医療・介護の連携状況とお考えについておたずねします

Top PDF 医療・介護の連携状況とお考えについておたずねします:

全世代に配慮した 期的に維持可能な医療 介護制度の再構築 基本的考え 現状の課題 我が国の医療 介護制度は 1 医療 介護を担う 材が不 偏在し 医療 介護の提供体制の機能分化が不 分であり 連携も不 している 2 近年の状況変化 ( 雇 基盤の変化 齢化 医療の 度化 格差の拡 等 ) に起因する

全世代に配慮した 期的に維持可能な医療 介護制度の再構築 基本的考え 現状の課題 我が国の医療 介護制度は 1 医療 介護を担う 材が不 偏在し 医療 介護の提供体制の機能分化が不 分であり 連携も不 している 2 近年の状況変化 ( 雇 基盤の変化 齢化 医療の 度化 格差の拡 等 ) に起因する

居住系サービス 在宅サービス 将来像に向けて医療介護機能強化方向性イメージ ○ 病院・病床機能役割分担を通じてより効果的・効率的な提供体制を構築するため、「高度急性期」、「一般急性期」、「亜急性期」など、 ニーズに合わせた機能分化・集約化連携強化を図る。併せて、地域実情に応じて幅広い医療を担う機能も含めて、新たな体制を段階 的に構築する。医療機能分化・強化効率化推進によって、高齢化に伴い増大するニーズに対応つつ、概ね現行病床数レベル 下でより高機能体制構築を目指す。
さらに見せる

14 さらに読み込む

資料7 地域の医療・介護資源の把握,活用について(他都市) 函館市医療・介護連携推進協議会 | 函館市

資料7 地域の医療・介護資源の把握,活用について(他都市) 函館市医療・介護連携推進協議会 | 函館市

    ■ 訪問リ ハビリ テーショ ン                                              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 理学療法士や作業療法士が医師に指示に基づき、 家庭を訪問 て日常生活自立を助けるためリ ハビリ テーショ ンを行う サービスです。     ■ 居宅療養管理指導                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 3   居宅介護支援事業所                                                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 要介護1 ∼5 方に対し て、 居宅介護支援事業所介護支援専門員( ケアマネージャ ー) が、 利用者が自立 た生活を安心 て送れるよう に本人希望や状態 に応じ たケアプラ ンを作成 ます
さらに見せる

25 さらに読み込む

4 介護 福祉サービスの理解と医療との連携 介護 福祉サービスの理解と医療との連携 3 1. 介護保険制度 (1) 介護保険制度創設の背景及び目的 動向 ケアマネジメント 予防重視型システムへの転換 地域包括支援センターの設置 地域包括ケアシステムの推進 () 仕組みの基礎的理解 保険制度としての基

4 介護 福祉サービスの理解と医療との連携 介護 福祉サービスの理解と医療との連携 3 1. 介護保険制度 (1) 介護保険制度創設の背景及び目的 動向 ケアマネジメント 予防重視型システムへの転換 地域包括支援センターの設置 地域包括ケアシステムの推進 () 仕組みの基礎的理解 保険制度としての基

4.医学的側面から見た認知症基礎健康管理 認知症概念、認知症原因疾患その病態、原因疾患別ケア ポイント、健康管理 ○認知症定義、○もの忘れ違い、○せん妄症状、○健康 管理(脱水・便秘・低栄養・低運動防止、口腔ケア)、○治療、○ 薬物療法、○認知症に使用される薬

6 さらに読み込む

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

議事 在宅医療 介護連携 関する相談支援 ついて 函館市医療 介護連携支援センター概要 ついて p参照 成 年度 センタ 準備室 , 成 年度 センタ センター機能相談支援業務 おける立ち位置考え方 ついて 相談支援形態 ~ p参照

7 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業とは つくば市 | 平成28年度に開催した研修会や意見交換会の情報

