住宅確保要配慮者の居住の安定を図

Top PDF 住宅確保要配慮者の居住の安定を図:

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 社会資本総合整備計画 ( 地域住宅計画 地域 ) 計画の期間 (5 年間 ) 平成 25 年度 ~ 平成 29 年度 計画の目標 交付対象 平成 29 年 3 月 21 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上を図るため マスタ

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 社会資本総合整備計画 ( 地域住宅計画 地域 ) 計画の期間 (5 年間 ) 平成 25 年度 ~ 平成 29 年度 計画の目標 交付対象 平成 29 年 3 月 21 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上を図るため マスタ

<公営住宅等整備事業> ・公営住宅等整備事業により公営住宅整備し、真に住宅に困窮している「住宅確保配慮居住安定図ることとする。 <公営住宅等ストック総合改善事業> ・公営住宅ストック良好な社会資産として有効に活用し、「安心、安全、快適に暮らせる住まい」推進してゆくため、公営住宅等 ストック総合改善事業により、既存RC造公営住宅に対する耐震改修及びエレベーター設置による耐震・バリアフリー化、屋上防 水、給排水設備改修、風呂釜設置等、機能向上図る。
さらに見せる

11 さらに読み込む

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 岸和田市地域住宅等整備計画 計画の期間 (5 年間 ) 平成 30 年度 ~ 平成 34 年度 計画の目標 交付対象 岸和田市 平成 30 年 1 月 31 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上を図るため マスタープランに基

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 岸和田市地域住宅等整備計画 計画の期間 (5 年間 ) 平成 30 年度 ~ 平成 34 年度 計画の目標 交付対象 岸和田市 平成 30 年 1 月 31 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上を図るため マスタープランに基

 広望東西7.6㎞、南北17.3㎞、海抜最高865.7m、面積72.68k㎡有し、大阪湾に臨む中心市街地は寛永年間(17世紀初め)以降岡部氏城下町として発達 し、明治中期以後は泉州綿織物主とする紡績工業都市として発展しました。  関西国際空港から車で約15分という距離にあり、大阪都心部から南海本線、JR阪和線、阪神高速湾岸線、阪和自動車道が通じています。  本市における住宅状況は、平成25年度住宅・土地統計調査によると、持ち家49,940戸(56.2%)、公営借家5,320戸(6.0%)、機構・公社借家920戸(1.0%)、民営 借家17,800戸(22.0%)、その他借家350戸(0.4%)となっている。このように持ち家が住宅総数56.2%占め、大阪府下平均45.9%に比べ高い持ち家率となっ ている。経年的には、持ち家割合は増加し、民間借家割合も増加傾向にあります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 ページ ではもう少し詳しく 収入超過者 問題が発生しているのか 見ていきま しょう 公営住宅入居資格と 収入超過者 問題 現在の公営住宅入居資格を図で表すと以下のように整理できます No 番号 内容 1 住宅困窮 住宅を探していること 2 居住安定特 高齢者や障がい者が家族にいる場合 子育て世帯

2 ページ ではもう少し詳しく 収入超過者 問題が発生しているのか 見ていきま しょう 公営住宅入居資格と 収入超過者 問題 現在の公営住宅入居資格を図で表すと以下のように整理できます No 番号 内容 1 住宅困窮 住宅を探していること 2 居住安定特 高齢者や障がい者が家族にいる場合 子育て世帯

県民センターニュースレター 3 ページ このままでは災害公営住宅退去せざる得ない 一般災害時に建設される災害公営住宅は,低所得向けである通常公 営住宅と同じく,自治体が定めた入居収入基準以下低所得しか入居で きません。東日本大震災で,震災特例として入居資格が緩和されたは、 被害が甚大で被災が多数にのぼったこと,また沿岸部津波被災地多 くが災害危険宅地となって,住宅建築が制限されるなど,収入は高くて も持ち家自力再建断念する世帯発生が予想されたためです。(実 際,仙台では,約 3000 戸住宅うち 300 世帯程度が通常公営住宅 収入基準上回る世帯でした。)
さらに見せる

8 さらに読み込む

福岡市居住支援協議会 福岡市居住支援協議会の概要 目 的 住宅困窮者の状況及び民間賃貸住宅市場の動向に関する情報 を共有するとともに, 民間賃貸住宅を活用した住宅困窮者の円滑 入居支援策の効果的な推進を図る 根拠法令 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律 ( 住宅セーフティネット

福岡市居住支援協議会 福岡市居住支援協議会の概要 目 的 住宅困窮者の状況及び民間賃貸住宅市場の動向に関する情報 を共有するとともに, 民間賃貸住宅を活用した住宅困窮者の円滑 入居支援策の効果的な推進を図る 根拠法令 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律 ( 住宅セーフティネット

