卵 管 間 質 部 妊 娠 ノ1例 手 術所見. トロパ コ カ イ ン 腰髓麻醉ノ 宮外妊娠 ノ診斷ヲ 下シ得 モ ト 線ニ沿 ツ テ縱 切 開 ヲ施 ス.腹 腔 内ニ 暗 赤 色 流 ニ白 2755 ザ リシ モ,既 往 症,現 症, 所 見 ヲ顧 ミテ詳 細ニ檢 討 ス レバ,明カニ 又子 宮

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

158.

618.312

ノ1例

岡山醫科大學産婦人科教室(主任八木教授)

醫學士

[昭 和15年6月8日 受 稿] 緒 言 子 宮 外 妊 娠 中所 謂 間 質 部 妊 娠 ハ 其 ノ 發 現 率 比 較 的 低 シ ト稱 セ ラル.而 モ 其 ノ診 斷 ハ 時 ト シ テ 困 難 ヲ伴 ヒ,術 後 剔 出 物 ヲ檢 シ テ 猶 ホ 決 定 シ得 ザ ル 場 合 ア サ ト云 ハ ル.余 ハ 最 近 間 質 部 妊 娠 ト考 フ可 キ 1例 ニ遭 遇 セ リ.其 ノ症 状 竝 ニ 診 斷 ニ就 テ 報 告 セ ン ト ス.

患者 守○眞○ 39歳 官吏妻

家 族 歴 特 記 ス ベ キ 事 ナ シ. 月 經 初 經16歳 持 續4―5日 30日 型 整 調 既 往 分 娩2囘 ニ シ テ 第1囘 ハ25歳,第2囘 ハ33 歳 何 レモ 正 常 分 娩 ナ リ. 既 往 症 生 來 虚 弱 ニ シ テ輕 度 ノ消 化 器 系 統 ノ疾 患 ニ屡 々 オ カ サ ル.婦 人 科 的 疾 患 ト シ テ30歳 ノ 折 不 正 子 宮 出 血,下 腹 痛 ヲ主 訴 トシ當 科 ヲ訪 レ, 右 側 炎 症 性 附 屬 器 腫 瘍 ノ診 斷 ノ モ ト ラ約2箇 月 ニ 亙 リ テ保 存 療 法 ヲ受 ケ 輕 快 ス. 現 症 及 ビ經 過. 最 終 月 經 ハ 昭 和13年9月23 日 ヨ リ5日 間 ニ シ テ 平 素 ト 同樣 ナ リ.10月 ハ 無 月 經 ニ シ テ11月 ノ始 メ ヨ リ 少 量 ノ不 正 子 宮 出血 ア リ,同 時 ニ 腰 痛,下 腹 痛 ヲ訴 ヘ 同 年11月16日 當 科 ヲ訪 レタ リ.當 時 妊 娠 惡 阻 ヲ思 ハ ス ガ 如 キ訴 ハ 全 然 認 メ ラ レズ.當 時 ノ 所 見 ヲ要 約 ス レバ 皮 膚 粘 膜 ニ輕 度 ノ 貧 血 ア リ,胸 部 腹 部 四 肢 ニ異 常 ナ シ. 内 診 所 見 トシ テ子 宮 體 ハ 鷄 卵 大 ニ シ テ 後 屈 シ其 ノ 移 動 性 ハ 障 碍 ナ ク 形 状 硬 度 ニ 異 常 ナ シ.附 屬 器 ハ 兩 側 共腫 脹 壓 痛 ヲ認 メズ.僅 ニ子 宮 腟 部 ニ單 糜 爛 ヲ認 メ,粘 液 性 ノ帶 下 増 加 セ ル ノ ミナ リ.移 動 子 宮 後 屈,子 宮 頸 管 「カ タ ル 」,單糜 爛 ノ 診 斷 ノ モ トニ 外 來 通 院 ニ テ 保 存 療 法 ヲ行 ヘ リ.其 ノ後 出 血 無 ク 症 状 輕 快 シ 約20日 後 患 者 ハ 自發 的 ニ 通 院 ヲ中 止 セ リ.12月29日 タ 刻 下 腹 部 ニ鈍 痛 ヲ訴 ヘ1囘 吐 血 セ リ 自宅 ニ テ臥 床 ス.發 熱 無 ク,嘔 吐,不 正 子 宮 出血 ヲ認 メズ.貧 血 ハ ア リ タル モ 急 性 貧 血 ノ 徴 ナ シ.内 科 醫 ニ 胃 潰 瘍 ト云 ハ レ 自宅 ニ テ療 法 ヲ 受 ク.一 般 状 態 良 好 トナ レル ヲ以 テ 翌 年1月18日 再 ビ當 科 ヲ訪 レ タ リ. 入 院 當 時 ノ研 見. 體 格,榮 養 中 等 度 ニ シ テ皮 膚 粘 膜 ニ 中 等 度 ノ貧 血 ア リ.心 肺 ニ異 常 ナ シ.乳 房 ニ着 色無 ク又 初 乳 モ 證 明 セ ラ レズ.腹 部 ハ 弛 緩 シ抵 抗 壓 痛 ナ シ.内 診 所 見 トシ テ子 宮 ハ 鷄 卵 大 ニ シ テ 後 屈 シ其 ノ 移 動 性 ハ 障 碍 ナ ク形 状 硬 度 ハ 正 常 ナ リ.附 屬 器 ハ 右 側 ハ異 常 無 キ モ 左 側 ニ 驚 卵 大 ノ 腫 瘤 ア リ.其 ノ境 界 ハ 比 較 的 鮮 明 ナ ラ ズ形 状 ハ 略 ボ圓 形 ナル モ 不 明,子 宮 トア ル 程 度 ノ癒 着 アル モ ノ ノ 如 シ.輕 度 ノ 壓 痛 ア リ.ダ グ ラ ス窩 ニ抵 抗 ヲ 認 メズ,腟 壁 ハ柔 軟,「 リ ビ ー ド」着 色 ナ シ,子 宮 腟 部 異 常 ナ ク,帶 下 ハ粘 液 性 無 色 ニ シ テ 少 シ ク増 加 セ リ.血 液 檢 査 結 果 ハ 白血 球 總 數8350,血 色 素 70%,赤 血 球 總 數356万,赤 血 球 沈 降 速 度18, 40 ナ リ. 診 斷. 左 側 炎 症 性 附 屬 器 腫 瘍 186

