合うことを主たる目的として締約されたものである

Top PDF 合うことを主たる目的として締約されたものである:

年 5 分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である 2 原審は, 本件記事は, 公共の利害に関する事実についてのもので, 専ら公益を図る目的で掲載され, かつ, その内容も真実に基づくものであったとして, 控訴人の請求を棄却した そこで, これを不服とする控訴人 (1 審原告 ) が本件控訴に

年 5 分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である 2 原審は, 本件記事は, 公共の利害に関する事実についてのもので, 専ら公益を図る目的で掲載され, かつ, その内容も真実に基づくものであったとして, 控訴人の請求を棄却した そこで, これを不服とする控訴人 (1 審原告 ) が本件控訴に

しかし,控訴人代表者は,平成14年6月から本件土地借りて産業 廃棄物の積替え保管場所として使用することとし,そのころ,控訴人 代表者が本件マンション訪ね,集会室において,本件マンション管 理組合の理事長あっ被控訴人に挨拶しているのあり(上記ウ (イ)),そのころ控訴人代表者が被控訴人訪ねる目的としては,その 時期からみて,控訴人が本件土地産業廃棄物の積替え保管場所とし て利用するにあたって,本件マンション管理組合にそのこと伝え, 承諾得るためあっとみるのが自然ある。その旨述べる控訴人 代表者の供述(甲21,控訴人代表者本人)は信用できるのに対して, 被控訴人の上記主張に沿う被控訴人の供述部分(被控訴人本人)は, 本件土地が事実上産業廃棄物処理施設の建設が不可能な市街化調整区 域にあること(弁論の全趣旨)に照らしても,容易に信用することは できない。してみれば,本件表現①は真実に基づく記述あるとは到 底認められず,ほかに本件表現①が真実に基づく記述あると認める に足りる証拠はない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

経済調査部主任エコノミスト徳田秀信 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが

経済調査部主任エコノミスト徳田秀信 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが

(3) 第 2 次核危機時は第 1 回核実験時が緊張感のピーク 次に、第2次核危機時の事実関係確認しておこう。第2次核危機が発生しのは、北朝鮮がNPT 脱退再び宣言し2003年1月ある。2001年1月に誕生し米ブッシュ政権は、前クリントン政権の 北朝鮮政策に批判的あっ。9月11日の米同時多発テロ事件後には、北朝鮮に対する姿勢は一層厳 しいものとなり、2002年1月の一般教書演説はイラン・イラクと並ん北朝鮮「悪の枢軸」と名 指し。02年10月になると、北朝鮮が高濃縮ウランによる核開発計画米朝協議認めという発表 が米国側からなさ、米国は北朝鮮への重油提供(クリントン政権の「合意枠組み」に基づ くもの)停止し。北朝鮮はこれに反発して、核施設再稼働し、NPT脱退宣言しある
さらに見せる

15 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部大嶋寧子 電話 (03) まで 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部大嶋寧子 電話 (03) まで 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判

4. 雇用対策法改正による 3 段階の規制強化 (1) 努力義務から企業の義務へ それでは、今般の雇用対策法の改正により、募集・採用時の年齢制限に対する規制はど のように変化しあろうか。第一の点は、これまで述べとおり、募集採用に係る年 齢制限禁止が義務化ことある(雇用対策法第 10 条)。これまで事業主が課さてい のは、あくまで募集・採用時の年齢制限緩和するよう「努力する義務」あっ。こ のため、新聞等の求人広告は「大卒以上 30 歳~40 歳位までの方」「既卒者の場合、1977 年 4 月 2 日以降の出生者」などの文言が容易に目に付くように、ハローワーク以外の求人 では年齢制限のある求人は珍しくない状況にある。しかし、今般の改正募集・求人の際 に年齢制限設けることが原則「違法」となっこと、この年齢制限の禁止が公共職業安 定所利用する場合、民間の職業紹介事業者、求人広告などを通じて募集・採用する場合 含め、募集・採用時に広く適用れることは、現状変革する上一定の効果もたら すことが期待できる。
さらに見せる

19 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせ先みずほ総合研究所株式会社調査本部政策調査部主任研究員菅原淳一 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありません また 本資料は

