等との共同研究を活用

Top PDF 等との共同研究を活用:

2. 配分金の有効活用と監査の実施 配分委員会において 共同募金の配分について厳正に審査及び協議を行うとともに 受配団体に対し事務説明等により共同募金配分金の適正な活用を求めます また 寄付者の信託に応えるため 受配団体 受配施設の募金の活用状況や経理処理等について監査部会による監査を実施します な

2. 配分金の有効活用と監査の実施 配分委員会において 共同募金の配分について厳正に審査及び協議を行うとともに 受配団体に対し事務説明等により共同募金配分金の適正な活用を求めます また 寄付者の信託に応えるため 受配団体 受配施設の募金の活用状況や経理処理等について監査部会による監査を実施します な

年 間 県 内 監 査 部 会  共同募金運動へ理解広げるため、各種資材作成し活用図るとともに、情報提供手段 して広報誌他、ホームページやSNS、「赤い羽根データベースはねっにより、募金活 動や配分事業に関する情報公表します。さらに、マスコミや行政、関係団体、配分先団体通 じて啓発・広報に取り組むことにより、住民・寄付者へ情報提供募金活動へ参加協力積 極的に呼びかけます。また、昨年度に引き続き、創設70周年記念に係る広報啓発も実施し、今後 さらなる運動発展めざします。
さらに見せる

9 さらに読み込む

スピーキング分野における「英検 Can-do リスト」活用の工夫【共同研究】

スピーキング分野における「英検 Can-do リスト」活用の工夫【共同研究】

6.2.2 ルーブリック導入仕方  英語活用力育成めざした効果的な指導方法なら びに適切に判定する評価材開発ために,ルーブ リック活用した松浦(2014)研究がある。松浦 は,身に付けた知識や技能,課題解決ために使 わせることへ不十分さについて触れ,その活用育成ためにルーブリック活用し,英語授業 設計展開 1 つモデルとして「逆向き設計 (backward design)」示した。逆向き設計は,単 元目標する力付けさせることめざしゴール から段階逆に追って指導内容検討していく方法 である。「各中・高等学校外国語教育における 『CAN-DO リスト』形で学習到達目標設定た め手引き」学習到達目標例及び年間指導計画・ 単元計画へ反映例見る,明らかに逆向き設計 による年間指導計画や単元計画作成手順が示され ている。松浦は,従来パート積み重ね型は, 1) 効率性に欠ける,2)言語材料や言語活動指導が 分散化し,有機的なつながりがなくなる,3)本文 内容理解が中心なって目標する力つけさせる ことがあいまいになること挙げ,「言語使って∼ することができる」という目標達成ためには,逆 向き設計は不可欠なものである述べている。  そこで,逆向き設計による授業構成中で最終的 に行われるパフォーマンス課題に向けて,単元学 習し始める前にルーブリック提示し,生徒パ フォーマンス力向上ために役立たせたい考え た。ルーブリック単元導入時に生徒共有する は,生徒が身に付ける力より明確化し,教師が生 徒指導評価改善に活用できるようにするため である。根岸(2012)は,生徒に意味ある英語学習 促すためにも,単にテスト範囲伝えるだけでな く,生徒に期待する学習内容パフォーマンステス ト方法最初にアナウンスすることが大切である 述べている。その準備導入方法は図 5 にある とおりである。
さらに見せる

33 さらに読み込む

熊本大学における民間機関等との共同研究規則 各種様式の  熊本大学 kyoudou

熊本大学における民間機関等との共同研究規則 各種様式の 熊本大学 kyoudou

5 学長は、前項本文により共同出願契約締結する場合には、当該持ち分案及び 当該共同出願契約事項審査委員会に諮るものする。 (特許権実施) 第16条 学長は、共同研究結果生じた発明につき、本学が承継した特許受ける 権利又はこれに基づき取得した特許権(以下「本学が承継した特許権」という 。)民間機関又は民間機関指定する者に限り、出願したときから10年 超えない範囲において優先的に実施させることができるものする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1. 研究開発資産の概要 (1) 研究開発資産の取り扱い委託業務 ( 共同研究業務を含む ) を実施するために購入し 又は製造した取得財産 ( 機械装置 車両運搬具 工具等 ) を研究開発資産 ( あるいは単に資産 ) といい その登録 管理 保険付保及び処分等を行います 本章で記載する内容は 委託