(2)

手 術所見. 「 トロパ コ カ イ ン」腰髓麻醉ノ モ ト ニ白 線ニ沿 ツ テ縱 切 開 ヲ施 ス.腹 腔 内ニ 暗 赤 色 流 動 性 ノ血 液 ヲ少 量 認 メ タ リ.腫 瘤 ノ前 面 ハ 大綱ト 疎ニ 癒 着 ス,大 綱 ヲ剥 離 シ該 腫 瘤 ヲ檢 スルニ,腫 瘤 ハ 子 宮 底 左 側 ト廣 汎ニ連 絡 シ恰 モ 子 宮 底 ヨ リ發 生 セ ル 腫 瘍 ノ如 キ感 ヲ抱 カ シ ム.子 宮體 ハ 後 屈 シ 癒 着 無 ク,兩 側 卵 管,卵巣 ハ 異 常 ナ シ.コ コニ 於 テ兩 側 附屬 器 ヲ殘 シ腫 瘤 ト共ニ 子 宮 ヲ腟 上 部 ヨ リ 切斷 シ手 術 ヲ終 レ リ. 衛 後經 過. 順 調 ニ シ テ20日 間ニ シ テ 退 院 ス. 摘 出標 本ノ 肉 眼 的 所 見. 子 宮體 ヲ見 ルニ 其 ノ 子 宮 底 ハ 左 側 子 宮 角 部 ノ腫 瘤 向 ツ テ 上 方 向ニ 傾 斜 ス .左 右 最 廣徑 ハ4.0cmニ シ テ 子 宮 底ヨ リ子 宮斷 端 部 迄6.0cmナ リ.其 ノ硬 度,色ニ變 化 無 シ.該 腫 瘤 ハ 略 ボ 圓 形 ヲ呈 シ子 宮縱 軸ニ對 シ 上 外 方 ヨ リ下 内方ニ 傾 斜 セ ル 位 置 ヲ ト リ子 宮 底 ノ左 側 部ニ 基 底 廣 汎ニ 密ニ 附 着 ス.其 ノ縱徑6.0cm,横徑5.0cm ニ シ テ 表 面 ハ平 滑,硬 度 ハ 軟ニ シ テ 上 部ニ 於 テ ハ 波動 ヲ證 明 ス.表 面 ハ 暗 褐 色 ヲ呈 ス.腫 瘤ニ 著 明 ナ ル 破 裂口 ヲ認 メ難 シ.左 側 圓 靱帶 ハ 腫 瘤 ノ側 下 方ニ 附 着ス 左 側 卵 管 ハ 腫 瘤 ノ外 側 下 部 ヨ リ發 ス. 割 面 ヲ調 査 ス レ バ 該腫 瘤 ハ 子 宮 筋 層ニ 附 着 セ ル獨 立 シ タ空 洞 ナ リ,内ニ 流 血及 ビ凝 血 ヲ容 ル.又 胎 芽 ノ一 部 ヲ發 見 ス,胎 盤 ハ 認 ムル ヲ得 ズ.即 チ本 例 ハ 子 宮 外 妊 娠ニ シ テ 該 腫 瘤 ハ 胎 嚢 ナ リ.子 宮 腔 ハ 其 ノ左 側 子 宮 角 ハ 上 昇 シ.右 側 子 宮 角 ハ 下 向 セ リ.子 宮 内 腔ニ 認 ム 可キ モ ノ無 シ.子 宮 内 膜 ハ脱 落 膜樣 著 明 ナ ラズ. 組織檢 査. 子 宮 内 膜ハ稍 々 肥 厚増 殖ス.所ニ ヨ リテ稍 々脱 落 膜樣變 化 ヲ ナ セ ル ヲ認 メ タ リ.胎 嚢 ノ基 底 部ニ 當 ル 所 ヲ檢 スルニ(第2圖).子 宮 筋 層ニ 推 シ タ ル 凝 血 中ニ 絨 毛 組 織 ヲ散 在 性ニ證 明 ス.子 宮 筋層ト 凝 血 ノ 間ニFibrinoidstreifenノ 層 ア リ.子 宮筋層ハ 圓 形 細 胞 ノ浸 潤 ヲ認 メ,所 々 凝 血 部ニ 向 ツ テ 乳 頭状ニ 突出 セ リ,胎 嚢 上 部ニ 當 ル所 ヲ檢 ス ルニ 絨 毛 組 織 ハ 認 メ ラ レズ. 本 例 ハ症状 比 較 的 不 鮮 明 ナ ル 所 ア リテ 術 前ニ 子 宮外妊娠ノ診斷ヲ 下シ得 ザ リシ モ,既 往 症,現 症, 所 見 ヲ顧 ミテ詳 細ニ檢 討 ス レバ,明カニ 又 子 宮 外 妊 娠 タ ル ノ條 件 ヲ具 備 セ シ モ ノ ナ リ.而 モ後述 ス ル 理 由 ヨリ シ テ特 有 ナ ル 間 質 妊 娠 ナ ル コ ト ヲ診斷 セ リ.

第1圖 剔

第2圖

顯 微 鏡 所 見

(3)

