自立して生活できるよ

Top PDF 自立して生活できるよ:

270716生活困窮者自立支援制度ニュースレター【No.10】

270716生活困窮者自立支援制度ニュースレター【No.10】

⇒ 関係部局と緊密に連携を図ることにより、関係部局が生活困窮というニーズを早期に「発見」 、気になる生活困窮者を自立相談支援機関につなぐことが重要。 <連携体制構築が必要と考えられる関係機関の例> 福祉事務所、ハローワーク、学校、教育委員会、地域若者サポートステーション、引きこもり 地域支援センター、社会福祉協議会、障害者相談支援事業所、地域包括支援センター、消費生活 相談窓口、更生保護施設、商工会議所等
さらに見せる

22 さらに読み込む

生活困窮者自立支援相談事業 基本施策6 安定した生活を送れる社会福祉の充実(低所得者福祉・母子・父子福祉) | 結城市公式ホームページ

生活困窮者自立支援相談事業 基本施策6 安定した生活を送れる社会福祉の充実(低所得者福祉・母子・父子福祉) | 結城市公式ホームページ

総合計画 67ページ  予算書 65ページ リーマンショックを発端とた景気の低迷や,派遣切り等失業者が増 加する中で,第2のセーフティーネットである本事業の必要性が高ま った。生活保護に至る前の段階から,関係機関との連携により本事業 を実施,困窮状態からの早期自立を支援する。

2 さらに読み込む

社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会におけるこれまでの ( 目次 ) これまでの各回における議題の 特に議論いただきたい点 を基に整理 < 第 2 回部会関係 > (2-1) 自立相談支援のあり方について 1 1 自立相談支援のあり方全般 2 自立相談支援事業に生活困窮者をつなげる仕組み

社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会におけるこれまでの ( 目次 ) これまでの各回における議題の 特に議論いただきたい点 を基に整理 < 第 2 回部会関係 > (2-1) 自立相談支援のあり方について 1 1 自立相談支援のあり方全般 2 自立相談支援事業に生活困窮者をつなげる仕組み

相談者の生活をどう支えいくかといった視点と、一方で、自己決定 という視点についてそれぞれの兼ね合いをどうとっいくのかが重要。 生活困窮者自立支援の窓口から始まり、結果として生活保護の活用 に至った場合に、横断的に同じ支援者が関わっいくような仕組みづ くり、支援の連続性が必要。

10 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

年間延べ人数(正職員)  障害児・者が地域で自立た日常生活や社会生活が営めるよう地域生活支援事業を適切に進める。自立支援協議会の 運営を着実に進めるため、障害福祉室及び相談支援事業者、計画推進アドバイザイーに各部会の代表者を加えた拡大事 務局会議を2回開催、各部会の課題を明確に、効率的な運営を図る。基幹相談支援センターの設置を行う。権利擁 護事業として成年後見制度の活用を図るとともに、市民後見や法人後見制度の検討を行う。障害者虐待防止センターの スキルアップを図り、虐待防止の啓発や緊急避難のための一時保護など関係機関と連携、虐待防止に努める。虐待防 止対策協議会を開催、虐待ケースの事例検討等を行う。意思疎通支援事業の実施や障害者差別解消法の研修会を実施 する。障害児者のライフステージを通じた継続的な支援に役立てるため、サポート手帳を作成する。
さらに見せる

30 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

 指定管理者制度の下で、施設の管理と就労移行や生活 介護等の各事業の着実な実施を図るとともに、自主事業 の実施を支援ます。また、各種事業が円滑に実施でき るよう、施設の管理を行います。

2 さらに読み込む

区分施策体系取組 相談 保護 自 立 信頼 安心できる相談 保護体制の確立 関係機関の連携による切れ目のない自立支援の実施 2 保護体制の充実 強化 3 保護命令への対応等 1 施設における保護の円滑な 実施 2 就業支援機関との連携によ る経済的自立の促進 3 子供への支援の充実 4 生活の安定と

区分施策体系取組 相談 保護 自 立 信頼 安心できる相談 保護体制の確立 関係機関の連携による切れ目のない自立支援の実施 2 保護体制の充実 強化 3 保護命令への対応等 1 施設における保護の円滑な 実施 2 就業支援機関との連携によ る経済的自立の促進 3 子供への支援の充実 4 生活の安定と

