性質別歳出予算の内訳

Top PDF 性質別歳出予算の内訳:

平成25年度 歳入歳出予算の内訳

平成25年度 歳入歳出予算の内訳

予算科目には組み入れるこ と できないも ので、 利 子や延滞金などです。 21 市債 3, 027, 155 3, 444, 368 ▲ 12. 1 8. 2 10. 3 市借金です。 市事業はできるだけ借入をせずに行 う こ と が原則ですが、 将来住民にも 経費を分担さ せる こ と が平等である場合や、 公共施設整備など臨時的 に多額費用が必要な場合などに財源と し ます。

3 さらに読み込む

~ もくじ ~ 1 大阪市の予算のしくみ 1 2 大阪市の会計の紹介 2 3 平成 27 年度予算の概要 3 全会計の見積り 3 一般会計の収入の見積り 4 性質別に見る一般会計の支出の見積り 5 目的別に見る一般会計の支出の見積り 6 平成 27 年度予算で取り組む主な事業や施策 7 4 大阪市の

~ もくじ ~ 1 大阪市の予算のしくみ 1 2 大阪市の会計の紹介 2 3 平成 27 年度予算の概要 3 全会計の見積り 3 一般会計の収入の見積り 4 性質別に見る一般会計の支出の見積り 5 目的別に見る一般会計の支出の見積り 6 平成 27 年度予算で取り組む主な事業や施策 7 4 大阪市の

将来世代に負担を先送りしないために、引き続き、「市政改革基本方針」や府・市による広域行政・二重行政一元化を着実に実現していくとともに、 区長・局長マネジメントもと、歳出・歳入両面にわたって更なる自律的な改革に取り組み、行財政改革を強力に推進していきます。 4 大阪市将来収支見通し 大阪市は、将来世代に負担を先送りしないため、 「補てん財源に依存」するではなく、 「収入範囲内で予算を組む」ことを原則とし、市政抜本的改革を進め、
さらに見せる

11 さらに読み込む

~ もくじ ~ 1 大阪市の予算のしくみ 1 2 大阪市の会計の紹介 2 3 平成 29 年度予算の概要 4 全会計の見積り 4 一般会計の収入の見積り 5 性質別に見る一般会計の支出の見積り 6 目的別に見る一般会計の支出の見積り 7 平成 29 年度予算で取り組む主な事業と施策 8 4 大阪市の

~ もくじ ~ 1 大阪市の予算のしくみ 1 2 大阪市の会計の紹介 2 3 平成 29 年度予算の概要 4 全会計の見積り 4 一般会計の収入の見積り 5 性質別に見る一般会計の支出の見積り 6 目的別に見る一般会計の支出の見積り 7 平成 29 年度予算で取り組む主な事業と施策 8 4 大阪市の

・その他顕著な課題へ対応として、養育費確保支援事業や高校中退 者および中退防止へ支援策等を実施…6,000 万円 ●課外学習支援取り組み ・一定要件を満たす市内在住中学生を対象に、学校外教育に利用で きる「塾代助成カード(月額上限1万円)」を交付(学習塾や文化・ スポーツ教室だけでなく、インターネットを活用したオンライン学習 塾なども利用可能)…24 億 6,600 万円

20 さらに読み込む

国民健康保険会計 ( 歳出 ) ( 単位 : 千円 ) 本年度予算額の財源内訳 款 特定財源 国道支出金地方債その他 一般財源 5. 総務費 482, ,504 8,008 70,636 4, , 保険給付費 10,754,795 11,928,

国民健康保険会計 ( 歳出 ) ( 単位 : 千円 ) 本年度予算額の財源内訳 款 特定財源 国道支出金地方債その他 一般財源 5. 総務費 482, ,504 8,008 70,636 4, , 保険給付費 10,754,795 11,928,

延滞金 4,870 一般被保険者医療給付費延滞金 3,405 退職被保険者等医療給付費延滞金 122 一般被保険者後期高齢者支援金等延滞金 907 退職被保険者等後期高齢者支援金等延滞金 34 一般被保険者介護納付金延滞金 375 退職被保険者等介護納付金延滞金 27 10... 介護サービス利用負 152 介護サービス利用負担軽減事業費補助金 152 担軽減事業費補助[r]

54 さらに読み込む

平成 27 年度 事業計画書及び収支予算書 < 資料内容 > 平成 27 年度事業計画書 平成 27 年度資金収支予算 事業区分 拠点区分別総括表 平成 27 年度社会福祉事業区分資金収支予算書及び内訳表 平成 27 年度公益事業区分資金収支予算書及び内訳表 社会福祉法人神栖市社会福祉協議会

