細に実験、検討することによって、加H

Top PDF 細に実験、検討することによって、加H:

図 1 実験画像 2. 研究の目的 本研究は, 画像鑑賞と描画作業の体験による気分の変化を評価することによって, 療養環境を改善するための病院におけるアート活動について検討することを目的とする よい印象の画像を鑑賞することによる気分の変化や, 描画作業による気分の変

図 1 実験画像 2. 研究の目的 本研究は, 画像鑑賞と描画作業の体験による気分の変化を評価することによって, 療養環境を改善するための病院におけるアート活動について検討することを目的とする よい印象の画像を鑑賞することによる気分の変化や, 描画作業による気分の変

 1.はじめ 病院におけるアート活動としては,アート作品の展示やアー トワークショップによる制作への参加の取り組みがみられる。 いずれも,患者や医療スタッフ関わる心理的効果によって療 養環境の改善を試みるものである。しかしながら,病院おけ るアート活動の効果については,患者や医療スタッフの心理的 効果に関する定量的な分析・評価裏付けられた既往研究が少 ない。病院展示する絵画については,絵画の視覚的造形要素 と印象評価の関係について研究し,患者のよい印象関係する 絵画の造形要素の特性を導き出すことを試みている [注1-7] 。 よい印象の絵画を鑑賞することは,患者にとって療養環境を改 善する心理的な効果繋がると考えられる。このようなアート 作品の鑑賞による効果加え,手作業を用いたアートワークシ ョップによる制作への参加が,心理的効果やリハビリを補助す る役割を担うためは,その有効性を証明する足る定量的・ 定性的評価が必要である。手や指を使う作業は,リハビリ位 置づけられる機能改善の役割だけではなく身体全般もよい効 果をもたらすと言われており,多方面から評価する必要がある。 筑波大学では,病院でのアート展やアートワークショップを実 施しており,手作業を用いたアートワークショップでの参加者 の特性について行動観察を行っている[注8] 。本研究は,病 院の療養環境改善繋がるアート展やアートワークショップ, すなわち,ホスピタブルアートの有効性を評価するための基礎 研究として位置づけられる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Microsoft Word - h-09動物実験処置の苦痛分類に関する解説

Microsoft Word - h-09動物実験処置の苦痛分類に関する解説

SCAW のカテゴリー D : 脊椎動物を用いた実験で,避けることのできない重度のストレスや痛みを伴う実験。 Experiments that involve significant but unavoidable stress or pain to vertebrate animal species 。 行動面故意ストレスを加え,その影響を調べること(解説 12 ) 。麻酔下における外科的処置で,処置後著しい不 快感を伴うもの。苦痛を伴う解剖学的あるいは生理学的欠損あるいは障害を起こすこと(解説 13 ) 。苦痛を伴う刺激を与 える実験で,動物がその刺激から逃れられない場合(解説 14 ) 。長時間(数時間あるいはそれ以上)にわたって動物の身 体を保定(拘束)すること(解説 15 ) 。本来の母親の代わり不適切な代理母を与えること(解説 16 ) 。攻撃的な行動を とらせ,自分自身あるいは同種他個体を損傷させること(解説 17 ) 。麻酔薬を使用しないで痛みを与えること。例えば, 毒性試験において,動物が耐えることのできる最大の痛み近い痛みを与えること。つまり動物が激しい苦悶の表情を示 す場合。放射線障害をひきおこすこと。ある種の注射,ストレスやショックの研究など(解説 18 ) 。カテゴリー D 属す る実験を行う場合は,研究者は,動物に対する苦痛を最小限のものするため,あるいは苦痛を排除するため,別 の方法がないか検討する責任がある。
さらに見せる

9 さらに読み込む

32 小宮幸子 森友久 堀之内藍 他 て, モルヒネ誘発悪心 嘔吐および消化管輸送能に対する 影響を検討した. 方 本研究を遂行するにあたり, 科学的にはもとより, 動物 福祉の観点からも適正な動物実験の実施を促すことを目的 として制定された星薬科大学動物実験指針に従い, 本学の 動物実験委員会で承