本誌に関するお問い合わせ先みずほ総合研究所株式会社調査本部政策調査部主任研究員菅原淳一 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありません また 本資料は

これ品目別にみると、インドの対マレーシア(馬)輸入の 5 割が鉱物性燃料(HS27 類) あり、その大部分は原油( HS2709)ある。マレーシアの対印輸入は、圧倒的なシェ ア占める品目はなく、銅( HS74 類)、トウモロコシ主とする穀物(HS10 類)、石油が 大部分占める鉱物性燃料などが輸入総額の 1 割前後のシェア並んいる(図表 21)。 まず、インドの対馬輸入については、これまでにみように、AIFTAインドは鉱物性 燃料のうち石油関連品目例外品目やセンシティブ品目に指定している。インドの対馬輸 入の上位 20 品目(HS6 桁水準)みると、原油(HS270900)が輸入総額の 4 割超えて いるが、同品目は AIFTAによる関税引き下げがない(図表 22)。第 2 位の「自動データ処 理機械部分品」はすでに無税、第 3 位の「その他石油」は例外品目あるため、2008 年の 実績からみると、上位 3 品目はAIFTAの影響がなく、これだけインドの対馬輸入総額の 5 割が AIFTAによるメリット受けられないことになる。よって、マレーシアにとっての AIFTAのメリットは限定的なものとなるとみられる。
さらに見せる

38 さらに読み込む

ることにより 両条約の締約国の義務を明らかにすることである 3. 両委員会は 有害慣行が 直接にも かつ / または女子として対象とされた慣行の長期的影響によっても 成人女性に影響を及ぼすことを認知する そこでこの一般的勧告 / 一般的意見では 女性の権利に影響を及ぼす有害慣行を解消する女性差別撤廃

ることにより 両条約の締約国の義務を明らかにすることである 3. 両委員会は 有害慣行が 直接にも かつ / または女子として対象とされた慣行の長期的影響によっても 成人女性に影響を及ぼすことを認知する そこでこの一般的勧告 / 一般的意見では 女性の権利に影響を及ぼす有害慣行を解消する女性差別撤廃

(e) 移住者ある女性および子どもが、法律上の地位にかかわりなく、サービスに平等にアクセス できること確保すること。 VIII.一般的勧告/一般的意見の普及および活用ならびに報告 88.締約国は、この合同一般的勧告/一般的意見、議会、政府および司法機関に対し、全国的に および地方レベルも広く普及するべきある。また、子どもおよび女性、ならびに、子どもの めにおよび子どもとともに働く者含むすべての専門家および関係者(たとえば裁判官、弁護士、 警察官その他の法執行官、教師、後見人、ソーシャルワーカー、公立・私立の福祉施設およびシェ ルターの職員ならびに保健ケア提供者)に対して、また市民社会一般に対して、この文書周知 せることも求められる。この文書は関連の言語に翻訳れるべきあり、また子どもにやさしい/ 適切な翻案文および障害のある人がアクセスできる形式も利用可能とれるべきある。実施の めの最善の方法に関する優れ実践共有するため、会議、セミナー、ワークショップその他のイ ベント開催することが求められる。関連するあらゆる専門家および専門職員の養成訓練および現 職者研修にも正式に編入れるべきあり、またすべての国内人権機関、女性団体およびその他の 人権非政府組織に対して提供れるべきある
さらに見せる

21 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部アジア調査部中国室研究員劉家敏 電話 (3) まで 当リポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部アジア調査部中国室研究員劉家敏 電話 (3) まで 当リポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信

主な耐久消費財取り上げてさらに世帯普及率の上昇幅比較してみると(図表 23、右)、 2006 年末現在、1998 年より、携帯電話は都市部平均は 150 ポイント、階層別は 93 ~195 ポイント上昇している。カラーテレビは前者 32 ポイント、後者 22~47 ポイント、冷 蔵庫は前者 16 ポイント、後者 13~17 ポイント、洗濯機は前者 6 ポイント、後者 5~7 ポイ ント上昇し。これに対し、カメラは、都市部平均 12 ポイント、階層別は-3~34 ポイ ント変動しており、中高所得層中心に普及が緩やかに進んいる。つまり、携帯電話、 カラーテレビ、洗濯機、冷蔵庫といった耐久消費財は、都市部世帯の欠かせない「必需品」 になっている一方、カメラやマイカーは、高所得世帯が保有する「贅沢品」に止まってい る。
さらに見せる