平成 27 年度 事業計画書及び収支予算書 < 資料内容 > 平成 27 年度事業計画書 平成 27 年度資金収支予算 事業区分 拠点区分別総括表 平成 27 年度社会福祉事業区分資金収支予算書及び内訳表 平成 27 年度公益事業区分資金収支予算書及び内訳表 社会福祉法人神栖市社会福祉協議会

(3)職員配置計画に基づく採用、研修システム体系化 ・圏域担当専従CSW最大人数、法人運営やサービス提供部門に従事する職員最低人数、 法人後見を担った場合必要人員など「職員配置計画」に向けた検討を進めます。 ・職員に対しては適切な労務管理とともに、人材をより活性化するために人事管理体制を強化 します。また職員が自身資質向上をめざすため自主研修を奨励します。

16 さらに読み込む

目次 第 1 章市税の役割 1 一般会計歳入予算の内訳 1 一般会計歳出予算の内訳 1 市税収入の内訳 2 市税 10,000 円の使い道 3 宿泊税の使われ方 4 第 2 章市税の種類としくみ 5 個人市民税 6 固定資産税 22 土地 家屋 22 償却資産 31 都市計画税 33 軽自動車税 3

目次 第 1 章市税の役割 1 一般会計歳入予算の内訳 1 一般会計歳出予算の内訳 1 市税収入の内訳 2 市税 10,000 円の使い道 3 宿泊税の使われ方 4 第 2 章市税の種類としくみ 5 個人市民税 6 固定資産税 22 土地 家屋 22 償却資産 31 都市計画税 33 軽自動車税 3

第 2 章 市税種類としくみ・・・ 5 個人市民税・・・・・・・・・・ 6 固定資産税・・・・・・・・・・22 土地・家屋・・・・・・・・・・22 償却資産・・・・・・・・・・31 都市計画税・・・・・・・・・・33 軽自動車税・・・・・・・・・・34 法人市民税・・・・・・・・・・38 市たばこ税・・・・・・・・・・41 入湯税・・・・・・・・・・・・42 事業所税・・・・・・・・・・・43 宿泊税・・・・・・・・・・・・45
さらに見せる

65 さらに読み込む

e-task 財務会計マスター 目次 目 次 支出伝票 1 頁 歳出予算執行状況 ( 課別 ) 照会 11 頁 予算差引簿 12 頁 収入伝票 14 頁 予算整理簿 20 頁

e-task 財務会計マスター 目次 目 次 支出伝票 1 頁 歳出予算執行状況 ( 課別 ) 照会 11 頁 予算差引簿 12 頁 収入伝票 14 頁 予算整理簿 20 頁

※調定では納入者自由入力はできますが、戻出ときは自由入力はできませ んので、出納室で債権者登録してください。 ※戻出をした場合は、必ず 62 調定変更メニューで調定額を変更してください。 出納室からまわって くる収入票管理番 号を入力します。戻 出元管理番号ボタン で検索もできます。 ここに管理番号を入 力すると入力してあ った内容が画面に表 示されます、 戻出をする理由

23 さらに読み込む

一般会計歳出予算の主な事業内容 統合保育所整備事業 総合計画に掲げる基本目標を実現するため 令和元年度一般会計歳出当初予算で実施 する主な事業などを施策別に紹介します 事業名などの後ろに付いている 新 は 本年度の新規事業を表します 本年度から始まる新 たな継続事業も含みます 担当課 は予算を執行す

一般会計歳出予算の主な事業内容 統合保育所整備事業 総合計画に掲げる基本目標を実現するため 令和元年度一般会計歳出当初予算で実施 する主な事業などを施策別に紹介します 事業名などの後ろに付いている 新 は 本年度の新規事業を表します 本年度から始まる新 たな継続事業も含みます 担当課 は予算を執行す

基金残高  市町村貯金を 「基金」 といいます。 基金は、 特定目的ために積み立てる 「特定目的基 金」 、毎年度やりくり用 「財政調整基金」 、 借金返済用に積み立てる 「減債基金」 に大きく 分けられます。一般的に、財政的に余裕があ るときに基金を積み立て、急な出費や災害な どの際に取り崩して活用します。

