平成25年度卒業論文

Top PDF 平成25年度卒業論文:

平成21年度卒業論文

平成21年度卒業論文

交流戦は、各チームそれぞれが、他リーグの 6 チームと 4 試合ずつ行い、1 ヶ月の期間で、 1 チームあたり計 24 試合実施する。勝敗や個人成績は普段のペナントレースに反映される。 日本プロ野球では、 2004 年の球界再編問題がきっかけで導入された。各チームそれぞれが、 他リーグと対戦することから、1 リーグ制のような総当たり戦を行うことになる。そこで、 本研究では交流戦を 1 リーグ制と仮定し、検証した。まず、1 リーグ制と仮定した交流戦で の観客動員数が、通常での試合よりも多ければ、観客動員数の増加が見込める。2009 年度 のデータのみだが、全試合の観客動員数を記録し、通常での試合と交流戦での観客動員数 の違いを分析した。集計したデータが、図、図6である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成25年度

平成25年度

(例:The first two authors contributed equally to this study) () Science Citation Index の定義する Impact factor が7以上の国際欧文雑誌に印刷公表又は受理されたものであ ること。 ただし,Impact factor が4以上の国際欧文雑誌に印刷公表又は受理されたものであり,かつ当該論文が学位授 与に値する旨の推薦書が指導教員から提出された場合は,医科学専攻教務学生委員会(以下「委員会」という。 ) により厳正な審議を行い,妥当とみなすことができる場合に限り,これに準ずるものとする。
さらに見せる

64 さらに読み込む

平成25年度

平成25年度

(1)活動支援事業 財団は設立されたばかりで、すぐには財政的支援や充実した人材育成面での支 援ができないため、文化活動に取り組んでいる市民や団体が活用できる情報を 提供していくことや、市民等が行う文化行事に対する後援や助言等を行うことで、 活動内容が一層活性化・円滑化され、文化行事を実施しやすい環境を創出する。 また、年度以降市から受託予定の「渡辺翁記念会館文化事業助成事業」や 「アートパフォーマーバンク」の有効な活用方法を研究し、支援に結びつける。 ()人材育成事業
さらに見せる

7 さらに読み込む

大正大学大学院研究論集38号 017大学院修士学位論文題名一覧(平成25年度)

大正大学大学院研究論集38号 017大学院修士学位論文題名一覧(平成25年度)

351 大島 昭宏  精神障害者と支援者とのかかわりについて―精神障害者の就 労支援の実践知を TAE を使って言語化する試み― 太和田枝里  保育者に生じる「気になる」を考える ―保育者との語り合いから見えてくるもの― 梶原  明  夫婦間葛藤にさらされた青年の抱える問題とその回復を支える要因 工藤 健彦  教師が保護者対応で体験する心理的負担と支援 ―中学校教師への[r]

4 さらに読み込む

Microsoft Word - 卒業論文_植田2.doc

Microsoft Word - 卒業論文_植田2.doc

考察 頭頸部の固定具であるシェルは上から患者を押さえつけての固定なので、患者の動き を制御しやすい。また患者一人一人に合ったシェルを作っているので、精度の高い患 者固定を可能としている。一方、骨盤部の固定具であるバックロックやフットロック は患者が固定具の上にのるだけなので動きやすい。また、患者体型の影響も大きい。 以上のことが骨盤部より頭頸部の方が平均値の値が小さく[r]

29 さらに読み込む

2007年度卒業論文

2007年度卒業論文

した、802.16e という規格である、モバイル WiMAX の二つを総称して WiMAX と呼ぶのである。 また、WiMAX は、その運用性を高めるために相互接続性が確保されている。それを行うの は、企業が合同で設立した認証機関である“WiMAX フォーラム”である。こうした相互運用 性の確保は、新規参入への障害をなくすことや投資コストの低減など、多くのメリットが [r]

14 さらに読み込む

平成18年度卒業論文

平成18年度卒業論文

3. 結論 表3-4と表3-の結果から J1リーグにおいて浦和レッドダイヤモンズ は勝つために選手に資金をかけリーグ内でいい成績をおさめることがより高い 収入につながるチーム、すなわち「勝ち組」である。一方、柏レイソルは勝つ ことが必ずしも収入につながるとはいえないため選手にさほど投資をおこなわ ないチーム、すなわち「負け組」であるといえる。