フォーム」構築し,高齢民間賃貸住宅円滑な入居支援及び入居後生 活支援行う。 ≪概要≫ 「協力店」は,家主に対してプラットフォーム活用した保証人や緊急連絡先補 完効果説明し,高齢入居に対する家主協力得て,高齢に対して住宅 紹介する。

13 さらに読み込む

栃木県高齢者居住安定確保計画 ( 二期計画 ) 概要版 1 計画の目的と背景 高齢化が急速に進行する中 平成 24 年 3 月に県土整備部と保健福祉部が連携のもと高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づく 栃木県高齢者居住安定確保計画 ( 以下 現計画 という ) を策定し 高齢者が安心して快適に暮

栃木県高齢者居住安定確保計画 ( 二期計画 ) 概要版 1 計画の目的と背景 高齢化が急速に進行する中 平成 24 年 3 月に県土整備部と保健福祉部が連携のもと高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づく 栃木県高齢者居住安定確保計画 ( 以下 現計画 という ) を策定し 高齢者が安心して快適に暮

 高齢化が急速に進行する中、平成24年3月に県土整備部と保健福祉部が連携もと高齢居住 安定確保に関する法律に基づく 「栃木県高齢居住安定確保計画(以下、 「現計画」という。)」策定し、 高齢が安心して快適に暮らせる多様な住まい確保図るため施策推進してきました。  また、平成28年2月に策定された県政基本指針である栃木県重点戦略「とちぎ元気発信プラン」にお いて、重点的取組事項一つとして、高齢が自ら希望と経済力等に応じて、安心して暮らし続けられる よう、多様な住まい・住まい方確保推進することが掲げられました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 社会資本総合整備計画 ( 地域住宅計画 地域 )( 防災 安全 ) 計画の期間 (3 年間 ) 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 計画の目標 交付対象 平成 29 年 3 月 21 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称 社会資本総合整備計画 ( 地域住宅計画 地域 )( 防災 安全 ) 計画の期間 (3 年間 ) 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 計画の目標 交付対象 平成 29 年 3 月 21 日重点配分対象の該当 住宅確保要配慮者の生活の安定及び向上

<公営住宅等整備事業> ・公営住宅等整備事業により公営住宅整備し、真に住宅に困窮している「住宅確保配慮居住安定図ることとする。 <公営住宅等ストック総合改善事業> ・公営住宅ストック良好な社会資産として有効に活用し、「安心、安全、快適に暮らせる住まい」推進してゆくため、公営住宅等 ストック総合改善事業により、既存RC造公営住宅に対する耐震改修及びエレベーター設置による耐震・バリアフリー化、屋上防 水、給排水設備改修、風呂釜設置等、機能向上図る。
さらに見せる

11 さらに読み込む

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

被災向け優良賃貸住宅に関する割増償却制度 被災向け優良賃貸住宅に関する割増償却制度 多く住宅が損壊した東日本大震災被災地域においては、住宅に対する切実な需要が生ずる一方で、被災地域に おける賃貸住宅供給は容易ではないことが想定されることから、緊急に賃貸住宅建設促進して住宅不足に速 やかに対応し、被災地域復興図るもの。
さらに見せる

9 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の目的と位置付け 1 計画の目的 2 2 計画の位置付け 3 3 計画の期間 4 第 2 章高齢者を取り巻く状況 1 人口の状況 5 2 高齢者の住まいの状況 8 3 住まいに関する意向 13 第 3 章高齢者の居住の安定確保に向けた目標と施策 3-1 高齢者の居住の安定確保に向

目次 第 1 章計画の目的と位置付け 1 計画の目的 2 2 計画の位置付け 3 3 計画の期間 4 第 2 章高齢者を取り巻く状況 1 人口の状況 5 2 高齢者の住まいの状況 8 3 住まいに関する意向 13 第 3 章高齢者の居住の安定確保に向けた目標と施策 3-1 高齢者の居住の安定確保に向

また、今後高齢存する世帯が急速に増加すると見込まれることに対応し、地域ごと高齢た め住まいに対するニーズやその立地状況始めとする住宅市場等実態に応じて、高齢ため住 まい確保図り、高齢居住安定確保ため必要な施策講ずるよう努めることとする。こ ため、特に居住安定図る必要がある高齢単身及び高齢夫婦のみ世帯中心に、高齢が安 心して居住することができる住まい確保する観点から、高齢住まい法第5条第1項に規定するサー ビス付き高齢向け住宅事業登録制度及び同法第52条に規定する事業(以下「終身賃貸事業」という。) 認可制度について、高齢、高齢住宅賃貸する(以下「賃貸人」という。)、有料老人ホー ム(老人福祉法第29条第1項に規定する有料老人ホームいう。以下同じ。)設置、医療法人 、 社会福祉法人、宅地建物取引業者(宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号)第2条第三号に規定す る宅地建物取引業者いう。以下同じ。)、高齢ため相談・情報提供等行う始めとする関 係に、広く趣旨・内容周知図ることにより、これら制度普及図ることとする。加えて、こ れら制度利用することが見込まれる関係から相談に迅速に対応できるよう、必要な情報提供・ 相談体制整備に努めるとともに、広く関係意見聴取に努め、これら制度円滑かつ適切な運用 に努めることとする。
さらに見せる