被害者が自立,安心生活するためには,就業や住宅の確保のほか様々な支援制度の活用 等が必要であり,このような制度そのものの充実とともに,関係機関の情報の収集や関係機関相 互の連携が必要です。 また,被害者の保護と自立支援のためには,配偶者暴力相談支援センター,警察,福祉事務所 等の県,市町の関係機関,法務局,婦人保護施設や母子生活支援施設などの社会福祉施設,民間 団体等が共通認識を持ち,日々の相談や保護,自立支援等で緊密に連携,実効性のある施策を 推進いくことが必要です。
さらに見せる

41 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

・障害のある人が地域で自立た日常生活及び社会生活が営めるよう、地域生活支援事業を適切に進めた。 ・相談支援事業所等との拡大事務局会議等を通じて、自立支援協議会全体会、各部会等の開催・運営を着実に進めた。 ・相談支援事業所との連携の強化により、総合相談、個別相談、虐待防止、権利擁護などに取り組んだ。 ・障害のある人のライフステージを通じた継続的な支援に役立てるため、サポート手帳の普及に努め、活用を図った。
さらに見せる

34 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

・縮小 ・廃止 ・完了 ( 何をいつまでにどうするのか等) )  地域生活支援事業は、障害者の各々のニーズに応えるための事業であり、障害のある人 の地域生活と社会参加のために必要な事業であることから、引き続き、推進いく。ま た、相談支援事業所との連携の強化により、基幹相談支援センターの機能・役割である総 合相談、個別相談、虐待防止、権利擁護、地域移行・地域定着等の取組を更に進めるとと もに、自立支援協議会の着実な運営と、各部会における議論を通じて、各々の課題を明ら かに、解決に向けた意見の集約を図っいく。
さらに見せる

30 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

平成25年度から難病が障害福祉制度の対象となり、それに対応するため、調査、審査、支給決定などを適切 に実施できる仕組みを確立させた。また、障害程度区分が障害支援区分に改正され、平成26年4月から施行 されたため、それに対応するシステム改修を行った。 障害福祉サービスを適切に利用することにより、障害のある人が自立た日常生活及び社会生活が営める う、自立支援給付認定事業にかかる事務を適正に執行する。
さらに見せる

34 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

 指定管理者制度の下で、施設の管理と就労移行や生活 介護等の各事業の着実な実施を図るとともに、自主事業 の実施を支援ます。また、各種事業が円滑に実施でき るよう、施設の管理を行います。

2 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

 平成25年度から、児童を対象に自立支援医療(育成医療)が大阪府より移管され、適切に実施するために、事務 のシステム化を図るとともに、受給者証及び上限管理票の変更を行った。  自立支援医療(更生医療、育成医療、精神通院医療)は、障害の治癒や軽減による機能の改善により、障 害者の日常生活能力の回復や改善を図ることを目的に行われる公費負担の医療制度であり、適切に実施す る。

26 さらに読み込む

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

10障害のある人が自立した生活を営む環境を整備する

重点 障害福祉 課 自立支援給付認定の推進  障害者がサービスを適切に利用、地域で自立た生 活が営めるよう、障害程度区分の認定や自立支援給付・ 地域生活支援事業の支給決定及び審査・支払等を適正に 行います。

2 さらに読み込む

第 6 期ひろしま高齢者プランにおける介護サービス基盤整備について 介護保険課 1 目指す方向 高齢者が介護や支援が必要になっても, できる限り住み慣れた地域で自立した生活が継続できるよう, 必要に応じ適切なサービスが提供できる地域包括ケアに対応した介護サービス基盤が, 市町の方針や地域の実情に応じ

第 6 期ひろしま高齢者プランにおける介護サービス基盤整備について 介護保険課 1 目指す方向 高齢者が介護や支援が必要になっても, できる限り住み慣れた地域で自立した生活が継続できるよう, 必要に応じ適切なサービスが提供できる地域包括ケアに対応した介護サービス基盤が, 市町の方針や地域の実情に応じ

