応和二年五月の贈答歌 : 『蜻蛉日記』66・67・ 68・70番歌の解釈

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 応和二年五月の贈答歌 : 『蜻蛉日記』66・67・ 68・70番歌の解釈 後藤, 康文 九州大学大学院(博士課程). https://doi.org/10.15017/11946 出版情報:語文研究. 65, pp.38-47, 1988-06-05. 九州大学国語国文学会 バージョン: 権利関係:.

(2) 応 和 二年 五 月 の贈 答 歌. ふ. 後. 藤. 康. 文. 69君 と われ な ほし ら 糸 の いか にし て憂 き ふ し な く て絶 えむ と そ思. ま た︑ 宮 よ り︑. ため に. 68 な ・はか りあ る も こそ あ れ な つひ き の い と ま や はな き ひ と めふ. 御 か へり︑. るかも. 67 な つひき の いと こと わ り や ふ た め み め よ り あ り く ま に ほ と のふ. ま た︑ た ち か へり︑. ひ もな く. 66 た ゆ と い へは いと そ か な し き き み によ り お な し つか さ に く る か. 御 か へり︑. ‑﹃蜻 蛉 日 記 ﹄ 66 ・ 67 ・ 68 ・ 70 番 歌 の 解 釈 i. ﹃蜻 蛉 日記﹄ 上 巻 には︑ 応 和 二年 五 月 か ら 六 月 にか け て︑ 醍 醐 天 皇 皇 子 章 明 親 王 と 藤 原兼 家 と がと り か わし た 一連 の詠 作 が 収 め勧 地 て いる ︒ 本 稿 の目 的 は︑ そ の前 半 部 分 を 構 成 す る 66 ・67 ・68 ・70 番 ( 注2) 歌 の解 釈 を 再 検討 す る こと に あ る︒ 底 本 に は書 陵 部 蔵 桂 宮本 を 用 い るが ︑ 直 接考 察 の対象 と し な い部 分 は あら か じ め 整 定 し た 形 で引 用. 明治 書 院 刊) の それ にし た が った ︒. (注 3 ). す る ︒ ま た ︑ 論中 に お け る諸 注 の略 称 は︑ 上 村 悦 子 著 ﹃蜻蛉 日 記 解 釈大成﹄ ( 昭 58〜. 本 文 少 納 言 の年 経 て︑ 四 つの品 にな り ぬ れ ば ︑殿 上 も お り て︑司 召 に︑. へる︑ 御 か へり ︑. ふ た め みめ は︑ げ に少 な く し てけ り︒ 忌 あ れば ︑ と め つ﹂ と の たま. いと ね ぢ け た る も の の大 輔 な ど い はれ ぬれ ば ︑ 世 の中 を い と う と ま. のど か に て︑ 二 三 日な どあ り︒ さ て︑ か の心 も ゆ か ぬ 司 の か み の宮. と き こえ ら る︒. らむ. 70 よ を ふ と てち き り を き て し 中 よ り は い と ・ゆ ・し き こと も み ゆ. し げ に て︑ ここ か し こ通 ふ よ り ほか のあ り き な ど も な け れば ︑ い と. よ り︑ か く のた ま へり︒ 65乱 れ糸 の つか さ ひと つにな り てし も く る こと のな ど絶 え に た る らむ. 「38「.

(3) 一. 66 ・67番 歌 の解 釈. ず で︑ そ う だ と す れば ︑ 直 属 の上 司 であ りま たか ね て親 し い間 柄 で. も あ った章 明親 王 か ら出 仕 を 促 す 歌 が贈 ら れ た のを 機 に︑ 兼 家 の腹. に︑ それ ま で勤 め た 少 納 言 の職 を 離 れ 殿 上 を 下 り た︒ そ し て︑ 同 年. な って見 え てく る の であ る︒ これ は か な り思 い切 った提 案 だ が︑ 要. も の の大 輔 な ど いは れ ぬ れ ば ﹂ と いう箇 所 と ︑ この 歌 の初 句 と が 重. す ると ︑ 筆 者 には ︑ 初 め に呈 示 し た 日 記 本文 中 の ﹁いと ね ぢ け た る. 66番 歌 を ︑ こう し た 視 点 か ら 再 検 討 し てみ る と ど う であ ろ う か ︒. に た ま った 不満 が 全 く 吐 露 さ れ な か った は ず は な いと 考 え ら れ る ︒. 五 月 十 六 日 には ︑ 兵 部 省 の次 官 であ る 兵 部大 輔 に任 じ ら れ る が ( 以. す る に︑ 兼 家 の歌 の ﹁た ゆ﹂ に は ﹁ 大 輔 ﹂ が掛 け ら れ てい る 可能 性. 応 和 二年 ( 2飾 ) 正 月 七 日︑ 藤 原 兼 家 は従 四 位 下 に 叙 さ れ る と と も. 上 ﹃公 卿 補 任 ﹄)︑ こ の官 が ﹁ 正 五位 下相 当 の官 だ か ら従 四位 下 の兼. が あ る と い う こと な の であ る︒. ﹁大輔 ﹂ の音 は本 来 ﹁タ イ フ﹂ で あ る が︑ 後 に は ﹁タ ユウ﹂ と 読. 家 と し ては 不満 であ﹂ (﹃ 全 評 解 ﹄) った たあ か︑ ﹁出 世 コー スでな い. にな る︒ そ こ へ︑ ﹁ 心 も ゆ か ぬ司 のか み の宮 ﹂ 章 明 親 王 か ら ︑ ﹁今 ま. ポ スト﹂ ( ﹃対 訳 ﹄) であ った た め か︑兼 家 は腐 り き って引 き 籠 り が ち. で勤 務 が別 々だ った 我 々 がせ っか く 同 じ 役 所 勤 め にな った と いう の. ﹁タ イ ウ﹂ ← ﹁タ ユウ﹂ と いう 過 程 を 辿 った も のと 考 え ら れ るが ︑. ま れ る よ う にな る︒ そし て︑ そ の音 韻 変 化 は お そ ら く ﹁タイ フ﹂ ←. に し が た い︒. い つ頃 ﹁大 輔 ﹂ が ﹁タ ユウ﹂ と 発 音 さ れ る 段 階 には い った か は 明確. (注 5). に︑ど う し て出 仕 が と だ え てし ま って い る の でし ょう ︒﹂と い う意 の 歌 (65番 歌 ) が 届 け ら れ た ︒ 66番 歌 は これ に対 す る 兼 家 の返 歌 で︑ そ の歌 意 は概 ね次 の よ う に. フ の混 乱 に つい ては ︑ 貞 元 元 年 (679) 頃 加 点 の醍 醐 寺 本 ﹃ 法華経釈. あ ったが ︑十 一世 紀 初 以 後 ︑普 遍 的 音 韻 変 化 と な った ﹂と さ れ︑ウ ・. (注 6 ﹀. いわ ゆ る "ハ行転 呼"現 象 は︑﹁十 世 紀末 ま では 個 別 的音 韻 変 化 で. 