10 さらに読み込む

目 次 はじめに 経緯 1 第 1 章使用料について Ⅰ 使用料設定の基本的考え方 2 1 使用料設定に関する基本的考え方 2 Ⅱ 原価の算定 3 1 原価算定の基本的考え方 3 2 使用料算定の方法 4 Ⅲ 施設の性質別分類と負担割合 8 1 性質別分類に関する基本的考え方 8 2 性質別分類と負

目 次 はじめに 経緯 1 第 1 章使用料について Ⅰ 使用料設定の基本的考え方 2 1 使用料設定に関する基本的考え方 2 Ⅱ 原価の算定 3 1 原価算定の基本的考え方 3 2 使用料算定の方法 4 Ⅲ 施設の性質別分類と負担割合 8 1 性質別分類に関する基本的考え方 8 2 性質別分類と負

これら使用料については、今後基準整備について検討することとする。 6 高齢社会における施設使用料あり方について 現在、区民およそ 5 人に 1 人が 65 歳以上高齢者である。 これまで、高齢者いきがいと社会参加支援ために使用料減額・免除を行ってき た。しかし、景気低迷が続く中で、若年層における非正規雇用増加をはじめ、働き盛 り人たち年収は減少しており、これから区財政が一層厳しさを増すと予測される状況 下、世代間負担公平性と適正な受益者負担観点から、高齢者施設使用料負担 あり方についてあらためて検討することは避けて通れないものと考える。
さらに見せる

41 さらに読み込む

目 次 1 総 括 1 ( 1 ) 予算編成の方針 2 ( 2 ) 予算の規模等 4 ( 3 ) 重点取組事業 6 2 一般会計の状況 ( 1 ) 歳入の状況 8 ( 2 ) 歳出の状況 12 3 主要事業 ( 政策別事業 ) 政策 1 子ども 教育 子どもがいきいきと輝きみんなで教育 子育てを支え

目 次 1 総 括 1 ( 1 ) 予算編成の方針 2 ( 2 ) 予算の規模等 4 ( 3 ) 重点取組事業 6 2 一般会計の状況 ( 1 ) 歳入の状況 8 ( 2 ) 歳出の状況 12 3 主要事業 ( 政策別事業 ) 政策 1 子ども 教育 子どもがいきいきと輝きみんなで教育 子育てを支え

徹底した見直しを行い、経費節減を図ること。 なお、義務的経費(人件費、扶助費及び公債費)については、一般財源ベースで 平成 29 年度当初予算範囲内に抑制するよう努めること。ただし、人件費について は、定員適正化計画に基づく定員管理に取り組むものとする。扶助費等においても、 制度そのもの原点にまで踏み込んだ抜本的見直しを行うことにより、可能な限り 歳出抑制を図ること。

17 さらに読み込む

目 次 1 総 括 (1) 平成 年度一般会計内訳 1 (2) 平成 27 年度市税収入の内訳 ( 当初予算 ) 3 (3) 一般会計歳入額と市税収入額の推移 3 (4) 市税の年度別調定額 収入額の推移 4 (5) 各年度税目別通知書公示送達件数 6 (6) 平成 27 年度市税一覧表

目 次 1 総 括 (1) 平成 年度一般会計内訳 1 (2) 平成 27 年度市税収入の内訳 ( 当初予算 ) 3 (3) 一般会計歳入額と市税収入額の推移 3 (4) 市税の年度別調定額 収入額の推移 4 (5) 各年度税目別通知書公示送達件数 6 (6) 平成 27 年度市税一覧表

(ウ) たばこ月別売渡本数調 (単位 本) 年度 月 20,068,323 18,097,034 17,228,564 16,452,054 21,831,938 19,018,310 10,190,218 16,354,682 16,629,932 11,250,882 18,644,678 17,031,731 18,168,196 17,392,850 15,816,587 18,897,918 18,356,069 17,058,930 16,144,759 15,183,779 20,219,995 21,007,505 17,352,234 17,620,450 17,087,972 20,992,957 17,946,382 17,673,743 17,711,831 15,687,174 40,710,951 17,492,834 16,855,094 16,041,698 16,530,462 5,383,540 17,137,607 17,622,635 17,393,018 16,106,323 10,938,189 16,937,657 16,615,363 16,125,426 14,883,216 15,402,468 19,487,264 18,191,809 17,837,094 17,168,572 13,422,172 14,898,402 15,473,585 14,390,815 14,521,487 14,371,940 15,264,609 14,796,583 14,723,265 13,825,295 218,071,441 203,847,312 203,391,418 198,463,192 189,893,687 18,172,620 16,987,276 16,949,284 16,538,599 15,824,473
さらに見せる

