トップPDF ナノ構造を使って新しい素子とLSI を創る

ナノ構造を使って新しい素子とLSI を創る

ナノ構造を使って新しい素子とLSI を創る

HP アドレス : http://impulse.ist.hokudai.ac.jp 何目指しいるのですか? みなさんの身の周りにはたくさんの電子機器がありますよね?その動作司っいるの が集積回路(LSI)中心した様々な電子部品です。 LSI にも色々な種類がありますが、 それはすべて、半導体の素子あるいはデバイス呼ばれるものが沢山集っ動作しいま す。そして、携帯機器がどんどん小さくなっいくように、半導体デバイスもどんどん小 さくなり、 今ではナノメートル、 すなわち 10 億分の1メートルという、 原子数 10 個から 数個程度並べただけの世界で、1つ1つの原子や分子巧みにあやつりながらデバイス 作製しいます。このようなナノテクノロジーの世界の中で、私は新しい半導体ナノ構造 生みだし、それさまざまな高性能のデバイスへ応用する研究進めいます。
さらに見せる

2 さらに読み込む

社会と共有できる新しい価値を創るため 創造と挑戦 を続けてまいります ヤマダ電機は 経営理念に 創造と挑戦 感謝と信頼 を掲げ 企業の成長 そして持続可能な社会環境づくりのために常にイノベーションを発揮し続けてまいりました これからもヤマダ電機グループのシナジーを最大化し 新たな価値を社会へ発信し続

社会と共有できる新しい価値を創るため 創造と挑戦 を続けてまいります ヤマダ電機は 経営理念に 創造と挑戦 感謝と信頼 を掲げ 企業の成長 そして持続可能な社会環境づくりのために常にイノベーションを発揮し続けてまいりました これからもヤマダ電機グループのシナジーを最大化し 新たな価値を社会へ発信し続

新たな住宅関連市場の開拓 ハウス関連事業では、子会社であるヤマダ・エスバイエルホー ムハウステック、また2013年11月に設立したヤマダ・ウッドハ ウスのグループ内連携により、全国の主要な168店舗へ「トー タルスマニティライフコーナー」設置し、リフォームから新築住 宅、太陽光発電システム、HEMSシステム、省エネ家電など、川 下発想でトータルかつワンストップでの提案行っまいりました。 また、新たな住宅販売チャネルとして店舗駐車場への体験型住 宅展示場の展開開始しました。2014年3月にテックランドNew 神戸垂水店(兵庫県)、テックランド春日部本店(埼玉県)にモデ ルハウス設置するなど、お客様身近な家電量販店だからこそ 可能な川下発想で、市場の開拓行っいます。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Excitation wavelength [nm] 平成 29 年 9 月 11 日 報道機関各位 東北大学大学院工学研究科 カーボンナノチューブの新たな原子構造制御法開発 ナノチューブ電子デバイスの実用化に大きな期待 発表のポイント カーボンナノチューブの原子構造を制御する新たな合成手法を開発

Excitation wavelength [nm] 平成 29 年 9 月 11 日 報道機関各位 東北大学大学院工学研究科 カーボンナノチューブの新たな原子構造制御法開発 ナノチューブ電子デバイスの実用化に大きな期待 発表のポイント カーボンナノチューブの原子構造を制御する新たな合成手法を開発

により発現するものであることが明らかなりました(図 3)。 触媒表面状態は結晶方位比べ自由度が高いため、本手法活用することで、選 択合成が可能なカイラリティの種類著しく増大できる可能性秘めいます。実際 に本手法活用することで(6,4)ナノチューブという従来手法では選択合成が実現で きなかったカイラリティの合成に成功しおります。(6,4)ナノチューブはこれまで選択 合成が報告されいる他のカイラリティに比べ最も直径が細く、バンドギャップが広い
さらに見せる

7 さらに読み込む

機械学習により熱電変換性能を最大にするナノ構造の設計を実現

機械学習により熱電変換性能を最大にするナノ構造の設計を実現

ト社会に必要不可決な自立発電技術の発展に貢献することが期待されます。 本研究成果は、2018 年 6 月 15 日(米国東部時間)に米国科学誌「Science Advances」のオン ライン速報版で公開されます。 本成果は、戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)微小エネルギー利用した 革新的な環境発電技術の創出」(研究総括:谷口研二 大阪大学 名誉教授)「メカノ・サー マル機能化による多機能汎用熱電デバイスの開発」の事業・研究領域・研究課題によって得ら れました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