在宅医療・介護連携事業とは つくば市 | 平成28年度に開催した研修会や意見交換会の情報

地域包括ケ 構築 必要 多職種連携 厚生労働省 2025年を目途 ,高齢者 尊厳 保持 自立生活支援を目的 ,可能 限 住 慣 た地域 ,自分 い暮 を人生 最期 続け こ う,地域 包 括的 支援 サ ビス提供体制 地域包括 アシステム 構築を推進 い 。 図 ,住 い 医療 介護 生活支援 介護予防 一体的 提供さ ,重度 要介護状態 住 慣 た地域 住 続け こ 地域 あ 方を示 い 。

6 さらに読み込む

あんしんリンク(ケアマネタイム) ~地域の医療・介護の資源の把握~ 在宅医療・介護連携の推進について | 相模原市

あんしんリンク(ケアマネタイム) ~地域の医療・介護の資源の把握~ 在宅医療・介護連携の推進について | 相模原市

○ 原則として連絡内容は、介護支援専門員等が担当する利用者で、かつ、医師かかりつけ患者に係るものに限ります。また、 この内容は、日程調整や報告・情報提供、依頼、確認であり、主な活用例は以下とおりです。 ・利用者(患者)やその家族等同行受診に当たって日程調整 ・利用者(患者)病状等を把握することを目的た日程調整

1 さらに読み込む

シームレスな地域連携医療の実現もくじ (1) 基本概念について (2) 二次医療圏を基本とした地域連携ネットワークで取り組む対象疾病について (3) ITを活用した疾病の悪化抑制に対するインセンティブ (4) 在宅医療 介護で共有することが有効な情報について (5) 二次医療圏を超えた地域連携ネット

シームレスな地域連携医療の実現もくじ (1) 基本概念について (2) 二次医療圏を基本とした地域連携ネットワークで取り組む対象疾病について (3) ITを活用した疾病の悪化抑制に対するインセンティブ (4) 在宅医療 介護で共有することが有効な情報について (5) 二次医療圏を超えた地域連携ネット

医師介護情報共有が 必要  高齢化進展に伴い、地域における医療介護連携重要性が増している。医療介護連携 いては多職種専門家が関係すること等から、ITによる情報共有を実現、要介護状況をよ りよく把握することを通じて、質高い医療介護を実現することが可能なる考えられる。これ ら情報は、これまで余り蓄積されたことがなく、将来的には介護サービス向上等で大きな貢 献がなされることが期待される。2012年度診療報酬・介護報酬同時改定に向けて両者制 度上連携が議論されていることから、この検討に遅れることなく、ITを活用医療介護連携 取り組みについても検討ていくことが重要である。
さらに見せる

60 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - ⑤後藤専門官:在宅医療・在宅介護の連携推進について

Microsoft PowerPoint - ⑤後藤専門官:在宅医療・在宅介護の連携推進について

また、顔見える関係性が構築されたことで介護関係者側にとっては医療関係者へアプローチが容 易になり、医療者側介護理解も深まった。さらに研修会等で介護関係者医療分野知識充 実が図られる等を通じてケアマネジメント質が向上ている考えられる。 地域包括ケアシステム実現ためには、地域において面的に在宅医療介護連携を展開ていくこと が不可欠であるが、その推進体制としては地域全体を見渡せ、中立的な立場で関係者間調整を行う ことができる市町村が中心なり、医療側から他職種も含めて地域全体に働きかけやすい医師会等 理解協力を得て取り組むことが重要であることが改めて確認された。またその前提として都道府県レ ベルで関係団体等へ働きかけや調整など、都道府県が市町村を支援する体制を整えることも重要 である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