○ 要支援者等とサービス提供者,介護予防ケアマネジメントの主体が,介護保険制度の自立 支援の理念や介護予防の重要性を共有すること。 ○ 利用者の状況に合わせ,サービス提供者・介護予防ケアマネジメントの主体が,それぞれ 要支援者等の重度化予防・生活を支える機能をより発揮いくことが求められいる。 (2)介護事業者の新しい総合事業における地域のサービス提供体制の中における位置付け ○ サービス提供事業者として,在宅の要支援者等を支える機能(自立支援,重度化予防) 。
さらに見せる

8 さらに読み込む

はじめに 障害者の地域生活と就労を進め 自立を支援する観点から これまで障害種別ごとに異なる法律に基づいて自立支援の観点から提供されてきた福祉サービス等について 共通の制度の下で一元的に提供し 地域生活や就労支援を推進する障害者自立支援法が 平成 18 年 4 月に施行されました 障害者自立支援法は

はじめに 障害者の地域生活と就労を進め 自立を支援する観点から これまで障害種別ごとに異なる法律に基づいて自立支援の観点から提供されてきた福祉サービス等について 共通の制度の下で一元的に提供し 地域生活や就労支援を推進する障害者自立支援法が 平成 18 年 4 月に施行されました 障害者自立支援法は

・支援開始時には電話相談のみの関わりであった。20年間家族以外の他者との関わりが無かったことに配慮、本人の話を傾 聴ながら関係をつなぐことに徹しいた。近況報告やアイドル、アナウンサーといった話題が増えながらも服薬状況や通院 先、食事や生活状況(毎日何百枚もファンレターを書いいる事、等)のアセスメントを丁寧に行っいった。 ・両親が相次いで他界たことで、姉夫婦との同居(2世帯)が始まり具体的な生活課題を訴えるようになり定期的な相談支 援事業所の利用が始まる。(フリースペースでの食事会を促すと積極的に参加するようになり、それがきっかけになる) ・フリースペースの利用を通して、本人の生活課題やコミュニケーションの取り方が具体的に分かっくる。(衣類の乱れや 食生活)同時に他利用者とのトラブルも多くなっしまい(恋愛感情や異性の利用者へしつこくしまう等)、トラブルを 防ぐような支援が中心となっしまう。トラブルを防ぐような支援の脱却と本人の目標を具体化するために支援計画を作成す る。
さらに見せる

94 さらに読み込む

生活保護制度における就労自立支援の問題点

生活保護制度における就労自立支援の問題点

目   次 Ⅰ はじめに (石橋敏郎) Ⅱ 生活保護制度の現状と自立助長 (木場千春)    1 生活保護受給者の増加とその背景    2 生活保護法における最低生活保障と自立助長    3 就労自立支援に関係する制度・要件    4 小括   Ⅲ 生活保護受給者に対する就労自立支援プログラム (河谷はるみ)    1 就労自立支援プログラムの創設、内容    2 就労[r]

76 さらに読み込む

堺市障害者地域活動支援センター運営事業について 1. 地域活動支援センターとは? 障害者自立支援法 ( 平成 17 年法律第 123 号 ) 第 5 条第 26 項に規定する 地域活動支援センター とは 障害者 ( 児 ) が利用することで 地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができる

堺市障害者地域活動支援センター運営事業について 1. 地域活動支援センターとは? 障害者自立支援法 ( 平成 17 年法律第 123 号 ) 第 5 条第 26 項に規定する 地域活動支援センター とは 障害者 ( 児 ) が利用することで 地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができる

運 営 主 体 特定非営利活動法人 ソーシャルハウスさかい 最寄駅 地下鉄御堂筋線 なかもず駅、南海高野線 中百舌鳥駅 ◆ 運営方針 当事者や家族の一人ひとりが自ら望む生活の実現に向け、利用者の市民性を尊重自らがリカバリーできる う、地域の特性を活かした、地域福祉・街づくりにもつながる創造的活動を行うとともに、各関係機関と連携 利用者のニーズに応じた相談支援やコミュニティワークにつなげいく。
さらに見せる

20 さらに読み込む

しらさぎ 支援センターしらさぎ 支援センターしらさぎは 利用者一人ひとりが地域で安心して自立した生活ができるよう 提供するサービスごとに さまざまな関係機関と連携をとりながら その人が望むその人らしい豊かな生活の実現を目指して必要な支援を行います 支援センターしらさぎ は堺市内において 就労支援を行

