売上高増加により、販売管理費の増加分を吸収

Top PDF 売上高増加により、販売管理費の増加分を吸収:

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

連結計算書類作成にあたっては、当該子会社平成29年9月30日現 在で実施した仮決算に基づく計算書類使用しております。 3.会計方針に関する事項 (1) 重要な資産評価基準及び評価方法 ① 有価証券評価基準及び評価方法 その他有価証券

7 さらに読み込む

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

業績ハイライト & トピックス 05.3Q 業績ハイライト 連結売上高は 10% 増収 営業利益 当期純利益はそれぞれ同 47% 同 18% 増加 年末商戦におけるエレクトロニクス ゲームビジネスの好調と 金融分野の拡大により 売上高と当期純利益は四半期ベースで過去最高を記録 2005 年度業績見通

• 2005年度業績見通し以下理由により上方修正: (1) 第3四半期為替レートが、想定よりも円安で推移したこと (2) エレクトロニクスおよび金融分野第3四半期実績が見通し上回ったこと 液晶テレビ“BRAVIA<ブラビア>”は、全世界で好調な売上記録。米国では導入以降、 市場シェア1位キープ、期末時点で金額シェア約30%。 日本市場シェア(金額)は、 第3四半期を通じて約25%まで上昇。                      (直近データより)
さらに見せる

15 さらに読み込む

[ 営業収益 ] 1,244,262 売上高 1,213,613 売上原価 930,900 営業収入 売上総利益 282,713 不動産賃貸収入 23,619 その他の営業収入 7,029 30,649 営業総利益 313,362 販売費及び一般管理費 310,285 営業利益 3,077 営業外収

[ 営業収益 ] 1,244,262 売上高 1,213,613 売上原価 930,900 営業収入 売上総利益 282,713 不動産賃貸収入 23,619 その他の営業収入 7,029 30,649 営業総利益 313,362 販売費及び一般管理費 310,285 営業利益 3,077 営業外収

(8) ……  関係会社へ債務保証等に係る損失に備えるため、被保 証者財政状態勘案し、損失負担見込額計上しており ます。 4.その他計算書類作成ため基本となる重要な事項 (1) 消費税等会計処理方法

7 さらに読み込む

目次 Contents ダイジェスト Digest 2 1. 業績の概要 Financial summary 4 2. グループ総取扱高 Total Group transactions 5 3. 売上収益 Revenue 6 4. 販売費及び一般管理費 Selling, general and a

目次 Contents ダイジェスト Digest 2 1. 業績の概要 Financial summary 4 2. グループ総取扱高 Total Group transactions 5 3. 売上収益 Revenue 6 4. 販売費及び一般管理費 Selling, general and a

* フィンテックにおいて拡大続ける営業債権資金需要には、コスト低い資金調達で対応し、有利子負債構成高めることでグループ全体資本コスト引き下げる方針です。 * ただし、有利子負債残高は、倒産コスト考慮して営業債権9割程度目安としています。 * 自己資本については、ビジネスモデル変化にあわせて構成見直し、自己資本比率30%程度目安に「めざすべきバランスシート」構築していきます。 * Marui Group’s 5-Year Mid-Term Plan to FY3/2021 has set ROE, EPS and ROIC as KPIs (Key Performance Indicators); to improve corporate value we aim to expand earnings and reduce capital costs * to achieve a structure where ROIC consistently exceeds WACC.
さらに見せる

24 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

2014 年 10 月 31 日、法人向け海外出張手配・ビジネストラベルマネジメント主たる事業として行っている旅行代理 店で、官公庁始め 1,300 社ほど法人取引先有する株式会社ウイングメイト完全子会社化した後、2015 年 1 月 1 日付で同じく完全子会社でグループにおいてトラベル事業行っているレオパレストラベルと合併させた。 両社経営資源統合することにより、グループ既存顧客中心としたトラベル事業からより広い顧客層に向けた 事業展開図るとともに、グアムリゾート・国内ホテル販売チャネル強化、ビジネストラベルマネジメント業務 通じた法人顧客に対するサービス充実、海外事業とシナジー図り、新たな社会価値創造目指すこととし ている。
さらに見せる

