トップPDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

An Analysis of Reconstruction Grant Project on the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Focus on the Projects of Coastal Municipalities in Iwate and Miyagi Prefectures.. at the Fi[r]

11 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

イルの丹念な取組み 6) ,過去の地震災害における 恒久住宅への移行促進策の整理 7) ,東日本大震災 における仮設住宅の解消策の整理 8) などが一部報 告されているものの,なぜ住まいの再建方針が定 まらないのかという,そもそもの問題側の要因は 詳細には明らかにされていない。東日本大震災の 発生から約 3 年の時点で,岩手県内の借り上げ仮 設住宅居住者を対象に行われた調査では,調査時 点で住まい再建の見通しが立たない世帯が 7 割以
さらに見せる

15 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

営住宅整備計画 11 ) では,閖上地区と下増田地区に 整備される災害公営住宅は,それぞれの地区にもと もと居住していた被災市民が優先的な募集の対象と なっている.それ以外の市民は,入居に関する優先 順位が低くなっていることから,再建においてきが かりなこととして,災害公営住宅の申込方法が不明, 災害公営住宅の入居時期が不明,災害公営住宅に関 する情報が少ない,希望する災害公営住宅に入居で きるかなどが挙げられていることが想像される. 先行研究において,名取市を中心とする借り上げ仮設 住宅の居住世帯と,すでに再建済みで借り上げ仮設住宅 への居住を経験している世帯,加えて仙台市の生活再建 支援員を対象にしたたエスノグラフィー調査では,借り 上げ仮設住宅世帯が再建する上での課題として,適当な 住宅が見つからない(災害公営住宅に当選しない),身 体面・精神面での健康の問題,単身者(独居)であるこ と,男性であること,母子家庭であること,障がいをも った家族がいること,震災で失業したことが挙げられて
さらに見せる

10 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

The number of assisting staffs from outside affected area, volunteers and temporary inflowing population as the index of human resource support at each city and town have been evaluate[r]

11 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

佐藤 林春男 村圭子 〇 Shosuke SATO, Haruo HAYASHI, Keiko TAMURA Frequent and heavy rainfall in recent years has result into spontaneous damage in Japan. In this paper, we analyzed the open-ended answer text data of questionnaire survey from the municipal government officials who had experienced evacuation advisory or order publishing among heavy rain disasters in 2009. We applied a text mining system (TR: TRENDREADER) to analyze the text data. The characteristics of these extracted learnt lessons and found issues suggest that, the local responders in heavy rainfall regions should reinforce their emergency response, decision-making of evacuation advisory and communication to the residents.
さらに見せる

1 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東日 大震災 記録委員会 東日 大震災 記録委員会& 東京大学' <東日 大震災< 船橋市 被害状況 一連 対応 関 記録 船橋市 東 思い出写 館 株式会社 コ 農林漁業協 組 復興へ 組 記録~東日 大震災 農林中金総 研究所

38 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

4.結果・考察 (1) 講義の内容に対する理解度 図1に,前章1)で述べた講義の内容に対する理解 度について,阪神・淡路大震災の被害・復興の特徴, 新潟県中越地震災害の被害・復興の特徴,東日本大 震災の被害・復興の特徴について問うた結果を示す. 東日本大震災では,いずれの講義でも「1.よく理解 できた」が最も多かったのに対して,阪神淡路大震 災と新潟県中越地震災害では「2.まあまあ理解でき た」が最も多かった,というやや後者の方が低い理 解度となった.このような結果になったのは,東日 本大震災は,講義で取り上げた地震災害のうち最も 発生経過年数が短く,かつ東北地方で発生した災害 であり,直接的・間接的に体験したであろう災害で あるのに対して,阪神・淡路大震災と新潟県中越地 震災害は講義時点で,前者が20年以上,後者が10年 以上経過しているだけでなく,直接的にも間接的に も関わりが少なかった災害であったであろうこと影 響していると考えられる.なお,前者2つの災害で理 解度が東日本大震災に比べて低かったのは,このよ うな原因以外に,講義で伝えた内容の難易度や授業 者による工夫の不足もあると考えられることを付記 しておく.
さらに見せる

7 さらに読み込む

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

pp. 81-88 2013.11. 9 東 裕 牧紀男 林春男:災害対応 概念 設計 地域 全学会論文 No. 4 pp. 41-48 2002.11. 10 E.L. Quarantelli, Russell R. Dynes: Response to Social Crisis and Disaster, Annual Review of Sociology, Vol. 3, pp. 23-49, 1977.