18 さらに読み込む

2006年度卒業論文

2006年度卒業論文

る。活動は毎週土曜日、一時間半程度で、年齢にあわせたおもちゃを使って子どもの体調 などに合わせた遊びを行っている。遊び場はプレイルーム、ベットサイド、個室に分かれ る。プレイルームに出られる子どもはプレイルームで、治療などの関係でプレイルームに 出てこられない子どものもとには、ボランティアがおもちゃを持ってベットサイドや個室 で対応する。 2004 年度のボランティア記録によると、対応した子どもの数は 1 年間で 392 人であった。また、人に1人は点滴をつけている。0 歳児から高校生までと幅広い子ど も達を対応しているが、特に就学前の乳幼児が全体の 8 割以上を占めていた。ボランティ アは 50 名ほどの登録がある。学生から社会人、主婦など幅広い年齢層となっているが、 そのうちの7割が学生である。また、通常の活動以外にも、親睦会や勉強会、ボランティ ア通信の発行、病棟行事への協力・参加などを行っている。さらに、長期入院などの特別 なニーズのある子どもへの平日の個室対応、病児のきょうだいへの対応などを行っている。 ボランティアの日程調整、医療スタッフとの連絡調整などのコーディネートはボランテ ィアのリーダーが担当している。子ども達のニーズに応えながら、学生が中心となってい るボランティアも活動に意義を見出せるよう環境を整えるためには、コーディネーターの 存在が欠かせない。定期的に個別対応をする際には、特にコーディネーターの役割は重要 である。まず、子どもの治療状況や家族の置かれている状況を把握し、子どもの主治医な どとの打ち合わせを行う。その後、ボランティアの確保・顔合わせ、訪問日の日程調整を 行い、個別訪問が開始される。また、毎回の訪問記録を親に渡し、報告することで、ボラ ンティアと親との関係づくりが行えるよう関係調整を行っている。
さらに見せる

44 さらに読み込む

卒業論文 2003年度

卒業論文 2003年度

(出所)『2003 年レジャー白書 性・年代別余暇活動の参加率の特徴』より 次に映画の余暇活動における参加人口の推移をみてみると映画の人気が高まっていることが わかる。(図―10)は「2003 年の余暇活動参加人口」である 42 ) 。最も参加人口が多い趣味は ビデオ鑑賞(レンタルを含む)で 1995 年(H6)4780 万人、2003 年(H14)には、4790 万 人と大きな変化はない。同様に音楽鑑賞、スポーツ観戦では大きな変化は見られなかった。逆 に変化が大きいのは、パソコンと映画で、特にパソコンは 1997 年(H8)2140 万人だったの が 2003 年には 4230 万人と成長した。これは、急激なインターネットの発達などにより一気 に家庭レベルまで浸透していったと考えられる。映画も同様に 1995 年の 3080 万人から 2003 年には 4080 万人へと大きく増加している。これは 2001∼2002 年における映画のヒットが考 えられる。洋画では、ハリー・ポッターと賢者の石(興行収入 203 億円)、ハリー・ポッター と秘密の部屋(180 億円)、モンスターズ・インク(93.7 億円)、スターウォーズ エピソード(93.5 億円)、ロード・オブ・ザ・リング(90.7 億円)などが上映された。邦画では、猫の恩返しギ ブリーズ episodeⅡ(64.6 億円)、名探偵コナン ベイカー街の亡霊(34.0 億円)などが上映さ れた。ともに子供から大人まで多くの支持を得られた結果だろう。
さらに見せる

35 さらに読み込む

2005年度卒業論文

2005年度卒業論文

海上を航行するため,ジャイロコンパス又は磁気コンパスを搭載している.ジャイ ロコンパスは高価・静定時間が長い等の欠点があるため,多くの小型船は磁気コンパス を搭載しているが指北精度が劣る欠点がある.これらの欠点を解決するために,GPS 衛 星を利用した GPS コンパス JLT-10T が開発された.本研究では,この GPS コンパスの 性能評価を行った. 3.1 [r]

