道路管理に関する事項

Top PDF 道路管理に関する事項:

委託研究 共同研究 地方共同研究 公募型共同利用申請 研究協力に関するもの 研究観測等協力依頼 気象観測船観測要望 乗船依頼 防衛省業務支援依頼 土地借用関係 管理運営に関する事項 研究助成に関する事項 職員の服務に関する事項 災害対策に関する事項 電子計算機に関する事項

委託研究 共同研究 地方共同研究 公募型共同利用申請 研究協力に関するもの 研究観測等協力依頼 気象観測船観測要望 乗船依頼 防衛省業務支援依頼 土地借用関係 管理運営に関する事項 研究助成に関する事項 職員の服務に関する事項 災害対策に関する事項 電子計算機に関する事項

サイエンスキャンプ 1 廃棄 科学技術週間 1 廃棄 お天気フェア 1 廃棄 取材に関するもの 取材報告に関するもの 取材報告 1 廃棄 報道発表 報道発表に関するもの 報道発表資料 3 廃棄 5 図書に関する事項 図書に関する事項 図書委員会に関する もの 図書委員会 1 廃棄 WMO・国際機関関係 5 廃棄 国際協力事業団

14 さらに読み込む

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

8. マーケット・リスクに関する事項 イ ) リスクの特性並びにリスク管理の方針、手続及び体制の概要 当社グループのトレーディング業務では、損益変動の抑制のために適宜ヘッジを実施していますが、 ストレス時にはヘッジが有効に機能しなくなる可能性があるため、財務状況や対象部門のビジネスプラ ン・予算等を勘案した上で、 VaR(一定の信頼水準のもとでの最大予想損失額)及び各種ストレス・テ ストによる損失見積りが自己資本の範囲内に収まるように、 それぞれ限度枠を設定しています。 その他、 ポジション、感応度等にも限度枠を設定しております。当社のリスク管理部署ではグループ全体の市場 リスクの状況をモニタリングし、経営陣に日次で報告しております。
さらに見せる

52 さらに読み込む

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

8. マーケット・リスクに関する事項 イ )リスクの特性並びにリスク管理の方針、手続及び体制の概要 当社グループのトレーディング業務では、損益変動の抑制のために適宜ヘッジを実施していますが、 ストレス時にはヘッジが有効に機能しなくなる可能性があるため、財務状況や対象部門のビジネスプラ ン・予算等を勘案した上で、 VaR(一定の信頼水準のもとでの最大予想損失額)及び各種ストレス・テ ストによる損失見積りが自己資本の範囲内に収まるように、 それぞれ限度枠を設定しています。 その他、 ポジション、感応度等にも限度枠を設定しております。当社のリスク管理部署ではグループ全体の市場 リスクの状況をモニタリングし、経営陣に日次で報告しております。
さらに見せる

52 さらに読み込む

などに関する支援を実施する 上記に示す基本的な考え方に基づき 道路管理者として行った具体的な支援は以下のとおりである a) 道路管理体制強化 特別強化区間の設定 連絡体制期間 特別体制期間の設定 本部 事務所の管理体制構築と前線基地の設置 道路巡回 道路点検の強化 b) 安全で円滑な道路交通の確保

などに関する支援を実施する 上記に示す基本的な考え方に基づき 道路管理者として行った具体的な支援は以下のとおりである a) 道路管理体制強化 特別強化区間の設定 連絡体制期間 特別体制期間の設定 本部 事務所の管理体制構築と前線基地の設置 道路巡回 道路点検の強化 b) 安全で円滑な道路交通の確保

写真-9 占用者会議の様子 7.道路占用物件に関する対応 道路管理上の問題や警察による警備への配慮その 他、デモ対応の観点等から、不法占用物件調査を実 施し、場合によっては個別指導を行った。その他、 放置車両の対応として警察への照会に加え、サミッ ト開催までの期限がない場合、当該放置車両に「不 法占用」の警告を記した張紙を付し、数日の猶予を 至 R230 札幌方面 至 道道 函館方面