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

In this paper, we have conducted participant observation at making process of supplementary reading material for disaster education in Tagajo City which includes contents from Tagajo di[r]

77 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

ても,「保存」とはならず,早期に「解体」となる 可能性が高い.対象物がもつストーリーの内容(ポ ジティブかネガティブか)は,災害発生後に操作す ることは実質不可能であることから,今後の災害に おいても,保存・解体を決める大きな規定因となる であろう.他方,ネガティブなストーリーをもつ対 象物は, 「検討中」 であることも多く (表 1 , 図 4 ) , 議論が長引き,早期に解体とならない傾向も有して いる.ネガティブかつ早期に話題になった対象物に ついて,早期に「解体」, 5 年後もなお「検討中」を 分かつ規定因は,今後明らかにしていきたい.
さらに見せる

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

いた キ ワ :熊本地震、災害エスノ ラフィ 、食料調達、避難所 Summary    Purpose: To utilize collected information on the food situation in disaster stricken district, survey by disaster ethnography was conducted on March 30, 2016. Method: The survey respondents were four offi cials of Minamiaso village offi ce who were in charge of meals provided to the evacuees, a leader of a private volunteer organization, a resident in Tateno area who worked at a souvenir shop of the Hotel Greenpia Minamiaso, and two hotel employees. Documentation was performed from the recorded contents. The text was analyzed by 1) dividing into speech blocks, and 2)attaching category fl ags and sorting the speech blocks. The 2016 Kumamoto Earthquake damaged a wide range of area in Kumamoto prefecture, and in Minamiaso, the traffi c was cut off at places along a main road. Immediately after the earthquake, the village was temporarily isolated. In this status, the village offi cials purveyed food and supplied daily meals for the villagers gathered in evacuation centers. Further, the leader of the private volunteer organization, who entered Minamiaso conducted eating support in this district.
さらに見せる

110 さらに読み込む

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

子宮頸がん検診の有用性は科学的に証明されており、検診プログラムの成否を決める最も重要な要 素は検診受診率である。2007 年に成立したがん対策基本法では、がんの早期発見のためにがん検診 受診率 50% を目標に掲げている。しかし、平成 21 年度から子宮頸がん検診クーポンが配布されたに もかかわらず、平成 25 年国民生活基礎調査によれば、子宮頸がん検診受診率は 40% に留まっている。 子宮頸がん検診の障壁となっているのは羞恥という感情的な問題のみならず、地方では医療施設・検 診施設が限られることや検査の為に仕事を休まねばならないという現実的な問題の存在である。この 問題を解決するためには、採取方法の改良と検診にアクセスできる体制の抜本的改善が必要である。 自己採取 HPV 検査は受診者の心理的負担が少なく、在宅で実施可能であり、受診施設がない地域 でも可能な感度の高い検診方法である。そのため、今年度(2017 年)から、オーストラリアおよび オランダでは HPV 自己採取法が国の検診プログラムに正式に導入される。さらにカナダでは、自己 採取器具のひとつである Herswab が個人利用として認可を受けた。
さらに見せる

67 さらに読み込む

平成 27 年 12 月 11 日 報道機関各位 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) 東北大学大学院理学研究科東北大学学際科学フロンティア研究所 電子 正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 - グラフェンを超える電子デバイス応用へ道 - 概要 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (

平成 27 年 12 月 11 日 報道機関各位 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) 東北大学大学院理学研究科東北大学学際科学フロンティア研究所 電子 正孔対が作る原子層半導体の作製に成功 - グラフェンを超える電子デバイス応用へ道 - 概要 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (

【概要】 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の菅原克明助教、一杉太郎教授、高 橋隆教授、同理学研究科の佐藤宇史准教授らの研究グループは、グラフェンを超える電 子デバイスへの応用が期待されているチタン・セレン(TiSe 2 )原子層超薄膜の作製に成 功しました。さらに、1 層の TiSe 2 超薄膜の電子状態を詳細に調べた結果、その特異な金 属状態を生み出している原因は、薄膜中の電子と正孔(電子の抜けた孔) 注 1) が結合して 対(ペア)を作っているためであることを見出しました。今回の成果は、グラフェンを超 える原子層超薄膜物質の物質設計と開拓に大きく貢献するものです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