17 さらに読み込む

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

 ⑤ 役員退職慰労引当金      役員退職慰労金支出に備えるため、当社は内規に                   基づく事業年度末要支給額計上しております。 (4) その他計算書類作成ため重要な事項 消費税等会計処理       税抜方式によっております。 (5) 会計方針変更

8 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

国立社会保障・人口問題研究所推計(2013 年 1 月)によれば、2010 年に 5,184 万世帯だった日本一般世帯総数 は 2019 年に 5,307 万世帯でピークに達し、その後 2035 年には 4,956 万世帯まで減少するが、単独世帯に限れば 2010 年 1,679 万世帯から増加が続き、2035 年には 1,846 万世帯に達し、総世帯に占める割合は 2010 年 32.4%か ら、2035 年には 37.2%に上昇する。単独世帯数増加は、従来からワンルーム中心に事業展開してきた同社にと ってはビジネスチャンス広がりとも考えられる。従来若年層中心から、高齢者まで対象広げて、いかにしてニ ーズ取込んでいけるかがカギとなる。また、そのためには法人契約と並行して個人入居者獲得も着実に進めて いく必要があるだろう。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Q 年度の業績について 評価をお聞かせください Q2 TOP Interview 外部環境変化に伴う機会とリスクの要因についてどのようにお考えですか A1 売上高は増加しましたが 研究開発費 減価償却費の増加などで営業利益は減少しました A2 医療費の抑制は製薬業界にとってリスクですが

Q 年度の業績について 評価をお聞かせください Q2 TOP Interview 外部環境変化に伴う機会とリスクの要因についてどのようにお考えですか A1 売上高は増加しましたが 研究開発費 減価償却費の増加などで営業利益は減少しました A2 医療費の抑制は製薬業界にとってリスクですが

 日本初先行発売オーソライズド・ジェネリック(AG)と して2014年9月に発売したカンデサルタン「あすか」は順調 に売上伸ばし、2製品目AGであるカムシア「あすか」 加え、2015年度は91億1400万円に達しました。2016年度 は97億9100万円売上目指します。あすか製薬提供 するAGは、原薬・添加物・製造方法が同等で、効能・効 果も同じという点について、医療現場から理解が進み、 高い評価いただいています。今期は、AG含むGE品と 先発品売上比率は、GE品が62%占めるまでになり、 大きく伸長しました。2016年9月には3製品目となるカデチア 「あすか」販売も開始しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

当社並びに当社子会社及び関連会社(以下、メルコグループ)は、事業活動支援・ 経営指導通じ統括管理行う当社もと、周辺機器と金融事業分野において各分野 特徴に応じた諸施策展開しております。 さらに平成 29 年3月期から中期ビジョン「ゲ ートウェイ 2.0」掲げ、誰もが簡単に安心してインターネットに接続でき、より安全で 快適にデジタルデータ保存・再生できる喜びお客様に提供していくこと目指して おります。しかし、周辺機器取り巻く事業環境は、急激な為替変動や内需低迷・縮 小による影響など想定以上スピードで変化し不透明感高い状況が続いており、 「千年 企業」目指すメルコグループとして、経営基盤より一層強固なものにすることは重 要な経営課題一つと考えておりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

第 18 期 損益計算書自 2017 年 4 月 1 日 至 2018 年 3 月 31 日 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 10,876,865 売上原価 2,750,741 売上総利益 8,126,123 販売費及び一般管理費 6,330,761 営業利益 1,795,362 営業外収