5 さらに読み込む

資料 1① 道路のバリアフリー化 ①道路バリアフリー基準 道路管理者は その管理する道路を道路に関するバリアフリー基準 道路移動円滑化基準 に適合 するように努めなければなりません 生活関連施設間の道路のうち 高齢者 障害者等が通常徒歩で 利用する道路を国土交通大臣が指定し 特定道路とします 道路移

資料 1① 道路のバリアフリー化 ①道路バリアフリー基準 道路管理者は その管理する道路を道路に関するバリアフリー基準 道路移動円滑化基準 に適合 するように努めなければなりません 生活関連施設間の道路のうち 高齢者 障害者等が通常徒歩で 利用する道路を国土交通大臣が指定し 特定道路とします 道路移

道路管理者は、その管理する道路道路に関するバリアフリー基準(道路移動円滑化基準 ※ )に適合 するように努めなければなりません。生活関連施設間の道路のうち、高齢者、障害者等が通常徒歩で 利用する道路を国土交通大臣が指定し、特定道路とします。

6 さらに読み込む

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

○ ③ル「知的障がい者」とは ○ ③ヨ「精神障がい者」とは ・精神保健福祉手帳の交付を受けている方 ◆障害者の雇用の促進等に関する法律第19条の障害者職業センターにより「重度障がい者」と反転された方(重度障害者介 助等助成金、特定求職者雇用開発助成金、職場適応訓練の適用等に当たって行われている「知的障がいの程度が重い」範囲 と同様の範囲で判定が行われます。)

38 さらに読み込む

平成 19 年 7 月 30 日 市川市道路台帳等管理システム構築に関する情報提供依頼 RFI(Request For Information) 市川市道路交通部 道路管理課 市川市道路交通部道路管理課では 道路法第 28 条に基づき 道路台帳の調製 保管及び閲覧に関する事務を行っております 現在

平成 19 年 7 月 30 日 市川市道路台帳等管理システム構築に関する情報提供依頼 RFI(Request For Information) 市川市道路交通部 道路管理課 市川市道路交通部道路管理課では 道路法第 28 条に基づき 道路台帳の調製 保管及び閲覧に関する事務を行っております 現在

(1)各種資料の電子データ化 道路台帳、境界確定協議資料及び寄付採納資料に関するデータを電子 データ化すること。ただし、他社のシステムで電子データ化した各種資 料の図面類と調書データを連携(地図の対象場所をクリックすることに より、調書のデータを閲覧)できるように電子データ化すること。 (電子化すべき各種書類の件数は、別紙1の No.1∼No.7 を参照すること。)

11 さらに読み込む

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

具体的には、公共と民間とが提供するサービスが同一水準の場合は、事業 期間を通じた公的財政負担の少ない方を、また、公的財政負担が同一の場合 は、より質の高いサービスが提供できる手法を採用します。 VFMの評価は、従来型の手法により公共直営事業を行った場合の設計・ 建設費から運営費(維持管理を含む)、リスク管理までの事業全体の予想コ ストPSC(「Public Sector Comparator」)とPFI手法により事業を行っ た場合の公的財政負担の予想コストPFI-LCC(「Life Cycle Cost」) を現在価値で比較して行います。
さらに見せる

44 さらに読み込む

目次 1 趣旨 ( 独 ) 鉄道建設 運輸施設整備支援機構本社情報ネットワーク管理業務の詳細な内容及びその実施に当たり確保されるべき質に関する事項 実施期間に関する事項 入札参加資格に関する事項 入札に参加する者の募集に関する事

目次 1 趣旨 ( 独 ) 鉄道建設 運輸施設整備支援機構本社情報ネットワーク管理業務の詳細な内容及びその実施に当たり確保されるべき質に関する事項 実施期間に関する事項 入札参加資格に関する事項 入札に参加する者の募集に関する事

① ソフトウェアライセンス管理 技術員は、OS、ミドルウェア、パッケージソフトウェアに関するライセンス情報・価格情報を統一的な管理を行う。管 理する情報は現行運用において管理されている項目(ライセンス管理台帳)とし、引継ぎ期間に管理内容を引き継 ぐものとする。管理項目は、監督員からの要請により追加される場合がある。 技術員は、監督員からの要求に応じて管理情報を随時提供するとともに、パッケージソフトウェアの調達、追加、 廃棄等の変更が生じた場合、管理情報の更新を行う。また技術員は、管理情報と実体情報との整合性を定期的 (年1回以上)に確認し、管理情報を適切な状態に維持する。
さらに見せる

154 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

的建造物が現在も数多く残るものの、道路幅に比べて歩道幅が狭く、沿道の 歴史的建造物を散策するのには不十分な状況であった。本事業によって、以 前よりも歩行者空間が確保されるとともに、 周辺の歴史的建造物と一体となっ た良好な景観形成の促進が図られ、歴史的風致の維持及び向上に寄与する。

56 さらに読み込む

目 次 事業概要 1 Ⅰ. 本部事業 1. 出版に関する事項 3 2. 会議に関する事項 3 3. 規格調査会に関する事項 4 4. 選奨に関する事項 4 5. 教育に関する事項 4 6. 国際セクション代表者制度に関する事項 5 7. 学会からの情報発信に関する事項 5 8. その他の事項 6 9

目 次 事業概要 1 Ⅰ. 本部事業 1. 出版に関する事項 3 2. 会議に関する事項 3 3. 規格調査会に関する事項 4 4. 選奨に関する事項 4 5. 教育に関する事項 4 6. 国際セクション代表者制度に関する事項 5 7. 学会からの情報発信に関する事項 5 8. その他の事項 6 9

編集出版会議 :出版戦略、編集出版関係財務の立案と把握、著作権管理方法、 3 論文誌発行を担 当している。 IEEE の各論文誌が極めて高い評価を得ている現状で、エレソ各論文誌の存在感が一層 高まるよう、次を進める。 ELEX は IEEE 論文誌にはない全面オープンアクセスという特長を堅持 する。同時に、アジア各国からの投稿促進のため、掲載料を比較的安価に維持する。極めて優れた速 報性の維持・向上のため、編集委員の増員、著者への論文スコープの周知徹底などを継続して行う。 加えて第一線の研究者による論文投稿を促し国際基準での評価向上に努める。英文誌は特集号作戦を 維持しながら、 ELEX で獲得した世界の研究者からの投稿を促進する。また編集委員会の国際化を 一層進めるため、編集委員の海外比率を高め、各種国際会議との連携を強める。和文誌はいまだ多く を占める日本人会員の母国語による教育・知識普及の効果が高い特長を生かし、解説やテュートリア ルを強化する。その一環として、招待論文のフレキシブルな運用による付加価値向上を図る。
さらに見せる

26 さらに読み込む

Ⅱ マンションの管理の適正化に関する指針 及び マンション標準管理規約 改正事項一覧 1 マンションの管理の適正化に関する指針 改正の概要 1. コミュニティ形成の積極的な取組を新たに明記 基本的方向 に 新たに コミュニティ形成の重要性を位置付け 管理組合が留意すべき基本的事項 に管理費とその他の

Ⅱ マンションの管理の適正化に関する指針 及び マンション標準管理規約 改正事項一覧 1 マンションの管理の適正化に関する指針 改正の概要 1. コミュニティ形成の積極的な取組を新たに明記 基本的方向 に 新たに コミュニティ形成の重要性を位置付け 管理組合が留意すべき基本的事項 に管理費とその他の

この経緯から分かるように、当初はデベロッパーや各管理組合がそれぞれ作っていた 規約であったが、今日では「マンション標準管理規約」をベースにして作られた規約が 大多数である。それが今年またも大改正が行われた。 「標準管理規約」は、法律とは異なり各管理組合が参考にする資料であるが、各管理 組合にとっては、活用することが望まれている重要な文書であり、この「標準管理規約」 を補足説明するものとして、「コメント」が付属文書としてある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

 幹線道路の未整備により城下町の狭い通りへ多くの車両が進入 し、周辺部に比べ交通事故が多く発生し、まちめぐりの歩行者や 自転車の安全な通行に支障をきたしている。そこで、環状道路と しての本路線の整備により、一方通行を解消することで、通過交 通の分散を図り、城下町の狭い道路への進入車両を減少させ、歩 行環境、自転車走行環境の向上を図る。

19 さらに読み込む

物品管理業務に関する各府省等共通申し合わせ事項(案)

物品管理業務に関する各府省等共通申し合わせ事項(案)

5 令第37条第4項の規定により行う報告が 〔各省各庁の長〕 に対してなされるものである場合 には、当該報告に係る前項に規定する物品亡失、損傷等報告書は、 〔所属部局長〕 を経由しなけ ればならない。 6 〔部局長〕 が前項の規定による物品亡失、損傷等報告書を受領した場合において、当該報告書 に記載されたところに基づき法第33条第1項の規定による弁償(以下「検定前の弁償」という。) 又は令第40条の規定による弁償(以下「使用職員に対する弁償」という。)を命じたときは、 当該報告書に第27号様式に定める事項のうち弁償に係る事項を記載して、 〔各省各庁の長〕 に 提出しなければならない。
さらに見せる

101 さらに読み込む

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備または管理に関する事項

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備または管理に関する事項

(5) 歴史 ち く 対す 市⺠意識 向上 ため 事業. 歴史 ち く 推進啓発事業[r]

20 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

的建造物が現在も数多く残るものの、道路幅に比べて歩道幅が狭く、沿道の 歴史的建造物を散策するのには不十分な状況であった。本事業によって、以 前よりも歩行者空間が確保されるとともに、 周辺の歴史的建造物と一体となっ た良好な景観形成の促進が図られ、歴史的風致の維持及び向上に寄与する。 善光寺三門

58 さらに読み込む

リアルタイム路上工事運用手順書 道路管理者編

リアルタイム路上工事運用手順書 道路管理者編

(5) 本システムへの登録(VICS 情報の取得 ※ ) 【ステップ④】で『○表示されている区間と位置で登録する』ボタンをクリック し、本システムへの登録する時に、取得した規制区間(経路)を元に VICS 情報を取 得します。VICS 情報の取得ができないと正しい位置情報が表示できないので、 次項 の位置情報入力の注意事項を熟読し、正しい規制区間(経路)を取得してください。

84 さらに読み込む

リアルタイム路上工事運用手順書 道路管理者編

リアルタイム路上工事運用手順書 道路管理者編

99 (4) 本システムへの登録(VICS 情報の取得 ※ ) 【ステップ④】で『○表示されている区間と位置で登録する』ボタンをクリック し、本システムへの登録する時に、取得した規制区間(経路)を元に VICS 情報を取 得します。VICS 情報の取得ができないと正しい位置情報が表示できないので、 次項 の位置情報入力の注意事項を熟読し、正しい規制区間(経路)を取得してください。

111 さらに読み込む

冬期道路管理_1

冬期道路管理_1

情報を収集する 1 路面凍結予測システム 冬期の凍結路面発生の抑制と、雪氷路面対策作業の効率化 / 薬剤散布量削減の両立を図り、路面 維持管理コストの縮減はもとより道路利用者へのサービス向上を図るためのシステムです。 路面凍結予測は気象機関の気象予測データと、道路管理者がパトロールなどで収集する路面観測 情報をもとに、今後発生する路面状況を予測するもので、両者はインターネットを通じて迅速に 情報を交換します。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...