67 さらに読み込む

Microsoft Word - 資料3-1 高齢者居住安定確保計画見直し

Microsoft Word - 資料3-1 高齢者居住安定確保計画見直し

・サービス付き高齢向け住宅では民間賃貸住宅家賃より高額となることが多く、 平均的に必要な家賃は月額 6.2 万円で、借家平均家賃よりも高い状況である。低 額所得高齢世帯受け皿住宅にはなりにくい状況であり、低廉な高齢向け 住宅供給が求められる。なお、月々最低経費(家賃+共益費+サービス費)平 均は 9.9 万円となっている。【 16】
さらに見せる

19 さらに読み込む

Microsoft Word - 高齢者居住安定確保計画(最終案)

Microsoft Word - 高齢者居住安定確保計画(最終案)

2 1 - 1 計 画 目 的 ・ 期 間 (1)計画背景と目的 我が国では、超高齢社会が到来しています。茨城県も例外ではなく、高齢が安心 して豊かな暮らし営むためには、住宅政策と福祉政策が連携して高齢住まい 確保に取り組むとともに、高齢地域で支える体制構築する必要があります。 また、今後、高齢のみ世帯などが一層増加することが予想されている中、長期 的に高齢住まい確保し、居住安定確保図ることが重要となります。 本計画は、このような背景もと、高齢居住安定確保に関する法律(高齢住 まい法)第4条に基づき、住宅施策と福祉施策が連携して、高齢住まいに係る施策 総合的かつ計画的に展開するため計画として、平成 23 年度に策定し、平成 26 年度 に改定行いました。
さらに見せる

51 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - comprog11.pptx

青森県高齢者居住安定確保計画 ( 案 ) 平成年月 青森県

そこで、本計画は、青森県基本計画未来へ挑戦基本方針下、青森県住生活基本計画とあお もり高齢すこやか自立プラン(青森県老人福祉計画及び青森県介護保険事業支援計画)と調和 図りながら、住宅施策と福祉施策が連携して高齢居住安定確保に取り組み、その施策明 確にすることにより、高齢多様なニーズにかなった住居やサービス確保できるよう的確に対 応するとともに、高齢が地域とつながりもって安全に安心して生活できる住環境形成する こと目的とします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第4章3施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン)  熊本県

第4章3施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン) 熊本県

事例 あんしん住み替え相談窓口 (Saflanet -セーフラネット-) (熊本市居住支援協議会) 平成 23 年 7 月に設立された「熊本市居住支援協議会」では、 既存ストック有効活用し、 住宅確保配慮が、 民間賃貸住宅や 福祉施設等へ円滑に入居できる環境整備するため、 安心して住み 替え相談ができる相談窓口設置しました。 この窓口継続する とともに、 不動産関係団体、 福祉関係団体等とネットワーク形 成し、協働で居住に関する課題解決に取り組んでいます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第4章2施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン)  熊本県

第4章2施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン) 熊本県

③医療と介護はじめとした地域多職種連携体制構築 ●在宅医療・介護等多職種連携体制構築 ・医療や介護多職種が連携して、住まい形態にかかわらず、高齢 が適切な医療・介護サービス利用できるよう、市町村が、市町 村や地域包括支援センターに在宅医療介護連携推進員配置し、地 域医師会などと連携して在宅医療と介護連携体制づくり推進す る取組み支援するとともに、全県的な普及図ります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Microsoft Word - toppers-contest-2014_NTB.doc

高齢者居住安定確保計画とは 高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律 [ 平成 年 8 月 9 日施行 ] 高齢者の居住の安定の確保を一層推進するため 基本方針の拡充 都道府県による高齢者の居住の安定の確保に関する計画の策定 高齢者生活支援施設と一体となった高齢者向け優良賃貸住宅の供給

7 (注1)沖縄県居住支援協議会:住宅確保配慮に対する賃貸住宅供給促進に関する法律第 10 条に基づく協議会で、住宅確保 配慮(高齢、障害等、住宅確保に特に配慮要する民間賃貸住宅円滑な入居促進図るため、地方公共団体や 不動産関係団体、居住支援団体等が連携し、住宅確保配慮及び賃貸人双方に対し、必要な措置について協議・実施する組織で ある。本県においては、平成 25 年 3 月 27 日に設立した。
さらに見せる

