生産工程上の環境配慮

Top PDF 生産工程上の環境配慮:

高・農「生産工程の管理」

高・農「生産工程の管理」

〇生徒観 本生徒は、1年次に農業基礎を学習し、2年次から、 「○○コース」を専攻して、農業機械を用 いた基礎的なイネ栽培等を学習した。そして、3年次では、イネ栽培等に関するさらに深い内容 を学習しているところである。実証授業を行うに当たって、今回は〇月に実態調査を実施した。その 中で「農産物は、どんな場所でどんな農薬や肥料を使用して、管理していたかといった生産過程が 重要だと思いますか」という問いでは、〇%生徒が肯定的な回答であった。また、 「GAP 取組が 農産物安全性を担保できると思いますか」という問いでは、〇%生徒が肯定的な回答であった。 しかし、 「1年次科目『農業と環境』で学んだプロジェクト学習を活かして、2・3年次農業実 習科目に主体的に新たな課題を見付けて臨んでいますか」という問いでは、〇%生徒が否定的な回 答であった。また、 「課題を解決するためにいろんな方法を自分なりに工夫して取り組むことができ ていますか」という問いで、〇%生徒が否定的な回答であった。この結果から、生徒は、GAP 取組を通して生産した農産物が安全であるとわかってはいるものの、自ら工夫して農産物を生産す ることには至っていないことがわかる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

環境方針・環境配慮の取組み状況 環境報告書 | 大学案内 | 千葉工業大学

環境方針・環境配慮の取組み状況 環境報告書 | 大学案内 | 千葉工業大学

写真1 文部科学省が実施しているエコスクールに関する調 査研究報告書(1991年から現在まで)  文部科学省では、平成9年度から平成23年度まで「環境を考慮した学校施設(エコスクール)整備推進 に関するパイロット・モデル事業」を、平成24年度からは、省エネ徹底によりエネルギー負荷低減を図 るとともに、学校運営必要なエネルギーを創エネ、蓄エネ等技術を適用することで賄い、年間エネル ギー消費を実質ゼロとするゼロエネルギー化を推進する「スーパーエコスクール実証事業」を展開してい ますが、小峯が主査を務めている文部科学省国立教育政策研究所文教施設研究センター学校施設環 境に関する基礎的調査研究会(望月も委員として参画)では、これら事業対象校から、毎年1∼2校を選定 して、エネルギー消費実態調査、設備機器・装置使用実態、教室内環境実態調査を実施しています。  また、昨年度まで、川崎市教育委員会が設置した川崎市立学校施設再生整備事業に関わる委員会(平成 21年度∼平成22年度「既存学校施設環境対策推進委員会」、平成23年∼平成27年度「再生整備実施検 討委員会」)に小峯、望月両名が参画しました。173校市立小中学校内、建築後20年以上を経過した ものが約7割を占めていますが、先ずは学校施設耐震化を優先して耐震化完了後(平成24年度に全て完 了)には、老朽化対策実施が大きな課題となっていました。また、高機能かつ多機能な施設環境を備える と共に、地域と連携、環境共生、防犯対策、バリアフリー化等質的改善を推進することも併せて必 要でした。その中でも、地域中核となっている学校施設においては、地球温暖化対策へ取組として、環 境負荷低減に資する改修(エコ改修)や環境教育実践が求められていました。そこで、モデル校2校を対 象に、具体的な改修工事内容、エコ改修効果検証、工程管理在り方などを具体的に検討しました。卒 業研究生や大学院生には、基本計画時におけるエコ改修内容選択に関わるフローチャート製作、効果 検証ため実測調査、装置や仕掛け使用実態に関する現地調査を担当して貰いました。さらに、モデル 校とは別既存学校2校を対象に、教員・児童生徒教室照明運用実態を考慮したで、これから学 校教室照明計画について検討を行いました。一般に学校教室照明は、天候や時間帯などによらず、常時 点灯されているが実状です。これから社会を担う世代から、照明はいつも点いているが当たり前 と いう感覚を払拭し、自分達判断で自分達が必要とする環境に調整できる能力を養うことは、環境教育 重要な目的一つであると考えます。そこで、児童生徒に対し、教室で必要となる適正な明るさを体感し、天 井照明適切な運用方法について学習するワークショップを3年間に渡り実践しました(写真4)。
さらに見せる