次にグループ別に分かれて研究室を見せていただきました リップマー研究室ではナノサイズの人工宝石をつくり新しい酸化物材料の物質をつくる研究をしています 超高度な真空を実現して レーザーによりプラズマを作る装置などでナノサイズに原子を一段ずつ規則正しく並べることが可能だそうです ナノスケール物性研究部門

次にグループ別に分かれて研究室を見せていただきました リップマー研究室ではナノサイズの人工宝石をつくり新しい酸化物材料の物質をつくる研究をしています 超高度な真空を実現して レーザーによりプラズマを作る装置などでナノサイズに原子を一段ずつ規則正しく並べることが可能だそうです ナノスケール物性研究部門

 物性科学は、多様な物質の性質(物性)、物理学や化学の基本原理に基づき、原子や電子のミク ロなレベルから理解しようする学問です。高圧力・極低温・超強磁場などの研究により、役に立つ物 質生み出す研究います。  家泰弘所長から物性研の概要説明、わかりやすいスライド使った物性の初歩の講義「はじめの 三歩」いただきました。千葉県のゆるキャラ、「チーバ君」使った「第一歩」目は、あらゆる物質 は原子からできいるという話から始まっ、原子の構造周期律の関係の説明です。馴染みのある 周期律表の列行の特徴、原子の電子配置のしかたの説明では、ホテル「アトム館」の客室では同じ スピンの向きは不可で、下の階から二人ずつ順番に入るルールがある。ギターの弦の定常波比べ たエネルギーの量子化や、周期表比べた電子エネルギー準位のつまり方、最外殻の電子(価電子) が原子の化学的性質決めいることなどの説明がありました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目次 序論 熱電変換 熱電変換材料とその性能 ナノ構造化による ZT 向上 ナノ構造化バルクシリコン 目的... 1 実験方法 プラズマ CVD によるナノ粒子作製 放電

目次 序論 熱電変換 熱電変換材料とその性能 ナノ構造化による ZT 向上 ナノ構造化バルクシリコン 目的... 1 実験方法 プラズマ CVD によるナノ粒子作製 放電

2 Te 3 ) 9-11 やシリコンゲル マニウム(SiGe) 12 合金などの金属間化合物半導体が対象され始めた.Bi 2 Te 3 系化合物は室 温から約 450 K までの低温域で比較的大きな ZT もつ熱電変換材料である.一方,SiGe は 高温域での高安定性,低環境負荷という利点有する.この間は大きな ZT 得るために Fig. 1-4 に示すようにバルク材料のキャリア濃度最適化することで電気特性向上する手法 13- 16 や,Fig. 1-5 に示すように合金化によって結晶構造複雑にすることで熱伝導率低減す る手法 17-19 が主であった.その後,1995 年にガラスのように低い熱伝導率もち電子は結 晶中のように振る舞う移動度の大きい PGEC (Phonon Glass & Electron Crystal)という物質が 熱電変換材料として適しいる Slack によって提唱された 20 .また,Slack はカゴ状構造 物質におけるカゴ内のゲスト原子のラットリング運動による格子熱伝導率の抑制という新 しいコンセプトも提唱しいる.Slack の提唱のもとに,それまで研究されきた熱電変換 材料とともにスクッテルダイト化合物 21 ,ハーフホイスラー化合物 22,23 ,クラスタレート化 合物 24 ,酸化物系 25,26 などのそれまでの材料比べ ZT の大きい新しい熱電変換材料の研究 も行われるようになった.一方,1993 年に Hicks Dresselhaus により低次元系で ZT が増 加するという理論 27,28 が発表され以降,従来の方法に加え,近年の技術の進歩により可能 になったナノレベルでの構造制御用いた研究が盛んに行われるようになった.
さらに見せる

50 さらに読み込む

ナノ構造材料技術

ナノ構造材料技術

H01L027 1 つ の 共 通 基 板 内 ま た は 基 板 上 に 形 成 さ れ た 複 数 の 半 導 体 構 成 部 品 ま た は 他 の 固 体 構 成 部 品 か ら な る 装 置 H01L029 整 流 ,増 幅 ,発 振 ま た は ス イ ッ チ ン グ に 使 用 さ れ る 半 導 体 装 置 ,ま た は 少 な く も 1 つ の 電 位 障 壁 ま た は 表 面 障 壁 , 例 . P N 接 合 の 空 乏 層 ま た は キ ャ リ ア 集 中 層 , 有 す る コ ン デ ン サ ー ま た は 抵 抗 ; 半 導 体 本 体 ま た は 電 極 の 細 部 H01L031 赤 外 線 , 可 視 光 , 短 波 長 電 磁 波 ま た は 粒 子 線 輻 射 に 感 応 す る 半 導 体 装 置 で , こ れ ら の 輻 射 線 の エ ネ ル ギ ー 電 気 エ ネ ル ギ ー に 変 換 す る か こ れ ら の 輻 射 線 に よ っ 電 気 エ ネ ル ギ ー 制 御 す る か の ど ち ら か に 応 用 さ れ る も の ; そ れ ら の 装 置 ま た は そ の 部 品 の 製 造 ま た は 処 理 に 特 有 な 方 法 ま た は 装 置 ; そ れ ら の 装 置 の 細 部
さらに見せる

