代の高 年齢 者の

Top PDF 代の高 年齢 者の:

第1章 調査の趣旨、実施方法、回答企業の特徴等 第2章 定年制の状況と法改正への対応 第3章 高年齢期(50代以上)の正社員に対する企業の取組み状況 第4章 60代前半層の継続雇用者の勤務実態 第5章 60代前半層の従業員の賃金・評価制度 第6章 65歳以降の高年齢者の雇用 第7章 高年齢者の中途採用 第8章 各種支援制度の認知・利用状況

第1章 調査の趣旨、実施方法、回答企業の特徴等 第2章 定年制の状況と法改正への対応 第3章 高年齢期(50代以上)の正社員に対する企業の取組み状況 第4章 60代前半層の継続雇用者の勤務実態 第5章 60代前半層の従業員の賃金・評価制度 第6章 65歳以降の高年齢者の雇用 第7章 高年齢者の中途採用 第8章 各種支援制度の認知・利用状況

第 5 節 雇 用 実施 伴 う 社 け る賃 金 水 準 ・ 制 度 変 更 60 前 半 雇用 を 実施す た 若 年 中 年 他 年 齢層 賃金 水準 や 他 年齢 層 関わ 賃 金 制度を 変更 した 企業 程 度あ 回 答企業 若 年 中 年 賃 金 水 準 制 度 近年 変更 し い い い う企 業 約 6 割 60.2 % を 占 最 多い い 多い 近 年賃 金 水準 制 度を 見直 した 60 前半 雇 用 実施 直 接関 い い う企 業 24.4 % 60 前半 雇 用を実 施す こ 踏 まえ 近年 賃金 制 度 を見直 した 若年 中年 水準 全 体 的 低 し い わ け
さらに見せる

100 さらに読み込む

アンケート回答者属性 1) 年齢 性別 2) 住所 回答者数 男性 2 代以下 1 男性 3 代 3 男性 4 代 13 男性 代 18 男性 代 1 男性 7 代 1 男性 8 代以上 2 女性 2 代以下 1 女性 3 代 1 女性 4 代 28 女性 代 12 女性 代 1 女性 7 代 2

アンケート回答者属性 1) 年齢 性別 2) 住所 回答者数 男性 2 代以下 1 男性 3 代 3 男性 4 代 13 男性 代 18 男性 代 1 男性 7 代 1 男性 8 代以上 2 女性 2 代以下 1 女性 3 代 1 女性 4 代 28 女性 代 12 女性 代 1 女性 7 代 2

・「自分史フェスタ」は、なんとなくとっつきづらい印象があるので、もっと大々的に魅力を宣伝してほしい。書か れるご本人だけでなく、ご家族にとっても、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんがどんな人だった か伝えていくことができる、とてもいいことだと思う。高齢化が進む中、このような、年配方々を引っ張り出す企 画がいっぱいあるといいと思う。

12 さらに読み込む

かいとうしゃぞくせい 1: 回答者の属性 せいべつねんれいこくせききょじゅうち 1 性別 年齢 国籍 居住地 せいべつじょせいだんせい 性別は 女性 が 54% 男性 が 44% ねんれいだいだい 年齢は 30 代 が 27% 40 代 が 22% こくせきちゅうごくたいわんぶらじるかんこくちょうせ

かいとうしゃぞくせい 1: 回答者の属性 せいべつねんれいこくせききょじゅうち 1 性別 年齢 国籍 居住地 せいべつじょせいだんせい 性別は 女性 が 54% 男性 が 44% ねんれいだいだい 年齢は 30 代 が 27% 40 代 が 22% こくせきちゅうごくたいわんぶらじるかんこくちょうせ

・「①聞 き くこと」「②話 は な すこと」「③読 よ むこと」「④書 か くこと」を比較 ひ か く して見 み ると、「①聞 き くこと」→「②話 は な すこ と」→「③読 よ むこと」→「④書 か くこと」 順 じゅん に「できる」割合 わ り あ い が低 ひ く くなっており、逆 ぎゃく に「できない」 割合 わ り あ い が た か くなっています。 ・国籍 こ く せ き 別 べつ に見 み ると、いずれ国籍 こ く せ き でも「①聞 き くこと」→「②話 は な すこと」→「③読 よ むこと」→「④書 か くこと」 順 じゅん に「できる」割合 わ り あ い が低 ひ く くなる傾向 け い こ う が見 み られますが、「ブラジル ぶ ら じ る 」「フィリピン ふ ぃ り ぴ ん 」「インドネシア い ん ど ね し あ 」 「ネパール ね ぱ ー る 」では、「①聞 き くこと」「②話 は な すこと」と比較 ひ か く して、「③読 よ むこと」「④書 か くこと」「できる」 割合 わ り あ い が大 おお きく下 さ がっています。
さらに見せる