54 さらに読み込む

免責事項 本資料に掲載されている内容は技術情報の提供を目的としたものです富士通の製品 サービスにこれらの機能を搭載することを約束するものではありません 1

免責事項 本資料に掲載されている内容は技術情報の提供を目的としたものです富士通の製品 サービスにこれらの機能を搭載することを約束するものではありません 1

Javaアプレットの終焉はいよいよ現実的に • アプレットそのまま使用できるのはあと数年 アプレット移行の選択肢はたくさん • システム要件・予算などに合わせて、適切に選択

50 さらに読み込む

Global Advisory Department Information Only ドイツビジネスガイド 2019 年 3 月 グローバル アドバイザリー部 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 取引の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 一般に信頼できると思われるデー

Global Advisory Department Information Only ドイツビジネスガイド 2019 年 3 月 グローバル アドバイザリー部 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 取引の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 一般に信頼できると思われるデー

同協会は、91のドイツ研究機関の連合あり、基礎研究のマックス・プランク研究所と応用研究のフラウンホーファー研究機構の中間的存在。 自然科学、工学、環境学、経済、その他社会科学や人間科学等幅広い分野のテーマ扱う。 【フラウンホーファー研究機構】 ドイツ全土に72の研究所構え、マックス・プランク研究所が基礎研究中心とするのに対し、フラウンホーファー研究機構は、様々な分野 の応用科学にフォーカスして活動行う。 年間研究費総額(約23憶ユーロ)のうち、70%以上が民間企業からの委託研究等から発生して いる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

本誌に関する問合せ先みずほ総合研究所 調査本部アジア調査部香港駐在高田由利香 * 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本 資料は 当社が信頼

本誌に関する問合せ先みずほ総合研究所 調査本部アジア調査部香港駐在高田由利香 * 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本 資料は 当社が信頼

香港政府はこうした香港に進出する外資企業対象に、地域統括事業所や地域事業所の設 置先選ぶ上影響すると思われる 20 以上の要素提示し、1)重要度と、2)こうした要 素に対する香港の優位性について、アンケート調査行っている。08 年の結果見ると、 香港に進出する外資企業が最も重要と認識する上位3要素は、首位が「簡素低率な税制」、 次いで「情報の自由な流れ」、「腐敗のない政府」あっ(図表 24)。これらの要素に 対して、回答企業の約7割が香港「有利」と評価している。過去の推移見ても「簡素 低率な税制」は、ほぼ一貫して外資企業が最も重視し、かつ香港有利と認識する割合が最 も高いファクターとなっている。
さらに見せる

17 さらに読み込む

本誌に関する問い合わせ先みずほ総合研究所 調査本部政策調査部塚越由郁電話 (03) * 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が

本誌に関する問い合わせ先みずほ総合研究所 調査本部政策調査部塚越由郁電話 (03) * 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が

に、国際機関や欧米諸国の援助機関は、MDGsの実現に向け企業のノウハウや資金開発援 助に活用すること目的とし、企業のBOPビジネス後押しするような各種政策打ち出し 。 例えば、米国は途上国への援助担う米国国際開発庁(USAID:United States Agency for International Development)が、企業と協働開発援助行うGlobal Development Alliance(GDA)プロジェクト 2001 年から実施し。このプロジェクトは、企業やNGO 等が提案し開発事業の費用の一部USAIDが負担するものだ。また、国連開発計画 (UNDP:United Nations Development Programme)は、企業主導による貧困対策支援 するGrowing Sustainable Business(GSB)プログラム 2003 年から開始し。GSBプロ グラムは、原則、企業に資金援助行うものはないものの、途上国のビジネスの発掘や、 現地企業・政府とビジネス実施する企業間の仲介等を通して、企業の途上国への進出後 押ししている。こうした動きが、企業のBOPビジネスの参入促進に貢献していることは間違 いないだろう。例えば、前述のGDAプロジェクトには、2001 年から 2009 年までの間に 1800 件の企業が参加し、世界各国 900 件のプロジェクトが実施 9 。プロジェクトへの投資
さらに見せる