32 小宮幸子 森友久 堀之内藍 他 て, モルヒネ誘発悪心 嘔吐および消化管輸送能に対する 影響を検討した. 方 本研究を遂行するにあたり, 科学的にはもとより, 動物 福祉の観点からも適正な動物実験の実施を促すことを目的 として制定された星薬科大学動物実験指針に従い, 本学の 動物実験委員会で承

の作用機序は不明な点が多く,さらなる詳細な検討が必要 であると思われる. 本研究では,モルヒネ誘発消化管輸送能抑制作用対す るトリヘキシフェニジルおよびピレンゼピンの影響を検討 する目的で,gastrointestinal transit(GI transit)法を用 いた小腸輸送能の測定,beads 法を用いた大腸輸送能の測 定を行った.その結果,トリヘキシフェニジルは,モルヒ ネにより惹起された小腸輸送能抑制作用を狭い用量範囲で 減弱させたが,ピレンゼピンでは,幅広い用量で有意な改 善効果が認められた.大腸輸送能において,トリヘキシ フェニジルでは一部改善効果が認められたものの,モルヒ ネにより惹起された大腸輸送能抑制作用は用量依存的悪 化傾向を示した.しかしながら,ピレンゼピンでは,有意 な改善効果が認められた.以上の結果より,ピレンゼピン
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 5 章大型有開口パネル実大構面水平加力実験 83

第 5 章大型有開口パネル実大構面水平加力実験 83

5.1 実験の目的 前章示す L 形・T 形パネル水平実験引き続き、有開口 CLT パネルによって構成される 1 層および 2 層の実大壁構面の水平実験を行う。本実験の背景は 4.1 と同様であるが、本実 験では下記の項目を実験確認するとともに、それらに対する FEM 解析の適合性を検討する

60 さらに読み込む

(2) 操作性 わかりやすいユーザーインターフェース 難しい操作は避ける (3) 相互運用性と国際整合性本実験は相互運用性と国際整合性を担保していることを条件とする 特定の OS 特定の Web ブラウザに依存しない方式を検討する ただし UTF-8 が動作する環境を本実験の対象とする ISO/IE

(2) 操作性 わかりやすいユーザーインターフェース 難しい操作は避ける (3) 相互運用性と国際整合性本実験は相互運用性と国際整合性を担保していることを条件とする 特定の OS 特定の Web ブラウザに依存しない方式を検討する ただし UTF-8 が動作する環境を本実験の対象とする ISO/IE

本事業が対象とする具体的な字形については、 http://unicode.org/ivd/pri/pri167/index.html 参照。 02 IVS Variation selectors and variation sequences :文字が、 形状の異なる複数の異体字を持つ場合、通常のコードスペ ースで符号化する文字符号は原則1つとし、個別の異体字 表記については、文字コードではなく、異体字識別番号 よって識別しようという考え方である。

8 さらに読み込む

平成 30 年度報告書 2 7 平成 29 年度の散布実験及び散布方法の検討結果を反映した実証実験 2. 7 平成 29 年度の散布実験及び散布方法の検討結果を反 映した実証実験 1 目的 発酵後の消化液を使い 平成 29 年度の散布実証とは異なる様々な品目や手法での散布方 法を検討するため 市内の

平成 30 年度報告書 2 7 平成 29 年度の散布実験及び散布方法の検討結果を反映した実証実験 2. 7 平成 29 年度の散布実験及び散布方法の検討結果を反 映した実証実験 1 目的 発酵後の消化液を使い 平成 29 年度の散布実証とは異なる様々な品目や手法での散布方 法を検討するため 市内の

