トップPDF テストスィートのインストールガイド tsp install guide

テストスィートのインストールガイド tsp install guide

テストスィートのインストールガイド tsp install guide

1 .1 . 対応プラ ッ ト フ ォ ーム テストスィートインストールするマシン(以下サーバーと呼ぶ)プラットフ ォームは Linux: Redhat 9 以降 intel 版とする。 RedHatLinux ではインストール するパッケージ大分類が選択できるが、 「開発パッケージ」は必須であり、可能 ならばさらに 「 GNOME 、 KDE 」 パッケージをインストールすることを推奨する。 またファイアウォール設定に自信がなければ、ファイアウォール (ipchains) を インストールしないことを強く推奨する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

冗長構成時は可用性を優先させたシャットダウンシステムとなり冗長構成が保てない状態(UPS1 又は UPS2片側がバックアップ運転中や故障、バイパス運転など健全でない状態)でバックアッ プ運転を行うと OS シャットダウンを開始します。Netshut は OS シャットダウン信号を受信する と、もう一方 UPS に対し状態チェック(SNMP-GET)し、健全であるか確認を行います。 どちらか片側だけが故障・停電等になっても OS シャットダウンは行いません。
さらに見せる

29 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

・ Microsoft、Windows、Windows VistaおよびWindows Serverは、米国Microsoft Corporation米国およびその他国における登 録商標または商標です。 ・ Adobe、Adobeロゴ、Adobe Acrobat、Adobe Acrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) 商標です。 ・ Pervasive、Pervasive Software、Pervasive.SQL、Btrieve、およびPervasive Software ロゴは、米国Pervasive Software Inc. 米国お

11 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

1. Standard/Enterprise エディション場合はユーザーサイトから新しいライセンスキーを ダウンロードします。 2. フローサービス管理コンソールに管理者権限ユーザーでログインします。 3. 「システム>ライセンス情報」画面を表示します。Core/Core+エディション場合はライ センスキー横に表示される「取得」ボタンをクリックしてライセンスキーを更新します。 Standard/Enterprise エディション場合はライセンスキー横に表示される「変更」ボタ ンをクリックし、 1 でダウンロードしたライセンスキーを入力してライセンスキーを更新し ます。
さらに見せる

49 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

各ノードは、同じバージョン Manager ソフトウェアを実行している必要があ ります。 Manager ソフトウェアアップグレードを実行すると、最初にアップ グレードされる Manager がすべて Vulnerability Protection Manager タスクを 引き継ぎ、他すべて Vulnerability Protection Manager ノードをシャットダウ ンします。他ノードは、 [システム情報] にある [システムアクティビティ] パネル [アクティビティグラフ付きネットワークマップ] で「オフライン (アップグレードが必要)」と表示されます。各ノードはアップグレードが完了 するとオンラインに戻り、すべて Manager タスクが再開されます。
さらに見せる

136 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

付録 B インストール環境削除 ここでは、Interstage Studioインストールまたはアンインストール不測事態により、以降再インストールまたはアンインストールが 正常に動作しなくなった場合にだけ実施する“緊急対処用作業”について説明します。 以下手順を実施しご利用環境から本製品に関する資産・情報を削除することで、元環境に復旧することができます。ただし、同 一システム上に関連製品がすでに混在してインストールされている場合には、あらかじめそれら製品アンインストールを行った上 で以下作業を実施してください。
さらに見せる

53 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

※ Windows 2000 場合はインストール前に Service Pack 4 が適用されていることを確認してください。 ※ Windows 2000、XP SP2 以下場合は、インストール時に Windows installer 3.1 がインストールさ れていないと、一部機能(レポーティング機能)が動作しません。もし Windows installer 3.1 をインス トールされていない場合は、 Visual Mining Studio 7.0 インストール前に Microsoft ダウンロードセンタ ーから取得しインストールしてください。
さらに見せる

14 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

・ 資源バックアップ/リストアなど保守操作時を除き、通常運用操作はInterstage管理コンソールだけで行ってください。 ・ 不正アクセス、誤操作などによるデータ破壊に起因するシステム異常に対処するため、保護対象資源は定期的にバックアップを 採取してください。 ・ アプリケーションそのものは正しく作成されていても、ネットワークやハードウェア異常などによりアプリケーション異常終了や長 時間停止が発生することがあります。アプリケーションこれら異常へ対応方針を決定し、それに基づいて、ワークユニット リトライカウント、アプリケーション最大処理時間など設定を行ってください。
さらに見せる

76 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

冗長構成システム構成例を以下に示します。 冗長電源に対応したサーバ電源をそれぞれ UPS から給電し、LAN ネットワークも UPS と接続します。UPS1 及び UPS2で冗長構成が保てない状況においてバックアップアップ運転が行われると、サーバをシャットダウンしま す。この際、ネットワークを介してシャットダウン信号が送信されますので、通信経路となる HUB 等も冗長電源に対 応している必要があります。

37 さらに読み込む

FITOM音色設定ガイド010 Voice edit guide (Japanese)

FITOM音色設定ガイド010 Voice edit guide (Japanese)

FB = サブ ℎ2 × 8 + サブ ℎ1 7.2. デュアルボイスモードにおける疑似デチューン デュアルボイスモード(アルゴリズム 8 ~ 11 )では、 DT1/DT2 パラメータ組み合わせでサブ ch ごとに発音時音程に オフセットを与えることができます。デチューン単位は 100/64 セント (RPN#00/01 ファインチューンと同じ ) です。 DT1/DT2 をそれぞれ 7bit とし、以下ように -8192 ~ 8191 符号付き 14bit 整数とします。
さらに見せる