31 さらに読み込む

報道発表資料 2006 年 5 月 22 日 独立行政法人理化学研究所 ナノの厚みとマクロな面積を持つ 巨大ナノ膜 の作製に成功 - ジルコニアと架橋アクリルポリマーを原料に光重合で - ポイント 有機ポリマーとセラミックの複合ネットワーク構造で高強度も達成 30 ナノメーター以下の極限的な薄さ 無

報道発表資料 2006 年 5 月 22 日 独立行政法人理化学研究所 ナノの厚みとマクロな面積を持つ 巨大ナノ膜 の作製に成功 - ジルコニアと架橋アクリルポリマーを原料に光重合で - ポイント 有機ポリマーとセラミックの複合ネットワーク構造で高強度も達成 30 ナノメーター以下の極限的な薄さ 無

カルという十分な引張り強度も備えいます。このような極度の柔軟性はこれまで 知られいません。 3. 今後の期待 今回の手法で、膜厚数十ナノメーターという極限的な薄さに加え実用的な強度 サイズ持つ膜作製出来ることが明らかになりました。この新しい方法用い、 目的に応じたさまざまな機能もつ超薄膜の開発が、新しい素材使っ加速する ことが期待できます。海水の淡水化や高性能燃料電池の開発は、特定の物質だけ 選択的にかつ高効率で透過させる膜いかに設計するかに懸かっいます。本研究 で確立された膜作成法は、このような機能膜含む多くの高分子材料に応用できま す。資源やエネルギーの分野での応用研究が急速に進む期待しいます。一方で、
さらに見せる

7 さらに読み込む

全く新しい有機ナノチューブの簡便な合成に成功 ~延ばして、巻いて、固めて、チューブの出来上がり~

全く新しい有機ナノチューブの簡便な合成に成功 ~延ばして、巻いて、固めて、チューブの出来上がり~

注3) が自発的に集まり構造生み出す機能利用し合成されたものや、 扇状分子・ 環状分子筒状に積み重ね合成されたものなどがあります (図1) 。 しかしこれらは、 水 素結合や芳香環の π-π 相互作用など結合力の弱い相互作用でチューブ構造維持し いるため、構造的な脆弱性などの問題がありました。このため、カーボンナノチューブの ようにチューブ構造全体規則的に共有結合で架橋した有機ナノチューブ、いわゆる「共 有結合性有機ナノチューブ (covalent ONT) 」 が合成できれば、 より剛直で堅 牢な有機ナノチューブの創製が可能なり、導電性や光学特性などの向上も期待できるた め大変魅力的です (図2) 。 しかし、 架橋共有結合有するcovalent ONT合 成することは非常に困難であり、今まで明確な合成手法が存在しいませんでした。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ナノ構造熱電材料開発 -多重薄膜によるナノ構造制御の検討-

ナノ構造熱電材料開発 -多重薄膜によるナノ構造制御の検討-

サファイア基板 熱電材料用いた発電技術は、排熱から直接電力に変換することが可能であり、持続可能なエネルギー源なり得るため、低炭素社会 に向けたエネルギー材料技術として期待されいる。しかし、熱電変換効率に直結する熱電性能指数ZTの目標値が自動車廃熱発電で 4以上であるのに対し、実際の材料では50年近く約2以下しか得られおらず、目標の実現は非常に困難である見られいる。この 大きなギャップ、材料の電子構造の変調、すなわちナノ構造の精密制御により打破すべく、研究開発行っいる。本研究では、高 い性能指数実現するため、必要条件考えいるナノ粒子の粒径および粒間隔の制御行なうべく、分子線エピタキシー装置による 薄膜積層技術により、ナノ構造制御する観点から研究した結果報告する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