地域医療ビジョンと地域包括ケアシステム ~データに基づいた医療と介護の連携のあり方~

地域医療ビジョンと地域包括ケアシステム ~データに基づいた医療と介護の連携のあり方~

①「利用者状態像ごと標準的な心身機能変化(軌道)」設定方法 ○ 「利用者状態像・提供されたケア・心身機能へ影響関係」については、介護キャリア段位制 度において、「利用者状態像提供されたケア関係」に関するデータが集積されている。 ○ したがって、他情報突合も含めて、介護キャリア段位制度データ分析を深化させること によって、サービス種別などごと「利用者状態像・提供されたケア・心身機能へ影響関係」 分析を推進する。
さらに見せる

48 さらに読み込む

ケアマネ協会と介護福祉士会の連携について

ケアマネ協会と介護福祉士会の連携について

【参加者コメント】 ・訓練は必要であり、継続すべきもの考える。想定仕方 によって、災害対策が違っていくことが実感できた。 ・地域でも使えそうな方法。色々な状況や立場でバリエーシ ョンをつけて実施できる思う。参考になった。

24 さらに読み込む

北海道ヘルスケア産業振興協議会の活動 北海道ヘルスケア産業振興協議会は 医療 介護機関と民間事業者が連携し 北海道の特性を踏まえた ヘルスケア産業の創出を目指すプラットフォームとして活動しています < 概要 > 目的 北海道において 医療 介護機関と民間サービス事業者等との連携を促進することで 地域

北海道ヘルスケア産業振興協議会の活動 北海道ヘルスケア産業振興協議会は 医療 介護機関と民間事業者が連携し 北海道の特性を踏まえた ヘルスケア産業の創出を目指すプラットフォームとして活動しています < 概要 > 目的 北海道において 医療 介護機関と民間サービス事業者等との連携を促進することで 地域

(参考事例②)ICT を活用健康づくりから生活支援までをサポートする仕組み ~ 奈良県葛城市(人口 37,179 人)~ ・ICT を活用、市民バイタルデータなどを一元管理できるプラットフォームを構築。市内 医療機関連携を図りながら、バイタルデータ状況に応じて特定健診や医療機関へ受診 などを促進(健康づくり) 、CATV で運動支援プログラム提供(介護予防) 、買い物支援や 生活相談など(生活支援) 、ICT を活用「健康づくり」から「生活支援」などをトータルでサ ポートする仕組みを導入ている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

表紙のイラストは 金沢区幸せお届け大使のぼたんちゃん ( 右 ) が高齢になっても金沢区で医療 介護関係の多職種の連携により 安心して住み慣れた地域で暮らし続けられるイメージです 金沢区幸せお届け大使ぼたんちゃん

表紙のイラストは 金沢区幸せお届け大使のぼたんちゃん ( 右 ) が高齢になっても金沢区で医療 介護関係の多職種の連携により 安心して住み慣れた地域で暮らし続けられるイメージです 金沢区幸せお届け大使ぼたんちゃん

2人暮らしCさん。悪性胸膜中皮腫を患い、病院に入院ていました。胸水貯留に伴う胸痛 や呼吸困難があり、予後は不良です。胃ろうも造設ており絶食状態ですが、舌全体に舌苔付着が あり、食道炎やカンジタ症も併発ていました。 発熱を繰り返しており、誤嚥性肺炎可能性が考えられるため、自宅へ退院するにあたり、自宅で も口腔ケア継続が必要判断で、病院地域医療連携室より在宅医療相談室へ訪問歯科診療導入 相談が入り、各関係者が参加する退院前カンファレンスが行われました。
さらに見せる

28 さらに読み込む

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

□な    □あり  ( H    年   月    日 ~ H   年   月    日)    □不明 □ 頻度は高い/繰り返している  □ 頻度は低いが、これまでにもある  □今回が初めて 7. について    ※必要に応じて 、「 薬手帳 ( コピー)  」 を添付 内服薬 薬剤管理 服薬状況

7 さらに読み込む

平成28年度 おひとりさまの最期 在宅医療・介護連携推進事業|成田市

平成28年度 おひとりさまの最期 在宅医療・介護連携推進事業|成田市

~今から考えて せんか 自分のこと 親のこと~. 参加無料[r]