84 さらに読み込む

高年齢者雇用レポート③ スウェーデン:「より長い労働人生」の実現へ

高年齢者雇用レポート③ スウェーデン:「より長い労働人生」の実現へ

株式会社大和総研 丸の内オフィス 〒100-6756 東京都千代田区丸の内一丁目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは投資勧誘を意図して提供するものではありません。このレポート掲載情報は信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性、完全性を保証する ものではありません。また、記載された意見や予測等は作成時点ものであり今後予告なく変更されることがあります。㈱大和総研親会社である㈱大和総研ホールディングスと大和 証券㈱は、㈱大和証券グループ本社を親会社とする大和証券グループ会社です。内容に関する一切権利は㈱大和総研にあります。無断で複製・転載・転送等はご遠慮ください。
さらに見せる

9 さらに読み込む

目次 1. はじめに 現状分析 高年齢者雇用安定法の変遷 年改正当時の状況 年改正高年齢者雇用安定法の概要 その後の展開 雇用確保措置義務化について 定年制

目次 1. はじめに 現状分析 高年齢者雇用安定法の変遷 年改正当時の状況 年改正高年齢者雇用安定法の概要 その後の展開 雇用確保措置義務化について 定年制

2004 年に改正された年齢雇用安定法において義務化された年齢雇用確保措置 に着目し,当該措置導入が企業賃金体系に与える影響及び企業へ一律義務化が高年 齢労働適材適所に与える影響に関する分析を行った. 本稿では,2004 年法改正前から雇用確保措置を導入している企業と法改正後に導入した 企業賃金体系比較により,措置導入による現役世代賃金へ影響を明らかにし,ま た法で定める措置導入一律義務化に関連し,企業における年齢に適した仕事有無 決定要因を明らかにした.実証分析結果,措置を導入して長い企業は,50 歳から定年時 賃金を減らすことで雇用確保措置によって生じたコストに対応していること及び年齢 に適した仕事有無は業種や技術伝承必要性によって決定されることが示された.
さらに見せる

20 さらに読み込む

調査シリーズNo156全文 調査シリーズNo156「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo156全文 調査シリーズNo156「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 5 節 雇 用 実施 伴 う 社 け る賃 金 水 準 ・ 制 度 変 更 60 前 半 雇用 を 実施す た 若 年 中 年 他 年 齢層 賃金 水準 や 他 年齢 層 関わ 賃 金 制度を 変更 した 企業 程 度あ 回 答企業 若 年 中 年 賃 金 水 準 制 度 近年 変更 し い い い う企 業 約 6 割 60.2 % を 占 最 多い い 多い 近 年賃 金 水準 制 度を 見直 した 60 前半 雇 用 実施 直 接関 い い う企 業 24.4 % 60 前半 雇 用を実 施す こ 踏 まえ 近年 賃金 制 度 を見直 した 若年 中年 水準 全 体 的 低 し い わ け
さらに見せる

336 さらに読み込む

RIETI - 年金制度改正が男性高年齢者の労働供給行動に与える影響の分析

RIETI - 年金制度改正が男性高年齢者の労働供給行動に与える影響の分析

ム就業 p、就業希望(広義失業)u、非就業 r)について、就業形態と間に同時決定バ イアスが生じないように外生変数のみを説明変数に用い、多項ロジット・モデルとして 推定を試みる 3 。前述したように、年金変数に関しては、実際受給状況ではなく「厚生年 金受給資格」を用いることによって、同時性に起因するバイアスを回避する。賃金に関し ても、就業決定と内生的な関係にあるため、誘導形就業形態選択関数では実際賃金額 を直接用いることはしない。その代わりに年齢や定年経験有無、55 歳当時企業規模や 職種など、期待賃金に影響を与えると思われる外生的変数を説明変数に加える。そのほか 就業形態決定に影響を与える説明変数として、厚生年金以外公的・企業年金受給額、 個人年金受給額、年金以外非勤労収入、健康状態、就業中同居家族有無、勤務延長・ 再雇用経験有無、ならびに景気変数(居住都道府県別有効求人倍率および年齢 5 歳階級 失業率)、首都圏ダミー変数(居住地が東京、千葉、埼玉、神奈川)を用いる。
さらに見せる