考按及ビ總括

間 質 部 妊 娠 ヲ報 告 セ ル ハSchmitt (1801)ヲ 以 テ 嚆 矢 トス.爾 來 之 ニ 關 ス ル 報 告 ハ 比 較 的 少 クBufe (1935)ハ 確 實 ニ 間 質 部 妊 娠 ト診 斷 ス可 キ モ ノ ハ 約150ナ リ ト稱 シ,Huber (1938)ハ260例 ヲ越 エ ズ ト報 告 ス.其 ノ發 現 率 ヲ見 ル ニ 子 宮 外 妊 娠 ノ 約 1%内 外 ヲ占 ム.Schroderusハ 子 宮 外 妊 娠 ニ 關 ス ル統 計2444例 ヲ集 メ 間 質 部 妊 娠 ハ0.9%ヲ 占 ム ル ト述 ベWynneハ1547例 ノ外 妊 中1.16%ノ 間 質部 妊 娠 ヲ發 見 ス ト報 告 セ リ.文 獻 ニ現 ハ レタ ル 個 々 ノ報 告 ニ 就 キ 比 較 ス レバ 下 ノ如 シ. 本 邦 ニ於 テ ハ 明 治38年 河 野 氏 始 メテ 間 質 部 妊 娠 ニ 就 テ報 告 セ リ.間 質 部 妊 娠 ニ關 スル 報 告 ハ, 川 島 氏 ニ ヨ レバ 昭 和6年 迄 ニ31例 ヲ算 ス ル ノ ミ ト.我 ガ 國 ニ於 テ モ 比 較 的 稀 有 ナ ル モ ノ ト想 像 セ ラル.其 ノ 頻 度 ハ 加 賀 美 氏 ハ 子 宮 外 妊 娠606例 中 1.65%ノ 間 質 部 妊 娠 ヲ認 メ,小 畑 氏 ハ3.53%ナ ル 數 値 ヲ擧 ゲ タ リ.間 質 部 妊 娠 ニ關 スル 統 計 報 告 ヲ 列 記 ス レバ 我 ガ教 室 ニ於 ケル 統 計 ヲ調 査 ス レバ,昭 和9年 以 來28例 ノ子 宮 外 妊 娠 中,間 質 部 妊 娠 ハ1例(本 例)ヲ 數 フ ル ノ ミナ リ.即 チ 間 質 部 妊 娠 ハ 帰 人 科 的 疾 患 中 比 較 的 稀 有 ナ種 類 ニ 屬 スル モ ノ ト信 ゼ ラ ル.其 ノ診 斷 ニ當 リテ ハ 之 ヲ 中 絶 前 ニ發 見 スル 事 ハ 比 較 的 困難 ニ シ テ 中 絶 後 ト雖 モ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ト斷 定 シ得 ル 場 合 少 シ.即 チ 臨牀 的 ニ ハ 總 括 的 ニ 子 宮 外 妊 娠 中 絶 ノ診 斷 ヲ以 テ 滿 足 ス ベ キ ニ テ 其 ノ 詳 細 ハ 術 後 ニ 於 テ 初 メ テ證 明 サ ル ル モ ノ ナ リ.然 レ ドモ トキ ニ術 後 ニ於 テ諸 種 ノ檢 索 ヲ重 ヌ ル モ猶 ホ 之 ヲ決 定 ス ル能 ハ ズ 未 解 決 ノ儘 放 置 セ ラル ル場 合 ア リ.