絶 え る な ど と お っし ゃい ま す と ︑ ほ ん と う に悲 し ゅうご ざ いま. 理 解 さ れ てき た ︒. す ︒ 宮 さ ま を 頼 り に同 じ 役 所 に 来 た か い も ご ざ いま せ ん の で. ( 296 ) 当 時 す で に︑ 個 別的 に せ よ ﹁ 大 輔 ﹂ が ﹁タ イ ウ﹂ と発 音 さ れ. のも のと し て報 告 さ れ て いる︒ これ ら を考 慮 に入 れ る と︑ 応 和 二年. (注 7). 文 ﹄ に見 え る ﹁種 ウ フ ル﹂ ・ ﹁栽 也 ウ フ ル﹂ の二例 が そ の早 い時 期. さ し あ た り 無難 な解 釈 であ り︑ こ れ で十 分 と いえ ば 十 分 な のか も. ( ﹃全 集 ﹄). し れ な い︒ し か し︑ こう解 し た だ け では こ の 一首 ︑ 内 容 的 に平 板 で. 問題 は ﹁イ ウ﹂ ← ﹁ユウ﹂ の ウ段 拗 長 音 化 現 象 の実 態 であ る が ︑. い︒. これ に つい て は︑ ﹁お お む ね 中 世 末 期 頃 ま で に完 了 し て い た と 考 え. た 場合 も あ った と想 定 す る と こ ろ ま では︑ あ な がち 無 暴 と は い えま. そ こで︑ あ ら た め て こ の歌 が 詠 まれ た時 の情 況 を 思 い起 こし てみ. ( 注8) ら れ る ﹂ も の の ︑ ﹁﹃イ ・ウ ﹄ と わ っ て 発 音 さ れ て い た も の が ︑ 全 般. な に や ら も の た ら ぬ歌 だ と いう 印 象 を 免 れ な い よう に思 わ れ る ︒ 実. た い︒ す な わ ち︑ こ の頃 の兼 家 の心 は︑ 自 分 が 兵 部 大 輔 と いう 割 に. は︑ も う少 し踏 み こん だ解 釈 の余 地 が あ る の で はな か ろう か ︒. 合 わな い役 職 に ま わさ れ ︑ 冷 遇 さ れ た と の思 い で い っぱ いだ った は. 「39「.

(4) か︒ 表 の意 味 は諸 注 のご と く でよ いが ︑ それ に加 え て︑ 次 の よ う な. (注 9 ). 的 に何 時 頃 か ら今,日 のよ う に拗 長 音 化 し たか は︑ 裏 付 け る 資 料 が 少. 裏 の意 味 が浮 かび あ が り はし な いだ ろ う か ︒. この たび 私 に与 えら れ た 役 職 が ︑ 左 遷 に等 し い兵 部 大 輔 だ と い. な く ︑ そ の推 定 は な か な か困 難 で あ る﹂ と され る ︒ も っと も ︑ 音韻. う の で︑ た い そ う悲 し い の でご ざ いま す︒ あ な た様 の おか げ で. ( 注 10). 史 の通 念 では ︑ や は り中 世 に は い って から 起 こ った 現 象 と 見 る のが 妥 当 な と ころ ら し く︑ 今 日訓 点 資 料 の上 で そ の最 も 早 い例 と し て報. か い もな く 思 われ ま す ︒. し か し ︑ 表 記 は発 音 の実 相 を 必 ず し も 十 全 に伝 え る も の では な い. 見事 に掛 け詞 と し て利 用 し た ︒ そ し て︑ 自 ら の不遇 感 を 相 手 に訴 え. 兼 家 は︑宮 の歌 に見 え た ﹁た え ( 3 た ゆ )﹂と い う語 を 巧 み に捉 え︑. 同 じ役 所 に配 属 され た の は喜 ば し い こと です が︑ こ れ で は そ の. 告 さ れ て いる のも︑ 承久 三年 (122) 加 点 清 原 本 ﹃御 注 孝 経﹄ にお い ー ( 注H) て ﹁琶 フ﹂ を ﹁ユウ﹂ と 記 し た例 の よ う であ る︒. し ︑ いわ ゆ る " か な つ か い" 意 識 の問 題 も 絡 ん でく る ︒ だ か ら ︑表. て同 情 を 求 め ︑ 出 仕 を 怠 り が ち な 現 状 を申 し開 い た の であ る︒. は っき りす る よう に思 わ れ る ︒ そ の67 番歌 は︑ 先 の兼 家 の歌 に宮 が. つづ く 67番 歌 の内 容 を 検 討 し 直 し てみ る と︑ こ の こと は い っそう. 記 の上 であ る発 音 を忠 実 に映 し た徴 証 が 現 わ れ る よ り 以 前 に︑ 実際. 応 じ た歌 であ り ︑ 諸 注 の解 釈 は ︑. にそ の発 音 が 行 な わ れ て い た可 能 性 を 否 定 し 去 る こと は でき な い︒ さ ら に︑ ﹁イと ウと のむ き だ し な 結 合 ﹂が ﹁日本 語 の音韻 体 系 の そ の. 今 か り に︑ 応 和 の頃 早 くも ﹁大 輔 ﹂ を ﹁タ ユウ ﹂ と発 音 す る場 合. と であ る︒ 諸 注 は ︑ 兼 家 が漁 色 に い と まな く て出 仕 でき な い のだ と. 第 二句 ﹁いと こと わ り や ﹂ が い った い何 を 受 け て い る のか と いう こ. と いう 線 で ほぼ 一致 し て いる︒ こ こ で再考 を 要 す る の は︑ こ の歌 の. ( ﹃集 成 ﹄). も あ った と仮 定 し て み ると ︑ こと が も と も と 朗 調性 を有 す る和 歌 に. るよ う であ る が ︑ これ では 一首 の構 造 に忠 実 な 読 解 と は いえ ず ︑ し. 歩 い て いる う ち に︑ 時 が経 ってし ま う のだ ろう ︒. 出 仕 がな い の は︑ ご も っと も︒ 二 人 三人 と隠 し妻 のも と を 寄 り. 特 質 にも と る 不安 定 な も の であ る﹂と す るな ら ば ︑﹁タ イ フ﹂ が ﹁タ イ ウ ﹂ に変 化 し てか ら実 際 の発 音 上 ﹁タ ユウ﹂ と な る ま で に は︑ あ. 関 わ っ てい る上 に︑ 当 時 は ま だ ﹁ 母 音 の長 短 意 識 が ︑ かな り曖 昧 ( 注13) だ った﹂ とも いわ れ るか ら ︑ ﹁た ゆ ﹂ と ﹁大輔 (タ ユウ)﹂ と は立 派. る い は︑ そ れ ほ ど時 間 を 必 要 と し な か った か も し れ な い︒. に掛 け詞 と し て通 用 し た であ ろ う ︒そ し てま た︑﹁タ イ ウ﹂ の段 階 で. た が え な い︒ ち な み に︑ 宮 の歌 の構 造 を 簡 潔 に示 せ ば ︑. ⁝]︒. と な る は ず であ り︑ 右 の ﹂じに該 当 す るも のは ︑ 兼 家 の66 番歌 の内 容. ﹂じハ [初二句 ]︒ ソレデ [圓. いう 宮 の付 度 ︑ つま り 同歌 第 三句 以下 の内 容 を 受 け ると 見 な し て い. あ ったと し ても ︑ 掛 け 詞 が 元 来 音韻 的 に は か な り柔 軟 性 を も つ言 語. 