34 さらに読み込む

高年齢者雇用レポート⑩ 韓国:高齢者の高い労働参加率と貧困問題

高年齢者雇用レポート⑩ 韓国:高齢者の高い労働参加率と貧困問題

女性労働参加率低さは日本と韓国で共通する問題であり、結婚・妊娠・出産を機にした 離職多さや、職場復帰難しさなどに起因する。韓国では、女性は家庭を守るものと意識 がより強固であり、性別間労働参加率差は日本以上に大きい。特に、韓国 30 歳~34 歳 労働参加率は、男性 92.2%、女性 58.4%、性別差 33.8%ポイント、35 歳~39 歳は性別差 38.7% ポイント、40 歳~44 歳は同 30.2%ポイントと、いわゆる働き盛り世代で女性労働参加率が大 きく落ち込んでいる(図表 4)。もちろん、韓国政府は女性雇用を増やすべく様々な政策を打 ち出しており、男女雇用機会均等法など制定・改正を通じて女性雇用条件改善や育児休 暇制度拡充を図ってきた。しかし、現状を見る限り、効果は限定的である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

厚生年金の支給開始年齢引き上げと2013年高年齢者雇用安定法改正の高齢者雇用に与える効果

厚生年金の支給開始年齢引き上げと2013年高年齢者雇用安定法改正の高齢者雇用に与える効果

し、高齢法が改正された 2013 年前後に 60 歳から 66 歳になる 1948 年生まれコーホートから 1954 年生まれコーホートまで7つコーホート男性について、2007 年時点で正規、非正規 (派遣嘱託を含む)か自営何れか形態で就業していた、その後就業率を分析し、厚生年 金支給開始年齢引き上げと高齢完全義務化に効果があったかを検証する。海外におけ る公的年金通常退職年齢引き上げにより雇用が促進された例や、高齢雇用保護政策結 果から推測すれば、厚生年金支給開始年齢引き上げや高齢完全義務化は雇用を促進す ることが予測される。一方で、他近い年代では雇用が抑制される副作用も考えられる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

各質問項目の単純集計結果 設問 1. 性別 男性 女性 無回答 設問 2. 年齢 合計 ( 改 3) 代 代 代 代 代 1767

各質問項目の単純集計結果 設問 1. 性別 男性 女性 無回答 設問 2. 年齢 合計 ( 改 3) 代 代 代 代 代 1767

(コメント) 9 割を超える回答が歯科「保険きく範囲を広げて欲しい」となっており、過去調査 (厚労省・平成 11 年保健福祉動向調査 35.8%、「保険で良い歯科医療を」全国連絡会・平成 18 年患者アンケート調査 79.1%)と比べても断然高く、歯科医療に対する国民共通切実な 要求と捉えられる。このことは、歯科医療における自費治療が放置、固定化された結果、保 険外自費治療が一向に「保険に導入されていない」という歯科医療に対する厚生行政 立ち遅れを示している。(別紙資料・参照)
さらに見せる

8 さらに読み込む

「高年齢者雇用安定法における雇用確保措置義務化の影響に関する研究」

「高年齢者雇用安定法における雇用確保措置義務化の影響に関する研究」

2004 年に改正された年齢雇用安定法において義務化された年齢雇用確保措置 に着目し,当該措置導入が企業賃金体系に与える影響及び企業へ一律義務化が高年 齢労働適材適所に与える影響に関する分析を行った. 本稿では,2004 年法改正前から雇用確保措置を導入している企業と法改正後に導入した 企業賃金体系比較により,措置導入による現役世代賃金へ影響を明らかにし,ま た法で定める措置導入一律義務化に関連し,企業における年齢に適した仕事有無 決定要因を明らかにした.実証分析結果,措置を導入して長い企業は,50 歳から定年時 賃金を減らすことで雇用確保措置によって生じたコストに対応していること及び年齢 に適した仕事有無は業種や技術伝承必要性によって決定されることが示された.
さらに見せる

20 さらに読み込む

論文高年齢者雇用の法政策 度や年金制度に基づいた高齢者概念の再考を迫っている 20 世紀後半からの平均寿命 ( 特に平均余命 ) の急速な延びが高年齢者雇用の法政策に大きな変化をもたらしてきたことは確かであり, 先進諸国に共通した課題として認識されている 日本の高年齢者雇用の法政策は, 広範な年齢差

論文高年齢者雇用の法政策 度や年金制度に基づいた高齢者概念の再考を迫っている 20 世紀後半からの平均寿命 ( 特に平均余命 ) の急速な延びが高年齢者雇用の法政策に大きな変化をもたらしてきたことは確かであり, 先進諸国に共通した課題として認識されている 日本の高年齢者雇用の法政策は, 広範な年齢差