即 チ 其 ノ 中 絶 ノ時 期,卵 子 ノ發 育 方 向 ニ ヨ リテ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ヤ否 ヤ 決 定 スル ヲ得 ザ ル場 合 ア ル モ 又 當 然 ナ リ ト稱 セ ラ ル.診 斷 ハ 術 前 ノ症 状 所 見 其 ノ他 ヲ參 考 ニ スル ハ 勿論 ニ シ テ 手 術 時 所 見,摘 出物 標 本 ノ肉 眼 的 所 見,顯 微 鏡 的 檢 索其 ノ 他 各 方 面 ヨ リ之 ヲ精 査 シ愼 重 ニ コ レ ヲ決 定 ス ベ キ モ ノナ リ.其 ノ原 因,病 理 解 剖 方 面 ニ就 テ探 索 ス 可 キ ハ 論 ヲ俟 タ ズ.間 質 部 妊 娠 ヲ來 ス可 キ原 因 ニ 就 テ ハ 一 般 子 宮外 妊 娠 ト殆 ド同樣 ナ リ.其 ノ主 ナ ル モ ノ ヲ列 記 ス レバ 下 ノ如 シ. 1) 卵 管 ノ炎 症(淋 菌,結 核,産 褥 熱 其 ノ他)ニ 量ル 氈 毛 運 動 ノ 缺 如 癒 着,或 ハ 卵 管 腔 ノ筋 層 内ニ 於 ケ ル 分 岐(Hoehne). 2) 卵 管 ノ缺 如,發 育 不 全.3) 腫 瘍,子 宮 内 膜 症 ニ ヨル 卵 管 腔 ノ病 的 變 化(Sengupta). 4) 卵 管 ノ 屈 曲(Hermstein, Neustadt, Fleischer). 5) 先 天 性 憩 室 形 成 (Pankow). 6) 峽 部 結 節 卵 管 炎(Recklinghansen, Werth). 7) 卵 ノ内 遊 走(Wagner). 余 ノ例 ニ於 テ ハ 長 期 ニ亙 リテ 不 妊 ナ リ シ事,既 往 時ニ 於 ケ ル 所 見,其 ノ 他 ヨ リ見 テ 其 ノ原 因 ヲ炎 症 ニ求 ム ル ヲ妥 當 ナ リ ト信 ズ. 解 剖 方 面 ニ 就 キGlaesmerハ 卵 ノ 發 育 方 向 ニ ヨ リ次 ノ3ツ ニ 分 類 セ リ. 1) 卵 ノ 卵 管 子 宮 間 質 ヘ 發 育 セ ル 型 2) 卵 ノ子 宮 側 壁 筋 層 内 發 育 セ ル型 3) 卵 ノ子 宮 底 内 發 育 セ ル 型 余 ノ 例 ハ 摘 出物 標 本 ヨ リ ミテGlaesmerノ 分 類 ニ從 ヘ バ 第3型 即 チ 卵 ノ子 宮 底 内 ニ 面 ツ テ發 育 セ ル モ ノ ナ ル ベ シ.文 獻 ニ ヨ レバ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ト 推 定 ス可 キ 據 點 ハ10指 ヲ屈 スル ニ餘 リ ア ル モ 未