82 (5) 栽培実証のまとめ 12 月以降降雨のある日が多く、施肥ができない時期が続いたため、液肥の効果を確認す ることがは難しい実証となった。そんな状況の下、紅芋農家は散布車を使った散布を歓迎し ていたものの施肥効果も害もみられなかった。さとうきび農家は自分の農薬散布車で液肥 を散布し、想像以上沈殿物が多いと感じ、自分が使う分は問題なく使えるものの、他の 農家普及させるためは沈殿物を取り除いた上で配布することが重要であることを指摘 した。花卉農家は動力噴霧機で散布し、花卉への沈殿物の付着を気したが、ドラセナの発 色違いがあらわれ、通常の施肥液肥を追加して施用したほうが緑色が濃くなり品質と して向上した。
さらに見せる

15 さらに読み込む

リン 酸 塩 の 増 加 において 生 理 的 な 原 因 と 分 析 上 の 原 因 はどのように 区 別 することができるか? 考 察 リン 酸 塩 は 細 胞 内 に 最 も 豊 富 に 存 在 する 陰 イオンであり 人 体 において 有 機 体 無 機 体 として 存 在 する その 多

リン 酸 塩 の 増 加 において 生 理 的 な 原 因 と 分 析 上 の 原 因 はどのように 区 別 することができるか? 考 察 リン 酸 塩 は 細 胞 内 に 最 も 豊 富 に 存 在 する 陰 イオンであり 人 体 において 有 機 体 無 機 体 として 存 在 する その 多

9 症患者からの血清を用いた体系的な研究により、干渉が症例報告から推察されるよりも、もっと頻繁生じて いることが報告されている(3)。 パラプロテインの有病率と分析測定での干渉を考慮すると、この干渉を低減し、検出するためはより多くの アプローチが必要である。診断試薬の製造会社は、干渉を低減するため試薬を最適化する(例:界面活性剤、 イオン強度)ことが可能であり、反応速度とサンプル濃度をモニターすることで干渉の警告を出すことも出来 る。検査ラボはパラプロテインもしくはパラプロテイン干渉があるかも知れないサンプルを同定するためのソ フトを使用することも出来る。そのようなサンプルを同定するための試験結果と、干渉指標の使用例として (a)低アルブミン濃度と総タンパク質濃度の上昇が見られるサンプル、(b)干渉指標と試験結果が釣り合わ ない(例:黄疸指標の増加と正常な総ビリルビンおよび直接ビリルビン値)サンプル、(c)整合性のとれな い試験結果(例:総ビリルビン値よりも高い直接ビリルビン値)のサンプル、(d)陰性もしくはあり得ない 検出結果(例:HDL コレステロール)のサンプルなどが挙げられる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

体の完全保持によって アナモックス活性の低下を菌体数でカバーすることが可能となり アナモックスプロセスで必要不可欠な加温 (37 が最適 ) が不要となり コスト削減につながると考えられる さらに 完全混合によって槽内の各態窒素濃度を低濃度に保つことができ アナモックス細菌に対する高濃度亜硝酸阻害を

体の完全保持によって アナモックス活性の低下を菌体数でカバーすることが可能となり アナモックスプロセスで必要不可欠な加温 (37 が最適 ) が不要となり コスト削減につながると考えられる さらに 完全混合によって槽内の各態窒素濃度を低濃度に保つことができ アナモックス細菌に対する高濃度亜硝酸阻害を

3.4.2 好気的アンモニア酸化細菌の植種源の検討 酸素供給開始時はリアクター内好気性アンモニア酸化細菌を優占化させること が必要であった。好気性アンモニア酸化細菌を優占化させるは、アナモックス細菌と 共存している好気性アンモニア酸化細菌を増やす方法や、純菌を購入して加える方法、 活性汚泥を植種する方法などが考えられた。好気性アンモニア酸化細菌の純粋培養系の 植種は実排水適用する場合は難しく、活性汚泥を植種すると所望の好気性アンモニア 酸化細菌だけでなく増殖を抑制したい好気性亜硝酸酸化細菌など他の細菌まで槽内
さらに見せる