GaN ナノコラム光デバイス 氏名岸野克巳 1. 研究目的 GaN 系ナノコラムで発現されるナノ結晶効果を学術的に解明しつつ 高品質ナノ構造の結晶成長を進め それに基づいて革新的なナノコラム光デバイスの研究を推進し 21 世紀の低消費電力エレクトロニクス構築を目指して 光デバイス基盤技術の開拓を行う

GaN ナノコラム光デバイス 氏名岸野克巳 1. 研究目的 GaN 系ナノコラムで発現されるナノ結晶効果を学術的に解明しつつ 高品質ナノ構造の結晶成長を進め それに基づいて革新的なナノコラム光デバイスの研究を推進し 21 世紀の低消費電力エレクトロニクス構築を目指して 光デバイス基盤技術の開拓を行う

②InGaN 系ナノコラム発光色はコラム径コラム周期で制御でき、発光色制御メカニズム の理解深める。コラム径が異なる規則配列ナノコラム LED 同一基板上に作り、LED 発 光色が変化するか確認し、ナノコラム LED の発光色制御法の開拓進め、発光径が数十 μm の微小 LED 同一基板上で互いに接近させ配置し、隣り合った LED 間での多色発光 実現する。規則配列ナノコラム LED の発光色制御法完成させ、集積型三原色 LED 実現し、面発光型フルカラー素子実現する。三原色ナノコラム LED のアレイ状に配置 し、ナノコラム半導体ディスプレイへの可能性探索する。ここでは、膜構造ではほ んど光らない、赤色ナノコラム LED の作製高輝度化も課題なる。
さらに見せる

28 さらに読み込む

ナノ粒子のサイズ・形態制御と 構造敏感型触媒プロセスへの応用

ナノ粒子のサイズ・形態制御と 構造敏感型触媒プロセスへの応用

普通の触媒は熱によって化学反応速くします が、光触媒は光吸収し化学反応促進しま す。光触媒になる物質は主に半導体色素(有 機金属錯体)です。いずれも内部の電子が光で 励起されることにより光触媒作用します。市販 されいる光触媒はほとんど二酸化チタン

75 さらに読み込む

1 研究実施の概要 本プロジェクトでは高分子ブロック共重合体が形成する デカナノスケールの周期を有するナノ 相分離構造をテンプレートとして用い 実用リソグラフィ技術及びビーム加工技術の加工下限界を 超える微細構造デバイスの創製を目的とした まず第一に ランダムに配向したグレイン構造をも つ従来のナノ

1 研究実施の概要 本プロジェクトでは高分子ブロック共重合体が形成する デカナノスケールの周期を有するナノ 相分離構造をテンプレートとして用い 実用リソグラフィ技術及びビーム加工技術の加工下限界を 超える微細構造デバイスの創製を目的とした まず第一に ランダムに配向したグレイン構造をも つ従来のナノ

10 研究成果の今後の貢献について (1)科学技術の進歩が期待される成果 リソグラフィー技術の描画限界超えたナノ規則構造ドライプロセスでは作製困難な大量生産 いう特徴は、自己組織化の最も得意するところである。しかし、従来のブロックコポリマー研究の 多くは、基礎研究指向に加え産業化意識しかポリスチレンやポリイソプレンなどの汎用ポリマ ーに限られきた。今後、多様な機能発現めざしナノ構造形成機能性カップルさせた次世 代の多機能ブロックコポリマーの開発を通じて、工学的利用も視野に入れた自己組織化プロセス 論の展開が必要である。しかしながら、構造欠陥やグレイン構造の制御については全く手つかず である。“なすがまま”の自己組織化プロセスにどこまで“思い通り”の制御性導入できるかという課 題に向き合うこと必要である。ブロックコポリマーのナノ相分離が工学的に利用できるナノ構造材料 に発展するためには、熱力学的要請に支配される相構造の理解だけでなく、製膜や紡糸など材料 化プロセスに現れる散逸構造も採り入れた協同的ナノ構造形成のシナリオ高分子設計に組み込 む必要がある。本プロジェクトで用いた PEO-b-PMA(Az)は、分子レベルの液晶構造、ポリマーが つくるシリンダー相構造、薄膜内の配向構造、いずれの次元においても構造制御が可能である。 本プロジェクトでは結晶性 PEO 液晶性 PMA(Az)からなる分子間相互作用の強いブロックコポリ マーの薄膜ナノ相分離構造の特異性に着目し、規則性、制御性、生産性の追究行っきた。 その結果、従来の高分子ナノ相分離による自己組織化ナノ構造では達成できなかった高信頼性 ナノシリンダー構造テンプレート薄膜が得られた。今後、このナノ構造テンプレート用いた様々な 材料ナノ構造転写や複合化を通じて従来にない全く新しい機能・物性発現が期待される。
さらに見せる