(4)

ダ1ツ ヲ 以 テ 確 定 ス可 キ方 法 見 當 ラ ズ.又 内 ニ ハ 臨牀 的 ニ簡 單 ニ行 ヒ得 ザ ル方法 モ ア リ.現 今 ニ於 テハ 其 ノ決 定ハ 間 質部妊娠 タル可 キ根據 ヲ多 ク求 メ,其 ノ鑑 別 ヲ行 ヒ 得 タ ル 場 合 ニ始 メ テ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ト 定 サ ル ル 状 態 ナ リ.コ コ ニ文 獻 ニ 現 ハ レタ ル 據 點 ノ概 略 ヲ記 ス レバ 1) 胎 嚢 子 宮 底 筋 層 内 ニ 發 育 セ ル トキ ハ 患 側 ノ ミ圓 靱 帶 ノ位 置 ハ 側 方 ニ,胎 嚢 子 宮 側 壁 又 ハ 卵 管 峽 部 ニ發 育 スル トキ ハ 前 方 ニ附 着 ス.(Kussmaul) 2) 殆 嚢 ハ 子 宮 ト廣 汎 ナ ル基 底 ヲ以 テ 連 絡 ス. (Baart de la Faille) 3) 胎 嚢 内 ニ 連 續 セ ル 脱 落 膜 形 成 ヲ認 メ ズ. (Poppel) 4) 子 宮 底 ハ 胎 嚢 ニ 向 ヒ急 傾 斜 ヲ ナ ス.患 側 ノ 圓 靱 帶 及 ビ卵 管 ノ 位 置 ハ 他 側 ヨ リ 高 位 ナ リ.

(Ruge Simon)