19 さらに読み込む

経済調査部主任エコノミスト宮嶋貴之 経済調査部 平良友祐 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 取引

経済調査部主任エコノミスト宮嶋貴之 経済調査部 平良友祐 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 取引

厚生労働省「全国民泊実態調査」によれば、これまでの民泊物件の多くは認可取得していなかっ (図表 18) 。今回、民泊新法の施行により、民泊事業者および仲介業者に対して、観光庁への届け 出が義務付けられ、営業日規制が設けられることとなっ。また、違法民泊に対する取り締まり強化 の方針も出さ。その結果、民泊事業者の多くが、事業継続が困難あると判断しとみられる。 加えて、認可の手続きが煩雑との評判も届出躊躇せる要因となっているようだ。実際、観光庁へ の民泊届出件数は法律施行後に徐々に増えつつあるとはいえ、もともとの物件数と比較するとまだ少 ない 13 。民泊事業者が減少すること民泊からホテルに外国人の宿泊需要が再び戻れば、ホテル事業
さらに見せる

21 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部菅原淳一 電話 (03) まで 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありま

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部菅原淳一 電話 (03) まで 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありま

AJCEP締結交渉において、モノの貿易に関しては、各国の関税撤廃の枠組み(モダリテ ィ)がまず決められ、それに基づいて各国が自由化提案(オファー)提示するという方 式がとら。このモダリティによれば、日本は ASEAN諸国からの輸入(金額ベース)の うち、 90%について協定発効時に関税即時撤廃し、協定発効後 10 年以内に 93%について 関税撤廃することとなっている。また、ASEAN諸国側は、ASEAN6(ブルネイ、インド ネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)は、日本からの輸入のうち、金 額ベース、品目ベース(HS6 桁)とも 90%につき協定発効後 10 年以内に関税撤廃、ベト
さらに見せる

21 さらに読み込む

児童の権利に関する条約 ポイントまとめ 1. 前文 2019sakurakosensei 転載禁止 この条約の締約国は 国際連合憲章において宣明された原則によれば 人類社会のすべての構成員の固有の尊厳及び平等のかつ奪い得ない権利を認めることが世界における自由 正義及び平和の基礎を成すものであることを

児童の権利に関する条約 ポイントまとめ 1. 前文 2019sakurakosensei 転載禁止 この条約の締約国は 国際連合憲章において宣明された原則によれば 人類社会のすべての構成員の固有の尊厳及び平等のかつ奪い得ない権利を認めることが世界における自由 正義及び平和の基礎を成すものであることを

(d) すべての児童に対し、教育及び職業に関する情報及び指導が利用可能あ り、かつ、これら利用する機会が与えられるものとする。 (e) 定期的な登校及び 中途退学率の減少 奨励するための措置とる。 休息と余暇 締約国は、 休息 及び 余暇 についての児童の権利並びに児童がその年齢に適し遊び 及び レクリエーション の活動行い並びに文化的な生活及び芸術に自由に参加す る権利認める。
さらに見せる

6 さらに読み込む

欧州洋上風力発電の現況 2018 年 11 月 株式会社三井住友銀行 コーポレート アドバイザリー本部企業調査部 本資料は 情報提供を目的に作成されたものであり 何らかの取引を誘引することを目的としたものではありません 本資料は 作成日時点で弊行が一般に信頼できると思われる資料に基づいて作成されたも

欧州洋上風力発電の現況 2018 年 11 月 株式会社三井住友銀行 コーポレート アドバイザリー本部企業調査部 本資料は 情報提供を目的に作成されたものであり 何らかの取引を誘引することを目的としたものではありません 本資料は 作成日時点で弊行が一般に信頼できると思われる資料に基づいて作成されたも

欧州洋上風力の事業者の動向みれば、ファンド等の参入も増加しているものの、依然として欧州電力大手主体とし上位5社発電容 量全体の約5割占めています。 一方、日本企業の参画は総合商社等一部がプロジェクトに出資行うに止まっているものの、新たな収益機会の捕捉や将来的な日本国 内の洋上風力事業拡大見据え動き等から、今後のシェア拡大が期待れる状況です。
さらに見せる

23 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部菅原淳一 電話 (03) まで 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありま

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部菅原淳一 電話 (03) まで 本資料は 情報提供のみを目的として作成されたものであり 法務 貿易 投資等の助言やコンサルティング等を目的とするものではありま

階的削減品目は、協定発効時より関税が段階的に削減れるものの、最終年(2009 年)に 19 6 品目は、黒ビール(Stout & porter; HS22030010)、ビール(Beer & ale; HS22030090),薬用 サムスー(アルコール度数 40%以下、Medicated samsu; HS22089010)、同(アルコール度数 40% 超、HS22089020)、その他サムスー(アルコール度数 40%以下、Other samsu; HS22089030)、同 (アルコール度数 40%超、HS22089040)ある(Singapore Customs, “List of Dutiable Goods”)。 20 MFN税率は、FTA締結していないWTO加盟国等に課せられる関税率。日本のEPAの場合、ある
さらに見せる

39 さらに読み込む

アジア調査部上席主任研究員酒向浩二 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが その正確性

アジア調査部上席主任研究員酒向浩二 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが その正確性

第 2 に、 「海上シルクロード」沿線諸国の貿易の自由化レベルさらに高める必要がある。貨物貿 易およびその管理制度づくり強化しなくてはならない。 「海上シルクロード」に属する各国が貿易活 動行う際には、必ず WTO およびその貿易協定順守し、国際貿易活動に対する組織化・制度化管理 実施しなくてはならない。それと同時に、生産要素の移動管理制度の強化も行っていく必要がある。 「海上シルクロード」は人員の移動以外に費用決済や通貨交換はじめ、貨幣の互換・為替・資本移 動などに関する取り締まりなど、資金の移動も伴っている。とりわけ資本の国際流動はクロスボーダ ー直接・間接投資、国際貸付、融資などにまで関連してくる。これらはいずれも「海上シルクロード」 建設に影響与えるため、 「海上シルクロード」は必ず人民元決済および、為替レートの市場化、設 立する金融機関の利便性向上など進め、人民元の国際化推進していかなくてはならない。このほ か沿線諸国と政策の共同歩調強化し、貿易の利便化および自由化レベルさらに高め、要素の自由 移動推進し、貿易および投資障壁減らして貿易規模拡大せ、貿易構造の最適化図る必要も ある。中国企業が沿線諸国投資協力や海外経済貿易協力区の建設行い、投資品質や投資効果高 めること推進していかなくてはならない。 また、 中国と沿線諸国のFTA締結、 とりわけ中国−ASEAN FTA のアップグレード版の構築加速せていく必要がある。中国と沿線諸国との協力強化する新たな 方法・規範考え、地域経済協力の手本作っていかなくてはならないのある
さらに見せる

71 さらに読み込む

金融調査部金融ビジネス調査室主任研究員大木剛 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されております

金融調査部金融ビジネス調査室主任研究員大木剛 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されております

ブランディングについては、2011年4月の社名変更受けて、新社名のブランド浸透推進する 施策掲げている。マネジメントは、 Ric Edelman氏の2012年単独CEO就任に向けステップ 進め、経営トップ、社名共に”Edelman”前面に掲げる戦略打ち出している。 成長プランについては、グループにおける新規のフィーベース顧客資産増大せていくこと 目標とし、マス富裕層へのフォーカス強化や、支店やアドバイザー数の拡充推進すると共に、 戦略的なM&A実施による業容拡大打ち出している。また既に投資銀行部門やプライムブローカ レッジビジネス等のノンコアビジネス売却しこと今後の成長の前提として挙げており、これ によりウェルスマネジメントビジネスに一層のフォーカス行なうことができる、としている。 尚、その後の不採算ビジネスからの撤退の動きとしては、2011年10月に、独立アドバイザーに対 する取引プラットフォーム提供ビジネスについて、2012年3月末までの終了公表している。具体 的には中核証券会社のSanders Morris Harrisが、Edelmanグループ内”SMH Partners”と呼ん いる、同社と提携し独立系の証券会社を通じて独立アドバイザー(independent reps)に取引プ ラットフォーム提供するビジネス中止するものある。当社によれば、 Edelmanグループ全体 の預かり資産(約180億ドル)のうち、こうした独立系の証券会社経由しているのは約8億ドル と全体の5%弱に留まっている。更に、収益性は当社がコアビジネスとする富裕層向けビジネス等と 比べて低水準に留まっていることから、かかるビジネスから撤退して経営資源コアビジネスに一 層集中せる戦略となっものある
さらに見せる