じ,いわゆる「再雇用制度」 (現在とは異なる意味 であり,いわば部門別定年制度効力停止) を導 入する企業もみられるようになった。資格別定年 制と呼ばれるもので,人事管理一環として定年 制度が利用されるようになったことが窺える。 わりに,定年を過ぎても個々労働が働き続け られるか否かという観点は後退し,当該企業に とって必要な人材のみを残し,その他労働は 一定年齢で解雇するというスタンスが強くなった。  1929 年に世界大恐慌が訪れると,不況なか で産業転換や人員削減が求められるようになり, さらには,戦時体制へと向かうなかで,政府労 務統制策として立法がみられるようになった。 その一つとして,労働将来備えを安定させ るためという名目もと,1936 年に「退職積立 金及退職手當法」が制定され,退職金制度が法制 化されることになった。この立法については,単 なる慣行法制化に留まっただけであるという消 極的な評価もあるが,この時期に定年退職を前提 とする退職金というシステムが法制化されたこと は注目すべきであり,定年制度が普及する契機と なった 6) 。
さらに見せる

10 さらに読み込む

高年齢者雇用グローバルレポート

高年齢者雇用グローバルレポート

フランスでは 1993 年バラデュール内閣以降、高齢をより長く労働市場に留める政策へと 転換が図られている。その理由としてまず、フランス財政事情が挙げられる。ベビーブーム 期に生まれた世代退職により、公的年金制度財政赤字は 2020 年に 200 億ユーロ(IMF 予測 2020 年 GDP 比約 0.8%)にまで増加すると言われている。年金制度へ切り込みは財政負担削 減という意味で不可避となっている。また、高齢化進展も一因である。フランスでは、合計 特殊出生率が高いことから、先進国中でも人口オーナス指数上昇スピードは遅い。しかし 平均寿命が長くなるにつれ高齢は増加しており、2010 年に人口 17%を占めていた高齢(65 歳以上)割合は、2050 年には 26%にまで上昇する予想(国連)である。長寿化に伴い、年金 受給期間は長期化することとなる。そして最後に、EU 政策が背景にある。EU は 2001 年に発 表した雇用戦略で、2010 年までに高齢就業率を 50%とする目標を設置した。また、2000 年 には EU 指令において、年齢に係る雇用・職業に関する一切差別禁止を加盟国に求めた。これ を背景にフランスでも、高齢と若年層雇用は二択一ではなく、互いが補完し合うもので あるという認識が生まれたものとみられる。
さらに見せる

109 さらに読み込む

日本における高年齢者の就業率の高止まりおよび変動の要因

日本における高年齢者の就業率の高止まりおよび変動の要因

最後に,バブル経済期(枠線内)日本動きについて注目すると,男性 についてはいずれ年齢階級も,比較対象国では就業率減少トレンド 真っただなかであるにもかかわらず,この期間については上昇している.し かしバブル経済崩壊後は,むしろ比較対象国において年齢就業率が 上昇トレンドに反転したにもかかわらず,日本では下がり続け,2000 年代 に入り,ようやく諸外国上昇トレンドに合流したところである.女性につ いては,多く国ではこの時期,年齢就業率は上昇傾向にあり,日本 も同じく上昇傾向にある.年齢就業率レベルについては,男性に関 しては 1971 年以降一貫して比較対象国よりも高いが,1990 年代以降比較 対象国における上昇トレンドなかで,その差は縮まりつつある.また女性 に関しては 55 59 歳および 60 64 歳については,比較対象国に抜かれつつあ る.女性 65 歳以上についても 2007 年には米国に追いつかれ,並んだところ である.
さらに見せる

49 さらに読み込む

高年齢者雇用レポート⑫ シンガポール:高齢者の就労ますます重要に

高年齢者雇用レポート⑫ シンガポール:高齢者の就労ますます重要に

子供から資金援助を受ける高齢が 6 割を超える中、Ministry of Social and Family Development によれば、一人暮らしをする 55 歳以上国民割合は 1995 年 3.1%から 2011 年には 14.9%に増加し、6 人以上世帯は 24.9%から 11.0%に減少した。加えて、1960 年代初 頭合計特殊出生率は 5 を上回っていたが、1977 年以降は人口抑制から出産奨励へすでに舵を 切っていたにもかかわらず 2.1 を割り込む状況が続き、2014 年は 1.25 まで低下している。現在 高齢世代は、複数兄弟で自身親世代を支えることができる一方で、自分たち老後を 支えてもらう子供数が減少一途を辿っていることになる。一人が何人も出産し、大家族で 暮らしていた時代とは異なり、近年世帯規模縮小や出生率低下は、子供が親老後を支え るという伝統的な構図にいずれ限界をもたらすだろう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