5) 胎 嚢 子 宮 底 ニ發 育 セ ル トキ ハ 同 側 卵 管 ハ 胎 嚢 ノ側 下 面 ニ 附 着 ス.(Rosenthal) 6) 子 宮 腔 内 ニ 卵 子 ヲ認 メズ.(Veit) 7) 子 宮 内 ニ 島嶼 状 ノ脱 落 膜 ヲ認 ム.(Veit) 8) 卵管 ハ 胎 嚢 ノ存 スル 部 位 迄 消 息 子 挿 入 可 能 ナ リ.(Veit) 9) 胎 嚢 子 宮 側 壁 ニ發 育 セ ル トキ ハ 子 宮 内 ニ 卵 管 子 宮 口 ノ 部 位 ニ一 致 シ テ 角 状 空 洞 ア リ.(Werth) 10) 胎嚢 ト子宮 體 ノ 間 ニ 卵 管 組 織 ヲ 證 明 ス. (Werth) 11) 外 側 子 宮 體 頭 管 角 ガ他 側 ヨ リ鋭 シ.(Schif-fmann) 12) 間 質 部 ハ 子 宮 體 ニ對 シ移 動 性 ヲ證 明 セ ズ. (Drazancic) 13) 卵 管 ト 圓 靱帶 ノ附 着 部 ノ間 隔 増 大.(Sch-weitzer)其 ノ 他 卵 管 内 ノ脱 落 膜 形 成 ニ 關 シ テ ハ 賛 否 相 半 バ ス. 上 記 諸 項 ヨ リ見 テ モ 明 カ ナ ル 如 ク 卵 ノ 發 育 方 向 ハ 其 ノ所 見 ヲ左 右 ス ル 事 大 ニ シ テ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ト一 言 ニ稱 ス ル モ,一樣 ニ律 ス ル コ ト能 ハ ザ ル ナ リ,中 絶 ノ時 期,樣 式 及 ビ 手 術 ノ 時 期 モ 其 ノ 所 見 ニ差 異 ヲ招 來 スベ キ重 要 ナ ル 條 件 ニ シ テ 又 診 斷 ニ 當 リテ ハ 忽 ニ ス可 キ モ ノニ ア ラ ザ ル ナ リ.惟 フニ 圓 靱 帶,卵 管 ハ 診 斷 上 最 モ重 大 ナ役 目 ヲナ ス モ ノ ト考 ヘ ラ ル. 扨 テ著 者 ノ例 ヲ按 ズ ル ニ,其 ノ 圓靱 帶 及 ビ 卵 管 ノ位 置 ハ 上記 諸 項 ニ ヨク 合 致 セ リ.Baart de la Failleノ 唱 フル 如 ク 胎嚢 ハ 廣 汎 ナル 基 底 ヲ以 テ子 宮 底 ニ連 絡 ス,其 ノ 間 又 移 動 性 ヲ認 メズ.又Ruge-Simonノ 微 候 著 明 ニ シ テ,其 ノ 他 前 述 セ ル 如 ク手 術 時 所 見,摘 出標 本 檢 索 ノ結 果 ハ 比 較 的 上 記 諸 項 ニ 合 致 スル 點 多 ク コ コ ニ本 例 ハ 間 質 部 妊 娠 ナ ラ ン ト診 定 ス ル ヲ得 タ リ.間 質 部 妊 娠 ハ 其 ノ受 胎 卵着 床 後 多 ク ハ2, 3箇 月 ニ テ 妊 娠 中 絶 ヲ來 シ 外 脂 嚢 破 裂 ヲ來 スカ 又 卵管 ニ 向 ヒ或 ハ 子 宮 腔 ニ向 ヒ流 産 ヲ 來 ス ト稱 セ ラ ル.着 床 卵 死 滅 ス ル トキハ 破 裂,流 産 ヲ來 ス コ トナ ク 其 ノ 儘 吸 收 ノ經 渦 ヲ トル ト.本 症 例 ハ 受 胎 卵 ノ 卵 管 間 質 部 ニ 着 床 後 約3箇 月 ヲ經 テ 卵 死 滅 シ吸 收 ノ轉 歸 ヲ ト ラ ン トシ ツ ツ アル 所 ナ ル 可 シ.中 絶 症 状 ノ甚 シ カ ラザ リシ 理 由,又 手 術 時 腹 腔 内 ニ留 血 ノ僅 少 タ リシ コ ト,著 明 ナ ル 破 裂 口 ヲ標 本 ニ發 見 シ得 ザ リ シ コ トモ コ コ ニ 自 ラ 氷解 サ ル可 シ. 本 例 ハ コ コ ニ 間 質 部 妊 娠 タル ノ推 定 ハ 得 タル モ 猶 ホ 鑑 別 ヲ要 ス可 キ モ ノ ア リ.即 チ 漿 膜 下 筋 腫, 卵 管 峽 部 妊 娠,副 角 子 宮 妊 娠 等 ナ リ.漿 膜 下 筋腫 ト ノ鑑 別 ハ 比 較 的 容 易 ニ シ テ 論 ズル ニ足 ラズ.卵 管 峽 部 妊 娠 ニ於 ケル 鑑 別 ハ 本 例 ノ如 キGlaesmer ノ 第3型 即 チ卵 ノ子 宮 底 ニ 向 ヒ發 育 セ ル 場 合 ハ 甚 ダ シ キ 困 難 ヲ伴 フ コ ト比 較 的 少 シ.副 角 子 宮 妊 娠 ト ノ區 別 ハ 困 難 ニ シ テ 古 ヨ リ論 議 ヲ醸 シ,其 ノ 鑑 別 診 斷 法 ニ研 鑚 ノ重 ネ ラル ル 所 ナ リ.子 宮 ハ 胎 生 時 ノ生 殖 管 タ ル ミユ ー レ ル 氏 管 ノ左 右 相 癒合 シ 生 ジ タル モ ノ ニ シ テ コ ノ癒 合 ニ障 碍 アル 場 合 種 々 ナ ル 子 宮 ノ 畸 型 ヲ來 ス コ トハ 周 知 ノ コ トナ リ.副 角 子 宮 妊 娠 トハ 子 宮 畸 型 即 チ 雙 角 單 頸 子 宮 ノ一 角 痕 跡 的 ニ ナ レル部 位 ニ妊 娠 ヲ招 來 セ ル モ ノ ニ シ テ 比 較 的 稀 有 ナ症 例 ト シ テ文 獻 ニ其 ノ記 載 ヲ見 ル 所 ナ 189