1. 研究開発資産の概要 (1) 研究開発資産の取り扱い委託業務 ( 共同研究業務を含む ) を実施するために購入し 又は製造した取得財産 ( 機械装置 車両運搬具 工具等 ) を研究開発資産 ( あるいは単に資産 ) といい その登録 管理 保険付保及び処分等を行います 本章で記載する内容は 委託

なお、NEDOが実施する知的財産権利用状況調査(バイ・ドール調査)に対して回答することになり ます。(平成23年度以降新規契約に係る成果から適用。) ・ 業務委託契約約款(以下「約款」いう。)では、これら知的財産権について、受ける権利発生、権利取 得、権利活用に関し、NEDOに報告するよう規定しています(約款第32条、第33条、第34条)。 (2)移転又は専用実施権設定事前承認
さらに見せる

10 さらに読み込む

はじめに本学を特色づける先進的な研究や学術の発展に大きく寄与する研究を 戦略的研究 と位置づけ 研究活動の活性化や若手研究者の支援に取り組む (1) 本学の 戦略的研究 に相応しく かつ 将来的に 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) 国 独立行政法人や民間等の受託研究 共同研究等の研究資金の獲得が見

はじめに本学を特色づける先進的な研究や学術の発展に大きく寄与する研究を 戦略的研究 と位置づけ 研究活動の活性化や若手研究者の支援に取り組む (1) 本学の 戦略的研究 に相応しく かつ 将来的に 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) 国 独立行政法人や民間等の受託研究 共同研究等の研究資金の獲得が見

はじめに 本学特色づける先進的な研究や学術発展に大きく寄与する研究『戦略的研究位置づけ、 研究活動活性化や若手研究支援に取り組む。 (1) 本学『戦略的研究』に相応しく、かつ、将来的に「科学研究費助成事業(科研費)、国・独立 行政法人や民間受託研究共同研究研究資金獲得が見込まれる研究助成する。 特に、重点研究については、異分野融合による新しい研究領域開拓目指す挑戦的研究推 奨する。
さらに見せる

17 さらに読み込む

1. 研究開発資産の概要 (1) 研究開発資産の取り扱い委託業務 ( 共同研究業務を含む ) を実施するために購入し 又は製造した取得財産 ( 機械装置 車両運搬具 工具等 ) を研究開発資産 ( あるいは単に資産 ) といい その登録 管理 保険付保及び処分等を行います 本章で記載する内容は 委託

1. 研究開発資産の概要 (1) 研究開発資産の取り扱い委託業務 ( 共同研究業務を含む ) を実施するために購入し 又は製造した取得財産 ( 機械装置 車両運搬具 工具等 ) を研究開発資産 ( あるいは単に資産 ) といい その登録 管理 保険付保及び処分等を行います 本章で記載する内容は 委託

委託先は、業務委託契約に基づきNEDOが基本計画で規定する委託事業期間終了後、有償に より、NEDOに帰属する資産NEDOから譲り受けるものしています。その際価額は、引 き取り時点残存価額します。ただし、共同研究事業については、平成 23 年 10 月以降公募開始 事業から「引き取り時点残存価額」から「事業期間終了時点残存価額」に変更になっている でご注意ください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

SICORP 終了報告書 ( 高橋 Marciano Seto 課題 ) 戦略的国際共同研究プログラム (SICORP) 日本 - インドネシア フィリピン共同研究 終了報告書概要 1. 研究課題名 : 雷放電観測網及び超小型衛星を活用した極端気象の監視と予測 2. 研究期間 :2016 年 8 月

SICORP 終了報告書 ( 高橋 Marciano Seto 課題 ) 戦略的国際共同研究プログラム (SICORP) 日本 - インドネシア フィリピン共同研究 終了報告書概要 1. 研究課題名 : 雷放電観測網及び超小型衛星を活用した極端気象の監視と予測 2. 研究期間 :2016 年 8 月

戦略的国際共同研究プログラム (SICORP) 日本-インドネシア・フィリピン共同研究 終了報告書 概要 1.研究課題名:「雷放電観測網及び超小型衛星活用した極端気象監視予測」 2.研究期間:2016 年 8 月~2020 年 3 月

7 さらに読み込む

をゆさぶる 視点の切り替え を授業に仕組むことであり その際 タブレット PC や書画カメラ 電子黒板などを活用する しかしながら 教育の情報化に関する実態等の調査 ( 守山市 2015) によると 1 教材研究 指導の準備 評価などに ICT を活用する能力 2 授業中に ICT を活用して指導す