17 さらに読み込む

テストスィートのタイムスタンプ・プロトコル検証機能概要

テストスィートのタイムスタンプ・プロトコル検証機能概要

1 はじめに 本プロジェクト開発作業部分は、平成 15 年度において「タイムスタン プ・プロトコルに関する技術調査」成果であるタイムスタンプテストケ ースを自動検証できるようにするため、 平成 14 年度成成果である 「 PKI 相 互運用テストスィート」に各種機能を追加実装するものである。これによっ て完成したテストスィートを「 TSP 相互運用テストスィート」と呼ぶ。

12 さらに読み込む

Microsoft Word - AFT_3TB_HDD_install_guide doc

Microsoft Word - AFT_3TB_HDD_install_guide doc

■ AFT + 3TB HDD AFT + 3TB HDD AFT + 3TB HDD AFT + 3TB HDD へ Linux Linux Linux Linux 系 系 OS 系 系 OS OS OS インストール インストール インストール インストール GPT パーティショニングツール parted は AFT に対応していない。 GPT + AFT に対応したパーティショニングツール gdisk でパーティショニングを行うこ とで OS インストールが可能となる。

12 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

9. Symfoware/RDBとLinkexpress移行前作業を行います。詳細は、各製品ドキュメントを参照してください。 複写先システム Linkexpress Replication option を移行する場合 1. データベース更新利用者プログラムを停止します。(SQLコネクションをすべて切断します) 2. すべて抽出グループおよび抽出定義に対し、差分ログ取得終了(lxrepdisコマンド)を実施します。

22 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

デジタル署名について Web連携では、ActiveXコントロールに対しデジタル署名をして出荷しています。本製品に含まれるActiveXコントロールに署名した有 効期限は2013年1月26日です。本製品は、証明書有効期限内にデジタル署名をしています。「セキュリティ警告」画面が表示されま す。デジタル署名した日時が証明書有効期限内であること、製品名と会社名が「FUJITSU LIMITED」であることを確認し、ActiveX コントロールをダウンロードして利用するかどうか判断してください。この画面会社名(FUJITSU LIMITED)をクリックすると、「証明 プロパティ」画面が表示されます。「証明プロパティ」画面は、証明書内容を示したものです。本製品利用日時が証明書有効 期限外であれば、この証明書は失効しているため無効と表示されます。これは、証明書有効期限に対する通知であり、デジタル署 名無効を意味するものではありません。「FUJITSU LIMITEDから内容を常に信頼する」をチェック(レ印)した場合、以降は証明書 有効期限に関係なく確認操作を省略します。
さらに見せる

189 さらに読み込む

<インストールガイド>

<インストールガイド>

• SAP ERP Option機能およびBI Option機能を利用する場合は、必ずJobCenter 言語設定で非UNICODE環境で構築してください。UNICODE環境で構築された JobCenterではこれら機能は利用できません。 かつ、接続先SAPシステムがUnicode版場合は、あらかじめJobCenter動 作するマシン側で環境変数SAP_CODEPAGEを設定しておく必要があります。 詳細については「JobCenter SAP機能利用手引き」を参照してください。 ▪ ジョブが出力する文字コードについて
さらに見せる

102 さらに読み込む

<インストールガイド>

<インストールガイド>

JobCenterをクラスタで使用していた場合、環境変数NQS_SITE設定有無を確認 し、NQS_SITEが設定されていた場合は削除してください。 ■JobCenterアンインストール時にファイルが使用中である等理由により、 「Uninstall finished. Please reboot OS to complete uninstallation.」メッセージが表示されて%InstallDirectory%配下 binとlibが削除されず残ることがあります。その場合はOS再起動後に別途エクスプ ローラー等で削除してください。
さらに見せる

93 さらに読み込む

<インストールガイド>

<インストールガイド>

インストールされています。その場合MGパッケージがSVパッケージに依存して いますので、MGから先にアンインストールしてください。 4.2.1.2. スプール領域データ(ローカルサイト)を削除する スプール領域データはパッケージをアンインストールしただけでは削除されません。ここに は、ジョブネットワーク定義やスケジュール、トラッカなど各ユーザデータ他に、マシン 設定やキュー設定などNQS関連データなど、JobCenterセットアップ後に構築・設定した全て データが含まれています。これらデータを削除するには、次ディレクトリを削除してくだ さい。
さらに見せる

95 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

付録 B インストール環境削除 ここでは、Interstage Studio クライアント運用パッケージインストールまたはアンインストール不測事態により、以降再インストー ルまたはアンインストールが正常に動作しなくなった場合にだけ実施する“緊急対処用作業”について説明します。 以下手順を実施しご利用環境から本製品に関する資産・情報を削除することで、元環境に復旧することができます。ただし、同 一システム上に関連製品がすでに混在してインストールされている場合には、あらかじめそれら製品アンインストールを行った上 で以下作業を実施してください。
さらに見せる

40 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

"Uninstallation was successful."と表示されることを確認してください。 注意 PRIMECLUSTER GDS 4.XからPRIMECLUSTER GDS 4.3A20に移行した場合、PRIMECLUSTER GDS 4.3A20をアンインス トールした後、PRIMECLUSTER GDS 4.Xパッケージを削除してください。削除方法はPRIMECLUSTER GDS 4.Xインス トールガイドを参照してください。

18 さらに読み込む

インストールガイド

インストールガイド

以下は、クライアントが Linux マシンであるときに、 .bashrc ファイルを用いて 環境変数を設定する例である( my_name はテスト実行ユーザアカウント) 。 export PKITESTROOT=/home/my_name/pki14y export PKITESTPROGRAM=/usr/local/ChallengePKI2002/gpkiverify export PKITESTDATA=$PKITESTROOT/Data

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題