12 さらに読み込む

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

②引受保険会社の経営が破綻した場合等は、保険金、返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあります。なお、引受保険会 社の経営が破綻し、ご契約者が個人、 「小規模法人」 (破綻時常時使用する従業員等の数が20人以下の日本法人および外国法人(日本における営業所 等が締結した契約限ります))またはマンション管理組合である場合は、この保険は「損害保険契約者保護機構」の補償対象となり、保険金、返れい金 等は原則として80%(破綻保険会社の支払停止から3か月間が経過するまで発生した保険事故係る保険金については100%)まで補償されます。 詳細つきましては、取扱代理店または引受保険会社までご照会ください。※保険契約者が個人等以外の者である保険契約であっても、その被保険者 である個人等がその保険料を実質的負担すべきこととされているもののうち、その被保険者係る部分については、上記補償の対象となります。 [ご加入後のご注意]
さらに見せる

6 さらに読み込む

心房細動の機序と疫学を知が, そもそもなぜ心房細動が出るようになるかの機序はさらに知見が不足している. 心房細動の発症頻度は明らかに年齢依存性を呈している上, 多くの研究で心房線維化との関連が示唆されている 2,3). 高率に心房細動を自然発症する実験モデル, 特に人間の lone AF に相当する

心房細動の機序と疫学を知が, そもそもなぜ心房細動が出るようになるかの機序はさらに知見が不足している. 心房細動の発症頻度は明らかに年齢依存性を呈している上, 多くの研究で心房線維化との関連が示唆されている 2,3). 高率に心房細動を自然発症する実験モデル, 特に人間の lone AF に相当する

“しやすさ指数”の増加率が高まり,早期心房動発症閾値達し,心房動 を発症する 図1左 .高血圧以外の,例えば糖尿病,アルコールなどもこの増  正常な心房ある日突然異常な細胞群が現れて,というのであれば,カテーテ ルアブレーションの成績がもっと良くてもよいのではないだろうか? ピンポイ ントアブレーションのころのいわゆる成功率が低かったことも,ある日突然…… という話合わない.また肺静脈隔離が長期的維持されていても心房動が再 発するというのはどういうことであろうか? 異常な細胞群がある日突然別の ところ現れて……というのであれば,根治しました,などということは絶対言 えないことなる.極論すれば,“心房がある限り心房動は発生する可能性が ある”,と言えるだろう.
さらに見せる

5 さらに読み込む

対策に関する検討を行っている. また, 対策効果の最大化を目指して, 杭配置についても検討を深めてきた 6). この工法の原理は, 流動化する地盤を完全にせき止めるのではなく, 改良杭によって地盤の流動を阻害し, 流動量を減らすことにある. 本工法は低改良率による施工のため対策費用を小さくすることが

対策に関する検討を行っている. また, 対策効果の最大化を目指して, 杭配置についても検討を深めてきた 6). この工法の原理は, 流動化する地盤を完全にせき止めるのではなく, 改良杭によって地盤の流動を阻害し, 流動量を減らすことにある. 本工法は低改良率による施工のため対策費用を小さくすることが

液状化伴う側方流動を防止する根本的な方法は,液状化の発生を抑制することである.しかし,側方 流動が生じる範囲は数百m四方わたるため,この方法は費用が高くなり現実的ではない.このため,側 方流動を抑制する合理的な対策工法が必要である.筆者らは,低改良率の杭式改良による側方流動対策 関する検討を行い,対策効果の最大化を目指して改良杭の配置についても検討を深めてきた.本文は,改 良杭の配置形状の違いが側方流動抑制効果与える影響ついて,三次元流体解析と遠心模型実験検討し た結果を述べたものである.検討対象とした杭配置は整列配置と提案する流動閉塞杭配置であり,流動閉 塞杭配置の方が整列配置よりも側方流動抑制効果が高いことを示した.
さらに見せる