60 さらに読み込む

平成29年度 卒業証書授与式 河内高等学校トップ

平成29年度 卒業証書授与式 河内高等学校トップ

平成 30 年 3 月 1 日(木)に,平成 29 年度第 44 回卒業証書授与式が執り行われました。 56 名の卒業生が,在校生からの贈り物であるコサージュを胸につけ,晴れやかな気持ちで卒 業証書授与式に臨みました。担任の呼名に大きな声で応じ,卒業生を代表して,クラス代表の赤 畠友紀君と河本りんさんに卒業証書が授与されました。また,藤中月菜さんが学校長に記念品 (センターライト一式)を贈呈した後,在校生代表の進藤裕太君が送辞を,卒業生代表の信藤涼 太君が答辞を述べました。
さらに見せる

1 さらに読み込む

平成19年度、日本文化履修コース(国語国文)卒業論文概要

平成19年度、日本文化履修コース(国語国文)卒業論文概要

鎌倉時代の長音表記について 橋本 瞳 〈論文の目的〉 私は今回、鎌倉時代の古文書について研究した。この時代を対象としたのは、平安時代 や室町時代など他の時代に比べその研究がまだあまりされていないため、新たな問題点が みえてくるのではないかという期待からである。調査テキストには、鎌倉時代という一つ の時代を総体的に把握できる『鎌倉遺文 古文書編』 (以下『鎌倉遺文』と略記)を使用し た。また、仮名文書には様々な問題点があるが、その中でも鎌倉時代の仮名文書中に長音 の問題が見えることは早くから注目されていた。その結果、従来述べられている長音の特 徴や問題点と違う現象を発見できるのかということ等をみていく。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2016年度 卒業論文 2012年度生 | 横浜市立大学 加藤 千博 研究室

2016年度 卒業論文 2012年度生 | 横浜市立大学 加藤 千博 研究室

National Policy on Language Canberra, Australian Government Publishing Service 1987.. 出 http://www.multiculturalaustralia.edu.au/doc/lobianco_2.pdf.[r]

36 さらに読み込む

2013年度卒業論文

2013年度卒業論文

7- 今後の課題 ミャンマー語の入力をもっと使いやすくできるものはあるかどうかみんなにアンケートをとり、 みんなの意見を取り入れてアップグレードしたい。ミャンマー文字のアルファベット入力に慣れて もらうのが目的であるため、第一は使いやすさ、覚えやすさ、簡単になれる必要がある。そのため は開発し、即できるものではない。試行錯誤を繰り返し、みんなの感想に取り入れ、変更し続けて いく。最終的にはみんなが馴れ馴れしい入力方にする。大事なのは途中であきらめない。みんなの 意見を聞き流さない。意見が分かれた場合は話し合いにより統一するのを目標とする。今度はミャ ンマー語の IME を JavaScript に挑戦してみたが、他もっと開発しやすい言語があるかもしれない。 今後は他の言語による実装方法も検討する。 今回できなかったローカル使用の実装を目指す。 そして、公的機関による、アルファベット・ミャンマー文字対応表の提供、公開による啓蒙、普 及を望みたい。
さらに見せる

91 さらに読み込む

平成22年度環境システム学科卒業論文

平成22年度環境システム学科卒業論文

SrI versus NdI diagram of Myogazawa and Kazamiyamada volcanic rocks , and the granitic basement rocks from Utsunomiya area, and the middle Miocene basaltic rocks from the NE Japan back[r]

113 さらに読み込む

付物/卒業論文一覧(P247‐258)

付物/卒業論文一覧(P247‐258)

山下 佳吾 (仮)表象としての「サムライ」 吉野 拓人 (仮)沢木耕太郎から見る日本のノンフィクションの意義 大沢秀介研究会 荒川 亮 パブリシティ権について―いわゆる肖像権の最考察― 池上 明子 安楽死と自己決定権―人格的生存とは何か― 池田 真理 「教育権」の新しい展望とそれに伴う憲法 6条の解釈 木津さやか 夫婦同氏義務の違憲性と夫婦別氏制度導入の必要性 木村 公紀 リプロダクティブ・ライツの権利構成