第 18 期 損益計算書自 2017 年 4 月 1 日 至 2018 年 3 月 31 日 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 10,876,865 売上原価 2,750,741 売上総利益 8,126,123 販売費及び一般管理費 6,330,761 営業利益 1,795,362 営業外収

(1)貸倒引当金・・・・・・・ 売上債権等債権貸倒れによる損失に備えるため、貸倒懸念債権 等特定債権については個別に回収可能性勘案し、回収不能見込 額計上しております。 (2)退職給付引当金・・・・・ 従業員退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債 務及び年金資産見込額に基づき当事業年度末において発生してい ると認められる額計上しております。
さらに見せる

8 さらに読み込む

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

(金融商品に関する注記) 1.金融商品状況に関する事項 ① 金融商品に対する取組方針 当社は、資金運用については安全性高い金融資産で行い、また、資金については 親会社から調達する方針であります。デリバティブ取引は、将来為替変動リスク回 避目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。

7 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

連結納税制度適用しております。 会計方針変更に関する注記 (平成28年度税制改正に係る減価償却方法変更に関する実務上取扱い適用)  法人税法改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法変更に関する実務上 取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)当事業年度から適用し、平成28年4月 1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法定率法から定額法に変更 しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Ⅰ 1 部門別に分解すると見えてくる損益貢献度 損益計算書による原価管理 会社の経営状態を把握する最も一般的な方法が 損益計算書によるものです 損益計算書は 以下のような書式によって示されます Ⅰ 売上高 1000 Ⅱ 売上原価 500 売上総利益 500 Ⅲ 販売費及び一般管理費 250 営業利益

Ⅰ 1 部門別に分解すると見えてくる損益貢献度 損益計算書による原価管理 会社の経営状態を把握する最も一般的な方法が 損益計算書によるものです 損益計算書は 以下のような書式によって示されます Ⅰ 売上高 1000 Ⅱ 売上原価 500 売上総利益 500 Ⅲ 販売費及び一般管理費 250 営業利益

ABCとは、以下ような特徴もった原価計算するため手法です。 活動基準として活動原価細分化することで、そこに集計された間接と活動基準と 比例関係が明確になります。 例えば、設計活動であれば、設計業務範囲と難易度、設計回数、設計変更回数などで 費用発生額が決定します。従来配賦基準が間接増減に無関係な操業度であるのに 比べ、活動基準は間接商品別原価に配賦する合理性確保できます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

(2) 予想経費項目予想経費項目として 売上原価 販売費 一般管理費等を計上していく なお 人件費に関しては 各施設への人員配置人数や年間給与等から算出される 表予想経費算出における項目の設定費用項目概要売上原価売上に要する費用 ( 直売の商品仕入代金 加工施設の材料費等 ) 販売費及び一般管理費道

(2) 予想経費項目予想経費項目として 売上原価 販売費 一般管理費等を計上していく なお 人件費に関しては 各施設への人員配置人数や年間給与等から算出される 表予想経費算出における項目の設定費用項目概要売上原価売上に要する費用 ( 直売の商品仕入代金 加工施設の材料費等 ) 販売費及び一般管理費道

なお、各収益施設における年間予想売上一般的な算出方法としては、以下 2 パターンが考え られるが、本事例ではパターン①採用している。 <パターン①> 各収益施設における年間予想売上、利用者数および客単価想定し算出する。

8 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

将来的な少子高齢化による労働力人口減少に対応した人材確保観点から多様な人材登用(ダイバーシティ) に取り組む企業が増加しているが、同社も女性社員や外国人社員に対し、積極的に活躍提供している。 前述ように、「Arma-L」や「Arma-L tri-EL(アルマーレ・トライ-エル)」といったワンルーム商品開発において、女 性社員アイデア、意見取り入れヒット商品に繋げている他、同社強みとする法人営業においても、女性のみで 構成された営業部隊組織し、女性アプローチ方が適した業種に対する営業活動において着実な成果上げ ているという事だ。もちろんそのチームリーダーも女性で、女性管理職数も着実に増加している。
さらに見せる