をゆさぶる 視点の切り替え を授業に仕組むことであり その際 タブレット PC や書画カメラ 電子黒板などを活用する しかしながら 教育の情報化に関する実態等の調査 ( 守山市 2015) によると 1 教材研究 指導の準備 評価などに ICT を活用する能力 2 授業中に ICT を活用して指導す

ゆさぶる「視点切り替え」授業に仕組むことであり、その際、タブレット PC や書画カメラ、電子黒 板など活用する。 しかしながら、「教育情報化に関する実態調査」(守山市、2015)による、①教材研究・指導 準備・評価などに ICT 活用する能力、②授業中に ICT 活用して指導する能力、③生徒 ICT 活用 指導する能力いずれも全国平均値よりも3%~10%程度低く、実際に本校においても、ICT 環境整 備遅れもあってか、授業で ICT 機器活用頻度は決して高いいえる状況ではなく、教員 ICT 機器 活用に対する苦手意識も高いように感じる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

新たな企業活動等を踏まえた産業財産権の活用実務に関する調査研究

新たな企業活動等を踏まえた産業財産権の活用実務に関する調査研究

また 中小企業 対する知財活用支援 つい 積極的 活用 素地 十分 あるこ 踏まえ 単 る技術移転 く 技術移転 加え 事業化検討する総合 的 支援行うこ ニ ある 考え る 具体的 紹 する技術・知財 知識質的向 加え 紹 先企業 入した技術・知財活用するため 事業実施 行う経営者 事業視点 アプロ チ行える う コンサルタン 支援 ニ 存在する 考え る こ 関連し 活用する技術・知財事業化 結 びつけるため 地方自治体地域機関 連携体制拡充 ニ 存在する 思わ る 以 I別章 5.量本文78頁~参照
さらに見せる

418 さらに読み込む

1. はじめに特定非営利活動法人日本医療ネットワーク協会 ( 以下 JMNA と記す ) では 国立研究開発法人日本医療研究開発機構より 平成 27 年度臨床研究等 ICT 基盤構築研究事業 全国共同利用型国際標準化健康 医療情報の収集及び利活用に関する研究 を受託しました 本研究を遂行するにあたり

1. はじめに特定非営利活動法人日本医療ネットワーク協会 ( 以下 JMNA と記す ) では 国立研究開発法人日本医療研究開発機構より 平成 27 年度臨床研究等 ICT 基盤構築研究事業 全国共同利用型国際標準化健康 医療情報の収集及び利活用に関する研究 を受託しました 本研究を遂行するにあたり

研究一つテーマである「医療機関から収集した医療関連情報活用実 現に向け、以下①~③項目について実施、報告書提出行うことします。 ① 医療情報利活用に関係するルール(個人情報保護法法律、ガイドライン、関連 法整備状況)や世の中二次利用に係るサービス・仕組み調査。

8 さらに読み込む

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

2.2 教科書歴史教材作り課題 日本経済発展とも関連して,教科書は生徒に無 償で供給されるようになり,各教科書会社も競って よりよい教科書作るようになってきた。まさにし ぎを削っている,も言える。例えば,文法項目 配列や語彙選択も生徒過重負担にならないよ うに検討が重ねられ,易から難へという配列も定着 してきている。題材に関しても,広く世界に目向 けて英語圏に限定せず,東南アジアやアフリカ 国々なども取り上げるようになってきている。また, 外国から来た登場人物が日本食食べたり,日本文 化体験するなど,自国文化に目向けさせる内 容が少しずつ増えてきている。さらに,生徒が漫画 やゲーム世代に生きていることとらえ,会話表現 についてはイラストや写真多用して,わかりやす い場面設定がなされている。ある意味では至れり尽 くせり教科書が提供されている,言っても過言 ではない。
さらに見せる

19 さらに読み込む

産学協創推進 東大グループ ( 再掲 ) 2015 年の民間との共同研究 : 50 億円 (1,370 件 ), ライセンス収入額 :5.5 億円 (2,386 件 ) 産学協創推進本部 本部長 知的財産部 - 共同研究契約 知財の協議 審査 - 知財の権利化と活用 イノベーション推進部 - 大学発