2 さらに読み込む

資料3 在宅医療・介護連携推進事業の推進(実施状況及び今後の施策等)について ※抜粋[]

資料3 在宅医療・介護連携推進事業の推進(実施状況及び今後の施策等)について ※抜粋[]

(ウ)切れ目ない在宅医療在宅介護提供体制構築推進 実施内容・方法 地域医療介護関係者協力を得ながら、切れ目なく在宅医療介護が 一体的に提供される体制構築を目指した取組を行う。

4 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅 療・介護連携推進 業 介護保険 地域支援 業 成27 度~ 地域 療・介護 資源 把握 ◆ 地域 療機関 療機能 把握 ・ ップ化 ◆ 必要 応 連携 有用 項目 在宅 療 組状況 師 相談対応 可能 日時等 調査 ◆ 結果 関係者間 共有

6 さらに読み込む

市在宅医療・介護連携推進会議 ~在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討~

市在宅医療・介護連携推進会議 ~在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討~

市在宅医療介護連携推進会議 〜 在宅医療介護連携課題抽出対応策検討 〜 【目的等】 医療介護関係者により、本市在宅医療介護連携に係る意見交換を実施するものです。本会議における意見を参考にて、 関係団体本市役割分担もと、在宅医療介護連携を推進ます。また、第7期高齢者保健福祉計画策定に向けて、医療介護連携について意見交換を行います(3か月に1回程度開催)。
さらに見せる

1 さらに読み込む

医療と介護の連携の好取組事例

医療と介護の連携の好取組事例

○ その後も利用者(患者)や家族在宅療養や在宅介護を支えるため、医療介護関係者が緊密に情報共有を行うことで、日ごと に異なる利用者(患者)状態にも関わらず、その日うちに必要なケアを提供た。 医療 介護連携取組 ○ 医療介護関係者がその担当ケアを提供するだけでなく、日ごとに異なる利用者(患者)状態に応じて、必要なケアを提供 するスタッフ調整をて、そのスタッフがケアを提供するなど、臨機応変に在宅療養や在宅介護を支えることができた。また、 医師による訪問診療効果として、体調が悪化た際にも、すぐに大きな病院に駆け込まずに済んだ。これらことにより、利 用者(患者)や家族に安心感が生まれた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅 療・介護連携推進 業 介護保険 地域支援 業 成27 度~ 地域 療・介護 資源 把握 ◆ 地域 療機関 療機能 把握 ・ ップ化 ◆ 必要 応 連携 有用 項目 在宅 療 組状況 師 相談対応 可能 日時等 調査 ◆ 結果 関係者間 共有

6 さらに読み込む

アメリカ介護研修 アメリカ介護施設で研修ができる短期留学 IGEは お一人お一人の ニーズに合わせて 完全カスタマイズしてご提供しております アメリカの高齢者介護施設は 日本が手本としてきたヨーロッパとは異なり 民間で経営さ れています そのため 各施設間の競争が激しいのが特徴です 勝ち残るために個

アメリカ介護研修 アメリカ介護施設で研修ができる短期留学 IGEは お一人お一人の ニーズに合わせて 完全カスタマイズしてご提供しております アメリカの高齢者介護施設は 日本が手本としてきたヨーロッパとは異なり 民間で経営さ れています そのため 各施設間の競争が激しいのが特徴です 勝ち残るために個

一方、米国アルツハイマー協会は、医療機関や研究機関タイアップた、世界でもトップ レベル研究、地域に密着た活動を同時に行っているという他に例を見ない組織です。 今後、日本では、介護保険制度変更により、一層利用者ニーズに対応たケア・サービ ス向上が求められていくでしょう。IGEアメリカ介護研修は、施設経営参考になるば かりでなく、介護品質向上ができる絶好機会です。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...