12 さらに読み込む

Microsoft Word - 平成28年度 卒業論文最終pdf 修正.docx

Microsoft Word - 平成28年度 卒業論文最終pdf 修正.docx

第 1 章 始めに 1.研究理由 私は、中学校までサッカー部、高校生は陸上部と、運動部に所属をしていた。 この学生時代の部活動での経験は、私の人生において肉体、精神など様々な成 長に繋がったと思う。013年には0年の東京オリンピック開催も決 定し、国際的なスポーツの祭典が日本で行われることによりスポーツへの関心 や期待も高まると思う。近年日本人アスリートも多く活躍していることから、 憧れを持つ人も増加し、スポーツをやりたい、子供にやらせたいという人も増 えるのではないかと思う。私は好きな運動を経験するということの有意義さを 多くの人に伝えたい。なぜなら、私は、これからの子供にはより意味のある充 実した運動に取り組んでもらいたいと思う。その願いから今回の研究に至った。 スポーツは健康や成長のためにいいということは、世間一般に常識として根 付いているのではないかと思う。それと同じぐらいに、子供には運動させたほ うがいいという話をよく聞く。しかし、実際にはスポーツを行なってきた人で も、どういった効果がスポーツにあるのかについては、その認識は曖昧なので はないだろうか。
さらに見せる

17 さらに読み込む

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度)

実施する。さらに、 「市場画定」を踏まえ、市場の競争状況を分析し、市場支配 力を有する事業者の有無等、市場に関する評価結果をまとめるものである。 これまで、03年度に「インターネット接続」及び「企業内ネットワーク」 の各領域を中心として、また、04年度に「移動体通信」及び「インターネッ ト接続」の各領域を中心として評価・分析を行った。さらに、0年度には残 る「固定電話」領域を加え、4つの対象領域全てについての評価・分析を実施 した。次いで、06年度からは、上記4領域を「定点的評価」と位置づけて毎 年定点観測するとともに、新たに「戦略的評価」を創設し、政策的ニーズや関 心の高いテーマに焦点を当てた分析に取り組むこととした。これら各領域の定 点的評価及び戦略的評価の結果は、情報通信審議会や各種研究会等の議論にお
さらに見せる

278 さらに読み込む

橡2000年度 早川ゼミ 卒業論文.PDF

橡2000年度 早川ゼミ 卒業論文.PDF

章 NBA発展期(1984年∼現在) ∼デビッド・スターンの戦略∼ 前章で記したように、1980年代前半までのNBAはある程度の人気を保ってはい たが、決して確固たる地位を確保しているわけではなかった。そんな状況が劇的に変わ ることになったのが、1984年である。それはつまり、マイケル・ジョーダンのシカ ゴ・ブルズへの入団とデビッド・スターンがNBA4代目コミッショナーに就任したと いう2つのことを指している。もちろん当時はこんなにも大きな意味を持つことになる とは考えられていなかった。マイケル・ジョーダンはスター・プレイヤーに依存してい たNBAの構造においても、これまでにないほどのカリスマ性を持つことになる選手で ある。また、スターンはこれまであまりうまく機能していなかったNBAのマーケティ ング構造を確実に作り直していった人物であり、すなわちNBAをスター選手の力だけ に頼らない構造へと変換させた人物と言うことができよう。ここで初めて、強力なスタ ー・プレイヤーとその選手を大々的に売り出していく体制が整ったのだ。
さらに見せる

29 さらに読み込む

平成20年度卒業論文

平成20年度卒業論文

Maxwell ® SV と Garfield を用いて 1.6mm 厚 GEM と、TGEM の電場シミュレーション、増 幅シミュレーションを行った。1.6mm 厚 GEM では孔の中の電場はピッチに依存せず、孔の 直径に依存する。0.4mm 厚の TGEM では電子の増幅シミュレーションを行い、1.0mm ピッ チ、0.6mm ピッチともに増幅率は指数関数的に増加[r]

48 さらに読み込む

Show all 10000 documents...