産学協創推進 東大グループ ( 再掲 ) 2015 年の民間との共同研究 : 50 億円 (1,370 件 ), ライセンス収入額 :5.5 億円 (2,386 件 ) 産学協創推進本部 本部長 知的財産部 - 共同研究契約 知財の協議 審査 - 知財の権利化と活用 イノベーション推進部 - 大学発

2016/11/14 渡部@産学官連携深化WG 9 出典:経済産業省ベンチャー有識者会議取りまとめ資料より http://www.meti.go.jp/press/2014/04/20140414002/20140414002.html • 東京大学ベンチャー創出環境は10 年で大幅に発展したものの、米国はも ちろん、イスラエル、フィンランドなど 比べてもまだ未成熟であり、特に大企 業連携が著しく脆弱

14 さらに読み込む

金融機関等から見た企業の知的財産を活用した資金調達に関する調査研究

金融機関等から見た企業の知的財産を活用した資金調達に関する調査研究

地方銀行 件数 均 標準偏差 g cgcgcg取経営者史会社経営 対 る使 感・ 任感 暼無 幸年 年d幸 fd幹g 平 cgcgc平取経営者史ヨョセワョコュハン・人格 幸年 年dイ fd幹ィ 年 c拠cgcg取金融機関史主力金融機関 暼無 幸年 年dイ fd幸拡 ィ cgcgc幹取経営者史 者 暼無・ 者教育 暼無 幸年 年dィ fd幸g イ cgcgc拠取経営者史 [r]

190 さらに読み込む

国際共同研究加速基金 ( 国際共同研究強化 (B)) の公募に係る FAQ 1. 趣旨及び対象について 問 1 日本国内で実施する国際共同研究も対象となるのか? 3 問 2 日本側研究者が海外の研究機関等に直接出向くこととなっているが 研究代表者が必ず海外に行かなければならないのか? 3 問 3 海

国際共同研究加速基金 ( 国際共同研究強化 (B)) の公募に係る FAQ 1. 趣旨及び対象について 問 1 日本国内で実施する国際共同研究も対象となるのか? 3 問 2 日本側研究者が海外の研究機関等に直接出向くこととなっているが 研究代表者が必ず海外に行かなければならないのか? 3 問 3 海

(答) 本研究種目審査は、審査区分表中区分ごとに設定した各審査グループで、同一審査委員 が2段階にわたり書面による審査実施する2段階書面審査方式準用して行われます。 問 23 通常2段階書面審査異なる点はあるか? (答) 本研究種目では基盤研究は異なる趣旨・対象が設定されていること踏まえ、応募研究課 題が種目趣旨・対象に合致しているかどうか評価するため、評定要素「A.種目趣旨・ 対象研究計画合致性」「B.研究計画内容に関する評定要素」に整理しています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Microsoft Word - 平成29年度北極域研究共同推進拠点共同研究等報告書(溝端).docx

Microsoft Word - 平成29年度北極域研究共同推進拠点共同研究等報告書(溝端).docx

25) 大橋良彦,青木茂,松村義正,杉山慎,漢那直也,榊原大貴,深町康,2017. グリーンランド北西部 Bowdoin フィヨルドにおける氷河流出水挙動時間発展,日本海洋学会,平成 29 年度秋季大会, 2017 年 10 月 14〜16 日,仙台. 26) Onodera, J., E. Watanabe, K. Mizobata, Y. Tanaka, K. Oguri, and N. Harada, June 13, 2017. Advection of shelf materials in settling particles off the Barrow Canyon, western Arctic Ocean. Ecosystem Study for Sub-Arctic and Arctic Seas (ESSAS) Annual Meeting, Tromsø, Norway.
さらに見せる

7 さらに読み込む

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 資料シリーズ No27 職業安定業務統計等を活用した求職者等に関する分析方法の研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 資料シリーズ No27 職業安定業務統計等を活用した求職者等に関する分析方法の研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

市 場 若 年 失 業 や 長 期 失 業 問 題 非 規 労 働 者 増 加 構 造 的 言 え る 変 化 直 面 て お り こ れ ま 異 た 視 点 ら 労 働 市 場 把 握 必 要 て い る 以 上 よ う 背 景 ら 本 研 究 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 用 対 策 課 研 究 要 請 受 け て 業 務 統 計 用 ン 失 業 現 状 分 析 よ う 形 活 用 る 検 討 る こ 目 的

6 さらに読み込む

資料シリーズNo27 全文 資料シリーズ No27 職業安定業務統計等を活用した求職者等に関する分析方法の研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo27 全文 資料シリーズ No27 職業安定業務統計等を活用した求職者等に関する分析方法の研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