28 さらに読み込む

本誌に関する問合せ先みずほ総合研究所 調査本部アジア調査部シンガポール駐在小林公司 * 本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません また 当社が信頼で

本誌に関する問合せ先みずほ総合研究所 調査本部アジア調査部シンガポール駐在小林公司 * 本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません また 当社が信頼で

的に押し上げる政策はない。また、農村は NREGS 安易に最低賃金が得られる め、第二次・三次産業への雇用シフトは阻害ている可能性がある 30 。 さらに、雇用規制緩和や外国資本誘致など、雇用創出につながる改革に関しては、シ ン政権は着手していない。「万人が成果享受できる経済成長」標榜しているため、雇 用の不安定化や外国企業との競争激化招くような改革には慎重のようだ。また、教育 予算も拡充しつつあるが、2010 年度予算は連邦予算全体の 2.8%の配分あり、 NREGS 予算の同 3.6%下回る。慢性的な財政赤字予算全体が制約受ける中、長 期的に雇用者のスキル改善する教育支出よりも、当座の効果が見込めるセーフティー ネット政策に重点置い形となっている。
さらに見せる

30 さらに読み込む

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部電話 (03) まで 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが その正確性 確実性を保証す

本誌に関するお問い合わせはみずほ総合研究所株式会社調査本部電話 (03) まで 当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり 商品の勧誘を目的としたものではありません 本資料は 当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが その正確性 確実性を保証す

「住宅経済復興法(HERA)」がもう少し早く通過していれば、住宅金融の危機や住宅バブルは回避でき かどうかは分からないが、確実にダメージは小さかっだろう。GSEがこうした立法に長きに渡って反対 してきことは大きな過ちあり、株主に極めて大きなコストとなっことは間違いなく言えるだろう。いつ も驚かされるのは、GSEの取締役会が彼らの唯一の受託者責任は株主に対するもの、利益極大化 することあると感じていことある。最終的に彼らは失敗し。どのような新しいモデルに取ってかわ られるとしても、納税者の最終的な負担により長年にわたり民間部門が利益得ること再び許容するこ とのないよう、民間部門と公的部門の役割は明確に線引きなくてはならない。
さらに見せる

29 さらに読み込む

本 DISCUSSION PAPER は 所内での討論に用いるとともに 関係の方々からの御意見をいただくことを目的に作成したものである また 本 DISCUSSION PAPER の内容は 執筆者の見解に基づいてまとめられたものであり 機関の公式の見解を示すものではないことに留意されたい DISCU

本 DISCUSSION PAPER は 所内での討論に用いるとともに 関係の方々からの御意見をいただくことを目的に作成したものである また 本 DISCUSSION PAPER の内容は 執筆者の見解に基づいてまとめられたものであり 機関の公式の見解を示すものではないことに留意されたい DISCU

本報告書の主題「トランスディシプリナリティ」とは、科学と現実社会が交わるト ランス・サイエンスの問題領域において、科学者と当該問題のステークホルダーが協 働すること意味する。双方が学び合うことにより適確な研究課題特定し、協働し て研究し、問題解決に向けて継続的に協働していくものある。その実践上の要諦は、 ステークホルダーの特定と関与の時期ある。科学者だけの知見はなく、ステーク ホルダーと共に「学び合う」という意味、 「社会と共にある科学」、 「社会の中の科学」 という考え方が強調れる。現実社会の統合的問題に取り組む研究者や社会人など、 次世代人材の育成が重要あり、そのためには国内外の成功事例の共有進める必要 があり、また、トランスディシプリナリティのグローバル・ネットワーク構築する ことも有力ある。トランスディシプリナリティは、研究対象としての「社会」再 定義する過程登場しラジカルな方法論ある。科学者と現実社会のインターフ ェイスの変容もたらし、大学・研究機関における教育・研究制度、研究ファンド、 研究評価の在り方変えていく可能性もある
さらに見せる

130 さらに読み込む

Show all 10000 documents...