しらさぎ 支援センターしらさぎ 支援センターしらさぎは 利用者一人ひとりが地域で安心して自立した生活ができるよう 提供するサービスごとに さまざまな関係機関と連携をとりながら その人が望むその人らしい豊かな生活の実現を目指して必要な支援を行います 支援センターしらさぎ は堺市内において 就労支援を行

しらさぎ・ネスト 地域活動支援センター運営業務(堺市) 開設4年目となる今年度は、堺市より新たに委託を受け直すこととなり、これまでの活動実績 が認められたものと考え、これまでと変わらず、「居心地の良い休息所」「安心できる拠り所」とい う、様々な人たちの「居場所」として機能ます。とりわけ就労いる単身生活者などが、気軽 に立ち寄れる居場所であるとともに、日中事業所や仕事帰りの支援を中心とたトワイライト時 間帯における支援や、地域で生活いる利用者やその家族や地域住民も、利用できる居場 所づくりをこころがけます。地域の方々の協力も得ながら、さまざまなプログラムを提供いく とともに、利用者自身がプログラムの企画運営に携わることへ配慮するなど、生きがいづくり・仲 間づくりにつながるような支援も継続行きます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

生活困窮者自立支援制度 施行1年目の取組み

生活困窮者自立支援制度 施行1年目の取組み

2.就労準備支援事業、一時生活支援事業及び家計相談支援事業等の実施(任意事業) 次の事業を実施することができる。 ○「就労準備支援事業」 (就労に必要な訓練を日常生活自立、社会生活自立段階から有期で実施) ○「一時生活支援事業」 (住居のない生活困窮者に対して一定期間宿泊場所や衣食の提供等を行う。) ○「家計相談支援事業」 (家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっ旋等を行う。) ○「学習支援事業」 (生活困窮家庭の子どもへの学習支援) ○ その他自立の促進に必要な事業
さらに見せる

32 さらに読み込む

4 総評 特に評価が高い点 母子が 安心して穏やかに生活できる場 を提供しています 地域には小学校 保育園 町営住宅等があり山間の緑が多く静かな住環境にあります 施設は安心して生活ができるように玄関は 1 箇所とし 利用者以外の侵入者を防いでいます 各居室は直ぐに生活できるように環境整備されています

4 総評 特に評価が高い点 母子が 安心して穏やかに生活できる場 を提供しています 地域には小学校 保育園 町営住宅等があり山間の緑が多く静かな住環境にあります 施設は安心して生活ができるように玄関は 1 箇所とし 利用者以外の侵入者を防いでいます 各居室は直ぐに生活できるように環境整備されています

○社会的養護の施設として施設の安全確保や地域課題やニーズに応えるため、連携 できる他の機関との協力体制の確立を望みます。 ○母子が「安心穏やかに生活できる場」を提供います。 地域には小学校、保育園、町営住宅等があり山間の緑が多く静かな住環境にありま す。施設は安心生活できるように玄関は1箇所と、利用者以外の侵入者を 防いでいます。各居室は直ぐに生活できるように環境整備されいます。居室3室 にはエアコン等、空調も整備されいます。調理等に必要な台所用品、食料品、衣 類、その他必需品の貸与も行っいます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

人工呼吸器ガイドブック 発行 障害者自立生活センター IL-ism

人工呼吸器ガイドブック 発行 障害者自立生活センター IL-ism

障害によっては人工呼吸器はいずれ使うことになるものです。正しい情報があれば人工呼吸器に対する恐怖感が軽 減され、人工呼吸器をスムーズに導入することができます。また自立支援を進める上でも人工呼吸器の情報提供、導 入支援はとても重要です。 このガイドブックは、実際に人工呼吸器を使用いるIL−ismの障害当事者スタッフによって作成されました。 内容は人工呼吸器の基礎的な説明から始まり、検査・入院、使用方法、人工呼吸器使用者の生活と介助、必要な準備、 工夫、人工呼吸器使用者の手記など人工呼吸器に関するさまざまな情報が掲載されいます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...