以外 に な い こと が知 られ よう ︒. 遊 戯 であ る こと ︑ 及 び 66 番 歌 が 詠作 さ れ た情 況 等 個 別 的 な 事 情 を も 考 慮 す れ ば ︑ 少 な く と も 当事 者 間 では︑ こ の両 語 ︑ 掛 け 詞 と し て十. あ と は 国 語 学 的 見 地 か ら の批 判 を 侠 つほか はな いが ︑ と り あ え ず. 67番 歌 の歌 意 も ︑ ﹁あ な た が ︑ 私 に ﹃絶 え た﹄ と い わ れ て悲 し いと. と ころ が︑ こ こ で そ の 66番 歌 を 従 来 ど お り に解 し てい た の で は︑. (注 15 ). 分 理 解 さ れ え た も のと 思 わ れ る︒. 以 上 の考 え を 66番 歌 に当 ては め て解 釈 し て み ると ど う な る であ ろ う. 一40一.

(5) お っし ゃる のも 道 理 ︒ そ れ で︑ 二人 三人 と女 の間 を 寄 り 歩 い て いる う ち に︑時 間 が経 ってし ま った わ け です な あ ︒ ﹂と いう ︑な ん と も ち. 解﹄ ・ ﹃ 新 注 釈 ﹄ ・ ﹃全 評 解 ﹄ 等. り︑ こ れを 兼 家 の歌 に表 わ れ た 彼 の挫折 感︑ 不遇 感 を酌 ん で肯 定 納. 部 ) 大 輔 ﹂ の意 を 読 みと った 上 で発 せ ら れ た 言辞 と考 え る必 要 が あ. ﹁い と こと わ り や﹂ は や はり ︑ 66番 歌 の ﹁た ゆ﹂ に暗 示 され た ﹁( 兵. も の妻 妾 を持 って い る こと を 自 ら 誇 示 強 調 し た表 現 と解 し た の で あ. 動 詞 ﹁あ り ﹂を 二度 重 ね る こ と に よ って︑兼 家 自 身 が 七 人 (口多数 ). す るが ︑ ま ず は ① の案 に つい てみ る こと にし よう ︒ こ の考 え 方 は ︑. ど の注 釈 書 も ︑ 本 文 を 改 め ざ るを えな いと 判 断 し て いる 点 で 一致. 訳 注 ﹄ ・ ﹃対 訳 ﹄ ・ ﹃集成 ﹄等. ② ﹁あ り も こそ す れ ﹂と 改訂 す る説 ・ : ﹃全 注 釈 ﹄ ・ ﹃ 全 集 ﹄ ・ ﹃全. 得 し た 宮 の言 葉 と 解 し て こそ︑ 一首 の真 意 が はじ め て理 解 さ れ る に. ろ う が ︑強 調形 とし て の ﹁ あ り も こ そあ れ ﹂ は いか にも 不自 然 な 形. ぐ は ぐ な も の と な り は し な いだ ろ う か ︒ こ の 点 か ら も︑ 67 番 歌 の. 至 る の であ る︒ 畢 寛 ︑宮 の67番 歌 は︑ 次 の よう に解 釈 す べき であ ろ. ・. で あ り︑ お そ らく は他 に例 を 見 な い表 現 であ ろ う と思 わ れ る︒ あ え. なけ. ( ﹃千 載 集 ﹄ 鰯 ・和泉 式 部 ). い のち あ ら ば い か さ ま に せ ん世 を し ら ぬ虫 だ に秋 はな き に こそ. (﹃ 後 撰 集 ﹄ 娚 ・よ み人 し ら ず ). 神 無 月 時 雨 と と も に神 奈 備 の森 の木 の葉 は降 り に こ そ降 れ. て こ の方 向 で考 え よ う と す る な ら ば︑ む し ろ︑. うと思われる︒. て いら っし ゃる と い う のも ︑ま った く ご も っと も な話 ︒そ れ で︑. 兵部 大 輔 と い う パ ッと し な い役 職 に任 じ ら れ ︑ あ な た が傷 つい. 憂 さ晴 ら し に 二人 三 人 と 女 の間 を め ぐ り歩 い てし け こ ん でい る うち に︑ 出 仕 が 滞 ってし ま った と いう わ け です なあ ︒. な ど の歌 に 見 られ る強 調 形 に倣 って︑﹁あ り に こそ あ れ﹂と改 訂 す べ. お そら く. を 示 し た あ と で︑ 第 三句 以下 に お い て は︑ 一転 彼. 章 明 親 王 は︑ 自 作 の初 二 句 で兼 家 の心中 を察 し 同情 ー は衷 心 よ り のー. 得 でき な い結 果 を将 来 す る こ と にな る の であ る︒ 今 は ﹁も こそ ﹂ の. 葉 の形 自 体 には 何 ら 問 題 は な い が︑ 今 度 は解 釈 の面 で︑ ど う にも 納. 次 に② の案 に つい て︒こ ち ら の場 合 ︑﹁あ り も こそ す れ﹂と いう 言. い︒. そ あ れ﹂ の句 形 も ︑ 現 在 のと ころ実 例 と し て管 見 に は い って は いな. き であ った と い え る︒ も っと も ︑ 理 屈 のと では 考 え う る ﹁あ り に こ. 以 上 ︑ 66番 ・67 番 の両 歌 は︑ この よ う に相 補 って読 み 解 く こと に. の怠 勤 ぶり を 皮 肉 っぼ く ち ゃか し て い る のであ る︒. よ って︑ そ れ ぞ れ の真 意 が明 らか に され るも のと 感 じ ら れ る︒. 68番歌 の解釈. ﹁あ り も こそす れ﹂ と い う表 現 に限 って いえ ば ︑ 必 ず 未来 に 属 す る. 意 味 自 体 に つい て詳 述 し てい る余 裕 もな けれ ば そ の用 意 も な いが ︑. 二. つづ く 68番 歌 の解 釈 のポ イ ン ト は︑ ひと え に そ の第 二句 に あ ると. いは な く︑ そ の場 合 68番 歌 の初 二句 は︑﹁七 人 (=多 数 ) の妻 妾 が将. 事 柄 を 多 く は危 惧 の念 を包 含 し て予 測 す る い い方 であ る こと に 間 違. い え る︒ 最 初 に︑ 従 来 の主 要 な 見 解 を整 理 し て掲 げ ︑ それ ぞ れ に つ き簡 単 な 批 判 を 試 み る︒ ω ﹁あ りも こそ あ れ ﹂ と 改 訂 す る 説 ⁝ ﹃ 大 系 ﹄ ・ ﹃全 講 ﹄ ・ ﹃注. 一41「.