6 さらに読み込む

現代青年の職業的アイデンティティ形成の検討 -「『やりたいこと』を仕事にする」青年に着目して- [ PDF

現代青年の職業的アイデンティティ形成の検討 -「『やりたいこと』を仕事にする」青年に着目して- [ PDF

う特性上、労働・生活の自由度の高さや仕事の選択お ける自己決定場面が多く、職業に対する意味づけが問わ れやすいと考えたためである。また、デザイナーは企業 就職や事務所就職を経験するしても、独立志向が強い ことが指摘されている(立古、2008)。「独立志向」着 目することも、 「標準」 外の職業的アイデンティティ形成 を捉える際有効である考え、本論では企業・事務所就 職の経験を通してフリーランスなる者ではなく、より 独立志向が強いと考えられる、企業・事務所就職を経験 せず働くフリーランスデザイナー着目した。また本 論の課題を明らかする際、熊川さん・水島さんの職業 領域への「接近」 ・ 「参入」段階本論では着目した。職 業領域への「接近」 ・ 「参入」ついては植上の研究(2013) を踏まえ、本論では職業領域への「接近」段階を「学び の場において、職業関わる知識や技能、姿勢、生活リ ズムなどの獲得や社会現実への接触を経験しながら自己 形成や特定の職業従事するための準備するための段 階」とし、 「参入」段階を「学びの場で得た学びや経験を 糧しながら、特定の職業従事し、職業人・社会人と して職業領域位置していこうとする段階」 と定義する。 なお熊川さんは、学校卒業直前の①2014 年 3 月と②6 ヶ月後の 10 月、③2015 年の 8 月と④12 月の計 4 回各 一時間半程度聴き取りを行った。水島さんは熊川さん の紹介というかたちで 2015 年 10 月 2 時間程度聴き取 りを実施した。在学中~働くまでのキャリアの経緯や、 働き出してからの仕事の状況、 仕事へのこだわりや工夫、 将来展望について聴きとった。データとしてはこれらの インタビューデータと水島さんについてはブログの記事 を用いて、第二・三章でライフヒストリーを記述した。 第二章 デザイナーとして働くまで
さらに見せる

4 さらに読み込む

参考資料 1 IT を活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会 開催要綱 ( 名称 ) 第 1 条本会は IT を活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討 会 ( 以下 検討会 という ) と称する ( 目的 ) 第 2 条検討会は 宅地建物取引業法 ( 昭和 27 年法律第

参考資料 1 IT を活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会 開催要綱 ( 名称 ) 第 1 条本会は IT を活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討 会 ( 以下 検討会 という ) と称する ( 目的 ) 第 2 条検討会は 宅地建物取引業法 ( 昭和 27 年法律第

電話やメールによる場合は、特定箇所等を指し示すことは困難であり、また、特 一般の消費者は宅地建物取引についての知見が比較的不足していること起因して その表現力や理解力等が不足していることから、説明を受ける者と取引主任者が、電 話の場合は聴覚情報のみをもって、メールによる場合は言語情報のみをもって、 図面上の特定箇所等を示すにあたり説明内容や質問内容と資料間の関係について誤認 や齟齬が生じていないかを互いに確認することは困難であると考えられる。一方で、 電話やメールによる場合でも、取引主任者等における工夫(例えば、様々な伝達方法 も補完的利用することや、取引主任者と説明を受ける者の双方が説明箇所や質問箇 所を図面上印を付ける等により特定すること等)により、本要素を満たしうること から、一般的本要素を満たさないとするのは妥当ではない、という意見もあった。 ・④ -3について
さらに見せる

78 さらに読み込む

技術資料 壁厚と注入材の数量関係 BC 加圧ゴム本数と注入圧力 の関係 BC 加圧ゴム は使用する本数によって注入圧力を変えられます ひび割れ幅と注入回数による注入想定半径 の関係 ひび割れによって注入面積が異なります 注 ) ひび割れ幅は一定とする 回に注入される樹脂量は 0 c.c.(6g )

技術資料 壁厚と注入材の数量関係 BC 加圧ゴム本数と注入圧力 の関係 BC 加圧ゴム は使用する本数によって注入圧力を変えられます ひび割れ幅と注入回数による注入想定半径 の関係 ひび割れによって注入面積が異なります 注 ) ひび割れ幅は一定とする 回に注入される樹脂量は 0 c.c.(6g )

