:ジュゴン

どちら頚椎は

Frieston Galis研究員のページ http://biology.leidenuniv.nl/~galis/

(29)
(30)

30

Hoxc-6 遺伝子の発現する場所

ニワト マウス

ガチョ アフ

ガエル

(31)
(32)

32

骨の構造

解剖生理学3頁図2−1 参照

http://sugp.int-

univ.com/Material/Medicine/cai/text/subject09/no7/html/section1.html

(33)

骨膜

骨質

緻密質 海綿質

骨髄

(34)

34

骨の形状

長骨

中が管状(髄腔)骨髄を入れる

扁平骨

広い髄腔はなく内外2枚の緻密質の間に海綿 質があり板間層とよばれる。

ほかに、 短骨、 含気骨

(35)

骨が折れたりひびが入るこ

通常は周辺組織の損傷を伴う

開放骨折(複雑骨折)

皮膚や軟部組織(筋肉や皮膚など)が破れ、 その傷口から骨折した骨が露出した状態。

傷口が泥や細菌で汚染されているこが多い。

皮下骨折(単純骨折)

骨折部位の皮膚が破れていない状態。 単純骨折または閉鎖骨折という

(36)

36

骨折の種類: 骨折線の走向による

横骨折

骨が真横に折れた状態。

斜骨折

骨が斜めに折れた状態。

せん骨折

骨がねじれて折れたときに 起こる。

粉砕骨折

骨がバラバラに砕けた 状態。

交通事故や転落により 非常に大きな外力が加 わったときに起こる。

剥離( はく 骨折

骨には腱や靱帯と結合し ている部分がある

その結合部分から小さ 骨片がはがれた状態。手、 足、足首、膝、肩に起こ やすい。

圧迫骨折

骨が圧力でつぶれた状態。 高齢者に多くおもに椎

体(背骨)に起こる。

(37)
(38)

38

骨折の種類: 部位による分類

骨幹部骨折、骨幹端部骨折、 骨端部骨折

それぞれ、長管骨(腕や脚の 長い骨)の中央部付近、中央 より端の部分、骨の先端部分 で骨折した場合に、のよう に呼ぶこがある。例: 骨骨幹部骨折、橈骨遠位端 骨折など)

関節内骨折

関節包内に骨折線がおよん でいる骨折。

(39)

変形・ 異常可動性

内出血

骨折すると骨折部から出血する。

骨周辺の軟部組織から出血が起こる。 広い範囲であざができる

骨折により大量に出血した場合は低血圧となる ことがある。

めまいや冷や汗、意識消失などをひきおこすこがあ る。

(40)

40

骨折の合併症( 1 )

ンパート ント 症候群

骨折や打撲によって筋肉組織が腫れる

→筋肉内の圧が上昇して血管や神経組織が圧 迫される。

– そのために循環障害が起こることをコンパートメ ント症候群という。

症状が進むと壊死や麻痺が起こるこある。強い痛みが特徴で、腫脹、知覚障害、強い圧痛

などもみられる。

(41)

肺循環障害

骨折部の骨髄から破壊された骨髄組織や脂肪 が静脈に入り、肺に到達して骨髄塞栓症や脂肪 塞栓症をおこすことがある。

血中に入った挫滅組織から放出されたタンパク 質が血栓形成の引き金になり、肺血栓症を生じ ることがある。

– 肺細小動脈や毛細血管の透過性が亢進し、肺浮 腫が生じることがある。

(42)

42

予習項目

• 脳頭蓋を構成する骨を述べよ

• 頭蓋冠の縫合を述べよ。どの骨の間か?

泉門の種類と閉鎖時期を述べよ。

• 眼窩を囲む骨を述べよ。

• 骨盤を構成する骨を述べよ。

互いに軟骨結合していたのが成人になって骨結合 して寛骨を形成する骨を述べよ

Updating...

参照