(6) 来 でき ると 大 変 だ ﹂︑ ま た 危 惧 を 含 ま な い例 と解 し ても ︑ ﹁七 人 (= 多 数 )の妻 妾 が 将 来 でき る か も し れ な い﹂と の意 に な る はず であ る︒ と こ ろが ︑② の案 を 採 った 諸 注 は︑﹁は ば か り さ ま︑七 人 ほど ︑い や︑ たく さ ん ︑ お り ま す の で⁝︒﹂ (﹃ 全 注 釈 ﹄)︑ ﹁ 夏 引 の糸 の七 はか り ︑ それ ほど 多 く の妻 が お り ます の に﹂(﹃ 全 集 ﹄)︑﹁イ ヤ イ ヤ実 は 七 人 ば. それほ. か り も 妻 が ご ざ いま し て︒﹂ ( ﹃全 訳 注 ﹄)︑ ﹁妻 は七 人 ば か り はあ り ま す の に︒﹂ ( ﹃ 対 訳﹄) ︑﹁ 揮 り な が ら︑ 夏 引 の糸 は七 ば か り ー. を 述 べた も のと 解 し てお り︑. 大 き な 手 掛 り を与 え てく れ る ︒. る. ( ﹃大 和 物 語 ﹄ 37 段 ). d か く 咲 け る 花 も こそ あ れ我 が た め に おな じ 春 と や いふ べか り け. き. ( ﹃長 能集 ﹄ 蜘 ). 回 ひと り ぬ る人 も こそあ れ ひと つが ひな く な る 鴛 鴛 の声 や か な し. ま た︑ や や時 代 は下 る が︑. ( ﹃後拾 遺集 ﹄ 鰯 ・小 弁 ). ハ思 ひ し る人 も こ そ あれ あ ぢ き な く つれ な き 恋 に身 を や か へてむ. と いう 歌 や︑ 当 の ﹃蜻 蛉 日記 ﹄ に︑ 下 の句 の本 文 に問 題 を残 すも の. そ れ が事 実 か否 か はと も か く ー. i. ど 沢 山 の妻 が お り ます ︒﹂ ( ﹃集 成 ﹄) と︑ 揃 って現 在 の兼 家 の状 態. これ は 文法 上 許 され な い解 釈 で はあ る ま いか ︒ ま た ︑ これ ら と は 別. は︑ す べ て現 在 の共 時的 ・確定 的 事実 を強 調 す る機 能 を は た し て お. と いう 作 があ る のも 参 考 にな る ︒これ ら の歌 に 用 い られ た ﹁も こ そ﹂. ( 下 巻 ・天 延 二年 十 二月 ). の︑ ー ( す) ニ 千 年 経 る松 も こそ あ れ ほど も な く 越 え ては か へる ほ ど や遠 か る. (ア ナ タ ノ ォ詞 ニト ッテグ アイ ガ ワ ルイ コト デ スガ) 将 来 ハ私. に︑﹁も こ そ﹂ の語義 を追 究 し た松 尾 聡 氏 は︑ こ の歌 を 次 のよ う に読 ( 注16) 解 し て い る︒. ニ ハ七 人 グ ラ イ妻 ガ ア ル事 モキ ット アリ マ ス ヨ︒ タ カ ガ 一人 ヤ ︑一 人 ノ妻 デ暇 ガ 無 イ 事 ガ ア ル モ ノ デ スカ. これ ま で の解 釈 が す べ て認 め が た いも の であ ると す るな ら ば ︑ こ. 解 も ︑ 筆 者 には 全 く 釈 然 と し な い 思 い を募 ら せ るば か り であ った ︒. ば ﹁ダ ッ テ ア ルト イ ウ ノ ニ﹂ の意 と な る ︒ 今 各 例 に即 し てそ の解 釈. 現 二〇 〇 〇 ナ × × ×ダ ッテ ア ル ト イ ウ ノ ニ﹂ く ら い に︑ 簡 単 に いえ. や や 諄 く訳 す る な ら ば ﹁ソウ デ ナ イ × × × モ ア ル 一方 デ︑ 世 聞 ニ ハ. 含 ん でか か って行 く性 質 を帯 び る ため ︑ これ ら の ﹁ も こ そあ れ﹂は ︑. のが 適 当 な 語 法 と いえ る ︒さら に︑﹁こそ あ れ﹂ は下 文 に逆 接 の意 を. り ︑詳 し く分 析 す れ ば ︑ ﹁ も ﹂ (並 列) + ﹁こ そ﹂ ( 強 意 )と 説 明 す る. の歌 は ど のよ う に解 き直 す べき な の で あ ろう か ︒ 私 見 によ れ ば ︑ 諸. いわ ゆ る " 危 惧 の ﹁も こそ ﹂ " に の っと ろ う と し た解 釈 だ が︑ こ の. 注 の第 一の蹟 き は︑ 第 二句 の本 文 を 強 い て改 め な け れ ば な ら な いと. d ︹ 私 の よう にう だ つのあ が ら な い人 間 ( = 咲 か な い花 ) も あ る. を 示 せば ︑ お よ そ左 のよ う にな ろ う ︒. そ あ れ﹂ の まま で よ い の であ る︒. 考 え た点 に あ った︒ 虚 心 に見 直 す に︑ こ の歌 の第 二 句 は ﹁あ る も こ. だ って いる と いう の に︑ 私 に と って こ の春 を 同 じ春 と い え よ う. 一方 で︺ 世 間 には 現 に こう し て栄 達 を と げ る人 間 ( 11 咲 く 花 ). か ︑ いや と ても い え な い︒. 第 二句 に ﹁も こ そあ れ ﹂ と いう 語 形 を 含 み︑ 下 の 句 が反 語 表 現 を と るー. つま り そ の点 で ﹃蜻 蛉 日 記 ﹄ 68番 歌 と同 じ構 造 を も つー. 同 時 代 の歌 に次 のよ う な も の が あ り︑ 68番 歌 を 正 しく 解 釈 す る 上 で. 一42「.