18 さらに読み込む

事業紹介 自動車分野 自動車用タイヤ等の各種ゴム製品は 未加硫ゴム配合工程 加硫成型工程を経て生産されています 当社のゴム加工薬剤は 各生産工程でのトラブルを低減 各種ゴム製品の生産性を向上させる工程薬剤であり 特に未加硫ゴムのブロッキングを防止する防着剤は高い評価を受けています 電気電子分野 各種

事業紹介 自動車分野 自動車用タイヤ等の各種ゴム製品は 未加硫ゴム配合工程 加硫成型工程を経て生産されています 当社のゴム加工薬剤は 各生産工程でのトラブルを低減 各種ゴム製品の生産性を向上させる工程薬剤であり 特に未加硫ゴムのブロッキングを防止する防着剤は高い評価を受けています 電気電子分野 各種

ニューモールドSD-20 ゴム練り生地用防着剤 白色ペースト 含窒素長鎖脂肪酸系化合物 脂肪酸金属塩 アニオン 8.0 水に分散溶解 ゴム押出し品防着に使用 接着阻害性が少ない ニューモールドSD-20 10~50% 16kg缶 ニューモールドSN-40 ゴム練り生地用防着剤 白色ペースト 含窒素長鎖脂肪酸系化合物 アニオン 8.5 水に分散溶解 ゴム押出し品防着に使用 接着阻害性がなく、加硫後ゴム表面白化がない ニューモールドSD-40 5~20% 16kg缶 GY-100 ゴム練り生地用防着剤 白色ペースト 長鎖脂肪酸カルボン酸塩 アニオン 8.0 水に分散溶解 ゴム押出し品防着に使用 接着阻害性がなく、加硫後ゴム表面白化がない GY-100 5~20% 13kg缶 GY-138 ゴム練り生地用防着剤 乳白色液体 ステアリン酸亜鉛 含窒素長鎖脂肪族系化合物 アニオン 7.0 水に分散溶解 ゴム押出し品防着に使用、接着阻害がなく、加硫後ゴム表 面白化がない GY-138 10~50% 16kg缶
さらに見せる

50 さらに読み込む

CONTENTS 1. ご挨拶 2. 環境理念 3. 環境取組み体制 4. 生産工程と環境影響 5. 環境事故防止 6. 環境マネジメントプログラム 7. 廃棄物の低減 8. コミニケーション 9. 安全衛生活動 10. 環境に関するデータ 対象期間 2016 年度対象範囲伊勢原製造所 藤岡製造所

CONTENTS 1. ご挨拶 2. 環境理念 3. 環境取組み体制 4. 生産工程と環境影響 5. 環境事故防止 6. 環境マネジメントプログラム 7. 廃棄物の低減 8. コミニケーション 9. 安全衛生活動 10. 環境に関するデータ 対象期間 2016 年度対象範囲伊勢原製造所 藤岡製造所

1.事業活動及び製品を通じエネルギー削減を推進します。 2.資源効率的な利用とリサイクルを推進します。 3.製品、梱包資材に含有する化学物質管理を推進します。 4.環境問題未然防止に止まらず、自然共生社会を目指します。 5.環境法令、他同意する要求事項を順守します。