7 さらに読み込む

高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律 ( 平成 21 年 5 月 20 日法律第 38 号 ) 高齢者の居住の安定の確保を一層推進するため 基本方針の拡充 都道府県による高齢者の居住の安定の確保に関する計画の策定 高齢者生活支援施設と一体となった高齢者向け優良賃貸住宅の供給の促進等

高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律 ( 平成 21 年 5 月 20 日法律第 38 号 ) 高齢者の居住の安定の確保を一層推進するため 基本方針の拡充 都道府県による高齢者の居住の安定の確保に関する計画の策定 高齢者生活支援施設と一体となった高齢者向け優良賃貸住宅の供給の促進等

四 持家所有しない高齢のみからなる障がい介護世帯など、居住安 定図る必要が特に高い世帯について、居住状況等実態把握に努めるとともに、 適切な配慮がなされるよう基本方針等において明確化すること。 五 高齢円滑入居賃貸住宅、高齢専用賃貸住宅、高齢向け優良賃貸住宅な ど、高齢ため民間賃貸住宅制度簡素化図るとともに、地方公共団体及 び関係民間事業と連携しながら、高齢にとって分かりやすく、使いやすい制度 へ改善図ること。
さらに見せる

20 さらに読み込む

「東京都住宅確保要配慮者賃貸住宅供給促進計画(案)」にパブリックコメントに寄せら

「東京都住宅確保要配慮者賃貸住宅供給促進計画(案)」にパブリックコメントに寄せら

 高齢不慮事故防止するため、ヒートショック対策は重要な課題 と認識しています。  都営住宅及び公社住宅については、建替え等を通じて住宅断熱性能 向上図っており、引き続き、こうした取組計画的に進めていきます。  民間賃貸住宅については、ヒートショック対策に係る改修について、国 は、居住支援協議会等が必要と認める工事について、住宅セーフティネッ ト法に基づく登録住宅改修費補助対象とするとしていることから、 今後、東京都居住支援協議会通じ、適切に対応していきます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第4章5施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン)  熊本県

第4章5施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン) 熊本県

4-14 及び表 4-1 に示すとおり、将来 75 歳以上高齢推移 に着目し、 増加ピーク迎える市町村が最も多い平成 42 年において地域 (市町村)特性見ると、表 4-2 ように類型化することができます。 4-14 平成 42 年における各市町村 75 歳以上高齢人口平成 27 年比

5 さらに読み込む

第4章1施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン)  熊本県

第4章1施策の展開 第2期熊本県高齢者居住安定確保計画(くまもと・長寿・あんしん・住まいプラン) 熊本県

④公営住宅における高齢生活支援機能充実等 公営住宅については、 地域実情やニーズ等踏まえ、 必要に応じて、 高齢含む地域住民生活支援するため、外部団体がボランティ アで実施する健康相談場として既存団地集会所有効活用したり、 生活相談、地域と交流、食事サービス、介護関連サービス、診療・看 護等提供する高齢生活支援機能充実図るなど、高齢が安心し て生活できるような環境整備推進します。
さらに見せる

13 さらに読み込む

要配慮者利用施設(医療施設等を除く)に係る避難確保計画作成の手引き(洪水・内水・高潮編)

要配慮者利用施設(医療施設等を除く)に係る避難確保計画作成の手引き(洪水・内水・高潮編)

訓練や研修は年1回以上、定期的に行うことが望ましい。 研修や訓練には、市町村から地域住民に配布されている洪水ハザードマップ 等他、国土交通省等が実施する出前講座等が活用できる。 地震等想定した情報伝達訓練や避難訓練実施している施設においては、 当該訓練実施もって、本計画に基づく情報伝達及び避難誘導に関する訓練 に代えることができるものとする。 (ただし、 災害種類によって避難場所や避 難経路が異なる場合があること従業員等へ周知や、洪水時等避難に関す る研修別途実施すること。 )
さらに見せる

25 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 元本の安全性に配慮し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます 安全性を高め

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 元本の安全性に配慮し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます 安全性を高め

当ファンド投資にあたっては、主に以下リスク伴ないます。お申込み際は、 当ファンドリスク充分に認識・検討し、慎重に投資ご判断行なっていただく 必要があります。 投資皆様投資元金は保証されているものではなく、基準価額下落により、損失 被り、投資元金割り込むことがあります。ファンド運用による損益はすべて投資 (受益皆様に帰属します。なお、当ファンドは預貯金とは異なります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...