(7) e. 鴛 の鳴 き 声 が 哀 切 に聴 こえ る な ん て こと があ ろ うか ︑ あ り はし. て い る人 間 だ って いる と いう の に︑ ひと つが い で鳴 い て い る鴛. ︹ 共 寝 をし て い る人 間 も あ る 一方 で︺世 間 に は現 に独 り寝 を し. 分 のお方 も いら っし ゃる も のと ︑ 具 体 的 には 章 明 親 王 の艶福 家 ぶ り. そ し て︑ わ が 身 に引 き く ら べる形 で︑ 世 間 に はま こと 羨 ま し い御 身. た め ﹂ し か 自 分 には い な い のだ と︑ へりく だ って みせ てさ え いる ︒. は宮 の推 量 し た ﹁ふ た め み め﹂ ど こ ろ か せ いぜ い ﹁ひと め ﹂ か ﹁ふ. え て ほし いも のだ と 思 う よ (69番 歌 )︒お っし ゃる と お り︑我 が 身 を. 藪 を つ つい て蛇 を 出 す 格 好 と な った宮 か ら︑ さ ら に ﹁あ な たと 私. 70番 歌 の解 釈. す る松 だ ってあ り ま す の に︑ 私 が ほか の人 に心 を移 し てま た あ. 省みれば︑二一 二人 だ な ん てま ったく ケ チな 推 し 当 てを し た も のだ ︒. ㊨. の では な か ろ うか ︒. を 椰 楡 す る文 句 を は じめ に配 置 し た と いう のが ︑ 一首 の真 相 だ った. な い︒. で︺ 世 間 に は 現 に わ か って く れ る人 だ って い ると いう の に︑ か. ハ ︹ 私 の 切 な い気 持 ち を少 し も 理 解 し て く れ な い人 も あ る 一方. いも な く つら い この恋 の ため に︑( 簡 単 に)出 家 し てし ま っても ( 注17) よ い も のだ ろ うか ︑ い や いけ な い︒. な た のも と に戻 ってく る ほん の短 い間 が︑ そ ん な に待 ち 遠 し い ( 注18) な ん て こと が あ り ま し ょう か ︑ 御辛 抱 が 足 り ま せ ん わ︒. ニ ︹ そ う でな い松 も あ る 一方 で︺ 世 間 には 現 に千 年 も の時 を経 過. 以 上 の こと を 参 考 にす る と ︑ ﹃ 蜻 蛉 日 記﹄ 68番 歌 の初 二句 も ︑ ﹁あ. これ 以 上 は さ し障 り が あ る の で︑ やめ と く よ ︒﹂ と いう た よ り が 届. う す る と ︑ こ の歌 は 先 に掲 げ た 四首 と全 く同 工と な り︑ 試 み にそ の. こ そあ れ ﹂ の意 と考 え て解 釈 す べき では な いか と思 われ てく る︒ そ. れ る か わ か ら な いと 戦 々競 々 の態 ︑ 無 論 戯 れ であ る ︒ 兼家 は ︑ 早 速. く ︒章 明親 王 は︑ こ の先 兼 家 と の交 際 を 続 け よ う も のな ら 何 を いわ. と の関 係 は︑ や は り な ん のご た ご た も な い今 の うち に︑ な ん と か 絶. る﹂ の下 に体 言 が 省 略 さ れ た 形︑ つま り ﹁な ゝはか りあ る ( 人)も. 歌 意 を 訳 出 す る な ら ば︑. 長 年 つれ そ ったと し ても ︑ 契 り を か わ し た男 女 の仲 か ら は︑ 別. に 改 め た上 で︑. さ て︑現 行 の ほと ん ど の注釈 書 は︑ こ の歌 の初 句 を ﹁よ を ふ と も﹂. 70 番歌 を も って これ を と りな す ︒. ︹ 私 のよ う に そ う でな い男 も い る 一方 で︺ 世 間 には 現 に ( だれ か さ ん のよ う に) 七 人 ( ー1 多 数 ) も の妻 妾 を 持 って いら っし ゃ. う︒ し かし ︑ 私 ど も 男 ど う し の間 では︑ そ ん な こと が お こ る は. れ 別 れ にな ると いう よ う な も っと いま わ し い こと も あ る でし ょ. る 方 だ ってお あ り だ と い う の に︑ たか だ か 一人 二 人 の女 のた め に時 間 が な い な ん て こ と があ り まし ょう か ︑ そ ん な こと は ご ざ. と い った意 味 に解 し て いる が ︑ これ は あ ま り に振 れ に苦 し い解 釈 と. (﹃ 全 集 ﹄). い う ほか はな い︒ 以 下 にお い ては ︑ も う少 し素 直 な解 釈 を 求 め る べ. ず は け っし てご ざ いま せ ん. いま せ ん︒. で︑ 兼家 は自 ら に つい て そ の身 に妻 妾 の多 き を 誇 った の では さ ら さ. と な ろ う︒ こ こ で諸 注 の第 二 の蹟 き が 明 白 と な る ︒ こ の歌 の初 二 句. ら な か った の であ る︒ 否 ︑ む し ろ︑ 下 の句 か ら 明 ら か な よ う に︑ 彼. 一43一.