10 さらに読み込む

事業活動に伴う環境への配慮

事業活動に伴う環境への配慮

HSE リスクアセスメント  老朽化進んだ経年プラントでは、度重なる改造などを 行った結果、当初設定した環境・安全へ要求水準維持 が困難となる事例が多く発生しています。当社は、経年プ ラント環境・安全性向上を目的とする HSE リスクアセス メント実施や支援サービスを提供しています。稼働中 プラント調査に加え、HSE 特有手法を駆使した検討を 通じて現状問題点を抽出します。多くプラント建設とメ ンテナンスサービスを手掛けた経験を活用し、現実的かつ 改善効果高い提案を行っています。
さらに見せる

4 さらに読み込む

環境配慮行動ともったいない精神の結びつき

環境配慮行動ともったいない精神の結びつき

環境配慮行動に関わる社会的ジレンマ困った点は、単に個人と社会という関係が問 題であるだけでなく、ある国家・文化と他国家・文化と関係、また、現世代と未来 世代と関係というように、対立的関係が重層的になっている点である。国家もしくは 文化間関係を見ると、既に快適な生活環境を確立している国々では、多くエネルギ ー資源を利用し、温室効果ガスを多く排出している。発展途上国々は、これから快適 性を求めようとしているのに、既に他国々が二酸化炭素を限界近くまで排出してしま っているので、自分たちが排出する余地があまり残っていないという状況だということ である。これは、世代間関係においても同じである。未来世代は発展途上国と同じ立 場に置かれてしまっている。そこで、現在、快適な生活を営んでいる個人、国々が、そ うでない人々、国々、あるいは未来世代に対してどの程度配慮するということが環境配 慮行動における構造ポイントである。
さらに見せる

22 さらに読み込む

環境配慮設計への取り組みと成果

環境配慮設計への取り組みと成果

※金属質量5g以上を含む部品を対象に、 コントロール再生材料中ポストコンシューマ 材料及び再生部品金属質量合計値 ※熱可塑性プラ質量25g以上を含む部品を 対象に、その部品熱可塑性プラ質量合計値 ※熱可塑性プラ質量25g以上を含む部品を対象に、 コントロール再生材料中ポストコンシューマ 材料うち熱可塑性プラ質量及び再生部品熱可 塑性プラ質量合計値

24 さらに読み込む

環境への配慮とセキュリティ強化 価値ある 進化 を提供するMate NEC ビジネスPCの 環境への取り組み NECでは 最終生産基地におけるISO400の認証取得をはじめ LCA ライフサイクルアセスメント 製品の環境アセスメントおよび部品のグリーン調達を実施し 環境配慮型製品を開発しています ま

環境への配慮とセキュリティ強化 価値ある 進化 を提供するMate NEC ビジネスPCの 環境への取り組み NECでは 最終生産基地におけるISO400の認証取得をはじめ LCA ライフサイクルアセスメント 製品の環境アセスメントおよび部品のグリーン調達を実施し 環境配慮型製品を開発しています ま

■電波に関するご注意(無線LAN搭載モデルのみ) ●無線LAN(5GHz *1 )機能使用は、IEEE802.11a(W56)を除き電波法令により屋内に限定されます。 ●無線LAN(2.4GHz *2 )機能使用周波数帯域では、2.4GHz帯域電波を使用しています。この周波数 帯域では、電子レンジ等産業・科学・医療機器ほか、他同種無線局、工場製造ライン等で使用され る免許を要する移動体識別用構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局等(以下 「他無線局」と略す)が運用されています。 ●本装置を使用する前に、近くで「他無線局」が運用され ていないことを確認してください。 ●万一、本装置と「他無線局」と間に電波干渉が発生した場合 は、速やかに本装置使用チャネルを変更するか、使用場所を変えるか、または機器運用を停止(電 波発射を停止)してください。 ●その他、電波干渉事例が発生し、お困
さらに見せる

28 さらに読み込む

環境マネジメントプログラムの達成状況 環境省 環境配慮の方針

環境マネジメントプログラムの達成状況 環境省 環境配慮の方針

目的10 上水節減励行 感知式自動水栓及び流水音発生器は設置し上水使用節減を実施。 目的11 受注業者へ環境保全活動実践働き掛け 各種調査分析資料作成にあたり、必要な事項を入札時及び発注契約時に盛り込む。 また、事業者自身がグリーン購入を行うよう働きかけた。