(15℃) 2:1   ※国際単位系(SI)による数値の換算は、1kgf=9.8N、1cP=1mPa・s、1kgf・cm=9.8×10 -2 J、1MPa=1N/mm 2 です。  1N/mm 2 は約10.2kgf/cm 2 相当します。  本資料の技術情報、標準処方例は当社の試験、研究基づいたもので、信頼しうるものと考えます。記載の諸性能、諸特性などは、材料や使用条件などにより本資料と異なる結果を生ずる  ことがあります。実際の諸性能、諸特性などについては、ご需要家各位で試験、研究ならびに検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Sonic hedgehogはBmp4の発現を背側部に限局させることによって腹側眼杯形成に関与する

Sonic hedgehogはBmp4の発現を背側部に限局させることによって腹側眼杯形成に関与する

上記の異常の原因を追及するため、まず BrdU の取り込み実験を行った。30 体節期 ( E10)は Smo-CKO 眼杯における細胞増殖が減少していることが明らかなった。さ ら、細胞死のマーカーである Caspase-3 に対する抗体を用いて免疫染色を行ったとこ ろ、 24 体節期(E9.5)は細胞死も増加していることがわかった。これらの結果から、 Shh シグナルは眼杯細胞の増殖や生存を維持/促進していることが明らかなった。
さらに見せる

2 さらに読み込む

感の二つの感情が同時に喚起することになる 白木 五十嵐 (2016) は 架空のサクラからプレゼント をもらった参加者の感情反応の検討によって 感謝と負 債感の喚起要因の弁別を試みた 実験では プレゼント に伴う受け手にとっての価値と送り手にとってのコストが 操作された その結果 受け手の感謝はプレ

感の二つの感情が同時に喚起することになる 白木 五十嵐 (2016) は 架空のサクラからプレゼント をもらった参加者の感情反応の検討によって 感謝と負 債感の喚起要因の弁別を試みた 実験では プレゼント に伴う受け手にとっての価値と送り手にとってのコストが 操作された その結果 受け手の感謝はプレ

シナリオの呈示 制御焦点を操作した後、参加者が見 知らぬ他者から向社会的行動を受ける内容の仮想シナリ オを提示した。具体的は、大学へ向かう途中、電車の 中で寝過ごしそうなった参加者(受け手)が、慌てて電 車を降りた際、車内置き忘れた財布を見知らぬ他者 (送り手)が届けてくれたという場面を設定した。シナリオ では、財布の中はキャッシュカードや免許証が入って いたことと、また、次の電車が来るまで 20 分以上待た ねばならないことを教示し、この向社会的行動は受け 手にとっての価値と送り手にとってのコストが伴うことを強 調した。参加者は、自分自身がこの場面遭遇した場合 を想像して、続く質問回答するよう求められた。
さらに見せる

6 さらに読み込む

G 空間 ICT 推進会議の概要 1 開催趣旨 (1)G 空間と ICT を高度に利活用することによって我が国の経済や社会に新たな革新をもたらす政策を検討 (2) 政策を具体的かつ実践的に推進することによって G 空間社会を実現 2 経緯 (1) 平成 25 年 3 月から 総務大臣の主宰の G 空

G 空間 ICT 推進会議の概要 1 開催趣旨 (1)G 空間と ICT を高度に利活用することによって我が国の経済や社会に新たな革新をもたらす政策を検討 (2) 政策を具体的かつ実践的に推進することによって G 空間社会を実現 2 経緯 (1) 平成 25 年 3 月から 総務大臣の主宰の G 空

○ 政府統計の総合窓口(e-Stat)のAPI機能 (※1) や統計GIS機能 (※2) の充実・利用促進、提供する統計データ の拡充等オープンデータの高度化を着実推進。これにより、官民における統計データ利活用の高度化を 促進し、新たな付加価値を創造するサービスや革新的な事業の創出などを支援。 ○ また、統計GIS機能の提供や、アプリDe統計 (※3) を活用した「ふるさと自慢」による地域情報の発信など、