61 さらに読み込む

Ⅱ 平成 29 年度一般会計当初予算 1 歳入 ( 性質別 ) ( 単位千円 ) 平成 29 年度平成 28 年度比較区分当初予算額構成比当初予算額構成比増減額伸率 自主財源 11,584, % 11,368, % 215, % 市 税 9,408,852 4

Ⅱ 平成 29 年度一般会計当初予算 1 歳入 ( 性質別 ) ( 単位千円 ) 平成 29 年度平成 28 年度比較区分当初予算額構成比当初予算額構成比増減額伸率 自主財源 11,584, % 11,368, % 215, % 市 税 9,408,852 4

Ⅰ 平成29年度当初予算概要 平成29年度一般会計と4つ特別会計予算概要です。 平成29年度 平成28年度 比 較 伸 率 19,256,031 19,693,684 △437,653 △2.2% 国 民 健 康 保 険 事 業 7,715,000 7,613,300 101,700 1.3% 後期高齢者医療事業 1,157,600 1,124,500 33,100 2.9% 介 護 保 険 事 業 7,037,500 6,441,700 595,800 9.2% 下 水 道 事 業 2,515,100 1,537,900 977,200 63.5% 計 18,425,200 16,717,400 1,707,800 10.2% 37,681,231 36,411,084 1,270,147 3.5%

11 さらに読み込む

h25fukko t zantei 東日本大震災復興特別会計歳入歳出暫定予算予定額各目明細書

h25fukko t zantei 東日本大震災復興特別会計歳入歳出暫定予算予定額各目明細書

査院、内閣、内閣府、復興庁、総 務省、法務省、外務省、財務省、 文部科学省、厚生労働省、農林水 産省、経済産業省、国土交通省、 環境省及び防衛省所管. 東日本大震災復興特別会計歳入歳出暫定予算予定額 各目明細書.[r]

33 さらに読み込む

目次 第 1 章財政状況と財政運営都の予算規模 3 一般会計予算規模 4 歳入の状況 5 都税収入 6 実質的な都税収入 7 不合理な地方法人課税の偏在是正措置 8 歳出の状況 目的別分類 10 歳出の状況 性質別分類 11 一般歳出 12 平成 27 年度予算編成における事業評価の取組 13 都債

目次 第 1 章財政状況と財政運営都の予算規模 3 一般会計予算規模 4 歳入の状況 5 都税収入 6 実質的な都税収入 7 不合理な地方法人課税の偏在是正措置 8 歳出の状況 目的別分類 10 歳出の状況 性質別分類 11 一般歳出 12 平成 27 年度予算編成における事業評価の取組 13 都債

○ 事業評価は、二次にわたる財政再建推進プランに基づき、集中的に実施した事業見直 しの成果を踏まえ、この見直し努力を財政再建を達成した後も継続していくために再構 築した取組です。 ○ 限られた財源中で都政諸課題に的確に対応していくためには、一つひとつ事業 について、その効率性や実効性を向上させる継続的な取組(マネジメントサイクル)が 必要です。こうした観点から、予算編成一環として事業評価を実施しています。
さらに見せる

47 さらに読み込む

決算報告 574 億 1,173 万円一般会計歳出決算内訳 ( 性質別 ) 歳出 歳出決算の特徴 平成 22 年度に比べ 2 億 5,161 万円増 (0.44% 増 ) となりました 増額となっている主なものは 社会福祉や医療助成の経費である扶助費 (10 億 1,310 万円増 ) 積立金 (1

決算報告 574 億 1,173 万円一般会計歳出決算内訳 ( 性質別 ) 歳出 歳出決算の特徴 平成 22 年度に比べ 2 億 5,161 万円増 (0.44% 増 ) となりました 増額となっている主なものは 社会福祉や医療助成の経費である扶助費 (10 億 1,310 万円増 ) 積立金 (1