(5)

リ.副 角 子 宮 妊 娠 ト間 質 部 妊 娠 トノ鑑 別 ニ 資 ス可 キ點 ヲ成 書 ニ ヨ リテ コ レ ヲ求 ム レバ 1) 圓 靱 帶 ノ 位 置 ハ 間 質 部 妊 娠 ニ於 テ ハ 胎 嚢 ノ 下 面 ニ附 着 ス ル カ又 ハ 其 ノ内 面 ヨ リ出 テ 胎 嚢 ノ前 面 ヲ走 ル.副 角 妊 娠 ニ テ ハ 常 ニ 胎 嚢 ノ外 側 面 ニ附 着 ス. 2) 間 質 部 妊 娠 ニ於 テハ 胎 嚢 ハ 子 宮 體 ト明 白 ナ ル 境 界 ナ ク 移 行 ス.副 角 妊 娠 ニ テ ハ 胎嚢 ト子 宮 體 トノ 間 ニ 明 白 ニ 深 溝 ヲ認 ム. 3) 卵 管 ノ位 置 ハ 間 質 部 妊 娠 ニ於 テ ハ 多 ク 胎 嚢 ノ 下 面 ニ 附 着 ス.副 角 妊 娠 ニ テ ハ 側 面 ニ ア リ. 4) 卵 管腔 乃 至 子 宮 腔 ト胎 嚢 トノ交 通 ガ間 質 妊 娠 ニ 於 テ ハ 分 離 ス.之 ニ對 シ テ副 角 妊 娠 ニ テ ハ 相 交 通 セ リ. 5) 間 質 部 妊 娠 ハ 脱 落 膜 形 成 ガ 散 在性 島 嶼 状 ナ ル モ 副 角 妊 娠 ニ テハ 全 般 性 ナ リ. 6) 子 宮底 部 ト胎 嚢 頂 部 トノ 高 サ ノ 關 係 ガ 間 質 部 妊 娠 ニ於 テハ 胎 嚢 頂 部 著 明 ニ高 位 ニ シ テ 副 角 妊 娠 ニ於 テ ハ 然 ラズ. 7) 初 期 ニ ア リテ ハ 間 質 部 妊 娠 ハ 卵 管 角 ノ部 位 ノ ミ膨 大 スル モ,副 角 妊 娠 ニ テ ハ 子 宮 角 ノ部 位 全 般 ニ亙 リテ 膨 窿 ス. 8) 卵 管 子 宮 口 ノ部 位 ニ 一 致 シ テ 間 質 部 妊 娠 ハ 卵 管 組 織 ヲ殘 ス モ,副 角 妊 娠 ニ ナハ 認 メズ. 更 ニ 白木 教 授 ニ ヨ レバ レ線 寫 眞 ヲ利 用 シ テ 兩 者 ノ 鑑 別 ニ資 スル コ トア リ トイ フ.上 記 諸 項 ハ 間 質 部 妊 娠 ト子 宮 副 角 妊 娠 ノ鑑 別 ノ 概 略 ヲ示 スモ ノ ニ シ テ其 ノ中理 論的 ニ走 リテ實地 ニ應 用 シ難 キ項 モ ア レ ド比 較 的 有 力 ナ ル 手 段 ト考 ヘ コ コ ニ記 載 セ ル ナ リ.余 ノ例 ヲ顧 ミル ニ 其 ノ圓 靱 帶 ノ位 置 ハ 胎 嚢 ノ 側 下 面 ニ附 着 シ間 質 部 妊 娠 ノ場 合 ニ ヨ ク合 致 セ リ.子 宮 體 ト胎嚢 ノ 間 ニ明 界 ナ ク,又 其 ノ卵 管 ハ 胎 嚢 ノ下 面 ニ 附着 ス.何 レモ 間 質 部 妊 娠 ノ ソ レニ 符 合 ス.子 宮 腔,卵 管 腔 ト胎 嚢 腔 トハ 分 離 シ,脱 落 膜 形 成 モ散 在 性 ナ リキ.第6項 ニ述 ブ ルRuge-Simonノ 徴 候 モ 本 症 例 ニ テ ハ 著 明 ニ證 明 セ リ. 摘 出標 本 ヲ檢 ス ル ニ猶 ホ 卵 管 角 ノ部 位 著 明 ニ膨 大 セ ル 感 ヲ與 フ.カ ク 觀 察 シ來 ル 時 ハ 副 角 妊 娠 タル ノ 根 據 薄 弱 ニ シ テ コ コ ニ 本 例 ハ 間 質 部 妊 娠 ナ リ ト 診 斷 シ テ 大 過 ナ カ ル ベ シ ト信 ジ茲 ニ報 告 セ ル 次 第 ナ リ. 擱 筆 ス ル ニ臨 ミ御 指 導 御 校 閲 ノ勞 ヲ忝 ウセ シ恩 師 八 木 教 授 ニ 護 ンデ感 謝 ノ意 ヲ表 ス.