2 さらに読み込む

環境配慮型製品・商品 社会・環境報告書|環境・品質・安全衛生への取り組み|サカタインクス

環境配慮型製品・商品 社会・環境報告書|環境・品質・安全衛生への取り組み|サカタインクス

MEK(メチルエチルケトン)も使用しないノントルエン・ ノンMEK型汎用ラミネートインキ「ベルカラー」を開発し、 その後、VOC排出削減に対する対策として、ハイソリッド タイプ「ベルカラーHS」を上市しています。表刷り用途に おいても、ノントルエン型インキ「サピリア」ハイソリッド タイプである「サピリアHS」を上市しています。

2 さらに読み込む

投資事業および研究開発における環境への配慮

投資事業および研究開発における環境への配慮

技術研究所内で発生する産業廃棄物については、 廃棄物削減と分別を実践し、産業廃棄物処理基準 に従って処理しています。 また、所内安全衛生委員会による月 1 回研究所 内パトロールを行い、危険箇所発見と改善指導によ り事故未然防止および安全管理活動に役立ててい ます。なお、新たな研究作業開始前には研究計画書 提出を義務付け、同委員会にて作業内容安全審議 を行うことにより、十分な事故防止を図っています。
さらに見せる

1 さらに読み込む

投資事業および研究開発における環境への配慮

投資事業および研究開発における環境への配慮

技術研究所内で発生する産業廃棄物については、 廃棄物削減と分別を実践し、産業廃棄物処理基準 に従って処理しています。 なお、2011 年3月東日本大震災震およびその 後余震により所内管理区域一部が被災しました が、被害は排風機室内排気ダクト壁面と締め付 けボルトが外れた軽微なものであり、環境影響 は発生していないことを文部科学省に通報連絡い たしました。

1 さらに読み込む

阿部孝之 1. はじめに 微粒子材料の機能化 は種々の産業において欠かせない技術である また最近の生産活動は 環境に配慮した経済活動の重要性の高まりにより 大量生産 消費型 から 環境に配慮した省エネ型 にシフトしつつある この観点からも 微粒子材料の機能化とその性能の向上 ( 高機能 高性能微粒子

阿部孝之 1. はじめに 微粒子材料の機能化 は種々の産業において欠かせない技術である また最近の生産活動は 環境に配慮した経済活動の重要性の高まりにより 大量生産 消費型 から 環境に配慮した省エネ型 にシフトしつつある この観点からも 微粒子材料の機能化とその性能の向上 ( 高機能 高性能微粒子

1. はじめに 「微粒子材料機能化」は種々産業において欠かせない技術である。また最近生産活動は、 環境配慮した経済活動重要性高まりにより「大量生産・消費型」から「環境配慮した省 エネ型」にシフトしつつある。この観点からも、微粒子材料機能化とその性能向上(高機能・ 高性能微粒子材料開発)は省エネ型産業を成し遂げるで重要である。しかし近年、微粒子材 料機能化に対する要求は多種多様化しており、もはやバルク材材料開発だけでは、その要求 に答えることは難しい。そのため、「微粒子材料表面修飾・改質」が注目されており、この手 法による高機能材料創成が多く科学・産業分野で期待されている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

環境に配慮した街づくり

環境に配慮した街づくり

なお、県事業においては、平成 17 年度にこの目標をほぼ達成しました。また、工業高校・建設産 業界とコラボにより「みんなで進めようかながわ建設リサイクル!!!」建Rブックレットを平成 25 年度に制作し、高校生等へ建設リサイクル法啓発を実施しました。 食品リサイクル法では、食品製造等で生じる加工残さや、食品流通・消費過程等で生じる売れ残 りや食べ残し等「発生抑制」を行い、発生した食品廃棄物等については、飼料化や肥料化など「再 生利用」に取り組むことで、廃棄処分を減らし、環境負荷少ない循環型社会構築を目指していま す。
さらに見せる