(8) (注 19). 詞 ﹁ら む ﹂ の意 味 であ る ︒諸 注 では ︑そ の現代 語 訳 か ら窺 う か ぎ り ︑. 第 一に明 確 にし てお か な け れ ば な ら な い の は︑ 結 句 に見 え る助 動. り ︑そ の意 味 は︑﹁ど う し て い っそう 縁 起 でも な いお 言 葉 ま でも が 見. る こと を思 えば ︑﹁ら む﹂の語 義 に つい ても 同 じ 判断 を 下 す べき であ. 番 歌 の下 の句 が 19番 歌 の それ と ﹁いと ど 〜 ら む﹂ の形 で 一致 し てい. 記 ﹄ 諸 注 も︑ こ こ に お い て は概 ね こ の義 に解 し てい る の で あ る︒ 70. テ〜 シ テイ ルノ ダ ロウ カ﹂ と いう 原 因 推 量 の意 に解 さ れ︑ ﹃ 蜻蛉 日. こ れを 推 量 の助 動 詞 ﹁む ﹂ と 同 義 に解 し てい る よ う であ るが ︑ こ の. え て いる の でし ょ う か﹂ と な る の で はな いか ︒ な お︑ ほ と ん ど の注. く ︑ こ の歌 の各 部 分 に即 し て再検 討 を加 え て み た い︒. ﹁ら う﹂ に変 化 し ︑ 中 世 以 降 単 純 な推 量 を表 わす よ う にな って行 く. 判 断 に は大 変 疑 問 が 残 る︒ た し か に︑助 動 詞 ﹁らむ ﹂ は後 に語 形 が. 釈 書 は ︑﹁ゆ ゝし き こと ﹂ の ﹁こと ﹂を事 柄 の ﹁事 ﹂と と ってい る が︑. 言 の葉 の う つろ ふ だ にも あ るも のを いと ど し ぐ れ の降 り ま さ る. ま し いか も し れ な い︒. に ﹁ら む ﹂と の呼 応 の点 では ︑﹁こと も ﹂ は ﹁こ と の﹂ であ る方 が望. 下 の句 の解 釈 に つい て は︑ 一応 以 上 のよ う に考 え てお く が︑ さ ら. と は ︑ 宮 の69番 歌 中 に見 え る ﹁絶 え む と そ 思 ふ ﹂ を指 す ︒. これ は 誤 り で︑言 葉 の ﹁ 言 ﹂と す べき であ る ︒﹁縁起 でも な い お言 葉 ﹂. し︑ 平 安 朝 の作 品 にお い ても ︑ ﹃枕草 子﹄ (三巻 本 ) の次 の例 な ど は ﹁む﹂ と 同 義 に解 さ れ て いる ︒ 御 読 経 の僧 の︑( 中 略 )と ぶ ら ひ人 あ ま た 来 て︑経 き き な ど す る. ( 新 潮 日本 古 典 集 成 ・㎜ 段 ). も 隠 れな き に︑目 を 配 り て読 み ゐ た る こ そ︑﹁罪 や得 ら む﹂と お ぼ ゆ れ︒. らむ. け れ ども ︑ 右 の ﹁ら む ﹂ は 必 ず未 来 推 量 の確 例 と見 な さ ね ば な ら ぬ も のと も 思 えず ︑ か り にそ れ を 認 め る と し ても ︑ 平 安 朝 の 一般 的. う ち いだ し 綾 のむ し ろ の中 よ り ぞ錦 に織 れ る文 も 見 えけ る. ( ﹃ 後 撰 集 ﹄ 鰯 ・よ み人 し ら ず ). 人 づ て に い ふ言 の葉 の中 よ り ぞ お も ひ つく ば の山 は 見 え け る. 現 の意 味 を 的 確 に捉 え るた め には ︑ 左 の歌 の存在 が参 考 にな る︒. 次 い で︑ 第 三句 に目 を 転 じ てみ た い︒ こ の ﹁ 中 よ り は﹂ と い う表. ば 誤 ら れ る ため ︑ そ の可 能 性 は 十 分 に認 め ら れ る だ ろ う○. な ど の類 型 が存 在 す る上 に︑﹁裳 ﹂ の草 体 と ﹁農 ﹂ の草 体 と は し ば し. (﹃興風 集 ﹄ 69). ふ り は へて花 見 に くれ ば く ら ぶ 山 いと ど 霞 の立 ち か くす ら む. (﹃ 古 今ユハ帖 ﹄ 螂). ( ﹃新古 今 集 ﹄ 24 ・伊 勢 ). な ﹁らむ ﹂ の用 法 か ら 見 れ ば ︑ 極 め て特 殊 な例 外 で しか な い の であ. 春 雨 の降 る に思 ひ は消 えな く て いと ど 思 ひ のめ を も やす ら む. し た が って︑解 釈 の順 当 な 筋 か ら いえ ば︑ 70番 歌 の ﹁らむ ﹂ にも ︑. る︒. まず は こ の助 動 詞 の本 義 であ る 現在 推 量 も しく は原 因 推 量 の語 義 を 当 て はあ て み る べき であ ろ う ︒ そ う す る と ︑ ﹃蜻 蛉 日 記﹄ に はす で に︑ 道 綱 母 の次 のよ う な 詠 が あ った こ と が思 い出 され る︒ 19な げ き つ つか へす 衣 の露 け き に い と ど空 さ へし ぐ れ そ ふ ら む ( 上 巻 ・天 暦 八 年 十 月 ) こ の歌 の ﹁ら む ﹂ は ︑ ひさ か た の光 のど け き春 の 日 に しづ 心 な く 花 の散 る ら む ( ﹃古 今 集 ﹄ 84 ・友 則) な ど と 同 様 ︑下 の句 の頭 に ﹁ な ど ﹂等 疑 問 の副 詞 を 補 って︑ ﹁ド ウ シ. 「44「.