-イ平- 不 採 用 理 由 に 関 す る 集 計 以 上 集 計 案 求 人 票 お よ び 求 職 者 票 タ ヴ タ に 基 い て プ ス マ ッ チ 要 因 検 討 し た あ る 。 さ ら に 職 業 紹 業 務 過 程 求 人 票 や 求 職 者 票 に 付 加 さ れ る タ ヴ タ ら よ り 直 接 的 に プ ス マ ッ チ 条 件 考 察 す る こ 可 能 あ る 。 た え 第 章 た よ う に 求 職 者 に 紹 さ れ た 求 人 に い て 紹 状 通 て 事 業 主 に 採 用 ン 不 採 用 別 お よ び 不 調 採 用 に ら た 理 由 問 う て お り そ れ ら 情 報 コ ヴ チ 化 し た 指 標 し て 採 用 さ れ て い る 第 - - 表 。 こ う し た 不 調 原 因 別 紹 件 数 第 - - 表 に 掲 た よ う に 地 域 や 年 齢 産 業 職 業 別 に 年 度 単 集 計 可 能 あ り 一 部 公 共 職 業 安 定 所 プ ス マ ッ チ 要 因 検 討 資 料 し て 積 極 的 に 活 用 さ れ て い る 例 散 見 さ れ る 。 従 て 後 全 国 ヤ ベ ャ に お い て プ ス マ ッ チ 全 般 的 趨 勢 示 す 資 料 し て 積 極 的
さらに見せる

67 さらに読み込む

5. 既存の研究成果等の収集 分析 検討委員会での助言をもとに 既存の研究成果等を収集し 活用可能性について分析等を実施した 既存の研究成果は 広葉樹林化ハンドブック 2010,2012( 独立行政法人森林総合研究所 ) をはじめ 学会誌等により公開されている文献などから本事業に関係すると考えられる

5. 既存の研究成果等の収集 分析 検討委員会での助言をもとに 既存の研究成果等を収集し 活用可能性について分析等を実施した 既存の研究成果は 広葉樹林化ハンドブック 2010,2012( 独立行政法人森林総合研究所 ) をはじめ 学会誌等により公開されている文献などから本事業に関係すると考えられる

(1)影響因子確認 昨年度指摘された支障木伐採に伴う侵入木刈り払い更新影響について調査した結 果、刈り払い痕跡が見られた人工林でも更新基準値満たしている調査地が多く、当初想定 された知見が得られなかった。侵入木刈り払いは物理的な減少引き起こすことから、広 葉樹更新密度高めるためには避けるべき案件であり、検討委員会でも指摘されている。

8 さらに読み込む

[ 研究テーマ ] 平成 29 年度私立大学研究ブランディング事業採択 IT 技術を活用した地域研究の見える化と地域の付加価値創出を目指すため 4 つの研究チーム を編成する 1. 地域資源の掘り起こしと分析 活用研究 2. モーションキャプチャ等 IT を活用した地域文化のアーカイブ化 3. 民俗

[ 研究テーマ ] 平成 29 年度私立大学研究ブランディング事業採択 IT 技術を活用した地域研究の見える化と地域の付加価値創出を目指すため 4 つの研究チーム を編成する 1. 地域資源の掘り起こしと分析 活用研究 2. モーションキャプチャ等 IT を活用した地域文化のアーカイブ化 3. 民俗

本年度から取り組んできた「第2期吉村プラン」で は、「庄内から日本教育変える大学づくり」掲 げて、さまざまな取り組み具体的に実行しています。 日本大学教育中で先駆けて、クォーター制取り 入れ、留学や長期インターンシップなどに取り組みや すい環境整えました。結果として留学や、長期学外 学習プログラム1年次早い段階から取り組めるよ うに工夫し、多く学生にざまざまな体験機会提 供できるようになりました。2018年も教育面改善 に取り組みながら、学生一人ひとりが学び達成度 実感できるよう、きめ細やかな指導進めてきます。 国際化については、近年本学が最も力入れてきた 分野です。本学が山形県内における「グローバル人材 養成核」なるよう、学部・大学院ともにカリキュ ラム充実させていくとともに、アジアはじめ世界 大学協定校も増やしていきます。また、国内 大学学術交流も実施し、教育研究さらなる充実 目指します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...