目的 歳出額 構成比 一人あたり金額 参考 平成 22 年度 主な使用目的 民生費 268.5 億円 46.8% 20.4 万円 19.6 万円 子どもや高齢者、障がい者、生活保護 など社会福祉充実 公債費 70.8 億円 12.3% 5.4 万円 5.8 万円 市借金返済金 教育費 54.3 億円 9.5% 4.1 万円 3.7 万円 学校教育や生涯学習、文化・スポーツ 振興 衛生費 53.3 億円 9.3% 4.0 万円 3.6 万円 予防接種や健康診断、ごみ・し尿処理 総務費 52.7 億円 9.2% 4.0 万円 4.0 万円 住民票や戸籍、税務、選挙など市 全般的な運営 土木費 29.7 億円 5.2% 2.3 万円 2.1 万円 道路や橋、公園など整備やまちづくり その他 44.8 億円 7.7% 3.4 万円 4.3 万円 消防や防災、商工・農林畜産業、勤労者 支援、議会運営費など 合 計 574.1 億円 100% 43.6 万円 43.1 万円
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 7 年度高知県一般会計補正予算平成 7 年度高知県の一般会計の補正予算は 次に定めるところによる ( 歳入歳出予算の補正 ) 第 条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,6,76 千円を追加し 歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,75,5 千円とする 歳入歳出予算の補正のの区分及び当該区

平成 7 年度高知県一般会計補正予算平成 7 年度高知県の一般会計の補正予算は 次に定めるところによる ( 歳入歳出予算の補正 ) 第 条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,6,76 千円を追加し 歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,75,5 千円とする 歳入歳出予算の補正のの区分及び当該区

産業振興計画においては、第2期計画をより実効性ある施策へバージョンアップし、「高 知家」もとで観光振興、移住促進、地産地消・地産外商各施策を連動させた取組を行った 結果、観光客数は、観光ピークを迎える夏場に大雨や台風など影響があったものの、2年 連続400万人台を達成し、県外から移住者数も前年度から大幅に増加した。また、新たに設 置した「ものづくり地産地消・外商センター」外商支援による受注金額や、地産外商公社 活動支援による県内事業者外商成約件数も増加している。
さらに見せる

31 さらに読み込む

目次 第 1 章財政状況と財政運営都の予算規模 3 一般会計予算規模 4 歳入の状況 5 都税収入 6 実質的な都税収入 7 地方法人課税の不合理な偏在是正措置 8 歳出の状況 目的別分類 10 歳出の状況 性質別分類 11 一般歳出 12 平成 28 年度予算編成における事業評価の取組 13 都債

目次 第 1 章財政状況と財政運営都の予算規模 3 一般会計予算規模 4 歳入の状況 5 都税収入 6 実質的な都税収入 7 地方法人課税の不合理な偏在是正措置 8 歳出の状況 目的別分類 10 歳出の状況 性質別分類 11 一般歳出 12 平成 28 年度予算編成における事業評価の取組 13 都債

第1章 財政状況と財政運営 都予算規模 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 一般会計予算規模 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 歳 入 状 況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 都 税 収 入 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 実質的な都税収入 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7 地方法人課税不合理な偏在是正措置 ・・・・・・・・・・・・・8 歳出状況(目的分類) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 歳出状況(性質分類) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・11 一 般 歳 出 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12 平成 28 年度予算編成における事業評価取組 ・・・・・・・・・13 都 債 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17 基 金 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18 第2章 決算分析
さらに見せる

49 さらに読み込む

平成21年度歳入歳出決算・平成22年度予算について(上半期)の財政状況 長崎市│平成21年度決算

平成21年度歳入歳出決算・平成22年度予算について(上半期)の財政状況 長崎市│平成21年度決算

 特別支援教育支援員を58人から68人に増員し、発達障害を含む障害ある児童生徒学習支援及び生活支援を充実させるとともに、心 教室相談員や子どもと親相談員を引き続き配置し、児童生徒及び保護者不安や悩み解消に努めました。また、不登校対策としてメン タルフレンドやヤングアドバイザーを派遣し、不登校児童生徒学校復帰に努めました。  豊かな体験活動充実を図るため、特色ある教育活動推進事業やふるさと長崎体験推進事業を継続して実施し、 「自然」や「伝統文化」、 「交 流」など様々な体験活動を通して児童生徒豊かな心を育むことができました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成28年度歳出概算要求の概要説明 平成28年度予算 | 会計検査院の予算・決算 | 会計検査院について | 会計検査院 Board of Audit of Japan

平成28年度歳出概算要求の概要説明 平成28年度予算 | 会計検査院の予算・決算 | 会計検査院について | 会計検査院 Board of Audit of Japan

④ 科学技術 等専門性 高い研 究開発等に係る検査を充実強化するため、上席調査 官(文部科学担当)付に専門調査官設置 ⑤ 会計 検査院保 有する情報公開、個人情報保護、文書管理等業務企画調整に ついて体制を強化するため、法規課に情報公開・個人情報保護室長設置

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...