15 さらに読み込む

損益計算書 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで 売上高 12,440,860 売上原価 11,278,225 売上総利益 1,162,635 販売費及び一般管理費 594,366 営業利益 568,268 営業外収益 受取利息 7,694 金型売却益 40,399

損益計算書 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで 売上高 12,440,860 売上原価 11,278,225 売上総利益 1,162,635 販売費及び一般管理費 594,366 営業利益 568,268 営業外収益 受取利息 7,694 金型売却益 40,399

損益計算書に関する注記   関係会社と取引     営業取引取引       売上               7,060,727千円       仕入               5,736,139千円       営業費用               408,456千円     営業取引以外取引            4,018千円 株主資本等変動計算書に関する注記

6 さらに読み込む

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

12 売場販売効率 万 円 95万円以上 × 91.8 万円 88.8 86.9 87.7 94.5 13 商品回転率 回 9回以上 × 5.9 回 6.1 6.3 6.2 6.2 14 販売資産回転率 回 2.9回以上 ○ 4.2 回 4.3 4.3 4.4 4.5 15 利潤分配率 % 20%以上 ○ 33.9 % 34.5 31.7 28.8 30.8

27 さらに読み込む

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

– 9 月に新物流センター(第 月に新物流センター(第 月に新物流センター(第 月に新物流センター(第 2Oisix Station )テスト稼働 )テスト稼働 )テスト稼働 )テスト稼働 – 安定稼働により順調に出荷数拡大中( 安定稼働により順調に出荷数拡大中( 安定稼働により順調に出荷数拡大中( 安定稼働により順調に出荷数拡大中( 9 月に比べ 月に比べ 月に比べ 月に比べ 12 月は 月は 月は 月は 125% に成長) に成長) に成長) に成長) □新物流センター(第 □新物流センター(第 □新物流センター(第
さらに見せる

19 さらに読み込む

1. 競輪の売上高 本場入場者数の推移 競輪の 27 年度の売上高は 26 年度に続き 2 年連続の増加 増加の主な要因は ミッドナイト競輪の開催日数の増加等によるネット販売の増加 本場入場者数は 減少傾向にあるものの 26 年度から 27 年度は横ばい 単位 : 億円 9, 8,5 8, 7,5

1. 競輪の売上高 本場入場者数の推移 競輪の 27 年度の売上高は 26 年度に続き 2 年連続の増加 増加の主な要因は ミッドナイト競輪の開催日数の増加等によるネット販売の増加 本場入場者数は 減少傾向にあるものの 26 年度から 27 年度は横ばい 単位 : 億円 9, 8,5 8, 7,5

(参考)ミッドナイト競輪について  21時から23時頃までに無観客で開催される「ミッドナイト競輪」は、22年度から開始。 当初1施行者・年6日で開始したが、開催時間帯に競合が存在せず、7車立てで分か りやすいレースだったことから他公営競技ファン等新規顧客獲得に繋がり、年々売上増加。また、ネット販売限定ため開催経費が抑えられたことから、収益性も高い。

19 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額 売上高 38,951 売上原価 26,309 売上総利益 12,641 販売費及び一般管理費 10,070 営業利益 2,571 営業外収益 受取利息配当金 0 雑収入 84

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額 売上高 38,951 売上原価 26,309 売上総利益 12,641 販売費及び一般管理費 10,070 営業利益 2,571 営業外収益 受取利息配当金 0 雑収入 84

(追加情報) 役員退職慰労金制度廃止 従来、役員退職金支出に備えて、役員退職慰労 金規程に基づく期末要支給額に基づき計上してお りましたが、平成28年4月1日開催臨時株主総会 において役員退職慰労金制度廃止しております。 これに伴い、在任期間に応じた役員退職慰労金打 ち切り支給額未払額15百万円固定負債「その 他」に含めて表示しております。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...