)として,附属図書館では,情報教育用 端末 台,パソコン 台, 端末 台 ほかの情報機器を設置することにより,利用時間の制約が少なくオープンに使える学内共同 利用施設として,情報リテラシー教育を間接的に支援している。 )として,入学式直後の学務部主催のオリエンテーションにおいて館長が図書館及び情 報環境について紹介を行うとともに,図書館としての新入生オリエンテーションを入学式後 の 日間( 日 回,約 時間 回,平成 年度参加者 名)実施している。また,主に川 内地区の 学部・研究科と協力し授業の一環として文学部,教育学部,経済学部,国際文化 研究科等で図書館職員による利用教育を実施している(平成 年度受講者 名) 。更に,個 別の検索技術講習会として,雑誌記事索引の使い方,新聞記事の探し方,初めて利用する電 子ジャーナル(初・中級編) , 検索実習等を行っている(平成 年度参加者
さらに見せる

37 さらに読み込む

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

講演者の瀬名秀明氏は、処女作『パラサイト・イヴ』以来、最新の科学知識をとりこみつつ、 人間の未来に希望をあたえる物語を描きつづけています。また、最前線の科学者の研究活動を 見つめるとともに、科学ノンフィクションの書き手としても活躍しています。 この百周年記念講演会では瀬名氏に、「科学と人間の未来」そして「物語の力」について語って いただき、これから科学とどのように向き合っていくのかを考える機会にしたいと思います。
さらに見せる

1 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

(4) 新たな学習スタイルへの対応、ラーニン グコモンズの設置 A 学生たちが利用しやすいよう、さまざまなタイプ の学習場所が準備され、活用されています。シアト ルカフェも魅力的です(価格は忘れました)。将来 の東北大学出身ノーベル賞受賞者がここで学習する かもしれませんね。(そしたら、寄付につながるか も)。学生がこの図書館で素晴らしい経験をできる ようにしておくことは、学生の満足度を高めるの で、よい循環につながると思います。ただ、地下の 一人学習用は分館も含め、要求は高い割に、少し整 備が遅れているように思われました。
さらに見せる

51 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

基盤的学術情報環境を維持しつつ経費を抑制す いう困難 課題 が、購読内容を不断 に見直し、購入の必要性を厳密に評価して、全体予算 の兼 合い ら購入の 否を決定す 選 定シス ムを再構築し くては ら い。 、アンケ ト 不 の多 った学外 らの電子 ャ ナル等へのアク スについては、 成 28 度に学術認証フ レ ション 世界標準の認証シス ム) を導入したこ に 、 東北 大学 ID に 認証 アク スが容易に 能 ってい 。

245 さらに読み込む

配信先 : 宮城県政記者会 平成 30 年 6 月 8 日 報道機関各位 東北大学学際科学フロンティア研究所東北大学大学院生命科学研究科 光合成を支える葉緑体チラコイド膜の新しい性質 : チラコイド膜を小さな有機物が透過する 通路 を発見 発表のポイント 光を受容して化学エネルギーに変換する光合成の

配信先 : 宮城県政記者会 平成 30 年 6 月 8 日 報道機関各位 東北大学学際科学フロンティア研究所東北大学大学院生命科学研究科 光合成を支える葉緑体チラコイド膜の新しい性質 : チラコイド膜を小さな有機物が透過する 通路 を発見 発表のポイント 光を受容して化学エネルギーに変換する光合成の

はシアノバクテリアには存在しないことなど、 TPOR が生まれた進化的な道筋に 関しても、大きな謎が残されています。本研究から派生するこれらの重要な疑 問に答えていくことで、地球上の最も重要な生命現象の一つである「光合成」 を支える仕組みに関して、 「チラコイド膜の有機物透過」という従来無かった視 点から理解を深めていくことができるでしょう。それによって、光合成能力の 増強や人為的制御を目指した応用的研究にも新たな手掛かりを提供できると期 待されます。本研究は、科学研究費助成事業(科研費課題番号:18H02117, 15K20860, 17K07360, 16H00759, 17H04017)の支援を受けて行われました。 *1. 酵素補因子:酵素の働きに必須な、タンパク質以外の因子のこと。
さらに見せる

5 さらに読み込む

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

平成23年 10 月 7 日 ∼ 11 月 5 日 東北大学附属図書館 Tel: 022-795-5911 (代表) Email: kikakuten@library.tohoku.ac.jp Web: http://www.library.tohoku.ac.jp/ 宮城県 宮城県教育委員会 仙台市 仙台市教育委員会 朝日新聞仙台総局 毎日新聞仙台支局 読売新聞東北総局 産経新聞社東北総局 日本経済新聞社仙台支局

2 さらに読み込む

資料 | 東北大学

資料 | 東北大学

Mechanical Systems Engineering / Nanomechanics Bioengineering / Robotics / Aerospace Engineering Quantum Science and Energy Engineering. Environment and Energy Engineering Biomedical Eng[r]

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...