資料編 調査シリーズ No75 高年齢者の雇用・就業の実態に関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料編 調査シリーズ No75 高年齢者の雇用・就業の実態に関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

問 11~問 14 すべて方 お答えください 問 あ 自身 月 事以外 収入 く い す 年金 恩給 雇用保険等 給 付金 財産収入 配当金 利子 家賃 地代 そ 金等 合計をいい す し 相 贈与 退職一時金 経常的 いも 含 せ 貯蓄 崩し 収

137 さらに読み込む

表紙・まえがき・担当者・目次 調査シリーズNo156「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・担当者・目次 調査シリーズNo156「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

既 成 24 用安 定法 改正さ 企 業 け 希望 全 員 65 歳ま 用確 保措 置 制 度化を 図 た とこ あ 人口 減少 社会 い て 企業 生産 性 向 を 求 て 特 60 前半 層 用 いて 大 幅 賃金 低 を伴 う場 合も 多く 納得 て 働 け 人 管 理制 度 構 築 課 題と てい また 団 塊 世代 成 24 65 歳 到達 多く 人 企業 け

7 さらに読み込む

図表世帯主の年齢別 1 世帯 月当たり消費支出の比較 (2004 年 ) ( 万円 / 月 ) 平均 -29 歳 30 歳代 40 歳代 歳 ( 団塊世代 ) 歳

図表世帯主の年齢別 1 世帯 月当たり消費支出の比較 (2004 年 ) ( 万円 / 月 ) 平均 -29 歳 30 歳代 40 歳代 歳 ( 団塊世代 ) 歳

⑨神奈川県 厚木市 産業分類別従業特化係数(厚木市産業別従業シェア/神奈川県産業別従業 シェア)から、厚木市従業構造に大きな偏りがないことが分かる。全産業、二次及び 三次産業就従比が 1.0 を大きく上回っている。厚木市は業務核都市として位置づけら れるだけではなく、製造業面でも高い拠点性を有する。一人当たり農業生産額、同製 造品出荷額、同小売業販売額は、全て神奈川県水準を上回っている。推移をみると、 一人当たり農業生産額及び同製品出荷額は減少傾向にある一方で、一人当たり小売業販 売額は横這いとなっており、県水準と格差も拡大傾向にある。
さらに見せる

39 さらに読み込む

「高年齢者雇用安定法《のポイント

「高年齢者雇用安定法《のポイント

2 前項場合において、次左欄に掲げる期間における当該基準適用については、同 表左欄に掲げる区分に応じ、それぞれ右欄に掲げる年齢以上を対象に行うものとする。 就業規則記載例(参考) 上に示す記載例は、あくまで参考に示すものであり、就業規則を作成・変更する 際は、 労使で十分協議上、各企業実情に応じたものとなるようにして ください。 就業規則を作成・変更した場合は、労働過半数で組織する労働組合(ない場合は労働 過半数を代表する意見書を添えて、所轄労働基準監督署長に届け出てください。ただし、 常時雇用する労働が10人未満事業所については届出必要はありません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

高年齢者雇用就業対策の体系 1 年齢にかかわりなく意欲と能力に応じて働くことができる 生涯現役社会 の実現に向けた高年齢者の就労促進 年齢にかかわりなく働くことができる企業の普及に向けた支援を充実するとともに 高齢期にさしかかった段階で 高齢期の生き方を見つめ直すことを奨励するなど 生涯現役社会の実

高年齢者雇用就業対策の体系 1 年齢にかかわりなく意欲と能力に応じて働くことができる 生涯現役社会 の実現に向けた高年齢者の就労促進 年齢にかかわりなく働くことができる企業の普及に向けた支援を充実するとともに 高齢期にさしかかった段階で 高齢期の生き方を見つめ直すことを奨励するなど 生涯現役社会の実

○ 人生100年時代を見据え、働く意欲ある高齢が培った能力や経験を生かし、生涯現役で活躍し続けられる社会環境を整えていくことが必要。 ○ しかし、地域で就労・社会参加を希望する高齢は数多く存在しているものの、現状では高齢希望が満たされているといえない。 ○ また、高齢化・核家族化によりこれまで家族で担ってきた子育て、介護等についても社会全体で支援していく必要性が高まっており、そのような 分野を中心として高齢に社会「支え手」として活躍が期待。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...