99 さらに読み込む

CaptionTube を使った字幕作成と授業デザイン:インタビュー動画を利用して

CaptionTube を使った字幕作成と授業デザイン:インタビュー動画を利用して

1 .はじめに  これは2014 年春学期に京都産業大学の「中国語講読」クラスで行ったインタビュー動画の字 幕作成プロジェクトについての授業実践報告である。  最初に京都産業大学の外国語教育について紹介しおきたい。京都産業大学の英語以外の外 国語科目は、「たのしく学ぶ××語 A・B」(週 2 コマ、各 1 単位)「×× 語エキスパートⅠ・ Ⅱ」(週 4 コマ、各 4 単位)という 2 本立てで、学生は中国語、韓国朝鮮語、インドネシア語、 ベトナム語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、イタリア語の 9 言語から選択で きる。中国語履修者数は昨今の日中関係反映し、減っはいるものの、依然として一番多 い。外国語の履修単位数は学部によって違うが、法学部例にとる必修英語が 8 単位で、プ ラス英語で 4 単位かその他の外国語で 4 単位の12単位修得しなければいけない。
さらに見せる

15 さらに読み込む

GSLを使ってみよう

GSLを使ってみよう

• つまり Numerical Recipes丸写しするの透明度は違わない。 • 解説文書が不完全な、先輩のプログラムもらうより良いかも。 z 最新版がダウンロードできる ¾ 改訂の遅いNumerical Recipesの書籍版(とくに日本語) よりバグは少ない考えられる。

19 さらに読み込む

メールを使ってみよう

メールを使ってみよう

メールアドレス は、電子メールの受け渡しに使われる住所のことで、通常の住所同ように 1 つのメー ル アドレスは世界中に 1 つしかありません。 「おおさかシニアネット」という別荘の住所思っいただけたらいいかな・・・ .

12 さらに読み込む

AzPainterを使って バナーを作ってみよう

AzPainterを使って バナーを作ってみよう

「レイヤ使っ飾りつけ」では”何のためにこんな事するの?”思われる 方もいらっしゃる思いますが、レイヤの使い方の一歩だご理解ください。 肝心の筆者もAzPainter発見したその日の内にこの記事作っいます ので、とてもAzPainterが”使えてる”域に無いことは間違いなく、もっと多くの素 晴らしい機能が使えいないがために、もっと簡単な作成方法等あるやもしれ ませんけれど、初心者が作った入門書思っ頂けたら幸いです。これ以上の 事聞かれも解らないですよ、きっと(^^;
さらに見せる

28 さらに読み込む

研究室概要  地域を創る学びの探求と実践

研究室概要 地域を創る学びの探求と実践

⑤地域社会教育実習研究会 :地域におけるフィールドワーク学習方法等の調査・開発 ■主要メンバー(研究会運営役員・副代表)の紹介 ■2016 年度の年間活動の流れ 本年度は、都市の連携見据え山村・離島の地域づくり学習プログラムの試行実践行いながら、地域活動の継承に関わる フィールド調査に取り組みます。また、地域の人々や若者たちが交流し新たなつながり生み出すためのコミュニティカフェやラ ーニングバーの活動、他の地域系大学の学生や地域系高校の生徒の連携イベントも構想中です。
さらに見せる

2 さらに読み込む

未来を創る人と情報のエコシステムの確立(仮称)

未来を創る人と情報のエコシステムの確立(仮称)

背景- 2) 第5期科学技術基本計画での問題意識 ・・・ AI が搭載されたロボット等による事象に対する責任や、ネットワーク上の個人情報削 除する権利の問題など、新たに生じいる問題への適切な対応等進めいく必要がある。 サイバー空間の急速な発展により新たに生じ得る倫理的・法的・社会的課題に関し、分野 横断的・学際的な研究・検討推進し、制度の検討や技術の研究開発に反映しいく。 【社会科学技術イノベーション政策に関わる意識】
さらに見せる

17 さらに読み込む

ナノ粒子のサイズ・形態制御と 構造敏感型触媒プロセスへの応用

ナノ粒子のサイズ・形態制御と 構造敏感型触媒プロセスへの応用

は活性化エネルギーである.この式は異 なる温度での速度定数がわかれば,活性化エネルギー求めるこ 示しいる. „ アレニウスの式は,ボルツマン分布の式同じ形いることが

152 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題