(9) 我 が家 に と ま れ る人 のも と よ り︑﹁お はし ま さず と も ︑菖 蒲 ふ か. 立 ち て︑石 山 に十 日ば か りと 思 ひ立 つ︒ ( 中 巻 ・天 禄 元 年 七 月 ). さ ら ば ︑ いと 暑 き ほ ど な り と も︑ げ に さ い ひ ての み や は く思 ひ. 安 法 の作 が︑ 先 行 す る ﹃後 撰 集 ﹄ の歌 を 念 頭 に置 いた も の であ る. ( ﹃安 法 法 師 集 ﹄ 2 1). こと は明 ら か だ が︑筆 者 は︑﹃蜻 蛉 日記 ﹄ 70番 歌 の場 合 も ︑用 語 の共. で は︑ ゆ ゆ し か ら むを ︑ いか が せ む ず る﹂ と い ひた り︒. 人 や り な ら ぬ わざ な れ ば ︑ と ひと ぶ ら は ぬ 人 あ り と も︑ ゆ め に. (中 巻 ・天 禄 二年 五月 ). 通 性 な ど か ら 見 て︑ そう であ る 可 能 性 が 非 常 に高 いと 判 断 す る ︒ そ. 意 と 理解 す べき であ る こと が わ か り ︑ ま た︑ 第 二句 か ら の つな が り. う す る と ︑兼 家 の歌 の ﹁中 よ り は ﹂ は︑ ﹁ 宮 様 のお 手 紙 の中 か ら ﹂ の. を考 慮 す る と︑ ﹁ 中 ﹂ と い う語 に は さ ら に︑ ﹁ 宮 様 と私 と の変 わら ぬ. る︒ (中略 )﹂ な ど︑ いと 言 よ し︒. ( 中 巻 ・天 禄 .一 年 十 二月 ). ﹁年 月 の勘 事 な り と も︑ け ふ の参 り に は許 さ れ な む と そ お ぼ ゆ. ( 中 巻 ・天 禄 二年 六 月 ). つら く な ど 思 ふ べき な ら ね ば ︑ いと 心 や す く て あ る を. 交 誼 を誓 い合 った間 柄 ﹂ の意 も 当 然 掛 か ってく る こと にな る︒ だ か ら︑ こ の歌 の第 二句 第 三 句 は︑ 結 局 ﹁あ れ ほど 変 わ ら ぬ 交 誼 を 誓 い 合 った 間 柄 であ るあ な た 様 のお 手 紙 の中 か ら ﹂ と 解 し てお く のが 妥. 同 様 であ って みれ ば ︑そ の初 句 は︑﹁宮 様 と は 現 に長 いお つき合 い で. エ ソウ デ ハ ア ッテ モ﹂ の意 味 であ り ︑ 70番 歌 の ﹁と も ﹂ も これ ら と. 右 に あ げ た ﹁と も﹂ の用 例 は︑ す べ て ﹁現 ニソ ウ ナ ノダ ガ ︑ タ ト. 残 る初 句 に つい ては ︑ ど のよ う に考 え る べき であ ろ う か︒ は じ め. 当 な と こ ろ であ ろう ︒. に︑ 桂 宮 本 本 文 を 改 め る べき か 否 か と いう 問題 が あ る︒ 私 見 に よ れ. す が ︑ たと え そう で はあ り ま し ても﹂ と解 釈 す べき な の であ み︒. た と え そ う で は あ り ま し ても ︑ あ れ ほ ど 変 わ ら ぬ 交 誼 を誓 い. 我 々 の交 際 が は じ ま って か ら 既 に長 い年 月 が経 って い ます が ︑. と 整 定 す る ︒ そ し て︑ 現代 語 訳 は次 のと お り︒. 世 を 経 と も 契 り お き てし中 よ り は いと ど ゆ ゆ しき 言 の見 ゆ らむ. それ で は こ こ で︑ 一首 全 体 を 纒 め てみ た い︒ ま ず本 文 は︑. ば ︑﹁よを ふ と て﹂ の ﹁と て﹂ を ﹁〜 (だ か ら) と い って﹂ の意 に解 す る こと によ り︑ 底 本 のま ま で十 分解 釈 可能 な よ う に も思 え る が︑ 他の ﹃ 蜻 蛉 日 記﹄ 主要 伝本 ( 第 一類 B系 及 び 第 二類 本 ) が ﹁て﹂ を ﹁も (ん)﹂ と す る こと ︑ ﹁て﹂ と ﹁も ( ん)﹂ と で は誤 写 の可 能 性 が 極 め て高 い こと 等 から し て︑ こ こ は や は り︑ 諸 注 のご と く ﹁よを ふ と も ﹂ の形 に改 め てお い た方 が 無 難 な よう であ る︒. し よ う な ど と) い っそう 縁 起 でも な いお 言 葉 が 見 え て いる の で. 合 った 間 柄 であ る あ な た様 の お手 紙 の中 か ら ︑ ど う し て ( 絶交. 本論中 で使用する ﹃ 蜻蛉日記﹄及び諸歌集 の歌番号は︑す べて ﹃ 新編国歌. 注. し ょう か︒. ただ し ︑ そ の上 で ﹁と も ﹂ を ︑ 従 来 ど お り 純 枠 な 逆 接 の仮 定 条 件. 1. を 表 わ す 接 続 助 詞 と 解 す る の であ れ ば ︑ そ れ は 誤 り であ る︒ こ の場 合 の ﹁と も ﹂ は︑ す で に確 定 し て いる 事 実 を 修 辞 的 に仮 定 す る い い (注 20 ). 方 ︑ いわ ゆ る " 修 辞 的 仮 定 " の用法 と 見 な け れ ば な ら な い︒ ち な み に︑ ﹃蜻 蛉 日 記 ﹄中 か ら ︑ " 修辞 的 仮定 " の意 で 用 い ら れ た ﹁とも ﹂ の例 を いく つか 拾 い出 し てみ よ う︒. 一45「.

