ESB基盤としての機能性向上

Top PDF ESB基盤としての機能性向上:

ジケトピペラジンの分子構造特性を基盤とする機能性分子の創製

ジケトピペラジンの分子構造特性を基盤とする機能性分子の創製

DKP 構造を有する新規不斉有機分子触媒創製に 向けて更なる検討を進めている. 5. おわりに 筆者らは,DKP 分子構造特性解明並びに新 規機能分子として応用発展を目的に研究を展開 してきた.その結果,フェニルアラニン由来 DKP 立体配座制御における分子内 CH/p 相互作用並 びに N-メチル化位置重要を明らかにした. また,DKP 構造を有する 2 種類シデロフォア 合成を達成し,それら溶解制御並びに金属キ レート能に関する新しい知見を得た.さらに,第一 級アミノ基を有する DKP 不斉有機分子触媒とし て可能を見い出した.本総説で紹介した DKP に関する研究成果を基盤として,今後は創薬化学分 野へ貢献を指向した真に実用的な機能分子創 製を目指していきたい.
さらに見せる

12 さらに読み込む

学力向上策としての悉皆学力テストの批判的検討 ―「成績公表」信仰の妥当性を問う―

学力向上策としての悉皆学力テストの批判的検討 ―「成績公表」信仰の妥当性を問う―

全県レベルでもっとも徹底していると思われる広島 県場合,2002 年から毎年行われている「『基礎・基 本』定着状況調査」 (悉皆調査。小学校 5 年生国語, 算数,中学校 2 年生国語,数学,英語学力調査,児 童/生徒質問紙調査, 学校質問紙調査からなる。 なお, 1998 年,2000 年同名調査は抽出調査)結果が, 各学校ウェブサイトで公開されている。しかも,自 校成績‐所在市町村平均‐県平均が教科全体について 表でまとめられるとともに,教科内分野ごと成績 もレーダーチャートで同じく自校‐市町村‐県が比較 可能な形で公開されるという徹底ぶりである。 さらに, 市町村が独自に悉皆調査を行う例も多く,そのうち 一つ,三次市で答案改竄など不正が発覚した(2005 年)ことは記憶に新しい
さらに見せる

9 さらに読み込む

V 都市のさまざまな活動を支える都市基盤の機能と質を高めるために(都市基盤分野)

V 都市のさまざまな活動を支える都市基盤の機能と質を高めるために(都市基盤分野)

中心市街地及び近郊 ける高齢化 進展や商店 減少等を踏 え,生活交通手段 確保 向けた公共交通空白地域 改善を図る 意見 ある。 基本施策 関連あ ータ 図 公共交通利用圏域と空白地域状況 出典 宇都宮都市交通戦略

10 さらに読み込む

並行Poiseuille流れの不安定性に対する計算機援用証明 (計算科学の基盤技術としての高速アルゴリズムとその周辺)

並行Poiseuille流れの不安定性に対する計算機援用証明 (計算科学の基盤技術としての高速アルゴリズムとその周辺)

が成り立てばよい. 以上をまとめると, 次定理を得る. Theorem 2 $u_{h}\in X_{h}$ , 集合 $U_{h}\subset X_{h},$ $U_{*}\subset X_{*},$ $U\subset X$ を $U_{h};=\{[\hat{v}_{h},\hat{w}_{h},\hat{\sigma},\hat{\mu}]^{T}\in X_{h}|\Vert\hat{v}_{h}\Vert_{\overline{\Delta}}\leq\gamma,$ $\Vert\hat{w}_{h}\Vert-\triangle\leq\delta,$ $|\hat{\sigma}|\leq c_{1},$ $|\hat{\mu}|\leq c_{2}\}$ ,

9 さらに読み込む

30.道の駅の防災機能向上に関する研究

30.道の駅の防災機能向上に関する研究

・担当職員(「道駅」、自治体、国など)柔軟な 対応 4.災害時に必要な「道駅」機能優先度 「道駅」重要な災害時対応一つである、避難 者支援は“休憩”、“情報発信”、“地域連携”平 常時基本機能だけでも、災害時避難者受入や情 報提供など支援が、ある程度、可能であることを確 認した。しかし、ライフラインが途絶した場合には、 これら機能が失われてしまうため、災害時に重要と なる機能や、その整備優先度が高いものについて次 に述べる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

援助要請の機能性の向上を目標とした行動的介入の試み ― 援助要請スキルトレーニングの効果検証 ―

援助要請の機能性の向上を目標とした行動的介入の試み ― 援助要請スキルトレーニングの効果検証 ―

など)へ援助要請では(クライエントなど) 援助要請スキル高さは大きな問題にはならない と考えられる。したがって,プログラム最後に この点(深刻な状況では援助要請スキルにこだわ らず専門家に援助を求めるとよいこと)に言及す ることとした。加えて,深刻な状況で援助要請, 友人に相談されたときに大人につなぐ(大人に相 談するように勧める)こと重要にも言及する こととした。本研究で作成したプログラム特徴 は,集団成員が相互に援助要請スキルとソーシャ ルサポート提供スキルを学習することを促し,主 に非専門家(友人など)へ援助要請を行う状況 においてよりよく支えあうことをめざすものであ り,「支えあい心理学」と命名した。プログラ ム構成と概要をTable 1に示した。
さらに見せる

12 さらに読み込む

教職員にソーシャル・キャピタルを醸成する校内研修の試み ~ 学校組織マネジメントの基盤としての同僚性・協働性を高める観点から ~

教職員にソーシャル・キャピタルを醸成する校内研修の試み ~ 学校組織マネジメントの基盤としての同僚性・協働性を高める観点から ~

 教職員間に同僚・協働向上を図るため効果的な校内研修方法を探るため、一つ実践を 試みた。まず、同僚・協働を高める資本としてソーシャル・キャピタル(社会関係資本)概 念に着目し、学校現場において同僚・協働が発揮されたと解釈される事例とソーシャル・キャピ タルと関連について考察した。次に、校内研修を、ソーシャル・キャピタル3要素「信頼・互酬 規範・ネットワーク」醸成を図る観点から、AI(Appreciative Inquiry)考え方を取り入れ たワークショップを実施した。その中で、参加者が語ったエピソードには3要素にかかわる内容が多 数見られ、同僚高まり面で、一定効果が裏付けられた。一方、その効果測定方法については 課題が残った。
さらに見せる

9 さらに読み込む

JAIST Repository: 研究力向上に資する研究基盤の可視化手法の提案

JAIST Repository: 研究力向上に資する研究基盤の可視化手法の提案

ォーマットから作成する必要があった.そのため,表‐1に示したデータベースフォーマットを作成し, 研究論文データには,〝Web of Science(Clarivate Analytics 社:以下 WOS)″から提供されている 2005 年~2015 年(11 年間) Article と Review データを用いた.なお,図‐2登録フォームへ 入力に関しては,共用機器を利用している教員方々に協力を依頼し,各教員が WEB ベースで情報入力 を行った.その結果,表‐2に示した情報量蓄積が出来た.
さらに見せる

5 さらに読み込む

黒ウコンの安定生産システムの構築 及び 高齢化社会のQOLの向上に向けた 機能性食品等の開発

黒ウコンの安定生産システムの構築 及び 高齢化社会のQOLの向上に向けた 機能性食品等の開発

・50%エタノール抽出はメタノール抽出に比べ成分種類に大差ないが、収率は2倍 以上。 ・黒ウコン塊根は12種メトキシフラボンを含有することが判明。 ・ソックスレー抽出による収率方が振盪抽出による収率より高いが、メトキシフラボン 含有量に大差はなく、2つ手法を場合に応じて利用することでより多く抽出物を 得ることが可能。

14 さらに読み込む

羅布麻の機能性食品としての 有効性とその開発研究 平成 25 年度 香川珠実

羅布麻の機能性食品としての 有効性とその開発研究 平成 25 年度 香川珠実

厚 生 労 働 省 2010 年 国 民 健 康・栄 養 調 査 に よ る と , 日 本 高 血 圧 学 会 基 準 に 基 づ く 高 血 圧 者 は 56.1% と 約 6,000 万 人 と 推 定 さ れ , 収 縮 期 血 圧 140-159 mmHg, 拡 張 期 血 圧 90-99 mmHg 軽 症 高 血 圧 者 が 39.7%, 収 縮 期 血 圧 160-179 mmHg, 拡 張 期 血 圧 100-109 mmHg 中 等 症 高 血 圧 者 が 9.8%, 収 縮 期 血 圧 180 mmHg 以 上 , 拡 張 期 血 圧 110 mmHg 以 上 重 症 高 血 圧 者 が 2.2% で あ る ( 日 本 高 血 圧 学 会 基 準 (2000 年 ) に よ る 名 称 を 使 用 ). 一 方 , 収 縮 期 血 圧 130-139 mmHg, 拡 張 期 血 圧 85-89 mmHg 正 常 高 値 血 圧 者 割 合 は 23.1% で あ り , 軽 症 高 血 圧 者 と 合 わ せ た 60% 以 上 が 重 篤 な 高 血 圧 症 に は 至 っ て い な い 状 況 に あ る と い え る . こ れ ら 人 々 に つ い て は , 薬 物 治 療 以 外 効 果 的 な 予 防 対 策 が 必 要 で あ り , そ 予 防 対 策 を 実 施 す る こ と は 国 民 健 康 維 持・改 善 に 大 き く 寄 与 す る と 考 え ら れ る .
さらに見せる

110 さらに読み込む

附属特別支援学校の役割: 教員養成機能と教員の専門性向上に係る地域への貢献

附属特別支援学校の役割: 教員養成機能と教員の専門性向上に係る地域への貢献

また、本校教育実践特色である、「個別教育計画 に基づく教育」「教科中心教育課程」「ムーブメント教 育」3点については、折に触れて地域学校に紹介し ている。その結果として、教材教具や検査器具貸し出 しを希望する学校や本校教育実践をまとめた冊子問 い合わせで本校に来校する地域教員が多くなった。こ ように、本校教育実践を伝えることから、地域特 別支援教育に貢献していることも多々ある。
さらに見せる

2 さらに読み込む

コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究

コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究

ちなみに、プロデューサーではなく制作最前線クリエイターであって も、優秀な方々はマーケティング精神をしっかり持っているという例を以 下に挙げておきたい。 劇画家さいとう・たかを氏は貸本屋向け漫画を書いていた頃体験を 次ように語っている。「『貸本屋に来る読者はどういう人だ』と出版社 社長に聞いたら、きょとんとした顔して『そりゃ、貸本屋に来る人に決まっ てるやろう』ってね。これはなんちゅう世界や、と思いました。お客さん ことがわからないで商品出したって、うまくいかないでしょう。その後、貸 本屋店内に1日中、座って客層を見たり、話を聞いたりしました。ブルー カラーが多いとわかって描き始めたが『無国籍風アクション』もの。∼中 略∼ビジネスである以上、今でも『まず読者ありき』です。だから自分が本 当に描きたいと思うものを描いたことはほとんどありません。そういうもの はだいたいウケてませんしね。」 (注-10)
さらに見せる

35 さらに読み込む

コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究

コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究

劇場営業も拡大配給と単館では大きく分かれる。まず、拡大配給について 触れよう。劇場選択も、必ずしも製作費と正比例することはなく、プロデ ューサーや宣伝部方針、作品カラーに合った劇場を選ぶことを考えなけ ればならない。東宝、東映ブロック・ブッキングで公開される場合は、そ れぞれ会社公開スケジュールにのっとって、かなり早い段階で公開予定 が決定される。洋画フリー・ブッキングにオファーする場合は、時期や希望 する劇場(チェーン・マスター)について制約を受けることが多い。洋画フ リー・ブッキング系劇場は、夏休みやお正月といった<いい時期>は、ハ リウッド・メジャー大作を中心に番組が組まれていることが多いからだ。 また、ハリウッド・メジャー各社は、年によってバラつきがあるものの、 年間15本前後質、量ともに安定した作品供給力を持っており、興行会社 はどうしてもメジャー作品を中心に番組を組んでしまう。そこで、供給力 で劣るインディペンデント配給会社は、<いい時期B級劇場>か<悪い 時期A級劇場>になることが多い(もちろん「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」ような例外もある)。またA級劇場を確保するためには、“タマ(チケ ット)”を用意する場合もある。つまり、あの劇場で上映したいので、これ
さらに見せる

35 さらに読み込む

IRUCAA@TDC : 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(hrc8 プロジェクト)上皮からみた口腔機能の特異性基盤の解明と疾患制御「唾液,歯周病,個別化予防・治療の最前線」

IRUCAA@TDC : 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(hrc8 プロジェクト)上皮からみた口腔機能の特異性基盤の解明と疾患制御「唾液,歯周病,個別化予防・治療の最前線」

突然死1番原因疾患です 1) 。当初,原因遺伝子 として HCM では心筋ミオシン重鎖や心筋トロポニ ンTといった,心筋収縮構造蛋白群であるサルコメ アを構成する蛋白をコードする遺伝子変異,DCM では心筋Z帯構成蛋白遺伝子異常,つまり異な る場所蛋白群異常によるものとして報告されま したが,その後,HCM,DCM 双方でサルコメア 構成蛋白,Z帯構成蛋白,のみならず,細胞膜,核 膜,筋小胞体,ミトコンドリアといった心筋細胞内 様々な箇所蛋白をコードする新たな原因遺伝子 が報告され,我々も様々な新規原因遺伝子を報告 して参りました。HCM,DCM は肥大,拡張と,形 態的には一見大きく異なりますが,HCM,DCM 双方に原因遺伝子が共通ものもあり,病因論的に は一部オーバーラップがあるではないかと考えま した。例えば,Z帯構成蛋白であり互いに結合して いる,Tcap,タイチン,MLP はそれぞれ HCM と DCM 双方に変異を認めますが,変異蛋白に伴う 機能変化を解析してみると,HCM 変異では,お 互い結合能を増加させる傾向にあり,DCM では, お互い結合能を低下させる傾向になりました。つ まり同じ原因遺伝子変異でも,結合蛋白同士変 異による機能変化違いにより,肥大型(HCM)と なったり,拡張型(DCM)になったり,異なる表現
さらに見せる

7 さらに読み込む

JAIST Repository: 研究力を向上させる研究開発環境イノベーションの課題と大学における研究基盤戦略のあり方 : 設備サポートセンター整備事業および先端研究基盤共用促進事業から見えた「現場」におけるイノベーション人材の重要性

JAIST Repository: 研究力を向上させる研究開発環境イノベーションの課題と大学における研究基盤戦略のあり方 : 設備サポートセンター整備事業および先端研究基盤共用促進事業から見えた「現場」におけるイノベーション人材の重要性

2. 研究基盤共用政策と関連する議論「場」 文部科学省研究基盤共用政策として,「先端研究基盤共用促進事業」・「設備サポートセンター整 備事業」・「ナノテクプラットフォーム事業」等が存在し,各事業においてシンポジウムや研究会等さ まざまなイベントが開催されてきた.各イベントにおいては,好事例共有がメインとなり,かつ事業 縦割り中で各事業間好事例や課題共有がなされることは少なかった.筆者が所属していた北海 道大学は,上記3事業に採択された数少ない機関であり,筆者らによるグローバルファシリティセンタ
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 環境政策の環境保全効果を向上させる地域基盤に関する研究

JAIST Repository: 環境政策の環境保全効果を向上させる地域基盤に関する研究

った。この結果に関して、規制目標値について最 新データを用いたことによる目的変数とタイム ラグ不足が原因一つと考えられる。タイムラグ が不十分であったため、規制を強くするほど環境保 全効果が向上するという因果ではなく、環境保全 効果が低いため規制を強くするという逆因果が 結果に影響したと考えられる。しかし、タイムラグ 不足に関わらず、社会的関心度が小さい地域に比
さらに見せる

5 さらに読み込む

金融仲介機能の質の向上に向けた取組み

金融仲介機能の質の向上に向けた取組み

【担保・保証に過度に依存しない融資】 <共通5、選択5・11> • 当行では、取引先事業内容把握ために事業評価シートを 活用しております。 • 本業支援第一歩はお客さま事業内容をよく知ることであり、 事業評価により事業内容を把握した上で、積極的な本業支援 を行ってまいります。

14 さらに読み込む

少人数指導加配教員の機能性に影響を与える要素について-学力向上推進リーダー等への質問調査から-

少人数指導加配教員の機能性に影響を与える要素について-学力向上推進リーダー等への質問調査から-

推進リーダー等を配置する取組成果指標は、これが「学習指導充実」施策1取組 であることから「主な推進指標」に示された「学力調査平均正答率向上」にある。し かし、A県学力向上施策は総合的に進められており、この人員配置による成果だけを切 り出してとらえることは難しい。そこで、この取組成果がより高い成果を上げるために は、どのような教育行政組織から働きかけが必要なか、そして、どのような内部要因、 外部要因等が推進リーダー等機能に影響を与えているか、そこに県教委、市町教委、 学校等連携がどのように影響しているか、などを仮説生成的に調査することとした。 3.調査概要
さらに見せる

10 さらに読み込む

国際法における異なる待遇の複合的機能-「規範の多重性」論争を手がかりとして-

国際法における異なる待遇の複合的機能-「規範の多重性」論争を手がかりとして-

る 特 恵 待 遇 ﹂ ︵ 37 ︶ と し て 位 置 付 け ら れ る こ 不 平 等 は 、 途 上 国 な ど 国 際 社 会 弱 者 に 対 し て 有 利 な 差 別 待 遇 を 法 が 与 え る こ と で 、 既 存 発 展 格 差 を 埋 め 合 わ せ る ︵ 補 償 す る ︶ こ と を 目 的 と す る 。 こ 補 償 的 不 平 等 に よ っ て 、 受 動 的 平 等 が も つ 形 式 が 克 服 さ れ 、 諸 国 を 具 体 的 観 点 か ら 捉 え る こ と が 可 能 と な る 。 第 三 に 、 ﹁ 能 動 的 平 等 ﹂ で あ る が 、 同 平 等 は 国 際 経 済 過 程 へ 平 等 参 加 権 と し て 位 置 づ け ら れ る 。 仮 に 補 償 的 不 平 等 に 基 づ き 、 途 上 国 な ど 弱 者 に 対 し て 特 恵 待 遇 が 与 え ら れ た と し て も 、 先 進 諸 国 が 支 配 す る 国 際 組 織 に あ っ て は 、 同 待 遇 は 直 ち に 取 り 消 さ れ る こ と に な る 。 そ こ で こ 平 等 は 、 途 上 国 に 対 し て 国 際 組 織 さ ら に は 国 際 社 会 意 思 決 定 過 程 へ 平 等 な 参 加 を 認 め る こ と で 、 発 展 不 平 等 へ 逆 行 を 防 止 す る 積 極 的 役 割 を 果 た す 。 こ よ う に 、 開 発 国 際 法 は 、 既 存 国 際 法 が 依 拠 し て き た 主 権 、 平 等 及 び 連 帯 と い う 諸 原 則 を 自 ら 合 目 的 観 点 か ら 再 解 釈 し 、 よ り 公 正 な 国 際 社 会 を 実 現 す る た め 手 段 と し て 捉 え る 。 こ う ち 特 に 重 点 的 な 見 直 し 対 象 と な っ た が 、 従 来 平 等 原 則 が 有 す る 形 式 で あ っ た 。 開 発 国 際 法 は 、 形 式 的 平 等 観 を 維 持 し つ つ も 、 諸 国 を 発 展 段 階 に 応 じ て 先 進 国 と 途 上 国 と に カ テ ゴ リ ー 化 す る が 、 こ ﹁ 地 位 二 重 ︵ dualit
さらに見せる

51 さらに読み込む

分析化学を基盤とした食品機能性研究の先導的展開(PDF)

分析化学を基盤とした食品機能性研究の先導的展開(PDF)

1. 過酸化脂質定量ため分析法開発  世界で最も高感度な単一光電子計数装置を当時新技術開発 事業団生物フォトンプロジェクトで開発し,ショウジョウバ エ寿命とハエ個体から発するフォトン強度(励起酸素分子, 今でいう活性酸素)が逆相関することを認めた.この発光子機 構を液体クロマトグラフ検出部に応用し,脂質ヒドロペルオ キシド(PCOOH)選択的高感度定量ため CL-HPLC法を 開発した.この米国特許を,カリフォルニア大学バークレイ校 医学部 Bruce Ames教授グループと熾烈な競争末,1990 年に得た.海外留学経験はなかったが 40歳という若い頃に米
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...