15 さらに読み込む

函館市環境配慮率先行動計画

函館市環境配慮率先行動計画

(2)植物を原料とする環境負荷低減効果が確認された合成繊維が,製品全体重量 比で25%以上使用されていること 作業手袋 (1)使用される繊維(天然繊維および化学繊維)うち,ポリエステル繊維を使用した 製品は,再生 PET 樹脂から得られるポリエステルが,製品全体(すべり止め塗布 加工場合は塗布部分を除く)重量比で50%以上使用されていること

8 さらに読み込む

環境配慮型製品の研究・開発と供給 環境報告書 | 環境・社会 | レンゴー株式会社

環境配慮型製品の研究・開発と供給 環境報告書 | 環境・社会 | レンゴー株式会社

3. 定期的にその概要をホームページ等で開示します。 当社は、紙原材料である木材は再生可能な自然資本 であるという認識もと、地球環境と生物多様性 保全に資するため、持続可能な森林から産出された 木材を原材料とするパルプを調達します。

1 さらに読み込む

上越市の環境について~前段、体系図、環境配慮指針 上越市の環境  上越市ホームページ

上越市の環境について~前段、体系図、環境配慮指針 上越市の環境 上越市ホームページ

( 1) 対象とする範囲 第 3 次環境基本計画では、 対象範囲を 「生活環境」 「自然環境」 「地球環境」 「環境学習」 4 分野とし、 「地球温暖化」をすべてに影響する共通視点として設定しました。 また、分野ごとに以下ような望ましい環境像を定めました。

2 さらに読み込む

環境方針・環境配慮の取り組み状況・付録 環境報告書 | 大学案内 | 千葉工業大学

環境方針・環境配慮の取り組み状況・付録 環境報告書 | 大学案内 | 千葉工業大学

 東日本大震災発生時に津田沼駅周辺に多く帰宅困難者が発生し、大混乱となりました。これを教訓とし て、習志野市を中心に本学を含む周辺事業所間で大災害発生時における帰宅困難者対策を協議し、本学は 大災害発生時に津田沼駅周辺に発生する帰宅困難者を一時的に学内に受入れ、安全な避難場所を提供する とともに、水・食料を提供し、一昼夜安全な環境を提供する協定を2013年3月に習志野市と締結しました。  大災害発生時には習志野市や周辺事業所と協力して、帰宅困難者受入れを実施します。
さらに見せる

17 さらに読み込む

幸福度と環境配慮行動の関連性

幸福度と環境配慮行動の関連性

7 を深く考えなければならないような社会において、環境問題を懸念する(余裕がある) は、その中で比較的裕福で幸福な人だけである。 経済面と社会面を改善することで人々がより幸福になれば、環境意識が高まり、環境政 策へ積極的な協力も求めやすくなる。特に、地球温暖化など国際環境問題に関しては、 人々生活に直接的な影響がないため、問題を認知しても環境行動に移りにくいと思われ る。先進国においては、経済が発展していても人々が所得や人間関係などで精神的な問題 を感じていれば、環境問題対策に真剣になれる心余裕が少ないであろう。一方、途上国 においては、経済的な余裕も精神的な余裕も環境問題対策に必要である。 』
さらに見せる

44 さらに読み込む

Management 環境マネジメントによる環境配慮

Management 環境マネジメントによる環境配慮

●工務統括本部「建設部」  :海外建設工事に関する HSE 業務を担当 ●産業・国内プロジェクト本部「工事管理部」  :国内建設工事に関する HSE 業務を担当  更に、オフィス活動 HSE については、各本部 HSE 委員を通じて定常的な活動が続いています。  このように日揮グループは、健康・安全・環 境マネジメント運動は経営層が先頭に立って社内 意識高揚を図るべき重要な事項と認識し、これ を実践しています。
さらに見せる

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...