主 要 文 獻

1) 安 藤,婦 人 科 學 各 論.2) 白 木,子 宮 外 妊 娠 ノ 診 斷.3) 岡 村,近 婦 會 誌,第3卷.4) 五 味, 日 婦 會 誌,第16卷.5) 矢 内 原,日 婦 會 誌,第20卷. 6) 申,産 ト婦,第4卷.7) 中 川,黒 川,産 ト婦, 第7卷.8) 高 橋,臨 産 婦,第7卷.9) 本 多,倉 敷 中 央 病 院 年 報,第10年,第2號.10) 和 氣,李,産 婦 紀 要,第22卷.11) Hoehne, Halban Seitz Bioiogie u. Pathologie des Weibes. 12) Veit, Handbuch der Gynakoiogie von Veit; Hand-buch der Geburtshilfe von Doderlein. 13) Werth, Handbuch der Geburtshilfe von

Win-kel. 14) Glaesmer, Arch. Gynak., Bd, 93, 1911.

15) Zimmermann, Zbl.

Gynak., Jg.

45, 1925.

16) Blugodaron,

Zbl.

Gynak., Jg.

54, Nr. 14,

1930. 17) Bufe, Zbl.

Gynak.,

Jg.

59,

Nr.

25,

1935. 18)

Beatrice,

E.

Tucker,

Amer. J.

Obst.

& Gyec.,Vol. 32, 1936. 19) A.E.

Kanter,

Amer. J. Obst.

& Gynec.,

Vol.

32, 1936. 20)

Robert,

Hasselblatt,

Zbl.

Gynak., Jg.

61,

Nr.

9,

1937. 21) Th. Putz,

Zbl.

Gynak.,

Jg.

61, Nr.

30, 1937. 22) Manger, Helmut, Mschr. Geb. u. Gyn., Bd. 104, 1937. 23) Herbert, Huber, Ztschr. Geb. u. Gyn., Bd. 117, 1938. 24) Her-bert, Kraus, Zbl. Gynak., Jg. 62, Nr. 45, 1938.

(6)

Aus der Frauenklinik der Medizinischen Fakultat Okayama

(Vorstand:

Prof.

Dr. H. Yagi).

Uber einen Fall von Graviditas tubaria interstitialis.

Von

Syohei Iriyama.

Eingegangen am 8. Juni 1940.

Eine

39 jahrige

Frau,

welche

in

einer

inneren

Klinik

als

Magenulcus

behan

delt

worden

war. In der Anamnese; leichte

Unterleibsschmerzen,

fieberlos,

Amenorrhoe von einem

Monat, aber keine Genitalblutung,

acute

Anaemie negiert.

Aufnahme in der

Frauen-klinik.

Diagnose: linker Adnextumor (chronisch entzundeter?).

Laparotomie: Carpus uteri retroflektiert, eine runde Vorwolbung am der linken Fundusecke. Beide Adnexe schienen intakt aus. Supravaginale Amputation. Diese Vorwolbung war 6×5cm gross, braitbasisch vereinigt mit der Fundusschicht an der Schnittflache, Fruchtsack mit dem Inhalt von verstorbenem Embryo und dunkelblutiger Flussigkeit. Das linke Lig. rotundum setzte sich unten lateral davon an. Es. handelte

sich um eine linksseitige

interstitielle

schwangerschaft.

Der Verfasser hat aus der Literatur

viele

Falle von der interstitiellen

Schwanger-schaft

angesammelt und genaue Differenzierung

von solchen Fallen,

wie isthmale

Gravi-ditat,

Nebenhornschwangerschaft,

Uterusmyom u.s.w.

auseinandergelegt.

(Autorefbrat)

Updating...

参照

Updating...