25 さらに読み込む

中流動コンクリートの最適細骨材率に関する実験的研究 [ PDF

中流動コンクリートの最適細骨材率に関する実験的研究 [ PDF

中流動コンクリートは,普通コンクリートと高流動 コンクリートとの中間,即ち「スランプ 18cm 以上かつ スランプフロー50cm 以下」の領域位置する高い充填 性を有するコンクリートであり,現有設備での製造が 可能である.筆者らは,これまで調合法,製造法,物 性および施工性に関する検討を行っている.その中で, フレッシュコンクリート中において粗骨材の表面付 着しているモルタル(以下,付着モルタルと記す.) 注目し,モルタルが付着している粗骨材(以下,モル
さらに見せる

4 さらに読み込む

行動実験が女子大学生における痩身プレッシャーに与える影響の実験的検討

行動実験が女子大学生における痩身プレッシャーに与える影響の実験的検討

定を行った。また, 両群とも時期をずらしてプログラ ムの実施を行った。プログラムは 1 回約45分のワーク を 1 週間の間隔をあけて 2 回行い, その間ホーム ワークを課した。プログラムは 2 〜 4 名のグループで 実施した。 1 回目の介入では, 家族, 友達, 恋人, メ ディアから痩身プレッシャーを感じている女子大学生 A 子の事例を用いて, A子が自分と他人の 2 パターン の場合の痩せるべきであると感じる程度を 0 〜100の スケールで評価させた。また, その理由もワーク シート記入させ, その後, ディスカッションを 行った。 2 回目の介入では 1 回目の介入加えて, ホームワークの内容についても議論とフィードバック が行われた。ホームワークでは,グループワークで用 いたものと同じ事例を実験参加者の母親, 友達, 恋人 紹介させ, 評価を評価させた。彼らの評価つい て, 実験参加者はグループワーク内で予測をさせ た。
さらに見せる

2 さらに読み込む

成される また これらの適正な飼養 保管の方法は 実験動物管理者 実験実施者及び飼養者が協力することによって実現できるものである 特に実験動物管理者は 施設で飼育する実験動物の生理 生態 習性並びに飼育管理方法に関する知識と実際の経験を十分に持ち 実験実施者や飼養者に対して的確な指導 助言を行う役目

成される また これらの適正な飼養 保管の方法は 実験動物管理者 実験実施者及び飼養者が協力することによって実現できるものである 特に実験動物管理者は 施設で飼育する実験動物の生理 生態 習性並びに飼育管理方法に関する知識と実際の経験を十分に持ち 実験実施者や飼養者に対して的確な指導 助言を行う役目

2)微生物モニタリング  微生物モニタリングの目的は、施設内で飼育中の実験動物が病 原体感染していないことを定期的な検査で確認することよ り、施設及び動物の微生物統御状況を把握し、動物実験の信頼性 を微生物学的な側面から保証することである。系統維持や繁殖中 の実験動物、並びに動物実験使用中の動物の健康管理は、動 物の症状による異常の早期発見と処置のほか、定期的な微生物 モニタリングによる微生物汚染状況の確認が有効である。特に症 状を現さず実験成績影響を及ぼす、あるいは実験処置等のス トレスが加わって初めて発症するような不顕性感染を摘発するた めは、微生物モニタリングが不可欠である。現在、実験動物と して使用されているマウス、ラット、モルモット、ウサギ等の小 動物は、specific pathogen free(SPF)動物と呼ばれる、特に指 定された微生物・寄生虫を保有しない動物がほとんどである。こ のような SPF 動物だけを導入して飼育している施設であっても、 繁殖や試験期間の重複等の理由によって飼育室の収容動物を定期 的全数入れ替えできない場合は、微生物モニタリングにより SPF の状態が維持できていることを確認する必要がある。施設等 の感染症対策のみならず、実験動物の授受における健康証明(ヘ ルスレポート)も微生物モニタリング成績が役立つ。微生物モ
さらに見せる

80 さらに読み込む

Show all 10000 documents...