(10) 笠 間影 印 叢 刊 68〜 70 ﹃桂宮本蜻 蛉 日記 ﹄ ω ㈲ ㈲ (昭 57︑ 笠 間 書 院 ). 大 観 ﹄ の そ れ に よ る︒ 2 そ の ほ か︑ 上 村 悦 子 訳 注 ﹃蜻 蛉 日 記全訳注﹄ ω ㈲ ㈲ ( 講談社学術文庫︑昭. 15. 参 考 ま で に︑ 次 に三 組 の歌 を 掲 げ る ︒ (詞 書 略 ). か へし. そ のか み のな が よ し と た だ し り ぬ れ ば 人 のか ず と も お も ほ え ぬ か な. (﹃長 能 集 ﹄ 鵬 ・姻 ). こと わ り やし か 憂 き 身 な り し か あ れ ど も よ し ま さ るら ん人 は た れ か は. (﹃紫 式 部 集 ﹄ 44 ・45). ﹁狭 衣 物 語 な ど の ﹃も こそ﹄﹂ ( 国 語 展 望 48号 ︑昭 53 ・2)3 の紛 れ易 い中 古 語 放 ﹄ (昭 59 ︑ 笠 間書 院 ) 90 頁. はし け る. う 源氏物語を 中心とした語 意. こ の歌 の初 句 ﹁思 ひ し る﹂ を ︑ 成 信 ︑ 重 家 ら 出 家 し 侍 り け る こ ろ︑ 左 大 弁 行 成 が も と に い ひ つか. (﹃拾 遺 集 ﹄ 脳 ・公 任 ). 思 ひし る 人 も あ り け る世 の中 を い つを い つと てす ぐ す な る ら ん. な ど の場 合 と 同 じ く ﹁世 の無 常 を 痛 感 す る﹂ の意 にと れ ば ︑そ の歌 意 は ﹁世. 17. 16. 知 ら れ る︒. 返 歌 三首 の初 句 ﹁こと わ り や ﹂は ︑す べ て前 の歌 の内 容 を 受 け て い る こと が. (﹃公 任集 ﹄ 姻 ・姫). こと わ り や さ て も 心 に し ら れ に き思 ふ人 や は人 を し ひ け る. か へし. 今 よ り は 思 ふ こと を も い は で経 む し ふ る は つら きも の に ぞ あ り け る. (詞書 略). こと わ り や 君 が 心 の闇 な れ ば鬼 の影 と は し る く見 ゆ ら む. か へし. 亡 き 人 にか ご と は か け てわ づ ら ふ も お のが 心 の鬼 にや は あ ら ぬ. (詞 書 略). こ の ふ た り の親 交 が︑ 兼 家 の兵 部 大 輔 任 官 を 機 に はじ ま った と 見 る 向 き. で た ま た ま管 見 に は い ったも の に つい て記 す と ︑たと え ば ︑擬 古 物 語 ﹃浅 茅. 榊 原本 ﹃下 学 集 ﹄︑文 明 本 ﹃節 用 集 ﹄ な ど︒ ま た ︑ 和 文 文 献 の上 で今 日 ま. ニ ュア ン スひと つか ら も ︑ 十 分 に察 知 さ れ る はず であ る ︒. もあ る が︑ そ う でな い こと は ︑ 宮 の 65番 歌 に用 いら れ た 副 助 詞 ﹁し も ﹂ の. 53) は ﹃全 訳 注 ﹄ と 略 称 す る︒. 3. 4. 5. が露 ﹄ ( 天 理図 書 館 本 ︑ 鎌 倉 末 〜 南 北 朝 初 期 写 ) で は︑ ﹁( 兵 衛 ) 大 夫 ﹂ のか. 築 島 裕 著 ﹃国語学叢書 3平安 時 代 の国 語 ﹄ (昭 62︑ 東 京堂 出 版 ) 第 三 章 ﹁音. な 書 き 例 のす べ てが ﹁た ゆふ ﹂ であ る︒ 6. 中 田 祝 夫 ﹁平 安 時 代 の国 語 ﹂ 弓 ﹃日本 語 の歴 史 ﹄ ( 昭 32︑ 至 文 堂 ) 茄 頁. 韻一国語音﹂悩頁 7. ﹃講座 国語史 2音 韻 史 ・文 字 史 ﹄ (昭 47︑大 修 館 書 店 ) 第 二 章 ﹁古 代 の音 韻 ﹂ 伯博士 福 島 邦 道 ﹁﹃見 ゆう ﹄と ﹃見 よう ﹄ の交 替 ﹂← 佐 古稀記念国 語学 論 集 ﹄ (昭 44︑. (奥 村 三 雄 氏 執 筆 ) 85 頁. 8. 9 表現社)蹴頁. ﹃国 語 学 大 辞 典 ﹄ (昭 55︑ 東 京 堂 出版 ) 付 載 ﹁国 語 年 表 ﹂. 10 馬 淵 和 夫 著 ﹃国 語 音 韻 論 ﹄ ( 昭 46︑笠 間書 院 ) 田頁 ︑ 注 8書 第 一章 ﹁総 説 ﹂ (中 田 祝 夫 氏 執 筆 ) 33 頁 な ど 1 1. 注 8論 文 83頁. ﹁国 語 の慣 用 の徴 証 に つき そ の発 掘 と評 価 ﹂ (国 語 学 第 76集 ︑ 昭. 亀井孝. 13. 同 音 でな い掛 け詞 の例 は︑ ﹃蜻 蛉 日 記﹄ のう ち に も 見 出 だ せ る ︒. 44 ・3). 12. 14. 間 には 世 の無 常 を 痛 感 し て出 家 す る 人 だ ってい る と い う の に︑ 私 も こ の か. 60 な つく べ き人 も 放 てば 陸 奥 のむ ま やか ぎ り にな ら む と す ら む こ の歌 の ﹁む ま や ﹂に は︑ いう ま でも な く ﹁今 や﹂ の意 が 掛 け てあ る ︒な お︑. れ な い︒な お ︑同 歌 には 藤 本 一恵 氏 (講 談 社 学 術 文 庫 ﹃後 拾 遺 和 歌 集 全訳注﹄. い も な く つら い恋 を 機 縁 に︑ い っそ 遁世 し てし ま お う か︒﹂と 解 せ るか も し. 掛 け 詞 の音 韻 的 研 究 と し て は︑遠 藤 邦 基 氏 に 一連 の論 稿 が あ る (﹁仮 名 遣 を 異 にす る掛 け 詞 1 ﹃四 つが な ﹄ の世 界 ー ﹂ 国 語 国 文 ︑ 昭 47 ・6 ほ か )︒. 一46一.

(11) 口︑ 昭 58) や松 尾聡 氏 (﹁危惧 の意 で も並 列 の意 でも な い と い う ﹃も こ そ﹄ に つい て﹂国 語 展 望 49 号 ︑昭 53 ・5与 注 16書 ) の解 釈 が あ るが ︑と も にし た. こ の歌 は そ の第 三句 以 下 に いま だ 定 解 を 見 な い︒ こ こ に示 し た も のも 現. が えな い︒. 時 点 で の試 解 にす ぎ な い︒. 18. ﹃し づ 心 な く 花 のち るら ん ﹄ の基 底. ﹂ ( 国語国文︑ 昭. 佐 伯 梅 友 ﹁﹃淀 む と も ﹄ 考 ﹂ 与 ﹃万 葉 語 研 究 ﹄ ( 昭 13︑ 文 学 社 ). 63 ・2 ) 参 照. 疑 念 の含 意 1. 19 こ の種 の ﹁ら む ﹂の 用法 に つい て は︑詠 嘆 表 現 と み る な ど 異 説 も あ り ︑な お 考 究 す べき であ る が ︑今 は立 ち 入 ら な い︒山 口発 二 ﹁喚 体 性 の文 に お け る. 20. 一47一.

(12)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP